FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

同窓生バンドから

大学の卒業生で集まってやる研究会のようなアンサンブル、毎月開催されることとなりました。
大学の時は、いろんな人に迷惑をかけていたので、先生、先輩という人たちが未だに怖いわけですが、今回からは、卒業したての木管楽器の後輩さんなんかも入ってきました。残念ながら、ユーフォニアムの後輩は今、全然知らなく、居るのか居ないのかも解らない状況です。
楽しくやらせていただきました。
もう一つお仕事を終えて帰宅後、夕方に家を出て、岐阜県の和良へ。一昨年、ライブでお邪魔したことがあるのですが、ここはホタルが有名だということです。
去年、何度か来れるタイミングを狙ってましたが、天気に恵まれず、来れませんでした。
そして、一年越しのリベンジです。
昨日は下呂地方は大雨で大変なことになっていたようですが、和良はなんともないとのこと。
まだ暗くなる前に到着して、一つ見つけ二つ見つけ、そして目の前がホタルだらけに。
ピークが過ぎて、さあ、帰ろうかとなったところで、雨が降ってきました。あー良かった。
とてま良いものを見れました。来年もまた来よう。
しかし、こういうところにはかならず、要らない事を言う人がいるもんだなあ。地元の人だと思うのだけど「今日は、あんまりです。去年はすごかった」なんて要らない情報をくれるのです。それ、要らない。
ライブやっててお客さんに「今日の演奏はあんまりでした!また来年はいいかも!」なんて言いませんわなあ。
スポンサーサイト



  1. 2018/06/30(土) 17:03:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

渡辺隆雄(tp)早川岳晴(b)DUO/テルキーミサキー

久しぶりのテルキーミサキーです。チューリップハッツから、ドラムを抜いたのがテルキーミサキーです。
リハーサルをブレーメンにて。ぼくは、ガチャガチャしたカラオケ店よりも、ブレーメンの方が居心地いいなあ。当たり前だけど。
岬ちゃんと会うのも久しぶりなのかな。随分と印象が違いました。
新曲有りのリハーサルを楽しくやって、トクゾーへ。
そこではナベさんグループがリハをやっていました。
いつものステージではなく、客席に降りて演奏するレイアウトとなっていて、これは新鮮。こういうこともやるんだね。トクゾー。
ナベさんグループのリハの後、共演ステージのリハーサル。なかなか緊張しますねえ。トクゾーの河野さんもアコーディオンで参加。愛されてますね。
本番始まり、まずテルキーミサキーから。あっという間に終わってしまった感アリ。
そして、ナベさんグループをじっくりと楽しみました。お客さんとして。でも切ないのは、完全に楽しんで、飲み過ぎちゃいけないということ。ノンノン、まだ共演ステージがありますもの。
共演ステージもとてもとても楽しくやらせていただいて、そのまま打ち上げになだれ込むところ、ステージにスクリーンが貼られました。そして、プロジェクターでサッカーが映し出されました。
今からサッカーワールドカップのパブリックビューイングが始まるようです。
こ、このライブの余韻はどしたらいいのさ!!
サッカーに興味がないので、独り会場を後にしました。さみしー。
  1. 2018/06/28(木) 16:51:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バカボンファイブ@新栄スウィング

ユーフォニアムとトロンボーンの持ち替え奏者が2人の、ジャズバンドと謳ってしまってるので、トロンボーンだけ持って電車で行くとかできなくなりました。
楽器二本積んでクルマ移動。
サウンドチェックして、リハを軽くしていざ本番へ。
順調に演奏してましたが、共演者のトロンボーンのウォーターキーがポロっとハンダごと取れてしまいました。
そこから息が抜けてしまうので、演奏継続は不可能。咄嗟にユーフォに持ち替えてその曲は吹き終えました。
途方に暮れていたので、ぼくは客席に向かって「お客様の中に楽器リペアの方はいらっしゃいませんか?」と聞いてみたのです。すると、スクッと立ち上がる方一人。どうやら心得があるようなのですが「あの、輪ゴムで止めるとか、応急処置で良いですよ」と伝えるも、その方は、なにやらスーツケースから道具を取り出して、店の外へ。
そうこうしているうちに、次の曲が始まったので、もう一曲、ユーフォで演奏しました。
その曲が終わると、その方がトロンボーンを持って入店してきました。
手には、ウォーターキーが完璧にはんだ付けされた、トロンボーンが。
お礼を言う間も無く、また次の曲が始まり、無事にライブを終えることができました。
そして、改めてその方にお礼を言おうと店内を探すも、既に姿はなく。。。
だとカッコいいんですけどね、その人は、誰もが知る、モグリのリペアマンうっちーでした。リペアの出張の前に、ライブを見に来てくれていたのでした。仕事道具持って。
いや、でもヒーローでしたよ。
  1. 2018/06/27(水) 16:35:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

