GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

佐久間2/3

旅館で朝ごはんをいただいてから、「峠の蕎麦屋にいく」という女子チームに混ぜてもらって、お蕎麦を食べに。さっき、朝ごはん食べたばかりなんですけどね。

古民家を改装した峠の蕎麦屋で、写真なんか撮りまくったりして、久々に大はしゃぎしたなあ。
そういえば、佐久間に来たら、大はしゃぎもセットだったなあ。

演奏会場に到着しても、夕方からのリハまでに時間がたっぷりあるので、昨日、途中で帰ってきてしまった、トンネル探検の続き。写真撮りたかったのだけど、iPhoneが調子が悪く、なかなか動いてくれない。ちきしょー。

夕方から夜のリハでは、ワルツやポルカ、マーチの他に、地元の方と演奏するポップスもありました。
そして、アドリブソロが回ってくることになっていました。
ああ、ぼくがちょっと変わったユーフォ吹きって、覚えてくれていて、そしてこんな花を持たせてくれてありがとうございます。

宿へ帰って、今日は、昨日より大人しい宴会。

  1. 2017/09/30(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

佐久間!1/3

久々にお声をかけていただきました、佐久間で開催されるウィーン交流コンサート。
元ウィーンフィルのカール・ヤイトラーさんがもうウン十年も続けているプロジェクトです。
ここ最近は、バンドが若返りして、呼んでもらえなくなってしまったと思っていたので、とても嬉しい。調べてみたら3年ぶり!
2年前に、橋が落ちて町の職員さんが亡くなったというニュースを見て、ずっと胸を痛めておりました。今は、どうなってるのかな。

朝9時に開場に集合ということで、朝5時半の出発。
ということは、ぜったいに豊田あたりで高速の渋滞に巻き込まれるので、長久手、足助を抜ける山道を選択しました。朝から山の中走るの気持ちいい。寄り道しながら、久しぶりの佐久間へ!例の橋のところは、まだ工事中で、仮設の道路が河川敷を走っているという驚きの光景でした。後で聴いたところによると、これ、川が増水したら沈むのだそう。。。すごいな。

9時に会場に入ると、見慣れた顔、はじめましての顔。
メンバーそれぞれ、今回、だれが来るのか知らされておらず、再会を喜びました。

そして、ヤイトラーさんとも再会。

今日の予定は、いきなりリハをしてからの高校での公演。
久しぶりのサウンドが嬉しい。

昼の公演を終えた後は、しばらく自由時間。もう夕暮れが迫っていたけれど、佐久間ダムの方へ一人遊びに行きました。前に来た時には入れた坑道が立ち入り禁止になってるな。前、行っておいて良かったな。ダムの向こう側のトンネルまで探検。

会館に帰ってから、地元の方とリハーサル。
ああ、またお会いできて嬉しい。音楽で繋がってるって嬉しい。

今回の宿は、隣町の旅館。隣町と言っても、クルマで40分かかる。
佐久間の方がしきりに「鹿が出るよ」と言っていて面白かったなあ。
宿では、恒例の大宴会。


  1. 2017/09/29(金) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

打ち合わせへ

お昼間に、地元の楽器店さんに打ち合わせへお邪魔する。
音楽教室のクリスマス会のようなもので、出演依頼をいただきました。
ピアノソロや、お琴アンサンブルなどの発表演奏に混ざるんだそうだ。
おお!そいういうのは初めてかもしれない。
街の音楽屋さんになりたいとは、常々思っているけれど、これはバッチリだなあ。
  1. 2017/09/26(火) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

