GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

楽譜ウィークスタート

溜め込んでいたアレンジのお仕事をスタート。
10曲やっつけます。

基本的に、音源を聴きながらこの編成用の楽譜を作ります。

パソコンに音源を取り込んで「聞々はやエモン」でABリピートして、iPhoneアプリ「Clockwork」のタップ機能でテンポ確認して「Finale2012」で楽譜作りと全部機械です。

作った楽譜はコチラで使います。
Funkて実は大好きなのですが、偏って聞いてきたのかなあ。
今回のお題、聞いたことが無かった。

こんなことになってます。

WACKY ORCHESTRA Presents Vol.1” 「FUNK!FUNK!FUNK!」
10月23(水)18:30open 19:30start 

小埜涼子(sax)石渡岬(tp)照喜名俊典(tb)臼井康浩(g)竜巻太郎(ds)石垣篤友(b)内海智香(vo)

【料金】前売¥2,500 当日¥2,800
【会場】Tokuzo 名古屋市千種区今池1-6-8
  1. 2013/09/30(月) 08:10:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

The Fave Raves 今池ホーンズ 2/2

午前中に名古屋チーム、我が家に集合して、一台で出かけました。人5人と、楽器。うん。いいぞ!動くぞ!働く男のニューエンジン!

音楽の話ししてたら、あっという間に京都。ほんと、すぐって感じだなあ。

老舗ライブハウス磔磔は初めて!

磔って何かなあ?って調べたら、はりつけだと。うーん。どういうことだろう。この辺りのことは、自分で調べずに、いつか誰か先輩ミュージシャンに聞こう。

バンド本隊がまだ到着していなかったので、岬ちゃんと、「イェーイ!遊びに行こうぜ!イェーイ!」とライブハウスを飛び出した3分後に電話で呼び戻されました。

今日もみっちりとリハーサル。
楽譜の間違いは、もう無いからね。そういう緊張が無く、ずいぶんとリラックスして臨めました。

リハーサル終わって今度こそ、「イェーイ!京都!イェーイ!」と街に繰り出し。さんざん歩き回る。ツアーなんかに出かけると、どんどん痩せていきます。


ライブハウスに戻ると、名古屋からたまたま出てきたというお友達が近所で食事してるというので、会いに行き。いやー、いろんなことが起こりますね。やっぱり京都って近いんだ!

本番、ザ•関西のお客さんという感じの雰囲気で、ヤジが飛んできます。ぼくはただのホーンセクションだったから、火の粉は飛んでこなかったけど、こりゃあすごいなあ。

今日もまた、あっという間に終わってしまいました。いやー、楽しかったぜい。

帰り道、ホーンセクション3人で仲良く帰る。

女子2人が「あたしがコーヒー買ったげる。」「いや、あたしがコーヒー買ったげる!」とカワイイ気を遣ってくれるのですが、その後「ぶっ」とかいってオナラこいたりするのです。

我が家で無事解散。いや、こう、わーっと帰ってきて自宅解散となるとね、すぐ寝られず、コンビニまでクールダウンに。
  1. 2013/09/29(日) 14:58:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

The Fave Raves 今池ホーンズ 1/2

サウスソウルバンド、The Fave Ravesのホーンセクションのお仕事をさせていただくのは、これで2回目。
アレンジも担当させていただいてます。前回のものも含めて、15曲ほど貯まりました。

新しくアレンジしたものは当然、前回もやった曲の訂正なんかもバッチリして臨みます。
譜面に関してだけは几帳面。完璧でありたいと思ってます。

会場に入ってお久しぶりの方々とご挨拶してリハーサル。

絶対大丈夫と思っていたんだけど、一箇所、ミスが有り、リハにブレーキをかけてしまった。
ガーンガーンガーン!とアタマの中で音が鳴り。あぁ。だめだなあ。と落ち込む。

そんなこと言ってたって、本番は始まり、ホーンセクションのみなさん、バキンバキンでかっこよかったです。

実は、2月にあった前回は、衣装の選択間違えちゃったのです。

割とラフな格好で行ったのです。リハの段階では「ね!ほらね!そんな格好だよね!」なんて思ってたのですが、本番は、スーツにリーゼントになっていて。ずいぶんと恥ずかしい思いをしてしまったのです。
なので、今回は、キチッとしていきました。


リハ終えて、外をぶらっとして。
いつもなのですが、トクゾーのすぐ近所の中古レコード屋は、トクゾーでの演目に合わせたBGMを、外に聞こえるように流しているのです。今回も、Fave Ravesのライブ録音?が流れてます。ひじょーに盛り上がってるようです。

