GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

昼間のリハーサル

昼間にあるはずだったリハーサルが、急遽キャンセルになって、なんだかいろんな雑務を一気にやりました。

ツアーの日程組みとかね。

そしたらば、チューバマンから連絡が有り、「今度のツアー、山口が入るかもしれない」と。

恐らく、千葉→東京→山口→長野→愛知という、むちゃくちゃな日程になりそうです。

我が家の桜は8分咲き。

我が町のゆるキャラ、あまガエル。

昭和か!
  1. 2014/03/31(月) 16:15:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

紙芝居たっちゃんと

朝早く起きて、まだ大津の駐車場。
ライブ後、大津の駐車場で仮眠してたのでした。

そして、高速をとばして(とばしてないですよ、そういう言い回し)自宅を通り越して、愛知県瀬戸市へ。

今日のたっちゃんとの共演は、会場に9時入り。ということで、さっさと会場まで移動してきて、またこっちで仮眠という作戦なのでした。



40分ほどの公演を休憩を挟んで3回。

全部のステージを楽しみにしてくれている、たっちゃんのファンもいるということで、毎回違う演目です。

いつだったか、もうすっかり忘れてしまいましたが、チューバマンショーとたっちゃんがカフェで共演したときに観に来て下さったという方もいらっしゃいました。感激!

この3回とも違う紙芝居の公演ですが、1回目と3回目の後に、たっちゃんの計らいで「とっちゃんの、腸内環境改善コーナー」というのを作ってくれました。

ユーフォのベルを、お客さんのお腹にくっつけて「ぶっ!」とやるだけなんですが、なんと、この振動が腸に良いんです。(ウソですよ)

子供たち大喜びで、列を作ってくれたんですが、結構な数の大人、それも女性が混じっていて、照れたのでした。

3公演、無事に終えてたっちゃんと別れて、いつもお世話になっているピアニストさん宅で開催されているホームパーティへ、お邪魔しました。

そこで、「お仕事終わって来たとこです。紙芝居屋さんとでした。」なんて感じで報告したらば、「え!?ひょっとして、たっちゃん?」という参加者のマダムが2名いらっしゃいまして。

「友達から『これ(たっちゃんの紙芝居の今日の公演)行こうよ』と誘われていたけど、行けなかった」なんて言うのです。

たっちゃんじゃなくて、ぼくで、すみませんという感じですが、それでも、全くの偶然に驚きまして、そこから、楽しい宴がはじまっちゃったのです。
  1. 2014/03/30(日) 14:48:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

SWTJ 東北3・11キャラバン ファンファーレ・ロマンギャルド凱旋ライブと報告会

SWTJ 東北3・11キャラバン ファンファーレ・ロマンギャルド凱旋ライブと報告会。

京都にて。

観光シーズンど真ん中の京都。
「こんな時期にクルマで市内をウロウロしたくない。」ということで、何か上手い方法はないものかと考えておりました。

「よし!これは米原作戦だ!」と。

米原作戦とは
米原にクルマを置いて、京都まで在来線で行く方法である。

えーと。そんだけです。米原は400円でクルマを24時間止められますからね。

ところが、お昼ごはんを稲沢の素敵なカフェ「チコカフェ」で食べていたら、ものすごーくくつろいでしまって、出てくるものがイチイチ美味しくて感激してしまって。

米原行ってる時間が無くなってしまったのです。

とりあえず、高速乗ったものの、「やっぱり京都市内にはクルマで行きたくない」と、考えて、今回初めて、大津作戦というのをやってみました。

大津作戦とは
米原にクルマを置いて、京都まで在来線で行く方法である。

やっぱりそんんだけです。

一応、比較したので、メモしておきます。

米原作戦の場合
岐阜羽島→米原高速600円、駐車場400円、米原→京都電車往復2220円、終電11:57。
大津作戦の場合
蟹江→大津高速1450円、駐車場1000円。、大津→京都電車往復380円、終電12:34。

という感じ。どっちもどっちか。
でも、ウチは、岐阜羽島に行くのに40分かかるのに比べて、蟹江までは10分なのです。

これからは、もう圧倒的に大津作戦が有効でしょう。


京都に入ったらば、ものすごい蒸し暑さ。
本日のお店「ゴブリン」に着くまでに、じゃんじゃん服を脱ぎ捨てて行って(捨ててないですよ)お店に着く頃には、すっかり裸になっていました。(なってないですよ)

お店で、バンドメンバーと再開、そして、全力でサポートしてくれたスタッフの皆さんとも。

うー。こみ上げるものがあるぜぃ。

今回のライブは、活動報告会というのも兼ねていて、ファンファンファーレ・ロマンギャルドの後ろ盾をしてくれた、というよりは、この団体のプロジェクトとして毎年、東北に行っています。
団体「SWTJ」の代表のスピーチから始まりました。