14年前の自分から

2004年に作った吹奏楽とユーフォソロの楽譜を購入したいという方がいらっしゃり、久しぶりに楽譜データを開いて手直しをしています。
14年前なんて、楽譜制作ソフトのバージョンも随分と違うので、それを今のバージョンで開くところから苦労しました。
開いてみると、レイアウトがなんかおかしくて、よーくみてみると、A4サイズでなく、アメリカスタンダードのレターサイズだったりして。
書いていた内容も細かくチェックしていくと、メロディの書き方から、記号の付け方にいたるまで、いろんなことが、今とは違うんです。
一言で言うとトンガってる。
今まで誰もやっていないことをやろうと悩み抜いて、凝ったことをしている。その時のこともよく覚えている。徹夜して悩んで悩んで、眠れずに、後ろにひっくり返って、睡蓮鉢の中から幻聴が聴こえてきて、それわ採用するみたいな。
今は久しくそういうことをやっておらず、パパッとウケのよいものを書いてしまったりしている。まあ、どちらが良い悪いというわけではないのだけど、14年前の楽譜は「人のためにそんなに時間を使うんじゃない」と、いまのぼくに怒っているわけです。
「その通りだね」と思うわけです。
  1. 2018/06/25(月) 14:52:35|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

何年越しかの

なん年ぶりかに、岐阜県のとある学校によんでいただきました。随分とお世話になったのだけど、学校の事情で期間が空いてしまいました。その当時いた学生さんはまるっと入れ替わっていて、みなさんはじめましてだったのですが、それでも嬉しかったのです。
先生から「当時、卒業していった生徒さんから」というプレゼントをいただき。
  1. 2018/06/24(日) 14:39:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショーグループレッスン&ライブ

朝起きて土砂降りの大雨。今日は電車で名古屋まで出かけたかったのだけど、駅まで楽器を背負って、スーツケースを転がして歩くのは大変だ。靴もビショビショになっちゃうし。
チューバマンに「クルマ出しますね」と申し出ると、「しょうがないよ。梅雨はこんなもんだよ」と一言。
カッコいいぜ!
16:00前に無事にドルチェ楽器名古屋店に到着。靴、びったんこ。
前半はグループレッスン。
金管楽器と、大きく募集していたのでいろんな楽器の方が来てくださいました。
グループレッスンの前半は、吉野さんのレクチャー。ぼくも久々に見たのだけど、改めて再確認すること有り。後半は、ぼくが担当させていただきました。
そして、少し休憩してからのライブです。
音楽ホールでのライブ、久しぶりだな。
音の細かなところまでモニターできるので、最小音量の方の攻め方がグッと広くなりました。カフェなんかでのライブも楽しいけど、これはこれで楽しいな。
終了後は隣の居酒屋さんで打ち上げ。
バ◯ハイという、焼酎をビールで割った危険な飲み物があり、危うくそれをオーダーしかけたのですが、思い留まり、普通の飲み物にしました。
打ち上げには、いろんな専門分野のエキスパートさんが参加していらっしゃって、面白い話をたくさんきけました。法律の話とか。
  1. 2018/06/23(土) 14:29:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー@エビスカフェ

大治町エビスカフェでのチューバマンショーライブ、調べてみたら5年ぶりでした。(スケジュールをグーグルにしていたり、日記をつけていてとても良かった)

夕方にチューバマンを名古屋駅でピックアップ。そのままエビスカフェに入りました。
特にリハーサル無し、サウンドチェックも無し。
「チューバマン、すみませんが、その辺で遊んでてください」と一言。
ほったらかしで済むメンバーというのは、とても楽です。
ぼくも一人でほったらかしにされても、楽しいですが。

本日は、オープニングアクトに、ギターの弾き語り、サポートギター、コーラスの三人のグループ有り。それのPAの準備をしました。

なんだか、まるでPAの人みたいだけど、違いますからね。適当な経験と知識に基づく適当なPAですからね。
そんなこんなをしているうちに、晩御飯を食べるタイミングを逃し、近所のスーパーへお惣菜を買いにいくことに。そんなタイミングでチューバマンが帰ってきて、その旨を伝えると「そういうタイミングだと思って帰ってきた」と一言。「彼女か!」とか思いましたが、「彼氏か!」か、どちらかわからないので、口に出さないでおきました。