これ「あれ?この音源、いつのだろう。むむむ。盛り上がってる。」と、とてもプレッシャーになるのです。

やめて欲しいなあ。なんてことは思わず。いつか、自分の音がここから流れてくるようにしたいものです。

まあ、本番はそんな秋のいじけ虫なんて出てこずに、あっという間に楽しく終わっちゃったんですけどね。

明日は名古屋チーム乗り合わせて京都!ということで、早めにお店を出ました。
  1. 2013/09/28(土) 02:20:36|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

打ち合わせから指揮

昼間に、地元の文化会館へ年末の公演の主催者さんとの打ち合わせに。

今まで、割とフランクな感じだったので、割とフランクな服装と心持ちで行ったら、ビシッとキメたスーツの人がズラリと並んでいて「ウッしまった!」と心の中で叫びつつ、ハラハラハラとシャツのボタンを上まで閉めたのであります。

何か怒られるのではないかと思いましたが、皆様、コンサート実現に向けて前向きで戦略的で、それはそれは勉強になりましたのです。

自分の出演する公演のポスターが駅に貼られる日がくるとはねえ。バチは当たらなくても、画鋲刺されませんように。

夜は吹奏楽団の指導に。
今日は、事前にどれだけのエネルギーが必要かというのがだいたい予測ついたので、なんとかなりました。(レッドブルで。)
  1. 2013/09/27(金) 23:57:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

masamiベリーダンススペシャルライブ



一ヶ月前に、ベリーダンサーのmasamiんのライブやっていた時のことですが、そこに居たメンバーに、「この日、空いてないですか?」と聞いて、急遽決まったライブでした。

アコーディオンとピアノの秦コータローくんと、別でお声かけさせていただきましたダラブッカ奏者の森良太くん。こちらは、飲み会で一緒なったことが有るものの、お互い演奏は初めて。

今まで、何度もダンスのライブやってきましたが、今回、初めてベリーダンスのライブを仕切る立場になって初めて気がつきました。

今まで、ただ、誰かの企画に乗っかって演奏してきただけで、自分に中東音楽の知識がほとんど無い。今までやってきた曲以外知らない。これじゃあいけませんわなあ。
初がお合わせということもあり、多少緊張してました。

昼過ぎから自宅でリハをみっちり。

移動して会場入りしてからもリハをみっちり。
本番大丈夫!という実感はありましたが、やっぱりちょっと緊張。

が、一曲目音を出した瞬間に、もう吹き飛んでました。楽しい楽しい。みんな、同じような緊張してたんですね。そして、同じような吹き飛ばし方したんですね。

まさみさんにも、それは伝わるわけで。

結果的に、とーっても内容の濃い良いライブになりました。

というわけで、ヘトヘトだったんですが、更に全力で打ち上げへと突入したのであります。

コンビニまで歩いたり走ったり笑ったり迷ったり。なんだか久々にヤングフレッシュ(今作りました単語)な打ち上げでした。


そういえば!ライブ前にまさみさんから「友達が誕生日なんで。」と、ハッピーバースデーを演奏できるように仕込んでおいたんですが、ライブ終盤で演奏して、出てきたケーキは自分を含めるバンドメンバーのためのものでした。
  1. 2013/09/26(木) 14:46:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

吹奏楽コンサート指揮

11月にある安城市吹コンサートの練習に行ってきました。

2部のポップスステージの指揮します。
この安城市吹というのは、ぼくがまだ学生の頃、頭はスパイラルパーマの服は上も下もピチピチストライプ、70'ファッションをしていたときに、エキストラで参加させてもらったことがありまして、ちらほらとその時のことを覚えている方もいらっしゃいます。なんというか、こう、こっぱずかしいですね。

こういうことをするのはたぶん最初で最後なんですが、行くからには、たんに曲の操作だけでなく、ずーっと残るようなことをしてきたいと思っております。

あー。先生みたいなこと書いちゃった。素顔で人前に立つの苦手~。
  1. 2013/09/25(水) 11:09:34|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

JETA会報に

JETA日本ユーフォニアムテューバ協会の会報に、チューバマンショーの記事が、正確に言うと、チューバマンショーのマネージャーの記事が載りました。


日本でプロ活動しているユーフォチューバ奏者が、今まで楽器とどんな関わりをしてきたか、若い人に何を伝えたいかというのを綴るコーナーだそうです。

なんというか、よくもまあ、取り上げていただきました。ひょっとして悪影響になるかもしれないとか思わなかったろうか。

真面目に書きましたが、書いた人生の結果が、この覆面の人ですからね。こんなの日本に溢れちゃいけませんよ。

でも、ぜひ読んでねー。
  1. 2013/09/24(火) 15:38:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

