GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

かつて

その昔、ユーフォニアムの非常勤講師として行っていた高校に久々にお仕事をしに行ってきました。

割とラフな格好で、それでも自分のホームのような気がしていて、自由に振舞っていたんですが。

怪しまれました。
いやー、こういうの久しぶりだ。
すみません。
  1. 2014/06/30(月) 00:13:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

練習会

月イチでやってる楽器練習会、じっくりと自分の練習ができました。

なんだか、ここ一週間くらいで急に高い音が楽に出るようになりました。
ここへ来て、こんなことあるんだなあ。
それこそ、この5年くらい出来なかったことが、できるようになりました。

なんだこれは。


一緒に何かやるということはないですが、参加者さん多数で楽しかったな。

  1. 2014/06/29(日) 00:07:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

法事にて

法事がありました。

坊さんの説法が壮大で、仏陀の誕生からどうやって仏教が名古屋のお寺へやって来たのかという歴史物語でした。仏教の話の後は、街の開拓史へと発展していったのです。

今まで聞いた中で、一番ショッキングだった説法は「あそこの誰々はお布施をいくらくれた。こちらの誰々はいくらくれた。」というのを延々と教えてくれたのでした。

敢えて所感は述べず。
  1. 2014/06/28(土) 12:09:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

masami&minoriベリーダンスライブ

隔月の開催になりました、大治町エビスカフェでのライブ。

今回は、ベリーダンサーmasamiさんとバンドのライブ。京都からザッハトルテの都丸くんと、おなじみアラビアンパーカッションの永田充くん。

このメンバーでのライブは、もう何度もやっていますが、今回は、さらに京都からもうひとり、ダンサーのminoriさんも来てくれました。いやー豪華!

初めは「名古屋市内とエビスカフェで。」という話だったんですが、都合により、大治町のみの公演となりました。

今日は、じっとしていたら涼しいんだけど、ちょっと動くとあっという間に汗だくになるようなじとっとした天気。

出かける直前に「あ、ひょっとして生音しゃなくて、音響機器あったほうが良いかも!?」なんて思ってしまって、ドタバタと準備しました。マイクやらスピーカーやら、スタンドやら。結局使わなかったんですけどね。

会場入りして、リハーサルして。

いや、厳密に言うと、会場入りして、セッティングして雑談して、30分ほど打ち合わせ。うん、もうそんなもんでいいの。

オープニングアクトは、またまた低音系女子アンスリウムのお2人が務めてくれました。

そして本編。

一曲目から白熱。
お客さんが、すんごくいい顔で見てくれてました。

終演後「よーし!打ち上げ!」と思ったのですが、みなさん忙しいようで、京都へ名古屋へ帰っていきました。

差し入れでいただいた黒糖焼酎一升。
  1. 2014/06/27(金) 11:41:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

音楽紙芝居

一宮市の幼稚園にて、紙芝居屋さんのたっちゃんと公演。つい先日もご一緒させてもらいました。

たっちゃんは、この幼稚園での公演は5回目だということで、しかも、今年に入ってから、2回目の公演ということでした。

これは、後で事情を知ったのですが、保護者会の方が、「たっちゃんがイイ。次の代にもそう伝える!」と、代々受け継いでるのですって。素晴らしい信頼関係ですね。

2回の公演を行いました。
ギャーギャー大騒ぎがあったり、園児のみなさんが、たっちゃんを応援する場面があったり。

お昼過ぎに公演は終わり、お手伝いさせて来てくださっていた鬼頭ブラス伊達さんの関係の施設を急遽訪問することになりました。そこで一曲演奏。たっちゃんは、拍子木で参加でした。

その後、秘密の場所にある、秘密の中華そば屋さんでご飯食べて解散しました。

  1. 2014/06/26(木) 12:04:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Tulip Hatsリハーサル

トランペッター石渡岬ちゃんとのデュオ、パーカッションのカバおさんが入って、トリオになりました。

お昼間に石渡岬ちゃん宅にてリハーサル。閑静な住宅街なので、ミュートをつけたり、小さい音でやったりとコソコソやりました。
カバおさん、始めましてでしたが、なんとこう、スッキリとセンスのある太鼓を叩く人でしょう。小さい音でもそんなことがわかりました。

ものすごーく楽しいリハーサルでした。

終わりがけに、宣伝のためのビデオを録画しました。
http://youtu.be/FCwUSnkT3gI
先に帰らなければいけなかったカバおさん「えー、(動画撮影)いーなー」と言って帰っていきました。

これ、もちろんレパートリーのほんの一コマ。本番も楽しみだぜー!

