GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ポリゴン楽団リハ

午前中、本当は地区のゴミ拾いとドブ掃除だったのが、雨で流れてしまった。
雨ガッパと長ぐつの完全装備で出かけたので、引っ込みがつかなくなり、なんとなく庭を開墾しました。

夕方から、来月に本番を控えているポリゴン楽団のリハーサル。

サックス、トロンボーン、ピアノ、ベース、ドラムの編成ですが、来月は、ゴスペルクワイヤーさんと合同のライブをやるのです。

本日は、それの合同リハーサル。

ゴスペルクワイヤーのバックバンドは初めて。

向こうもバンド入れるのは初めてだそうで。
新鮮な気持ちで臨みましたが、向こうも新鮮だったみたいです。

楽器持ってる人が珍しいみたいで、パシャパシャ写真を撮られました。
そうですかそうですか。

これ、更に普通のトロンボーンじゃないんですが、そんなことは興味ないですわなあ。とか思いながら。



いやー、声にはかなわないなあ。しかも、それが大勢いるんだもんなあ。

ぼくもイイ声には、定評があるんだから、唄おうかなあ。

ウソ。
  1. 2014/04/29(火) 18:43:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ツケが

昨日、チューバマンショーの新しい衣装(ソックスとネクタイ)をインターネットで買ったのだけど、ショップから何の連絡も無いよ。
ひょっとして、世間はもうすでにお休みに突入しているのかしら。
昨日アレンジ作業できなかったツケを今日に回しました。

秋に開催される「ユーフォニアム&テューバフェスティバルin名古屋」ですが、主催の名古屋ユーフォニアム&テューバ協会には、ぼくを含め、アレンジャーが2人いて、毎回、アレンジ作品を提供する慣わしになっています。(楽譜買うと高いし、そんなに大編成バリチューの楽譜ってないからね)

今回もアレンジ作品を提供することになっています。

お題はズバリ「宝島」!

もうチューバマンショーで、2人バージョンを散々やってきているのですが、新たに大編成用にリクエストを受けました。

原曲のイメージに近く、なるべくモコモコしないように作りました。

さて、この楽譜ですが、秋のユーフォチューバフェスで披露される前に、公の場で演奏することが決まっています。

今年は、秋のフェスのためにいろーんなところで、実行委員会(つまり、この辺りのユーフォチューバ仕事人)によるコンサートが開催される予定です。

その第一弾が、5月15日(木)18:30より名古屋市金山音楽プラザで行われるサロンコンサート(無料)です。

フェス本番では、おそらく50人近い人数での演奏になりますが、サロンコンサートでは、いわば「言いだしっぺ責任重大メンバー」での演奏です。両方、楽しいことになりますよ!

名フィルチューバ奏者の林さんのソロ演奏などもあります。
ユーフォチューバフェスティバル、ここからもう始まります。
是非、お越しください。
  1. 2014/04/28(月) 00:39:55|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

練習会から練習会

午後から、月イチでやっている楽器個人練習会へ。

普段、練習場所が無い人が集まってきて、プープカやります。
集中して自分の練習できました。チューバ吹きまくると、若干、口の感じが変わるなあ。

そして夜は、来月に本番を控えている鬼頭ブラスのメンバーと譜読み会へ。

メンバー数名と楽しくやりました。

昼も夜も楽しかったのだけれどね。

集中して練習していると、あっという間に一日が過ぎてしまって。
それはそれで、とても有意義な一日であったのだけれど、ただ練習してあっという間に過ぎる一日ってなんてもったいないのだろう。

もっとクリエイティブな時間を!苦悩の時間を!


というわけで、夜中にアレンジ作業をしようと思ったけど、くたびれて寝ちゃったよ。
  1. 2014/04/27(日) 00:31:36|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゴールデンウィークツアー準備

ここのところチューバマンショーのツアーの準備ばかりしていましたが、改めて予定を見直してみると、ツアーから帰ってきてからも大変!