働く男のニューエンジン

8月の頭にクルマを壊して廃車にしてしまって。

ドタバタと急いで中古車を探して。
ついに新しいクルマがやってきました。

あー。こんなに普通のクルマに乗るなんて。

乗物遍歴。

学生時代
スバルレオーネ
スバルレガシィ

アメリカ
ボルボ240D
シボレールミナバン
スズキGS250(アメリカではありえないサイズ)

帰国後
スバルサンバー
ホンダスーパーカブ
ホンダXL230
トヨタエスティマハイブリッド(キャンパー仕様)

と乗り継いできたのになあ。

ここにきて、売れ線のクルマに乗るとはなあ。お天道様が笑ってるなあ。
今思えば、ボルボとシボレーが一番面白かったな。

アメリカの国道の真ん中で止まっちゃって、重い重いアメ車は、押しても引いてもピクリとも動かなくて。

とかやっておいて良かったな。

またちょいとこだわりが持てるようになるまで頑張りましょう。
  1. 2013/09/23(月) 01:04:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

練習会から

午前中は月イチでやっている楽器練習会。
寝不足でしたが、そんな状態でもきちんと練習になるような方法を開発しました。


「気のせい!」と腕を振ると、30分くらい平気です。30分経ったらまた腕を降ります。

これで、一日持ちました。

さらに、次のアレンジ仕事にまで突入できました。
  1. 2013/09/22(日) 00:42:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アレンジ週間スタート


ホームセンターで材木のチェックなんかしつつ、名古屋駅でチューバ背負った人なんか見つつ、超アレンジ週間に突入しました。


ちょーたくさんの曲をアレンジするのですが、編曲って、時間をかければできるのです。作曲とは違うのです。

というわけで、時間の配分を上手いことやりましょうね。

ホームセンターとか行ってる場合じゃないですからね。

朝型までアレンジ作業した後の頭で、そのまま楽譜の送信などの事務作業しない方が良いですね。違う脳みそですね。間違いだらけのメール送ってすみません。
  1. 2013/09/21(土) 00:17:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東海道スモッグブラスワンマン

今池のイーお店、バレンタインドライブで、東海道スモッグブラスのワンマンライブ。

会場入りして、メンバーの顔見て「おー、みんないい顔してますねー。」というのが初めの感想。
「もうやる気十分じゃんかじゃんか。」と思ったら、もうビール飲んでたみたいです。教育的によろしくないですね。

実は、CD制作に向けて、着々と準備が進んでます。というか、なかなかCD作らないバンドに対して「早くCD作りなよ」という声が多くてそういう人が、どんどん外堀を埋めていってます。ありがたいことですね。

新曲を除いて、もういいかげんに譜面なんて見なくても良くなってます。
メンバーの入れ替わりも随分ありましたが、今はこれでサイコー。

東京に移り住んだメンバーも居りますが、なんだか荒波に揉まれて、ものすごく良い方向に変化したようです。


ライブは、序盤から絶叫するお客さんがいて大盛り上がりでした。
あれはなんだったのだろう。ジャズおじさんの「いぇーい。」を100倍大きくした感じでした。
ビバ絶叫。

本番前のご飯タイム。
高橋くんの身の上話を聞きつつ、自分の結婚話をするリーダー。


新しい彼女(iPhone)ができたまっちゃんと、それを暖かい眼差しで喜ぶひじりさん。


車種もうひとつ。
ザ•今池
  1. 2013/09/20(金) 23:55:25|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

岐阜まで



うちに来たとあるユーフォニアム吹さんがこんなものを持ってました。犬の形したマウスピースケースだそうで、「あらまあ、ずいぶんと時代もわたしに追い付いてきましたね。」と、上からの感想を持ったのですが、それに、マスクを付けたそうです。

まあ、可愛い。こんなものが、もっと世の中に溢れますように。

またもや楽器を背負って岐阜までお仕事。
あぁ。こんな生活もそろそろ終わりかと思うと、ちょっぴり夕焼けが切なく見えます。
  1. 2013/09/19(木) 20:11:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

金沢から帰り


米原まで電車で帰り、そこからクルマをピックアップして帰る。米原駅周辺の駐車場、一日300円です。東京やニューヨークの人が聞いたらたいそう驚くでしょう。
ひょっとして水没してたりして。とも思ったんですが、無事でした。

帰宅して実家にクルマを返して、今度は楽器を背負ってバイクで岐阜県までお仕事に。

ビックバンドのお仕事だったんですが、なんと、ノーステキサス大学のハンコが押された楽譜が出てきました。
こういうのって、いろんな大学やら社会人バンドやらのハンコが二重にも三重にも押されてて、それはそれは愉快なことになってるんですが、まさか、アメリカの大学の楽譜までコピーが出回ってるとはなあ。。。

