FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

打ち合わせ→音源修正

とあるプロジェクトの打ち合わせで、とあるジャズ喫茶へ。
とあるピアニストさんがとあるDJさんと、とある楽曲のレコーディングについて話している現場におじゃまして。
とある燃料をケチって、とある会社の原付で。
うーん。もうなんでも隠すか。。。

帰宅後はとある吹奏楽団の。。。名古屋ウィンドシンフォニーの音源の編集。

早急に音源を音源配信会社に提出しないといけないそうで。
録音はぼくがやってたから。

編集といっても、切り貼りとかそういうのではなくて、ただずーっと録りっぱなしだった音源を切ってトラックを分けるだけ。簡単簡単。ちょちょいのちょい。「今日中にやりますよー」なんて安請け合いもしたし。たぶん、一時間もあれば。

と思って、実際に録音をパソコンに取り込んで波形を見てみたら。

ちょいちょい録音レベルが振り切れてる!(録音した音がでかすぎる)
ああ、そうか。普通、本番はリハの時より張り切るもんなあ。
リハでしっかり録音レベル合わせてもいかんなあ。。。反省。

というわけで、急遽、補正が必要になりました。
ギリギリ(よっぽど大音量で、アラを探すように聞かなければ)オーケーだと思うんだけど、ひょっとしてスピーカーによっては、プチっていう音がしてしまうかも。

そのプチっとなりそうな箇所を丁寧にプチっとならないようにしていく作業。
5時間もかかってしまった!くっそー!

波形を見ながら「なんでこの箇所はこんなに『プチっといいそう感』が強いんだ!しょうがないなあ。。。」と思って20分ほど作業して、補正後に聞いてみたらただ単にそこは演奏後の拍手の箇所だったり。そんな箇所は使わんじゃないか。

しかし、危ないところだったなあ。あと少し録音レベルを高く設定していたら。。。おーこわ。
  1. 2008/05/07(水) 03:55:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1128-4075d7b1