壁には、私たちが撮ってきた東北の写真や、活動中の写真がスライドショーとして投影されています。

そして、自分達の演奏を。
ここには当然、スライドショーは有りませんでしたが、頭の中には、それぞれの風景があったことだと思います。

http://youtu.be/apUDH37r6Ro

1ステージだけの演奏でしたが、最後に新曲がありました。

「え!?このタイミングで新曲!?」と思っていたら、この3月でお店を閉めてしまうゴブリンへのメッセージということでした。

もう、様々な感情が入り乱れてのライブ、終了後もお店のいたるところで、いろんな話がされていて、「うんうん。こんな夜、なかなか帰れないよねー。うんうん。」と思っていたら、23:00過ぎに大阪組が「じゃ、終電なんで帰りまーす。」と、さっさと帰っていきました。

「え!大阪までの終電、そんなに早いの?ぼくの、米原作戦より早いじゃない!」とうろたえましたが、そんなことはどうしようもなく。

更に残った京都組とアツく語ったのでした。

そして、気がつくと、自分の終電時間。

「あ、そっか。京都組は終電とかないんだった。」と、うかうかしておりました。

せっかくチマチマと計算までして、ケチ臭く動いていたのに、最後はタクシーに飛び乗って京都駅まで。

そして、大津のクルマへと帰ったのでした。
  1. 2014/03/29(土) 13:58:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サクラサク


自宅庭に有る桜が咲き出しました。
今年はお花見バーベキューでも企画してみようかしら。生演奏付きの。

さぁ、これから一気に庭の植物との勝負が始まります。
  1. 2014/03/28(金) 13:46:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モコモコ会議からゴージャス☆モンキーズリハーサル

今年の秋に開催される第7回名古屋ユーフォニアム&テューバフェスティバルin名古屋の実行委員会による会議、通称「モコモコ会議」に出席。

だーいたい出揃いました。

【日時】2014年10月4日(土)午後
【会場】名古屋市青少年センターアートピアホール
【展示ブース】
協力メーカーによる楽譜・マウスピース・楽器・CD・その他アクセサリー等の展示、販売。
楽器、マウスピースの試奏ができます。
【コンサート】
ジュニアゲストアンサンブル
一般公募メンバーアンサンブル演奏(募集要項詳細お待ちください)
音大生アンサンブル
ゲスト奏者による演奏:安東 京平(ユーフォニアム)林 裕人(テューバ)新居 由佳梨(ピアノ)
【ステージ企画】
映像と音楽による音楽物語「テューバ吹きのタビー」
岡山 英一氏による楽器の歴史講座(仮称)
【出演者全員による大合奏】
中橋 愛生氏委嘱作品世界初演、宝島他
■主催:名古屋ユーフォニアム・テューバ協会

という感じです。

この「一般公募メンバーアンサンブル」ですが、ぼくが言いだしっぺで、「こういうのやりましょーよー。ねーねー。」と言ったら「はいそうですね。やりましょうね。じゃあ、あなたが纏めて運営してくださいね。」ということになってしまった。
「しまった!仕事増えた!」とか思ったのですが、世の中の会社とかいろーんな組織の会議ってこういう仕組みになっているのだろうなあ。

というわけで、皆様「一般公募メンバーアンサンブル」実現へ向けてご協力のほどお願いいたします。
詳細はボチボチ決めていきますが「一般公募メンバーアンサンブル」盛り上がりましょう。

もう、他の人から見てて「なんか、一般公募メンバーアンサンブルだけ、盛り上がり方チガクネ?」と言われるくらいにしてやりましょう。

もう、意地になってるゼ!



さて、夜は、来月にライブが控えている岐阜を拠点にしたビッグバンド、ゴージャス☆モンキーズのリハーサル。

あれだけ、てこずった楽譜もすっかりこ慣れて余裕ができました。
こうなると「あの、必死に練習していた時間、あの青春みたいなワタシ、もう一回やりたい。」ってなりますね。

こちら、本番は4月12日(土)


チケットあります!
  1. 2014/03/27(木) 12:39:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

周りの人は

ぼくが学生の頃からお世話になっている、某公設吹奏楽団にエキストラとしてお仕事してきました。
久しぶり。
20年ですからねー。
「あー、周りの人、みんな歳とったなー。」なんて思いながら見渡してましたが、周りの人は周りの人で「久しぶりにコイツ見たけど、老けたなー。」なんて思ってるだろうな。なんせ、20年前は、パーマかけたりしてましたからね。パーマネントですからね。

