GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

平日の午前中から

会社に勤めていない特権を活かして、平日の午前中から神社にお参りに行きましたら、同じようなミュージシャンに会いました。はっはっは。そうでしょうそうでしょう。

午後の早いうちから写真館に行ったらば、スタッフの皆さん暇だったようで、よってたかって相手してくれました。はっはっは。そうでしょうそうでしょう。

最近ね。自分で「休みの日」というのを作ってみても良いのではなかろうかと思っているのです。外で演奏とかのお仕事してなくても、家では楽譜やら何やら、何かしらのお仕事をしているのですが、そういうのもヤメにして。
だって、お店に電話したら「今、営業時間外ですのでかけ直してください。」とか「今日はやってません。また来てください。」とか平気で言うじゃないですか。

できるだろかできるだろか。
とシミュレーションしてみたけど、「今日休みだから電話に出れません。」とか言ってたら演奏の仕事来なくなるな、こりゃ。

たいへん。今更こんなこと言っててすみません。
  1. 2013/10/31(木) 10:18:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

吹奏楽リハーサル

家の近所のお米屋さんに、酒屋さんに、果物屋さんに、薬局に年末の公演のチラシを置いてもらいに。ああ、こんな日が来るとは。ああ、中華料理屋さんにも置いてもらわなきゃ。

夜は安城まで吹奏楽のリハーサルへ。
練習あと2回ですって。

今までは、「ハイ、ここよろしく!」と合図を出しても、思った楽器がそこにいなかったりして、トンチンカンなことをしていましたが、ようやく、この配置にも慣れてきました。
  1. 2013/10/30(水) 21:10:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽市JAZZ楽団練習


初級者コースのリハーサルへ。今期、まだ2回目でした。なかなか行けずすみません。

そもそも、ビッグバンドで吹くには何が違うか。という話からですみません。でも、去年より確実に層も暑くレベルアップしてますねー。
今期から学校訪問演奏もしています。

ジャズフェスは、来年2月2日(日)です。
  1. 2013/10/29(火) 21:09:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

紙芝居音楽

とある紙芝居屋さん(あの人しかいませんが、「うーん。ボツ」とか言われるかもしれないので、まだ伏せておこくかな。)から、公演に使う音楽の制作の依頼をいただいてまして、作曲から音源制作をすることに。

久しぶりのキューベース!(いわゆる、生音に近いパソコン音源を作るソフト)

昔々のお話ということで、ズバリ、日本昔ばなしの音楽を研究してました。

テレビにしても、きっと映画にしても、難しいのは、役者さんや語り手さんよりめだっちゃダメと。あくまで引き立てつつ、あとで思い出してみると、なんか音楽も良かったな。と思えるような。そうすると、映画のサントラなんてホントに合理的にできてますね。合理的。

しかし、顔が見えてるというのは楽なもんで「こんな間合いで喋るのかな。こんな長さかな。」なんて考えながら楽しくできました。主役にならない音楽。
  1. 2013/10/28(月) 09:17:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

てるてる家族豊橋公演

青空楽団てるてる家族豊橋公演は、もともとこちらが先に決まっていたのですが、これまた富安さんの馴染みの女性がやっている雑貨屋さんの開店35周年記念のお祝いコンサートです。

会場は、由緒ある神社の建物の中の大広間。結婚式やなんかで宴会ゆるような場所でしょうか?


持ち込み機材のセッティングして、サウンドチェックして。

お客さんは、子供連れの家族と、お年寄り。

昼の公演は、お昼ご飯をがっつり食べた後なので「うー、眠い。お腹いっぱい。」とか言いながらステージに向かったのです。ま、ステージに登ってしまえばそんなこと吹っ飛びますけどね。本番のテンションってなんでもかんでも吹っ飛ぶからすごいねえ。

しっとりからちゃんちきまで、楽しく盛り上がり終演後、みなさん雑貨屋さん覗きに行く中、ぼくは一人先に離脱。

市電と電車を乗り継いで帰りました。

そうそう、今回はチューバを運ぶのに、いつもの風呂敷でなく、亀山先生にいただいたチューバのケースを使いましたが、さすが!ケース!風呂敷とは安心感が違いますね。

さてさてドタバタの5日間7公演、無事に終わりました。皆様、ありがとうございました。
  1. 2013/10/27(日) 17:48:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー小学校公演から豊橋


京丹波町、和知小学校にて、チューバマンショー公演。

実は、昨日の車の中で「あ、いろいろ準備してた割りにはチューバマンショーの楽譜忘れちゃった!しまった!」と思っていたのですが、「まあ、なんとかなるでしょう。」とも思っていたのです。

一度、マスク忘れちゃって、偶然持ってた古いマスクでなんとかしたことありますけどね。楽譜は、まあ、無くても大丈夫でしょう。

小学校に入って、ババっと打ち合わせして、さあ本番。

まあ、楽譜は無くても大丈夫でした。その分、自由に立ち回って。

いろいろなスタイルの曲を演奏する、世界旅行から始まり、金管バンドとの共演、子供達とのリズム遊びと、盛りだくさん。
担当の方からの「こんなに盛り上がった小学校公演は見たことない」とのお言葉をいただきました。

