GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

大晦日は

熱を出して寝込みました。


フラフラ起き出してはソバ食べてまた寝込んで。

最後の最後の本番用にとっておいた、一番濃厚なダシの年越しソバ(本日4食目)は、なんと半分しか食べられませんでした。

なんてこと!体調が万全じゃないと濃い味のものって受け付けないのね。トホホ。

風邪薬で朦朧としながら、気がついたら日付けが変わってました。

あぁ、何もしてない。
  1. 2013/12/31(火) 17:21:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

焼肉美光忘年会

毎年恒例の焼肉屋さんでの忘年会。

留学から帰ってきて、一番初めにお仕事をくれたのか、ここの社長さんで、焼肉を食べているお客さんを前に管楽器ソロというお仕事をしばらくやっていました。


ものの考え方とか人との付き合い方とか、いろーんなことを学んだのでした。

今年は社長さんの追悼ということになってしましましたが、それでも粛々と演奏しないといけないのがミュージシャンの勤め。なるべく受け取り手側の解釈の自由度を高くしておかないとね。お店側からも「明るく盛り上げてください。」と言われていたので、そのように。遺影を前にしても。

演奏終えてからは、ちょっと席を外させていただいて、夜の街の風を浴びに行ってました。

さて、今年もたくさん美光で宴会しましょうね。
ぼくのことは置いといて、社長さんに目をかけられた人はみーんな立派になってますよ。それはそれは誇らしいことです。
  1. 2013/12/30(月) 11:36:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

年越しソバ命!

何度も重ねてきた、年越しソバのリハーサルですが、そろそろ本番を見据えた動きが必要ということで、近所のスーパーに買い物に。

I don't trust anything it says "Toshikoshisoba."

「自分で年越しソバと言ってるヤツは信用しない」というのをモットーに。

英語で言う必要ないんですけどね。

肉しか食べないテキサスの人が「I don't trust anything from water.」と言ってたのを思い出したものですから。

年越しソバリハーサル2回。
楽器もたくさん吹きました。
  1. 2013/12/29(日) 16:40:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ベリーダンスナイト

もう何度目になるか、思い出せないくらい、回数を重ねてきました。

ベリーダンサーmasamiさんとのライブ。今回は、ダンサーさんがもう一人。Di'anaさん!豪華!
京都から、アコーディオンの都丸くんと、アラビックパーカッションの永田くんもやってきました。

まず、このユニットでは本番会場に入る前に、リハーサルの為のリハーサルのようなものをするのが常となっています。

その会場は、楽器の音だしオッケーのカラオケ屋さん。休みに入ったということで、子どもが多かったですねー。
やー、ぼくらも(子ども度では)負けていられません。

今回、バスで移動してきた永田くんが「今回は、ドラムセット持ってきたよ。スーツケース一つに入るの。」と言ってこんなもの出してきました。


バスドラとスネアがパンデイロ。

いやいやいや、移動楽かもしれないけど、パンデイロ二つの時点でものすごくお金かかってますがな。

ドラマーさんのこういう涙ぐましい努力見るのって楽しい。


リハリハ終えて、会場のカフェデュフィへ入って、更にリハーサル。

音楽だけのリハーサルじゃないからね。実際の本番会場でのリハーサルって大切。

本番始まり、満員のお客さん。
髪の長い、妖しいメイクの美女多し。
つまり、ベリーダンサーさんですね。

当たり前のことなのだけど、回数を重ねる度にまだまだバンドもダンサーさんも自由度が高くなっていきます。まだまだお互いに刺激しあって。
いつもながら、一曲目から全力疾走なのは同じ。手加減してよー。

masamiさんも、Di'anaさんもね。バンドとお互い反応しあってるから、まだ見たことのない場所にバンバン行きました。

終演後「なんか、休むとことか無いよね。」「うん。そうだよね。」「すごいくびれたけど、楽しかったね。」「うん、そうだね。」なんて話すのです。

またやりましょ!
  1. 2013/12/28(土) 15:37:53|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

帰る

朝早く起きてまだ宮崎。

のはずなんだけど、昨日はほぼずっとホールに居たのでそんな実感無く。
「これじゃ勿体ない!」ということで、散歩に出かけました。
宿を出て辺りを見回して「うん、こっちが面白そう。」と出かけたら呑みや街に着きました。

嗅覚は間違ってないようですが、時間帯がね。朝7時ですからね。

午後イチの飛行機で中部国際空港へ。

1時間もかかりませんでした。
そこから、1時間以上かけて電車で自宅へ。

なんだか距離と時間の感覚が麻痺してます。

またゆっくり行きます。宮崎。ありがとうございました。
  1. 2013/12/27(金) 09:42:24|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎学園高校吹奏楽部定期演奏会

朝6時半に家を出て、実家の父に送ってもらっていった先は小牧空港。

中部国際空港ができてから、すっかり来なくなりましたが、この「親に送ってもらって」というシチュエーションもセットで、留学時代のことを思い出します。

国際線のターミナルは、ショッピングモールになってるのかな?

