GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

年越し成功

楽譜の締め切りが有ったりして、ぜんぜん一年の区切りという気分ではないですが、これだけは外せません。

年越しソバ。年越しソバというイベントが命なのです。過去には年越しソバでコケて泣いたことも有ります。

今年は、リハーサル用、本番用、保険用と、三段構えで望みました。この他に、実家でも出てくるであろうとの予測を立てていたので、実際には四段構えです。

これだけ有ったら、1食か2食は、来年に持ち越しだな。と、もはや年越しソバの定義もなにもないですが、いいのです。


さて、結果からいうと本番大成功でした。本番用のソバには汁がついていたのですが、「油断できない!」と味見してみたら、案の定、いま一つな感じで。あれやこれや手を加えて。

大満足で年を越すことができました。
  1. 2012/12/31(月) 12:19:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

美光大忘年会



今年もやってまいりました、焼肉美光の大忘年会。留学から帰ってきて、お仕事もなんにも無い時に、週イチでどソロで演奏の機会を与えてくれた大切な場所です。

音楽付きの忘年会は毎年恒例となりましたが、今年はギターボーカリスト富安さんと、パーカッション田口美郷さん。

「えーっこの雨の中でかけるの?」ていうくらいの悪天候でしたが、意地でも電車ででかけました。楽器と機材とマイクスタンド担いで。

今日の出演者、お二人とも最近CDをリリースしたばかりです。富安さんのCDには、わたくしもユーフォニアムとチューバとトロンボーンで参加しています。田口さんのほうは、自分で書いた曲もCDに収録されているということで、お互いのオリジナル曲を披露しました。(CD売れるように)

リハーサル終えて、田口さんがすっとスプーンを取り出して、富安さんに講釈を受けておりました。富安さん達人ですからね。こういう抜け目のないところいいですね。さすが!

美味しい焼肉いただきまして、演奏はブリブリに盛り上げまして。
鬼頭ブラスで田口さんとコンビを組んでおりますバーカッション中西さんも登場してさらに盛り上げまして。

打ち上げでは、お世話になっております衣装デザイナーさんのTS5さんもいらっしゃったのですが、富安さんと中西さんと、ファッション談義が始まったのです。服のメーカーなんて、グンゼしか知らないぼくは、どーんと置いていかれたのです。
  1. 2012/12/30(日) 11:29:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あらまーというくらい

ジャズの理論や知識を全く知らなくても、アドリブが吹けるようになる方法というのを確立してから3年くらい経ちますでしょうか。

今日も一人、あっという間にアドリブが吹けるようになってしまいました。

アドリブって、適当に吹くということでなく、自分の音に責任を持つということですからね。こういう人が世の中に溢れたらそりゃあ楽しいな。あぁ、ビデオ撮っておけばお仕事増えたのにぃ。

一方、きっちりと理論を固めないといけない場面も。アメリカの大学入試対策なのですが、旋律的短音階って、ジャズ的に言うと、行きも帰りも「行き」なんですって。今更ながら確認。

  1. 2012/12/29(土) 08:09:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

石原さん発表会



朝早く会場へ。久々の通勤電車にのりました。まあ、大したことなかったので良かったですが。なんだか気が引けますね。ミュージシャンが乗ってすいません。

会場入りして、子供達の合唱のばリハーサル。お手伝いに、普段お世話になっているリペア工房の方がいらっしゃいました。

数日前、

「楽譜貸して欲しいんだけど。」
「いいですよ。28日、名古屋市内にいますけど、落ち合うとか。」
「名古屋市内どこ?」
「千種」
「あ、俺も千種にいるからちょうどいい千種のどこ?」
「小文化劇場です。」
「え?でるの?手伝い頼まれたけど!」

みたいなやりとりがありました。

リハーサル滞りなく終わって、近所の好きなラーメン屋行って。ここ、いつも親子の店員さんが喧嘩しているので、嫌いにならないのに必死です。

夕方の本番まで控え室でゆっくりまったり。練習もしたり、お手伝いの学生さんとおしゃべりしたりして。結構なエネルギー使ってしまいましたが、気を取り直して本番!

ステージに出たら、楽譜を控え室に忘れているということをやらかしてしまいました。うーん。こういうミスは普段無いんだけどなあ。失礼しました。

本番は、上手くいきました。子供達も本番が一番良かったですね。

20時頃から打ち上げ始まったのですが、日付けが変わるまで盛り上がってました。
  1. 2012/12/28(金) 17:44:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石原さん発表会リハーサル

ピアニスト石原さんの発表会にゲストとして出演させていただきます。

前にも書きましたが、ピアノの発表会とはいえ、ピアノ発表、合唱、シャンソン、ゲストステージの4部構成、出演者、スタッフ総勢200人(うそ。知らない)の壮大なファンタジーなのです。

ぼくも、ソロ演奏の他に、合唱曲のオブリガードや、兄貴分のユーフォ奏者の水野さんとのデュオなどいろいろと盛りだくさんです。ぼくも水野さんもバルブトロンボーン吹きます。2本揃うって本当に珍しいですね。

余談ですが、会場で、再三、貴重品は常に目の届くところに置いておくようにと言われました。なんでも、劇場専門のドロボーが出てるそうで。なんというか、公演の最中って通常の精神状態じゃないから、スキだらけなんですよね。さては、元ミュージシャンだな。

明日、手ぶらで来れるように、楽器置いて帰りますが、明日、楽器有りますように!

