FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

シノノメソラライブ

夕方に会場のアルマジロに入って。
この辺りのコインパーキング、先日鬼頭ブラスでライブした栄周辺よりもよっぽど高いのね。

リハーサルとサウンドチェックをパパッと済ませて、すぐ隣のラーメン屋に入って瞑想にふけっていたら(そんなわけないか)ライブを見に来てくれた知り合いが入ってきて。有名店だもんねえ。そういうことになりますわなあ。

1stステージ、シノノメソラだけでバシッと演奏。長い間やってるとね。楽譜とか要らなくなるよね。その分、体に表情に躍動感が出るね。

2ndステージは、ピアニスト奥村俊彦さんアレンジの童謡から入って、ぼくのオリジナル曲を2曲やって。
このアルマジロというお店、テーマがテキサスなもんだからいろいろと喋ることがあります。本当はディスプレイに使われているカウボーイハットなんかにまつわるエピソードなんか、長々と喋りたいんだけどねえ。一日かかってしまうから。

で、2曲ほどシノノメソラの4人に入ってもらって、豪華バージョンでオリジナル曲の演奏。
今度、映画「悪夢のエレベーター」で使われることになったチューバマンショーのレパートリー「New orleans' Blue」なんかをやってもらった訳だけれども。奥村さんもニューオーリンズの古いスタイルのラグタイムとかストライドとか、そっちのスタイルが好きな人だから。シノノメソラの土臭~い雰囲気もバッチリで。録音しておけばよかったなあ。

あ、このステージ前半でやったのは、所謂「ジャズ」だったのだけれども、(いろんなバンドのライブを見に来てくれている)お客さんに「ジャズもできるんですね!」と言われてしまった!看板が「ジャズユーフォ奏者」なんですけども、そうかそうか。一般的にそうなってるんだろうなあ。もうちょいとジャズのお仕事しよう。

そしてそして豪華に3rdステージ目もシノノメソラのレパートリーやって。
リハはほとんどやってないんだけど、覚えてるんですわ。
前回やったのはいつかわからないくらいなんだけど。これは決して、ぼくの記憶力が良いんじゃなくて、曲が良い証。こいういうのいーねー。

これから、ますます絡んでくれるそうです。楽しみ!

あ、今更ながら言っとくと、シノノメソラの4人、大学が同じです。半分美術科の出身というのが絶対イイ!
  1. 2009/09/02(水) 12:20:29|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1653-8ded27a8