バンド名「チューリップハッツ」になりそうです。
  1. 2014/06/25(水) 11:55:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

健康診断

行政主催の健康診断の案内が届きまして、何回かに分けて受診しております。

ほぼ無料で受診できてありがたいのですけどね。
今日、採血というのがありました。

小学5年生で、貧血検査というので採血された時に、貧血起こして倒れて以来、ずっと注射が苦手です。
血圧測るだけで倒れそうになります。
大人になってからも、けっこう涙がこぼれます。

あれ、なにか他の方法にならないもんでしょうかねえ。

健康診断の会場に行ったら、喫煙所とバーとラーメン屋があって、マジックミラー越しに行動を観察されるだけとか。
  1. 2014/06/24(火) 23:38:19|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

デイサービスセンター設立10周年

あれは、今年の3月のことです。

愛知県瀬戸市で、紙芝居屋さんのたっちゃんとぼくとで、音楽紙芝居の公演をやりました。

その後、ピアニスト石原実恵さん宅のプライベートパーティにお呼ばれしたところで、この施設で働く方とお会いして。

「たっちゃんの紙芝居みたかったのだが、行けなかった。いつか、施設に呼んでみたいと思っていた」と。

パーティで盛り上がり「じゃあ、たっちゃんとぼくとで行きますよ!」という話になり(←得意気、ぼくは実は要らなかった?)その後、実際に話が進み。

本日となりました。

たっちゃんと、ぼくと、もう一人、南京たますだれのたまちゃん。

なんと、たまちゃんもこの施設にご縁のある方ということで。

さらにさらに、会場に来てみたらば、しばらく、ピアニスト石原実恵さんと演奏をしていたレストランのすぐ近く!

もっというと、石原さんが流血するほどの怪我をして(血が苦手なぼくが、貧血になりながら)石原さんを連れてきた病院の隣で、同系列の施設でした。

というわけで、来るべくして今日が来たのかな。という感じ。

南京玉すだれのたまちゃんが、先に会場を温めてくれました。

東北周りのときに、江戸太神楽や、沖縄のエイサーチームの公演を観て、「古くから日本に伝わる芸能を、着物を着てやるっていいなあ。」なんて思ってたのですが、今回も同じようなことを思いました。

さて、たっちゃんと、ぼくの番。

たっちゃんの紙芝居に、即興で音楽をつけます。生楽器ってね。そのまま、生々しいから、聞き逃されるためのBGMには向いてないんです。たっちゃんの声の邪魔にならないよう、出し入れに注意して。

楽しく終わりました。

終演後にパチリ!
  1. 2014/06/23(月) 15:18:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

It's Show Time!

ビッグバンド本番。

もちろん、自分たちだけの演奏もしましたが、主な役割はエンターテイナーさんの伴奏。
日本全国に、いろーんなビッグバンドがあると思うんですが、いま現在、こういうことをやっているビッグバンドって日本にあるのだろうか。

そもそも、ビッグバンドが産まれた時代のビッグバンドのお仕事ってこれだったんですよね。
唄あり、踊りあり。めまぐるしく場面が転換していって、息も付かせないショーを見せると。
ビッグバンドのメンバーもみんな振り付けがあったりして。

丁寧にそういう原点のようなことができるって、やっぱり楽しいですよ。
これが、9月に、もう一度できるそうです。長く続いていくといいな。

打ち上げにて、東京から来ているミュージカルの俳優さんとしゃべっていて。
その方、アクションクラブの出身だそうで。
ぼくも、昔アクションのバイトしてたので、そんな話で盛り上がりました。
  1. 2014/06/22(日) 10:10:39|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

MAJOリハーサル

朝6時に京都を出て帰宅しました。
午後からリハーサル。時間には余裕があるんですけどね、いろんなことをリセットしないといけなくて早く出てきました。

明日のコンサートのリハーサル。新しくビッグバンドが立ち上がりました。
唄って踊れるエンターテイナーさんの伴奏。さらにダンサーさんも2人つきます。

バンドメンバーも豪華!大好きなヒーローみたいな人がたくさんいます。
長丁場でしたが、終始、笑いが溢れていて楽しくも濃密なリハでした。
  1. 2014/06/21(土) 10:02:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鎮魂音楽キャラバン in kyoto