リハーサル、ライブが目白押し!

「やったー!」とテンション上がるのを抑えて、冷静に考えてみると、ツアーの前に全部準備しておかないといけないのですね。これが。

特に、ツアー明けのバリチューのリハーサルは、これは、自分のアレンジ作品を提出しないといけないので、この3日くらいでやっちゃわないといけない。ということで、バババッと計画をたてました。

ふぅ、今のうちに気が付いて良かった。。。
  1. 2014/04/26(土) 00:26:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

みそガンボライブ

やってまいりました、デキシーバンド「みそガンボ」のライブ。

この体制になって3回目のライブとなりました。
毎回の反省点を踏まえて、どんどん良くなっております。

演奏するのは、古いジャズや歌謡曲。
今回来てくれたお客さんの中には、この曲が当時流行っていたころに青春を送っていたような方もいらっしゃり「涙が出そうだ」というような言葉もいただきました。

もちろん、ぼくはその当時は産まれていなかったのだけれど、その気持ちがどんな気持ちか解ります。

気持ちも風景も、そんなことを全部ひっくるめて再現させられるって。古い曲を丁寧にやるってね。そういうことですね。

エビスカフェのライブ、ここに来て、ぼくの知り合いでない地元の人がたくさん来てくれるようになりました。
もうすぐ50回を迎えますが、ようやく認識されてきたようで、感慨深いです。

みそガンボ、次回は8月に地元で子供向けの公演が決まりそうです。

余談ですが、今回のフロント、みんな背が高くて、初めに並んでみた感じでは、2列目のぼくからの視界はこんなでした。

(本番では、前列の人座ってもらい、ぼくは立ちました)
  1. 2014/04/25(金) 00:12:41|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お役所仕事とクリエイター仕事

朝から事務仕事をバババッとやりました。

新しいマスク発注したゼ!
それにまつわるエトセトラも注文したゼ!

夏には新しい展開!

「新しいマスクよりも、新しいアルバムつくりなさいよ!」というお叱りの声が聞こえてきそうですが、鋭意、曲作りもしております。


写真の紙切れは、前回、熊本に行く飛行機の中で思いついて書きとめたもの。
久しぶりにフレーズが天から降りてきたので、空港で買った「味噌カツ弁当」のボール紙に書いたのでした。

ここ最近はアイデアが泉のように沸いてきているので、五線ノートを持ち歩くようにしてます。
ゴールデンウィークツアーまでにカタチにしましょうね。

  1. 2014/04/24(木) 00:03:41|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

みそガンボリハーサル

金曜日に地元エビスカフェでのライブを控えているデキシーバンド「みそガンボ」のリハーサル。

拙宅へバンジョー、ドラムを除いたホーン隊の皆さんに集まっていただきました。
リハーサルって、まあ言ってみれば本番で起こりうることを想定した上で、決め事の確認できれば「うん、じゃあ、あとは本番のテンションで。では散会。」となるのが一番効率が良いのですが。

なーんか、サウンドが寂しくて、ちょっとずつ、メンバーに(自宅に捨てるほど転がっている)パーカッションを渡していきました。

管楽器って両手がふさがってるので、みんなして、足を使ってなんとかやろうとするのです。
初めはボロボロなんだけど、みんな、ちょっとずつ、要領を得てくるのです。

人がどんどん器用になっていく様を見るのって楽しいなあ。
ぼくも自分が不自由な楽器をまたやってみたいなあ。

ライブは金曜日!
みんなして、楽器を自由に操ります。
  1. 2014/04/23(水) 23:32:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

セントラルジャズオーケストラリハーサル

午前中に、所属しますビッグバンド、セントラルジャズオーケストラのリハーサル。

8月にライブがあるのですが「まだちょっと時間がある」ということで、初見大会でした。
通称「初見大会」というのは、あらかじめ楽譜が配られていて、それを個人で準備してきて、リハーサルするというものではなく、みんなが集まってから、「はい、これやってみましょう。どうなるでしょう。」と音だしをしてみるものです。

