GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

中山うりさんライブ

大須のプーコニュというお花屋さんでのライブ。

大須はちょっと前までは詳しかったつもりだったのに、花屋さんの存在は知らなかったなあ。

お花屋さんでは、日中にリース作りのワークショップがあるということで、それまでにサウンドチェックとリハーサルを済ませました。クラリネットの黒川さんは今日名古屋へ来て、初めましてのご挨拶。実際お会いするのは初めてなのですが、実は音だけは知ってました。
カフェで偶然耳にしてずっと「ライブ聴きにいきたいな」と思ってたバンドの方なのです。感激!



昼間は、久しぶりの大須散策。うーん、すごい人出だなあ。随分と雰囲気変わっちゃったなあ。わけのわからないごちゃごちゃした古着やら雑貨屋さんとか無くなっちゃったな。

お花屋さんに戻って、少し休憩。朝早かったのでソファでちょっとねました。そして本番へ。

ぼくは、ちょこっと奥まったところに居て、客席の全てが見渡せなかったのです。

ぼくから見える範囲では「あ、30人くらいのお客さんがいるんだなー。」なんて思ってたのですが、メンバー紹介されて、ちよろっとステージの真ん中に出てみたらば、見えてた雑貨屋3倍くらいのお客さんがいて、びっくり。

同じように、びっくりしてるお客さんもいたから、おかしかったなあ。

全18曲。良いライブでした。良い曲、良いメンバー。(ぼくのことしゃなくてね)

会場にてちょこっと打ち上げ。うりさんバンドは東京へ帰りました。

なんだろう、この寂しさ。家に帰ってからもしばらくうりさんのCD聴いてた。


余談ですが、普段、あんまりというか、ほとんどお花屋さんって行かないんだけど、今日お世話になったお花屋さんの皆さんの明るいこと!

お花屋さんって、なんだか、ため息がちな女性店員さんが、あかぎれた手をはぁーっと暖めつつ「かすみ草もつけておきました」とか言って頑張って笑うところだと思ってたんですが。

どうやら、違うな。
  1. 2014/11/30(日) 11:44:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中山うりさんリハーサル

やってきました、中山うりさんバンド。わが町に。
わが町は、記念碑建てた方がいいんじゃなかろうか。「中山うりリハーサルの碑」建てた方がいいんじゃないだろうか。

ぼくが参加させてもうのは、2年ぶりとなるみたいです。
普段、東京にはまるっきり関心ないんだけど、たまにこういうバンドにちょこっと触れると「ああ、都会でも良いから、もっと一緒に居たいな。音楽の話していたいな。」なんて思うのです。

とてもとても優しいサウンドです。
これは、明日のライブ、楽しくてしょうがいな。そして同時に、終わってみんな帰っちゃうのが寂しいな。今度はいつ?
なんて、いじけるのです。

明日は早いのに寝れない。
  1. 2014/11/29(土) 01:33:03|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ライブ準備

日曜日に迫ってきたライブの準備。

人が書いたアレンジ譜を吹いているのですが、今さらながら大きな問題。
楽譜を暗記するか、自分の頭のシステム通りの楽譜を書き直すか。

楽器を演奏するときは「ピアノのドをレと読み替える」という特殊なことをしてるのですが、このままやっていると限界がある楽譜ってたまにあるのです。

さんざん、楽器を吹いて暗記する方向で頑張ってましたが、思うように捗らず時間切れ。
さー!全部、自分システムの楽譜作るゾー!

あー、人が丁寧にアレンジした作品を、これまた丁寧に考察するのって、なんて楽しい。
  1. 2014/11/27(木) 01:25:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

北海道決まる

来年の1月末に北海道に行くことになりました。

ブラスアンサンブル・ロゼと照喜名俊典というヘンテコな組み合わせです。
「ぼく、ひとりでどうしよう。。。」と困っていたのですが、自己アルバムのレコーディングピアノを担当してくれたノーステキサス大学出身の木村トモカさんとのジャズセットで行くことになりました。トモカさんは、遠軽で演奏もしてるしね。
よーし!CD売るぞー!
と、思ったのですが、なんとぼくのCD「UNVEILED」は残り10枚くらいになってしまってるのです。
どーしよー!チューバマンショーに習って紙ジャケ版作る?
  1. 2014/11/26(水) 01:19:07|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

暖房器具求む!

