FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

たじらじるき日々

20091127141134
20091127141132


会場近くのホテルで昼近くまでぐっすり寝て。
向かうのは、兵庫県西宮。

スチールパン奏者、村治進さん宅を目指します。

到着してみましたらば、お宅の前に、可愛い屋台がずらっと並んでいて、いきなりテンションがマックスに上がりました。

こんなところに博多の屋台街みたいな場所があるんだなあ。こんな屋台街が家の前にあったら楽しいなあ。と思っていましたら、間違い。

川沿いのここでラーメンの仕込を昼過ぎからやって、夜になると繁華街へ出て行くそうです。
いやー、やられたなあ。ラーメン基地かあ。さいこー。

ムラジさん、日本では二人しかいないという、スチールパンの制作も手がけるプレーヤーです。
他のプレーヤーのチューニングなんかも請け負っていて、部屋の中がドラム缶だらけ。
他にも、意味不明のパーカッションやらなんやら。もう、ずっとテンション上がりっぱなしです。

ギターの田島さんも到着して、リハ開始なんだけど、もうおしゃべりが楽しくて楽しくて。

ムラジさんとタジマさんは、普段からタジヤンラジヤン(略名タジラジ)というユニット名で活動していらっしゃいます。

で、あれこれ曲を決めたりリハしながらワイワイやっていたら、ムラジさんが「タジラジルキ」というユニット名を思いついて。

「テルキナ」の「ルキ」を取り出されたのは始めてかもしれない。

「北欧の言葉っぽい」

「いや、田島重機っぽい」

「いや、形容詞っぽい」

「いや、東北地方の話だが、真っ白な白樺の木のことを現地の人はタジラと呼び、幹を削って出てくる真っ黒な樹液がタジラジル。そしてそれを売り歩く人がジルキと呼ばれている」
なんてワイワイやって。もう、ずっと笑いっぱなし。

自分の曲もやりますが、スチールパンの生まれた国、トリニダードトバコの音楽もやることに。

自分はベースラインを担当するのだけれども、自分なりにやってもしっくり来ず、「本当の人達はどうやってますか?」と聞くと、聞いたことも無いパターンだったり。これは、ぼくの体には無いリズム。突貫工事じゃ無理だあ!

ギターのタジマさんは、タンバリンにもハマっていて「タンバリン博士」というキャラクターを持っているのをYoutubeで見て知っていて、「それもやりませんか?ぼくにも教えてください。」と、ちょろっと教えてもらうも、その行程がまた面白くて面白くて。「ちょっとストッ~プ!!これお客さんの前でやりましょう!」と、急遽出し物に変更となりました。

そんなこんなで5時間くらいリハーサルという名目で遊んで遊んで。

会場のフルーツカフェSaita!Saita!へ入ってセッティングとサウンドチェック。
3人でわざわざモノをたくさん持ち込んだので、時間かかるかかる。

あっという間におもちゃ箱みたいになりました。

超満員御礼の本番も、そりゃあもう、和気藹々と進んで。

各ソロ、デュオ、トリオ、驚愕のタンバリンショー、クリスマス企画

盛りだくさんで盛り上がって盛り上がって。

終了後もお客さんと喋って喋って。
モノが多いのも忘れて。。。

タジマさん宅にお世話になりました。ここぞとばかりにトリニダードトバコの話を聞いて。
まるで知らない世界の話にゾッコン!行ってみたいなあ。



写真1
チューニング中のムラジさん。ハンマーでガンガンやります。

写真2
ラーメン基地。もういつ消えてしまうか。







  1. 2009/11/26(木) 14:11:37|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1744-a501cfc8