  1. 2012/12/27(木) 09:05:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

masami and di'anaベリーダンスナイト

何度もご一緒させていただいております、ベリーダンサーのmasamiさんと、そのお姉さん!ダンサーのDi'anaさんとの初の共演。お二人とも同じ顔してて見間違えます。バンドは、ザッハトルテのアコーディオン奏者の都丸さんと、ファンファーレ・ロマンギャルドでご一緒させていただいております、アラビックパーカッションの永田さん。

会場入るまでに楽しいことがありました。
今回、ゲスト奏者として、初めてご一緒させて頂くアコーディオン奏者さんがおりました。秦コータローさん。

たまたま、今池駅へ向かう地下鉄の隣に乗ってきまして。面識ないぼくは「あ、これ、アコーディオンのケースだなあ。今日のライブの関係者かなあ。でも、そうとも限らないよなあ。あ、ケースから、楽譜がチラッと見えてる。これでどんな曲やるのか解ったらまだ話しかけられるのだけど。。。」なんて思いながら、結局話しかけられずにいたのでした。

そういうぼくは、チューバを風呂敷に包んで、フリューガボーンを持ってたのですが。

で、今池駅に到着して、お互いがお互いの動きを観察しながら、でも、話しかけられないでいるまま、今池駅のホームに降りたところで、秦さんから「あの、てるき(なさんですよね)」と話しかけられたのだと思う。にかぶせるように「ですよね~!!」とつっこみました。

リハーサルをちゃちゃっと終えて、お客さんがどんどん入ってきます。あらかじめ、満席御礼の報告いただいておりました。ありがたや。

ベリーダンスのイベントということで、お客さんもダンサーさんいっぱい。髪が長くて、目元のあたりが独特の妖艶なメイクで。

ライブ始まり、それはそれは大いに盛り上がったのですが、やっぱりお客さんが見てるのはダンサーさん。本日2度目の「ですよねー。」でした。

ダンサーさんお二人、実の姉妹なのですが、やっぱり身体の動きが似るんですね。そっくり。これは、当日のライブの様子ですが、都丸くんが2人の紹介を左右間違えてます。そりゃそうだわ。

http://m.youtube.com/#/watch?v=w1mgtyBCM80&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3Dw1mgtyBCM80&gl=JP
  1. 2012/12/26(水) 00:05:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

街へ

どういうことか解らないのですが、たまたまのオフ日で、街へ出かけたらクリスマスだったという。人ごみ苦手なのでヨワりました。
でも、そんなに街全体が浮かれた様子もなかったなあ。

帰宅して夕方に、家の用事を済ませにホームセンターに行ったら、店内はすっかりお正月使用でした。

はっはっは。実際、クリスマスの雰囲気なんてイブまでで良いのだよ。はっはっは。

トイレットペーパー買って、灯油買って、一年もたなかった灯油のポンプ買って、庭につけるセンサーライト買って、乾電池買って。ケーキとか買ってないぜ、はっはっは。
  1. 2012/12/25(火) 11:37:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ポリゴン楽団クリスマスパーティ

とある老人ホームにて開催されたクリスマスディナーパーティにて、ポリゴン楽団で演奏。食事後からデザートまでの30分。

ジャズバンドでこんなに老人ホームでの演奏が喜ばれるバンドなんて他に無いのではないでしょうか。何てったって、題材がわらべ唄や童謡。とってつけたのでは無く、普段からわらべ唄や童謡。
和音がオシャレにはなってますが、題材自体ががシンプルで、ものすごい力をもっているので、ぜーんぶ喜んでいただけたかと思います。

一つ気がかりだったのは、衣装で真っ赤な蝶ネクタイを支給されたこと。顔がね。アツいからね。たぶん、喧嘩してたのではないかと思われます。

帰りがけ、入居の方のご家族の方から、「認知症の母が喜んでました。」なんてお言葉をかけてくれて。「ああ、こういう仕事してて良かったな」なんて思うのでした。
  1. 2012/12/24(月) 19:55:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブラスジャンボリーin京橋

朝10時に大阪市の京橋駅に集合。
チューバマンショーとしては2回目になります、吹奏楽のイベント、ブラスジャンボリーにゲストとして参加しました。



吹奏楽愛好家が集まって、その日限りのコンサートを作ろうというイベントで、今回集まったのは、200人!午後イチでリハーサル開始。15時半から1時間のコンサートというスケジュールです。

リハーサルからチューバマンショーです。当たり前ですが。

内容は
•ファンファーレ
•エルザの大聖堂
•76本のトロンボーン
•勇気100%
•チューバマンショーとBbで遊ぼう
•宝島
•ビリーブ

です。まあ、こうやって書くとなんてことないのですが、まず、ファンファーレ。

このイベントの為にぼくが書き下ろしました。初演ってやっぱりドキドキしますね。上手くいって良かった良かった。

エルザの大聖堂。これ、チューバマンが指揮です。もちろんマスクも被って。これは、相当変な画です。76本と勇気100%は、チューバマンショーの2人はバンドの中に入って。これもたいがい変な画です。

チューバマンショーとBbで遊ぼうというのは、リズム遊びみたいなもので、アドリブプレイへの入り口的なことをやりました。そして、チューバマンショーの2人の宝島から、みんなの宝島へ。ビリーブは、お客さんに唄ってもらいました。

いろいろと仕組んでいたことが、全てうまい具合にいって。本当のガッツポーズができました。本当の?

