GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ファンファーレ・ロマンギャルド「六道をやる」



大阪は中崎町のcommon cafeにて、ファンファーレ・ロマンギャルドのライブ。

大阪といえば、チューバマンショーが「大阪のホーム」と呼んでいる、絵本カフェホロホロがある難波が一番、土地勘が有るのですが、実はこの中崎町も、ぼくが個人的に「ホーム」と呼んで慣れ親しんでいるコインパーキングが有るのでした。何度もクルマキャンプをしたということですが。

基本的に都会は苦手ですが、ここは右も左も解りますので安心。

まず、中崎町のスタジオでリハーサルしました。わかっちゃいますが、みんな濃い。

濃い人ばかりが狭いスタジオにギュウギュウ詰めで入っていると、もう、酔ったようになります。濃い人酔い。

今回のライブのテーマ「六道をやる。」ですが、ファンファーレ・ロマンギャルドのレパートリーに、「組曲六道」という大曲がひとつ有るのです。

リーダー瀬戸さんのブログより転載。

照喜名 俊典
Live information.

クラリネット奏者、瀬戸信行さんの掲示板から引用。
この木曜日、大阪でファンファーレ・ロマンギャルドのライブがあります。
昨年、おかあさんといっしょに出演した時の愉快な映像をご覧いただいた方もいらっしゃると思いますが、普段は割りとこういう雰囲気です。

ファンファーレ・ロマンギャルド画像検索結果が楽しいぜい。
http://bit.ly/T51pE7

実は、このバンド、レコーディングが控えていたり、昨年に引き続き、震災の日を挟んだ東北ツアーが控えていたりと、鼻息むんむんの状態です。
直前のお知らせになりましたが、ぜひ万障なかったことにしてお越しください。


以下、引用文です。

『六道輪廻を演奏する。ファンファーレ・ロマンギャルド、組曲「六道」をやる』1月31日(木)19:30~前売予約2300円/当日2800円@中崎町・common cafe

「組曲六道」のこと

毎年、夏に京都の西福寺というお寺で「熊野観心十界図」という地獄絵曼荼羅の解説(絵解き)に音楽をつけるというイベントに出演しています。
それはもともと、この地獄絵が路上で比丘尼の琵琶法師が解説していたので、音楽が必要だろうという。解説の方は研究者であって、大道芸人や演奏者ではないので(お話はとても面白いのですが…)という事で、語り(解説)のBGMを勤めに、毎年、演奏しにいっています。

もう、かれこれ7年くらい出演していますが、いつの頃からか、BGM演奏だけでなく、絵解きの前にミニライブをする事になり、その時々の共演者とその時できる曲を演奏していました。
2011年の出演の時ですが、さすがに何度も解説を耳にして、門前の小僧ならわぬ経を読む…というわけではありませんが、ここはひとつ地獄に因んだ曲を作って演奏してやろうと思い立ったのです。
その時はクラリネット2本で「六道(抄)」として演奏しましたが、それに先立って、大編成用に作ったのが「組曲六道」です。

六道輪廻…人間、地獄、極楽、餓鬼、畜生、修羅…という6つの世界をイメージして曲を作り、最終的にはエンドレスで輪廻できるようになっています。
クラリネットを始める切っ掛けでもあるジャズ、染み付いてますチンドン稼業、ず永らく続けていましたジプシー、クレズマー的なもの、色々なものを詰め込んでいます。
一輪廻=一回通せば30~40分、聴く(見る)方も演奏する方も集中力と忍耐を要するかもしれません。私の普段のライブでは、出来るだけお気楽に、自由に、寛いで楽しんで頂けたらと思っていますが(もちろん「六道」の聴き方も自由です)たまにはこんなライブもいいのではないかと思います。

珍しく饒舌になりました。なにしろ、コレだけの意気込みですが、あまりにもご予約が少ないもので…。
滅多に見れるものではないので、是非、ご来場ください。

転載終わり。

簡単に説明すると、輪廻転生を音楽で表現すると。

あぁ、簡単になりませんね。

組曲は通すと40分。奏者にも聴衆にも、ずっと緊張感を与え続ける内容です。

リハーサルするだけでかなり消耗しました。体力がどうこうではなく、集中力の問題。

リハーサル終えて、本番までの間は、独りでゆっくりしてました。

これも珍しいことかも。

だいたい、みんなでワーってしてますからね。このライブの過酷さがわかります。

さて、本番始まって。

実はぼくは、ファンファーレ・ロマンギャルドのメンバーに引け目を感じてました。みんな、そりゃあもう、みんなバキンバキンにカッコ良くて、全力で全身、音楽の塊だし、なんというかこう、みんな、自分より一段上の世界にいて。そんなみんなになんとか近づこうとあがいてたのです。

あがくというのは、具体的に何をしたかと言うと、え!いまさら!という恥ずかしい話なのですが、自分で出した音全てに責任を持つ。という覚悟です。こう決めたのも、もうずいぶん前になりますが。

今回、ちょっとだけ追いつけたかも。かもかも。

今回は、クルマ移動だった為、打ち上げも早々に切り上げて帰りましたが、深夜1時に帰宅して、ガッツボーズと、それでもまだ届かない悔し涙と。
  1. 2013/01/31(木) 02:17:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ユーフォの練習

珍しく、ユーフォの人と練習する機会が有りました。

学生の頃からそうだったのですが、一緒に遊んでくれてた同級生なんかが、どんどん遊んでくれなくなって(大人になっていった)、遊んでくれそうな下級生捕まえて遊んでたのですが、そんな人もどんどん遊んでくれなくなって(大人になっていった)、しまいには独りで遊んでたのですが、また遊んでくれそうな人が現れて嬉しいです。それでもそのうち大人になっていくのでしょうが。

チューバマンのことを見ていると、きっとそういうことなんだろうなあと思います。

一緒に遊んでくれる人、さらに募集中。

大人への階段、下ります。
  1. 2013/01/30(水) 02:15:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

積極的に休む

午後、ゆっくりと時間が空いていたので、クルマのメンテナンスにでかけましたら、カー用品店お休み。

家に帰ったら宿題は、ちょいちょい有るのですが、この週末から来週末にかけてほとんど家に居られないので、無理やり買い物なんか行ったりして。買うつもりないのに、電気屋いってみたりして。それでも暗くなってお腹が空いてしまったので、帰宅。

