FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ガボンガボンの歴史について

フリューガボーンの正体について調べる機会があったので、せっかくだから書いておきます。
いくつかの個人のウェブサイト(英語)に載っていた情報をまとめただけなので、詳細までの信憑性は保障しませんが。

1950~60年代のアメリカでは、軍隊における鼓隊や信号ラッパ隊から進化した「ドラム&ビューグルコー(鼓笛小隊)」というスタイルのバンドがあり、多くの管楽器メーカーが「マーチングブラス」と呼ばれる類の楽器を生産していた。
"Flugabone"はキングの商品名でバルブ付きのトロンボーンをフリューゲルホーンのように巻いたものである。キーはBbでトロンボーンのマウスピースを使用する。
同様に、当時作られた楽器としてカンスタルミュージックが作った"Flugelbone"というものがあるが、こちらは早い時期にメーカーが解体し、ほとんど現存するものは無い。

と。まあ、誰かがいつかフリューガボーンについて検索でもした時に引っかかれば良いかなあ。

001.jpg
002.jpg

一日中、明日のライブの準備。主に楽譜の整理ですが。ちょこちょこと改訂したりしてます。
夜には、ゲストで登場してもらう鬼頭 哲さんが来宅。
だんだんテンションが上がってきましたが。。。雨かー。こればっかはしょうがないなあ。。。
  1. 2008/06/19(木) 09:49:33|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1171-6e69081c