これも、参加者やスタッフの皆さんの下準備のおかげというのは、重々承知しているのですが、打ち上げで楽器屋さんや、ヤマハの方とお話させていただけましたら、そんなことがよーくわかりました。皆さんが考えていること。野望やら情熱やら。ひしひしと伝わってきて、それはそれは気持ちの良いひとときでした。

この日は、リハーサルの時からビデオ撮影があったので、いずれ何らかの形で公開されるんではないでしょうか。


このイベントを通して思ったんですが、素顔のままで会場内をうろうろしていても、誰にも気づかれないって、ものすごーく楽!はっはっは!

最終の新幹線で帰りましたが、さすがに寝てしまいましたとさ。
  1. 2012/12/23(日) 19:26:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

おと自慢コンテスト



滋賀県長浜市の楽器屋さんの主催で開催された、中高生の発表会、おと自慢コンテストにチューバマンショーとして、ゲスト演奏、並びに審査員として行ってまいりました。

まずは、朝早く家を出て、新幹線で米原まで。そこから在来線で長浜まで。

例によって、ドタバタと準備をしていたので、朝ごはん食べ損ない。
「名古屋駅できしめん食べるか、米原駅で蕎麦たべるか。」という2択だったのですが、米原駅でそばに、なりました。いつもは、なんだか夕方とかに乗り継ぎで来ると、閉まってるんですわ。米原駅ホームのそば屋さん。

米原から長浜まで、乗り継ぎの時間が30分あるということで、期待していたんですが、果たして開いていました。

長浜駅でチューバマンと合流。
この、見知らぬ土地でバンドメンバーと合流ってなかなかテンション上がります。(厳密に言うと、長浜は割と近所。ツーリングで通ったりしてるんだけどね)

会場に入って地元の楽器屋さん制作のゆるいチラシやプログラム見て、更にテンション上げて。いやー。そりゃ、良いイベントでしょうよ。


地元の中高生の皆さんのアンサンブルの発表会という雰囲気でしたが、内容により、賞があたえられるとのこと。チューバマンショーとして、審査員をやらせていただきました。

グランプリ、技能賞、など、いろいろとあるなかで、チューバマンショーの気になる人に与えられる賞は、チューバマン賞だそうです。

へへへ。こういうのもさらに楽しいですね。

参加者の皆様の演奏は、いろいろでしたが、楽譜をもとにした演奏でなく、耳コピをして演奏した団体さんが、グランプリを受賞しました。客席から「はぁ~っ」ってため息が漏れてましたからね。決まりでしょう。

コンクール終わり、チューバマンショーの演奏終わり、表彰式終わり。写真撮影終わり。

チューバマンショー初の滋賀県公演は、十分な下地作りをすることができました!
  1. 2012/12/22(土) 23:55:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ポリゴン楽団クリスマスディナーパーティ

岐阜県瑞浪市のゴルフ場にて、ポリゴン楽団+ジャズボーカリストの粟田麻利子さんという組み合わせ。

このゴルフ倶楽部という会場ですが、ずいぶんと前に一度、別のゴルフ場で演奏したことはあるのだけれど、何せゴルフがさっぱりなので雰囲気解らず。

そして、会場の検索が甘く、よく似た別のゴルフ場に行ってしまいました。時間的にはかなり余裕を持っていたので大丈夫だったのですが。みちみち「帰りにはこのラーメン屋に寄ろう」とか観察していたのが、パーになりました。

正しい現場に到着して、全貌が明らかになってきたのですが、クラブハウス内のレストランでのディナーパーティでした。

ぼくは、何となくスキーのあれ、何て言うんだっけ?カレーやらうどんやら食べるところ。何と無くああいう雰囲気だと思ってたんですけどね。ぜんぜん違いましたね。失礼しました。

ホテルの大広間といった雰囲気の会場で、金屏風を背にしての演奏。


まあ、これは来てみないとわかんないなあ。サウンドチェックして、リハーサルして。いー雰囲気で、会場のスタッフの方もニコニコと見ていてくれました。

ゴルフ場のディナーパーティには、どんな人がどれくらいくるのかというのが、まるで解りませんでしたが、蓋を開けて見ると、家族連れで満員になりました。へー。

普段のポリゴン楽団を知る方もいらっしゃいまして、そんな方からは「みんなおしゃれで違うバンドに見えました」とのコメントなんかもいただきましたが、それは、場をわきまえて。ぼくなんて、一言も喋ってないですからね。

