FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

中山うりバンド

20090920023013
@名古屋ブルーノート。

もう三回目になります。歌手の中山うりさんのバックバンド。
高級ジャズクラブ、ブルーノートです。

高級ジャズクラブということで、自分の持ってる(古着なのに5千円もした)一番の高級ズボンをバシッと履いて。駐車場楽器3本もあってこれ以上荷物を増やしたくないということで、衣装を来てでかける。散々探し回って買ったこだわりの「歩いても疲れないホーキンスのエアクッション黒クツ」が役に立ちます。安い駐車場まで遠いし。

会場へ入って、サウンドチェックしてリハして。
ブルーノートのスタッフさんの気の効くこと!こんなに演奏だけに集中させてくれるなんて!
プロフェッショナル!感動!

完全入れ替え制の2ステージという長丁場でしたが、集中力バッチリもって良かった良かった。

このライブ、かなり長い間かけて音源を聴き込んで準備してきました。担当の曲以外の曲もしっかり聞いてね。ホーンセクションが入っていない曲の時は、ステージ横のバンド席でうりさんの歌を聞いておりました。もう、生の声の説得力ったら。よく説得力って言うけど、そんなもんじゃないんだなあ。もう自然と涙が出てきて。目頭を(おしぼりで)押さえました。その時の思いを、精一杯のゆっくりとした息遣いの柔らかい音色で返して。こういうのってお客さんにも伝わるかしら。これが「説得力」になってると良いなあ。

バッチリのステージを2回繰り返して。

楽しく宴会!もらった音源なんかで「この歌、絶対ぼくが入ったほうがイイんですけど!!」と猛アピールしてきました。使ってくれー!

あ、ブルーノート、ステージまで絨毯敷きで。ゴム底の黒クツで行ったら、これが踊りにくくてヨワりました。
  1. 2009/09/19(土) 02:30:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1670-7c482407