麻衣 Dear Life

ボーカリスト百本麻衣さんと、ぼくと、ベースのトリオのライブ。
毎度、お世話になっている吉良町のインテルサットのマスターから「こんな組み合わせはどうだ」と、お誘いいただきました、ありがたき幸せ。
麻衣さんは、岐阜で、スチールパンの村治さんやら、ドラムの近藤くんと一緒に演奏している情報を知っていて(情報が勝手に目につく、耳に入ってくるという人はいるようです)ぼくもいつかご一緒させていただきたいと思っていたのでした。
お声かけていただいたときに、編成の提案もいただいたのですが、わざわざ、リズム楽器ナシ、コード楽器ナシのトリオを提案させていただきました。

ユーフォニアムとかトロンボーンとかいうのは、音域的にいうと、女性ボーカルとベースのちょうどど真ん中に来るので、自由に遊べるはずというのが念頭にありました。

お店で初めてあって、リハーサル開始すると、3人で楽しく盛り上がってしまって「もう、今日、これで(本番やらなくても)いいんじゃない?」くらいの楽しさ。

まあ、そういいうわけにもいかないので、バシッと本番もやりましたら、やはりリハーサル以上に楽しかったのです。

マスターより「今日も良かったけど、2,3回やると、そこからもっと楽しくなるもんだからね」というようなことを言っていただけまして。それは、大いに望むところであります。


  1. 2017/09/23(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フェスティバルアンサンブル2017スタート

10月15日(日)開催のユーフォチューバフェスティバルin名古屋では、普段、アンサンブル団体に所属していない人たちによる、スペシャルなアンサンブル、その名もフェスティバルアンサンブルの演奏があります。
それのディレクションをわたしがやらせていただくのです。
前回のフェスティバルの時もやったのですが、たいそう楽しかったのです。
今日は、その第一回目のリハーサル。
知らない人同士が集まってくるので、自己紹介から始めます。
参加の皆さんの演奏を聴いたことがないので、パート割りをするのも大変。
今回は「When I Fall in Love」「Can't Take Eyes Off You」の2曲を取り上げました。
初めての練習、2時間、楽しくできたのではないでしょうか。

からの、懇親会へ突入!これも楽しみの一つです。
前回は「練習には間に合わないが、懇親会から参加する」という人もいたのでした。
  1. 2017/09/22(金) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モコモコ会議

第8回ユーフォニアム&テューバフェスティバル in Nagoya開催へ向けての準備会議、通称モコモコ会議が開かれました。いよいよ、来月に迫り、あとは出演順などの細かな調整を残すのみとなりました。

大合奏用の曲のアレンジとか「7月に締め切りね」とか言われて「えー、そんなに早いの?ぶーぶー」とか文句をたれていたのですが、早めに終わっといてよかったね。

あとは、プログラムを作るのみとなりました。はぁ。
  1. 2017/09/21(木) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽市リハーサル

岐阜の市民ビッグバンドのリハーサル。
すっかり、難曲をこなすようになってきて、最近では渡された当日でもカタチになるようになってしまいましたが、なんと今日は「ボーカリストさんのキーに合わせた楽譜の移調をその場でやってのける」ということをやりましたよおっかさん。

いやいや、スタジオミュージシャンじゃないんだから、バックバンドじゃないんだから、どうやってるのさ。
ぼくはやりますけどね。
  1. 2017/09/20(水) 12:44:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

結婚報告パーティー

お友達のユーフォ奏者さんの結婚パーティーへ。
出し物、1コーナー担当。
東京から、ベースもやっているという女性チューバ奏者さんがいらっしゃって、その方とデュオ。こんな活動している人と出会えて嬉しいなあ。コード譜渡すだけで、演奏が成立するのは頼もしいです。

そして、同じくパーティーに参加している、いろんなオーケストラの名だたる面々とのアンサンブル。
「オーケストラの人の音って、こんなに遠くで鳴ってるんだ」と、隣にいて感激。すみませんね。バストランペットでオーケストラとかやったことないもので。

これから、名古屋を拠点にしていくということで、何か一緒にできたらいいなあ。
  1. 2017/09/19(火) 09:55:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