本番無事に終えて、アンコールが何回か。一回分しか用意していなかったのだけれど、こういう時の的確な対応力で、「あぁ、経験値の高いミュージシャンに囲まれてて良かったな」なんて思います。

終演後、名古屋駅の焼肉屋さんで開催されていた忘年会に滑り込みセーフで顔を出す。これが、とても濃密な時間でした。

帰宅後、明日からの遠征の荷造り。
  1. 2012/12/21(金) 10:38:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3年分喋る


ヤング相手にスイングの仕方を教える機会が有りました。先日、雑誌にアドリブが誰でもできるようになる方法が載ったよ!なんて言ったばかりですが、アレは初めはなるべくスイングしません。ノリとかそういうのはまた別の話で。

一番手っ取り早いのは体を動かして手を叩いたり足踏みをしたりすることだと思ってるので、そんなことをやりました。喋って飛び跳ねて笑って吹いてなんてことを短時間でギュッとやったのですが、さて、本番どうなるだろうか。

あー、よく喋りました。
  1. 2012/12/20(木) 10:03:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

発表会リハーサル

年末にある、ピアニスト石原さんのピアノ教室のリハーサルを朝から。

いろいろと演目有りますが、一曲、オリジナル曲を演奏することになりまして、そちらの合わせを。

オリジナル曲やるって良いですね。

何が良いって、楽譜持っていかなくて良いですからね。あと、練習しなくても覚えてますからね。石原さんにしてみたら、知らない曲が出てきて困るかも知れないですけどね。

2回通しただけでオッケーということになり、あとは果物食べながら雑談しておりました。果物でお腹がいっぱいになりました。
  1. 2012/12/19(水) 19:23:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

喘息治る

喘息の専門的な治療を受け始めてから初めての冬ですが、快調です。うん、冬に咳をしていないなんて、どうしちゃったんだろう。って、治ったんだろうということですが。月イチで経過報告のため通院してますが、なんだか医者に行くのにこんなに晴れ晴れとした気分で行くことってないなあ。まだしばらくは完治するまで吸入を続けるみたいですが、だんだんと弱くしていくようです。

咳してる人!専門家にかかりましょう。

話題が変わりますが、本日発売の管楽器雑誌「ブラストライブ」の表紙、チューバマンショーです。


もう、いつだったか忘れてしまいましたが、チューバマンショーが初めて東京でライブをやったとき?に、取材に来てくれたのが、ブラストライブの編集長さんでした。一枚目のCDの楽譜出版の段取りを組んでくれたり。当時は、まだ手探りでいろんなことをしていて、雑誌に取り上げられるとか、楽譜が流通するとか夢にも思ってなかったことでした。

さて、何度もブラストライブに登場していて、巻末の漫画でも、チューバマンショーっぽいキャラクターが出てきている(了承済み)ブラストライブですが、今回は、ユーフォマンの特技である「30分有れば、誰でもアドリブが吹けるようになっちゃう」特集です。

実際に表紙撮影の合間に、ブラストライブのマスコットのこやなぎさんをモデルにして、アドリブ吹けるように、楽器でおしゃべりできるようにしました。その様子が、記事から関連動画へ飛べるようになっています。

ぼくは、このとき、まだ喉?肺?気管支?の調子悪くて、少し喋っては咳き込んでたんたですなあ。あぁ、もう一度撮り直したら、喋るのも快調なのになあ。あぁ、ありがたや。
  1. 2012/12/18(火) 23:45:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

動けず

半日、寝てました。

やっぱりいつもとは違うプレッシャーというのは有ったんだろうなあ。
音楽ホールでしかも、座って、しかも楽譜通りの演奏ってほとんどやらないもんなあ。

とはいえ、弱音なんて吐いていられないので。なんとか復活!
午後からはお仕事ガシガシやりました。

先日、浜松で公演をやったときの写真もらいました。

ははは。サイコー。















  1. 2012/12/17(月) 22:25:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ファイブベルズ

朝早くホテルを出て、朝早く会場入り。吹田市メイシアター。

こんなに早く入らなくても良いんだけどね。なんとなく、気が急いて。

会場に楽器と荷物を置いて、朝ごはんを食べるような飲食店を探す。
どうも、会場のすぐ近くには無さそうな感じ。街の雰囲気からしてそんな感じ。

「ご飯食べれなくても、せめて喫茶店でモーニングセットでも!」と思ったのだけれど、「喫茶店に入っても、トーストとタマゴとミニサラダ出してくれるのは、愛知だけか」と考え直す。そもそも、「喫茶店なら、その辺に有るだろう」というのが愛知県民の間違いですね。いくら歩いても喫茶店ありませんでした。

結局、携帯ナビに頼って牛丼チェーン店にて朝ごはん。

15分歩いて帰ってリハーサル室にて、ウォームアップ。

これが、いままでにないくらい、調子が悪かったのです。

「慣れないホール公演だから、知らない内にプレッシャー感じてどこか緊張してるのだろうか。こんなときは、どうすれば良いのだろうか。でも、まだ早めに会場入ってて良かったかも。あと1時間あるから、なんとか取り戻そう。取り戻さなきゃ。」なんて、真剣に落ち込んでいたのです。いわゆる崖っぷちでした。