しっかし、誰がいつどうやって手に入れたんだろう。ノーステキサスバンド、かなり前に日本に来てるんだけど、その時かなあ。

ぼくも現地で使ったことがあるのだけれど、ぼくの書き込みとかあったら面白かったのにな。

ちょっと学生時代を思い出してしまいました。
  1. 2013/09/18(水) 18:56:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

金沢でもう一つ

ファンファーレ・ロマンギャルド、ほとんどのメンバーが関西から来ているということを抜きにしても、今まで、帰り道で何かしらのアクシデントが起こって、メンバーと一緒に帰れなくて寂しい思いをするということがたくさんありました。

配車の都合で、バンド車じゃない車に乗って帰るとか、ひどく道路が渋滞していて次の予定に間に合わないメンバーを、最寄の駅で降ろすとか、自分の車が壊れて、他メンバーに迷惑をかけつつも、レッカー車で運ばれるとか。

そんな経験をたくさんしているのですが、今回は、自分で一緒に帰らない道を選択してしまいました。

もう一つ、金沢でお仕事。

目の前にいる人が、どんどん楽器が上手になっていくのを見るのはこの上ない喜びですが、これが「あと、勝手に続いてってねー。」となるのが理想です。
  1. 2013/09/17(火) 02:57:57|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ファンファーレ・ロマンギャルド@カナザワ映画祭

朝7時にロビー集合。メンバーみんなテンション低いです。そりゃそうだ。みんなやはり、快眠できてないと。そりゃそうだ。

まだ滝のように降っている雨の中、本番会場へ移動。ホテルの地下にある古い映画館で数日にかけて開催されている、カナザワ映画祭。

そのうちの一つのコーナーとして、親子対象の映画の上映があります。

五本上映会される映画のうちの一つに、ファンファーレロマンギャルドが演奏をつけるのです。瀬戸さんなんて、台詞まで喋るのです。

なにせ、大嵐の中だったので、まず、この台風の中、本当に映画祭が開催されるのだというところからの確認から始まり。

ドタバタでセッティングやらリハやらして。

実は、リハ終わった段階で、不安が有ったんです。「これ、本番大丈夫だろか。」と。会場の映写機の回転がどうも若干速いようだと。バンドで準備してきたタイミングが合わず。

そしたらば、リハ終わって、メンバー散り散りになって、自分なりの整理整頓始めました。「いま、話しかけないでよ。」というバキンバキンの殺気放ちつつ。

ここまできて、「あー。今日の演奏は成功するんだなあ。」と確信できました。集中力の使い方がみんないっしょ。

本番始まり、こんなお天気の中、会場は子連れの親子でいっぱい。これ、晴天だったらどうなってたの?

映画の上映はじまり、バンドの演奏も。果たして問題なく終わりました。

これで、午前中の予定終わり。

外に出るともう雨は降っておらず。

午後は、近所の商店街のお祭りで午後14時からパレードとミニライブ。

の予定がこれまたズレこんで、16時からに変更。この頃から急激に晴れてきました。ああ、ぼくたちは、一番台風の影響が酷いときに移動してたんだな。

商店街のお祭りは、一度は中止が決定されたものの、急激な天候の回復を見て、再び開催されたのでした。

ということで、こちらもワチャワチャでしたが、沿道のみなさんを巻き込んで楽しく盛り上がりました。

ステージ演奏→パレード→お茶→パレード→ステージ演奏

え?お茶してるの?

演奏終わって、メンバーで宿に帰って、ゆっくりと。

前日の飛騨古川でいただいた、とびっきりの日本酒を持ってきたんですが、メンバー4人よってたかって、4号瓶空けずに寝てしまった。
  1. 2013/09/16(月) 18:54:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

富安秀行 秋の夜長を唄う@各務原市ブレス

朝5時に飛騨古川を出て、家に帰ってきました。途中、ものすごい豪雨でサービスエリアに寄ることもできず。

朝イチで用事が有ったのですが、無事に片付けました。

働く男のニューエンジンですが、近所のディーラーに現車(中古車)が届いたとのこと。しかし、書類に
ボディカラー:紫
特記事項:社外アルミ

と書いてありまして「え?何か話が違う!!」と、見に行ってきました。

そしたら、ふつーに黒いクルマでした。曰く「黒い中にも、紫が入っているのです。ふふふ。」と。得意げに。

じゃあ、黒と書きなさいよ。

夜は各務原市でのライブ。昨日まで2日間一緒だった富安さんとのデュオです。きょうはこのまま金沢にいくので、その準備もして(親に借りてる)クルマに詰め込みました。

いつ雨が降り出すかもわからないので、コンパクトなアンプを一つ持ち込んで。

リハはほとんどせず。「譜面なしでできるやつにしよーねー。」と。それだけ。

本番は自由!昨日までは、バイオリンとハーモニカの2人も居て、割とクラシック的なアンサンブルの要素もたくさん有ったのですが。今日はまるっきりセッション!といった感じです。

お客さんにも楽しさ伝わったと思います。このお店で、数年前に同じことをやっているのですが、その時よりもより自由度が上がってるなあ。年月を感じます。

大盛りあがりで、22:30頃に終演。

急いで片付けて、各務原市を出ると、すぐに大雨。台風きた!前が見えない!