午後は楽器吹きまくってました。
「モー!こんなの久しぶり!」というくらい、練習しても練習しても、できるようにならないビッグバンドの楽譜が有り。

そんな曲が3つもあるのです。

もう、楽譜とか触りだしてから随分経ちますが、ここにきて、製本テープ張りが上手になりました。
コツをみつけました。

基本的には「できない」というのは、練習方法のコツを見つけられていないだけなんだよなー。
燃えてます。

製本テープ探してたら、昔作ったステッカーが出てきました。
昔作ったバッヂとかも出てこないかなー。
  1. 2014/03/26(水) 13:03:46|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

紙芝居のおっちゃんのたっちゃんと

もう、すっかり有名人になってしまった(きちんとマネージメント&プロモーションができるということは、こういうことなのだなあと感心している)、マーガレット一家の紙芝居のたっちゃんとのリハーサル。

週末に、久々に音楽付き紙芝居の公演で、ご一緒させていただきます。やったー!

内心は「紙芝居とユーフォニアムって変じゃなかろうか。大丈夫だろうか。」と心配していたのですが、「他の人に、そうそうできることではない」というのも感じていたのです。

というわけで、自宅にてリハーサル。

基本的に、即興演奏で紙芝居に音楽や効果音をつけていきます。
ユーフォニアムの音域って、男性の声域とモロに被るので、その辺りの工夫と配慮が必要です。

久々ではあるけれど、心はずっと繋がっていたぜ!

ということで、バッチリでした。

「カホンとか、パーカッションとか使ってみようかしら」と一瞬色気をだしましたが、潔くユーフォ一本で行きます。
  1. 2014/03/25(火) 12:44:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今年の3月は喉が

今月初めにツアー先で喉が痛くなって、帰ってきて溶連菌だと診断されてから、一旦治ってはツアー先でまたこじらせて帰ってくるということを繰り返してしまった。

今日、定期的に通っている呼吸器のお医者さんに診てもらって「それでも、治りが早くなりましたね。」と言われました。

ぼくは「こんなに体調管理ができなくて情けなや。オヨヨ。」と思っていたのに、そう言われるとそうかもしれない。

熊本での喉の腫れはあれは、一体なんだったのだというのは、未だに謎ですが、熱も出ずに治ったということなのか。
この3月だけで、今年一年分のクスリを飲んだような気がする。
よーし!もう今年は風邪ひかないということにしましょう。
  1. 2014/03/24(月) 12:34:28|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

国を守るお仕事の

国を守るお仕事の方のところへお邪魔して、文化を守るお仕事をしてきました。

何をどこまで言っていいのか解らないのです。
国防に関する機密なのです。

バルブオイルはアレを使っていたとか、つば抜きマットの素材とか言ってはいけないのです。
そう言われたわけではないのだけれど、緊張してしまうのです。

こういうお仕事していて、何が楽しいって、目の前の人がどんどん楽器が上手になっていて、自分と同じように(今回の場合、それ以上に)楽しく音楽をできるようになること。

充実した楽しい時間でした。

おみやげもいただきました。
  1. 2014/03/23(日) 12:12:51|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

熊本から帰る、会社の同僚の結婚式

朝一番の飛行機で熊本を発ち、飛行機で寝てる間にあっという間に名古屋に着きました。

ドタバタと家に帰り、ドタバタと準備して家を出ました。
会社の同じ部署の後輩の結婚式です。

というようなことが一度でも行ってみたいものですが、要は、バンドの同じパートの女子の結婚式です。
めでたい!



「熊本からありがとうございます」と言われました。
いえいえ、隣のあま市からです。
  1. 2014/03/22(土) 19:16:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

TubamanShow熊本ツアー5/5

昨日のライブは、「今までの流れをぶっ壊す」とか言ってましたが、今朝、起きて見ると、喉がパンパンに腫れてました。

声が出ず、水を飲むのも辛く。
どうやら、扁桃腺が腫れているようで。

近くの病院を調べましたが、祝日の今日はやっていない模様。

どうしようもなく、ホテルで鎮痛剤をもらい、しばらく様子をみることに。

「こんなんなっちゃいました。お昼ご飯行けません」とチューバマン、赤星さんに連絡すると、あっという間に、救急病院へ連れて行かれ。
「大げさなことになっちゃったなあ」なんて思ってたのですが、結果的にこれで良かったのです。

朝の状態では、楽器も吹けなかったのですが、処方された薬がばっちり効いて、すぐにお昼ご飯食べられるような状態にまで回復。

でも、やっぱり声は出ないまま、ライブ会場の銀羊•舎さんへ入り。ライブの時間になってしまいました。

ということで、今日は喋れません。チューバマンに司会進行を全てお願いして、ぼくは演奏のみに集中させてもらうという、有無を言わさない状況で、「今までの流れをぶっ壊す」ライブの第二弾となりました。