今週はライブ無し!ちょうど今度の日曜日のライブのための準備期間となりました。

さて、鉄筋の大きな家に引っ越してから初めての冬を迎えようとしております。
大きな鉄筋の家には、暖房器具がたくさん必要そうなので、秋口から、ちょこちょこと買い足していたんですが、天気の良い日には工夫次第で2階の一部がものすごく暖かいということが解りました。
練習もなんとかここでできるようにならないか。うーむ。
  1. 2014/11/25(火) 01:04:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

出かける?出かけない。

朝起きたら、抜けるような青空!

「うーん!山が、山が呼んでるぜ!」と思ったのですが、昨日の公園の人混みのことを思い出し、諦めて、やらないといけない練習をすることに。

うん、結果的によかった。ツアーが終わってから、実質、丸2日楽器を触っていなかったなあ。アブナイアブナイ。

来週末のちょっと大きなライブの準備を始めることができました。
  1. 2014/11/24(月) 22:48:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1日かけて

午前中は、ぐーすか寝てました。
何度か起きましたが、無理やり寝てました。

昼に起きだして、久々の自炊。

ご飯炊いて、魚焼いて、味噌汁と納豆。

あぁ、自分の好きなものを作って食べられるって、なんてシアワセ!

ちょっと公園でもぶらりと思って出かけるも、なんだこの人の多さは!

世間は連休でした。くっそー。人が休みの時に休んじまったぜぃ。
  1. 2014/11/23(日) 22:43:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

帰りました

朝起きてまだ大阪、クルマでとぼとぼ帰りました。
帰宅したら、まだツアー中だった自分からの小包が届いておりました。

行く先々で買いためた出汁にまつわるエトセトラ。


さあ、これからどんなドラマを産み出してくれるのでしょう。

好きな食べ物は?
と聞かれたら

出汁にまつわるエトセトラ


と答えます。
  1. 2014/11/22(土) 00:17:06|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー関西ツアー5/5&ツアーファイナル

松本飯田酒田由利本荘神戸西宮京都名古屋と回ってきたチューバマンショーツアー、今日の大阪はなんばの絵本カフェholo holoさんでのライブを持ちましてラストとなりました。

お昼に味噌煮込みを食べて、夕方までの入りを目指して、一行はクルマでユルリと大阪なんばへ向かいました。

早めに到着して、餃子の王将へ。
昼の味噌煮込みしかり。その土地の美味しいものばかり食べてきましたが、そろそろこういうものが食べたくなってたのです。

頃合を見て、会場入り。自宅より持ち込みの電子ピアノのセッティングをします。電源入れます。音出ません。青くなります。
いろいろ試します、やはり音出ません。中古楽器購入の決断します。

と、ここでお店から助け舟。「近所の知り合いの店から借りられないか聞いてみる」と。

果たして、徒歩5分のお店から借りることができました。ヨカッタ!でも電気の楽器の人たちって、毎日こんなストレスと戦ってるのかしら。

ホロホロさんは、満杯のお客さん。

なんとなくステージの広さは確保されてましたが、どうにも窮屈で、飛び出しました、前から譜面台、チューバマン、ユーフォマンと縦一列に並ぶ、その名もチューバマンショー・トーテムポールスタイル。千葉県のカレー屋さんで出現して以来ですね。

ずっとこれで吹いてたわけじゃないですが、嬉しかったな。そりゃもう、ずいぶんといろんな場面に対応できるようになりました。
終演後は、ツアーファイナルの打ち上げを、深夜12時回ってから。
さすがの道頓堀も、居酒屋は閉店していたので、ショットバーにて。

これにて、松本飯田酒田由利本荘神戸西宮京都名古屋大阪での公演、すべて終了しました。
7県、9つの都市で11日間に渡り、15本の公演と3つのクリニックを開催しました。

お世話になりました皆様、ありがとうございました。


  1. 2014/11/21(金) 21:57:22|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー名古屋公演

チューバマンショーwith赤星まゆみ、一路、名古屋へ。

ぼくは、一部売り切れになってしまったCD補充のため、少しだけ自宅へ帰りました。
自己ソロアルバム「UNVEILED」ですが、残り少なくなってきました。レコ初してないのに!