国内線のターミナルには、見慣れない道からのアプローチでした。

7:30に小牧を飛んで、9:00過ぎに福岡に着いて、10:00過ぎに福岡を飛んで、11:00前に宮崎へ到着。

待っていたチューバマンと合流。

すぐに、本番会場へ入りました。

宮崎学園高校吹奏楽部の定期演奏会にチューバマンショーでゲスト出演です。新曲もあります。

楽屋口から、会場に入ると、廊下にびっしりと生徒さん。

いきなり素顔を見られてしまいました。

「リハはマネージャーがする?チューバマンショーがする?」なんて相談してたので、ズッコケました。

ご飯食べてからリハーサル。

事前のリハーサルはなかったので、どういうことになっているか不安だったのですが、これがまあ、細部までじっくりと作り込まれていて、ほとんど通しただけで、後は段取りの確認だけして、あっさりと終わりました。すげい。

今回の演奏は、1部に一曲、3部に一曲とアンコール一曲という、時間的には短いものでしたが、なるべく生徒さんとの触れ合いの時間を作りたくて空いた時間には積極的に外に居るようにしました。

たくさん喋って、写真も撮って。

本番は、引退する3年生の引退式も兼ねていて、最後は感動のフィナーレとなっていました。

このコンサート、ほとんどの運営が生徒さんやOBOGによってなされていて、しかも、痒いところまで手が届いていて。これってすこいなあ。社会に出てもこの関係ってずっと続いていくもんねえ。

21:30の終演で、関係者の打ち上げスタートが23:00、寝たのが2:00過ぎと、長い一日でしたが、充実していてあっという間でした。

駆け抜けました。

宮崎学園高校吹奏楽部の皆様、先生、OBOGの皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。
  1. 2013/12/26(木) 14:45:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

帰る、準備する

朝、ババっとメンバー集合して、駅でお土産購入タイム。ぼくなんかよりも、ずっと旅慣れた人ばかりなので、あれこれ探すよりも、ただ真似するほうが間違いなく。

関西メンバーの皆さんを米原で降ろしてお別れ。

高速道路で運転しながら帰る途中、「この間のチューバマンショー福井、鯖江公演の後に寄ったサービスエリアの蕎麦美味しかったなー。また寄りたいなー。どこだっけかなあ?」なんて考えながら運転してたら、それまで助手席で寝てた瀬戸さんがむくっと起きて「今庄(サービスエリア)寄るんでしょ?」と一言。

「え?なんで?」と聞いたら。

「蕎麦食べるんでしょ?」と。

「なんでそこまで解るの?」と驚いて聞いたら。

「いや、もう長いから。」と。
いやいやいや、すごいねえ。

帰宅してから、明日の宮崎公演の準備。

もう、さすがにわけわからなくなってきました。

楽譜総入れ替え。衣装総入れ替え。ケース入れ替え。

明日は出かけるだけにして、早寝しました。
  1. 2013/12/25(水) 14:29:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石川県3/3ファンファーレ・ロマンギャルド2/2

ファンファーレ・ロマンギャルドーin金沢2日目。

本日の予定は、夜のライブだけ。
というわけで、日中は、お寿司を食べたり、昨日預けた楽器を回収しに行ったりしてゆっくりと過ごしたのであります。

夕方までに、コーヒー3杯と、ハーブティー2杯飲んだのであります。

本日のライブ会場のcollabonは、可愛い雑貨屋さん。「あ、これ欲しい!むむっ!これも欲しい!」となるのをグッとこらえておりました。


ちびっ子も含めて、たくさんのお客さんに来ていただけました。おしゃれな人が多く、「さすが!」という感じ。

終了後は、お客さんも交えて、お店でゆっくりまったり。

おしゃれなお客さん、話してみると、何らかの職人さんで。楽しいなあ。

ちょうど変なところに柱が有り、顔が見えない登さん。


歩いて宿まで。
途中、煙草を吸いながら背を丸めて歩くサンタや、バーで踊り狂ってるサンタを見かけました。

テレビ見なくなってからしばらく経ちますが、テレビ見なけりゃ、クリスマスなんてこんなもんですね。

  1. 2013/12/24(火) 09:57:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石川県2/3ファンファーレ・ロマンギャルド1/2

朝、金沢駅にてファンファーレ・ロマンギャルドメンバーをピックアップ。

今回は

瀬戸信行(クラリネット)
イガキアキコ(バイオリン)
登 敬三(サックス)
照喜名俊典(ユーフォニアム)
ワタンベ(ドラム)