つるのりバンド@今池祭り

昨日は、夜のうちに台風が東京を過ぎていきました。
八王子でぼくが選んだ宿は、窓の立て付けが悪いのか、一晩中「ヒューヒュー、ガタガタ」と窓がうるさくて、何度も起きてしまったのでした。

そして朝6時、「結局休まらないなら」と東京を出ることにしました。
外は台風一過の快晴!これからどんどん気温が上がってくるそうな。

さすがに眠たくて、何度もサービスエリアで仮眠をとりながら、えっちらおっちら帰ってきました。
帰宅したのが12時半。そこから昼寝を決め込んで14時に起きて、つるのりバンドの準備。
夕方から、今池祭りでの演奏です。昨日は、台風の影響でいろんなイベントがキャンセルになってしまったみたい。

もちろん、電車で出ていきましたよー。
今池祭り、そこら中で楽しいイベントが繰り広げられておりました。
トランぺッター岬ちゃんは、3つ掛け持ちだそうです。すごいな。

つるのりバンド、初めての今池祭りでの演奏だそうです。うれしい。
たくさんのお客さんの前での演奏。客席とステージの距離が近く、お客さんの反応がダイレクトにビシバシ伝わってきます。たくさんの人と目が合います。これだから、外での公演はやめられないなあ。

自分の出番が終わった後は、岬ちゃんの別のバンドを見に行きました。
今池祭り、知ってる人ばかりで楽しかった。
今池祭りの知ってる人の中にぼくも入っているようで、とても嬉しかった。
  1. 2017/09/18(月) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

伊那→八王子→渋谷→江古田→八王子

朝7時半に伊那を出て、雨の中、クルマでびゅーんと八王子へ着いたのは9時半。
八王子にクルマを置いて、電車で渋谷に着いたのが11時。
書籍「みんなのあるある吹奏楽部」でお世話になりました、オザワ部長の吹奏楽イベントに呼んでいただきました。
出演者の皆さまにご挨拶して、簡単にサウンドチェック。12時に開場となりました。
チューバマンショーの演奏時間は20分。
トークを交え、ネタを交え演奏しました。とても喜んでいただけたのではないかと。

16時に渋谷を出て、江古田に着いたのが17時半。
いやー、苦手な人ごみの中をたくさん歩いたなあ。

そして、開場が18時。
このライブ、なんと3日前に決まったにも関わらず、たくさんの方に来ていただけました。
まずは、伊那で買ってきたお土産、ざざむし、イナゴ、カイコの佃煮を振舞いました。
もっと驚かれるかと思ってたら、割とみなさん、すんなり食べてました。
いや、半分は食べてなかったか。すんなり食べる人と、まるっきり食べない人。
恐る恐る手を伸ばして、やっぱダメ~みたいな方はいらっしゃいませんでしたねー。

狭い店内びっしりのお客さん。声を張らなくても、喋ってることが全て伝わるような感じで、店内のライブ感と申しましょうか。まるでコンサートとは違う雰囲気。楽しかったな。
すっかり人気者になった東方君も、ライブに参加してくれました。うれしい。

終演後、店内でゆっくりしていましたが、雨を気にして外の様子を見てきたチューバマンが「これは、早く移動しないと電車が止まるかもしれない」と一言。

それは、大変。八王子まで戻らないと宿なしになってしまう。
というわけで、22時頃に急いでお店を後にしました。

無事に宿にたどり着いて、やっと晩ごはん。長い一日でした。



  1. 2017/09/17(日) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー伊那公演

朝9時に宿を出て、午前中は地元の方対象のレッスン会をしてました。
みんな、嬉しそうな顔をしてくれるので、こちらも嬉しいんですよ。

最後に、チューバマンショーマネージャーの二人として演奏。マスクない方が演奏のクオリティ上がりますからねえ。

台風が近づいているということで、雨が降り出しました。
実はこれ、雨で客足が遠のくかもしれないというのと、今日、たくさんの学校で予定されていた運動会がキャンセルになり、お客さんが増えるかもしれないという二つの側面を持っていたのです。まー、そんな季節ですわねえ。後者になりますように!