オープニングアクト始まり、客席が素晴らしく、ぐわーっと盛り上がりました。
そして、チューバマンショー登場。5年前のことを覚えてくださっていた方もほんの一握り、いらっしゃいましたが、ほとんどの方が初めて。しかも、予備知識ゼロ!そして、ちびっこたくさん。
どこに照準を絞ったら良いのか迷いましたが、チューバマンは「いいの。大丈夫」と言っておりました。

終演後は、いつもの打ち上げ会場の中華料理屋へ。
  1. 2018/06/22(金) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

長野から帰り

長野から帰り、一息つく間もなく明日からのチューバマンショーの準備。
その他、もろもろ、ごちゃごちゃとしていた予定がようやく整理がつきました。
  1. 2018/06/21(木) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

親子ライブ

「親子ライブ」とタイピングしようとして「親子レイブ」と打ってしまいましたが、親子でのレイブ(DJパーティのようなもの)は無いだろうなあ。

今回の会場は、愛西市の「友の家」さぼさんが見つけてきてくれました。
平屋の一軒家の民家です。

平屋、懐かしいなあ。前の前の家、こんな感じだったかなあ。
ステージをどこにするか決めて、奥村さんが電子ピアノをセッティングしているうちに、「あれ?」とか言ってアップライトピアノがあるのを見つけました。そりゃあ、生楽器の方がいいですわなあ。急遽、こちらに決めました。

ほんわかとした雰囲気のライブ、演奏中に近所のたこ焼き屋さんから、たこ焼きが届いたり、オーナーが作ったケーキセットが美味しかったり。
終演後も随分と長い間、お客さんとしゃべってました。
オーナーとても良い人。身体のトレーナーをやっているそうで、今度相談してみようかな。
  1. 2018/06/16(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

船乗りさん宅へ

海上での長い勤務を終え、2か月ほどの休暇に入った、船乗りさん宅へ。
いろいろとご報告。
この数か月の間に、随分とお酒の量が減りましたよわたし。
今日は、たくさんでしたけども。
  1. 2018/06/15(金) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

こども園にて

午前中、こども園にて、園児さんにトランペットを教えるお仕事。
楽器を吹けるようにするのと、集中力をどうやって持続させるのかは、まるっきり別のスキルのようで、まだまだ足りないことばかり。なるべく、必要以上に自分を盛り上げないで素のままでいましょう。

CHIZのTシャツチームとお昼ご飯。枇杷島の民家を改装したお蕎麦屋さん。
町家が並んでいて、何かしらの旧街道なのかな。でもどちらへ街道が伸びているのか、見当がつかず。

夜は、岐阜にてお仕事。小さな女の子が、ものすごくおしゃべりするようになった。前回「突発的に行動する人と、じっくり考えて行動する人がいる」というような(本当はもっと踏み込んだ話)をしたのだけど、それが響いたらしいというよりは、ぼくと同じような行動思考なんだろうなあ。わかる、わかるよ、集団の中で盛り上がれないその気持ち。
  1. 2018/06/14(木) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一昨日前に引き続き

親子ライブのリハーサル。
先日、固めたアレンジを奥村さんが楽譜にしてきてくれました。
「ぼく、楽譜書くの、好きなのかも」とか言って。
そう、解ります。ぼくも楽譜にするの好き。そして、できた楽譜は愛おしい。
  1. 2018/06/13(水) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

親子ライブリハーサル

親子ライブのリハーサルを深夜に。

ぼくがやりたかった「あめふりくまの子」は、ボサノバのアレンジとなりました。
奥村さんに提案したら、その場でアレンジが固まりました。
スゲいぜ!知ってたけど。
リハーサルしましたが、随分と要らないおしゃべりもしてしまいました。
いいのいいの。そうやって雰囲気ができていくの。
  1. 2018/06/11(月) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

YEP-321ミーティング4/4

YEP-321ミーティング最終日は、吉良町のインテルサットにて。
ぼくと増君は、それぞれ日中は別々にお仕事しておりまして、別々のクルマで吉良町へ入るということをしました。
独立して動けるというのは、実は随分と気楽であったりもします。

でも、ぼくはインテルサットへの近道を知っているので、それをいつか教えてあげなきゃな。

ツアー最終日ともなると、リハーサルもサウンドチェックもしません。
開演時間まで、お客さんとおしゃべりしたり、楽屋でダラダラしたりして過ごしました。

最後までアツい演奏の後、増君を三河安城駅まで送る。
ここから、東京への高速バスが出ているのを今回、見つけました。
インテルサットでライブして、東京へ移動というのは、アリですねー。
いや、ぼくは帰りましたけど。
  1. 2018/06/10(日) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