宿題はやらずに、家の片付けやらダンボール工作して遊んでました。
ダンボールの魔術師と呼んでください。

子供の頃は、箱が家に来ると3兄弟で奪い合ってました。
そしてよく工作で怪我もしてたのですが、この年になって、ようやく指とか怪我をするのが面倒になってきたので、怪我しないように気をつけてます。

それにしても、工作魂に火がついてしまった感あり。
大人用の工作用具って有るのかな。
  1. 2013/01/29(火) 01:57:28|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東海道スモッグブラス×ピカイアパンデイロスペシャル

もう何度かご一緒させていただいてます。トランペットとブラジリアンパーカッションデュオのカッチョいいバンド、ピカイアのスペシャルバージョン。ギターが2本。トクゾーの臼井さんと、7弦ギターのやーそさん。

やーそさんは、鬼頭ブラスのトロンボーン奏者の三原くんのバンド、グリーンパレードに入ってたり、チューバマンショーで大阪でダブルライブを共同企画したりと、ちょっとだけ接点がありました。

大阪では、二つの会場を二つのユニットが行き来するという企画で、ちょっとだけ共演させていただきましたが、あとは、路上ですれ違うだけだったので、とてもとても楽しみにしてました。

そもそもね。ブラジルの音楽ラブで、特にショーロをずっと聴いてるのですが、必然的に7弦ギターもラブということになるのです。

東海道スモッグブラスで対バンさせていただくのですが、2曲ほど共演もさせていただけるということで。

スモッグブラスは、新曲二つ!
う、美しい!というのと、き、キテレツ!というのと。リーダー石渡岬ちゃんの二面性が見れておもろいです。

スモッグブラス本番はパリッとやりまして、お客さんとしてピカイアパンデイロスペシャル見てました。何がどうとは細かく分析したくないですが、きっと全曲、誰かのために吹いてるような。なんだか解らないけど、何か出てるのです。
泣いちゃったなあ。あぁ。まだ体の中に暖かいものが残ってるなあ。良かった。ぼくもこんな音楽がやりたいなあ。こんな人になりたいなあ。なんて思ったのでした。

なんだか感動してるうちにステージに呼び出されて共演2曲!こんな時間がずっと続けば良いのにー!なんて思いながら、それはそれはあっという間に終わりました。

よし!なんだかミュージシャンとして、ものすごいエネルギー蓄えたゼ!
  1. 2013/01/28(月) 15:19:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

学生気分

三重県のとある大学にお仕事にいってきました。楽器を教えてる、教えたことのある人が、その後、独りで勝手に上手くなってるというのは嬉しいことですね。じゃんじゃん勝手に上手くなっていただきたいものです。

ぼくの行ってた音大はとてもとても小さくて、山の中にあって、それはそれで楽しかったのだけど、こういう一般の大学って雰囲気違うなあ。なんだかテレビの大学みたいだなあ。みんな、大学の中のコンビニでカップ麺食べてておかしいです。ははは。

今回、大学には、ユーフォとバストロンボーンを持っていきました。
夜は、東海道スモッグブラスのリハが有り、そこでは違う楽器が必要で、一旦帰宅して、楽器と楽譜を準備して、電車で出かけて一杯引っ掛けて帰ってくる楽しい計画をしていたのですが、三重県からの帰り道、高速道路が渋滞していて、さらにその渋滞の中で追突事故が起きているという、どうにもならない状況になりまして。

家に帰るのは諦めて、違う楽器でリハーサル参加してきました。違う楽器ですみません。



しかし、なんと言うかものすごく集中したリハーサルだったなあ。

一杯引っ掛ける計画は無くなりました。さみしー!
  1. 2013/01/27(日) 00:04:35|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

念願の!

なんだかんだ言いまして、新年会というものをしていなかったのですが、やっとぼくにも新年会の機会がやってまいりました。

大好きな中華料理屋さんで。大好きな人達と。

とりあえずのビールとか呑まずに、初めから最後まで黒糖焼酎をあおりまして。お店の新記録を打ち立てました。(独りでじゃないですよ)

結果、9品出たはずの料理の3品目までしか覚えていないということになりました。もったいない!

しかし、記録というものは、破られるために有るもので。これは、また次の記録に挑まねばならない。ということになりました。
  1. 2013/01/26(土) 15:41:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー@エビスカフェ



日中はせっせか楽譜作り。
UNVEILEDの楽譜ですが、ピアニストトモカさんに、ユーフォソロ以外のパートを書いてもらって、自分でユーフォソロを書いてレイアウト整えるという作業をしてます。

夕方からエビスカフェに入ってセッティング。
オープニングアクトを務めてくれるのは、チューバマンショーと同じくユーフォチューバデュオの低音系女子☆アンスリウムのお2人です。この二つのユニットとも、管楽器二本なのでセッティングが楽!電気使わないって簡単!

ということで、時間がかなり空いてしまったので、アンスリウムのミレニアムちゃんこと森田さんと楽器吹いて遊んでました。

ライブは、なんというか、マダムがたくさんみえまして、いつもとは違う雰囲気。
オープニングアクトでアンスリウムのお2人が会場を温めてくれまして、バトンタッチ。

ぼくは、マダム引き出しというのが圧倒的に少ないのでどう接したら良いのか困っていたら、チューバマンが「こういうの好きよ」と言って、ガンガン踏み込んでいってくれたお陰で、多いに盛り上がりました。あぁ、頼もしい。

終了後は、アンスリウムのお二人と楽しく打ち上げ。

来月、2月23日(土)に名古屋伏見のYAMAHAホールにてチューバマンショーライブを開催しますが、その時にもまた登場してもらいます。乞うご期待!
  1. 2013/01/25(金) 23:31:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー@岐阜県各務原市ブレス

やってまいりました。今年初のチューバマンショーは、岐阜県各務原市のイーお店。ブレス。

サックス吹きのマスターと奥様がやってらっしゃいます。チューバマンショーとしては、去年の5月以来、8ヶ月ぶりということになりました。

特に、この秋の北陸東北大ツアーで出来た台本のようなものは、とてもとてもプレシャスなものでして、そんな私たちの旅の成果みたいなものをドバーンとお送りすることにしました。(ほんとは新曲作らなきゃいけない。)