お昼のあと、会場のかんてんぱぱホールへ。
かんてんぱぱという名前から、きっと無機質な工場みたいなところへ行くのだろうなあ。と思っていたらば、着いた先は、緑溢れる文化施設という感じでした。これまた緑が雨に濡れてとても綺麗。ステージの後ろも森ですよ。沢ですよ。

今回の目玉は、地元の方と一緒にするアンサンブル。
「Song for 伊那」を書いてきました。
リハーサル、いい感じ。

本番は、雨の中、100名近い方が来てくれました。
チューバマンショーライブ始まり、後半のステージでは、ニセチューバマンショーが登場。
そして、アンサンブルと盛りだくさんで大盛況のうちに終了しました。

からの!打ち上げから二次会へ!



  1. 2017/09/16(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

伊那へ

午前中にバタバタと、昨日できなかった準備の続きをする。
お昼に、味噌きしめん天ぷら入りを食べて、お店の生うどんをお土産に購入して、いざ出発!

15時過ぎに伊那に到着して、今度は、東京へ持っていくお土産を買いに、伊那のスーパーグリーンファームへ。ここで見た光景が仰天。。。

地元の方が取ってきた、見たこともないようなドでかいキノコがたくさん。
冷凍イナゴ、冷凍蜂の子。そして生イナゴ(生きてます)、ネットに入れられたハチの巣。
お目当ての、ざざむし、イナゴの佃煮、ゲット。ついでに蚕の佃煮も。
すごいなこりゃ。東京の人、喜んでくれるだろうか。

宿へ入ってから、今回、お世話になります、宮下さんと喜びの再会。
中学校訪問。ポップスの指導をさせていただきました。

からの、チューバマンとさらに地元の皆さんと合流して、ローメン(伊那名物)の発祥のお店へ。
伊那の方がどうやってローメンを食べるのか、見たい。そして、いろーんなグロテスクなモノが遣ったお酒を呑んでみたい。
ローメンは一度食べてみたことがあるのだけど、地元の方と来ないとだめだなこりゃ。100倍楽しむことができました。

お酒は、ぼくが不味そうに飲んだあとに、チューバマンが「美味しい」とか言って飲んでて信じられない。
  1. 2017/09/15(金) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ツアー準備

明日からチューバマンショーのツアー。

伊那伊那八王子と3泊なのですが、かなり複雑な動きをします。

初日
クルマで伊那へ行って、学校訪問して宿泊。
二日目
伊那でレッスンから公演、宿泊。
三日目
早朝に伊那を出て、クルマで八王子へ。
八王子の宿にクルマを乗り捨て、電車で渋谷へ。
渋谷でお昼のイベントの後、電車で江古田で夜のライブ。
終演後、電車で八王子へ。宿泊。

四日目
八王子より帰宅

あー、この段取り考えるの大変だったー。
途中、クルマを乗り捨てるので、物販やら荷物のパッキングにも工夫が必要だ。

楽譜も、伊那で必要なものと、東京で必要なものが違うし。
準備は前日に全部済ませておけると良いのだけど。

お釣り、おみやげ、ガソリン給油、アイパッドの充電ケーブル

これは、明日の午前に回しましょう。

からのハッピーバースデー。飛び降りの練習をしていたら、ご馳走を作る時間なくなってしまった。スーパーでお寿司。
  1. 2017/09/14(木) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