頼もしいチューバマンのMCに合わせて、ぼくは身振り手振り。

演奏は、いつもよりコンパクトな音量になりましたが、それでも最大限のスピード感を演出して。赤星さんとの共演もバッチリ決まりました。ソロアルバム、たくさん買っていただいたということは、喜んでいただけたということでしょう。

なんとかなりましたが、これがもし公演に穴を開ける結果になっていた可能性も有ると想像すると、ゾッとしますわ。



最後は、もう我々のホームとも呼んで良い気になっております、居酒屋で盛大に、それでもぼくはあまり喋れないまま打ち上げ!

お世話になりました皆様、お客様、ありがとうございました!

熊本は、夏が過ぎて秋になって、寒くなる頃にまた来れそうです。



  1. 2014/03/21(金) 11:40:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

TubamanShow熊本ツアー4/5

本日の予定は、高校でのレッスンと、待ってましたのTubamanShowライブ。

楽譜も昨日、届いてます。

熊本、昨日までは、Tシャツで過ごせるほど暖かかったのですが、今日は一転、冷たい雨風の吹きっさらす、寒い日になりました。

高校レッスン終わった後、ライブ会場の「プライベートロッヂ」へ。

ここは、昨年末、テレビ収録で訪れたお店でもあります。すでに満員御礼!の情報も聞いており、ホクホクで準備を進めました。

が、どうやら、外にも椅子が並べられていってます。室内に収まり切らず、外!この寒いのに!あー、こりゃ大変だ。

ライブ始まり、果たして、外にもお客さん。男性2人。
ニコニコして聞いてくれてます。良かった良かった。

今回、チューバマンは、ほっぺたに赤い色紙を貼って、熊本限定「チューバモン」になってます。



今回のテーマは、「今までの流れをぶっ壊す」ということで、新しい流れの中でやりました。

新しい曲、新しいプログラム。
新しいものがたくさん産まれましたね。
定番も良いけれど、リハではなく、ライブでしか産まれないものも有ります。

そして、これも熊本限定!ピアニスト赤星さんとの、デュオ、トリオも。

終演後は、しばらくお店でワイワイやってました。
  1. 2014/03/20(木) 11:19:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

TubamanShow熊本ツアー3/5

折り返し地点まできました。
昨晩、洗濯もして後半戦ばっちり睨んでます。

昼間は、うどん食べたり、古着屋へ行ったりと、ゆっくり過ごして、夕方から始動。

昨年も呼んでいただきました、中学校でのパートレッスンです。演奏やらライブやらの合間にレッスンなんか組み込んでいただきまして、赤星さんの敏腕っぷりに感激しきりです。

3ヶ月ぶりの再会でしたが、とても手応えのある良い時間でした。上手!パチパチ!


夜は、居酒屋にて飲み会。
ぼくの大好きな、熊本の生態学者さんと。
普段は博物館で研究や、公演をされておりまして、テレビなんかにも出てくる著名な方です。ぼくは、ファイアーアントやら、スズメバチやら、なんやらかんやらに刺されまくっているので、そういう話をするのです。

しこたま呑み食いして、宿へ帰ってバタンキューと相成りました。
  1. 2014/03/19(水) 11:11:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

TubamanShow熊本ツアー2/5

本日の予定は、午前中の幼稚園での演奏、協会での伴奏合わせ、そして夜はホテルのプライベートパーティでの演奏です。



まずは、幼稚園での演奏。

ババーン!正義の味方登場!

1/3くらいの園児が、泣き出しました。
そりゃ怖いわなあ。

でも、気を取り直して演奏したり、楽器体験コーナーやって、すっかり仲良くなりました。
そして、赤星さんのリトミックコーナーも。最後は、大声援に送られての退場でした。

場所を移動して、協会での伴奏合わせ。
チューバマンの演奏聞いていると、やはり、自分との力の差というのが感じられて、こっそりブリブリ吹いてました。チューバマンのソロ、すごい。



空いた時間、休むことなく、大好物の商店街散策へ。



ぶらついていたら、とあるカフェで、知り合いのライブのチラシ発見したりして。
「昨日、ライブして、さっきまで、いたんですよ。」と。惜しい!