まあ、岐阜ということで、冷やしたぬき食べてから(ほんとうはリサイクルショップを全店チェックしないといけない)お店に入りまして。ちゃちゃっとセッティング。

まだ開場まで時間があるというのに、お客さんがじゃんじゃん入ってくるので、慌ててコンビニへ避難。嬉しいですね。

駐車場に戻って、クルマを物陰へ移動して控え室化して。チューバマンとゆったりまったり、今後の予定合わせなんかしてました。

開演時刻になって、いつものように前説して、チューバマンが登場して。ぼくは外で変身と、こういう段取りなのですが、タイミング良く、自転車でキュッと到着したお客さんがいて困ったなあ。

本編は、まあ、演奏はじっくりみっちりやったのですが、あれですね。MCが長すぎました。ぼくは、いつも話を短く短くしようとする傾向にあるのですが、今日はなんというか、こう気持ちに余裕が有ったというか、新鮮さが有ったというか。だらだらしてしまいました。

温かいマスター、温かいお店に集まる温かいお客さん。ライブ終わってからもしばらくおしゃべりしてました。
  1. 2013/01/24(木) 18:19:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

OFF!

本来、あるはずの予定が無くなりまして。どうも、こういうタイミングでしか、OFF日ってやってこないような気がするので、バツん!とパソコンの電源切って、川魚見に、岐阜にある川魚水族館へ出かけてきました。

普段、息抜きにホームセンターで金魚見るのが関の山ですから。

あぁ、川魚はいいなあ。
こう、どっこい生きてる感じがいいなあ。それにしてもやっぱりナマズがいいよなあ。
なんて思いながら。

積極的に音楽から離れてみたのですが、帰宅してから、見たかったバンドが名古屋にきているのを発見。OFF日にはまずライブ情報チェックすべきなのだなあ。あぁ。川魚とライブの両立もできたのになあ。
  1. 2013/01/23(水) 02:56:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

春になれば

この冬、何度か挑戦して全て失敗していたのですが、ようやく体調が万全になってまた挑戦できました。

薄着。

なんてことないと思いますが、風邪を引いては治ってすぐその日にまた風邪を引いてという繰り返しだったので、もう嬉しくて。もう今年は風邪ひかないっぽい!きっと全部の種類を引き受けてやっつけたのでしょう。油断はしませんが。

さて、定期的にかかるようになった喘息の診察に行って参りました。この冬はずっと風邪引いてたので、思うような成果が上がらず、先生に申し訳なかったのですが、今回は気分晴れ晴れです。薄着で行っちゃいます。暖かくなってる頃にはかなり良くなってることでしょう。

夜は、この春から社会人になるというヤングさんが楽器持って訪ねてきてくれて。ああ、もう春ですねえ。と感慨深く。この春は楽しみなことたくさん待っていてたまりません。
  1. 2013/01/22(火) 02:41:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一息

レコ発ツアーやって、浜松でコンサート出て、岐阜JAZZフェスティバルやってと、ドトーの日々でしたが、ドトーな日々の中で体調が絶好調に戻りました。なんなんだろう。忙しいとか寝不足とか関係ないんだね。

ずっと、やろうやろうと思っていたのだけれど、ついつい後回しにしてきたことにエイヤっと踏み切りました。

自己ソロアルバム「UNVEILED」のピアノ譜作成です。いま、存在する楽譜は、所謂バンド譜というやつで、重要なメロディと、コードネームとキメのリズムと曲の寸法しか書いていないようなものだったのです。

編成にしても、少なくともギターとピアノとベースくらいは必要なような。

それを、全曲、ピアノとユーフォだけで成立するように、しかも、ソロの部分も書いて。という楽譜を作ることにしました。いままで、何度も「あぁ、ピアノ伴奏バージョンあったらなあ。作らなきゃなあ。」なんて思ってたのですが、ついに動きだしました。

なんで、アルバム作ってからこんなに時間がたっているかというと、ズバリ、ピアノの楽譜を書くのが不慣れで時間がかかるから。しかも出来上がりに自信が無いから。なんです。それでも、一つは作ってみましたが。

http://youtu.be/H04XXzUCf-0
それを、全曲作る決心が付いたというのは、人に任せる決心ができたということです。(上の動画の曲も作り直してもらってます。)

任せたのは、アルバム参加のピアニスト、トモカさん。電話でいろいろとやりとりしているうちに「あぁ、任せて良かったなあ。」と思いました。やっぱり、レコーディングの日々を共に過ごしてますからね。コンセプトの説明とかしなくても良くて。

とりあえず、一曲だけ優先して編曲してもらって送ってもらいましたが、やっぱり自分には無いような引き出しがたくさん詰まっていて感激。自分の曲を人に料理してもらうのって楽しいです。

ピアノ伴奏バージョンのKiss to You All、3月に熊本で初演しまーす!なるべく早く、オンライン出版もしようと思います。


しっかし、Macで作ってもらった楽譜データをWindowsで開くって、ある程度の不自由の覚悟はしていたけれども。。。想定内ではあるけども。。。これ、本来、不必要な作業だなあ。文字化け手直し。。。
  1. 2013/01/21(月) 23:43:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

岐阜JAZZフェスティバル

いよいよやってまいりました、岐阜JAZZフェスティバル当日。団員皆、朝イチで会場入りして簡単にリハーサル。そしてゲストリハーサルがあって昼ごはん食べて、すぐに開場。寒い中、すでに会館前には長蛇の列ができていて、毎回ながらありがたい限りです。

ぼくは、今回出演はバストロンボーンで前半と、最後にちょろっとなので、ぜんぜん吹きたりませんが、その分、何事も無くコンサートが進むよう舞台袖で見守っておりました。

みなさん、誰もかれもやっぱり本番が一番良かったですね。これまでの積み重ねと本番の集中力に拍手です。

そういえば、今回、ステージ上でトロンボーンソロを吹く時に、団員の方とツイストを踊る場面があったのですが(唐突にすみません。真面目に見守っていただけのような書き方しましたが。吹いてる時にちょっとふざけました。)これがなんと、ぼくが言い出したことじゃないんですよ。「曲がアレなので、ツイストおどりましょう。」なんていかにもぼくが言いそうなことですが。

トロンボーンセクションでステージ全面に出て、ソロを回す時に、「ソロを吹いていない人がボーッと立っているだけだとアレなので。」と、団員さんから提案があったのです。いや、冗談だったのかもしれないですが、そんなもの喜んでやりますよ。いやー、解ってますねえ。感動しました。千人以上の聴衆の前で、よくやりました!

