GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

楽市ジャズ楽団練習から昼夜逆転

朝起きて、朝ごはん食べて、さて今日からしばらくは楽譜漬けの日々!ということで、パソコンに向かったのですが、眠くて眠くて。

頭が使い物にならなくて、午前中はずっと床で寝てました。それで、昼ごはん食べて、さあ、楽譜漬けの日々!ということで、またパソコンに向かったのですが、また眠くて眠くて。かろうじて、曲のアイデアを紙に書き留めましたが、体が動かず、今度は布団で昼寝しました。

あれですね。昨日の日焼けがいけなかったかなあ。ああ、後の祭り。

また夕方までぐっすりと寝てしまって、身支度して、電車で岐阜市へ。流石に、頭も冴え渡って、体も軽くなりました。

楽市ジャズ楽団の練習。順調に進んでおります。アドリブもどんどんできるようになってきました。

相変わらず、トロンボーンには空きがあるので、まだまだ追加募集しております。

で、一日中寝てしまったツケとして、徹夜の楽譜作業がまっています。
よし!これを機に、暫く昼夜逆転生活するゾ!
  1. 2012/08/31(金) 22:16:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

音もダチレコーディング二日目




本当は、約束していたのは、朝6時だったのだけれど、起きれませんでした。朝7時にクルマテントを出て、レコーディングエンジニアの太郎さんと川へ降りる。ここでまた2時間くらいやってたでしょうか。

今回は、太郎さん3匹、ぼくはかろうじて1匹の魚をゲットして、そのまま朝ごはんは、焼き魚定食となりました。

今日の録音は、スライドトロンボーンで一曲。初めは曲に合わせて吹いてたのですが、プロデューサーさんから「ヘッドホン外して、曲のキーとかテンポとか関係なく、スケールなんかの練習してみて。」と言われ、それが採用になりました。

効果音的に使われるようですが、どうなるのだろう。完成が楽しみ。来年、1月の完成予定だそうです。

午後一に全ての録音担当部分終えまして、晴れて自由の身に。

またか!と言われそうですが、川へ降りて行って、また水浴びやらなんやらして遊びました。

が、いい加減、ダラダラと遊びすぎ!になる前に雨が降って来て。まだ録音中の皆さんと名残を惜しんで、一人、帰宅の途に就きました。

これがまあ、道路が冠水してるし、高速は前が見えなくてノロノロ運転だし、川遊びと日焼けの疲れが出て、眠くなるしで大変でした。








家に着いたのは夕方。これでまた一段落!
  1. 2012/08/30(木) 00:20:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

音もダチレコーディング一日目


朝、自宅を出まして目指したのは、愛知県三河地区の新城市の山奥。

つい先日、浜名湖畔でフェスを開催していた、ボーカリストの富安秀行さんのレコーディングセッションに参加です。

驚くべきことは、このレコーディングセッションがフェスを挟んで開催されているということで。フェスに出演のミュージシャンがレコーディングに参加できるようにということが目的なのだろうけど、10日間の間に2日間のフェスを入れるなんで、ぼくには到底考えられませんわ。録音の順番なんて、どうやって決めたのだろうか。
特に楽器の指定がなかったので、ユーフォとトロンボーンと、チューバと三本持って行きました。


今回のレコーディング会場は、山奥にある陶芸工房。これがまた、レコーディングの為に作られたような環境で。部屋が大きなガラス窓で仕切られているあたり、完ぺきですね。

到着したら、おなじみ、バイオリニスト黒田かなでさんと、ハーモニカのあらいなおこさんが、くつろいでました。

そんな中、ぼくの録音がスタート。
はじめはチューバでという想定だったものが、急遽、ユーフォでのベースラインに変更になりました。

自分では、ユーフォは、ベースラインをとる楽器だと思ってないので、この辺りの、管楽器をやってる人とそうでない人の楽器に対するイメージのギャップっておもろいですね。もちろん、丁寧にやりました。やりながらアレンジを修正するような箇所もあり、一時間ほどかかって、ユーフォの録音終わりました。それを見届ける感じで、女性お二人は帰っていきました。

次は、別の曲をチューバで。こちらは、ほぼ一発オッケーで、気になるところを修正する程度。

とりあえず、今日のお仕事はこれで終了!
ここから、もう一つ楽しみにしていたことが。この場所、建物の下を清流が流れているのです。川遊び!

