FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

近くて遠い世界

20080121223029

昼間に「今晩あるマリンバのコンサートにノーステキサスの人出るらしいよ」との連絡があり、調べてみると、ピアノの先生じゃないですか。Stefan Karlsson。ジャズのクラスとりました。

そりゃあもう、名だたるジャズの巨匠と共演をしていることはもちろん、ジャズユーフォ奏者Rich MattesonのCDに参加しているピアニストでもあります。
ステファンの授業を受けていた学期のある日、それこそ、何年も前から穴の開くほどずっと聞いていたRich MattesonのCDのジャケットを見たら、ステファン・カールソンの名前を見つけてずっこけたものです。
ずっと聞いていたCDのピアニストが目の前にいて、しかも、授業を受けていたなんて。。。

クラシックのマリンバのコンサートのゲスト共演者としての出演で、もう一人のゲストがこれまたビッグですわい。
チックコリアのグループのベーシストだ。

かぶりつきで見てきました。ステファンは、ずっと書き譜を演奏していて、アドリブソロがほとんど無くて残念。
でも、このベーシストはなんてスィングするんでしょ。強烈なインパクトもらいました。

しかしなー。こうやって、自分が習ったことのあるピアニストが目の前で演奏していて、その隣がチックコリアのベーシストだったりして。

「世界レベル」というのが、すぐ目の前にあって、「混ぜて」と言えばすぐに手が届きそうなんだけど、実はこのステージと客席の間にはすごく分厚い壁があることも解っていて。。。ため息。

終演後、挨拶に近寄っていくと、向こうから気付いてくれました。
「あれ!UNT(University of North Texas)の人だよねえ!」って。

世界の二人と握手。でもため息。今、やれることを一つずつ。。。
  1. 2008/01/21(月) 22:30:29|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

コメント

先生のコンサートだから、まだ良いじゃん。

弟子のコンサートに招待されて、楽屋で握手・・・ってのは「ため息」で済まないだろうなぁ。
  1. 2008/01/22(火) 06:43:22 |
  2. URL |
  3. 鬼頭 #-
  4. [ 編集]

それが「良い形」でできたら最高なんですけどねー。
  1. 2008/01/22(火) 22:57:58 |
  2. URL |
  3. ?キナ #-
  4. [ 編集]

チックコリアの~ つうか エディ・ゴメスじゃんか~
  1. 2008/01/23(水) 02:08:31 |
  2. URL |
  3. tubaman #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://funkeuph.blog5.fc2.com/tb.php/1021-dcd9e4d0