YEP-321ミーティング2/4&3/4

朝起きて、大阪の宿。
向かった先は、中津のスタジオユーフォニアム。スタジオの名前がユーフォニアム。今回は、このあまりにもオイシいネタになりそうな名前のスタジオを見つけたので、無理やり大阪でのライブをねじ込んだのでした。

ライブの前にレッスンおひとり様。楽しくやらせていただきました。
そして、ライブ本編。これまた、どれだけお客さまが来てくれるか、不安だったのですが、たくさんの方に来ていただけました。
スタジオ「ユーフォニアム」いい会場。6時間使ってfacebook割引で5千円。これはイイ。

そして、YEP-321ミーティング史上初めての新幹線移動。いや、他のバンドでもこんなことやりませんわな。

新大阪を16時過ぎの新幹線に乗って、名古屋のCOTANに17時半入り。
時間的には余裕ですけどね。

COTANでは、ステージを使わずに、客席に高椅子を出して、お客さんにぐるりと囲んでもらう形でやりました。

高椅子プレイとでも申しましょうか。ぐるぐる回ったり、上下に動いたり。
とても楽しくやらせていただいたのです。

かくして、一日2公演のドタバタ移動は、無事に終了しました。
一度、こういうことをやってしまうと、普通のことがつまらなくなってしまうんだなあ。
  1. 2018/06/09(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

YEP-321ミーティング1/4

関西、中部地区では久しぶりの開催となりました。YEP-321ミーティング、3日間で4公演!京都、大阪、名古屋、吉良町と回ります。

初日は、京都。ユーフォニアム奏者の志津さんが始めた、始めつつあるイベントスペース「チカ(仮)」でのプレオープニングイベントです。

京都駅から、チカのある宝ヶ池まではバスで移動。
地下鉄はだいぶ慣れましたが、京都のバスはバス停の位置が解りにくい!
京都駅から一つ離れたところから乗ろうとしたのだけど、まー、行ったり来たり、右往左往してやっとこさバス停を見つけました。これは慣れるまでしばらくかかりそうだなあ。

会場のチカに到着したら、増くんも到着。
いっしょにホームセンターへ行って、お掃除グッズを買いました。
なんたって、今日のライブは「お掃除割得点」があるのです。
拭き掃除を手伝ってくれたお客さんには、ステッカープレゼントがあるのです。

お店に入って、わいわいしていると、土砂降りの雨。
これは。。。お客さん、来てくれるのだろうか。。。

心配していましたが、蓋を開けてみるとたくさんの方が来てくれました。
それに熱演で応えます。お天気も土砂降りで応えます。
トイレは雨漏りして、その雨漏りがちょうどトイレに落ちます。
トイレする人は、傘をさして。
はっはっは。さすが、志津さん!サイコーです。
お店が正式にオープンしたら、またライブをお願いしよう!

終電で大阪に移動。24時以降チェックインで安く泊まれる宿をみつけました。が、変な宿でした。しまった!
  1. 2018/06/08(金) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大学の

ちょっと時間が空いてしまった、大学のお仕事へ。
グイグイ来るようになって楽しい。
  1. 2018/06/07(木) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

音もダチ!ライブ!みそガンボミニ!

月例音もダチ!ライブ!
今月は!今月も!みそガンボミニです。
先月のライブの時に、次の回になにをやるか決めておらず、客席にいたみつひろくんを指名したのでした。

オープニングアクトは学生さんバンド。リーダーさんが、ぼくの別のライブを見に来てくれて、その時にお願いしたのでした。

みそガンボミニは、最近、いろんなところでやっているので、リハーサルはほとんどナシ。学生さんのリハーサルを見ておりました。

本番は、学生さんバンドから。
リハーサルのときと違って、本番のステージで敢えていろんな駆け引きをぶっこんでいてとても楽しかったなあ。客席からヤジも楽しく飛んでおりました。

自分たちのステージを終えて、最後にジョイントで1曲。
こういう若者とのセッションは、もっとやっていきたいな。そして大御所とのセッションもしたいな。
来月の音もダチライブは、わたくしお休み、富安秀行さんの登場です!
  1. 2018/06/06(水) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

親子ライブ打ち合わせ

来週末にある地元での親子ライブの打ち合わせ、曲決めのために、ボーカリストの葉山さんが自宅にやってきました。

お互いにやりたい曲を出し合います。
ぼくが今回やってみたいのは、「あめふり熊の子」これを奥村さんアレンジでやると素敵だろうなあ。というのは、他力本願というのだろうか。
  1. 2018/06/05(火) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