通称で「大会」という名前がついちゃってるのは、みんなで一生懸命「読むゾー!」とやるからなのですが、それはそれで楽しいのです。

というわけで、じゃんじゃん新しい楽譜が出てきたのです。
むかーしから、それもきっと世界各地どこでもそうだと思うのですが、木管楽器の人はなんであんなに細かい譜面をさらっとやってのけてしまうんでしょう。トロンボーンなんて、普段全音符しか吹いてないからね。チューバだって、四分音符しか吹いてないからね。(←こういうところに過敏に反応しないでね)

じゃんじゃん新しい楽譜やってたら、ふと、自分の曲が出てきました。

そういえば、「こんなビッグバンドの曲作ったことあります。」って提出してたかも。

自分のオリジナル作品には楽譜に作曲年を書き入れるようにしているのですが、2006年ですって。
「ちょっと!そんな昔の楽譜、きっと直したくてしょうがないので恥ずかしいので、よしてください!」と言おうかと思ったのですが、怖いもの見たさで、大会に出してみました。

「懐かしいねー。あの頃の自分。がんばってたね。とんがってたね。」
と、ほんわかしてたのですが。

「次のライブでやるかも」ということになりました。
それなら、今の最大限の経験を活かしたいので、そりゃあ新しい譜面書くでしょう。
というわけで、久々にビッグバンドの書きます。
  1. 2014/04/22(火) 22:38:03|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

光の切り絵

先日、一緒に公演だった、紙芝居やさんのたっちゃんが犬山に「光の切り絵」というのを見に行ったと言ってたので、しとしとと細かい雨が降る中、ぼくも行ってみました。
http://hikari-no-kirie.main.jp/

先日、シャガール展を見に行ったばかりですが、やはり、個展というものもあまり見に行ったことがなく。
個展を見に行けば、制作者さんに会えるものだとばかり思っていたら、じぇんじぇんそういうものではないようですね。

今度からは、そういうつもりで行きましょう。
ギャラリーは何度もライブでお邪魔してます、犬山の喫茶「ふう」のすぐ近くでした。

夕方に咳喘息(風邪をひくと、咳だけずっと残る)の定期健診に。
自分では絶好調のつもりでしたが、それがきちんと数字で出てきました。

今年は年末からずっと風邪ひいてばかりだったけど、もう暖かくもなってきたし、大丈夫でしょう。
なんだか、なんでもかんでも吹き飛ばせる気がします。

気分爽快!
  1. 2014/04/21(月) 22:22:18|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

吹奏楽クラブ演奏から、トロンボーンネーション

知人がコンサートに出るということで、名古屋の金城ふ頭にある「リニア鉄道館」に行ってきました。

クルマで行くか電車で行くか迷ったのですが、雨降りということで、クルマで。

これが、大失敗。

ポートメッセでは、カスタムバイク、カスタムカーの集まりが開かれていて、高速出口大渋滞。爆音をのカスタムカーやバイクに囲まれての渋滞はもんのすごーいストレスでした。

リニア鉄道館には、電車!学習!

コンサート、このようなシチュエーション。

どどーん!


どかーん!


ばばーん!



すごいなあ。
演奏はJR吹奏楽クラブの皆さん。

普段はありとあらゆる鉄道に関するお仕事に従事されている方達で、「ソリストは、誰々さん。どこどこ線の車両運行を担当していますを次のソリストは!誰々さん。新幹線の車両の開発をしています。」とか、そんな紹介もありました。

楽しかったなー。
MCも何も無しに、まず第一曲目が「トレイントレイン」

素晴らしいです。

パーカッションとして登場したレールは、新幹線の本物。

鉄道って、やっぱり何か他の交通手段には無い雰囲気が有りますね。

一旦帰宅して、夜はジャズトロンボーンアンサンブルのライブ「Trombone Nation」へ。

いつものように、楽しく盛り上がったのです。
終演後、一人のお客さんに話しかけられました。
「また聞きたいから、(スケジュールがわかるようなもの)何かちょうだい。」と言われ。