というメンバーで、金沢の名画劇場で行われているイベントにて、古いロシアのサイレント映画に生演奏で音楽をつけるというお仕事です。

つい先日も金沢の映画館で、日本の古い無声アニメに音楽をつけました。

その時は、アニメの長さが10分ほど。

今回は1時間を超える作品。

ということは、作品を観ながらリハをするのにも、同じだけの時間がかかるんですねえ。
本番会場の近所の公共施設でリハをしたのですが、えらく消耗したのと同時に「よし、このくらいね。」と覚悟もできたのであります。

本番会場へ入る前に、クルマをパーキングへ入れるため、駐車場探しながら動いたのだけど、これがほとんど満車で。タイミング的にそうですわな。

結局、2キロも離れた場所に停めました。

そこから歩いて会場へ帰る途中、街中で「天皇陛下ばんざい」と叫ぶ一団と、賛美歌を歌いながら歩く一団がすれ違う場面を見ました。はっはっは。どこだここは。

会場入りして、すぐ本番。
昔の映画って、いろーんな都合でいろーんなバージョンが有るようで、予習していたバージョンと少し違っておりました。

結果的には問題無かったと思いますが、そんな場面もあり。そして、一度自分がキューを見過ごしてしまったところで、向こうの方からクラリネットがニュッと伸びてきました。「見逃してるよ!」ということなのですが、音が出ていないクラリネットからあんなに言葉が伝わるとは。いやはや、すみません。

映画の本番が終わった後は、映画館の祝典パーティへ。そこでも演奏します。てっきり、立食パーティのようなものかと思っていて「イェーイ!呑み食いするぜ!」と意気込んでたのですが、会場そのまま、会館のスタッフが歴史と想いを語るという内容でした。
なるほどね。違う世界が見られて嬉しいなあ。

本番終了後は、お世話になっている老舗ジャズバーに楽器を置かせてもらい、夜の街へと繰り出したのであります。
  1. 2013/12/23(月) 09:39:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石川県1/3

早朝、まだ日が登るずっと前に家を出ました。

午前中に石川県小松市でお仕事です。
途中、福井県の山間部では雪が積もってました。
新しいクルマで新しいタイヤで、初めての雪道。
どういう挙動をするのか試してないからねー。さすがに怖いですねー。

お昼まできっちりとお仕事して、金沢イン。

一部、監修のお仕事をさせていただきました、アンサンブルの楽譜がYAMAHAから明日発売されます。

ぢゃぢゃーん!
  1. 2013/12/22(日) 10:36:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

富安さんツーデイズ2/2



夜明け前にズバッと帰宅。
午前中に用事を済ませて、昼過ぎにようやくタイヤ交換。自分でスタッドレスタイヤだけ買ってきて自分で交換しました。
あー、リミットギリギリでしたが、ようやくスッキリしました。



今回で42回目となるエビスカフェでのライブ、今月から隔月での開催となりました。いままでちょっと無理してたところごあるからね。よかよか。

オープニングアクトは、ご存知!低音系女子アンスリウムのお二人が勤めてくれました。
ユーフォとかチューバとか「お仕事ないー。」といじけてる人が多いんですが、この二人はちゃんと自分達で考えてバンバン機会を作ってて。そうすると、ステージングってものすごく短期間で変わってくるものですね。そのまま突っ走ってください。

富安さんのステージ、前半は富安さんのみ。後半は二人で。

全国を唄い歩いていて百戦錬磨の富安さん。ものすごい引き出しを見てしまったなあ。なんだか、頑張ってるアンスリウムの二人に「こういう時はこういうことやるんだよ。」というのをわざと見せてるような気がしたなあ。懐が深い。感服しました。

帰宅して、明日からの石川ツアーの準備。

クルマだからね。なんでもかんでも突っ込むよ。
  1. 2013/12/21(土) 08:34:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

富安さんツーデイズ1/2

ボーカリスト富安秀行さんとの2日間まず初日は、愛知県の渥美半島の先っちょ、伊良湖岬のリゾートほてるでの演奏。

伊良湖岬行くの初めて。というわけで、だいたいの距離とルートを調べて行ったんですが、まあ、高速降りてからの道の悪いこと!

昔ながらのといえば、その通り。
でも、信号だらけ、渋滞だらけ、道路デコボコ。要するに整備されてないんですね。

先っちょに着くまでに予想以上に時間がかかり、危うくサウンドチェックに遅れるところでした。



会場はリゾートホテルのロビー。

バイオリンのお姉さんとかでなくてごめんなさい。
金管楽器ってどうしても「庶民」感を出しちゃうわよねー。

演奏は大きな休憩を挟んで2ステージ。その間にはホテルのお食事なんていただいちゃって。展望温泉なんかはいっちゃって。(真っ暗だから、何も見えませんけどね。)

後半戦終えた後、そのまま宿泊させてもらいました。

富安さんの部屋の前にはギターが。
忘れてますよー。

明日は昼までゆっくり。といきたいところですが、朝4時起きだぜ!
  1. 2013/12/20(金) 16:19:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