午前中のコンサート。終演後、チューバマンとお昼ご飯でも食べて。といきたいところですが、夕方からは愛知県豊橋市にいないといけないので、丹波の黒枝豆だけ買ってすぐに帰りました。あぁ、今度来るときはもうちょっとゆっくり来たいな。

帰り道は、行きよりも随分とショートカットができました。昨日は、雨の影響で通行止めになっていた高速があって、それを迂回してたんですねー。

というわけで、また帰宅する余裕がありました。

今度は、チューバとトロンボーンを持って、電車に乗り、愛知県のあっちの端っこの(ぼくの住んでるところは、愛知県のこっちの端っこ)豊橋市へ。

ボーカリスト富安秀行さんリーダーの青空楽団てるてる家族、今晩と明日の2公演です。

駅で富安さんにピックアップしてもらう。
豊橋で生まれ育った富安さん。

故郷に帰ると、人って雰囲気変わるのかな。なんだかいつもと違う感じ。丸い柔らかいものが出てる。

今晩のライブ会場、居酒屋あんくるとむは、3年ぶり。
前回、史上最高(史上最悪?)公演後に4点の忘れ物をして、いろんな人に迷惑をかけたことで有名なお店です。すんません。



たくさんのお客さんに来ていただけました。ほとんどが富安さんの幼なじみだってりして「あそこの誰々ちゃんが、今、どうなった」とかそんな話で盛り上がっておりましたが、そういうのは、はたで聞いてても楽しいですね。

終演後、ようやくホッと一息。
早めの就寝となりました。
  1. 2013/10/26(土) 17:37:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ショッピングセンターからデキシーランド

桑名市にあるショッピングモールでの演奏。

もう、こういう機会もめっきり少なくなってしまったのですが。ピアニストさんが、今の音楽情報をずっとキャッチしている人で、今、どの年代にどんな曲がウケるのかなど、的確に教えてくれるのです。楽譜まで用意してくれるのです。勉強になります。

30分のステージを、昼ごはん休憩を挟んで2回。あっという間に終わりました。

実は、昨日の昼間の段階で、
•桑名市ショッピングモール(ピアノとデュオ)
•地元エビスカフェ(デキシーバンド)
•京都小学校(チューバマンショー)
•愛知県豊橋市(てるてる家族)

という4箇所、5公演の用意をして、クルマに詰め込んでおいたのです。渋滞とか、大雨の影響とかで、家に帰れないことを考慮して。

でも、一度帰宅して、要らないものを降ろす時間ありました。これでちょっとスッキリ。

夕方からは、地元エビスカフェにて、新しく立ち上げたデキシーバンドのライブ。

会場に着いたら、駐車場がものすごい混雑。今までユニクロだったところが、GUになっていて、それが今日オープンですって。こりゃまあ大変。

なんとかクルマ止めて、リハーサル。曲数、18曲もあったのですが、これがまあ、楽しく効率的にサクサクと進み。

本番前、どんどんお客さんが入ってきました。今までに無いくらい、見知らぬお客さんが次々と。あぁ、ようやく地元の方々に認知されてきたのかなあ。嬉しいなあ。

本番、おしゃべり交えながら楽しく。メンバーの中には、ぼくが普通にビッグバンドで演奏している姿しか知らない人もいたので、こんなに喋るのに、驚いたのではなかろうか。

懐かしい曲を軽快なリズムに乗せるって、すごくいいですね。

懐かしい曲を、じっくりしっとり。というのより、聞き手の捉え方が自由になる気がするなあ。

バンジョーを持ったボーカリスト、みつひろかつとしさんのステージングも選曲もバッチリで。

ライブ終了後、メンバーから「なんか。予想していたよりも、ずっとスムーズに上手くいったね。楽しかった。」と言われ。「うんうん。なんだかぼくも、同じ感想。」なんて話してたのです。

曲や楽譜がシンプル。ということは有るのですが、それ以上に、各メンバーが役割をわきまえていて、出し入れをしっかりしていたんだと思う。

あぁ、これは、またすぐに次の機会を作らなきゃな。

毎月、月イチでやってきた、エビスライブですが、お店と相談してちょっとペースダウンすることにしました。隔月。うん、これはいい結果に繋がると思う。

帰宅して、また要らない荷物を降ろして、京都へ向けて出発。

明日のチューバマンショー京都公演の前ノリです。

京都と言っても、ちょっと遠いよ。とは言われていましたが、実際に調べてみると、自分のよく知ってる、ザ•京都からさらに100キロも離れてました。

京丹波町。

「京都かー。うちから150キロ。23:00に家を出て、24:30には着くかな。ちょっと居酒屋でも行くかな。」なんて思ってたのですが、ナビに「なにそれ。あなた。250キロよ。言っておくけど午前3:00到着よ。」と言われ、泣きました。