夜はホテルでの演奏。
働く男性ばかり、200人と。
みなさん、そりゃあ名刺交換に忙しく、かなり手強い相手でしたが、喜んでいただけたかと思います。


ホテルの食事いただいて、今日は早めの解散。
  1. 2014/03/18(火) 11:03:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

TubamanShow熊本ツアー1/5

TubamanShow熊本ツアー初日、準備万端、余裕綽々のはずが、なんだかドタバタになってしまい、いきなり家から駅まで猛ダッシュ、2分で玄関からホームへ。

「いきなりコレかぁ。」と息を着くと同時に、楽譜を忘れてるのを思い出しました。これは、家の人に、宅急便で送ってもらうことに。ライブは、後半2日しかないのが、幸いでした。

熊本空港に到着して、ピアニスト赤星さんにピックアップしてもらい、後の便で来るチューバマンが到着するまでの間、阿蘇山散策。






中心まで行くと、火口が覗けるらしい。
次回のお楽しみということで。

そして、チューバマン登場!


第一夜は、祝賀会から入りました。
熊本ツアースタート!
  1. 2014/03/17(月) 10:53:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ユーフォ持って

明日からのチューバマンショー熊本ツアーの準備。

ユーフォをソフトケースから、ハードケースに移すため、ソフトケースを開いてみたらば、先月末に東京で預かった、人の忘れ物が出てきました。

東北ツアーでその人に会うので、手渡しします。と預かったのでした。

ということは、3月は丸々、ユーフォ吹いてなかったのね。いかんいかん。(忘れ物を渡すのも忘れてていかんいかん。)

今回の熊本ツアーは、熊本上陸一周年記念になるそうです。
調べてみたら今日の熊本は18度。
どんな服装をしていけば良いのかなあ。
数字ではわかってもね。
体感していないと全然わからない。

そういえば、去年は、熊本から札幌という、無茶な日程だったので、冬の装備で熊本に行ったのでした。
  1. 2014/03/16(日) 11:05:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

セントラルジャズオーケストラライブ

名古屋金山のジャズバー「Mr. Kenny's」を拠点とするビッグバンド「セントラルジャズオーケストラ」のライブ当日。

今回のライブのテーマはパットメセニーということで、難曲揃い。それがどうも、東北の帰りから耳の様子がおかしく、飛行機に乗って、耳抜きができないような状態で。自分の音も聴こえない、周りの音もなんだかヘンという感じで、耳栓してみたり、ベルの向き変えてみたり、いろいろ試したのだけれど、どうもダメで。
一人、「どうしたものか」とラーメンを食べに行って帰ってきたら治ってました。耳の不調には、ラーメンですよ、皆さん。

たくさんのお客さんに来ていただけました。ギュウギュウで身動きとれずでごめんなさい。バンド側もそうなのよ。

ライブやる度に、「あぁ、(同じバンド内の)あの人みたいに吹きたい!」と強く思うのですが、いい加減、具体的に動くことにしました。

セントラルジャズオーケストラ、次回のライブは、8月10日(日)!

夏休みということで、昼の子供向けの公演とか、別の場所での演奏も考えているようです。そして、夜はケニーズでいつものライブと。お楽しみに!
  1. 2014/03/15(土) 12:01:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

セントラルジャズオーケストラリハーサル

明日にライブを控えている、ビッグバンド、セントラルジャズオーケストラのリハーサルを午前中から。

頭の切り替えはできております。
楽譜の準備もしてあります。トロンボーンです。

よし!バッチリだぜ!パットメセニーの変拍子も、瀬戸信行の変拍子に比べたらアレだぜ!(←言わない)

と、思ったら口がちょっと違いました。
流石にチューバを4日間も吹き続けると、ちょっと丁寧なアップが必要なようです。

午後は、クルマのオイル交換したりして、ゆっくり過ごしました。
  1. 2014/03/14(金) 15:21:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東北ツアー5/5

全てのミッションを終えて、あとはメンバー安全に帰るのみ。
という都合は楽隊のものですが、我々の滞在期間中、広島からの歌い手さんが帰っっていったり、スタッフさんが帰っていたり。抱きしめあって別れを惜しみます。

12時間かけて帰りました。

敢えて無機質トークしますが我が「働く男のニューエンジン」は、6人とか7人乗車で、2000キロ移動して燃費15km/lでした。

家に帰る前に、ガソリンスタンドで洗車機に入ってから帰りました。



あ、帰ってから確定申告の書類作りました。
  1. 2014/03/13(木) 23:54:13|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東北ツアー4/5

「絵に描いたようなバタンキュー」からの目覚めはフライパンゴンゴンでした。スタッフの皆さん、早起きして朝ごはん作ってくれています。

本日は実質的な活動の最終日。

デイサービス施設の訪問と、仮設住宅訪問。

デイサービス施設、リアス式海岸の半島の先にありました。
これだけ細かい半島がたくさん有るんだから、地元の人でも「近所なのに行ったことがない先っちょ」というのは、たくさん有るんだろうなあ。