花屋さんをやってるという。
話しているうちに、ぼくがまだ駆け出しの頃にすごーくお世話になった、地元の花屋さんのお知り合いだということがわかりました。

その方は、さんざんぼくを可愛がってくれたのち、ガンであっという間に亡くなってしまいました。

その人の葬儀でぼくは演奏してるんですが、その場にいらっしゃったと。

もう、わけのわからない涙がこみ上げてきて、2人で手を握り合って。
過去に受けた恩ってまだこういう形で出てくるんだなあ、続いているんだなあと、そんなことを思ったのでした。


  1. 2014/04/19(土) 00:50:37|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

レオナトリオ@空色曲玉

東京から、タップダンサーのレオナさんが、自身のレオナトリオでやってきました。

去年に引き続き、ご一緒させていただけるの2回目となりました。いろーんな人とのセッションを繰り広げてる情報が、勝手に耳に入ってきていました。すごいな。

ぼくは、リズム感に弱さがあるというか、人がちょこっと何かリズム変化をつけたときに、一瞬躊躇して聞いてしまうんです。それがスピード感落とすことになったりするというのを解ってるのだけれど、これは性格的なものでもあると諦めているのが半分、それでもまだなんとかなりたいと思っているのが半分。

身体全体でリズムを表現するってね。思い切りの良さの塊のようなものだから。
ザ「ぼくに無い物」です。

それでも飛び込んでいきました。
前回もそうだったのだけれど。
もっと、共演の時間を重ねたいと思ったのでした。

ギタリストさんの刻むストロークのリズムになにか、乗り切れなかったりすることがあるのですが、そういう、違ったうねりをもっと取り込みたい。

身体全体で出してるうねりなんて、説明できないけど、絶対にリズムの本当。
口で、息でやっているより、絶対に本当。
レオナトリオの2人は、どうやってそこに辿り着いたのだろう。
  1. 2014/04/18(金) 22:49:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シャガール展

少し前にFacebookで「シャガール展行きませんか?チケット有ります。一名限定。」というような事を言ってた方がいらっしゃいまして「はいはいはい!」と手を挙げたのです。

折しも、関連企画ライブの宣伝文を雑誌に載せてもらうために書いていたところでした。

行けることになりました。

演奏のお仕事以外で、ほとんど美術館って行ったことなく、自分から興味を持って行くようなことは初めてかもしれない。

あまり情報を調べずに行ってみたらば、今日が初日ということでした。

むかーし、長い公演期間のオペラのお仕事なんかしたことが有って友達に「行きたいけど、いつがオススメ?」なんて聞かれたら「やっぱり日程の後半の方が、何もかもこなれて来てるから良いよ。」なんていってたのだけど、美術展は、「先の方が良い、後の方が良い」とかあるのだろうか。

そんなことは置いといて、めでたく初日に行くことが出来ました。

「下書きとかが、自分が死んだ後にさらされちゃうのって、どんな気持ちなんだろ。」とか、いろいろと思うところは有りましたが、自分の描いたものがこうやってそのまま後に残るってすごいな。そして、間近で本物見るってやっぱり違うな。

ものすごいインスピレーション受けました。

そして、このシャガール展の関連企画でコンサートできるって、こりゃまたすごいな。

コンサートは、5月14日(水)ですが、それまでに、みんなシャガール展行った方が良いと思う。

バンドの皆さん、20人集まったら、団体割引ですって!