まさかなあ、京都なのに、大阪通って、神戸通ってから京都とはなあ。

2:00に宿に到着。居酒屋などあるはずもなく、空いているはずもなく、大人しく寝ました。
  1. 2013/10/25(金) 17:20:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大福大爆発(エクスプロージョン)

昨年レコードをリリースした、ベーシスト、熊坂義人さんのプロジェクト「大福」ですが、大爆発(エクスプロージョン)となって帰ってきました。
ぼくは昨日に引き続き、今池トクゾーにてライブです。
前日、富山でライブがあったご一行、「エクスプロージョンなんて名前つけて、クルマ爆発とかしないといいけどな。」なんて思いましたが、それはこの夏の僕のことでした。

ご一行、ドタバタとやってきて、ドタバタと準備して、ドタバタとリハーサルやって。

対バンの松石ゲルさんのステージに大爆笑した後に、大福大爆発だったのです。

大爆発は、台風のようにやってきて、台風のように終わって台風のように去って行きました。
  1. 2013/10/24(木) 03:00:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワッキーオーケストラ

プロデューサーのワッキーさんから「あたしの好きな人だけ集めてライブをやりたい」と、嬉しいお誘いを頂いてから、長い間準備を重ねてきて、ついに本番当日です。
お昼ご飯に蕎麦を食べながら「あっ!蕎麦じゃ、今日の本番乗り切れない!」と思いだしたのですが、膨れたお腹はリセットできず。でがけに、駅近くの八百屋さんで、バナナを買い込みました。
会場に入って、バナナ4本食べて準備万端。集まってくるメンバーの顔見まして「うんうん。大丈夫。」と確信できたのです。

ポイントだけ抑えたリハーサルやりまして。MCで特別参加の今池バイオレットさんも加わりまして。MCって大事だなあ。音楽には無い、言葉で直接場をコントロールする力。

リハーサル終えて、街をぶらり。
夜の空気を吸って心落ち着けて。
ではなくて、会場にいると、「ねえねえ。ここのこの部分、やっぱりこうしない?ねえねえ、ここの部分、なんだっけ?」とかメンバーから質問されると思ったので、逃げたのです。
バンマスがいなくなることによって、バンドに自由を与えたのです。

本番始まり、初めは楽譜通りに進行しておりました。が、固かったんですね。ベースの石垣さんが、その空気を察して、ぶち壊しにかかってくれました。メンバーの力量とさじ加減と。そんなの分かってくれた上で。あぁ、愛だ。この破壊は愛だ。と思ったのです。

その後は、「どれだけ楽譜から離れれるか。離れるためにはどうするか。」という方向へバンド一丸となって向かったのでした。

楽譜を準備した当人からしても、「そんなものぶっ壊した方が面白い」となったのは、ビミョーといえばビミョーなのですが、結局、そんなもんなんです。譜面って。そういうメンバーが集まっていればの話ですが。

あぁ、これはこの企画だけで終わらせるのはもったいないな。もう一度やりたいな。
  1. 2013/10/23(水) 02:59:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ミソガンボリハーサル



今週末にライブを控えている、デキシーランドミュージックバンド「ミソガンボ」のリハーサルを自宅にて。

ミソガンボという名前での活動は、もう7~8年前からやっていますが、メンバー入れ替わり立ち替わり。
ボーカルのみつひろさんを迎えて、新しい時期に入りました。

いろんなことが、このバンドの追い風になっています。これは、いま、キてるなと。そういう実感あります。

やったろうでないの。
みつひろかつとし(ボーカル&バンジョー)
瀬利優彰(クラリネット)
新玉真士(トランペット)
西山友望(トロンボーン)
照喜名俊典(チューバ)
神谷友一郎(ドラム)

の6人でライブに臨みます。
題材の音楽は古いですが、やってる内容などれもこれも、新鮮です。
  1. 2013/10/22(火) 00:18:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小学校公演

岐阜県の大垣市にある小学校にて、音楽鑑賞会。

午前中の公演ということで、朝早くから動いてます。昨日の晩に、機材関係はクルマに積み込みました。


学校に着いて、機材の搬入して、、みっちりリハーサルして。
みっちりやりすぎて、トイレに行く暇も逃してしまった。ぼくだけでなく、他の出演者さんも。
あぁ、申し訳ないことしたなあ。

この辺りのさじ加減て、いつまでたっても上手にならないです。反省。

公演はピアノ伴奏でのソロ、楽器紹介、楽器体験、ユーフォニアムデュオ、生徒さんとの協演など。楽しくやらせていただきました。
公演後は、教室で生徒さんと一緒に給食たべて。ソフト麺って、だいぶ様子が変わったんですね。こりゃ、ほんとに普通のうどんですわ。牛乳は、お腹を壊すので、残しました。生徒さん、ごめんなさい。