明日は、金沢で小編成バージョンのファンファーレ・ロマンギャルド。

今晩は米原で、関西メンバーと合流して、自分のクルマを米原に置いて、一台で金沢に向かうというもの。

土砂降りの中、楽器と荷物を載せ替えて。

「ぼく、今日ちょっと大変な一日中だったので、後ろの席で休ませてください。」とか言おうとしたら、関西メンバーは、午前中に一つ本番やって、夜にも一つ本番やって来てるのですって。
関心とおり過ぎて「アホですやん。」と関西弁が出そうになるのをぐっと堪えて、「あ、あのー。運転しますので。」と申し出たのでした。

一行を乗せた軽ワンボックスカーは、飴と突風に錐揉みされながら、通過した地点がどんどん通行止めになる状況の中、トロトロと進み、3:30に金沢の宿舎に到着したのでした。

ホテルじゃないぜ!ファンファーレ・ロマンギャルド!なめてもらっちゃ困るぜ!

スーパー銭湯の仮眠室だぜ!
仮眠室満員で、ただの絨毯の部屋に雑魚寝だぜ!
初めての東北ツアーの前もここに泊まったのだけど、その時は廊下だったなあ。寒くて眠れなかったなあ。なんてことを思い出しながら。

周りでグゴーとか、ズゴーとかイビキをかいて寝てる人な囲まれて、耳栓して寝ましたが、ほぼずっと、ゾンビに襲われる夢を見て、寝たり飛び起きたり。あっけなく朝を迎えたのでした。
  1. 2013/09/15(日) 18:46:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

青空楽団てるてる家族飛騨古川公演

午前中に、下呂市から1時間半かけて飛騨古川へ移動。
下呂を離れる前に、いつも演奏に来ている天領酒造に立ち寄る。


お昼前には到着。会場の円光寺は由緒正しいお寺。二年越しのコンサート実現です。

「着いたらすぐ蕎麦を食べにいく」という情報を聞いていたような聞いていないような気がしたんだけれども、頭の中では、飛騨古川=蕎麦!みたいになってしまってました。

ところが、実際には会場に着いたら機材の搬入があり、楽器の積み下ろしがあり、サウンドチェックがあり、トラブルがあり。
富安さんのギターからつねにノイズが出ているという。電気の楽器の些細なトラブルって大変。

「あらー。電気の学期って大変ね。うふふ。」と、他人事のように思っていたのだけど、それはそのままお昼前ご飯タイムがどんどん伸びていくのだという事に気づき、全力で解決に臨んだのでした。なんやかんや有りまして、決起、アースがどうのこうのということで原因が解り、後はすんなりとサウンドチェック終了。

めでたくお蕎麦タイムとなりました。
お世話になっている飛騨古川のライブハウス、リトルビレッジのマスターがやっている蕎麦屋さんへ。

その後、市内を散策して、みんなでお寺で昼寝して。(昨日、遅かったり今朝早かったり)

午後3時の本番、たくさんの地元の方に来ていただけました。
中には地元の中学のブラスバンドでユーフォをやっているという子も。なかなかこういう事ってなかったので、嬉しいです。

演奏中、ドバーッと雨が降ったりしましたが、1時間少しのコンサートが終わる頃にはまた晴れました。良かった良かった。

機材の撤収なんかして、中華そば食べに行って。


ライブハウス、リトルビレッジへ移動して、盛大に打ち上げ!

となるところ、ぼくにはもう一仕事。地元の中学生ユーフォ奏者さん3人まとめてレッスン。
「よくぞ、見ず知らずの、こんな麦わら帽かぶった人にレッスン受けたいなんて思ってくれた!」と嬉しく思い。
ビール片手に盛り上がってるメンバー尻目に全力投球しました。楽しく音楽続けられますように。

そしてそして、乾杯からセッションから、楽しく過ごしまして。22時過ぎには宿。駆け抜けました。
  1. 2013/09/14(土) 05:57:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