が、あまりにも楽器がいつも通りに鳴らないので、ちょっと楽器のベルの中を覗いてみたらば、ベルのそこに千円札がへばりついてました。

どこでどうやって迷い込んだのか。。。
それにしても、「あぁ、いつかこうやってなんらかの不調を機に楽器を辞める時がくるのだろうか」と、擬似体験をしたようで、泣きそうでした。

お札は、吉野さんが、水をじゃぶじゃぶ楽器に送り込んで出してくれて。いつもの愛器に戻りました。

調子が悪いと、まず、自分を責める。どこか、自信が無くなってきているんだろうなあ。寂しいけど。そういうことです。

練習部屋に、本日のコンクールの審査員の稲垣先生がやってきました。


メンバー揃いまして、ホールにてリハーサル。すでにいー感じ。
「きっと本番では、もうちょっとこうなるから。」なんて先のことも考えられながら進みます。

そしてリハーサル室でさらに作り込み。あぁ、楽しいなあ。全身音楽の塊みたいな人たちばかり。

アレンジ上で、「うまくいくと良いな。」なんて思ってたところが、全部、思惑通りになりました。

会場で行われているコンクールの演奏が全て終わり、審査結果の集計タイムになると、自分たちの出番です。
結果が出るまでの30分間が、自分たちの演奏時間です。
くるみ割り人形、自分のオリジナル曲、そさてアンコールも含めて、おしゃべりを交えながら楽しくやりました。

まあ、喜んで頂けたのではないでしょうか。

無事に終了しました。


この編成で本番したということは、実はかなり大きな意味のあることなのだけど。どばーんと、動画でもアップしようとビデオカメラを持参したのですが、会場は、撮影禁止でした。残念!まあ、コンクールですからね。

ファイブベルズは、会場を後にして、大阪市内で打ち上げをしました。

楽しい話に華が咲いたのですが、真面目な話もたくさんしました。

このファイブベルズ、またコンサートをしようということになりました。

全国回れるようになるといいなあ!

あっという間に最終電車の時間になり、走って移動。


まんまと忘れ物しました。
  1. 2012/12/16(日) 23:46:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「もうすぐクリスマス」チューバマンショー公演



午前中からバタバタと出かける準備。最後の最後に、手直しした楽譜を送ったりして。

今日のチューバマンショーの楽譜と衣装。明日のファイブベルズの楽譜と衣装。なんだか頭がゴチャゴチャになりますが、とりあえず、楽譜PDFデータを全部USBメモリにぶっこんで、楽譜の忘れ物という最悪の場面は回避できるように。

近鉄電車で難波に向かいます。
なんばの絵本カフェholo holoでは、「こどものチューバマンショー」に切り絵を提供していただいております、切り絵作家のキイロノハサミさんの個展とワークショップが行われていて、その応援にチューバマンショーとして駆けつける感じです。

お店に着いたら、「ただいまー」という感じ。大阪のホームと呼んでいるカフェです。別々に会場に到着しましたが、チューバマンは、サンタの帽子を持ってやってきました。さすが!

急遽決まったライブで、生憎の雨模様でしたが、たくさんの方にお越し頂けました。昼間に行われていた、キイロノハサミさんのワークショップからそのままライブに参加していただいた方も多数。ありがたいことです。

ライブは、いつもよりも、ゆる~く。いろんな実験的なこともしてみたりして。曲は、チューバマンショーのクリスマスソング以外は、いつも通りな曲目でしたが、内容が毎回違うんだなあ。演奏していても毎回スリリングなやり取りがあって。お客さんの違いだったり、会場の違いだったり、自分達の雰囲気の違いだったり。そういうことで、曲へのアプローチが毎回変わっているんだろうな。

キイロノハサミさんの作品、今回も可愛くて悶絶してしまいました。「もうすぐクリスマス展」はクリスマスイブまで開催されてますので、お近くの方はぜひ、いってみて下さい。

ライブ後は軽く打ち上げして、明日に備えます。明日の会場の近くに宿をとりました。
  1. 2012/12/15(土) 23:45:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブラスアンサンブル・ロゼ京都公演



お昼に家を出て、京都は三条の楽器店「JEUGIA」さんへ。もう何度もチューバマンショーでお世話になっておりますが、今日は、ぼくは演奏しません。先だってセカンドアルバムを発売したブラスアンサンブル・ロゼのCD発売記念コンサートのお手伝いです。具体的には、パンデイロ練習と運転手。

出かける前から気分が晴れ晴れ。

お仕事でなく京都行くのっていつぶりだろう?3、4年前の暮れにそんなことあったかな?

とにかくルンルンでした。

京都に着いてクルマを駐車場に入れて、ロゼのサウンドチェック見たりして、隙を見て周辺をぶらぶらして。
そうすると、街の見え方が違うんですねえ。後から分析すると、ただ、ゆっくり歩いてただけだと想うんですが。ものすごーく視界が広く感じて、いろいろなものが目にとまります。あぁ、新鮮。お仕事でないって素敵!