タイヤのモヤモヤ解ける

まだまだやっぱりタイヤの事を考える毎日です。

「うー、今日こそ行けるだろうか。」
「でも、3時間待たされるとアウトだな。」
「チャリンコ積んでって、帰ってこようか。」
「あー。自宅で替えられるんだったら、自分のタイミングで替えるのに。」

と、うじうじ考えていたところで、ようやく気づきました。

自分でタイヤ交換できるんだった。

モヤモヤの原因はコレでした。
新品のタイヤとホイールのセット購入したらら、お店で交換しないといけないもんだと思ってたんですが。

ただ単に新品のタイヤとホイールをクルマに積んで帰ってきて「よこせ!」と捨て台詞吐いて帰ってきて自分で交換すれば良い話じゃないですか。

あー。そうしましょ。そしたら3時間待たなくて済みますね。

タイヤをホイールにセットするのに3時間待ちとかあるかしら。

先日の鬼頭ブラスのホール公演の残務をしに、会館に行ってきました。
あま市文化の杜美和文化会館で起こったこと。これからまだじわじわと反響が出てきますよー。
  1. 2013/12/19(木) 21:26:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

タイヤの問題続く

まだタイヤが替えられないでおります。
来週北陸に行くので、それがリミット。

今日行けるか?あっダメそう。

という日が続いております。
あー。誰かタイヤ替えてきてー。

月末の本番の楽譜の手直し。
宮崎の高校の定期演奏会にチューバマンショーで呼んでもらっています。

新曲やるぜい。
新曲といってもね、書き下ろしでなく、「こどものチューバマンショー」のオープニングチューン「おとうさんとショーイツ」を吹奏楽編成にして、伸ばしに伸ばして6分ほどの曲に作り変えました。

で、吹奏楽のところの楽譜はさっさと作って送っておいたんですが、肝心の自分達のところを後回しにしておいたのを思い出しまして。

こういった学校の公演では、なるべく生徒さんと長い間、触れ合って「ただ演奏して帰って来る」という状態じゃなくなるように。というのを心に留めています。

今回も、なるべく絡んで、みんなの顔覚えて帰ってこれるように、幾つか提案をしてみました。

そんじょそこらのゲストじゃないゼ!
タダじゃ帰らないゼ!
  1. 2013/12/18(水) 21:12:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

名古屋の高速道路事情

名ニ環って高速道路があるじゃないですか。

名古屋市を挟んでぐるっと反対側にある鳴海の現場に行くのに、今まで1時間半みないといけなかったんですが、名ニ環ができたら、30分で行けるようになってました。素晴らしいですね。名ニ環。

それにしても、国道1号線のていたらく。
「1号線が渋滞してるので、予定が遅れると思います。暇な人は好きなことしていてください。」というアナウンスが流れましたよ。

やじさんもきたさんも、まさか将来こんなことになるとは思ってなかったろうなあ。
  1. 2013/12/17(火) 21:00:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

冬支度

クルマが変わって、スタッドレスタイヤを買わないといけなくなってしまった。

あーれー。
いろいろとお金がかかりますねえ。

北陸も東北も行くからね。

で、タイヤ買いに行ったら20台待ちって。
「とりあえず受け付けして、あとは家でもどこでも待っててください。順番近づいてきたら電話します。」だって。

そんなに暇じゃないので、とりあえずお金だけ払って出直すことにしましたが、うーん。何か腑に落ちないのですが、何でしょう。。。
  1. 2013/12/16(月) 20:52:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ファイブベルズ

本当は大阪まで電車で行くつもりだったのに、朝起きたら「あ~駅まで行くのしんどいめんどい。」ということで、急遽クルマに変更しました。

こっちの方が自分で運転しないといけないのにね。

会場に入り、皆さんとご挨拶。

ファイブベルズ
西本淳(ソプラノサックス)
山下真里子(アルトサックス)
山内淳史(トロンボーン)
照喜名俊典(ユーフォニアム)
吉野竜城(チューバ)

リハをさささっと終えたら4時間近い空き時間。吹田の商店街を散策しました。

なかなかね。イイね。


このお店は、面白いだろうけど、入れないなあ。入りたいけどなあ。

おばちゃん、寝てるし。


さんざん散策して会場に戻り、衣装に着替えてバキンと気合入れました。

今回の企画は、ヤングのクラシック音楽コンクールの審査結果の集計時間を使った、いわゆる一つの「出し物」です。

40分の枠で、三つの中学の合同バンドとファイブベルズの演奏と、そして、合同バンドとファイブベルズの共演と、盛りだくさんです。

ファイブベルズでは、自分の編曲の「アルルの女」を。会場から「ブラボー!」いただきました。良かった良かった。

今回の楽譜、さっさと出版してもらおうと思います。

流行るといいなー。

帰り道、渋滞だらけの高速道路を「やっぱり電車で来れば良かった。。。」と思いつつ帰宅。
  1. 2013/12/15(日) 16:17:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鬼頭ブラス「tapis de rire」一緒に演奏しよう。