夜は、名古屋市内にて打ち上げ。ああ、こうやって飲みに出るのも久しぶりだな。
  1. 2013/10/21(月) 23:52:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

瀬戸内アートフェスティバル2/2

朝ごはんをわわっと食べて、午前中から本番会場の小学校の体育館でリハーサル。


今回のプロジェクトは、総勢32名のバリチュー。海をテーマに新しく作曲された楽曲を中心に演奏します。

演奏するのは、28名の地元の演奏家のみなさんと、愛知県立芸大を代表しての4人の合計32人。

地元メンバーの中には、チューバマンショーでお世話になったり共演させていただいた方もたくさん。嬉しい再会です。さらに、久々に会った大学の後輩も。

リハーサルは滞りなく進み、軽く昼ごはん食べて、本番へ。

アートフェスティバルの一環としてのコンサート。おそらく、ユーフォもチューバも知らないような、どちらかというと、音楽よりも美術に興味があると思わらるような人がお客さん。

演奏されるのは、所謂、実験的なとか前衛的な内容で。なんというか、音楽を聴きにきた。という人よりも純粋に場を楽しんでもらえていたような気がします。目をつぶって空気や床が震えているのを感じ取ろうとしていたり。音楽をやってると、そこから理論や理屈を探してしまうからなあ。

40分ほどでしたが、素晴らしい内容のコンサートでした。
また参加できる機会があれば、ぜひ関わりたい。

午後3時に全ての予定が終わり、あとは帰るだけ。

からがハプニングだらけ。

乗る予定だったフェリーが手違いでクルマ載せられず、1時間後の便へ。

高速に乗ったあと立ち寄った淡路サービスエリアで、複雑な道路を間違えて進んで逆進路、再び香川県方面へ入ってしまい、一時高速を降りてUターンすることに。(ぼくの運転)

その後、運転変わって寝ていて、ハッと起きたら、志津さんを降ろすはずの京都を越えて滋賀県でした。

運転席と助手席のチューバの2人はおしゃべりに夢中。

慌ててこれまた高速降りて、最寄り駅で志津さん降ろして。

いやー。旅っていいですねえ。

お世話になりました皆様、ありがとうございました!
  1. 2013/10/20(日) 00:08:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

瀬戸内アートフェスティバル1/2

朝6時に自宅を出発。2年ぶりの香川県女木島を目指します。

瀬戸内の島々で開催されているアートフェスティバルに、出身大学の作曲の先生のプロジェクトに参加します。

大学の卒業生チームとしてピックアップされた4人。
照喜名俊典(ユーフォニアム)
志津妙子(ユーフォニアム)
土井麻里子(チューバ)
高橋勇佑(チューバ)

普段もうすっかり大学と関わりが無くなってしまっているのですが、こういうの、素直に嬉しいです。

チューバの2人が、自宅に来てくれて、京都で志津さんピックアップして。

渋滞にハマりつつ、6時間かけて香川県高松市へ。

そこで、まずはうどん。
「うどん屋には心当たりありますから。」と引率の高橋くんに着いて行きました。

「チューバの人の食べるペースに巻き込まれないよう。チューバの人の半分、半分。」を心がけて。

その後、スーパーでわっと買い物をしてフェリーで島へ。



海沿いの家は、石垣で囲まれていて、違う国みたい。


島にある大学の施設「女木ハウス」にてリハーサル。


その後、大学の宿舎にて作曲家の先生と若き作曲家の皆さんと合流。

合宿状態で、ワイワイと楽しくおしゃべりしながら飲んだり食べたり。美術の先生もいらっしゃってて、それはそれは楽しい時間でした。

ひとしきり盛り上がったのち、若者だけで海岸へ。

桟橋ではしゃいでいた高橋くん、iPhoneをポケットに入れたまま、海に転落。

昼間に「ケースなんてつけないのが、一番スタイリッシュ」と話していた後のことでした。

そういえば、数年前、目の前で買ったばかりのiPhoneを酔っ払って落として画面割っていたのも高橋くんだったなあ。
  1. 2013/10/19(土) 23:49:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽譜3/3

構想の段階や、練りに練ってる段階を含めると全然3/3では無いですが、集中的な作業がこのくらい。

なんと、楽譜のゴールが見えてから、ラジオでニュースを聴きながら作業ができました。いぇーい。楽譜仕事しながら世の中のこともちょっと解るぜ。

昼間からレッドブル飲んで、うっかりうたた寝してしまったり。でも頭は起きている気がしたり。

わーっとなんだかわけわからない感じで頭が冴えている状態で、安城市吹の練習に行ってきました。
なんだか変な感じだったね。と言われました。メリハリつけられずすみません。
  1. 2013/10/18(金) 22:30:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽譜2/3

まだまだアレンジ作業中。

短い曲を伸ばすので、構成を一生懸命考えなければならず、この作業に一番時間がかかります。つまり、シミュレーション。「あ、これは成立しないかも。」と思ったら捨てて次のアイデアを練ると。