とはいいつつも、演奏ではなくてもやることは有るので。ロゼの演奏中は、楽器店の小さな楽器コーナーでいろいろ物色。

終演後、打ち上げに参加してまた運転して帰って深夜の帰宅。からの楽譜仕事一件。
  1. 2012/12/14(金) 02:34:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

タイヤ替えました



ぽかぽか陽気の午後だったので、おくればせながら、冬用タイヤに交換しました。毎年、ちょっとずつ工具を買い足しているのですが、油圧ジャッキを買った去年に引き続き、ナットを緩める専門の工具というのを買いまして。更にスピーディにできるようになりました。2台で30分くらい。

これで、東北も北海道も大丈夫!

夜は作曲仕事。

独特なファンファーレ書くのってむつかしい。ファンファーレ自体が単純なものですものねえ。と、何故か芦屋のマダム風。
  1. 2012/12/13(木) 00:44:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

発表会リハーサル

午前中から、ピアニスト石原さんのピアノ教室の発表会のリハーサル。
ゲストとして、参加させて頂きます。

この、石原さんの発表会、何度も参加させていただいてますが、内容がものすごいのです。

濃いのです。豪華なのです。ファンタジーなのです。

じっくりみっちりと作り上げて行くようなリハーサルをしてお昼過ぎに。

お昼食べていく?とのことなので、呼ばれることに。昼から鍋をいただきました。これが、録画した歌番組を見ながらだったのですが。

もう、すっかり流行りの歌とか乗り遅れてしまってるなあ。名前がわかる人がほとんどいない。しかし、奇を衒う系の人の多いこと。いつまでこれをやるつもりだろうか。というようなことを真剣に考えてしまったのでした。
  1. 2012/12/12(水) 21:27:13|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

服買いに

久々に、一日中家に居る日です。
ということは、パンデイロ練習してるわけですが。(久しぶり)

家の近所には、古着屋さんがあって、そこまで歩いて買い物に。

流行の服とかには興味ないですが、なんだかもうしばらく、くたびれたバンドTシャツしか着ていない気がして。ちょっと、パリッとカッコ良くカジュアルという服が欲しくて。

買い物にでかけたわけですが、なんでしょう。年々、似合うジャンルの服が減ってきているような気がする。これはどういうことだろう。

スウェット上下まっしぐらなのだろうか。

結局、何も買えずに帰宅。
うーんうーん。
  1. 2012/12/11(火) 02:36:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雪!

午前中から岐阜県各務原市に行く用事があったのです。

朝、起きてカーテンを開けると、雪が積もってました。

「まずい!早く出なきゃ!」と思う前に、「いぇーい!ビーンブーツ履くぜー!」と盛り上がる。「いやいや、早く出なきゃ。」と。

ものすごーく早く出ましたけどね。時間ギリギリでした。この辺りの人はまだ冬用タイヤの準備してませんわなあ。ぼくもだけど。

無事に岐阜に着いてから、「テキサスのときなんて、どうでした?」なんて聞かれましたが、誰もスタッドレスタイヤなんか持ってませんでした。雪が積もることは、年に一回あるか無いかだったので、まあ、当たり前なのですが。雪よりももっと怖い、アイスストームというのがあって、雪が降るほど気温は寒く無くて、雨が降るのだけど、地表の温度が極端に低くて、雨が地面に触れる瞬間にどんどん氷になっていくという。辺り一面氷になるので、クルマなんて運転しちゃいけないのだけど、そういう経験もないもんだから、みんなじゃんじゃんクルマででかけちゃうんですわ。そうすると、もう街のあちこちで事故だらけという。アパートの窓から外を見てるだけで事故だらけという。こういうのは、スピード出てないので、大事には至ってないのがわかってるので、「あぁ、バカだなあ。」なんて思いながら見てたものです。


平和に一日を過ごしましたが、クルマに満載してある機材を降ろすタイミングを逃してしまい、弱っております。明日は晴れますように!

夜はアレンジ仕事。またこんな寒い夜に。。。16日(日)コンサートのアンコールピースをアレンジしてまーす!ということは、アンコールしてねってことでーす!
  1. 2012/12/10(月) 21:07:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

家事手伝い



午前中はなんだか動けないでおりましたが、午後から、徐々にペースを取り戻しました。
もっと、手加減して行動できたら良いのだけれど。まあ、無理でしょう。

家事手伝いが、オーケストラホールコンサートの手伝い。

本当は、こんなところで写真撮っちゃいけないのだけれど。

同級生のチューバ奏者、た☆にーこと、たにーなんかも、舞台上でキリッとパキッとしてました。
かっこよくてつい。

ああ、ぼくなんかはもうオーケストラで演奏することなんて一生無いだろうなあ。。。
蝶ネクタイどこやっちゃったかなあ。

ずっとペンディングだったチューバマンショー熊本公演3月にゴーサインが出ました。
ひょっとして、熊本から北海道というアクロバット飛行をするかもしれないです。
  1. 2012/12/09(日) 03:37:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フィル浜アンサンブルクリニック&ミニコンサート