京都にて、ファンファーレ・ロマンギャルドのライブ。
と言っても、ただのライブではなく、東北ツアーの後ろ盾をしてくれている団体「SWTJ」による、写真展との関連企画でした。
東北を一緒に回ったうた唄いカワちゃんや、東北でお世話になった方もいらっしゃるということで、やっぱりちょっと普通の心持ちではなく、ずっと何か考え事をしているような。

クルマで京都に向かいます。2時間ほどで到着。どんよりと蒸し暑い空気が、まるで動かないでそこにあるという感じ。
これぞ京都ですねー。

会場に入って、軽くリハして、みんなでうどん食べに行って。
うどん屋に入るなり「ビール飲みますか?」と聞かれてしまった。なんだなんだ?

ほどなくして開場、たくさんのお客さん。あっと驚くような人もたくさん。
お客さんにとっては、どうでも良いことなのかもしれないのだけど、自分の頭の中は東北の風景でした。
音楽って、いろんなものを記憶に結びつけて、甦らせるきっかけになりますね。

打ち上げは、なんと幼稚園で。そのまま宿泊もさせていただきました。


クラリネットを枕に寝る人。
  1. 2014/06/20(金) 09:40:55|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

立ち上がりました

ここのところずっと、これについてやってたのですが、ついに動き出しました。

「CHIZ ファーストツアー」
CHIZ
鬼頭 哲(バリトンサックス)
葛島 涼子(クラリネット)
照喜名 俊典(ユーフォニアム)
西本 翔一(チューバ)
斎藤 拓人(ギター)
近藤 久峰(ドラム)

9月16日(火)横浜ゴールデンカップ
9月17日(水)吉祥寺fox hole
9月29日(月)長野県松本市 Aquqvitae
9月30日(火)名古屋市御器所COTAN
ゲスト:丹羽亜希子

さー、早くこれの次の日程決めよ。

  1. 2014/06/19(木) 11:23:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バストロンボーン週間

今週末、久しぶりにバストロンボーンでコンサートに参加します。

自分の楽器は、今のクルマの頭金になっちゃったので、友人に
今週は、バストロンボーンをたくさん吹かないと。

初日から、身体が歪んだ実感あり。
  1. 2014/06/18(水) 10:38:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

セントラルジャズオーケストラリハーサル

午前中から、ビッグバンドのリハーサル。

昨日の夜中にせっせこ作った楽譜、時間をかけてリハーサルさせていただきました。


いやー、当たり前だけど、自分で作った曲は細部までよく聴こえてくるなー。

と思いつつ、他の曲もここまで理解して客観的に聴こえないといけないのかな。
なんて思ってました。

アレンジとか、作曲とかって、ものすごーい労力をかけて、リハーサルも本番も臨むのに、あんまりメンバーからもお客さんからも反応ないんですよねー。

「いい曲!」とか、「いいアレンジ!」とか。

いや、そういう反応してもらえない程度のものかもしれないですが。。。

今度の本番で、どうだろか。
  1. 2014/06/17(火) 10:21:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

山根麻衣さん@稲沢サルーテ

しばらく前に、稲沢のカフェサルーテのマスターから「この日、楽器持って観においでよ」と誘われていたのです。

ボーカリスト山根麻衣さんのライブ。
勇んで行ってまいりました。

特にリハーサルするわけでもなく、ただ打ち合わせだけして。まあ、よく有ることと言えばそうですが、よく受け入れていただけました。

DJさんと、名古屋からのゲスト、タコぼうさんもいらっしゃいます。

初めのうちは、客席でライブを楽しみました。

なんだかわかんないけど、なんだか、全部の曲が懐かしく感じるという不思議な感覚に陥りました。

DJさんは、伴奏や効果音を流すだけでなく、瞬時に声にエフェクトをかけたり、音場を変えたり。iPadでやっているようですが、すごいなあ、今時はこんなことになっているんだなあ。