久しぶりだなあ。魚捕ったり、(正確には捕ろうとして捕れなかった)水遊びしたり。

2時間ほど遊んで、暗くなってから上に戻ると、人がたくさん増えてました。

あ、まだまだミュージシャン来るのね。

鳥肌の立つような、演奏が繰り広げられるのを見ながら、ビール飲みながら、おつまみ食べながら。ゆったりと過ごしました。

こんな感じで、ワイワイやって、寝たのは夜中2時頃?

早朝に釣りに出かける約束して就寝。














  1. 2012/08/29(水) 00:18:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

東海道スモッグブラスxピカイアパンデイロスペシャル

四日市市のジャズバーVEE YAYにて東海道スモッグブラス。

憧れのバンド、ピカイアパンデイロスペシャルとのライブです。
いつもこのVEE JAYに行くときは、現代の魔境、四日市商店街の散策もセットで楽しみにしてるのですが、今回は、がっつり当日リハーサルが入って、そちらは叶いませんでした。

会場に到着すると、ピカイアさんがリハーサル中。なんでしょ。その人の人生を感じる音色ってありますね。
リハ聴いてるだけで、どんどん創作意欲が沸いてきます。すぐにでも家に帰って、ピアノ触りたい。

今回、光栄なことに2曲、共演させていただきます。それのリハもやりました。ああ、リハの段階で感激。

リハをみっちりやったので、あっという間に本番時間になりまして。

スモッグブラスも、なんだか年月が育ててくれたツーカー感が産まれましたね。

全力で楽曲に集中してるのですが、事故が起こっても全員で瞬時につじつま合わせができたり、そんな駆け引きを楽しんでいたり。

なんとなく全員で雰囲気を感じながら、楽曲の構成を変えたり音量のバランス取り合ったり。


ピカイアパンデイロスペシャルの演奏は、やっぱりバキンバキンに楽しく。こちらが予想していたのよりも2段階くらい高いギアまで出てきた感じ。鳥肌でした。

このVEE JAY、スタートが20時半で、ライブが終わったのが23時。

電車ですぐに帰らねばならず、ゆっくりお話できず残念。でも、メラメラと燃えるヤル気をいただきました。
曲書くぞー!!
  1. 2012/08/27(月) 22:48:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

久しぶりに

楽器屋巡りなんてしました。

先日、バイオリニスト黒田かなでちゃん(二児の母)に「チカラを必要とせずに吹ける笛ってどんなかなあ?」と相談したのですが、その答えが「トレインホイッスルではないか。赤ちゃん用のラッパは、結構チカラが要るからダメ。」ということだったので、笛探しに。

トレインホイッスルてこんなの。汽笛みたいな音が出ます。


これがねえ、結構ねえ、どこにも売ってなくて。楽器屋じゃなくて、パーカッションセンターに行けば良かったのかなあ。今思えば。

最後の最後にヤマハに行ったら、ありました。が、オーケストラで?使うような高級品お値段2万円成り。

「それはちょっと。。。」と尻込みをしていたら、お店の方がいろんなおもちゃの笛を出してきてくれて、その中の一つに決定。ありがとうございました。

でも、やっぱりトレインホイッスルも諦められないなあ。

しばらく、笛収集家になります。
  1. 2012/08/27(月) 17:09:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

音もダチフェス二日目

去年同様、クルマで寝ました。
去年同様、明け方に汗ビショビショで「あ、アブナイ!脱水症状になる!」と慌てて起きました。

昨日とは打って変わって、午前中は時間があったので、周辺を散策してゆっくりと過ごす。

義経的な。


来年は行っとかなきゃ!というお店も見つけました。

お昼ご飯を食べて、会場に戻って。ここからはもう、楽しいことの連続。浜辺でのセッション、他のシンガーさんのバックに飛び入り、素敵なミュージシャンとの出会い。

ゆっくりと濃密に過ごしました。

そして、自分のホントのホントの出番、てるてる家族での演奏も、ブリブリにやりまして。嬉しいお言葉たくさんいただきました。

そのまま、フェスはエンディングへ。
大合唱、大爆笑、大歓迎で終わりました。

本当はね、ここから打ち上げに参加したいところだけれど、今回はおとなしく帰りました。

そのうち、オフィシャルムービーがアップされるようですので、お楽しみに!当たり前だけど、みんなオリジナル音楽!
  1. 2012/08/26(日) 16:34:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

