FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

楽譜を仕上げて。

20080712222123
部屋が暑くて、やらなきゃいけないのは、特に人とも会わなくてすむ楽譜の仕事で、お腹が空いて「何かないかなー」と、冷蔵庫を空けたら缶酎ハイが冷えてるっていうのは、とてもとても耐え難い誘惑です。

たぶん、クーラーのきいた部屋があれば、誘惑に負けてたんだろうけど、缶酎ハイを飲む場所が、うだるような暑い部屋しかないので「うーん。これじゃ、余計に暑くなってしまうな。。。」と、諦めることができたのです。

その結果、しばらく取り組んでいたアレンジのお仕事を終えることができまして。
こちらも、愛着があるので、タイトルのフォントにまでこだわったりして。
仕上げたら、メールで送信。

  いってらっしゃい。良い人に演奏してもらえると良いね。
  次、会うときは、レコーディング会場だね。
  うん。楽譜に話しかけるなんて、ぼく、ちょっときもいね。

楽器に名前を付けたりして、猫かわいがりする人がおりますが、同じようなもんでしょう。


いらんところまで、気を遣ってやってしまったから、あっという間に時間が過ぎ、夕方に。

名古屋市千種の円形劇場へ出勤。
7月も終盤に差し掛かる頃、ある個人のピアノの先生の教室の発表会にゲスト奏者として呼んでもらっているのですが、それのリハーサル。

個人の教室の発表会で、小劇場使っちゃうんだなあ。すごいなあ。


パッとスポットが点いたら2階から楽器を吹きながら登場とか、思わず赤面してしまうような演出もありますが。。。

ピアノ教室に通っているような子供達は、やっぱり音楽が好きなようで(ひょっとして、中には無理やりの子もいるかもしれませんが)すごーく興味津々の目で見てくれます。音を聞いてくれてます。

合唱のコーナー(普通、ピアノの発表会に合唱はないよなあ)にも伴奏として入ったりします。
合いの手入れたり、対旋律吹いたり。

どうも「あ!いつもとは何かが違う!」というのが解ってくれているようで。
演奏のし甲斐がありますわ。
  1. 2008/07/12(土) 22:21:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1196-af11e76f