作ったときは「早く売れろ~じゃまだ~」と思うのがCDですが、残り少なくなると「あ~売れないで~!なくなっちゃう!」と寂しくなるものです。

名古屋伏見のYAMAHAへ入りました。今回の目玉はなんといっても、YAMAHAの最高級グランドピアノです。
うーん、気持ちいいねえ。いつかピアノとのライブも録音したいな。

いつか、こういうことが起きるのではないかと予想をしていたのですが、客席の中に、マスクを被った人がいました。

スーツ着て、無言で座ってらっしゃいます。

なにせ、表情が見えないので一瞬「あ!怪しい人がいる!アブナイ!」と思ったのですが、考えてみれば、チューバマンショーも、ステージに乗っているからこそ「ああ、ステージの人なんだ」と納得されているだけで、何も知らない人が初めて見ると、同じような印象を受けるんだろうなあ。

咄嗟に「チューバ星から来たわたしの保護者です」と紹介させていただきました。
今後、こういう事が増えたら「チューバ星から来た友人です」とか、「義理の兄です」とか、そいういうややこしいことになるな。。。

連日連夜のことですが、激しく打ち上げ。
久しぶりに自宅で寝るも、ただ帰宅して6時間寝るだけ、と、そういうようなことになってしまいました。
  1. 2014/11/20(木) 12:03:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー関西ツアー4/5

昨日、ちょこっとへばり気味だったので、夕方まで宿にこもって休んでました。あー自炊したい。

電車で京都へ。京都駅は「なんだこれ?」というほどの外国人観光客の数。

バスで移動でしたが、外国人にバスの乗り方やらなんやら聞かれたり。まーすごいことになっとりますわ。京都で宿が取れなく、大阪に連泊になったのも納得。

毎度お馴染みの京都JEUGIAさんですが、改装されてからは初めて。

新しくて気持ちイー。

JEUGIAさんといえば、JEUGIAさん主催の屋外でのブラスジャンボリーが思い出深く、心に残っています。

チューバマンショーとしては、記念すべき最初のブラスジャンボリー参加で、ブラスジャンボリー用の「はらぺこぐーぐー」を作ったのもこの時です。

一般の吹奏楽愛好家が集まって、1日限りの吹奏楽団を作ってリハーサルから本番までを1日で作ろうというイベントですが、この時は、とある高校がこの1日限りのバンドの母体となっていました。

普段から、どこかに呼ばれても、ただ演奏して帰るのではなく、なるべく人と話して笑って。そんな活動をしたいと思っているのですが、特にこの時のイベントでは、高校生のみなさんとワイワイ楽しくやったのでした。この時の感触を元にその後の活動も、できる限り、人と人との関係を大事に活動していきたいと思ったのでした。そして、そのように活動しています。

というような、思い入れがあります。

ライブに当時高校生だった学生さんが来てくれました。感激。

打ち上げ会場に、プロレスの関係者さんがいらっしゃいました。

おぉう!何が始まろうとしているんだ!
  1. 2014/11/19(水) 16:19:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー関西ツアー3/5

夕方までの時間、大阪の商店街を散策。

商店街にいる人たちと、梅田にいる人たちは、同じ人種なんだろうか。どこで変わるのだろうか。

今晩のライブ会場は、こんな素敵なカフェ。



譜面台を持ってくるのを忘れ、Facebookでお客さんに「譜面台持ってきて!」と投げかけたら、本当に持ってきてくれました。ありがたいやら、情けないやら。

暖かいお店、暖かいお客さん、冷えたトーク。いえいえ。今晩は、楽器をやっていないようなお客さんもたくさん見えたのですが、喜んでいただけました。

いやー、ツアーって、いろんな新しい技が産まれるなあ。
  1. 2014/11/18(火) 12:34:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー関西ツアー2/5

朝イチで電車移動。
大荷物ですみません。

神戸市内の小学校にて2公演。
低学年向けの50分の公演と、高学年向けの90分!の公演。



90分ストレートってね。3人で。
手を替え品を替え、全力投球です。
あらかじめ決めておいた内容も、やりながらバンバン修正していきます。

昨日の「強くなったな」発言じゃないですが、このツアーではものすごくたくさんのものを得ました。


小学校公演を無事に終えて、近所にある楽器店へ遊びに。

そこで、偶然来ていたユーフォニアム奏者の阿部竜之介くんとばったり会いました。再開を喜び。

お店は、12月にユーフォニアムチューバフェアを控えているそうで、そのプロモーションビデオの撮影なんかがありました。
来店するいろんな奏者のものを撮りためているそうで。

吉野竜城バージョン、照喜名俊典バージョン、そしてチューバマンショーバージョンと、3つ。

どんな内容かは、グランド楽器さんの店頭で!