音もダチフェス一日目

昨晩、なぜ前ノリしたかというと、今日の午前中に浜松市内でお仕事があったからなのです。

午前9時過ぎに浜松市内のある小学校に集合だったのです。

ところが、昨晩、家を出てから気づいたのですが、この浜松市内での堅いお仕事用の服を持ってくるのを忘れていたのです。Tシャツの着替えはたんまりと持ってきていたのに。

上半身は良いとして、問題は、下半身。半ズボン&裸足じゃダメなのです。


急遽、同じく浜名湖畔に前ノリしていた人に借り物をすることにしました。

「ジーパン貸そうか?サンダル貸そうか?」とか、いろいろな提言を頂いたのですが、サイズとか雰囲気とか合わず、結局、女性ものの8分丈のズボンを借りました。靴下はコンビニで調達。

どうにもならなかったのは、靴ですが、車から昇降口までの50メートルを雪駄で駆け抜けることにしました。

女性ものの8分丈ズボン、裾の折り返しのところがちょっとだけ女子っぽかったので、気になってモジモジしながらやり過ごしたのですが、大丈夫だったろうか。バレてないだろうか。

お仕事終えて、浜名湖畔へ帰ると、もう音楽フェスは始まっておりまして。
メインのライブハウスは、浜名湖をバックにしてこんな感じ。

今日は、正式な出番は無いので、周辺をウロウロしていて、声がかかったら出演するという感じです。



波うち際(たまに波がかぶる)のサブステージでは、ゆるーく時間が過ぎていて。


スチールパングループのベースパンをやらせていただいたりしました。
1つのドラム缶に2つしか音が無いのですよ。いやー、何かを叩いて音楽をするって楽しいよ!




本編が終わった後も、屋外でこんな感じで深夜まで演奏が続き。


終了後、早く寝ようと思って立って呑んでいたのだけれど、楽しくってしょうがなくって遅くまで起きていて。



一日目は終了したのであります。
  1. 2012/08/25(土) 15:33:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

田島隆タンバリンの世界パートツー



2ヶ月前に開催されて、好評だったのでその場で次のライブが決まりました。

タンバリン博士こと、田島隆さんのタンバリンライブ。

名古屋は快晴でしたが、大阪ではゲリラ豪雨があって、たじやんも(タンバリンも)少し濡れてしまったということ。
タンバリンの皮を乾かすところからタンバリンコーナー始まりました。そんなところ見たことないもんねえ。普通。

2回目ということで、何が出てくるか期待大でしたが、たじやん自身が予定していた枠をはみ出るほど盛りだくさんでした。ほんとうに、タンバリンいくつ持ってるんだろう。それがね、ただの楽器の紹介でなく、音楽になってるので楽しいです。

おこちゃまもたくさん居ましたが、みんな集中して見てましたねえ。さすが。

そして後半は、ぼくと、たじやんのデュオで。
タンバリンと金管楽器でどうなるのかというと。会話したりフェイント出したり、おちゃらけたり。なんか、楽器って感じしないですが。


ライブ終了後、夜中の1時頃の到着を想定して、浜名湖畔のライブハウスへ。

途中、まさかの事故渋滞2件!

まさかの、出口間違え!

東名高速三ケ日インターの手前に、第二東名へのインターチェンジができてたのです。知ってたけど、なんだか間違えた!新しい高速道路の路面の感触を味わって、すぐ出口で降りて、また乗って、新しい高速道路の路面の感触を味わって、また東名に乗って、すぐ三ケ日で降りて。。。

2時に宿舎に着きました。
  1. 2012/08/24(金) 20:55:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー解剖スタート!

9月23日(日)に京都で開催される、ブラスジャンボリーというのに、チューバマンショーで参加?します。
http://gakki.jeugia.co.jp/event/brass-jamboree/201209/index.html

平たく言うと、管楽器愛好家が集って、その日限りの合奏を楽しむというイベントです。

チューバマンショーは、参加でないですね。指揮、ゲスト演奏ですね。

指揮かー。ぼく、指揮するのかなあ。
体の動きがひょこひょこしているという自覚はあります。小学生のころから。
ポップスなら大丈夫だけれど。あとはチューバマンに任せよう。

この中で、チューバマンショーの楽曲を全員で演奏するコーナーがあります。

吹奏楽バックのチューバマンショーコンチェルトは在りますが、チューバマンショーの楽曲を吹奏楽編成のバンドで演奏するというのは、今までやったことないのです。

作らないといけないのです。一大事。

リズムやら、ハーモニーやら、いろーん音楽のエッセンスを凝縮して作ってあるのがチューバマンショーの楽譜なのですが、それを吹奏楽編成の全員に役割を分担してしまうと、各個人にとっては、ものすごーく普通のことになるのがバレてしまうではないですか。

まあ、いいや。というわけで、作曲:吉野 竜城 編曲:照喜名 俊典 という、世にも珍しい吹奏楽編成の楽譜が誕生することとなりました。急げ!楽譜作り!
  1. 2012/08/22(水) 00:27:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サドン・ハンドン

ほんとうは、今日は夕方くらいまでにゆっくりと東京から帰ってくるつもりだったのだけれど、深夜バスでバビューン(みたいな音がするほど速かったかどうかは寝てたので知らない。)と帰ってきてしまったのでした。

始発で自宅に帰り、午前中はゾンビ状態。

なんとか復活して午後になって気づいたのですが、ぼくが半日早く帰宅したことにより、我が家に夏休みが来ました!ワーイ!