下呂交流館シナジーコンサート

去年の谷向柚美さんのコンサートに引き続き、また出演させていただけることになりました。
ボーカリスト富安秀行さん率いる、青空楽団てるてる家族にて。

下呂市の音楽ホール主催のコンサート。多くの市民の皆様が運営に関わってます。

お昼過ぎに自宅を出て、バビューンと下呂市へ。のはずが、山一つ手前で曲がってしまって、ものすごい峠道を泣きながら走ることに。
本当は宿に習合だったのですが「あぁ、間に合わないから、直接会場へ向かいます!」なんて連絡したのですが、ナビにも載ってないようなバイパスができていて、山一つ分、貫いていて、それで間に合いました。トンネルってすごいですね。

一度やったことがある。というのは、気持ちに余裕度が持てて良いですね。いろんな勝手が解ってて。


本番は、秋をテーマにした曲を中心に。
しっとりと、賑やかに。

終演後は、ライブもしたことがある、地元の居酒屋さんで打ち上げ。けーちゃん。

宿に帰って温泉。
  1. 2013/09/13(金) 09:00:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

音楽やるって

先日のチューバマンショー@大阪なんばholoholoでの、Ryutyとの共演の動画がアップされてましたー!

Ryutyさんのオフィシャルブログ。
http://ryuty-style.blogspot.jp/

共演の動画。
http://youtu.be/RipSgvtQEDo

共演の夜についてのブログ
http://ryuty-style.blogspot.jp/2013/09/blog-post_11.html

丁寧でべっちょりしてて長くて。
この身のこなしの美しさ。
自分のルーツをそこに見ているからなのかも知れないですが、音楽なんて、ほんとはこのくらいのもんです。
なんでもなく、楽しく、そこにあって、威張らなくて飾らなくて美しくて。
  1. 2013/09/12(木) 01:35:51|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

指揮のお仕事

吹奏楽の指導とかやらないようにしていたのですが、やることになりまして、やってきました。指揮!

一生懸命やっていたのですが、なんだかオデコが痒いなあと思っていたら、蚊に刺されておりました。
ね、どこに行ってもお茶の間喜劇がついてくる。

本番もそうなりますよ。
  1. 2013/09/11(水) 00:55:18|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

営業妨害かもしれない

セントレア空港に、名古屋発祥の台湾ラーメンを食べに行ってきました。

「あまり辛くなく」という注文は「台湾ラーメンアメリカンで」という注文の仕方をするのですが、ぼくはストレート?で。

辛いもの、苦手でもなんでもなく、むしろ好きなのですが、ものすごく汗をかきます。
インド人に心配されたことがあるくらいです。

で、台湾ラーメンを食べていたら、隣に座っていた(おそらく台湾ラーメン初心者の)サラリーマン2人が、ぼくの食べているラーメンと、ぼくの顔をジロジロ見て「あんまり辛くなく。」と注文しました。

うん。ちみくらいの感じだと、それでも良いかもね。

飛行機の羽を運ぶというドデカイ飛行機が飛び立ちました。
前は、これ、沖を通る船の上から見てるんだよね。
  1. 2013/09/09(月) 00:47:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トロンボーンネーション


金山ケニーズにてジャズトロンボーンアンサンブルのライブ。基本的に5人のはずなんだけど、最大10人になってました。

トロンボーンをその辺にちょいと置いておいたりすると、どれが誰の楽器だか解らなくなったりして。

ライブ始まってから帰るまでに、それぞれ違うお客さんと「ユーフォニアムが」という話を3回しました。
なに?これ!?ひょっとしてユーフォニアム、キテるの!?

そのうちの一つは、ユーフォニアムの入ったジャズバンドをやりたいというお話で。あぁ、決まるといいなあ。
  1. 2013/09/08(日) 23:19:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー名古屋公演

名古屋でのチューバマンショー公演。

こちらは、ワークショップ付きです。
ワークショップって何?って感じですが、チューバマンショーの楽曲を題材に、演奏上のコツなんかを伝授して、本番で一緒に演奏しましょう。というものです。

20名くらいの方の参加が有りました。

息をズバッと止めてメロディを吹く方法や、ベースラインの吹き方。アドリブの吹き方など。参加者の皆さんとワイワイ楽しく。

少し休憩してライブ本編。

昨日に引き続き、チューバマンショーヒットソングやって、赤星さん伴奏によるソロコーナー。本日は会場にあるピアノがYAMAHAの一番イイやつ。ということで、昨日よりもたっぷりとやりました。
ライブの最後は、ワークショップ参加の皆さんと2曲合奏。

大盛り上がりでライブ終了後は、大盛り上がりで打ち上げ!
また赤星さんとは次の機会有りそうです!なんだか、チラッと「録音する?」なんて話も出ましたヨ!