夜のライブ会場の、旧グッゲンハイム邸へ移動して、休憩。あぁ、いろんなことがギュッと詰まって起こっていてちょこっと頭の休憩が必要だ。



もう、すっかりやり慣れた場所ですが、ピアノが入って、全然違う内容でお届けできました。
  1. 2014/11/18(火) 12:28:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

神戸へ。チューバマンショー関西ツアー1/5

朝6時過ぎに起きました。

ぼくには、今日やっておかないといけない使命があるのです。
由利本荘初日の宴会で出てきた、比内地鶏の親鳥に感激した私たち。

地元の方に「それが乗ってるラーメンがある。しかも、朝5時半からやっている。夕方には閉まる。」という情報をもらっていたのです。

もう、今日しかないもんね。
ということで、片道1.5キロ歩いて行ってきました。地元の方との約束が果たせて良かった。

宿を出て、秋田駅まで電車。そして、秋田空港から、伊丹空港へ。

本日の予定は、神戸の塩屋へ移動して、イベントで1時間の演奏。
会場へ着いてみると、いわゆる、寄り合い所のようなところでした。

演奏するのは自分たち入れて2組。
「こんなところにお客さんくるのかな。」なんて思ってましたが、一番手の弾き語りのお兄さんが歌いだすと、近所の人ですぐにいっぱいになりました。

ぼくも、たこ焼き食べつつライブ楽しんでましたが、お客さん入りきれなくなり、外へ。

一番手のお兄さんの出番終わり「そろそろ準備しよーかなー」と会場を覗くと、酔っ払いのおっさんが、お兄さんに絡んでました。

「ひえー。酔っ払いのおっさん相手はさすがに初めてだなー。」

と思ってたんですが、ライブ始めると、酔っ払いのおっさんも私達の世界に引き込むことができました。

「俺たち、強くなったな」とチューバマン。うん、実感できます。
  1. 2014/11/16(日) 08:16:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー東北ツアー3/3

午前中に、地元の中高生を対象にした金管楽器クリニック。大勢の受講生さんが来てくれました。個人的なことに丁寧に対応できなくて残念。また今度!

ライブに来られないという生徒さんもいるということで、一曲だけ演奏しました。

お昼挟んで、すぐにコンサート。
ゆっくりお昼ご飯食べて、開演20分前に、衣装が丸っと無いことが発覚。

宿に全部置き忘れてきたのでした。

地元の方にクルマで送ってもらい、帰りのクルマの中で着替えてというドタバタ。こういうの、ほんとはチューバマンの役割なんだけどなあ。

開演2分前に会場到着。なんとか間に合いました。

今回のライブは、講堂で行われました。チューバマンショーライブは平面で。でも、ピアノはステージの上。

ピアノ伴奏のときだけ、ステージの方にお客さんにババババッと移動してもらうという珍事が起きましたが、皆さん、そんなことも楽しんでいただけたようです。ありがたいですねー。

ライブ終了後は、早めの打ち上げ。

楽しくワイワイやりましたが、なんでこんなに消耗してるんだろう。と、思ったら、ライブ前のドタバタのせいでした。
  1. 2014/11/15(土) 13:00:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー東北ツアー2/3

またまた午前中に保育園公演二本。

なんちゅうか、もう無敵です。
どこでも、保育園でも、幼稚園でもやるよー。呼んでー!

酒田市の職員の皆様と、別れを惜しんで、秋田へ電車移動。しっかし、なんて気持ちのよい人たちだったんだろう。



秋田の由利本荘市に到着してからは、地元でお世話になる方々と、力のこもった懇親会。一升瓶がスルリと空きました。
  1. 2014/11/14(金) 15:32:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー東北ツアー1/3

朝ごはん食べて宿を出ると、この世の終わりみたいな天気です。

霰交じりの暴風雨、雷まで。

午前中は、保育園のお友達向けの公演を二本。述べ400人くらいの園児の前で演奏したことになるのかな?
ちょっとずつ内容を修正しながら、盛り上げました。今回のツアーは、熊本でお世話になっているピアニスト赤星まゆみさんも一緒です。赤星さんによる、リトミック(音楽に合わせた身体表現)のコーナーもありました。

地元の新聞社の取材がありましたが、「覆面を被った男が」というような見出しになるのだろうか。事件だね。こりゃ。

お昼ご飯は、お蕎麦を。こんなに晴れ晴れと清々しい気分になったのはいつぶりだろう。よーし、親しい人にはお店の名前教えてあげる。

夜の公演は、すでにチケット完売だそうで。感謝感激!



