FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ポリゴン楽団ライブ@今池トクゾー

13.jpg
今池のバッテリー騒動について、安井記者から写真が届きました。
ほんとうは、もっとたくさんあるんですが、近藤君が可哀想なので自分だけで楽しみます。

ずっと楽しみにしておりました、ピアニスト奥村俊彦さんのリーダーバンド、ポリゴン楽団のライブです。
楽しみにしておりましたというのは、バンドの演奏も去ることながら、メインアクトのソボブキさん。の、とくにボーカリストの西本さゆりさん。

この話いただいてから、CD聞き込んでお気に入りになってました。

ちょいと緊張して会場入り。みなさんにご挨拶。
ピアニスト西尾さんが、「山岡くんに習ってたの?」と。
山岡潤さんというのは、学生のころにずっと東京までレッスンに通っていたジャズユーフォ奏者で、山岡さんの出身校のテキサスの大学にぼくは留学したわけです。

本番直前に、アクシデント!
演奏が始まったら、どうも様子がおかしく。コンタクトが乾いてしょうがないので、ステージ脇で目薬をさしてステージに出たんですが、何かの拍子で片方のコンタクトが落ちてしまったようで焦点合いません。という状況を把握するまでにしばらくかかり。。。

喋りで奥村さんをフォローする予定だったんですが、そんな余裕無くなってしまいました。

しばらくは片目を閉じて演奏して。
ステージ袖に置いておいたバッグに予備が入っているのを思い出して、バラード曲の長めのベースソロの間に、一目散に入れに行くということをしました。

まあ、いろいろと演奏上のアクシデントはありましたが、ポリゴン楽団、良いですよ~。
DVD撮ってもらったので、また時間見てアップしようと思います。

ソボブキの演奏は、久しぶりにあははー!と笑いたくなるようなゴキゲンなものから。
タイトルの付け方とか奥村さんの着眼点に似ているところがたくさんあり面白かったなあ。
大人がふざけて遊んでるっていいなー。
ドラムスの小山さんの腕使い方!あんなもの初めて見ました。
西本さんの唄も歌詞も感激だなあ。

というパフォーマンスを見ていたら、「ん?んん?」と、じわじわと昔の記憶が蘇ってきて。

どうも、学生時代に東京にレッスン通っていた時代に、ぼくはどうやらピアニストの西尾さんに会ってるなあと。東京にレッスン受けに出るついでにタイミングが合えば、山岡さんのライブを見るようにしていたんですが。ライブ後にお話聞いてみたら、やっぱりそうでした。


ちなみに当時は、レッスン前夜に愛知を出て、下道で東京へ。深夜から明け方に八王子着、駐車場でクルマで寝て、レッスン受けて、そのまま下道で帰ってくるというなことをしていたので、東京のどこがどこかもわからず。

「こーこーこういう暗い狭いお店で。場所とかは全然わかりません。」と訳のわからない説明をしたのですが、「マンハッタン?」と言われその名前にピンと来ました。

感慨深いものがあり。今度は東京で会えるようにしなきゃね。
  1. 2009/09/22(火) 22:47:19|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1674-267b3548