FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

さよならバルブトロンボーン

つい先日のこと。

午前中のリハーサルでは何の問題も無かったのに、午後からのビッグバンド指導に行ったときに、管に大きな大きな穴が空いてしまっている状態でケースから出てきて、もう吹けない状態になってしまっていた、バルブトロンボーン。

もともと、アメリカにいるときにネットオークションで格安で購入して、帰国の際に宅急便で大ダメージを受けたところから始まり。

古い楽器なので、これまでも何度も修理をしながら使ってきました。

普段、楽器にはあんまり執着なく「タダの金属の管だから、よっぽどのものでなければ、なんでも自分の音で吹きますよ。」なんて言ってますが、吹けなくなってしまって感じる楽器への愛着。

他の楽器吹けと言われたら「自分のアレがいい!」って言うなあ。

穴が開いてしまった。

ほんとうに金属の管になってしまった。

ぼくの心にもぽっかりと穴が空いてしまった。

さよなら。数々の名演をありがとう。(←自分で言うな)


と、なるところ、とある職人さんから助けの手が差し伸べられました。
直るってよ!!いぇーい!

バルブトロンボーンに三年間ずっと絡まっていた、(偶然、ぼくの誕生日に行われたライブにて)お祝いに、お友達がサプライズで鳴らしてくれたクラッカーのカス。

一旦外します。帰ってきたらまた付け直すね。


来月にあるブルースライブのホーンセクションのアレンジをしております。
二日間で8曲やっつけるゾ!

参考音源に聞き耳をたてて、ちょこっとずつ進行。
今まで、主に勉強してきたビッグバンドとはまた違うアレンジに新鮮味を覚え。
あっという間に時間がすぎるなあ。この時間が自分の骨になっていくのがわかります。


それとは別にね。面白い仕事も貰いました。
競馬場でのファンファーレ演奏。競輪場では学生の頃にやったことあるなあ。
これもちゃちゃっと楽譜作ります。あー楽しみ。
  1. 2009/10/13(火) 14:38:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

私の楽器の糸が切れたかと思いきやゴムパッキンが取れていただけの時の狼狽を思い出しました。
一度諦めただけに喜びもひとしおですね。
  1. 2009/10/16(金) 13:02:54 |
  2. URL |
  3. 主婦 #-
  4. [ 編集]

あ~!そんなことありましたねえ。
「新しい楽器買いにアメリカ行かなきゃいけないかしら?」なんて思ってたので、とてもとてもラッキーでした。
  1. 2009/10/18(日) 00:13:07 |
  2. URL |
  3. ?キナ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1696-bf60ebe1