共演させていただいた曲は2曲。
飛び込んでいきました。
バキンバキンに集中して飛び込んでいったのですが、なぜだか、曲及び声のキーがつかめない。なんだこれはー!?とこれまた不思議な錯覚に。

打ち合わせには無かったんですが、アンコールでもいきなりステージに上げていただけました。光栄です。

今回は打ち上げに参加できなかったんですが、カフェサルーテでは、いつも暖かい心づくしの応援をもらって、店を出る時にはもう、くしゃくしゃになってしまいます。こんな良いお店が、家の近所にあるなんて、なんてシアワセ。どうやってお返ししていこうかしら。


シアワセのまんま、寝ようと思ったら、明日のビッグバンドのリハーサルのための楽譜を準備しないといけないことを思い出して。

ちまちまと、空が白むまで楽譜作業をしてたのです。朝まで暖かくて寝れなくて困って、ちょうど良かったのです。
  1. 2014/06/16(月) 13:11:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

星林高校吹奏楽部第50会記念定期演奏会

50回目の定期演奏会って、どうやら50年目ということらしいんです。じーちゃんの代からチューバやってましたとか、ありそうですね。

ちゃちゃちゃっと、リハーサルして(今回はチューバマンショーオリジナルは、2曲、バンドのみなさんに混じって市販の楽譜を演奏する、振り付けするなんて楽しいこともあります)お昼休憩に。

「お城のふもとに、変わった動物園(無料)がある」との情報を得て、遊びに行ってきました。

それが、あまりにも期待以上でも以下でもない、想像通りの範囲のものだったので、天守閣も上がってきました。

結局、炎天下の下、2時間ほど歩いてたなあ。

会場に帰ると、開場時間!

さっきまで、何もなかった広場が自転車で埋め尽くされてました。
みんな、自転車でコンサート行くのね。

今回の演奏会、内容変えた2回公演です。1000人の大ホールを2回公演て。

すごいですね。

一回目の公演は、チューバマンショーは、10分のミニライブのみ。

大きな会場で縦横無尽に暴れまわってきました。「キャーキャー!」という黄色い声も。

二回目の公演は、吹奏楽部の皆さんとの共演。

呼び込まれると、譜面台が無く、ジャーン!と曲が始まってしまうというハプニングがありましたが、さっさと楽譜諦めて、暗譜で動き回りました。

結果、譜面台ナシでも十分イケて、更に内容も良くなるということが解り、怪我の功名とはまさにこのことですなあ。

感動の共演ステージを終えてまだ19:00くらい。コンサートはまだ半分残っていましたが、残念ながら、終電の関係で先に会場を後にしました。
休憩中に、学生の皆さんとお別れ。
辛いゼ!

バタバタと片付けて、ホームについて、やっと一息。

「なんだか、いろんなことが、バタバタと去って行ったけど、なんだこの爽快感は。」と、2人で話してました。

先生や、生徒の皆さんの純粋さなんだろうなあ。いやー、今までに味わったのとはまた一味違う楽しさがありました。

終電で名古屋まで帰りましたが、寝てしまわないように、下がってくるまぶたを指でこじ開けながら帰りましたとさ。
  1. 2014/06/15(日) 12:59:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

和歌山入り、リハーサル

明日は和歌山県立星林高校の定期演奏会に出演。

今日は、夕方までに和歌山に入って、リハーサルです。
夕方までということで、クルマでちんたら行っても良いかなー。なんて思いましたが、電車で行くと、なにやら聞いたことも内容なら名前の特急で行けるということで、電車にしました。

家を出て駅までの3分で、キャリーバッグのタイヤ破損。

「今日、明日とずっとこいつを引きずり回すのか」と。

名古屋駅で、大阪→和歌山の特急の指定席を予約。

大阪に着いて、特急乗り場に行く途中に、吉野さんにばったり出会いました。

まあ、同じ時間と場所を目指してるんだから、そういうことになりますわな。

で「指定とった?」「とりました」なんて話をして。じゃーん!隣同士でした。



まあ、種明かしをすると「大荷物だから一番後ろの席を抑えることが多い。」というだけなんですけどね。

で、やってきた特急くろしおがコイツ。
かっちょいいですね。

しゅっぱーつ!