午前中に陸前高田市のデイサービス施設での演奏。

楽隊、獅子舞、曲芸、エイサーの4本立て。

楽隊以外は、いわゆる日本の伝統芸能です。
演者も着物を着ています。

こういう人たちと一緒に動いていると「はるか昔から『日本に』伝わっているものをやっているのと、そうでない演目との説得力、浸透力」の差が目に見えて解ってしまいます。

日本人が、着物を着て、昔から伝わっていることをやる。
これは、ものすごいことなんだなあ。プロとかアマとか、そういうことではなく。

午後からは、仮設住宅訪問。中に入って解りました。ここには2年前に来ていて、屋外で演奏してるんですね。そして、その後、漁師さんと宴会してたんだ。
これまた外の風景が全く違うから解らなかった。田んぼの中の重機は、海水に浸かってしまった土壌を入れ替えているのかなあ。

(話は飛びますが、あの「奇跡の一本松」はこの仮設住宅に来る途中にあるのですが、今、ものすごいことになっています。レプリカが立っているということで、その姿はちゃんと確認できましたが。2年前にも見ていますが。その周辺は有無を言わさない異様な光景になっていました。運転していたので、写真に撮れませんでしたが。説明もできません。現地に行って見ないと解らないことというのは、こういうことなんだという例だと思います。)

この最後の仮設住宅での時間はとてもゆっくりとしていて。


決められた時間に催し物が開かれるわけではなく、顔を出しに来た人相手にちょこっと何かを見てもらうとか、食べてもらうとか、飲んでもらうとかそんな感じでした。

たくさんの人が居るからとか、そういうことではなく、丁寧に繰り広げられるステージ。サイコーでした。

そして空いた時間に、エイサーチームにお願いして、衣装を着させてもらうことに。

やっぱりずっと憧れてたんですよねー。愛知に産まれ育っているのだけれど、沖縄の姓を持ち、音楽をやり、顔立ちにも血筋は残り。顔が高潮しているのがわかりました。

一行はそのまま、タコ猟師さんの御宅へ移動して、心からのおもてなしを受けました。
食べました呑みました、喋りました笑いました。

宿舎へ帰り「絵に描いたようなバタンキュー」とだけ言われない程度に打ち上げ。

ぼくは今のところ、一年に一度だけ訪問できてます。
「一年に一度だけ訪問できる人が世に報告できること」というものをね。しっかりと考えて。

あ、写真はすっかり胸キュンしてしまったエイサーチームの真似をする人たち。
  1. 2014/03/12(水) 23:08:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東北ツアー3/5

朝起きると、九州からの一団が来ていました。毎年顔を合わせている、焼きうどんのあんちゃん。と、若者数人。なんと、エイサーチームだそうで。2日かけてクルマでやってきました。昨日到着する予定が、大雪で動けず、今朝の到着になったと。その一団を残して移動開始。

テレビやラジオとは無縁の生活をしていますが、街に降りてみると、上着はコートで見えないけど、ズボンは黒というような人が多く。

本日の予定は、昼間は屋外での演奏と、夜は居酒屋さんでのライブ。

昼間の屋外での演奏、よく場所の詳細を知らないまま、クルマで連なって移動してました。

「お、この方向は、ひょっとしてラーメン?解った!お昼にラーメン食べるんだ!やったー!」
と一瞬喜んだのですが、すぐに違う方向に向かっているのがわかり。

甚大な被害の出た岬でした。2年前にも訪れています。4階だての校舎の3階まですっぽりと抜け、船やコンテナやクルマがそこらじゅうに転がり、海辺の墓場の石は。。。
その時も写真撮ったりしているのですが、とてもアップする気にもなれず。

バンドとして、鎮魂の意味を込めた演奏もしているのですが、自分の音の存在の意義がわからずに悩み苦しみ。演奏し終わった後は誰も口を聞けないというような状態になっていました。

今回もバンドのプロジェクトとして鎮魂演奏を行うということで、2年前のことをズガンと思い出していたのでした。

岬の公園での演奏と、獅子舞の祈り。
今回は、地元の女性がついて回ってくれていたのですが「ここは、幼稚園が必ず遠足にくるような場所なんですが、震災後、初めてここに来れた。こんな誰もいないところで演奏してくれるなんて。」とボロボロと泣くのです。

