FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ゴールデンツアー6/6

朝起きて木崎湖畔。

午前中は、爽やかな山に登って、写真や動画撮影などしておりました。



ライブを見に来てくれた方の働くカレー屋さんでランチ。その人のただものじゃない魅力は、シェルパだということで納得。

Wikipediaより

シェルパ(チベット語: ཤར་པ、英: Sherpa)は、ネパールの少数民族のひとつ。現在[いつ?]の人口は約15万人で、ネパール総人口約2950万人(2008年)の0.5%を占める。

居住地は、エベレスト南麓に面したネパール東部サガルマタ県ソンクルブ郡(英語版)クンブ(英語版)地方(エベレスト地方)で、他にインドのダージリンやシッキムにも住む。

シェルパの居住地は、世界的な観光地であり、多くの一般観光客を相手に、1年を通してホテルなどの観光業が一大産業になっている。また、選ばれたごく少数のシェルパによるヒマラヤ登山支援も世界的に知られる。


すげーなー。
お昼ご飯食べて、長野とお別れ。

休憩も挟まずに、自宅を目指しました。
自宅にクルマを置いて、チューバマンと2人で電車で、ツアー最後のライブ会場にむかいました。

名古屋市御器所の沖縄バー「COTAN」です。

まだ新しいお店ですが、3度目の出演となりました。ガッツリ相思相愛です。

このお店、ぼくの親戚が沖縄でやっている「照喜名製麺所」の沖縄ソバをメニューで使っています。

ということで、告知段階から勝手に「照喜名ソバを使ったメニューをご注文のお客様には、わたくしからプレゼントがあります」という親戚のソバの宣伝キャンペーンをしていました。

満員のお客さま。
名古屋でライブをするときは必ずお願いする、低音系女子アンスリウムのオープニングアクトに始まりました。

そしてキャンペーンの効果かどうか、わかりませんが、ソバもじゃんじゃん出ているように見えます。

わたくしからのプレゼントは、泡盛ショット。客席で泡盛ボトルを手に、注いで回りました。

ほんとは、山羊汁が面白かったんだけどね。

ツアーファイナルということで、絶好調、曲多めでお送りしました。

そして今回の目玉は、来週の鬼頭ブラスのシャガール展関連コンサート関連選曲3曲。

鬼頭さんの小品2つと、バリチュー四重奏「スキヤキ」をアンスリウムも含めて演奏。

このバリチュー作品、たぶん、2007年とかそのくらいにアレンジをお願いしたもので、加藤日名子さんと、今はフランスにいる山田伊津美さんと、鬼頭ブラスのライブの1コーナーで演奏したのですよ。いやー楽しいな。鬼頭ブラステイストを持った「スキヤキ(上を向いて歩こう)」

お客さんの耳にはどう入ったかわかりませんが、ライブ後に学生さんが、キャーキャーいいながら楽譜を覗き込んでました。

ということで、全公演、無事に終了!
皆様、ありがとうございました!
  1. 2014/05/07(水) 16:42:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0