ついに本番!午前中からホールに入ります。やはり忘れ物あり、2往復しましたが、その間に「ついでに譜面台もってきて!」なんて頼まれごともして。
忘れ物もするもんですね。なんちゃって。

一般の参加者さんとのリハーサル。これも公開していて、一般のお客さん見てました。初めはカチンコチンでしょんぼりしてたのが、どんどん勢いのある演奏になっていく様子、楽しかったろうなあ。みんな笑顔でした。あぁ素敵。じんわりきちゃいました。

リハーサル終わって、みんな衣装に着替えて。はい。イーですね。みなさんキマってますね。テンション上がりますね。

一部は、いつもの鬼頭ブラスの演奏。一般参加のみなさんも客席から観ていただきました。「どーだ!」と威張りたいとこですが、ホール嫌いのわたくし、固かったですね。情けなや。

2部、ついに一般参加の方々との共演。
もう勢いついてますからね。心配ナシ。
ドバーン!といきました。
ホールが良いのかなんなのか良くわからないのですが、普通こういうことやると、ただぐちゃぐちゃでうるさいだけになるはずなんですが、何故か勢いはあるのだけれど、スッキリしていて。スッキリしているのだけど、ものすごい圧力があって。
みんな、周りの音を聴いてやってるってことだろうな。しっかし、見渡してもみんな笑顔です。これは、何か雑誌とか取材に来ればいいのに。

来ましたー!
ブラストライブ!の編集長。

編集長、楽器のことではなく、皆さんの顔を見ていたようで「とにかく笑顔。感動した。」とおっしゃってました。
これはどんな記事になるのか楽しみですね。

感動のコンサートは、イルミネーション輝く屋外まで飛び出して終わり。練り歩きや屋外公演も鬼頭ブラスの本当の姿だぜ!でもみんな覚えておいて。メンバーの周りにまとわりついていた方が写真に写るゼ!

会場でプチ上げの後、わが心の中華料理屋「盛宴楼」にて大打ち上げ。
お店も店員さんも素敵過ぎ!日本の基準知らないんですもの。

「芋ロック」と叫んだら、サワーのグラスで出てきました。こんなもの飲んでたらびっくり帰るので、サックスのA君に渡したら、サックスA君がひっくり帰ってました。ごめんね。

一般の参加者の皆さんともゆっくり話せてよかった。これが無いとね。

と、ここまでは普通のライブやコンサートの日記ですが。

単なる片田舎のこの町で、この公演が行われたことの意味。
ホールがあるこの街、そして周辺に住む皆さんが(遠くは東京から参加の方も居ましたが)、この公演で一緒にステージに乗ったということ。

これはつまり、この体験を持ち帰って、それぞれの場所でアツく語ったり真似して実行したりと、そういうことなんですよ。ここから発信されたことは、ものすごーく広く遠くまで拡がっていきます。これってすごくないですか?

そして機会が有れば(作れば)、また皆さん簡単に集まってきて。もうその時点で「一般参加のみなさん」じゃなくてバンドメンバーですよね。またやりましょう。やりましょう。

「tapis de rire」はフランス語で笑顔の絨毯という意味だそうですが、そのタイトル通りになりましたね。

終わり。

調べるつもりないんだけど「笑顔」をたった一つの単語で言い表しているであろう、フランス語、すごいね。
  1. 2013/12/14(土) 14:56:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鬼頭ブラスリハーサル

やってきましたヤツが来た。

鬼頭ブラスリハーサル。
昼過ぎからせっせこ荷物をホールに運びます。忘れ物するからね。何度も往復しますよ。
会場が近いからね。油断してんですね。



ちょっとずつ、メンバーが集まってきて、ちょっとずつテンションが上がっていきます。
産休開けのメンバーとかね。久しぶり!
きゅーちゃん。

相変わらず、楽曲の構成を的確に覚えていて「トランペット入ってくるのどこだっけ?」「Cです。(キッパリ)」というやり取りとか。昔懐かしの光景でした。

今回は新曲ナシ。何せ企画自体が新しいですからね。
今晩は、メンバーのみのリハーサルということで、すんなり確認程度。

準備万端!
  1. 2013/12/13(金) 14:20:35|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ファイブベルズリハーサル

午前中、大阪でファイブベルズのリハーサル。

ソプラノサックス
アルトサックス
トロンボーン
ユーフォニアム
チューバ

という変則カルテットです。
プロジェクトリーダーは、我らが吉野竜城!イェイ!