自分の感情の種類とか演奏の意義とか、そういうことはもう何も分析も整理もできないのだけど、ただ、そういうことが有りました。

果たしてお昼ご飯は、ラーメンではなく、お弁当が支給されて、気仙沼市を見下ろす山の頂きへ。小雪がちらつく天気だったので、皆でクルマの中で食べました。

山頂公園では、エイサーチームがすでに待機していました。

自分たちの演奏が有り、黙祷が有り、獅子舞の祈りが有り、エイサーチームの演奏が有り。

太鼓の音が響いて、エイサーの声張り上げて。エイサーチーム、雪の中、沖縄の薄い衣装とわらじ姿です。演奏終えると海に向かって一例。

これもまだ、そういうことが有りました。としか言えない。

山を降りて、ふもとの復興商店街へ。
あの街中で圧倒的な存在感を持っていた街中の大きな漁船は撤去されていました。

「漁船が撤去されて、お客さんがずいぶん減った」とお店の人。これも複雑な気持ちで聞いてました。

夜は気仙沼市内の居酒屋「ピンポン」へ。

投げ銭ライブですが、予約のお客さんで満席だということです。

こちらでも、楽隊の演奏、歌唄いの唄、曲芸、エイサーと盛りだくさんのステージを。

長い一日終えて、宿舎へ。
ピンポンで沖縄の若者の飲み方に付き合ってしまい。

後に言われたのだけど「絵に描いたようなバタンキューでした。」と。
  1. 2014/03/11(火) 17:57:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東北ツアー2/5

朝起きてまだ石巻市。
クルマ3台のキャラバンで気仙沼市を目指します。

その途中に、南三陸へ。


見慣れない風景が続いた後、見慣れた復興商店街が。


つまり、そこまでの道の雰囲気が変わったと。ずいぶんお店が増えました。コンビニ、ガソリンスタンド、ホームセンターなど。

お店の人と話したりして小休憩。

「ようやく土地のかさ上げが始まりました。」だそうで。

去年の段階では、方針すら決まって無かったからね。ようやく動き出してるんですね。

そして、街の方へ降りていくと。


防災対策庁舎はまだそのまま。
その奥に見える盛り土が、その「かさ上げ」の部分。

10メートルの高さって。
街全体を10メートルあげるって。

至る所に転がっていた、無念の顔をしたひしゃげたクルマや、近づいてみると生活感の塊だった瓦礫の山はすっかり無くなりましたね。

過去に呼び込みの演奏をしている、隣町の商店街にも顔を出し。
「あ、見慣れたバスがやってきた!」と商店街のおばちゃん。


また移動して、気仙沼市の仮設住宅訪問。この仮設住宅が建てられているのは、山の上の小学校の運動場です。

雪が降り出しましたが、元気にパレード。
「集会所で楽しい催し物始まりまーす。」








楽隊、歌唄い、曲芸、炊き出し、そしてバーと盛りだくさんのパッケージです。
地元の方に言われましたが「久しぶりに、完全自己完結のボランティアさんが来た。」と。

中には「あれを用意しろ、これを用意しろ。あとは、これ捨てておいて。」というような人も居るそうです。

そういうチームに居られる幸せ。

終了後、去年も泊まった宿舎へ。廃校をリフォームしてある研修施設です。

自炊、大部屋、どどーん!


  1. 2014/03/10(月) 17:01:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東北ツアー1/5

夜通し走り、お昼過ぎに仙台駅へ。
ここで同乗してきたスタッフさんを降ろします。スタッフさんは明日からの宿舎へ行って炊き出し仕込みだそうです。

仙台駅からまた高速に乗り、石巻市へ。

今晩は、石巻市のライブハウス「ラ•ストラーダ」でのライブです。

ファンファーレ・ロマンギャルドは去年に引き続きの演奏ですが、今回は、江戸太神楽の二重丸さんと、広島からの歌い手さん2人も加わって賑やかなことになってます。

石巻市に着いての初めの感想は、「傷跡が見えなくなったかな。」ということでした。まだ壊れたままの家は若干有りましたが、全体的に綺麗に。

それと同時に「去年たくさん居た、工事関係の人が見当たらないなあ。」とも思いました。
一目見た所感です。

しばらく時間があったので、街を散策。
側溝、凍ってますがな。


高台から街を見下ろしたり。


これが、普通の街に見えるけど、去年は違う印象だったなあ。

ラ•ストラーダも貼ってあるチラシ見ると、まあ、元気なこと!よかよか!

