FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ブルースホーンセクション

20091112003310

横江鯖吉ブルーマッカレルGo!Go!というブルースバンドのホーンセクションの演奏。
マッカレルってなんだ?と思って調べたらサバのことでした。

自分の中できちっと区切りがついてるんだけど、ホーンセクションのお仕事はスライドトロンボーン。
バルブ楽器だと、どうしても調節しながら吹くのでパキコーン!とベストの音程でベストの息のスピードで吹けないことがあって。そういうのは、スライド楽器の強みだと思ってます。
サックスの息のスピードや、トランペットのエクストリームハイ音域での微妙な音程のクセにもぜーんぶ無理なく着いていけます。

ホーンセクション楽しいねえ。普段、ソロや小さいグループで動くことが圧倒的に多いので、バキーンと和音の構成員として役割を演じるのは新鮮で楽しいです。ビッグバンドのトロンボーンセクションのリードを吹くのとはまた違うからね。

自分達のお仕事をきっちりやって、Slickersさんの演奏。
「あー、自分もブルース歌えたら楽しかったろうになあ。日々思うなんでもないことが全部歌になったら楽しいなあ。」なんて思ったのでした。

ブルースのライブはどうも他のおクラシックやおジャズに比べて、お客さんに酔っ払い率が高いようです。

今回、お客さんに、しっかり酔っ払って、女子にちょっかい出したり、わけの解らないことを言う人が居たのです。結構なお年を召しているように見えたけど。

ライブハウス内をウロウロと俳諧していると思ったら、どでーん!と転んで目の周りに青あざ作ったりして。

「ありゃりゃこれはダメだ。」という感じで。

ステージで繰り広げられるノリノリの演奏を見つつも、お客さんみんなでその酔っ払いの一挙一動をハラハラしながら見ていたのです。

で、しばらくその人が大人しく座っていたのに、突然ひょこっと立って!

そしたら周りで「あ!立った!立った!立った!(大丈夫かしら。。。)」というざわめきが起きて。
歩き出したら「あ!歩いた!歩いた!歩いた!(大丈夫かしら。。。)」

クララに匹敵するくらいの「立った歩いた」コールが可笑しくて可笑しくて。

幸運にも「うわー!転んだ!転んだ!」にはなりませんでした。


今回の

石渡岬(tp)小野良子(as)照喜名俊典(tb,アレンジ)、のホーンセクション

「出前ホーンズ」「デリバリーホーンズ」と銘打って
アナタのバンドにホーンセクションつけまっせ!と売り出そうとしております。
  1. 2009/11/11(水) 00:33:14|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1728-59a97e7f