FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

偶然の

予定の組み立て方が下手で。

東名阪→「お仕事」→名神→東海北陸道→「お仕事」→東海北陸道→名神→名古屋高速→伊勢湾岸自動車道→「お仕事」。

と。なんとかしなきゃなあ。

お昼間は、岐阜市内で岐阜市文化センター主催の市民ビッグバンドの指導でした。
主任コーチ(とでも言うかな)のサックス奏者の粥川なつ紀さんとは、あきらかに出ているオーラが違うので、まだ一般の参加者の方と間違われたりしております。それでいいのだ。

主に金管セクションを担当しておりますすが、メキメキ良くなってます。
(アメリカでは)ビッグバンド有名大学で培ってきたことを、全部吐き出してます。
でもまだ出すことあるからね。全部持って帰ってね。


夜は、安城市の夢希望というライブハウスで東海道スモッグブラス。
この夢希望というの、おお昔はカラオケ屋だったと思うんだけど。

学生の頃、安城市吹奏楽団の公演のエキストラに来て、打ち上げで使った気がする。。。

楽屋にプイーッと入りましたら、「あれっあれあれっ!」と見た顔。
つい先日の中山うり@名古屋ブルーノートの時にご一緒させていただきました、中山うりバンドのドラマー、キミノリくん。「あれっあれあれっ!」「あれっあれあれっ!」「あれっあれあれっ!」を繰り返しつつ、お互いのポジションを確認。本日のメインアクトのBloodest Saxophoneで東京から来ているとのことでした。

自分達の演奏はさておき。
でもね、リーダー岬ちゃんの立派だったこと!立派!
「立派」なんてコメント、リーダー目線でリーダーに送る賛辞ですよ。伝わらないか。


Bloodest Saxophone、痛快でした。
信念を持って音楽を長い間やってると、衣装や身のこなしはもちろん、顔つきやら骨格までそうなっちゃうのね。顔のシワがバンド仕様になっちゃってるもんなー。
ぼくは、手広くいろいろやってるからダメだろうなあ。
自分に無いものを見せられるとやっぱり欲しくなるなあ。
上っ面しかできないけど、ちょっとスタイルを真似てみよう。人前ではやらないけどね。
  1. 2009/09/26(土) 22:23:49|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1678-e63ff6e0