急いで、遊びに出かける場所探して、結局、19時までやっている名古屋港水族館へ行くことに。岐阜の川魚水族館は17時までって。

まあ、たくさんの人はいましたが、並んだり窮屈な思いをする程ではなく、ゆっくりと見て回ることができました。

そこかしこに古さ(を取り繕うような修繕の跡)が見受けられましたが(別に汚くて嫌な思いをしたわけではなく。客観的に。)なんと、名古屋港水族館、設立20周年だそうです。

「県外から名古屋に人が遊びに来るときに、どこに連れて行くと良いか?」の上位をキープしていると思われる名古屋港水族館ですが、頑張ってますね。この春に行った、東山動物園も必死で。こちらは必死で。頑張ってますね。

20年頑張ってるかあ。


帰宅して晩御飯食べたあたりで、昨日の深夜移動の、寝てたけど休んでない状態のツケが回ってきまして、短い夏休みはあっという間に終了してしまったのであります。
  1. 2012/08/21(火) 00:05:15|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショーゲリラライブ@ヤマハ銀座店

今回、チューバマンショーで、ヤマハ銀座店でゲリラライブをやることになったのには、きっかけがありまして。

おなじみ、管楽器雑誌「ブラストライブ」の取材と写真撮影が、隣接するヤマハのアトリエであったのです。

せっかくなので、店舗でライブもできないか?ということで各方面のご協力の下に実現しました。

14時に銀座のヤマハに入るということで、少し時間に余裕を持って移動しました。

東京駅構内で、新幹線から、地下鉄丸の内線に乗り換えるのに20分くらい歩いたんですけど。
これ、もしかして、あと10分歩いてたらヤマハまで行けたんでないの?

銀座につくとなんだか、道端にバリケードが置いてあって「あれ?こんなところでもデモでもやってるのかな?」と思ったのだけれど、午前中にオリンピックのパレードがあったそうですね。ああ、タイミングズレてて良かった。

ヤマハのアトリエのほうでは、すでにチューバマン単独のインタビューが行われていて、ぼくが到着したら、店舗でライブという段取りになっておりました。

店舗へ移動する際には、ヤマハの方に先導していただきましたが、マスクを被った二人が「怪しいものではございません。」などと言ってたりして。

裏口から侵入しての店舗でのゲリラライブ。平日の昼間でしたが、予想以上にお客様多く、楽しいことになりました。

そのときの様子はコチラ。
http://youtu.be/yJuOJs9Vdzs

30分と短い時間はあっという間に過ぎました。

その後は、またアトリエに移動してチューバマンショーとして写真撮影をした後、チューバマンは大阪へ帰っていきまして。

残ったユーフォマンが、ブラストライブの看板娘さんにユーフォの指導をするというコーナーの撮影がありました。
ほぼ、ほぼ初心者の人があっという間に楽器が吹けるようになって、楽器でおしゃべりできるようになるまでの過程が、そのうち動画でアップされると思いますのでお楽しみにー!

夕方18時に、すべて終了しました。
ほんとうは、一泊して帰るつもりが、急遽、深夜バスで名古屋へ帰ることに。

代々木でレコーディングをしていた鬼頭ブラスリーダーの鬼頭さんと、松本卓也くんに案内してもらって(バリトンサックスを持った人が二人もいるって大変!)新宿の小さな呑み屋をハシゴして歩いたのでした。
新宿西口思いで横丁ってそういえば、昼間に通りかかったことがあって「うー、なんだこの怪しい一角は」と思ったことがあったのでした。夜に来るとこんなに、ロマンチックな場所になってるなんて!