午前中からリハーサル。

小久保さんとぶいぶい作っていきます。
出演枠としましては、

ドソロで何か一曲と

小久保まい(ユーフォニアム)
照喜名俊典(ユーフォニアム)
山本和邦(チューバ)
栗原良紘(チューバ)

というメンバーでのバリチュー二曲と、浜フィルの皆さんとの「スペイン」が一曲です。




去年も同じ企画で同じメンバーで同じお仕事したのですが、そのときは学校の体育館が会場でした。今回も、学校の体育館でスリッパ履いての公演だろうとたかをくくって、あろうことか、オレンジの靴を履いてきていたのですが、困ったことになりました。上下黒服にオレンジの靴。この後、控え室に篭っていろいろと試すことになりました。

今回のこのイベント、本来は、アンサンブルクリニックとミニコンサートということで、アンサンブルクリニックの時間というものがあったのですが、それは、フィル浜の皆さんがやっておりまして、わたくしは自由時間でした。近所に餃子を食べに行ったり、みっちり練習したり。たまに、クリニックの様子も覗いてみたり。一人でほおっておかれても、楽しく有意義に時間を過ごせる自信、山のごとしです。なんだかわかりませんが。

クリニックが無事に終了して、ミニコンサートの時間がやってきました。
衣装は結局、一人だけ、Tシャツに黒ジャケット、黒ズボン、オレンジ靴。という奇抜な感じになりました。
まだゲスト扱いしていただいてたので、良かったのですが。これからは気をつけます。

中高生の前で、一曲楽譜に頼らないようなものを一曲演奏して、バリチューアンサンブルへ。

そして、クラリネットアンサンブル、金管五重奏と続いて、全員での合奏でスペインを。
アドリブソロを吹かせていただきました。

自分の演奏は置いといて。浜フィルの皆さん、なんて良い企画をたてるのかしら。
コンサートとしても、かなり面白い内容です。しかも、おしゃべり有りで。こいういうの好きだなあ。

さて、無事にクリニック&コンサートが終了して、自分ももう終了モードになっていて、「どこでご飯食べて返ろうかしら」なんて、打ち上げモードになっていたのだけど、浜松の夜はこれでは終わりませんでした。

来年1/17に小久保さんの管打コン受賞記念リサイタルに、わたくしもバリチューとソロで出演させていただくのですが、それの音だし会が待っていました。内容はまだ言わないでおきますが、「え!こんなことやるの!?大丈夫!?リサイタルでしょ?」というような。ぼく、個人的には大好きな展開なのですが。

いやー、やっぱりこういうのを東京の人が知らないところでやってるっていうのがいい。日本中が楽しくなるような。

音だし会からの、浜松駅ターミナル内での打ち上げからの、写真撮影会。

で、ようやっと電車で帰宅しました。写真お楽しみに!

  1. 2012/12/08(土) 00:11:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フィル浜リハーサル



夕方に家を出て、在来線で2時間かけて浜松へ。
明日行われるフィルハーモニックウィンズ浜松のアンサンブルクリニックとミニコンサートに参加させていただきます。

ミニコンサートのみの参加で、バリチューと全体合奏でスペインを演奏します。

今晩は、リハーサルのみ。

ほんとうは、クルマで行く予定だったのだけれど、東名が工事してたり、規制があったりで、渋滞状況の予測が立たないので、急遽、電車で行く事にしました。

浜松駅へ着く前にTwitterを見ていたのですが、地震と津波の情報が入ってきて。もうなんだかどうしようもない感情が湧き上がってきました。
「どうも、大丈夫らしい。」ということが解るまで。

小久保さんに浜松駅でピックアップしてもらい、リハーサル会場へ。

懐かしい面々と再会を喜びました。
リハーサル自体は、サクッと終わり、フィル浜の皆さんと前夜祭へと突入。大いに笑ったのですが、真面目な話もたくさんしたのでした。
  1. 2012/12/07(金) 14:11:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ちょっと一息


お仕事しつつも、久々にゆっくり料理したり、洗濯物たたんだり。こんな日常が日常でなくなってしまっていて。こんなことが新鮮に感じるなんてなあ。。。

トロンボーンの楽譜を年内に作らないといけないことは、昨日判明しましたが、さらに、もう一つ差し迫った課題があることが今日、判明しました。

12月23日(日)に大阪で行われるブラス•ジャンボリーにチューバマンショーで参加するのですが、ファンファーレ作ることになりました。

チューバマンショーと吹奏楽の共演作品としては、チューバマンショーコンチェルトが一曲、オリジナルポップスが一曲、アンコールに使える短い曲が一曲あって、しっかりとどこにでも呼んでいただける準備ができてるのですが、さらにファンファーレまで追加されることになりましたねえ。まだ増える余地あるのかなあ?吹奏楽作品。
  1. 2012/12/06(木) 17:54:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宿題の無い夜に乾杯!