  1. 2013/09/07(土) 16:54:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー大阪公演

夏の間、一休みしておりましたが、ついに始動しました。チューバマンショー。

しかも、熊本でお世話になったスーパーピアニスト赤星まゆみさんと一緒の2日間です。九州でしか聞けなかった、ユーフォマン、チューバマンのピアノ伴奏ソロが聞けるのです。上からですが。少なくとも、ぼくはチューバマンのピアノ伴奏ソロがまた聞けるというだけで、飛び上がりそうです。

午後イチで大阪入り。
ライブ会場のなんばホロホロさんの近くにクルマを置いて、地下鉄で梅田まで。ドルチェ楽器でチューバマンと赤星さんと合流。ひさびさの再開を喜びました。


伴奏合わせはちゃちゃっとすぐに終わり、お店に入りました。

いやー。なんだか、都会が久しぶりだぁー!!!人ごみも久しぶりだー!!

晩ご飯を食べるのに、お店が決まらない、食べるものが決まらないとひと騒ぎ。これも久しぶり。

予め、満員御礼と聞いておりましたが、お店から机が運び出されて、椅子だけになってました。

初めてのお客さんもたくさん。
普段通りのチューバマンショーレパートリーから始まって、ピアノ伴奏によるソロ。
そしてまたチューバマンショー。

今回はこれで終わりではなく、スペシャルゲストが!

沖縄から来た、Ryutyさん

--------------------
琉球ポップデュオRyutyのこと。

プロフィール
http://ryuty-style.blogspot.jp/p/profile.html


三線、ヴォーカルの照喜名竹美さんとは、2001年?だったかな?に留学中のアメリカはテキサス、DFW空港で偶然出会いました。

ぼくは、お友達を見送りに空港に来てたのですが、そこで「ホニャララ~テルキナ~」と、アナウンスが流れたのです。
(自分は見送りに来てるだけなので、呼ばれようがない)

元々、テレビなんかも含めた、なんらかの放送のようなもので、自分の苗字を聞くことってなくて、いので「えっ!いまテルキナって言った?なになに?」となったわけです。

ぼくは、空港のスタッフさんつかまえて「いま、アナウンスで呼ばれてたテルキナっていう人、ここに呼んで下さい。」とお願いしたら、快く、応じてくれたのです。
(テロ以前の空港って、今では想像もつかないくらいセキュリティあまあまでした。搭乗口まで出入り自由。)

ほどなくして、現れたのが、竹美さん。
勝手に呼び出したんだから、迷惑だったと思いますが、事情を説明して「キャー、お互い音楽やってるの!?親戚かなあ!?違うかなあ!?キャー!」とか言って別れました。

それから数年経って。ぼくは完全帰国して、音楽生活をスタートして。
そんなある日。
自分のホームページの掲示板に書き込みがありました。
2009年のことです。

「どうも、質問ですが、いきなりですみません!!
もしかしてですが、間違っていたらすみません。
照喜名という名前を聞いて、アメリカの空港でお会いしたことはないでしょうか?
私の名前は照喜名竹美です。
7~8年前に私はフロリダ州に行ったのですが、その時に急に空港で呼び出しされて...
確か、ジャズをされていた方だったと思うのですが...。
私は連絡先をなくしてしまい.....
私も今、三線をしています。前はドラムでしたが....。
もし、正解なら、連絡くださいね~。人違いなら、このBBSから消してくれて大丈夫です。」

というところから、竹美さんのやっているRyutyのことを知り、ずっと気になっていて。YouTubeなんかで見たりして。

沖縄に遊びにいくという愛知のお友達に「え!それならぼくの代わりにRyutyのライブ見にいって!ぼくのCD渡して!!」と、自分のCD託したりして。
----------------------
といういきさつがあったのですが、13年ぶりの再開、そして共演となりました。


いやー。Ryutyさいこーです。
また会いたい。愛知にも呼びたい。

今晩はライブ終了後、みんなで愛知に帰宅。
楽しくてなかなか眠れず。
  1. 2013/09/06(金) 15:44:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

モコモコ会議スタート!

来年開催される、ユーフォニアム&テューバフェスティバルーin名古屋の実行委員会による会議「名古屋モコモコ会議」がスタートしました。

実際には二回目なんだけどぼくは一回目欠席だったので。

テンション上がりますね。

2014年10月4日(土)になりました。
ゲスト奏者による演奏
大学によるアンサンブル
大合奏
などの基本的なところはそのまま、さらに楽しい企画盛りだくさんになりそうです。

チューバマンショーにもオファーいただきました。

ゲストなは、安東さん、林さんです。どの?どの?安東さん?どの林さん?