朝10時に大阪でしょ?ということは、家を7時に出て。

四日市の1時間渋滞にハマって、大阪の1時間渋滞にハマって。ダメだこりゃ。

というわけで、朝6時に出て、四日市の渋滞を避けて、大阪の渋滞が解消するのを待つ作戦にしました。結果的に成功だったんですけどね。これはさすがに本番の日には辞めておきましょう。電車移動にしましょう。

アレンジャーのスキルって、アレンジしてるときの頭の中の音と、実際の楽器の音とのギャップを埋めていく作業なんですが、まだ完璧とはいかないようです。

若干の手直しが必要。無念!

でも、全体的には素晴らしいことになってます。ファイブベルズ。

で、帰宅して楽譜の手直し。
  1. 2013/12/12(木) 17:35:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽市JAZZ楽団

午前中、新しく楽器を買う人の楽器選びのお手伝い。
いーなー。ぼくも新品の楽器とか欲しいなあ。そういうの、しばらく無いなあ。この先も、いつそういう機会が来るだろか。
楽器店で流れる鬼頭ブラスDVD。

夜、楽市JAZZ楽団の練習へ。
その前に、好きな蕎麦屋さんで、年越しそばのリハーサル。もうこれで6回目です。年越しそばは命がけだゼ!真剣勝負だゼ!

楽市JAZZ楽団、今日は入門コースのリハーサルでした。うん、みなさんリズム良くなってますね。アドリブも吹けるようになってますね。

アドリブ吹けない人は、講師が書いてあげることになってるようですが、「じゃあ、今からアドリブ回します。録音しておいて人のアイデアをパクって、自分のソロにしてください。」という方法にしておきました。だって、そっちの方が為になるでしょう。

ぼくは書きませーん。

さあ、本番近くなってきました。
チケット手元に有りまーす。
  1. 2013/12/11(水) 17:33:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー熊本6/6

熊本滞在最終日。
まだ一つ予定のあるチューバマンを残して、一人先に熊本アウトです。

旅の総括をホテルのロビーにて。
感動の旅もこれでひと段落。
明日からどうやって頭を切り替えれば良いのか。
その方法、長年やってきてコツを見つけました。

旅先で蓄積したものを、今度は演奏で他のみんなにばら撒くと。

そう考えるようにしてます。
サンキュー熊本!



ANAのタラップが安っちいゼ!
  1. 2013/12/10(火) 17:16:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー熊本5/6


熊本ツアー最終日、空き時間はお土産の物色。といっても、わたしたち、向かう先はいつもスーパーです。

観光客相手のクッキーとかスナック菓子とか、興味ないんですよ。その辺のところわかってらっしゃるの?全国のお土産屋さん。ぷりぷり。

というわけで、スーパーで食材やらなんやら買い込んで。

中学校訪問してきました。

到着すると、出迎えに来てくれた中学生さんがニヤニヤと。

あー、解ります解ります。
どんなのが現れるのか、期待してたんですね。今日はマネージャー2人です。すみません。
いきなりニコニコですからね。やり易いです。
ミニライブまで、どっかーんとやりました。

これで、正真正銘、全てのお仕事終わりました。

そして、早い時間から大打ち上げ!早い時間からスタートしたからといって、早くは終わらないんですよ、世の中。そこんとこ、わかってらっしゃるの?全国の居酒屋さん。
  1. 2013/12/09(月) 18:58:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー熊本4/6

熊本での日程、折り返しました。

今日は高校訪問の後、カフェでのライブです。
熊本で会うヤングの皆様、みんな興味津々で見てくれて、どんどん吸収してくれて、とても楽しい。また会えますように。

ライブ会場の銀羊•舎さんは、オシャレなカフェ。三角屋根は、いかにもユーフォとかチューバウェルカム!という感じです。

到着するなり、美味しいコーヒーとケーキが出てきて、それだけで気持ちもほころんで。

今回のライブのお客さんは、お店の関係の方やお客さんです。つまり、少なくともチューバ吹きではないと。ひょっとして、ライブに来るのも初めてかもしれないと。そんな方たちに向けてのライブです。ということで、公演の内容やボリュームをちょちょちょっと微調整。ちゃんと考えてるんですよ。これでも。だって、いきなりマスク被った知らない人が出てきて、知らない音楽ばかりやるんですからねえ。

まあ、実際にはものすごーく暖かく気持ちの良いライブになりました。

そして、お店の方との打ち上げを、「これ、絶対に地元の人しか行かない。」というような居酒屋で。つまり、大好物なワケです。お腹いっぱい胸いっぱいなのですが、次回の話も出てきて。あー、嬉しい限りですね。

これで、今回の熊本ツアーの演奏の予定は全て終わりました。あぁ、おわっちゃった。
  1. 2013/12/08(日) 18:53:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー熊本3/6

