FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

バスで帰る

朝起きて床の上。

タク君と寝袋の上にごろんと転がって、上にブランケットがかけられておりました。
状況を把握するまでに時間のかかること!

心行くまでドンチャンさせていただいてたんでしょうなあ。おそらく倒れこむように寝たんでしょう。
ありがとうございます。

朝、起こしてもらって、別れを惜しんで(タク君は床に放置)東京駅に出て。

初めて高速バスに乗ります。
9時発のやつだと、YouTubeで見た恐怖の通勤ラッシュで楽器がつぶれるかもしれないので、時間をずらして10時発のものに。こういう時間帯の選択肢少ないんですね。

快適でも不快でも無いフツーのシートでした。

ただ、初めて乗った近代的なバス。

アメリカでブインブイン走ってるドデカコンボイなんか、たまにハッとするデザインのものがあったりすると、VOLVOのマークがあったりして「さすが!」なんて思っちゃうんだけど。

運転席ではなく、コックピットと呼びたくなるような、見たこともない近未来的なデザインの計器類、モニター類に運転手さんが囲まれていて。

これまた運転手さんが、近未来的に感情無しに静かにアナウンスするもんだから、「こいつはひょっとしてロボ運転手ではなかろうか。」とじっと見てしまうのでありました。

帰宅後、どこのどいつがそんなロボットバスを作っているのだ。と思い検索してみたら、ISUZUのGALAというやつみたいです。誰も興味ないか。


「自分で運転できないものはツマラナイ」と思っていたんだけども、真横を向いて山並みが見れたりしてそれなりに面白いですねー。

車でない時は、どうしても時間がもったいなくて特別に急いでる電車に乗るんだけど。バスの中での時間の過ごし方まで考えて準備したらアリですね。

どこから聞こえてくるのかわからない、ヒソヒソ話している女性2人組の出す音。
音源編集ソフトには「ヒスノイズカット」という、高い周波数のノイズを除去する機能がついているんですが。
ヒス(hiss)とヒソヒソの語感が似ていて「アメリカ人も日本人も似たような過程を経て似たような擬音語を作ったのかもしれない」などと思ったのでした。
  1. 2009/10/28(水) 02:36:14|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1712-3b07eb79