どうも、最近、ソウルとかファンクとかのホーンセクションのお仕事が多く、そちらの音楽を集中的に聴いていたので、気を抜くと、アフロヘアーのにいちゃんが出てきます。

「いや、演奏するのは、高校生だから。ちょっと引っ込んでて!」と抑え込むのですが、結局、今のぼくは、何をしてもそちらの方面に向くようで、「まぁ、いっかー!出ておいでー。」と、みんな呼び出しました。

不思議な曲になっているかもしれない。

高校生に「なんでここJB'sなんすか?」とか言われたい。

「最近のあたいの私生活がファンキーだったからよ。」と答えたい。
  1. 2013/10/17(木) 22:23:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽譜1/3

チューバマンショーの楽曲を、吹奏楽バックのチューバマンショーソロに書き換えてます。

今までも、
•3楽章コンチェルト
•ポップス
•アンコール曲

と、鉄壁の3重の壁を用意して構えていたんですが、
「もう一曲、なんかないっすか?」とのリクエストに「人の曲やるのもなんなんで。」と、もう一つ作ることにしました。

2声の1分半の曲を30人くらいで、5分かけてできるようにすると、こういう作業です。

もともと、リズムとかハーモニーとか、何人分かのお仕事を2人でやっているので、「他のパート」というのは基本的に見えてます。

でも、2本だから凝りに凝ってるという部分もあり。

あとで、「あり?このベースライン、どういう意味だろ?なにを意図してたんだっけ?」と謎解きを自分でする場面もあり、それはそれで楽しいのです。

いきなり寒くなりました。
生姜をすって、梅昆布茶に入れて、一晩中飲みます。
  1. 2013/10/16(水) 22:16:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

防災の観点から

基本的にパソコンに向かってボソボソと作業をしておりました。

そうすると、ちょっとずつストレスが溜まっていくようで。
そんなものは、顔を洗って洗い流すようにしておりますが、それでも蓄積があるようです。

「あー。もう今日の作業おしまい!」とか投げ出そうかと思ったのですが、そんな中、自宅でリハがありました。
デキシージャズのライブのリハです。

集まったメンバーに「あぁ、あなたこんなの好きだよね。好きそうだよね。普通4ビート行きたがるけど、あなた行かないよね。」なんて言われ。

「うん。そう言われてみるとそうかもしれない。」なんて思ったのです。

さらに「うんうん。無理せず、好きな音楽やるのが一番だよね。」なんて言われて、そういえば、パソコン作業のストレスが吹っ飛んでいるのに気づいたのでした。

実は台風が向かってきている嵐の中のリハ中、5分ほど停電したのでした。
演奏してたら、いきなり真っ暗になって。

後で確認したら、割と広い地域で停電してたみたいです。

http://teiden.chuden.jp/p/office/121.html
(こんな情報いつまで残ってるか知りませんが。)

真っ暗になって。一瞬「ん?」という空気になったのですが、誰も演奏止まらない。

誰も楽譜も何も見えてないのですが、誰も演奏止まらない。間違えもしない。
音楽を最後まで終わらせるための、ものすごい集中力で「他の事は二の次、三の次」といった雰囲気でした。

で、曲を終えて「ふぅー。これ、停電ですよねえ。ちょっと外見てきます。」と席を立つと復旧しました。

これは、どうなのだろう。
別に停電に慣れているというわけではなく、むしろ、何年ぶりかの経験なのですが。

これは、どうなのだろう。うーむ、これはどうするべきだったのだろう。
  1. 2013/10/15(火) 02:24:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ノナゴンから楽市ジャズ楽団

朝早く、豊田市美術館入り。

エキストラとしてお声をかけていただいていた、ジャズ9重奏「ノナゴン」で美術館で演奏します。
ぼくもねー。帰国してすぐは、こういうことやろうとしたことが有ったのだけど、ぜんぜんプレイヤーを知らなかったから出来なかった。こんなことを出来ている人たちが、うらやましい。

演奏者の他に、作曲&アレンジャーさんが居て、その方が楽譜を作っていると。
楽譜を貰った段階で「ああ、なんて愛情のこもった楽譜だろう。」と感じてました。
愛情の篭った楽譜を見ると、やっぱり愛情を持って準備することになります。

当日、初めて会った人もたくさんいましたが、その時点で「ああ、この人たち幸せなプロジェクトやってるなー。」なんて思ってました。

午前中にリハやって、駆け足で美術館一回りして。あんまり駆け足で回るもんじゃないですね。

美術館の中の小ホール。ほぼ満員のお客さんを前に、全力でアンサンブル。ビッグバンドっとはまた違った優しい感じ。ああやっぱり楽しいなあ。なんて思いながら吹いてました。