最後の合同ステージでは、50人以上の奏者がバキーンと音をだしました。圧巻!

今回は、打ち上げ出られず。寂しく帰りました。

また来年度もオーディションから始めるそうです。どんどん良いバンドになっていってます。楽市JAZZ楽団!
  1. 2013/01/20(日) 12:55:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽市JAZZ楽団リハーサル

昨年4月から9ヶ月かけて地道に準備してきました。岐阜市文化センター主催の市民ビッグバンド、楽市JAZZ楽団の本番の舞台である、岐阜JAZZフェスティバルのリハーサルでした。


サウンドチェックしてから、リハーサル。といっても、バンドメンバーは、ビッグバンド二つ。そして、各個人にマイク一本ずつということで、舞台上はもうえらいこっちゃになってます。

えらいこっちゃになってますが、えらいこっちゃなのは見た目だけなようで、もう随分とメンバーもスタッフさんも手際が良く。
「モニターのこの音上げて下さい。」とか言えるようになってます。恐るべし。
「言い出すと、きりがないからね。自分のためだけじゃないからね。」なんてヒヤヒヤしながら見てるのですが、ちゃんと落とし所までわかっているようです。素晴らしい。

驚くほどすんなりとサウンドチェックが終わりまして、リハーサルへ。

ぼくは講師として入ってますが、今年に入ってからは予定が合わず、最後の仕上げの部分は見れていなかったのですが、バッチリかっちょいいことになってました。ぼくの分の負担を誰かにかけたのだろうと思うのだけど、結果的に良いことになってます。

まあ、下は小学生から、上はごにょごにょごにょまで、ソロが回ってくるのですが、きちんと見せてますね。

明日、本番です。

ぼくは、空いたパートをサポート的に吹くだけですが、楽しみです!
  1. 2013/01/19(土) 13:32:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イオンモールにて

桑名のイオンショッピングセンターのフードコートにて演奏。

ピアニスト石原実恵さんと行って参りました。こういうのは久しぶりになっちゃったなあ。久しぶりだけど、石原さんとの歌謡曲コンビでは、初めての楽譜でもまあ、リハーサル無くても意思疎通できるので大丈夫!

だいたいの曲だけ決めておいて、客席の様子を見ながらプログラムを変化させていきます。演歌吹いたら、それなりの年齢の方が集まって来たり、アニメソング吹いたら、やっぱりそれなりの年齢のお子ちゃまが集まってきたり。こちらの選曲で客席が操作しているようなところもあります。
「生演奏!おぉ~!」というようなお声も久しぶりに聞いた気がするなあ。

30分×2回の短い演奏でしたが、なんだか、自分のできることを丁寧に確認したような感じでした。

2月14日(木)にまたやります。
  1. 2013/01/18(金) 10:09:35|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

小久保まい受賞記念コンサート



15時に会場に入って、諸々の準備。
自分のこともあるけどね。
人が準備してるのをヘルプしてみたり。

そんなことしてるうちに、ぼくの伴奏者が東京からやってきました。

留学時代からのお友達で、自分のCDにも参加してもらっているギタリストの斎藤タクくんです。

小久保さんに、一つコーナーを貰えると聞いたときには、ピアノとデュオ?とかも考えたのですが。珍しいし、リハーサルとか必要ないし。ということで、わざわざ来てもらいました。

小久保さんのリハーサル聞いて、バリチューのリハーサルやって、小久保さんとのデュオやって。タクくんとのリハーサルやって。全てが良い方向に向かってるのがリハーサルしてて解るので、もう楽しみでしょうがない感じでした。

で、まあ、なかなか内容明かしませんでしたが、

一部
•小久保まいソロ(ピアノ伴奏付き)
管打コンクールの課題曲を数曲

2部
•小久保まい&クラリネットデュオ
•照喜名俊典ジャズコーナー(ギター伴奏)
•森の妖精スーザちゃんコーナー
•ユーフォマンどソロ(客席から登場)
•小久保まい&ユーフォマンデュオ
•バリチューによる童謡&静岡ローカルCMソングメドレー
•バリチュー&クラリネットソロによる、パロディ作品
•バリチュー&ギターによるチキン

アンコール
•小久保まいソロ(ピアノ伴奏)
•小久保まいソロからの出演者総出演

という盛り沢山な内容でした。
これでもまだやりたいこと減らしたんだそうです。

ほんとに、よくこんなことやり遂ました。

そしてまた、これを東京でなく、小久保さんの地元浜松でやったのがイイ!日本各地でこういうことが起こればもっとイイ!

打ち上げは、電車の関係で30分しか居ることができず。昨日、呑み過ぎでお腹の調子が悪く、昼間は結局肉まんの皮しか食べてなかったので、「食うゾ!」と張り切ったのですが、メンバーとものすごいわーわーきゃーきゃー言ってたら結局ほとんど食べず飲まずで時間切れ。終電で帰りました。

ちなみに浜松から自宅まで帰る終電は、22:49でした。コンサートやって打ち上げやるには早過ぎますわなあ。
  1. 2013/01/17(木) 00:36:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ハマイン!

明日の小久保まい受賞記念コンサートのリハーサルも兼ねて、前日の今日から浜松に入りました。

午前中から浜松市内某所にてバリチューのリハーサル。


和気あいあいと進みます。というか、話が脱線ばかりで笑ってばかり。それでもちゃんと煮詰まりましたけどね。

今回、静岡のご当地CMソングをバリチューで何曲かやるのですが、そりゃあ地元の人は歌詞がわかってるので、「じゃあ、『ぎゅうにくの~』のところからね。」とか「『こっここっこ』のところからね。』とかいう進め方するのですが、さっぱりわかりませんでした。ローカルCM恐るべし!

お昼ご飯を挟んでゆっくりみっちり、やっぱり笑いながら夕方までリハーサルしました。

ホテルにチェックインして。

明日は午後14時過ぎの会場入りということで、気持ちに過度の余裕がありました。

つまり呑み過ぎたということです。
  1. 2013/01/16(水) 00:29:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ぢゅんび!

