FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

チューバマンショーin京都

チューバマンショーin京都。

入り時間は午後からゆっくりなんだけど、朝早めに家を出る。
目指すは、百人一首の西行法師終焉の地、西行庵。
なんともまあ驚いたことに、藤井郷子オーケストラでご一緒させてもらってる、サックス奏者さんがその直径の子孫にあたり、管理されてるのです。

一方通行地獄に迷いつつも、なんとか到着。佇まいを目にするだけで感激。
いろーんなお話を聞かせてもらって、その歴史の長さにただ唖然。

筆で書かれた地図が載っている古い文献が出てきて、「今、車とめてるのがこの辺ね。」とか。
お茶まで呼ばれまして。目にするもの全てが新鮮。


西行庵を後にして、わりと近くのエリアにあるはずの本番会場の楽器屋さんへ向かう。
京都市内ってこんなにクルマ使えないのね。。。
あらかじめ、そういう情報は聞いていたので、早め早めに動いておいて良かった。
それでも、楽器屋さんになかなか近づけず、たまらず案内をお願いする。

公営の駐車場にクルマを入れ、歩いて本番会場入り。
十字屋さん、大きい楽器屋酸なのに、とてもアットホームな感じ。
居心地がとても良いです。

リハをやって、本番前に、ちょっとコンビニまで食料を買いに。

帰ってくると、下のフロアに見た顔が。
親戚ご一行様でした。ありがたや。

いとこが、CDのジャケットの写真について(楽器を抱きかかえてフェンスによじ登ってます。)コメント。

「とっちゃん(家族、親戚からはこう呼ばれてます)、5歳のときからやってること変わらんなぁ。」


いつ、「とっちゃ~ん!」と声を掛けられないかとヒヤヒヤしながらも、無事に本番を終了。
終演後、いろーんな人と話して。
こういう時間も大切にしたいので、あらかじめこういう時間も計算に入れないといけませんね。

打ち上げで、珍し美味しいいものたくさんいただきました。

お店の人が、「これは、だいこんとなんとかのタイタンです。」と言って持ってきたもの。

「タイタン?ギリシャのあいつ?」と思ったら「炊いた物」のことでした。
  1. 2009/01/31(土) 10:20:33|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1428-5d14e5b8