と、アゲアゲで出発したものの、電車の速度一行に上がらず、海もまるで見えず。

どうも、特急くろしおっぽくなるのは、和歌山過ぎてからなんですって。なんだそりゃ。

リハーサル会場では、星林高校のみなさんが既にリハーサルをしていました。

ここ、いつも悩むところなんですが、今回は、初めから(マネージャーではなく)チューバマンショーの2人がリハーサルをしました。

問題なくリハーサル終わり、まだ18:00くらいでしたが、夜の街へと繰り出したのです。

てか、またホルモン。
  1. 2014/06/14(土) 11:58:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

こんな日は

新しくポルカバンド立ち上げました。

「Baerchen Kappele」ベアヒェンカペレ=直訳:こぐま合唱団


ドイツ語よくわかんないんですけど、使い方大丈夫ですかねえ?

7月末に、プロモーションビデオ撮影とお仕事を同時にやってきます。アルプスのふもとで。

そんなやりとりしたり、秋の鬼頭 哲ミュージックアワーライブの予定合わせしたり。

つまり、メールばっかしてたのです。

この作業自体はつまらないんだけど、この向こうに待っていることのなんてワクワクすること!

と、自分に言い聞かせてやってます。

iPhoneの予定合わせアプリとか無いかしら。
  1. 2014/06/13(金) 11:48:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Dr.ブライアン•ボーマン名古屋公演

行ってきました、ノーステキサス大学の師匠、Dr.ブライアン•ボーマンの名古屋公演。

まずは、衣装選びから。


①ザ•スタンダード


②ザ•アンファッショナブル


③ザ•コーヒー屋


④ザ•ハンバーガー屋(月イチでライブしてた)

選択肢としては、①か④なんだけどなー。テンションが上がるのは④かなー。

会場に着きましたら、兄弟弟子を探しました。

小久保まいさん。

本番始まり、ボーマン、伴奏の佐藤さんに続いて、譜めくりとしてアナザー兄弟弟子が出てきて、ずっこけました。

やるね。

内容はもう素晴らしいものでした。

ぼくが、最後にDr.ボーマンの演奏を見た時の印象よりも、逞しくなってる!?

「1日3時間のトレーニング(練習)で、やっと現状維持。」と仰ってたのをよく覚えてます。

「練習なんてね、内容と効率重視だから」なんて言いたいけど、そんなこと言えない。効率よく、しかも内容の濃いトレーニングを積み重ねてるんだなあ。

もう一人の師匠もゲストとして出てきました。

2人でね、ビブラートの幅を合わせに行ったときなんて、鳥肌がたちましたわい。

と、コンサートは素晴らしく、感動して帰ったのですが、帰宅して落ち着いてお風呂に入っていると勝手に涙が出てきて。

しばらく理由がわからなかったのですが、さらに時間が経つと、「テキサスでやり残したことがあるから」だとわかりました。

またあの頃に戻りたいという気持ちと、もう、どうしようもない、戻れないという気持ちと。

一番、全力疾走していたのは、あの頃だったのかな。そんなことない、という思い。

終演後、Dr.ボーマンに挨拶に行って「やあ、元気?最近は川下りとかしてるの?」と聞かれ「え、いや、最近は。。。」と口ごもってしまった。

いつか、また会った時には「やってるねー。噂は耳に届いてるよ。」と言わせたいな。
  1. 2014/06/12(木) 22:03:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

モコモコ会議



第7回ユーフォニアム&テューバフェスティバルーin名古屋の実行委員会、通称「モコモコ会議」でした。

珍しく夜間の開催。なんでかな?と思っていたら、今回から学生さんが参加してきたのでした。

コンサート内容はほぼ、決まり、あとはチラシをどうやっていつ配るかとか、そんな細かい雑務です。

ぼくはといえば、「会場近くに雑魚寝で宿泊できる宿はないだろか」とか、そんなことばかり考えております。

チケット欲しい方、7月の頭にはチケット出来上がってきますので、ぜひともわたくしから、このわたくしからお買い上げください。あなたの貴重な一票が、わたしの発言の重みを上げるのです。なにとぞ、よろしくお願いいたします。

うそですよ。



http://nagoyaetf.blog.fc2.com/blog-entry-5.html?sp
  1. 2014/06/11(水) 21:24:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バカボン5

岡崎市のジャズバー「サテンドール」にて、ジャズコンボ「バカボン5」のライブ。



これで5回目となりますが、毎回バンドの名前が変わっていて面白かったのですが今回は!