本日の予定は、学校訪問二件。

マネージャーとしての活動です。


午前中は小学校へ。ちびっ子相手に、ちょこっとレッスンのようなことをした後、ミニライブへ。
すなおーな嬉しい反応がバキンバキン帰ってきますね。笑いに包まれました。

そして、サイン責め。
「ね~ユーフォさーん。チューバさーん。サインしてぇ~。」と。


チューバマンが、「なんでチューバマンっていう名前にしたの?」と聞かれると、真面目に「よく、お客さんの前でバンドメンバーの名前紹介してるでしょ?あれってあんまりお客さんの心には残らないんだよね。だから、チューバやってるからチューバマンくらいでいいんだよ。」なんてこと言いますが、現実にそのようなことが起りました。

午後は高校訪問です。
こちらは演奏なく。
吹奏楽部の低音パート、木管もコントラバスもひっくるめてという、珍しいシチュエーションでした。
こちら、吉野さん主導で。この辺りの引き出しの多さはさすがです。

夜は、しくしく泣きながら楽譜仕事。
ようやく片付けました。
  1. 2013/12/07(土) 17:59:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー熊本2/6

熊本滞在2日目。
午前中は、しくしく泣きながらパソコン作業。楽譜のお仕事もってきちゃいました。

そして午後からチューバマンショー始動!
といっても、商店街をぶらぶら歩いて、定食屋さんに入りました。

ここで出てきたトンカツに、変わったタレが着いていて「あ!これ、すごく変わってる!食べてみて食べてみて!」と言ったんですが、それはいわゆる普通のブルドッグソースだったようで、赤っ恥をかきました。ブルドッグソース無いですもん。

その後、今日の本番会場の教会へ。
ここでのライブももう3回目になり、すっかりホーム感ができて、「あ。帰ってきたなあ。」という感覚です。

ピアニスト赤星さんとのリハーサル。
教会のサウンドにも慣れたもので、だーいたい解ってます解ってます。今回は、自分の曲を3曲。一つは新しく楽譜を作りました。

自分のレパートリーは「新曲が増えた。」と言っても、新しく作曲したわけではなく、過去にバンド向けに作ったものを、ピアノ伴奏用に書き直しただけですが。ピアノ伴奏で自分の曲ができるって嬉しい。

チューバマンはチューバマンで、なんと今回はオルガン伴奏の曲を持ってきておりました。教会のオルガン。やるなぁ。それ、いいなあ。

本番、100名を超えるお客様が来てくださり。お子ちゃまもたくさん。ワイワイ盛り上がりました。

打ち上げのこととか、細かく書きませんが、毎日やってます。明日と明後日もきっと。
  1. 2013/12/06(金) 09:00:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー熊本1/6

徹夜で楽譜作ってましたが、肝臓的には「お、休みがきた」と思ってたことでしょう。
ちょうど良いね。

楽譜を発送して、荷造りして、クルマのタイヤ交換して、荷造りして、お風呂入って、荷造りして。

50回くらい「あ、あれ忘れてる」というのを繰り返してようやく出発できました。
その割りにはバルブオイル3つもケースに入ってたりするんですけどね。

プロペラ機でズバーンといくゼ、熊本!
飛行機ってなんであんなに、怒られて乗らないといけないんですかね。もうちょっとアメリカみたいにならないですかね。

熊本空港で、ピアニスト赤星さんと感動の再会。またお世話になります。

チューバマンは今回は新幹線移動ということで、熊本駅にピックアップに行きました。

本日の予定は、テレビ収録とプライベートパーティでの演奏。

いきなりテレビ収録なんて、なんて濃い。

熊本の人なら誰でもしっているというK&Kというタレント2人組みさんと商店街で絡みました。
自分でいうのもなんだけど、チューバマンショー、テレビもへっちゃらになりました。
主にチューバマンがですが、おしゃべりも上手になりました。

商店街での演奏の後は、徒歩で移動して、とあるプライベートパーティの会場へ。
お食事とワインを楽しんでいるマダムの会でした。
マダム向けの引き出しなんて何ひとつ持っていないので、普段のチューバマンショーをズバンとやってきました。
ぜったい、何がなんだか解らないはずなのに、楽しんでいただけました。
ありがたやありがたや。

この様子もテレビ収録されました。

来年、1月7日(火)夕方にオンエアがあるそうです。熊本で。見たいなあ。
  1. 2013/12/05(木) 10:56:06|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

熊本にもっていきたくない

明後日からのチューバマンショー熊本6デイズ。

楽しみにしてるんですが、その前に片付けないといけない楽譜仕事があり、それをバババッと片付けることに。
というと聞こえが良いんですが、要するに「ギリギリまでやっていなかった。」ということですわ。

サックス2本、トロンボーン、ユーフォ、チューバの変則カルテット「Five Bells」今年もやりまっせー。

去年は、「くるみ割り人形」をやったんですが、今年は「アルルの女」です。

どクラシックなんですが、「ビゼーというおとっつぁんって今の世に産まれてたら、きっとポップス作品とか映画音楽たくさん産み出してたな。」というくらい、いろんなことがポップス。