深夜バスに乗り込むと、すぐ(高速に乗る前)に寝てしまい、起きたら名古屋駅でしたー。

関係の皆様、ありがとうございました。
  1. 2012/08/20(月) 12:25:45|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

職業のハナシ

この職業をやっていて本当に良かったと思うことなのですが、言葉にできない想いがあるときに、言葉を発しなくても感情を伝えられるということです。

東北の被災地へ行ったときなんかは、まだ、自分の気持ちに整理がつかないまま、仮設住宅の人たちの前で演奏したこともあるのですが、(本当はこういう言い方をしたらいけないのかも知れないけど)言葉になる前の想いを、相手の言葉になる段階の感情に訴えかけることをしていると思うのです。

もし、これがボーカリストさんだったら随分と手順が違うだろうなあと思います。

これは自分に与えられた使命だなあとも思うのですが、そんな力を自覚している音楽家で一枚のアルバムを作りました。なんというか、そんな人たちが回りにたくさん居て、それはそれは幸せなのです。

決して世には出ないものですが、改めて音楽のチカラというものを実感しました。

大好きな音楽が、そのまま職業になって楽しい!というよりも、こういう時にこそ、自分が音楽をやっている意義というのを感じます。
  1. 2012/08/19(日) 12:06:43|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

焼肉美光どっちらけライブ

今年もやってまいりました、名古屋駅にある音楽焼肉こと焼肉美光の周年パーティ。

おなじみ、バイオリンの黒田かなでさんと、一年ぶりになるピアニストさんのめぐさんと、スペシャルな参加で、パーカッショニストの田口美郷さんと4人で。

今回のライブ、お店側からリクエストがありまして「クラシックで」と!

始めは「えぇー!クラシックぅーーー?」と思ったんですが、結局、ジャンルはあんまり関係ないのです。

クラシックに分類される楽曲を自分たちなりに解釈して演奏しました。楽譜通りに。

楽譜には「そこは、そんなにスピード感出しちゃだめ」とかの指示は書いてないので、一応、楽譜通りの演奏になったということで良いのではないでしょうか。
お客さんも、「ヨッ!とか、もういっちょ!」とか叫びながらクラシック音楽のお客さんしてました。

さあ、次のパーティは年末の忘年会です。また詳細お楽しみに!
  1. 2012/08/18(土) 01:02:35|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

炎天下の

炎天下の下、バイクでバビューンとお仕事へ。片道一時間。

熱風もバイクの上じゃ心地よいぜ!

走ってればね。交差点で止まらなきゃね。長袖ワイシャツ着てます。

クルマで行っても良かったんだけど、絶対に混んでるしなー。

行って帰ってきて、日焼けで疲れて寝ました。よわっちくなってしまったもんですが、もうすぐ、炎天下でも遊ばないといけなくなる覚悟はありますです。海とか!海より川派なんだけどなー。

夜は音源編集作業に没頭。イヤホンのケーブルに扇風機の風があたって、へんな振動音が混じります。

なんだかんだ言って、今年の夏もクーラー増設しなかったなあ。
  1. 2012/08/17(金) 18:46:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

レコーディング終了!(ロゼの)



なんとか元気になりました。

「あの時のホーンセクションの楽譜を他で使うから送って欲しい」と、ボーカリストさんから連絡が入る。

自分が演奏するのを前提に書いた自分のアレンジの楽譜って、ぼくが入っていない時に音が出されたら、ちゃんと成立するのかどうか、とても不安なのだけれど、どうなのだろうか。
うまく進むように、いろいろと手直しをして、いろいろと細かい注釈をつけて送ったのだけど、どうなるだろうか。

夜、愛知県碧南市のコンサートホールまで、ロゼのレコーディング現場を身に行きました。
麦藁帽と短パン、雪駄という緊張感のないいでたちで。

ホールの職員さんに関係者であることを伝えて中に入れてもらうも、ホールの裏の入り口に案内してもらうまで、3回も「レコーディング中ですから、静かにしてくださいよ。」と言われてしまった。何もしゃべったりしてないのに。

「見てくれは金魚売りだけど、中身はミュージシャンなのだぞ。」と言いたかったのだけれど、「はい。すみません。」と3回言っておきました。


音源チェックしてレコーディング終了!というタイミングで会場に入ったので、「いぇーい!おめでとう!」と拍手したけど、みんなゲッソリと疲れきってました。はいー。わかります。お疲れ様でした。

しかも、会場にチョコやらビスケットやらを食べ散らかした形跡や、ペットボトルやら紙コップないではないですか。

「楽しい食べ物コーナーはどこにあったの?ここ?もう片付けたの?」とか聞いたら「そんなものはない。個人のペースで責任で。」と、いうことでした。

ぼくなんか、レコーディング会場に鉄板と炊飯ジャー持ち込んでましたけどー。
ずいぶんと雰囲気が違いますね。あたりまえですが。

さてさて、まだミックス作業などが残ってるようですが、とりあえず、無事に終了してよかったよかった。
  1. 2012/08/16(木) 23:16:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