ライブは、旅の疲れも無く、ドカーンとやりました。去年も来て下さった方もたくさん。

ライブ後、そのまま会場にて打ち上げ。

ずいぶんと遅くまでやってしまいました。

宿舎は、二手に別れて。
  1. 2014/03/09(日) 16:14:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東北ツアー準備と出発

昼間、ずっと寝てました。
今晩、深夜2時くらいの出発になるということで。最後の布団。

夕方から、楽譜作り。

「仮設住宅回りは、演歌と歌謡曲やります。キーはコレ。」という連絡があったのですが、今回、チューバで参加ということで、ぐいぐい引っ張っていかないといけない立場で。

21曲仕込みました。

その後、バババッと荷造りをして。
色とかね。ちぐはぐでもいいの。
お気に入りのブーツやら、コートやら帽子やら。お守りのようなつもりで。

午前1:30に東北へ向けて出発。

関西から出て来たファンファーレ・ロマンギャルド本隊と中央道サービスエリアで合流。

これから10時間かけて東北へ。
  1. 2014/03/08(土) 08:43:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バンド打ち合わせとピストルバルブ

昼間、ちょちょいとバンドの打ち合わせなんかした後、中川文化小劇場へ。

先月だと勘違いしていて、先月の今日に行ってしまった「ピストルバルブ」のコンサートが今日開催されるのです。

ピストルバルブですが、今はトランペット、サックス、ユーフォニアムの3人で活動してるんですって。どうやってー?と非常に興味が有ったのですが、残念ながら都合合わず。自分のCDだけマネージャーさんにお渡ししてきました。ユーフォニアムでライブしてるんだもんねえ。そりゃあ気になりますわ。

いつか、本物見れますように。
  1. 2014/03/07(金) 14:28:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

家事手伝い

家のコンサートを見に行く。
この日のために、せっせこと、作り置きのおでんを食べていたのです。



県立芸術劇場コンサートホール満員。すごいなあ。珍しく、居酒屋さんでご飯食べて帰りました。
  1. 2014/03/06(木) 14:20:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

みそガンボライブ


本郷のお店「アルマジロ」でボーカリスト富安秀行さんが、月イチで開催しているライブにデキシーバンド「みそガンボ」で参加。

普段、富安さんのバックでは、どちらかというと、声を出さずにおとなしくしていることが多いので、「こんなに声を出さない人が、バンドのリーダーなんかやれるのだろうか。」と多くのお客さんが思ったことだと思います。

が、リーダーもたまにはやるんですよ。それなりに。

ライブの後半だけの出演でしたが、楽しくやってきました。

このみそガンボ、また4月にエビスカフェに登場ということになりました。

どんどんレパートリー増やしましょうそうしましょう。
  1. 2014/03/05(水) 14:17:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

おでんデイズスタート

明後日、実家で大きなコンサートがあるので、家族総出でお手伝い。
(会場は実家じゃないですけどね。残念。)

ただでさえ、明日、うっかりライブを入れてしまって総スカンなのに、風邪こじらせて寝こんでしまってさあ大変。

3日分の食事くらいなんとかしましょう。
ということで、おでんを仕込みました。

3日分。

がんもが好きです。
  1. 2014/03/04(火) 16:02:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

溶連菌

午前のリハーサルをおやすみさせてもらって、近所の医者へ。

「インフエンザではないですね。でも、これは、ムムム。」と言われ、検査を受けた結果、溶連菌ですって。

子供がかかる喉の感染症ですって。

嬉し恥ずかし溶連菌。
このやろーこの大切な時になにしやがるんでい。
  1. 2014/03/03(月) 12:57:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モンゴル音楽コンサート@ドレミカフェバンビーナ

昨日は、自発的に隔離された部屋で寝たのですが、もう今日のことが心配で寝られず。

「イ」のつくアレかもしれないのに、午前中からライブがあるのです。
もし「イ」だったら、ぼくだけキャンセルしてもらわないと。どうやってライブ回そう。とかそんなことばかり。
1時間ごとに目が覚めて、熱はかってため息ついて。

ところが、陽が上ってみると、熱が下がってました。

「よし、これは『イ』じゃない!」と解り、勢い込んで出かけました。

駅で岡林さんピックアップ。
日本におけるモンゴル音楽の第一人者の岡林さん。名鉄津島線青塚駅に降り立ちました。

会場に入って、ちょちょいと打ち合わせしたら、もう開場時間。そして朝10時の開演。

「スーホの白い馬」の馬頭琴ということで、小学生たくさん。そして、「生で見たい。伝えたい」という先生もお越しくださいました。

親子コンサートということで、楽器に触ってもらったりもするのですが、じゃん!


馬頭琴触れますかー!

スーホの白い馬触りますかー!!

子供たち大喜び。
すごいなあ。これは一生記憶に残るでしょう。

後半戦は、同じ会場で開催された、子ども会のパーティでの演奏。

こちらも、50人のおこちゃま相手に盛り上げました。

終演後、日本におけるモンゴル音楽の第一人者、岡林さんを名鉄津島線木田駅に送り届けて、帰宅。

ここでやっと一息つけました。
一息ついたら、熱が。


  1. 2014/03/02(日) 13:32:14|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