今回は、エキストラが数人入ってたのですが、終演後、別のエキストラさんといじけてました。
「みんな、うらやましいね。」なんて。

別れを惜しみつつ、開場を後に。駐車場でお客さんに声をかけられました。

「アンケートにも書いたけど、あんた!良かったよ!プロでもいけるよ!」という褒められ方をしました。
そう言いたくなる気持ち、自分でもよくわかるわー。もう自分やってて長いので。

夜は岐阜へ移動して、楽市ジャズ楽団の指導へ。
こんなんで指導なんかして、ほんとすみません。
  1. 2013/10/14(月) 22:52:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

吹奏楽から吹奏楽

午前中から安城の吹奏楽団の指導。

え?ジャンベないの?うちにありますけど。
え?アコーディオン探してたの?うちにありますけど。

某、鉄道系吹奏楽団さんが、パーカッションとして、線路の一部を所有していたのには笑いましたが。

何でもとりあえず聞いてみてください。
誰かが置いていったチューバとかもあります。

午前中でお仕事終えて帰宅して、昼寝して、楽譜モード!
さあ、こんどは、12月に宮崎で。チューバマンショーの伴奏してもらう楽譜を作ります。

3曲やるんですぜ。オリジナルポップスを。
  1. 2013/10/13(日) 22:45:06|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

デキシージャズから吹奏楽

とあるプライベートパーティでデキシーランドバンドの本番。
なにせプライベートパーティなので、詳細は言えないのですが、大先輩方と、ぼくも含めた、大新参者との暖かくも緊張感のある出会いの場になったのであります。

デキシージャズの大先輩の「あーん!これが!これが人生をかけてやってきた人の演奏だ!」とシビれつつ、大新参者チームも「ぼくらだって全部吸収しちゃうよ!」とドバッとスポンジを拡げたのであります。

普段、こういう場にいると緊張してしまってあまり喋れなくなってしまうのですが、今日に限っては、いろいろと聞きたいことが優先してました。







いや、素晴らしい本番を経験させていただきました。

一度帰宅して、準備し直して、吹奏楽団の指導に安城市へ。

もうスタートラインには立てたので、ここからが面白いところですね。

明日の朝もそのまま。

ということで、団長さん宅にお世話になりました。去年のコンサートのビデオとか見せてもらって。さらに気持ちに火がついたのであります。
  1. 2013/10/12(土) 00:39:02|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小学校公演リハーサル

ピアニストさん宅へ、小学校公演のリハーサルに。

とあるレストランで毎月やっていた、このピアニストさんとの演奏の機会がなくなってから、早、数年経ちます。
BGM演奏だったのに、毎回、固定のお客さんが来てくれて、席を指定して予約してくれるお客さんまでいて大盛り上がりで、それはそれは楽しかったのです。

その後、ぼくはすっかり流行の音楽を追わなくなってしまったのです。
でも、ピアニストさんは、しっかりリサーチしてるのです。

「小学校公演なんですけど。」と相談すると「今の小学生には、これ。」と答えが返ってくるのです。
ありがたやー。

本番は、残念ながら公開ではないので、予定アップできませんが「こういう視点も必要」というのをこういうところでやっています。
  1. 2013/10/11(金) 23:59:22|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昨日の先生は今日の患者

昨日の晩、大きな声(でもないけど)で長い間喋った結果、朝起きたら声がオトコイワキみたいになってました。

ちょうど、呼吸器内科に定期健診を受けにいってきました。もう、すっかりと良くなってたはずなんだけどね。
風邪引いてますからね。すみません。


帰宅後、なんやかんやしておりましたら、家の近くから祭囃子が聞こえてきて。
囃子っていうのかな?太鼓とあたり鐘だけです。

覗きに行ってみたら、お祭りの練習してました。

ぼくが生まれ育ったのは、地域のお祭りが残っていないところだったので、近所の子供たちがわらわらと出てきて、大きい子が小さい子に太鼓を教えている様子が新鮮で。まあ、太鼓とか、力まかせにぶっ叩いてるんですけどね。
大人もそれを嬉しそうに見ている。

引っ越してから3年目に入りましたが、お祭りの時期ってやっぱり忙しいことが多くて。
これに飛び込んでいける日はくるだろか。


太鼓にこんな札?が下がってました。子供たち、これ見て「ああ。こうだったこうだった。」とかやってるんですぜ。西洋の楽譜より明確で、なによりカッコいいじゃないですか。
  1. 2013/10/10(木) 23:02:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