レコーディング二日目(ロゼの)

なにせ、医者にもいけないので、家にある風邪薬を順番に飲んでみておりますが、なんだか効いたような気がします。

寝ては起きてを繰り返して、午後には外出できそうなほどに回復したので、心の拠り所、大好きな近所のスーパーと八百屋に食料品を買いに出かけたらば、お盆休みで精神的なショックを受ける。今のぼくからスーパーと八百屋を取ったら回復できないじゃないか。
  1. 2012/08/15(水) 23:55:44|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

レコーディング一日目(ロゼの)

熱を出して寝込みつつ、同じく熱のあるパンデイロ練習をする。

朝、そうめん茹でて食べる。鼻が利いていないので味がわからない。
夕方、またそうめんを茹でて食べる。こんどは、何かしら臭いがわかるようにと思って、ミョウガを入れる。

ミョウガの匂いしかせずマイッタ。

ロゼの人がくたくたに疲れて帰ってくるのに、寝込んだ人がいると。これは大変申し訳ないのですが。
  1. 2012/08/14(火) 23:44:15|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

明日からレコーディング!(ロゼの)

まいどおなじみ、金管五重奏ブラスアンサンブル・ロゼですが、明日から3日間レコーディングが始まります。

もう、ロゼの人も忘れてるかも知れないのですが、ぼくが「今年、CD作ったら?」と言い出したのです。
2月だったかな?3月だったかな?

そしたらば、すばらしい早さで実現へと動き出し、スケジュールが決められて、レコーディング会場が抑えられて、レコ発のコンサートまで決まり。

それと同時に「じゃあ、ここの日程子守ね。」ということまで決まったのです。

それが明日から。家でパンデイロ叩きながら、お仕事も進めたり練習したりするわけです。

体調管理はしっかりしないといけないのですが。

ずどんと風邪をひいて熱を出してしまいました。パンデイロちゃんも。

ピンチ。
  1. 2012/08/13(月) 23:33:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

江南ジャフェスティバル

駐車場が混むというので、電車で江南市民会館へ。

江南ジャズフェスティバル、午前中から14時までは、ジャズコンボ(小さいグループ)午後はビッグバンドがいくつかという構成です。自分は、助っ人的な感じでジャズコンボに参加させていただきました。

会場に着いて、スタッフと出演者による打ち合わせに参加して。こんなところからも全体の和やかで一生懸命な雰囲気伝わってきます。若い人達が運営に参加してるというのは良いですねー。

PAの方が、自分のソロCDをレコーディングしてくれたスタジオアズオンの人でしたが、どこまでバレずにいられるだろうかと思って、挨拶しないでおりました。

朝イチの打ち合わせが終わって、近所にご飯を食べに出たのですが、空いてる飲食店が少なくて。喫茶店なんか入っても、「今日は午前11時までで、ご飯やってないんです。」というところが、立て続けに二件。日曜日休みの文化が残ってるようです。面白いですねえ。と思ったのだけれど、後で考えてみたら、これ、日曜日のモーニングだけやってあとはお盆休みに突入と、そういうことですね。きっと。

会場に戻って、楽屋でちっちゃい音で
リハーサルして、本番。

客席見渡すと、どうも、他の出演者やビッグバンドの人はいないようで残念。どこかでリハーサルしてるのだろうか。

バンドのサウンドを最優先に、でもちょっとは目立ちたいという、自分のエゴとの戦いでしたが、バランスとれてたろか。

そして、数十年後の自分はどうなってるだろか。
  1. 2012/08/12(日) 15:43:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

練習会から同窓会

午前中は、月イチでやっております、楽器練習会。

明日のジャズの本番に備えて、ジャズスタンダードの練習をじっくりと。ああ、なんか、スタンダード演奏するの久しぶりで楽しいなあ。昔を思い出すなあ。その昔は、マイナスワンCDというのをコツコツと集めてそれで練習したりしてたのですが、最近はもうそんなの、iPhoneに全部入ってますよ。しかも、テンポもキーも自由自在。もちろん、自分のやったことに反応はしてくれないので飽きますが、十分、練習になるなあ。

でも、なんとか安く音源を手に入れようとみんなで協力して工夫していた学生時代も楽しかったですけどね。いま、ジャズスタンダードの楽譜なんて売れてないだろうなあ。

夜は、中学校の吹奏楽部の同じ年代の人達の集まり。こういうのってなんて言うんでしょう?Facebookを通じて初めて実現しました。

うちの兄弟、上からチューバ、ユーフォ、チューバで、みんなで出席しました。
  1. 2012/08/11(土) 09:48:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