昨日まで6日間連続でライブでしたが、明日、明後日の小久保まい受賞記念コンサートの為に一生懸命ユーフォを吹いて口慣らし。

6日間連続でトロンボーンとチューバしか吹いていなくって、2日後にホールコンサートってかなり恐怖です。

口がどうにかなっちゃってるだろうかと、こわごわユーフォを吹いてみたのですが、なんともなかったです。

良かった良かった。とはいえ、気持ちをスパッと切り替える方が難しかったですね。昨日までの濃密な日々。さようなら!なんてできません。

余韻を味わいつつ、次のことの準備をするという。つまり、もたもたしていたということなんですが。

明後日のコンサートでは、ギターとのデュオ15分のほかに、バリチューがあったり、クラリネットとの共演があったり、ユーフォマンが応援に駆けつけたりと、とにかく盛り沢山になっていて、それだけ受賞も大変なのです。

心ここに在らずで準備をしていたら、いろいろと予期せぬことが。

タキシード用のシャツが変色していてダメになってる!

明日のリハーサル後か、明後日の本番前に買うことにしました。あぁ。きちんとクリーニング出さないとダメね。あぁ。あぁ。痛い出費。

そして、パソコンが起動しなくなってる!メールで楽譜が届いてるはずなのに!かろうじて、一度リハーサルはしているので、アレンジャーさんにプリントして持ってきてもらうことに。

あぁ、これは状況が違ったらアウトだな。

ってなことで、否が応でも気持ちの切り替えができました。
  1. 2013/01/15(火) 23:51:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

6/6富安秀行音もダチ2レコ発





昨晩は「朝早く起きてみて大雪だったら早く出よう」なんて言ってたのだけど、朝起きてみたらなんともなかったですね。
というわけで、雨の中、ゆっくり出発。ゆっくり運転。三重県のライブハウス、マクサに14時の到着。

雨を気にして、スタッフさんがクルマまで荷物の手伝いにかけつけてくれます。あぁ、マクサに来たなあ。という感じ。もう、ものすごーくいろんな事をサポートしてくれて、演奏に集中させてくれるのです。で、決してそれをマニュアルでやってるわけではなく、先輩の姿をみて育ったとか、ひいてはマスターの姿をみて真似した。とか、そんな感じで。あぁ。良い演奏で返さなきゃな。なんて思います。

さて、会場入りした時点でこんなです。



セッティング待ちのミュージシャンと楽器たち。今日はまたまた大編成になってます。
富安秀行
・青空楽団てるてる家族
 (あらいなおこ・照喜名 俊典)
・北川 涼(Guitar.)東京
・末松 よしみつ (Violin, Mandolin, etc...)京都
・千葉 智寿(10holeHarmonica.)北海道
・秋本 節(Guitar, Clarinet.)兵庫
・本多 タコ坊(Percussion.)愛知
・吉崎 ひろし(Banjo.)奈良
・村治 進(SteelPan.)兵庫
・しーな&シュウ(Vocal. & ElectricBass)広島
・じぶこん (ディジュリドゥ & 喉歌)東京
・朋郎 (和太鼓 & 篠笛)東京
・りぶさん(Chorus)東京

さらにホスト役として、男友達(高田エージ・中山剛)のお二人も!

これだけの人数で、音量も性格も違う楽器がごちゃまぜになって、しかも、ユニットごとに立ち位置が変わったりして。こんなサウンドチェックってものすごーく大変なはずなのですが、ものすごーくサクサク進みます。まー気持ちいいのです。ミュージシャン側も「ま、何があっても大丈夫なんだけどね。」なんて顔してます。

というわけで、リハーサル終了してほんのちょっと休憩して、すぐに開場。

今日はホストによるオープニングの後、各ユニットによるミニステージ、後半はCDの曲順で全曲!という構成。

お決まりのようになりましたが、始めから決まっていたわけではなく、ツアーする中で積み上げられていったものです。編成にもちょっとずつ変化があって楽しい楽しい。

CDの曲ももうすっかり皆で駆け引きを楽しんでます。

あ、そうそう、最後の最後の曲は、わたくしスチールパンでした。ホーンのパートが無いので手持ち無沙汰になるなあと思っていたら、スチールパンの村治さんから簡単なラインを任されました。そんな、誰がどこであぶれているなんてことまで気を遣ってくれてー!

ものすごいエネルギーが込められたステージになりました。よくもまあ、こんな一癖も二癖もあるような人を、これだけの人数を纏められるものです。しかも6日間。みんな好き勝手動いてるようで、立ち居振る舞いをわきまえているんだろうな。






終演後、会場にて盛大に打ちあげ!
呑んでませんが。

別れを惜しんで、2周半くらい握手して回って帰路に就きました。お世話になりました皆様、ありがとうございました。
  1. 2013/01/14(月) 18:15:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

5/6富安秀行音もダチ2レコ発



本日の会場は、愛知県刈谷市の美味しいハンバーガー屋さん、サンダンス。浜名湖からはクルマで一時間くらいということで、浜名湖でゆっくり!

ではなく、会場入り時間が12時でした。

本日の参加ミュージシャン。
富安秀行
・青空楽団てるてる家族
 (あらいなおこ・照喜名 俊典)
・北川 涼(Guitar.)東京
・末松 よしみつ (Violin, Mandolin, etc...)京都
・千葉 智寿 (10holeHarmonica.)北海道
・秋本 節(Guitar, Clarinet.)兵庫
・村治 進 (SteelPan.)兵庫
・じぶこん (ディジュリドゥ & 喉歌)東京
・朋郎 (和太鼓 & 篠笛)東京

という面々。もう、数えるの辞めましょうね。

本日の趣旨、各20分のステージを休憩挟みながらどんどんやる!というもの。お客さんにチャージはかからず、飲食代だけで、いろーんなステージが見れてしまうという、なんともお得なものでした。投げ銭頂きましたけど。

そんなステージが13:00から19:00まで続くという。

これは楽しかったなあ。一緒にいる間に、ミュージシャン同志でおしゃべりなんかもたくさんして、「え、ずっと一緒にやりたいって思ってたの!」「え!わたしも」なんて会話がどんどんでて来て、人のユニットに混ぜてもらうなんてことも自由にやってました。