学校公演から

朝早く起きる。

岐阜で楽市JAZZ楽団の小学校公演があるのですが、台風が近づいてきていて。

最近は強風の注意報だけでも、休みになるそうですね。

それの、中止の場合は、連絡が来ると。決行の場合は、早く家を出ないといけないので、早めの準備を。

ところが、早く起きすぎて、まだ時間に余裕があり、二度寝したいのだけど、寝過ごすと怖い。ということで、床でちょっと寝てました。

起きたら!喉がイガイガしてました。
季節の変わり目の不注意というやつですね。ザ•不注意。

どうやら大丈夫そうだということで、家を出て、岐阜市の会場に入り。
だんだん雨脚が強くなっていきますが、まだ雨だけなら中止にならないということです。

リハーサル無事に終わり、午前中の本番無事に終えました。

楽市JAZZ楽団は、岐阜の市民ビッグバンドですが、メンバーの中に、自分の子供がかの学校に通っているという人が居て。良かったなあ。かっこいいところ見せれましたね。

その後、お仕事一つはさみーの、夜は安城市で吹奏楽団の指導。

夜10時に安城市を出て帰宅。

いつの間にか高速道路の選択肢が増えていて、いつもは使ったことのないルートで帰ってみました。

こらが、海沿いの高速道路で、名古屋市が遠くにキラキラと見えて。今日の疲れも吹っ飛んだ!と、思ったら、高速料金高く、さらに高速降りてからも家まで遠かったのでした。
  1. 2013/10/09(水) 10:21:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワッキーオーケストラリハーサル


楽譜の準備をしてきました、ワッキーオーケストラのリハーサル。

10月23(水)18:30open 19:30start 
WACKY ORCHESTRA Presents Vol.1”
「FUNK!FUNK!FUNK!」@今池トクゾー

小埜涼子(sax)石渡岬(tp)照喜名俊典(tb)臼井康浩(g)
竜巻太郎(ds)石垣篤友(b)内海智香(vo)

という、自称今池最強メンバーでファンク曲をやるライブです。
楽譜は作ったんだけど、これのディレクションとかまとめるの大変だなー。やりたくないなー。なんて思ってましたが、結局、やるハメに。まぁ、そりゃあそうですわなあ。

演奏だけならまだ気が楽なんですけどね。ソロの順番指示したり、曲の構成考えるのって、全く違う能力だからなあ。。。

と、割と大変なことになるのがある程度予想できていたので、家を出る前にしっかりご飯食べました。

スタジオ着いて、バンドまとめながらリハーサル。これが、皆さん、暖かく協力してくださいまして、アイデアなんか出してくれて、ほんとに助かったのです。

にしても、リハーサル途中でお腹空いてしまい。
休憩中に牛丼食べるという、前代未聞のことやりました。あぁ、頭使ってるんだなあ。(気を遣ってるのかも。)

皆さんの協力のおかげで、いろんな懸案事項がすんなりと解決しました。

良かった良かった。

本場、すごいことになりそうです。
  1. 2013/10/08(火) 02:02:35|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハナタレが

鼻水が出るので、そこいらに転がっていた鼻炎のクスリを飲んでみたら、眠くて一日何もできなかったという。

おそるべし、鼻炎のクスリ。でも、普段、こんなに鼻水だけ出るということがない(風邪は喉から、黄色のベンザタイプ。)ので、なんだか嬉しいョ。

かろうじて買い物に出かけましたら、お世話になっている名古屋のカフェのお2人が。
近所に越してきたというハナシだけ聞いて、もう数年経つのかな?

「名古屋は東に東に発達しているので、西側は静かで安くていーよー。」といろんな人に勧めています。
今後も大型スーパーとかできませんように。



夜、とある、プライベートパーティで演奏するデキシーバンドのリハーサル。チューバを吹きます。
他のメンバーは、錚々たる名古屋の先輩ミュージシャンです。


話は飛びますが、今月25日(金)に地元のエビスカフェでライブを行います。
今回は、ニューオーリンズの古いスタイルの形態のジャズバンド。デキシーランドジャズバンド。

元々この日に開催される、とあるお祭りで、練り歩きのお仕事をいただいていたので、(この時点では、管楽器4人とドラムのインスト5人の)メンバー抑えておいたのですが、そのお仕事が流れてしまって。

「せっかくメンバー抑えてあるので、ライブにしましょう。そうしましょう。」と、そういうことにしたのです。

でも、練り歩きとライブでは、内容が違ってくるわけで。

賑やかしみたいな内容の音楽で、ライブ一本はもたいなあ。どうしよう。と考えた挙句。

バンジョーを手に、古いジャズや歌謡曲の弾き語りをやっている方に出演をお願いしました。

そしたらば、古くからデキシーバンドをやっていらっしゃる大先輩から「てるきーこの日(ライブよりも前)、お仕事でチューバ吹いてくれない?バンジョー奏者さん知り合いいない?」という打診がありまして。

実は、自分なりのアレンジのデキシー「風」バンドでの演奏ってちょくちょくやってきたんですが、所謂デキシーランドジャズバンドのレパートリーとか、やり口って、経験として知らないので「日程決まったもののデキシーバンドでのライブ、内容どうしよう。。。」と思っていたところなのでした。

まさに、渡りに船。いろいろとノウハウを教えてもらいました。

自分なりに手を加えてライブにも臨みたいと思います。

しかし、バンジョー弾き語りのみつひろさん、すごいイイ!こりゃ、いい人と絡むことになっちゃった。
  1. 2013/10/07(月) 01:49:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