バカボン5!

ふつー。もうバリエーションなくなっちゃったかな。

リハーサルを軽くして本番。

お客さんが「あれ、なんかバンド名違くない?」「そもそもフランス語で」なんて議論を始めてました。愉快愉快。

ぼくは個人的、このバンドにはいろいろな、ややこしい楽器を持ってきてみることにしているのですが、今回は、ずっと長い間、人に貸していた「フリューガボーン」を持ってきました。

サウンド的には、フツーですね。

今回、トロンボーン奏者の西山さんがユーフォを持ってきました。
曲によってはユーフォが2本になるジャズバンドとなりました。

楽しいなあ。



本日、ピアニスト中嶋さんの誕生日ということで、ケーキやら、フルーツやらたくさんおこぼれに預かりました。


ベースの名古路さん曰く「なんだかあの変な形の楽器がいちばんいいなあ」とのこと。テナーホルンですね。

よし、こんどは何にしよう。
  1. 2014/06/10(火) 16:34:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ね、眠い

ううん、スケジュールに無理なんてなかったの。今日はちょっと眠いだけ。

金曜日に、近所の金物屋さんに、包丁研ぎをお願いしてました。2日間ほどかかるというので、遠征に出る前にと。

ワクワクしながら引き取りに行きました。

もう、まな板まで切れるんじゃないかという包丁になってました。ビバ!近所の金物屋さん!

レッドブルを飲んでお仕事に出かけました。
そこで出会った中学生さんに面白い?話を聞いた。

雑談していて

中「もうすぐ、修学旅行」
照「どこいくの?」
中「東京」
照「へー、国会議事堂とか、ネズミーランドとか?」
中「そう、でもネズミーは行けないんです。」
照「なんで?」
中「その昔、先輩がネズミーを池に落として。。。」

自粛という形だと思うんだけど、市内の中学は、みんな修学旅行でネズミーに行けないんですって。

ネズミー、池に落とされたら、命の危険がありますわなあ。

しかし、いつの時代の話がまだ続いているのだろう。。。
  1. 2014/06/09(月) 16:33:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

TubamanShow徳島市黒崎楽器マネージャーによるレッスンとTubamanShow公演

朝起きて徳島市黒崎楽器の目の前の宿。

午前中は、チューバマンショーマネージャー2人による、グループレッスンでした。

小中学生と、高校生&一般というグループ分けでしたが、これが絶妙でした。

これは後ほど判明したのだけれど、お店のスタッフさんが、応募者さんのことみーんなよく知っていたからこそ出来たことなんですねえ。お店も地域の人に愛されてるんだなあ。

お昼は近所のセルフうどんへ。
むかーし、軽自動車で香川へうどんを食べに行ったことがあって、その途中に徳島を通ったのですが、徳島にも製麺所たくさんあるんですね。そうめんとか。地元の軽トラックに煽られた思い出。

楽器店のホールで行われた午後のライブは、15時から16時というミニライブでした。たーくさんのお客さん。ものすごい期待と熱意のようなものをひしひしと感じました。よく、ライブでババーン!と登場しても、お客さん困った顔してるということも有るのですが、それが無いということは、皆さん、なんらかの予習してきてるんですね。嬉しいなあ。

バババッと詰め込んだミニライブ。
ライブ中に「バババッ」という言葉を何度か使ったんですが、前の方で見てた乳幼児が「バババッバババッ」と真似して盛り上げてくれました。

ものすごーく長い道のりを帰らなきゃいけない気がしていて、早めの夕方17時のバスをとってしまったんだけど、ノンノン。それは、昨日は浜松往復がくっついていてからでした。

徳島から名古屋までまっすぐ帰ると3時間!