こういうの、楽しいんですわ。打ち合わせだけで、始めてのメンツでお互いを刺激しながらバキンバキンに集中して演奏するって。

長丁場でしたが、そんなことは微塵も感じない楽しい時間でした。始めから最後まで居たお客さんもいらっしゃいましたよー。うん、楽しかったろうなあ。

早目の終演。

今晩の宿は我が家。銭湯行って、中華料理店で打ち上げ。

始めて夜遅くまでもちました。(頭が)
  1. 2013/01/13(日) 22:44:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

4/6富安秀行音もダチ2レコ発







愛知県新城市の会場から本日の会場である浜名湖畔のライブハウス、ワッツへはどうもクルマで30分くらいらしいのですが、ぼくは午前中に地元でお仕事があったので、朝早く一人、新城市を出ました。

お仕事終えて、せっかくだからと帰宅したら誰もおらず、お風呂入って味噌煮込みうどん食べてすぐ出発!

14時の会場入り。浜名湖って今までは夏にしか来たことなかったんですが、ボートやら水上バイクがいないと、こーんなに静かなんですね。あー、素晴らしい眺め!

さーて、ミュージシャン続々と集まって来て、お待たせしました!奇跡の全員集合!

本日の参加ミュージシャン。
富安秀行
・青空楽団てるてる家族
 (黒田かなで・あらいなおこ・照喜名 俊典)
・北川 涼(Guitar.)東京
・末松 よしみつ (Violin, Mandolin, etc...)京都
・千葉 智寿(10holeHarmonica.)北海道
・秋本 節(Guitar, Clarinet.)兵庫
・本多 タコ坊(Percussion.)愛知
・吉崎 ひろし(Banjo.)奈良
・永田 たかし (SlideGt.)愛知
・村治 進(SteelPan.)兵庫
・しーな&シュウ(Vocal. & ElectricBass)広島
・じぶこん (ディジュリドゥ & 喉歌)東京
・朋郎 (和太鼓 & 篠笛)東京
・田ノ岡 三郎 (Accordion.)東京
・りぶさん (Chorus)東京


ババーン!総勢22名!もう、大変なことになってます。

時間だって、17時から22時までやってます。

各ユニットやソリストが10分ずつのコーナーやったりしても、一本分のライブの長さありました。

そして、2部は今までに倣ってアルバムの収録曲を全曲、アルバム通りにやっていくという贅沢。なんてったって、みんな居るからねえ。すごい。

終盤に向かって盛り上がる中、ステージ上の人数多すぎて、ぼくは一曲、ステージまでたどり着けなくて諦めました。無念!!

そして打ち上げが盛大に!

という感じではなく、これだけのミュージシャンが奇跡的に集まったのは、奇跡的にこの瞬間だけ時間が合ったということで、ここでまたすぐ移動!という方がたくさんいらっしゃいました。

コタツを無理やり10人ほどで足突っ込んで、お正月のような打ち上げでした。そしてやっぱり朝早かったので、早めに寝てしまったのです。寝てしまーったのでーす!無念!
  1. 2013/01/12(土) 14:30:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3/6富安秀行音もダチ2レコ発







レコ発ツアーもなか日を迎えました。
今日の会場は、愛知県新城市のモザイクタイルのアトリエ。このCDがレコーディングされた山あいの小さなアトリエです。

ぼくにとっては、夏の終わりの楽しいレコーディング合宿の思い出が有るのですが、富安さんや、その他のミュージシャンにとっては、それ以上の思い入れがある場所です。

今は家主の居ないこのアトリエ、家主が存命の頃から、ここでライブをやっていたそうです。そんな流れで「ここでレコーディングさせてよ。」ということになった直後にモザイクタイル職人さんは亡くなってしまったそうです。その後しばらくして、どうしてもここでレコーディングしたいという旨を建物の所有者に相談した後、使用の許可を貰ったと。そういういきさつがあります。アルバムの中には、そのモザイク職人さんのことを歌った曲も有り。今晩は、職人さんの関係者さんや、オーナーさんなんかが集まる、特別なライブになるということでした。


会場に着きまして、やっぱりセッティングやサウンドチェックなんかは、時間がかかる人からやるもので、ぼくは、しばらく声がかかりそうになかったので、崖下の川っぷちまで降りてみました。

レコーディングの時にはね、朝早く起きて、レコーディングエンジニアさんと釣りしたりして。(めざしほどの川魚が釣れました)

とにかく楽しかったので、いてもたってもいられなかったので、降りてみましたら川辺は氷ってました午後15時。まーそんなに寒いですか。そーですか。

魚はさすがにいませんでしたが、氷割ったり川底の模様を見てるうちにすっかり日が傾いていて。慌てて引き返しました。

何と無くサウンドチェックは終わっていて、暖炉の横でセッションが始まってます。

今日のメンバー。
富安秀行
・青空楽団てるてる家族
 (黒田かなで・あらいなおこ・照喜名 俊典)
・北川 涼(Guitar.)東京
・末松 よしみつ (Violin, Mandolin, etc...)京都
・千葉 智寿 (10holeHarmonica.)北海道
・秋本 節(Guitar, Clarinet.)兵庫
・本多 タコ坊(Percussion.)愛知
・吉崎 ひろし(Banjo.)奈良
・村治 進(SteelPan.)兵庫
・哲郎(和太鼓 )東京

という12人でした。北海道から10ホールハープ奏者の千葉さん!