いつものチューバマンショー、そして赤星さんのピアノ伴奏によるチューバマン、ユーフォマンのソロと盛りだくさんでした。

昨日の宴会で「こんなにたくさんの方に来ていただいて、とても嬉しいです。」というのを山形弁で習っておいて仕込んでいたのですが、伝わりませんでした。なんか、フランス語みたいなんだよ。

そして、打ち上げ!
3年前、えらい楽しい打ち上げをやった、あのお店で!

お店が予定していたのより、遥かにたくさんのお酒が出たらしく、途中で酒屋さんが、お酒持ってやってきました。

はっはっは!サイコー!
  1. 2014/11/13(木) 15:26:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー東北関西ツアー

朝5時に起床!

なんでって?
中部国際空港から羽田行きの飛行機が、7:50発だからです。始発の次の電車にのって出かけました。結構、人乗ってるんですね。みんな、朝早くから働くんですね。

充分、時間的な余裕があったはずなのに、チェックインでトラブル。

今回、羽田→庄内空港へのチケットは、2ヶ月前とかに予約して、羽田へのチケットはつい先日予約したのです。

そしたらば、誕生日を挟んでおりまして、わたくし、一つ歳を重ねておりました。そうしたらば、2つの予約情報が合わないとかで、乗り継ぎの手配がされませんでした。

上の上の人というのが出てきて「どっちの情報が正しいんですか?」なんて怒られたけど、どっちも正しいよ、こんにゃろー。

結局、乗り遅れそうな人扱いで、脇からさささっと搭乗口まで案内されました。

寝てる間に羽田到着。

16:00まで空港で遊んでました。やー空港に居る人ってやっぱりなんかちょっと浮き足立ってて楽しいなあ。あ、自分もか。

また、寝てる間に、庄内空港へ到着。

お世話になる、酒田市の方に出迎えられて宿へ。

さ、寒い!

暴風雨です。明日はもっと寒くなるそう。。。

いきなり、飲み放題のご馳走をいただきまして当然ながらのバタンキューでした。
  1. 2014/11/12(水) 15:14:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ツアー準備

長野から帰ってきたばかりですが、もう明日からツアーだぜ!

飛行機です。


ユポンユーフォニアムフライトケースデビューです。

飛行機乗って、電車乗って、飛行機乗って、電車乗って、家帰ってきてまたクルマで出かけるという、なんだか訳のわかんない旅程です。

荷づくり難儀したわー。
  1. 2014/11/11(火) 14:59:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー帰る

朝起きてまだ飯田市。

昨日行きそびれた定食屋でゆっくり朝ごはん。
大阪へ帰るチューバマンを岐阜羽島駅で降ろして、ぼくも帰宅。

飯田でいただいた、でっかいリンゴかじる。
  1. 2014/11/10(月) 08:53:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー長野ツアー2/2 イベント4,5/5

そもそも、飯田のお話をいただいたのは、ゴールデンウィーク。

長野にチューバマンショーがやってくるという情報を見た、飯田の方からラブコールをいただいたのでした。
しかし、そのときは、どうにもタイミング合わず「また次の機会に!」と約束をしていたのです。

それが、半年経って実現!地元の方が、ライブと、楽器クリニックをセッティングしてくださいました。

あいにくの雨の中、松本を出て、車で1時間半。

体力的には余裕で飯田に到着。


ハナを頼りに、駅前の中華そば屋で昼食。大アタリ。

今回のライブ会場は、貸切のライブハウス。
地元の方と「あーでもない、こーでもない」と言いながら、楽しく会場を仕込みました。

せっかくのライブハウスでしたが、マイクとか一切使わず。いいのいいの。それでいいの。

お昼のライブ。あいにくの雨でしたが、たくさんのお客さんに来ていただけました。
昨日に引き続き、「ライブなんて行くの初めて!」というようなお客さんが多かったように思いますが、とてもとてもホンワカとした雰囲気の良いライブになりました。