近いじゃないか。昨日のアレはなんだったのだ。(だから、浜松が)もっと徳島に滞在していればよかったー。

というわけで、寄り道しながら帰りました。こんなに近いんだから、またすぐ来ましょうね。徳島。
  1. 2014/06/08(日) 10:24:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

できなくも無い、から徳島入り

本日、四国の徳島県への移動、前ノリの日でしたが、しばらく前に午前中に静岡県浜松市でお仕事の打診をいただきました。

全く反対方向ですが、「うーん。夜に徳島に入れば良いだけだから。。。できなくも無いな。はい、やります。」と引き受けました。

というわけで、朝早く家を出て、バビューンと浜松へ。

浜松市の企画で小学生に楽器を教えるお仕事です。去年もやらせていただいたのですが、去年に引き続き、今年も参加している子達に会えました。安定して上達してて嬉しい。1年ぶりの緊張も無く、やたらとなついてくれて。また来年も会えたらなあ。

浜松でのお仕事無事に終えて、一路徳島へ。

距離でいうと、東京行くのに毛が生えたくらいなんだけど、本州出るってやっぱり気分が違うな。

移動中、ずっと晴れやかな気分でした。

あぁ、移動するだけで、演奏しないで良いって、なんて素晴らしいんでしょう!

しかし、徳島の宿に着いて「ちょっと仮眠でもしてから夜の街へ」と思ってたら、仮眠に見せかけたバタンキューでした。
  1. 2014/06/07(土) 17:43:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お疲れ様でした

鬼頭ブラス飲み会を名古屋市内にて。

と言っても、リーダー含める東京メンバーや、県外メンバーは参加できるはずもなく、こぢんまりと開催されました。

ライブ終わって、もちろん打ち上げとかってやるんですが、こうやって改めて集まるとイイなあ。

ライブの打ち上げって、まだ興奮状態にあるから、実はリラックスしてないんですよねー。

ひじょーにリラックスしていろんな、たわいもないことを話しました。覚えてないけど。

ぼく、何か約束してたら、教えてください。
  1. 2014/06/06(金) 17:30:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いろいろ動き出す

突然、楽しい話が降って湧いてきました。去年も、一瞬やろうとしたんだけど、流れてしまったんだなあ。

よく、楽器屋なんかに行くと、メンボ(メンバー募集?)っていうんでしたっけ?

「当方ギター、プロ志向ロックバンド、やる気のあるベーシスト求む、連絡先○○○」というようなチラシがあるんですが、それでいうと
「当方テナーホルン、ビール志向ポルカバンド、怒らないドイツ語歌手求む」でしょうか。

いやー、久々に愉快な動画見つけました。
http://youtu.be/b-3pVH-WDtI
一番最後にオチがあるよ。
  1. 2014/06/05(木) 11:48:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

らっきょをかまう

今年は、春が来るのが遅かったから、春の使者「土着きらっきょ」が出回るのも遅かった。

刻んで味噌とかつお節、醤油とかつお節に漬けると、マイ、ワールドベストおつまみが完成します。

ということで、昼間はらっきょのことばかり、かまっていました。

皮剥いて洗って刻んで。それはそれで楽しかったんですが、「あーあ。今日はぼくはらっきょ触っただけの人間か。」と一時落ち込んで、それでも、まだ浸かっていないらっきょをかじっていたのですが、夜になって、楽譜の修正依頼が来たのです。

ミュージシャンとしての尊厳を取り戻したのです。

らっきょ。
  1. 2014/06/04(水) 16:39:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週はゆっくりまったり

今週は、週末まで何もないのです。
ちょっと一息つこうかな。

と、思ったのですが、先日ご一緒させていただいた、ぼくの大好きな沖縄の琉球ポップスデュオRyutyさんの楽譜を作ることになりました。


用途はわからないのだけど、ちゃんと出版に耐えうるものを。

あぁ、好きな人に尽くすって、アタイ、シアワセ!

唄モノの楽譜作るって、久しぶりだなあ。いろいろと新鮮だ。
  1. 2014/06/03(火) 16:22:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

開墾新ステージ


駐車場に土砂がやってきました。
大家さんと打ち合わせていたのではないのですが、ぼくが、庭の木の根っこをぜんぶやっつけたところに、土砂がやってきたのです。

完ぺき。

駐車場、堂々の完成です!
  1. 2014/06/02(月) 16:18:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

帰宅して

朝5時に奈良を出て、スタコラサッサと帰ってきました。

午前中に一仕事やりまして、ぐっすりと昼寝。

起きて見たらばもう夕方、なぜかもう一度打ち上げの気分になり、近所の中華料理屋で打ち上げをしたのです。

片付けは後回しです。
  1. 2014/06/01(日) 22:04:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0