昼過ぎに大阪をでました。夕方から岐阜県でお仕事ということで、ゆっくり高速を走って。でも、途中、立ち寄ったサービスエリアでものすごく長い時間、昼寝をしてしまって、結果的に帰宅ラッシュの岐阜市内をカツカツで動くことになってしまいました。

夜は楽市ジャズ楽団の練習。来年1月に本番ですが、ぼくが練習に来れるのは、前日リハーサルを除いて今日が最後の日になってしまいました。

最後の金管セクションの練習は、セクションとしてドカン!と音を出す方法をやりました。次に合奏したときに、サックスのみんなが後ろを振り返るようなことになってれば大成功。

21時まで練習があって、1時間後くらいに帰宅したわけですが、気分が晴れ晴れ!

ここのところは、毎日、力尽きるまで楽譜を書いてたのです。それが、無くなった!嬉しくなって「いぇーい!課題の無い夜なんて久しぶり!いぇーい!しゃばーい!」っと万歳三唱していたら、うちの人が「あのー、忘れてると思うんだけど、お願いしていたトロンボーンアンサンブルの楽譜、年内の締め切りだから。」と。
  1. 2012/12/05(水) 22:54:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新しいの始まりました


夕方から大阪市内の相愛大学にてリハーサル。

メンバー揃いました。

田端直美(ソプラノサックス)
高畑次郎(アルトサックス)
比嘉直樹(トロンボーン)
照喜名俊典(ユーフォニアム)
吉野竜城(チューバ)

という変則カルテットで、16日(日)に大阪の吹田で30分ほどですが本番があり、そのためにここのところ寝ずにアレンジしてきました。内容はオリジナル曲2曲と、バレエくるみ割り人形より、組曲として4曲。

じぶんの楽譜を持ち込んで音出しをするときは、とても緊張します。十分に配慮しているつもりですが、音が間違ってるとか、何かしらの不具合が起こったら申し訳ないというか。

「あのー。これって。」と言われると有無を言わず「はぃっ!すみません!」と謝るクセがついてます。

結果的には、そういうのは2、3あったものの、まあそんなもんでしょう。という範囲でしたが。

それよりも何よりも「上手くいくように配慮したつもりだけど、絶対にリハーサルに時間がかかる」と思っていたところが、驚くほどあっさりと上手くいってしまったことでした。最前線で活躍してる皆さんにしたらこれがスタンダードなのかもしれないけど。実に効率よくリハーサルが進みました。

さてさて、本来はトランペットやホルンがいるところに、サックスが居て、本来のホルンの役割をトロンボーンがやったりユーフォがやったり。
この編成でのアレンジの話を受けたときには、「ユーフォ要らないんじゃないか?トロンボーンもう一本の方が良いんじゃないか?」とか思ったのですが、進めていくうちに、「ユーフォでもなんとかなるなあ。(自分が吹くなら)ユーフォでも大丈夫だなあ。(自分が吹くなら。)」というような、変な確信がもてました。というよりは、自分の性質に合わせたパートを書いてるだけだと思うのですが。

そんなことの確認や修正もできてなんだか、アレンジャー冥利に尽きるというような時間でした。

本番が楽しみだー!
  1. 2012/12/04(火) 00:51:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

レコーディングからチューバマンショー

朝7時に家をでて、一路大阪へ。市内のスタジオにて、CM音楽のレコーディングです。チューバとテノールホルン。

バルカンブラスバンド風の音楽が欲しいそうです。こういうときのプロジェクトリーダーは、もちろんクラリネット吹の瀬戸信行さん。オリジナル曲を書き下ろしました。レコーディングメンバーは、ファンファーレロマンギャルドより。気心知れた仲間なので、和気あいあいと進みました。

人材派遣会社のCMらしいですが、北海道でしか流れないそうです。もしくは、Web上で流れるみたいなので、またおいおい。

サクサクとレコーディングを終えて、一人、兵庫県へ。加東市の喫茶店、ピンクハウスでチューバマンショーです。このお店は、4年ぶりということになるらしいです。

天井の高い、木の創りの建物で、上向きの楽器のサウンドがサイコーです。平日の夜ということで、中高生さんの姿がほとんどなく、チューバマンショーとしては、珍しい感じのライブになりましたが、チューバマンの昭和トーク引き出しが全開になり、ハタで見てても楽しいことになりました。
  1. 2012/12/03(月) 16:43:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

てるてる家族

午前中に家を出て、愛知県一宮市の小学校へ。

小学校の体育館で行われる地域の行事に、てるてる家族で華を添えます。
今季初のタイツです。タイツ!なんだかしらないけどテンション上がりますね。

学校に集合して、手早くセッティングして打ち合わせして。ケーブルテレビなんかも来てました。

会の趣旨としては、お子ちゃまからご老人まで楽しめるコンサートをということでしたが、そんなのいつもやってますねえ。

1ステージはてるてる家族のステージ、2ステージ目は地元の小学校の金管バンドとの共演。そして3ステージ目はお客さんと一緒に歌えるようなものを。

楽しくステージはあっという間に終わりましたねえ。また次に繋がると良いなあ。

夕方に帰宅して、アレンジの仕上げ、朝まで!
  1. 2012/12/02(日) 13:23:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