ビゼーのとっつぁんのポップス要素、しっかり分析して体に取り込みました。

しっかし、遠征の前日に徹夜作業になるとは。そして、QPコーワゴールドがこんなに役に立つとは。

  1. 2013/12/04(水) 10:31:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鬼頭ブラスワークショップ

間近に迫ってきた鬼頭ブラスの公演、今回は大ホールです。
いろいろといつもと違うところがありますが、なんといっても、今回の目玉は、一般の方との共演。

もう募集は締め切られましたが、40名近い方の応募がありました。

いっしょにステージに立ちましょう。ということで、本日はその顔合わせとリハーサル。
リハーサルと言ってもね、楽譜を一生懸命読むような練習ではなく、普段、鬼頭ブラスがどんなライブをやっているか、というようなことを解ってもらうような仕掛け満載のワークショップでした。

集まった一般の参加者のみなさん、ものすごーく良くて。
実は、こういうことをやると、腕自慢みたいな人が集まってきて、技術の披露大会みたいになるのではないかと思ってたのですが、みなさん違いました。

楽器演奏に唄があって。
「そうそう!そういうことなんだけど、それで良いんだけど、あれ?初めからそんなに手放しで飛び込んできてくれるの?普通、もっと自分を防御しない?あれ?壁がない!わーい!」という感じで、あれよあれよという間に勢いのある唄ができあがりました。

そっかー。こういうことって起こるんだな。本番、ものすごく良いものになることが見えました。
ものすごく良い打ち上げ会場も決めてきました。
ああ、こりゃ楽しみ!

見に来てね。

【日時】2013年12月14日(土)
オープンリハーサル 12:30~14:00
コンサート 14:30open / 15:00start

【料金】前売り:一般 ¥1,800 / 学生(高校生以下) ¥1,200
当日:一般 ¥2,000 / 学生(高校生以下) ¥1,500 
※未就学児童無料
オープン リハーサル 見学 (一般・学生ともに)¥500

【出演】KABB!
【会場】あま市 文化の杜 美和文化会館 大ホール
愛知県あま市花正地先1-1 tel:052-449-1114    
アクセス:名鉄津島線「木田」駅より北へ徒歩約15分 無料駐車場アリ
☆ 木田駅より 無料シャトルバス 運行決定 !
<発着場> 木田駅南口ロータリー⇔あま市文化の杜バス駐車場
往路:木田駅南口ロータリー 発 13:30/13:45/14:00/14:15(最終)
復路:あま市文化の杜バス駐車場 発 17:15/17:30/17:45/18:00(最終)
※道路状況により遅延する場合があります。

【備考】
コンサート『tapis de rire』では、KITO,Akira Brass Band!といっしょに演奏する メンバーを募集します。「管楽器・打楽器」に限らず、ギター、キーボード等なんでもOK。部活やバンドで現役バリバリの人も しばらく楽器から遠ざかっていた人も、年齢性別も問いません。みんなでいっしょに演奏しよう!
★ 本番に先立ち12月3日(火)と14日(土)本番当日に「ワークショップ&リハーサル」を同会場にて行います。

<オープン リハーサルって?>
コンサートで「いっしょに演奏しよう!」という今回の企画。コンサートを観るだけじゃ物足りない、KABB!で演奏してみたい、そんなみなさん、KABB!の曲をコンサートでいっしょに演奏しよう。
  1. 2013/12/03(火) 10:14:07|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ラジオ出演から岡崎サテンドール

昼間、地元のコミュニティFMに出演。鬼頭ブラスのホール公演の宣伝をさせていただきました。
反響あるかしら。鬼頭ブラスの「俺の部屋」が海部津島地区に鳴り響きました。

夜は、岡崎のジャズバー、サテンドールへ。

とある方の企画で「ユーフォニアムでバンドに参加して欲しい」とのお声かけをいただいてました。
こんな幸せなことないですよ。トロンボーンも吹きますけどね。ジャズバンドやるときは、トロンボーンのほうが多いですけどね。やっぱりアイデンティティの大元はこちらにあるわけで。しかも、人に誘ってもらうなんて。

メンバーは、トロンボーン、ユーフォ、ピアノ、ベース、ドラムという構成。初めての顔ぶれということで、ものすごーく緊張しましたが、リハをやっていて「どうやら怒られることはなさそうだ。」というのが解るとちょっとずつリラックスできました。みんな音が綺麗だな。すごいな。

曲は、いわゆるジャズスタンダードを中心に。こういうのも久しぶり。トロンボーンの西山さんのアレンジを主に。

終演後、これまたありがたいことに、次の機会がきまりました。
「オリジナル持ってきてよ。なんか、こう、こ難しいことやらずに、音楽楽しみましょうよ。」みたいなことも言われて。
2014年2月17日(月)は岡崎サテンドールです。
  1. 2013/12/02(月) 10:02:48|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