情報は小出しにしていきましょう。
  1. 2013/09/05(木) 15:44:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

masamiベリーダンスユニット

夕方の入り時間、楽器の積み込みをしてクルマを駐車場に移動したらもう戻れないくらいの雨。

「楽器搬入した後で良かったー。」と思ったんですが、リハ中にみんなの携帯がピロピロ鳴り出して。

「あらいやだ。リハ中に携帯いじって。」と思ってたら自分の携帯もピロピロ鳴り出して。
名古屋市全域避難勧告だそうです。

リハ中にピロピロ鳴り出したものだから、それに合わせてセッションが始まってしまいました。


自体はたちは、ライブやるしかないのでどうしようもないのですが、それぞれ、電話対応などで、てんやわんやでした。

実際にお客さんきてくれるかどうか心配だったのですが、ライブが始まる時間になると「え?みんな帰れるの?大丈夫?」というくらいのお客さま。

ありがたやありがたや。

悪いことに、地下に居ると、携帯の文字情報しか入ってこないから、実際の空の感じとか解らないのです。
地上のお客様、皆さん、自分の判断して来てくれたのでした。

このユニット、普段から熱がこもり過ぎてるのですが、今日も1曲目から汗だくの展開でした。
皆様、ありがとうございました。

この中から、masamiさん、秦コータロー君、ぼくと、もうお一方、パーカッション奏者さんを呼んで、今月のエビスカフェでライブします。

9/26日(木)。来てね!
  1. 2013/09/04(水) 09:25:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やっと言えることに

午前中、近所の音楽ホールに打ち合わせに。

発表します!

あま市美和文化会館 自主企画事業 クリスマスコンサート
KITO,Akira Brass Band! 「tapis de rire」
2013年12月14日(土)
オープン リハーサル 12:30~14:00
コンサート 14:30open/15:00 start
<会場> あま市美和文化会館 大ホール
http://miwabunka.jp/index.html
愛知県あま市花正地先1−1  
tel:052-449-1114

いやー。ついにこんな日がやってまいりました。地元の文化会館の大ホールでの演奏。しかも、一般の方の参加共演企画も有り。

会場側と何度も会議を重ねてきましたが、楽しいことになりそうです。詳細は近日中に情報揃えて公開します。

あーたまらん。

これは、打ち合わせ後のアジアんレストランでのランチ風景。
  1. 2013/09/03(火) 00:28:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

働く男のニューエンジン

「耳コピ」についてのお問い合わせがあったので、今、やっている方法をご紹介。
Craving Explorerで音源データ抜き出して、聞々ハヤえもんにて「A-Bリピート」です。
これでほぼ、なんでもイケます。


パンパカパーン!ようやく決まりました。

働く男のニューエンジン。
いやー、突然クルマがなくなるって大変。
もうちょっとなんとかなるものかと思っていたのですが、じぇんじぇんダメでした。
書類やなんやらの手続きをバババッと。

週末の大阪行きに間に合うといいなあ。コンパクトな7人乗りです。
あとは、もったいぶって小出しにします。
  1. 2013/09/02(月) 08:43:25|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

浜名湖畔で締め切りとうなみかん

毎年、浜名湖畔のライブハウスで開催されている音楽イベント「うなみかん」今年も元気に参りましょう!

数日前からの天気予報は雨だったのだけれど、あれは一体なんだったのだろう。という青空。
朝からモーレツな暑さです。どうも、最近の天気予報は脅すようなことしますよね。それも解りますが。

自分の出番は夜18時くらいということで、よーし!ビール片手に他のバンド楽しんじゃうゾ!
と、アクセル踏みこんだところで、チューバマンからメールが一報。

「あの原稿の件、やりました?どうなりました?」と。

とあるユーフォチューバ関係の会報誌に掲載される予定の原稿の締め切りでした。

クルマの中でクーラーかけて原稿作るのも寂しすぎるので、ライブハウスの前の浜名湖の湖畔。
まだ、バンドの音や、みんなの笑い声が聞こえてくるようなところで葦の影に独りしゃがみ込んで、ひたすら原稿を書いてました。これはこれで寂しいなあ。

なんとか原稿終わらせて、演奏モードに切り替えて、すぐに出番と相成りました。

青空楽団、てるてる家族の変則バージョンということで、1曲ごとにどんどんゲストが入ってきます。
みんなキラキラしていて、曲の雰囲気がガラリと変わるのが、いまさらながらに新鮮で。

何度もお会いしていて、演奏もご一緒させていただいてるので、そりゃもうわかっちゃいたんだけど、楽しくて、あっという間に終わってしまいました。

あー。これでめでたく夏は終わり!

今年のイベントTシャツですが、ぼくの似顔絵も書かれていて、おもわず2枚買ってしまった。さーどこにいるでしょう。
  1. 2013/09/01(日) 08:23:13|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0