でも、バンドマン20人集まったら、美術館嫌がるだろうなあ。
  1. 2014/04/17(木) 13:53:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

山口の代わり

TubamanShowのゴールデンウィークツアー、4日(日)に山口県に行けると思ったら、なくなってしまったハナシ、急遽、地元の方にブッキングお世話になり、八王子市でライブができることになりました。

5月1日(木)千葉県市川市、2日(木)千葉県東金市、4日(土)東京都八王子市、5日(日)長野県上田市、6日(月)長野県大町市、7日(火)愛知県名古屋市、ということに。

と。「どれだけ東京都心が嫌いなんだ!?」と言われそうですが、避けてるわけじゃないですからね。

さて、話は変わりますが、5月にある鬼頭ブラスの公演、なんと、愛知県美術館で開催中のシャガール展との関連企画です。まだよくわかんないんですが、すごいんです。

新曲、30分を超える大作なんです。
こりゃ一大事ということで、いろいろ宣伝もするんですが、かつて、ワンポイントレッスンのコーナーでお世話になりました、バンドジャーナルにも宣伝記事を載せてもらえることになりました。

「やったぜー!じゃあ、文字情報送ります!」ということかと思ったら、「400文字程度で、公演に対する想いをまとめて下さい。」ということでした。

400文字で想いをまとめるって、かなりのトンチが必要だなあ。

というわけで、一晩頭をヒネったのでした。

いやー、嬉しいな。
  1. 2014/04/16(水) 14:12:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リハリハデイ

リハーサルが2件。
わーい、充実してる!けど本日の収入ゼロ!
と、そういう一日でした。

一件目は、ジャズトロンボーンアンサンブル「Trombone Nation」リーダーのドナルドギブソン、先週末に東京でかなり激しいライブをしてきたそうで、「口が痛い痛い」と言っておりました。どんだけ吹きまくったらそんな状態になるのか。呆れ半分、うらやまし半分。

夜は、ポリゴン楽団のリハーサル。
こういう企画は初めてなのですが、ゴスペルのグループと、壮大なライブを敢行します。

3バンドでてきて、それが複雑に絡み合うという。
まだ、それの第一段階で、序章という感じでしたが、複雑な進行も、段取りを覚えるよりは、「なぜ、そうなるのか」という道理を覚えるようにしています。


楽譜。
  1. 2014/04/15(火) 12:35:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スーザデュオファンクセッション

昨日のスーザちゃんズのためだけに大阪からやってきた、西本翔一。今日も2人とも空いてるということで、金山駅の路上演奏してきました。

うん、久しぶり。

こういうのやると、いろんなものが産まれますね。


初めは、普通にスーザホンでセッションしてたのですが、「やっぱり目つけよう」と、目玉だけつけてみました。

そしたらば、見てくれる人が5倍(当社比)になりました。目玉の威力すごいなあ。

日が暮れるまでの2時間半、ブリブリ吹きまくって、写真撮られまくって、おひねりいただきまくって(←ウソ)、ヘロヘロになりましたが、爽やかな充実感。またやりましょうね。

長いこと足を止めて聴いてくれたお客さんから「さっきは、名駅でストリートライブ聴いててね。広島から来ているギターと、ハープのバンドを聴いてました。」と言われ。

「あ!それ、一度対バンのハナシが来たけど、予定合わず、実現しなかったあの人たちだ!」とピンと来て、急遽見にいってきました。

広島からのギター、ハープのアコースティックバンド「さらさ」



労働後のさわやかな気持ちが、さらに爽快になりました。

しかし、この2人に比べて、なんと私たちの泥臭いことでしょう。見た目も音楽も。
  1. 2014/04/14(月) 12:25:07|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

スーザちゃんズ@今池フレーバー

今年もやってまいりました。今池公園で開催される小さなお祭り「今池フレーバー」

そして、またお声をかけていただきました。スーザちゃん。
2年前に、このお祭りでオギャーと産まれたのです。

今回は、もう一人増えて、スーザちゃんズです。
中身は西本翔一です。






はっはっは。地球侵略中。

今回は、スーザちゃんの頭にカメラをセットして、逃げ惑う人々を撮影してみました。



はっはっは。巨人の目線。

「友達を探しにやってきた、森の妖精、食べ物はお金」という設定のスーザちゃん。
ご飯、いっぱい頂きました。
  1. 2014/04/13(日) 12:17:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マウスピース買いに