セッション始めてたのは、バイオリン、バンジョー、ギターの面々。ものすごーくイー感じです。そこに更にハーモニカが入って。

ぼくも入りたかったんだけど、雰囲気壊すの解ってたんです。なんというか、途端に生々しくなるんですねえ。音の発生源が体の一部っていうのは、時にこんなことになっちゃうんだなあ。だから、参加しませんでした。

本日は、開場してから、開演まで、お客さんとワイワイやりながらこのセッションを見て、その後、本編がスタートという流れです。

このセッションのホストはバイオリン奏者の黒田かなでさんで、黒田さんが、メンバーや曲をピックアップしてくのですが、ぼくは、「ひょっとして呼ばれるかな」と、ドキドキしてたんですが、やっぱり呼ばれませんでした。ほらね。やっぱり、さり気な~感が無くなるんですわ。

本編は、お客さんがフローリングに座って見るという感じ。ぼくも低い椅子に座ってやりました。

ステージはつつがなく楽しく進んで行ったのですが、休憩を挟んだ後、モザイクタイル職人さんのことがアナウンスされ、アルバムに込められた思いが話され、曲のタイトルと同じ名前のお酒が振舞われ、曲がスタート。すすり泣く声の中での演奏でした。小さい編成での演奏だったので、ぼくは後ろから見てるだけだったのですが、本当に良い機会に参加させて貰っていて、良いミュージシャンに囲まれているなあと感じて。ミュージシャンの音も泣いてました。

ライブは最終的には大盛り上がりで終了し、そのまま打ち上げへ。

今日は宿泊なので、2日分の遅れを取り戻すべく、ハイペースでいきました。そして早々に寝てしまいました。これはまだ遅れてるな。
  1. 2013/01/11(金) 10:56:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2/6富安秀行音もダチ2レコ発



レコ発ツアー2日目は、愛知県犬山市の街屋を改装した喫茶店、ふうにて。これまで何度かお世話になってます。

午前中は岐阜にいたのだけれど、この岐阜市から犬山に行く道って、なかなかバビューンと進めないのです。リサイクル屋さんだらけで。楽器やら機材やら、気になりますわなあ。

ゆっくり進みながらも、時間に余裕を持って会場入り。

本日の参加ミュージシャン。

富安秀行
・青空楽団てるてる家族
 (黒田かなで・あらいなおこ・照喜名 俊典)
・北川 涼(Guitar.)東京
・末松 よしみつ (Violin, Mandolin, etc...)京都
・千葉 智寿(10holeHarmonica.)北海道
・秋本 節(Guitar, Clarinet.)兵庫
・本多 タコ坊(Percussion.)愛知
・吉崎 ひろし(Banjo.)奈良
・村治 進(SteelPan.)兵庫
・哲郎 (和太鼓 & 篠笛)東京

東京から、和太鼓奏者の哲郎さんが加わって11人!

小さなカフェ、ふうさんの客席は最大20人!

もうね、セッティングしてるときから、こっちに動けばこの人の邪魔をし、あっちに動けば譜面台ひっかけと大変でした。
しばらく、そんな様子を外から眺めてました。
ぼくは、電気使う人やパーカッションの人なんかと比べると、圧倒的にセッティング少ないですからね。

かるーく。それでもほぼ全曲リハーサルして。ほぼ休憩無く本番。

「ひょっとして、ミュージシャンのほうがお客さんより多かったらどうしよう。」なんて声もありましたが、蓋を開けてみれば、そんな心配は無用でしたね。

満員のお客さんに見下ろしてもらいました。(座席が客席、土間がステージ。こういうの好き。)

本日も、前半は奏者の紹介を兼ねて小さいユニットがたくさんでて来て。これ、ショーケースみたいで楽しいなあ。昨日とパートナーが同じ人もいれば、まったく違うタイプの人とやってる人も。ぼくは前者でしたが、そこにパーカッションが加わりました。

後半、こ慣れたと思っていた楽曲に、和太鼓が入ってくることで、まるっきり別物の演奏になってました。まあ、そういうもんでしょうけど。

楽しい演奏はすぐに終わって、打ち上げへ突入。ものすごーい量のお酒が振舞われてましたが、ぼくは帰宅組ということで、美味しい料理だけ堪能しました。
  1. 2013/01/10(木) 03:34:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1/6富安秀行音もダチ2レコ発



やってきました、ボーカリスト富安秀行さんのレコ発ツアー初日。

日を変え品を変え、CDに参加したミュージシャン総勢22人が皆出演するという。毎日参加という人も有れば、一日だけ参加など、いろいろな人がいますが、とにかく、皆来るのです。ぼくは毎日参加ということで、皆さんにお会いできるー!

初日の今日は、12人!本郷のアルマジロでのライブです。

会場に入ったら、ぞくぞくと皆さん集まってきました。

ということで、本日の参加ミュージシャン10人!

富安秀行(guitar vocal)

・青空楽団てるてる家族
 (黒田かなで・あらいなおこ・照喜名 俊典)
・北川 涼(Guitar.)東京
・末松 よしみつ (Violin, Mandolin, etc...)京都
・秋本 節(Guitar, Clarinet.)兵庫
・本多 タコ坊(Percussion.)愛知
・吉崎 ひろし(Banjo.)奈良
・村治 進(SteelPan.)兵庫

もうね、リハの段階からものすごいドライブ感でウホウホなのです。楽しくてつい吹すぎるのを自制するのに必死。変な色気を出さないで、人がオイシくなるように。

出来上がりのCDはすでにいただいていて、何度も聴いているので、目の前にCDの人がいるのがなんだか不思議な感じ。(詳しく読めば書いてあるのだけれど)「この曲のこの音を出してるのは誰だろう?」「こんな引き出しはぼくには無いけど、これ誰だろう?」なんて思ってたことも全て解決!「あらー!あなたでしたか!」なんて感激。

初日のライブは、謎解きに似たような楽しさがありました。

今回のツアーは、帰れる範囲のところは帰っておこう。ということで、打ち上げもそこそこに、早く帰宅しました。
  1. 2013/01/09(水) 03:33:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

CMオンエアになりました

「これ、自分が吹いてます!」って言うの、みっともないとは思いますが、やっぱり嬉しいので言っちゃいますが、年末に大阪で録音したCMが北海道で流れているようです。

チューバとテノールホルン2声吹いてます。



メンバーはファンファーレ・ロマンギャルドのみなさん。
リーダー瀬戸さんのオリジナル曲です。

トルコ風の曲を作ってトルコの歌手に歌ってもらってと。
こういうこと、瀬戸さんならぱっとできますわなあ。しっかし、トルコ人の歌手の知り合いまでいるんだからすごいなあ。

ぼくは、これが本当にトルコ語なのかどうか解らないので、トルコ在住の大学の後輩に見せたら、ちゃんとトルコ語でした。

さてさて、今日は雑務の日でしたが、いろんなことが決まりました。

2月2日(土)にチューバマンショーが八王子の中学校のコンサートにゲストとして呼んでもらいました。
これ一本の用事だけで上京するのはもったいないので、前日にもお仕事を組むことにしてたのですが、それがイー感じに決まりました。(チューバマンは多忙のため、ぼくのみのお仕事です)