水族館へパートツー

今日も積極的に家の外で遊ぶ日なのですが、家の近所に遊びに行くところが、スーパーと八百屋とホームセンターしかないという。

地元民の心の拠り所、ボナンザプラザほにゃらら(地元の大型ショッピングセンター)にも行って見ましたが、ただ涼みに来てテレビ見てボーッとしてる人、たくさんいましたね。エコですね。いっそのこと、お茶の間作ってゴローンとさせれば良いのでは。

そしてまたしても、水族館という名の金魚コーナーを見て遊ぶ。水槽欲しいなあ。でも、ものすごく手入れが大変で湿度が上がるんだよなあ。テキサスの時に買っていたナマズは、近所のゴルフ場の池で投網をうって採れたやつで、丈夫で大食いで、楽しかったのだけれど。あれは、地元の気候があっていたからだろうなあ。

岐阜県にある、川魚専門の水族館にまたいってみたくなった。

犬山のモンキーパークが思いのほか、ちょうど良い。という情報も。「ちょうど良い」というのがポイントです。
  1. 2012/08/10(金) 09:35:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

水族館へ

ブラスアンサンブル・ロゼが来週、レコーディングをするのです。

それで、ロゼのトロンボーンの人の練習を聞いてたりするのだけれど、どえらい(名古屋弁)大曲ばかりやるみたいで。
「た、大変そうだね。吹くとこいっぱいあって。」というと、「金五(金管五重奏)は大変なの」と。

そうですか。そうだろうなあ。オーケストラの曲とかやったりするもんなあ。しかも、ぼくがアレンジャーなら、トロンボーンに一番負担かけるもんなあ。

というわけで、ぼくは自分の練習しつつ、パンデイロの練習もしたりするわけですが、息抜きに近所のスーパーや八百屋流したり、ホームセンターの金魚のコーナー見に行ったりするのでした。

スーパーで、豚肉と安くなってたキムチを買ったらレジで「豚キムチですね。ふふ。」と言われ、「あ、そうです。ふふ。」と答える。
  1. 2012/08/09(木) 09:17:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

江南サマージャズフェスティバルリハーサル

8月12日(日)に、愛知県江南市であるジャズフェスティバルに出演します。

と言っても、ビッグバンドや自分のリーダーグループでなく、地元の方により構成されたジャズコンボ(少人数バンド)にサポートメンバーとして参加します。長い間かけて煮詰められているところに、ポコッとお邪魔します。

江南サマージャズフェスティバルホームページ
http://www.konanjazz.com/

参加バンドのうち、最長老の方がいらっしゃるようなバンドでして、果たして自分がこの御年になったときに音楽を続けられているのだろうか。というのは、甚だ疑問なので素。いや、続けていたいなあ。と、思いますが。


自分だけ突出しないで、バンドサウンドにブレンドされることが一番だと思うんですが、ともすると見栄がでてきてダメですね。
おそらく、本番会場には知り合いもたくさん居ると思うのですが。
ステージに上って、どれだけバンド全体のことを冷静にモニターしていられるか。

こんなに解りやすい自分との戦いは無いなあ。

いつもとは違った意味で、面白いステージになると思います。燃えてます。
  1. 2012/08/08(水) 22:54:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一休み



一つ、大きなお仕事を終えて一休み。
ゆっくりと音楽聴いたり、気になるYouTube音楽ビデオ見てみたり。
最先端では何が起こってる?そんなアンテナ失ってしまった感、有り。

どこに向ければ良いのか、探すべきものでもないと思うのだけれど。ニュートラルコーナーにおります。
次に突っ走っていく方向はどこかなあ。

最近、ずっと嘆いてばかりですが、仕事用のパソコンがすっかりダメになってしまいました。

「パソコンは、ずっと使っていると更新プログラムが溜まっていってダメになっていくもの」だということを聞きましたが、それにしてもなんとかならないものでしょうか。

最近、身の回りのいろんな機械の寿命が短かくなったなあと思います。

昔のモノって、分解して中身を覗いてみたら、接点が磨り減ってて接触不良になってたりするだけで、なんだかグッとどこかに力をかけるだけで直ったりしてたんですけどね。安くて便利なものがじゃんじゃん壊れていってますね。



先送りにしていた、音源編集の作業も再開しましたが、パソコンが追いつかず。

「レコーディング専用に」と買ったノートパソコンをデスクトップのモニターに繋いでしばらくは使うことにしました。あー。もうわけがわかりません。

パソコン、安くなったのは良いのだけれど。。。壊れやすくもなってないかい。
  1. 2012/08/07(火) 23:07:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