とある方のマウスピース選びのお手伝いに名古屋市内の楽器屋さんへ。
ぼくはもう10年、同じマウスピース使ってるのだけど、人の体や歯並びってきっと変わっていくものだろうから、いつか、ぼくももう一度マウスピース選びをしないといけないのだろうな。

でもマウスピースに、型番でなく、「2004」って購入した年が刻印してあると、なかなか変える気分にはならないね。
思い出をとるか、演奏をとるか。

そりゃ演奏でしょうが、思い出だって大事。

アメリカで対面販売でしか購入できないマウスピースを買ったらこうなります。
  1. 2014/04/12(土) 12:07:31|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スーザホンだす

昨日、あんなに丁寧なスーザホン見てしまったので、よいしょよいしょとスーザホン引っ張り出してきて、しばらく遊んでました。

そしたらば、曲ができました。


そしたらば、昨日一緒にライブ見に行ってた岬ちゃんからメールがあり「具体的にやりましょうか?」と。

おそらく、同じように丁寧にラッパで遊んでたんだろうなあ。
いやー、研修に行って良かった。
  1. 2014/04/11(金) 12:01:36|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ニューオーリンズ音楽の研修

ずーっと前から、ライブ会場でチラシを見て気になっていたんです。

ニューオーリンズから来た、ギターボーカル、スーザホン、洗濯板の3人組み「The Tin Men」


「Tin Men」って言われてもピンとこないと思うので、一応言っておくとオズの魔法使いのブリキ人間が「Tin Man」です。アメリカ人的には、確実にここからのインスパイア系です。


初めてチラシを一目見るなり「あ!この人たち、ぼくの好きな感じだ!」と、ズギューンと来てたのです。


それから、毎日切り詰めた生活をしてチャージ4,500円を捻出して、ライブに来たのです。

名古屋でニューオーリンズバンドと言えば、忘れていけないのが、ぼくが所属します「ニューオーリンズスタイルのブラスバンドをお手本に構成されたものの、本式を行っていない気がする」、「東海道スモッグブラス」です。

「ねーねー、ニューオーリンズから来るんだからさあ、見に行こうよ。きっとこの人たち、能天気だよ。」なんて言って、リーダーをそそのかしました。

こういうのって、普通の会社だと「研修」っていうんじゃないですかねえ。
ぜんぜん実態は知らないですが。

研修なら、会社からお金が出ると思うんですけど、この場合は、バンド費とかでまかなってもらえないんですかねえ。社長。
というわけで、社長と2人で見に行きました「The Tin Men」ですが、ぼくの期待を良い意味で裏切られました。


「絶対に、勢いやノリだけで何かゴリゴリ押してくるんだろうなー。わくわく。」と思っていたのですが、実際に見たものは、ものすごーく丁寧で優しいニューオーリンズ音楽。

「この時代のこのスタイルをほんとに愛してるのね。」と、そんなことを思いました。

わが社の社長も感銘を受けたようで、2人で、こんな丁寧なジャズやるかもしれません。



関連しているようなしていないようなハナシなんですが、5月にアメリカに行くつもりだったのにダメになってしまったり、せこせこと貯めているマイレージの相当なポイントが6月に切れるというお知らせが来たり。

たまらなくなって、「名古屋駅西側の外国」に寄って帰りました。

ああ、海外へ行きたい。
  1. 2014/04/10(木) 23:57:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

かつての

むかーし、よく遊びに来ていた街に中古機材を買いに繰り出しました。
久しぶりにやってきましたが、久しぶりすぎて、中古機材やさんの定休日まで忘れていて、まんまと閉まっていました。

それで、街を散策したのだけれど、随分と街の様子が変わってるんだなあ。

あの!!お好み焼き屋さんが無くなっていたり、その代わり?唐揚やアイスクリームなどの屋台がたくさん出ていたり。

あんなに勢いのあった古着屋さんもなくなっていました。
これは、なんとしたことか。

随分と関わりが希薄になってしまったなあ。

「じゃあ、どこと関わりが深まりつつあるのか?」と考えたら、ばっちり、自分の住んでいる街でした。
これは、なんと喜ばしいことでしょう。
  1. 2014/04/09(水) 23:47:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

山口とんだダメージ!