そして、夜のクリニックまでの間、また同じ中華そば屋で腹ごしらえ。
うーん。もう一回来たい。

夜の金管クリニック、ユーフォとチューバ、別々の部屋で地元の方を対象に2時間半ほど、みっちりと。
こちらもまた、大いに盛り上がったのです。
喜んでいただけたようで、嬉しかった。

そして、打ち上げへ!
チューバマンショーが、いかに「男子」であるか、お解りいただけたのではないでしょうか。
宿に帰り、さすがにバタンキューでした。

お世話になりました皆さま、ありがとうございました!
  1. 2014/11/09(日) 16:51:54|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー長野ツアー1/2 イベント1,2,3/5

朝7:30にチューバマンと家を出て、向かった先は、長野県松本市。

今日からチューバマンショー長野プチツアーです。
予定通り、10:30に松本に着くと、空気がひんやり。遠くのアルプスの山々は既に雪化粧。

ちょっと時間があったので、近所を散策。

骨董屋さんなんかが立ち並ぶ一角に立ち寄り。
八百屋で妙なものを発見。一人だけ立ち止まって手に取ると、「まむし酒2,000円」マムシが漬け込んでありました。
しかも、一升瓶のラベル剥がしてあったり、口がガムテープで止められていたりと、自分で作った感、満点。
「うわっ!ヘンテコなもの見つけちゃった!」と思いましたが、そんなもの、購入せず散策を続け。
美味しいお昼ご飯を食べ。頭の中は、まだマムシ酒のことがあって。

チューバマンに相談すると、「そういうのは、買っとかないと!」と言われ走って買いに行ってきました。

松本でのイベントは3つ!

地元の方対象の金管楽器クリニックと、幼稚園での演奏、そして夜のレストランでのライブ。

金管楽器クリニックは、珍しく小学生さんの参加が多く、たのしくやりました。
基本的な奏法のレッスンで、個人が持っている悪いクセを改善していったりします。

そして、幼稚園でのライブまでの時間に宿にチェックイン。

これが、アメリカのモーテルみたいな雰囲気で、アメリカ留学経験のあるチューバマンショーのテンションがいきなり上がったのでした。いやー、アメリカでの貧乏旅行思い出すなあ。

幼稚園の演奏、主催の方から「休憩ナシで90分」と言われ「うっそー!?幼稚園児でしょ?そんなに集中力もたないよー。」なんて思ってました。

チューバマンショーとしては、幼稚園児の前での演奏の経験もたくさん有るのです。
音楽を聞かせるだけでなく、楽器を触ってもらったり、園児の中になだれ込んだりと、いろーんなことを織り込みながら演奏しました。

これがですねえ、結局80分くらい、休憩ナシでやったのですが、主催の方のお言葉通り、90分でも大丈夫そうでした。
秘密を聞くと「毎年、音楽イベントをやっていて、その寸法に慣れている」という旨のことをおっしゃいました。

慣れって!すごいなあ。そして、園児相手に90分のプログラムができるミュージシャン、すごいなあ。

夜のライブ会場は、ウェディングもできるような大きなレストラン「マンマ・ミーア」

美味しい料理を、なんとバイキング形式で楽しみながら、ライブも聴いてもらえるという、どえらい贅沢な、そしてお得な値段設定のライブでした。これ、お客さん、ぜったいお得!すごい!

チューバマンショーとしては、お茶らけたり、おしゃべりしたりしながら、いつものようにダラダラと進めたかったのですが、演奏を始めてから感じたお客さんの雰囲気は「きちんと聴きたい!もっと聴きたい!」というものでした。

おそらく、ライブショーではなく、コンサートを聴きに来てるつもりなんだろうなあ、と思ったのですが、それはそれ。

内容を変えてたっぷり、音楽をお届けしました。

終演後、いろんな方とおしゃべりしていて。
「どこそこの街から来てます。ウチにも来てください」なんて、嬉しいお誘いもいただきました。
うーん、これが実現したらスゴイぞ!