CHIZ刈谷公演

刈谷のバーガーショップ、サンダンスでのライブ。
ぼくは、近藤君にピックアップしてもらい向かうという段取り。
家で待機し、近藤君を待つ。予定の時間に近藤君から電話あり。
「羽島のあたりでクルマのトラブルで立ち往生、ロードサービスを待っている」とのこと。
刈谷とは正反対。
①このまま待つ
②自分一人でクルマで出発する
③ぼくのクルマで近藤君を助けに行く
という3つの選択肢を考えて、③で決めてクルマで出発しようというところで、「ロードサービスにより救出された」という連絡が入り、そのまま自宅で待機することとなりました。
こういうトラブルのときに冷静に判断できる頭というのは、常に欲しいと思っておりますが。冷静に判断するよりも、面白いと思ってしまう自分。(結果問題なかったので書いてますが)

サンダンスに入り、ドラム以外、全てセッティング済み。
簡単なサウンドチェックで準備完了の後、近藤くんはまた何か駐車場でクルマのトラブルがあったもよう。今日はそういう日みたいですね。気の毒。

たくさんのお客様に来ていただけました。数年前にポップスの指導で入らせていただいた吹奏楽団の方、たくさん。その時、不肖にも指導という立場で、いろいろと言ったことを、普段、こうやって演奏しているんですよ。というのが見せられて嬉しい。
いつもCOTANに来てくださる方も、ちらほら。ど平日にやるとなかなか都合つけるの難しいですわなあ。ありがたいことです。

どわーっと全力でぶっこみました。かなりボリューム大きかったのでは、と思いながら演奏してましたが、客席はちょうど良かったみたい。よかったよかった。

終演後、バーガーとスペアリブを頂いて、お腹も満足で帰宅。
名古屋市内のりっちゃんの新しいお宅にお邪魔して、今後のことミーティング。
年内になんとか、もう一回できることとなりました。うれしい!
  1. 2017/09/12(火) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

CHIZ名古屋公演

クラリネットの新しいメンバーに小田さんを迎えて、久々のフルメンバーでのライブができることとなりました。CHIZ。

昼間に楽器店にてドラム抜きでリハーサル。
色彩が、断然鮮やかになりました。
名古屋のホームこと、COTANへ移動して、近藤君と合流。
サンドチェックなんか随分とてっとり早くできるようになりました。

私たちにとっては当たり前、小田さんにとっては初めての「楽屋」こと餃子王でミーティング。
曲順を決めるシステムなども独特なので、それはそれは新鮮に映るでしょうなあ。
本番、気持ちよく全力投球できました。
メンバー皆、嬉しそう。ぼくだって嬉しい。心地よい充実感。
  1. 2017/09/11(月) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

遊園地からトロンボーン

船乗りさん一家といなたい遊園地へ。
乗り物一回100円。
もっと早くから知ってたら良かったなあ。

夕方から、トロンボーンアンサンブルのコンサートへ。
昼間に炎天下で帽子も被らずに遊んでいたので、ふっと意識が遠くなりそうになる。

  1. 2017/09/09(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

船乗りさん宅へ

半年ぶりに陸へ上がってきた船乗りさん宅へ。
蟹とお酒。
そのまま宿泊。
  1. 2017/09/08(金) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ソルフェージュ

割とゆっくりと時間がとれるようなレッスンで、ソルフェージュを取り入れてくようにしました。
技術的には問題ないのに、音楽までたどり着けないというようなヤングに効果的なようです。
  1. 2017/09/07(木) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

藤井郷子オーケストラ名古屋withアリスタースペンス

フリージャズのビッグバンド、藤井郷子オーケストラ名古屋、1年ぶり!
このバンドのトロンボーンセクションは、バルブトロンボーン(ぼく)、尺八とトロンボーン持ち替え、チューバの3人という、へんてこりんなセクションですが、家を出るときに、ぼくのトロンボーンは、家の人のクルマに載せたままで、でかけちゃってることに気が付き、普通のトロンボーンを持ってでかけました。いや、いいんですけどね。普通で。