八王子市内のバーにて、誰でもアドリブが吹けるようになるセッションみたいなものをやります。
詳細もほぼ、決まっているのですが、実務をしてくださっている方の発表があってから、こちらでも詳細を載せたいと思います。

2月1日(金)は八王子へゴー!
()
  1. 2013/01/08(火) 01:13:17|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

言えた柄じゃないですが

「会社辞めてミュージシャンになる。」という人と会っておしゃべりする機会がありました。

音大出て音楽辞めちゃう人たくさん居ますが、ほんとに寂しいです。
わざと言葉を雑にしますが、ちゃんと考えてる人が、ちゃんと食べていけると楽しい。
どんな素質が必要かなんて解りませんけど。

ぼくの行っていたアメリカの大学は、入るのが簡単で、卒業するのが難しく。
中途半端な気持ちで入ってくる人をバンバン切り落とす代わりに、それでも頑張ってる人には、教育コースや楽器リペアコース、もしくは、音楽と関係ない学部への転科など、いろいろなプランが待ち構えていました。
学生でいる間に、自分の好きなことが仕事になるかどうかを試されて、ダメそうなら他のお仕事行きなさい。と、職業適性検査みたいなことをされてるのです。

そんな過去を経験してるから。というわけじゃないですが、ちゃんと考えている音楽家と対峙するのはほんとに楽しいです。
  1. 2013/01/07(月) 03:04:51|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

涙のお仕事

どこで演奏されるかは、まだ言えないのですが(アンコール用だから)ソロトロンボーンと、ラージトロンボーンアンサンブル用の楽譜というのを依頼されてました。

本当は昨年末までという締め切りだったんだけど、年末年始と風邪でダウンしていたので伸ばしてもらいました。
課題はコチラ。
Chuck Mangione 「B'Bye」
http://youtu.be/t6Ngy9Q-qZY

マンジョーネというと、Feels So Goodしか知りませんでしたが。こんな名曲もあったんですね。
この曲、ある人の人生の節目のコンサートに送られることになってるのです。

音源は去年適当に聴いていて、「あ、これなら一晩でできるかな」なんて思ってたのです。

が、実際にアレンジするために聴き込んでみると、作業量的にはその通りだったのですが、音というか表現にヤラれてしまって、もう泣きながら作業することに。
聞き流してたときには、「なんでこんな演奏ミスしてるテイクを採用してるんだろ。」なんて思ってたのですが、そういう問題じゃないんですねー。ああ。。。ほんとにそういう問題じゃないんだなあ。

というわけで、変な理由で、一日では完成せず。

しっかし、誰かにプレゼントとか、気持ちのこもったお仕事に関われるっていーですねー。
  1. 2013/01/06(日) 02:07:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トクゾーお年玉ライブ

いつもお世話になっているライブハウストクゾーは、年の初めには「お年玉ライブ」と称して、地元出身のアーティストを中心に対バン企画をやっております。
ベリーダンサーmasamiさんのユニットとして初めて出演させていただきました。

対バンは、いとうたかおさんと、the Sing 2 Youさん。いとうたかおさんは、浜名湖のフェスで毎回拝見しておりまして、the Sing 2 Youさんは、今池の公園でのお祭りでお見かけしてました。

開場入りしてご挨拶して、the Sing 2 Youさんに「あのー、実は、今池のお祭りでお見かけしてます。」と言っても、伝わらない感じで。無理も無いです。

ぼく、これでしたから。
souza.jpg

これの写真見せたら「あ!見たことある!」と言っていただけました。

トクゾーの1階部分のテナントに変化がありました。
なんと、沖縄ソバ屋さんができてるではないですか。
ライブ開場の周辺で何を食べるかって結構な楽しみなんですが、こりゃまた楽しみな店が増えました。

本番は、こんな感じです。トクゾーの臼井さんがアップしてくれました。
是非、低音の出る環境で見てみてください。アコーディオンとかダラブッカとか、低音がシビれます。

都丸智栄 アコーディオン
照喜名俊典ユーフォニュウム
永田充 ダラブッカ
masami ベリーダンス




動画ではわかりにくいですが、ダンススペースを確保するために、モニタースピーカーが奏者の横に縦に置かれておりまして、これもなんだか面白かったなあ。

こんな。


終演後もずっとお店でワイワイやって、終電で帰りました。
仕事始め、バッチリ決まりました。
  1. 2013/01/05(土) 03:46:54|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

正月あけましたが

まだ積極的に仕事のこと忘れてます。

新年会にお呼ばれして行ってきました。

確実に美味しいものが待っているのが解っているので(北海道物産展)どう頑張っても美味しいもので対抗はできないので、手土産は珍しいものにしました。

一番近所にあるスーパーは、チェーン店でなくて、大好きなのです。
普通の大手スーパーには無いような、地元の郷土料理とか、見たこともないような名前の魚(魚自体は他の地域にもあるだろうけど地元だけの呼び名の)が並んでたりと、ワンダーランドなのですが、ここでフナ味噌を買っていきました。

川魚文化。

実は、食べたことはないのだけど、きっとクセのあるものに違いない。ひっひっひ。

パンデイロちゃんセットで、電車でということで、早めに行って早めに引き上げましたが、がっつり新年会やりました。これで、気持ちのリセットができそうです。

クリスマスからずっと風邪引いてて何もできなかったのー!ようやく治ったのー!


あ、フナ味噌は、川の存在感溢れる珍しい味でした。
女子は手もつけなかったゼ!はっはっは!
  1. 2013/01/04(金) 12:40:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

正月ですが

昨日に引き続き、積極的に寝てましたが、灯油が切れたので、しょうがなくホームセンター行きました。

じつはやらないといけないアレンジ仕事が有るのですが、正月の間は積極的に忘れるようにしています。

ホームセンター流して、スーパーで鍋の材料買って、台所で飲みながら料理して。もうこの時点で、いまからアレンジやるぞーってはなりません。
  1. 2013/01/03(木) 12:39:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

正月ですが

積極的に寝てました。
ほんとになんにもしていません。積極的に。

寝返りくらいしました。しょうがなく。
  1. 2013/01/02(水) 12:35:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