終演後、美味しいまかないをいただいた後、居酒屋で打ち上げ!お世話になりました皆様、ありがとうございました。

夜、宿に帰ってチューバマンと、例のマムシ酒を開け、2時間ほど格闘しましたが、それでも2人で50mlくらいしか呑めませんでした。
これは「ひょっとして飲み物ではなく、クスリの類なのでは?」という結論に。
  1. 2014/11/08(土) 16:22:49|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

またまた年間パスポートを持っている川魚水族館へ行ってきました。
青春時代をともに過ごした、わが心の川魚。(お金がないから、釣ってたくさん食べたってだけね)

あと何回行けるだろうか。

chizflyer.jpg

帰宅してから発見した宅配物。注文していた、ライブのチラシでした。
そうだった。今日は、一日オフだったので、チラシを配りまくる日に設定していたのに、水族館に行ってしまったのでした。

上のようなチラシがオンラインでデザインできて、そのまま入稿できるようになりました。
1,000枚で3,000円ちょい。1枚1円って!

使いあぐねていたイラスト系のソフト、アンインストールしてやったぜ!

そして、夜中にゴソゴソと、いろんなところにチラシの配布をしてきました。
  1. 2014/11/07(金) 16:16:44|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハンコ作ったり

11月はチューバマンショーの大ツアーがあり、それの準備。

実は、先月のファンファーレ・ロマンギャルドのツアーのとき、大切な「旅行セット」を紛失してしまいました。
その中には、印鑑も。
えらいこっちゃなのですが、出てこないものはしょうがないので、新しく作ることに。
だって、作らなきゃ売ってないんですもの。

耳栓、歯ブラシセット、シェーバーなどなど。
あぁ、旅行セット失くしたの、痛すぎる。
  1. 2014/11/06(木) 15:50:55|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

音もダチ!ライブwith吉崎ひろし

もう、何度もいろんなライブ会場でご一緒させていただいてたり、同じCDプロジェクトに参加させていただいてたり、すっかりお顔も音もなじみのある、日本を代表するバンジョー奏者、シンガーの吉崎ひろしさんのライブに参加させていただきました。

昼間から、音源を聴きながら、どの楽器で参加すべきかずっと悩んでました。なんせ、バンジョーと金管楽器のライブなんて(少なくともぼくは)聞いたことないからねえ。

さんざん迷いましたが、結局、チューバ一本で臨むことにしました。
リハーサルでは吉崎さんが「もっと上手くチューバを引き出せないかなあ。」なんて優しいアプローチを考えてくださいまして、その器量に感動。

ぼく自身は、ライブの後半に吉崎さんの伴奏として、ちょろっと登場する。くらいに思っていたのですが、なんと、チューバソロコーナーなんかも設けられました。そして、「なにか、ジャズのスタンダードでもどう?」なんて話から、なんと「スペイン」をやることに。よりによって、バンジョーとチューバで。あんれまー。

本番、前半は、吉崎さんのワンマンショーを食べながら呑みながら見てました。うーん。お客さん気分でたのしい。

そして前代未聞のデュオコーナーが始まったのですが。
言葉でとても上手く形容できないんですが、なんと言うか「吉崎さんのほうからやさしさが降ってくる、やさしさを浴びている」
というような気分になりました。

なんなんだこれは。吉崎さんが経験豊富なミュージシャンだからということではなく。
ライブ終わっても、家に帰っても興奮冷めやらず。つまり、一人でさらに打ち上げしてたのです。
  1. 2014/11/05(水) 15:34:37|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューリップハッツ×さらさ

広島から来た、ギターとアイリッシュハープのアコースティックデュオ「さらさ」との対バンでした。

そもそもなんでこんな話になったかというと、かなり前にさらささんを、とある人から「対バンできませんか?」紹介され。なかなか日程合わないでいたのです。


ところが、ある日、金山駅で、スーザホンデュオのストリートライブをやっていた時のこと。

足を止めて聞いてくれていたお客さんが「今日は、名駅でもストリートライブ聞いていたんだよ。名駅では、ギターとハープのデュオがやっててね。」という話をしてくれて、「ひょっとして!」とピンときたのです。

それで、会いに行ったのが、実際の出会いです。
そこから、改めて正式に対バンの話になったというわけです。

しっかし、ギターとハープのおっされなバンドに、どうやって対バンしたら良いのだろう。という悩みはありました。

だって、金管楽器ってばっちぃじゃないですか。ツバ飛ぶし、ツバ垂れるし。弦楽器に対するコンプレックスって、ありますわなあ。

どうやっても、ギターとハープみたいにオシャレにはなれませんわなあ。ということで、反対路線。

トランペットとチューバとドラムのトリオ「チューリップハッツ」で臨むことに。

絹と泥です。

自分たちの演奏はともかく、さらさのお二人、すごく良かった。
もんのすごいテクニック持ってるのに、向いてるのは、常に客席。ストリートライブなんてやってる人って、こうですわなあ。テクニックがどうのこうのではなく、もう、一つ一つの音から人生が感じられるような。