お昼間にチューバマンマネージャーから一報あり。

「ツアー途中の山口の予定がキャンセルとの連絡があった。」と。

そもそも、千葉→千葉→移動日→山口→長野→長野→愛知という、わけの解らない、しかもワクワクする無茶な移動計画だったんですが、その「無茶」の部分が無くなってしまいました。

「無茶」が無くなって行程がスムーズになったというわけではなく、穴が空いてしまったんですねー。
急いで組まないと!ピンチ!

この線の上でライブできたらサイコー。

  1. 2014/04/08(火) 23:31:39|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

曲作り

来るゴールデンウィークにツアーを控えているチューバマンショー。
新曲をいくつか持っていくつもりにしてます。

自分でも自分の曲に飽きてきたのと、同じ場所で同じ曲を何度もやっていることと、新しいアルバムを作らないといけないのと。

今までも、当然こんなことは考えてたんですが、何故か曲が書けなかったんです。

それが、この春の訪れと共に、ふつふつと湧き出すものがありまして。

新しい刺激を受けるたびに、そこから新しい曲のイメージが沸きます。

じゃんじゃんできます。

でも、これ、ただ曲のイメージが出てくるだけじゃなくて、ちゃんと「ああ、これはこの人から影響を受けて出てきたんだな。」という特定のミュージシャンの顔が浮かぶのです。

つまり、それだけ貯金をしてたんだなと。そんな風に思います。

よーし!貯金を使い切るぞ!
  1. 2014/04/07(月) 23:22:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ただ一つの壁

「ただ一つの壁」と言っても精神的にどうこうではありません。

築ウン十年の正しい日本家屋の我が家には、壁が無く、部屋の仕切りは全部ふすま。
家具を置く場所が無いんです。

それでなんとかやってきましたが、思い切って、ほぼ唯一の「ちゃんとした壁」を一面、収納棚にすることにしました。
先日、棚も注文しました。

朝からひーこら言いながら部屋を片付けて。
昨年末は、画に描いたようなドタバタで、大掃除できなかったので、そのツケが今に回ってきたのでした。

なんとかおやつの時間くらいまでに、棚の受け入れ体制を整えたのですが、待てど暮らせど一向に届かず。

「ネコじゃないほうの宅急便会社」の追跡システムには「昨日、夕方に彦根を出ました。」という情報のみ。

晩御飯の時間になって「こりゃ、届くの明日だな。ダメだこりゃ。」と諦めたところでピンポンが鳴って棚が届きました。

後ほど「クロネコじゃないほうの宅急便会社の追跡システム」見てみたらやはり「昨日、夕方に彦根を出ました。」という情報のみ。ダメだこりゃ。

夕食後に棚を組み立てて、据え付けて。

もう、ほとんど「工事」です。

なんとか日付が変わる前に工事終了しました。

DIYスイッチが入っちゃったので、半年くらい閉まらなくなっていたトイレの扉も直しました。

ああ、トイレのドアが閉まって鍵がかかるって、なんという基本的人権の尊重でしょう!
  1. 2014/04/06(日) 01:28:57|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゴージャス☆モンキーズ10周年

所属しております、岐阜に拠点を置くビッグバンド「ゴージャス☆モンキーズ」の10周年記念ライブ。

自分では、そんなに長く所属してる実感は無かったんですが、確認してみるとぼくも9年やってるんですね。
周りをみてみると、メンバーも随分と入れ替えが有り、すっかり古株になってしまいました。