会場のKDハポンに到着して、久しぶりの面々と再会。ここでしか会わない人もたくさんいるもんなあ。
そしてオーストラリアからスペンスさん。穏やかな紳士です。

みっちりとリハーサルをして、前半にスペンスさんの曲を、後半に藤井さんの曲をやることになりました。それぞれが、組曲になっていて、1時間近くかかります。

前半、難解な曲で立ち止まってしまう箇所有り。慌てず、ズバッと止めてやり直すのがスペンスさんのやり方。藤井さんの曲は、どわーっとやりました。1年前に引き続き、トランペットのハイノートがぼくの耳を貫いて、ぼくが倒れる。というのが恒例になってしまった。まずい。



  1. 2017/09/06(水) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

心地よい

昨年の12月にコンサートがありました。
大学の恩師の編曲作品を、当時、お世話になったメンバーで演奏するというコンサート。
なにせ、10人以上のメンバーなので、なかなか次回の本番が決められないでいました。
今日は、とりあえず、先生以外のメンバーでまた集まって音を出してみようという日。
名古屋市内の楽器店に久しぶりに集まりました。

同じ時間を同じ場所で過ごした人たちで、同じ思いを持って演奏できるというのは、とても嬉しいことです。

次の本番というのはなかなか決められないままですが、まだこうやって持続していくことになりました。
  1. 2017/09/04(月) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なにもしない爆弾ツアー3/3

お昼間に、楽器店にてリハーサル。
今まで、バンドのリハーサルで楽器店を使うということはあまりしてこなかったのだけど、こりゃ有りですね。爆音でなければ、嫌いなカラオケ店よりもよっぽど居心地が良いです。

オイルやらマウスピースやら、忘れ物してもなんとかなるという安心感もありますし。

KDハポンでのライブということで、頭の中、半分は隣のゆきちゃんラーメンをどのタイミングで食べるかということになっています。

個人的な計画では、リハーサル後、会場まで。

会場入りして、対バンのカタブラさんにご挨拶。
リーダーの高橋くんは、学生の頃からうちによく遊びにきておりました。それでついに自己バンドで、CDを出すまでに立派になりまして、感慨ひとしおでございます。

カタブラに一曲混ぜてもらうので、先にそのリハーサル。そしてなにもしない爆弾のサウンドチェック。
今回のツアーは、まるっきりのアコースティックから、小規模PAの使用、そして今回のプロフェッショナルPAと、状況がどんどん豪華になっていきました。
そして、ダンサーのまさみさんにも加わってもらうという。今回のライブは、私たち、スッカスカの管楽器3本。後発のカタブラは、エレキ楽器交えた大音量バンド。ということで、PAの方にちょこっと音量的な仕込みをしていただきました。対等にはならなくても、音量の差が感じられなくような工夫です。

リハーサル終わり、肩で風を切り、隣のゆきちゃんラーメンへ向かったら、まさかの定休日でした。おそらく同じようなことを考えていたであろう、高橋くんにそのことを伝えると、ショックを受けていました。そーでしょう。そーでしょう。

ライブ始まり、客席から向けられる、集中力の塊のようなものが心地よく「ああ、いま、いい演奏してるんだな」というのがわかります。

出番終わり、カタブラの演奏をお客さんとして楽しみました。よくこんなキャラの立つメンバーばかり集まったもんだなあ。と感心しつつ。

終演後は、ゆきちゃんラーメンの口が治らず、味仙へ。
  1. 2017/09/03(日) 12:02:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

佐久間3/3

今日は、朝から予定がみっちり。
朝イチで、二泊お世話になった旅館を出て、会場へ。
そこから2時間のリハ。あー、あちらから、こちらから、かっこいい音が聞こえてくるなあ。
「なんだろう?あちらから、ものすごい推進力を伴ったグルーブが聴こえてくる」と目を向けると、パーカッションの小物の職人技。
午後からのコンサート、たくさんの方が来てくれました。
公演後は、恒例のレセプション。
クルマなので、お酒飲めなかったのだけど、ずっと続いている地元の方とのアンサンブルや、もう伝統芸能とも言えるダジャレ大会から、ヤイトラーさんの演奏まで、たっぷりと堪能しました。