久々に、客席から「感嘆のため息」というのを聴きました。

「また、ぜひ一緒に!」なんて約束して別れましたが、これはすぐにぼくなんて手の届かないところに行ってるんだろうな。

やー。素晴らしかった。
  1. 2014/11/04(火) 16:51:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ファンファーレ・ロマンギャルド「はじまりの日」

ちょうど一ケ月くらい前になります。

ファンファーレ・ロマンギャルドの関西、広島ツアーでした。

本当は、大阪市内で、昼間にお祭りでの演奏、夜はライブハウスでのワンマンライブというのが組まれていた日があったのですが、あいにく、台風の影響で、丸一日キャンセルされてしまったのです。

そのお祭りが、今日に延期されたのです。また演奏できることになったので、急遽、夜のライブも投げ銭で組まれました。

当初の計画はこうです。

①昼のお祭り会場に楽器を搬入する

②クルマを夜のライブ会場近くの駐車場に置く

③お祭り会場まで電車移動

④お祭りを楽しむ

⑤お祭りで演奏する

⑥お祭りをさらに楽しむ

⑦楽器を持って夜のライブ会場まで電車移動

⑧夜のライブ演奏

⑨オートキャンプ

ね?楽しいでしょ?

ところがです。④から計画が狂ってきました。
そもそもバンドの出番というのが、お祭りが開催される時間帯の1番最後の時間帯で。


つまり、集合時間自体が、お祭りの終盤の段階で。

食べ物、ほとんど売り切れてました。
オヨヨオヨヨ、と迷っているうちに演奏時間。

演奏はきっちりと盛り上がりました。

演奏後は、お祭りは撤収モードに。

また、オヨヨオヨヨと泣いていると、それを哀れんだメンバーがワンカップ一口と、煮干しを一つくれました。

あぁ、ミジメ!

スーザホンを裸のまま地下鉄に持ち込んで移動して、クルマに放り込み、ユーフォを取り出して、夜のライブ会場へ。

マギー。



あぁ!なんて素敵なバーでしょう。テンション上がりました。

今回のライブは、演奏は前半のみ。
管楽器4人プラスドラムという、初めての編成となりましたが、こういうのは、イイのですよ。
初めての事に対して、全員でものすごく集中して臨むって。いや、いつでもそうかるべきなんですけどね。

後半は、ファンファーレ・ロマンギャルドの録音に、蝸牛舎さんの影絵が付いたムービーの鑑賞会でした。

自分で言うのもナンですが、この作品、とても良いものです。早く、誰か発見してよ!わたしたちのこと!

終演後は、マギーさんで打ち上げ。

あぁ、ものすごくいいお店!
また来ます。
  1. 2014/11/03(月) 14:28:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

多治見のラーメンやり直し!

岐阜県多治見市でお仕事。
お仕事の後は、記憶を辿って、昔好きだったラーメン屋に行こうとしたのですが、どうしてもたどり着けず。

「ここも入ったことあるな。」というラーメン屋に入り、見事にハズレ。

昔、よく多治見に来てた頃は、全部把握してたのにな。(大げさですが)

またちょくちょく呼んでいただけそうなので、全部回り直すかな。
  1. 2014/11/02(日) 14:15:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トロンボーンネーション

いつも、金山でやっていたジャズトロンボーンアンサンブルのライブ、トロンボーンネーションですが、今回はホームを飛び出して、新栄のジャズバー「スイング」にやってきました。やってきたというよりは、ボーカリストのヘレンさんが機会を設けて連れ出してくれたという感じでしょうか。

あぁ、先日のキャバレロクラブもそうだったけど、このスイングも久しぶり!学生の頃は、よくセッションに来てました。

メンバーの中には、岡崎で開催されているジャズイベントの昼間のステージに出演してから来るという人もいて、なかなか、わちゃわちゃなリハーサルでしたが、それもまた楽し。

本番では、いつもできないことが、たった一つだけどできました。


次回、おそらく一月の終盤になる予定です。

新しいアレンジ持っていきます。



  1. 2014/11/01(土) 01:58:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0