夢のようなお仕事

先日、夜中に行う楽譜作業に根を詰めすぎて、夢を見ながらパソコン作業するということをやっちゃったんですが、次の日、楽譜をチェックしたら散々でした。

間違いだらけ。そりゃそうですわなあ。

でも、またやってしまいました。

人間の脳みそって面白いもので、こんどは、夢を見つつも「夢見てるけど、楽譜はミスがないようにしよう」と、そういうことを考えられるのですねえ。

特別、精神的に追い込まれてるわけではなく、ただ眠い時間に仕事してるだけですので。
  1. 2012/08/06(月) 09:19:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ポリゴン楽団昼公演

ポリゴン楽団、今回のライブは得意の昼間、親子対象のライブです。
もう何度もこういうライブを重ねてきていますが、親子対象、昼間の1時間ステージ×2公演は超満員ということになってしまってます。



会場は前日夜からファンタジーな空間に作りかえられました。通常営業で使われている机と椅子は、最低限の数が壁際にあるだけで、真ん中は、輸入果物などの、かわいいダンボールが敷き詰められて、地べたでくつろげるスペースに。

今回のライブはジャズボーカリストの粟田さんも参加。強力です。

2回やった公演、両方、駐車場の混乱から開始時間が遅くなりました。お待たせしてすみませんでした。
立地的にみんなクルマで来るからね。で、ほとんどみんな子連れだからね。そりゃあ大変。



子供向けであるからといって、とくに解りやすいことばかりするわけではありません。

ポリゴン楽団、曲の題材はわらべうたや童謡なのですが、うーんマイッタ、と額をペチリと叩くようなアレンジが施されてあります。リーダー奥村俊彦さんによる力作の数々です。

子供相手の演奏という経験は、バンドとして十分に蓄積されております。
それでも大人しくなりすぎるとつまらないので、ギリギリのところを攻めました。

メンバー全員で加減が解ってるというのは、こら楽しいのです。
  1. 2012/08/05(日) 02:56:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

おかあさんといっしょ

秘密にしていたテレビ番組の放送がありました。おかあさんといっしょ。夏のスペシャルですね。先月半ばに渋谷のNHKで収録がありました。先月、ごにょごにょとしていたのはこれのことでした。



放送があるまでネットなどには情報公開しないようにしていたのですが、いろんな人からメールいただきました。
再放送は8月18日(土)朝8時と夕方5時です。見逃した方はぜひこちらをチェックしてください。

本日のお仕事は、名古屋市内で行われるロケンロールイベントでのオープニングアクトバンドのホーンセクション。白いマイクの人のコピーバンドです。

昼間から開場に入ってサウンドチェックとリハーサルを軽くして。

14時から18時くらいまで時間が空いてしまうので、パソコンで内職をしようと、いちおう、用意だけはしておいたのですが、トランペッターさんと町を散策することになりました。

アイドルショップを冷やかして、オタクの皆さんに囲まれていろんなことを教わったり、休工中のビルの解体現場に入り込んで感慨に耽っているおじさんと語り合ったりと、無理やり面白いことを探して時間を潰しました。

本番は、きっちり丁寧にでもブリブリと。
いやー、つくづく、どんな音楽にもマニアはいるもんだなあと思いますが、客席がかなりアツく盛り上がって楽しかったですわ。マニアの一品に喜ぶマニアみたいな。いや、社会勉強になりました。
  1. 2012/08/04(土) 09:39:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽市ジャズ楽団練習


昼間は、相変わらず楽譜仕事やっつけております。近所のスーパーに行くのが最大の楽しみ。

夜は岐阜市で楽市ジャズ楽団の練習。
上級者コースの皆様は、5日(日)に岐阜市の柳ヶ瀬で本番があります。こうやってどんどん本番重ねられるって、すごく幸せなことですね。本当はお膳立ての部分がものすごく大変だったりさるのですよ。

軽く通すだけ。かと思っていたら、ガッツリ作り込みました。
上級者コースは、トロンボーンのパート、人数が揃っているのですが、初心者コースのほうは、まだ席に空きがあります。5日(日)の昼間の本番見て、興味持ってエントリーしてくれる人が居ますようにー!
  1. 2012/08/03(金) 22:56:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夢の仕事

ずっと詰めて楽譜作業をしてますが、思うようにいかず。

詰め込み過ぎて、夢を見ながら編曲できるようになってました。
脳みそってすごいですねえ。

てか、そんな状態で作られた楽譜は、明日、またチェックが必要ですね。
  1. 2012/08/02(木) 03:34:25|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0