さて、お昼の入りでしたが、電車で岐阜に行き駅から徒歩10分で会場にはいるつもりが、岐阜市はお祭りで、人が溢れかえってました。お祭りの行列が通り過ぎるまで道を渡れなかったり。
あー、クルマで来なくて良かった。(機材の搬入はどうやってやったのだろう)

サウンドチェックして、リハーサルして。
内容盛りだくさんで、楽しくてついついビュンビュン吹きすぎてしまった。
本番までの1時間は、街をぶらぶら。

満員のお客さんを前に、おちゃらけ有り、シリアスな曲有り、そしておちゃらけ有りのステージを繰り広げました。
「これぞ!」って感じですね。

これからまだどういう風に変化していくのか、しっかり見届けたいと思います。
  1. 2014/04/05(土) 00:14:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽市JAZZ楽団トロンボーン

講師で入っておりました、岐阜市の市民ビッグバンド、楽市JAZZ楽団のトロンボーンセクションの飲み会に行ってきました。

バンド以外の、何かしらの組織というものに所属しておりません。
ライブの打ち上げとかではなく、普通の飲み会に誘われることってほとんど無いので、こういうのはとっても久しぶりでした。

しかも、参加メンバーさんの取引先の、日本酒飲み放題のお店という。

こういうこともまず無いですわなー。

居酒屋さんでライブすることも有るけど、そういうの取引先って言わないよなあ。

あぁ、まだ社会のしくみのこと、知らないことたくさん有るなあ。







  1. 2014/04/04(金) 00:09:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

音もダチ!ライブ

ボーカリスト富安秀行さんが、本郷アルマジロで月イチで開催しているライブにお邪魔しました。

今回のゲストは、アコーディオン奏者の田ノ岡三郎さん。

富安さんのアルバムでご一緒させていただいたのが初めての出会いですが、その後、いろーんなところで出会ったり被ったりと。田ノ岡さんもおっしゃってましたが「いつかはどこかで必ず出会ってた人」とそんな人です。


アコーディオンて、音が一つ鳴るだけで風景が変わるじゃないですか。

陳腐な言い方ですが「風景がパリになる」じゃないですか。もちろん、そうやって弾いてると思うんですが。

ぼくは今日は、チューバでの参加だったのですが、自分が音を出した瞬間に、風景が「茶の間」になったのを感じました。

それはそれで、特殊能力だとは思いますけどね。パリの茶の間とか、演出したいな。

今日のライブ会場のアルマジロ、名古屋市の本郷に有るのですが、目の前が、東名のはじっこの名古屋インター。ということは知っていたんですが、なんと、インターの目の前に、高速バスの停留所が有るんですって。

ライブ終えて、夜行高速バスでさようなら~と、そういうことが、できるそうで、田ノ岡さんは、それで帰っていきました。

よし、インスピレーション貰った!
曲書くゾ!
  1. 2014/04/02(水) 23:51:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バカボンFive

もう、3回目になりました。

ある人に「何月何日に、楽器を持ってあのお店へ行きなさい」と導かれて集まった5人によるジャズコンボ「バカボンFive」、このバンド名も、前回、勝手についていて、メンバー誰も知らなかったという、何かこう、秘密結社めいた謎を秘めたバンドです。

今回は、何が起こるだろう。と期待していたら、何と、バンド名が変わってました。
Vagabond 5


バカボンだと思ってたら、バガボンドだったのかー。にしても、謎の人物は、漫画好きなのかな。

いやー。大人になってもまだこんなに楽しいことが起こるなんて。

前回は、ぼくは勇気をだして、オリジナル曲を持ってきたんですが、今回は、トロンボーンの西山さんがオリジナル曲を持ってきました。なんだー。持ってるんじゃないですか。

やっぱりオリジナルがいいな。

この不思議なバンド、何故かお客さんがたくさん来てくれます。

これもやはり、秘密結社系の人だろうか。

次回ライブ、6月10日(火)に決まりましたー。

また予想もつかないことが起こりますように。
  1. 2014/04/01(火) 16:37:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0