熊本でお仕事3/3

本日のお仕事は、夕方からの学校訪問1件のみということで、阿蘇山の方へ遊びに行ってきました。
熊本に頻繁にお邪魔するようになって、すぐに阿蘇山の爆発的噴火があって、それから地震があって。最近、阿蘇山の噴火口まで行けるようになったんですって。

地震でめちゃめちゃになってしまった道路も随分と通れるようになりました。
阿蘇の山肌はまだいたるところでボロッと崩れていて黒い土がむき出しになっていて、これが変わらず緑になるには、どのくらいの時間がかかるのか、想像もできないけど。

火口の下の駐車場までクルマでたどり着いて、そこからロープウェイで山頂まで登るつもりだったのだけど、ロープウェイは「整備中運休、自家用車、バスで火口まで行けます」とのこと。クルマで入りました。

阿蘇山の噴火口は思っていたのの100倍の規模(大きさ、深さ)でした。そうですかそうですか。これは来れて良かったな。いつも飛行機から見えていたモクモクの水蒸気も間近に見えました。

そして、ロープウェイの山頂駅は、火山弾でめちゃくちゃに破壊されておりまして、これは、整備中とかそんなものではなく壊滅的な被害に会っていま、どうしようもないところといった感じですね。

観光終えて、お仕事モード。
一生縁がないゴルフ屋さんに立ち寄って、鉛の板を購入。
昨日見た楽器が気になったので、ちょちょいと細工しました。
これで上手くいくだろうか。

今回の日程の最後の学校訪問をして、熊本空港へ。
たくさん、お土産を買ったのに、行きと荷物の重さ変わらず。もっと買っても良かったなあ。
  1. 2018/06/04(月) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

熊本でお仕事2/3

真っすぐと目を見つめてくる。
そして、その目が透き通っていて、そのまま脳ミソまで直結しているのがよくわかる。そんな集団との2時間の真剣勝負×2。

学校訪問終えて、身体が動かなくなってしまった。
疲れとかじゃなくてね。きっとたくさんのエネルギーにあたったとか、そんな感じだ。

  1. 2018/06/03(日) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

熊本でお仕事1/3

「今日、乗らないといけないのは、6:06の電車!」
そう呟きながら、5時半に起きて準備をして家を飛び出してから、間違って時間を覚えていたのに気がつきました。
6:02だった。
一本電車乗り遅れた。
1時間前に空港についてるはずが、30分前になってしまいましたよ。
さらに、今まで、最寄駅→名古屋→中部国際空港と乗り継ぎだったはずが、いつのまにか、名古屋が金山始発に変更になっていて、危うく乗り継ぎ失敗するところでしたよ。
無事に熊本に到着できて良かった。
学校訪問!
先月、お邪魔したときに「来月も!」と嬉しいお声かけをいただいておりました。
これだけ期間が短いと、やりやすいなあ。
嬉しいなあ。
  1. 2018/06/02(土) 22:43:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヤザコバンド

去年の冬に誕生した、大学の同窓生による、クラシックのアンサンブル「ヤザコバンド」の本番が木曽川町に新しくできたホールにてありました。
尾張の軍楽隊の歴史についてのレクチャーコンサート。昼間の公演です。
朝起きてまだ頭がボーッとしてましたが、衣装の黒シャツが家にない(恐らく引越しの時に捨ててしまった)のに気づいて、頭がしゃっきりしました。
近所の紳士服店に駆け込むも「黒シャツが出てくるのは秋以降です」とのことで、一番近かった、水玉模様の黒シャツというのを買いました。うーむ、どうかなあ。セーフかなあ。そもそも、これが黒なのか紺なのかも怪しい。バンドならともかく、クラシックのコンサートでこれはどうなのだろう。と心配しましたが、会場に入って先輩(コンサートの責任者)に正直に話すと、全然大丈夫とのことでした。
久々のクラシックのコンサートでしたが、隣の京響のトランペット奏者の音色や、反対側の隣の、よく動くバスクラリネット奏者の動きなんかがとても楽しくてあっという間に終わってしまいました。
実はぼくには、もう一つミッションがありまして。
このホールの音響を担当している方が、なんとぼくのソロアルバムのレコーディングエンジニアさんなのですねえ。忙しい方で、事あるごとにいろんなホールでお会いして来ましたが、この辺りのホールの立ち上げから担当することになったという噂をチラリと聞いていたのです。
ということで、お土産どっさり持ってきました。と言っても、自分の参加するバンドのCDですが。いつか、使ってくださーい。
17時頃には帰宅しましたが、明日からの熊本のお仕事の準備を。
あれだ、始発の次の電車だ。。。
  1. 2018/06/01(金) 22:45:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0