FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

DSC01137.jpg
歌謡曲をデキシーランドジャズ風にアレンジして、演奏するバンドを持ってます。最近、あんまりやってませんでしたが。「ミソガンボ」といいます。ニューオーリンズの名物料理の名前がガンボです。あとは説明いいや。

そのバンドで豊橋のお祭りで演奏して来ました。

当初の予定では、クルマ一台で乗りあって行こうと思っていたんだけど、前もって主催者から連絡があって
「高速道路は絶対使わないほうが良いです。経験上。」だそうで。

10時入り。クルマで下道で豊橋まで行くとなると、朝6時くらいに家を出なきゃ行けないので、みんなで電車で行くことにしました。

朝8時に家を出る頃に、交通情報を聞いてみたら、高速道路は、豊橋までの中間地点ですでに24kmの渋滞だそうで。。。よかったよかった。

時間の心配をしだして、一旦、気持ちが浮ついてしまうと、それをなかなか収めることができずに演奏にまで影響がでてしまうのです。

余裕を持って会場に到着。暑い!シャツ一枚脱いで本番に臨むも汗だらだら。
後で知ったんだけど気温28℃もあった。

きっちり楽しく演奏。

このバンドでは、ぼくとドラマー氏以外は、基本的にクラシックの奏者で、基本的に楽譜に書いてあることを吹いてもらってます。当然、本番ではいろんなミスが起こるわけで。

普通、「楽譜命」の人は、想定外の事故が起こると、動揺してしまってそれがお客さんに伝わっちゃったりするんですが。。。みんな「バンド」を経験している人たちで、一味も二味も違います。たくましい!

戦時中、ラッパを吹いていたというご老人。たまたま通りかかったブラスバンド部の女子高生。演奏しながら追い掛け回したちびっこ。喜んでもらえたようです。
演奏終了後、わざとらしい写真を撮り、名古屋へ帰る。強い日差しに晒されて、くたびれましたわい。

夜は、小川軒で水野啓トリオのライブ。の事はまた明日に追加しましょう。
  1. 2008/05/03(土) 00:08:49|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1124-60aeccd5