信長祭り演奏

指導に入っている、岐阜の市民ビッグバンド「楽市JAZZ楽団」の演奏を、岐阜駅前広場にて。

黄金の信長像というのがありまして。
マント羽織って、鉄砲持って、ヘルメット抱えているというスタイルの黄金の信長像。
本人、どう思ってるでしょうね。岐阜市民には「きんのぶ」と呼ばれてるようです。

本日、実は、雨か曇りの予報だったんですが、これがなんのなんの。
かんかん照りのイー天気。

南向きのステージ。

「日の光が目に入って楽譜見にくいなー。」とかでなく、「ダラダラと流れる汗が目に入って楽譜見えない。」と、そういう陽気でした。

前以てそういう心づもりと準備ができてなかったからなあ。かろうじて、着替えを用意しておいて良かったー。


しっかし、みなさんすっかり本番慣れしましたね。「楽譜見つめて怖い顔」とか、もう無いですね。

NHK取材が来てましたよー。
  1. 2013/10/06(日) 21:45:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小松日帰り

お仕事で石川県小松市へ。

本当はゆっくりしたいのだけれど、いろいろ都合がありまして、日帰り。
特急しらさぎで。

米原で進行方向を帰るために、見知らぬもの同士で椅子の向きを返る作業があって、それが緊張して嫌で嫌でしょうがないのですが、今回はがら空きでゆったりとできました。

小松は、自衛隊機地で航空ショーがあるとかでものすごい人ごみ。
お仕事の都合でユーフォとトロンボーン背負ってるので、人の多いコンビニなんかで身動きがとれず困る。

お仕事、無事に終えてまた小松駅、ちょうど航空ショーから返る人の波の中に揉まれてくちゃくちゃになって、自動券売機で指定席を押しておりました。こりゃたまらん。

明日は、朝イチで岐阜で演奏なので、岐阜市に前ノリです。

岐阜は岐阜で、「信長祭り」初日らしく、いつにない人出。

入った居酒屋さんで「今年の信長は、女性らしいよ。」と話しているのを聞いて「えっ!」とひっくり返る。
(知らないけど、そういう行列があるんでしょうね。)

これはそのうち「今年は信長史上、初のインド人女性らしいよ。」とかそういうことになるかもしれない。
  1. 2013/10/05(土) 21:01:54|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やっぱり

昨日、余裕を持って終わったはずの楽譜作業ですが、ただペースを見誤ってただけらしく、結局本日ギリギリまでかかってしまった。ああ、昨日あれだけやっておいてよかった。

夜は安城の吹奏楽団の指導に。
声小さいし、身のこなしにキレと思い切りがないしで「大丈夫か?」と思われていたと思うのですが、どうもなんとか信用していただけているような気がします。

吹奏楽の指揮するの、高校生以来じゃなかろうか。
高校生の頃は、指揮台からバク宙して降りたりしてました。
回りすぎて頭打ったりしてました。
  1. 2013/10/04(金) 20:54:25|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽譜ウィーク大詰め

だいたい、ギリギリまで動かない感じで、「ひー!締め切りが!」となるのが常なんですが、なんだか設定していたペースよりも早く楽譜仕事が進んでおりまして。

あれ?なんだか今日のノルマ、もう終わっちゃった。明日の分もやっちゃおう。
あれ?明日の分もほぼ終わっちゃった。え?まだ20時?いっぱいひっかけに出かけよう!

と思ったんですが「あなた、練習しなさいよ。」という内なる声を聞いて楽器吹きました。

最近、チューバマンショーの相方が楽器を新調したようで、喜んでいる様子がSNSを通じて伝わってきます。
実は、iPadとか服とか、相方の持っているものが欲しくなっていろいろと真似しているのですが、これも真似したい。でもできない。いやんいやん。
  1. 2013/10/03(木) 08:53:32|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東海道スモッグブラスライブ

つい先日もライブ有ったばかりですが、またやって参りました。

東海道スモッグブラスのライブです。
なぜ、こんなにライブが重なってるかというと、CD作るからなんです。

もちろんお客さんにはナイショでしたが、CD用のセットリスト作って、CD用のソロオーダーと寸法でライブやりました。これを録音しておいて、本番のための検証材料にするという。まあ、言ってみればバンド側の都合ですわなあ。演奏の手を抜くわけじゃないので、まあ良いでしょう。

と思っておりましたらば、お客さんの中に「今回のライブ、何か違ったね。なにかやろうとしてるの?」という方がおりまして。

バレましたー。へっへっへ。すみません。おみそれしやした。

本日、名古屋栄で、ベーシストにしやんの新しいバンド「Last Tango」の皆様がライブをやっていて、終演後、うちに来ました。

ああ、なんてこと。こんなにたくさん素晴らしい人が来たのに、ぼく、早く撃沈してしまった。
  1. 2013/10/02(水) 08:41:36|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