あー、久しぶりの佐久間。今回は、短かったな。また、ふらっと遊びに来よう。
  1. 2017/09/03(日) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なにもしない爆弾ツアー2/3

泊めてもらったお宅が、静かすぎて、「そろそろ朝の8時くらいかな」なんて思って起きたらなんと11時でした。静寂の力。

お昼いただいてから、昨日きた道を逆戻りして、愛知へ帰る。
自宅に寄って、チューバ、カホン、ハイハット、PA機材一式を積み込んだら、もうエビスカフェの会場入り時間となってしまいました。

なにせ、オープニングアクトを、トランぺッター岬ちゃんとのデュオでやるのです。
本編はユーフォです。なんだこの自分だけ盛りだくさんな内容は。うれしいなあ。

エビスカフェのライブは、今回が記念すべき第50回目!
うわー、一回目のこと、思い出すわー。

この記念すべき日に、たくさんのお客様に来ていただけました。
岬ちゃんとのオープニングアクト、いきなり盛り上がりました。
オープニングアクトって、普通、もうちょっと、大人しいものじゃなかろうか。
「会場はあたためるけど、本編より盛り上がっちゃだめ」的な。
岬ちゃんの唄もトランペットも、ものすごくよかった。お客さん、喜んでくれた。
チューバ吹きながら、感激してしまった。

もちろん、本編のなにもしない爆弾も、全力で臨み。
新曲も披露し。

いつものお店で、お客さんも交えての打ち上げ。
これも、こういうことやるの50回目ですよ。



  1. 2017/09/02(土) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なにもしない爆弾ツアー1/3

お昼前に、フルートユッキィと合流して、名阪国道経由で大阪へ。
へたなドライブインで食事せずに針テラスでの王将作戦、大成功です。
大阪に到着して、クルマを置いてから、バッキーと、ライブ会場近くのカラオケ店で合流。
2時間、リハーサルをしました。店員さんに「あまり他のお客様の迷惑にならないように。。。」と心配されましたが、いやいや、普通のカラオケのお客さんの唄う声より音小さいですよ。しかも、もうちょっと上手で、あ、これは言ってません。

リハーサル終えた後、徒歩でライブ会場の音凪さんへ向かう。
その昔、大阪でスパンコスモというライブで、ホーンセクションをしていた私たち3人。そのスパンコスモのライブをお世話してくれたのが、この音凪のマスターです。
ずっと気にかけていてくれたようで、今回は、なんとマスターからお声をかけていただき、ライブが実現しました。対バンは、シャカリーマン。ベースの宮坂さんは、以前にもご一緒させてもらってます。
久々の、しかも特別なシチュエーションでの再会、嬉しいな。

お店に楽器を置かせてもらって、近所を散策。
リハーサルをしたのち、近所を散策。
商店街好きなぼくですが、この場所が、日本一長い天神橋筋商店街のこっちの端っこだということを発見してしまったのです。そうか、こっちの端っこは、アーケード無いんだ。なぜだ!ワクワク!

そんなテンションのまま、お店に戻ってみると、満員のお客様。ありがたいですねー。
今日は、マイクなし、全てアコースティックで臨みました。
このバランス感覚をもったまま、マイクを使うことが大事よねー。

シャカリーマンの演奏、楽しみました。
MCの新しい形、発見。これは、ぼくには真似できないなあ。

お店でずっとみなさんとお喋りしていたかったのだけど、今日はそういうわけにもいかず。
大阪の人気バンド、赤犬のトロンボーン奏者さんの個人宅に泊めていただきました。
そして、大阪の音楽シーンについてなど、ディープな音楽トークをしたのでした。




  1. 2017/09/01(金) 00:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0