FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

さーて

どわっと事務作業を始めました。いま、整理しないといけないライブ情報が二件!

カフェのオーナーと楽しく詳細を詰めていくことができました。

どうだー!地元でやりますよー!
大阪からすごい人が来ちゃいます。
バカバーン!瀬戸信行!
リーダーバンド「ロイヤルハンチングス」を「ほのぼの研究会」で向かえます。




【日時】
2月12日(金)開場19:00 開演19:30

【会場】
YEBISU CAFE
愛知県海部郡大治町三本木金久35
http://www.yebisucafe.com/
大駐車場完備、名鉄バス「大治役場前」より徒歩10分

【出演】
・ほのぼの研究会
照喜名俊典(eu,tb)
石原実恵(p)
木全希巨人(b)

・ロイヤルハンチングス
瀬戸信行(cl)
熊坂義人(b)


【料金】
料金だけ、もうちょっと詰めてます。
地元の人、ちびっ子に来てもらいやすいようにしますので。


そしてそして、もう一件!
こちらはユーフォニアム的には大ニュースなはずの豪華企画。
タイトルが決まり、一気に動き出します。
とりあえず、チラシの制作依頼に行ってきました。
これも、普通のチラシじゃないからねー。待ってろよー!


Exponium 4

エキスポニアム・フォー 逆輸入ユーフォニアム奏者博覧会

アメリカ、フランス、ドイツ、ハンガリー。海外留学経験のある個性派若手ユーフォニアム奏者4人が一堂に会してオリジナリティ溢れるレパートリーを大披露!
この4人でしかなし得ないマル秘サプライズ企画も。キーワードは二刀流!
留学トークを交えたユニークなプログラムをお楽しみください。


エキスポニアム・フォー

【日時】3月12日(金)19:00開演 (18:30開場)

【出演】
阿部竜之介×齋藤充×照喜名俊典×山田伊津美

【会場】
株式会社ダクスペースDo 東京都新宿区百人町2-8-9

【入場料】
前売一般3,000円/学生2,000円  当日一般3,500円/学生2,500円

演奏予定曲目
Pearls II:Roland Szentpali
Faustbuch:Elizabeth Raum
In a Memory of R:Toshinori Terukina
Concerto pour euphonium:Alexandre Kosmicki


終演後にレセプションがありますので是非ご参加ください。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

出演者プロフィール

阿部竜之介
1977年、愛媛県松山市生まれ。
1995年にアメリカで開催されたITECの中でのコンクールのヤングアーティスト部門で第2位。
1998 年渡仏。フランス国立ペルピニャン音楽院へ入学。Mel Culbertson氏に師事する。
1999年、フランス国立ペルピニャン音楽院より金メダルをトロンボーン、ユーフォニアム、室内楽それぞれで受ける。のちに同音楽院 のテュー バ/ユーフォニアム科の助教授となり、師であるMel Culbertson氏のアシスタントとして後進の指導にあたる。
2003年、ドイツ、ライプツィヒへ移りライプツィヒ放送吹奏楽団のメンバーとして活動、2004年にはハンガリーへ移りサボルチ交響楽団の首席トロンボーン奏者として活動する。
2004年にハンガリー、ブダペストで開催されたITECにゲストとして参加、ソロリサイタルを行う。
2005年、活動拠点を日本に移し、積極的にソロ活動などの演奏活動の他、後進の指導にも熱心に取り組む。数々のマスタークラスや国際コンクールに参加し入賞、自らも日本やヨーロッパ各地でマスタークラスやリサイタルなどを行う。


齋藤充
1977年福島県生まれ。
1999年国立音楽大学卒業。卒業時に矢田部賞を受賞。
1999年よりアメリカに留学、2001年ミシガン大学大学院修士課程修了。
2008年ノーステキサス大学大学院博士課程修了。ユーフォニアムで音楽芸術博士号を取得。
ユーフォニアムで1998年日本管打楽器コンクール、2003年フィリップ・ジョーンズ国際コンクール(フランス)、2004年レオナルド・ファルコーニ国際コンクール(アメリカ)のすべてにおいて第1位受賞、トロンボーンでは2002年ニューヨークブラスカンファレンス金管五重奏コンクール第1位、2003年国際トロンボーンフェスティバル四重奏コンクール(フィンランド)ファイナリスト等の受賞歴を持つ。
国内外で多くのソロリサイタルを開催する他、読売新人演奏会、ヤマハ金管新人演奏会、NHK-FMリサイタル、東京オペラシティ主催のリサイタルシリーズB→C等、多くの演奏会に出演。また東京交響楽団、ミシガン大学フィルハーモニーオーケ2トラ、ミュールーズ交響楽団、ノーステキサス大学金管バンド、各地のアマチュアやスクールバンド等とコンチェルトを共演している。
2006年、2008年にはアメリカで行われたテューバ・ユーフォニアムカンファレンスにゲストとして招待される。これまでにユーフォニアムを三浦徹、渡部謙一、ブライアン・ボーマン博士、フリッツ・ケィンズィックの各氏に、トロンボーンをヴァーン・カーガライス、トニー・ベイカー、デヴィッド・ジャクソンの各氏に師事。
2006年10月より日本に帰国してソロ活動の他、侍Brassのメンバーとして、吹奏楽やオーケストラのエキストラ、室内楽演奏、管楽器と合奏の指導等で活動している。現在、東京ミュージック&メディアアーツ尚美、国立音楽大学、同附属高等学校各非常勤講師。

照喜名俊典
1974年愛知県生まれ。
愛知県立芸術大学卒業後、ノーステキサス大学院にて、ジャズを専攻する。
2002年 にアメリカノースキャロライナにて開催されたITECリッチマテソンジャズコンクールにてセミファイナリスト。
2003年にアメリカフォートワースにて開催されたITEA ジャズコンクールにて優勝。
2004年にハンガリーブダペストにて開催されたITECリッチマテソンジャズコンクールにて優勝。日本での音楽活動を開始する。
現在、日本では数少ない本格派ジャズユーフォニアム奏者として多数の団体に所属。レコーディングや作曲活動もこなしいたずら心あふれた演奏を信条としている。
ユーフォニアムを鈴木田貞人、安元弘行、露木薫、ブライアン・ボーマン各氏に師事。
ジャズ奏法を山岡潤、マーク・ディックマン、マイク・スタイネル、フレッド・ハミルトン、リン・シートン、ステファン・カールソン各氏に、また、ジャズ作編曲をパリス・ラザーフォード氏に師事。


山田伊津美
愛知県立芸術大学を首席で卒業後、渡仏。2005年パリ国立高等音楽院サクソルンバス、ユーフォニアム科を審査員全員一致の最優秀で卒業。在仏中、バリチューバ四重奏団“IMPETUO”のメンバーとして、フランス国内外でコンサートを行う。また、2005年にはUFAM国際コンクールユーフォニアム部門にて、審査員全員一致の1等賞受賞。
  1. 2010/01/05(火) 21:11:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1787-24830e87