GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ライブ準備のしようがない

明日、大阪でチューバマンショーのライブ、そして、明後日、午前中から浜松でお仕事ということで、準備を始めたのですが。

大阪でのライブが、近隣のカフェ2店舗、2バンド同時演奏、前半後半で入れ替えライブという、初の企画でして。

お店もどういうことになるか解らない、お客さんもどういうことになるのかわからない。

という、「蓋を開けて見ないとまるでわからない」というライブの準備というのが、どうしたら良いのか解らず。
ただただ、右往左往していたのですが、右往左往していたら、なんだか片付けモードのスイッチが入ってしまって。

我が家には、それはそれは可愛い土間があるのですが、そこを掃除して片付けて、それはそれは可愛い土間に仕立て上げました。

いらない物、捨てまくってね。土間カフェできるよ。これ。
畑仕事したあとに、長靴のまま、土間でヤモリを見ながら麦茶を一杯。とかサイコーですけどね。まあ、反対されるだろうなあ。

本当は、新曲とか書きたいのだけれど、どうなるか解らない明日のライブ向きじゃないのです。
手堅くいかないといけないのです。。。

曲を書きたいのだけれど、掃除をしてしまう一日。プライスレス。
  1. 2012/05/31(木) 22:00:48|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アドリブできる

数年前に、誰でもアドリブが演奏できるようになる方法というのを見つけちゃったんですが、周りの人がどんどんアドリブ吹けるようになってて楽しいことになってます。学校にジャズを勉強しにいくと、まず理論から習っちゃうんですが、理論知らなくてもアドリブ吹けるようになっちゃうので楽しです。

クルマの中で渋滞中なんかに練習できるように、ポケットトランペットを改造してトロンボーンのマウスピースをくっつけけるものをクルマに入れてあります。

それでも、構造的に大して吹けないので、アドリブの簡単なフレーズなんかを練習するのですが、一昔前は、その伴奏用の音源というのをパソコンでコツコツ作っていたわけですよ。

わざわざ苦手な調整で枯葉の音源作ってみたり、五度進行の羅列とか。
そういうものを、CDに焼いて、クルマに積んでたのですが、そんなの、今、携帯のアプリでワンタッチ(死語?)でできるようになりましたね。テンポや調性はもちろん、スイングやラテンなどのスタイルまで変更できるのは、もう感動ものです。

クルマの中での練習ネタには困らなくなりましたねー。

それでもね、機械相手の練習ってつまんない。
そのうち、こちらのフレーズに反応するようになるだろか。なるだろかー。
  1. 2012/05/30(水) 11:25:47|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

楽しいパート練習のはずが

セントラルジャズオーケストラのトロンボーンセクションの楽しいパート練習のはずだったのですが、パンデイロちゃんが風邪のため、急遽お休みさせてもらうことに。こんなことは初めてなのだけれど、これからこういうことは何度もあるのだろうなあ。今日は、パート練習だったからまだ良かったのだけれど。なんてことを考えたり。

さて、家には居るものの、ぼくは出かけようとしていた元気が有り余ってるので、水に浸けておいて芽が出ていたゴーヤの種を縁側に植えたり、畑の土壌を改良してみたり、ナナメに育ってたトマトの向きを矯正したり、アレンジ仕事したりしてたのでした。
  1. 2012/05/29(火) 10:43:19|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ニューイクイップメント、ニューパパーソナリティ

今池トクゾーで、東海道スモッグブラスのライブ。
対バンは、これまでも何度もご一緒させていただきました一ノ瀬大悟デュオさんと始めましてのLibraさん。

リハのため会場に入りましたら、メンバーの中で、なんだか浮き足立っている人が独りおりまして。

バリトンサックス松本卓也さん。

もともと愛知で活動していましたが、今は、東京で頑張ってます。

なんでも、彼が新しい装備を買ったそうで。
それはめでたいですね。

それは嬉しいですわねえ。高い買い物だし。実際、良いようで。


ちゃちゃっとリハをして、近所のイタリアンファミリーレストランへ(ファミリーイタリアンレストラン?)移動して、今後の動向の会議なんかして。
騒々しいお客さんがほとんどいなかったなあ。おちついて飲食できました。

でも、向かいのテーブルに、ねずみの算数の人と、その人の話を熱心に聞いてる若者カップルが居て、その内容が気になりました。声でかいっちゅうの。
もう長らくこういうところに来てなかったけど、ファミレスってこういう場所ですね。

東海道スモッグブラスは、8月にライブがあって、今度は10月にしましょう。と。良いペースですね。

その他、いろーんな身の上話やら、音楽の話やらをメンバーでゆっくりしました。
こういう時間は楽しいですね。お互い、ガツンガツン刺激しあってるというか。


本番時間ちょっと前に、会場へ帰って。

対バンの2組の演奏を楽しみまして「そろそろ出番だ!」という頃に、バリトンサックス松本卓也さんが「あのー、新しく買ったこれ、試してみます?」と言うので

「えー!そんな!壊したら悪いから!」とか思いつつ、借りて試しに使ってみました。

なかなか良いですね。
歯にモノがつっかえた感じがありません。

まあ、ちょっとデカくて重いかなあとは思いましたが、取り回しもそれほど苦ではなく。

良い買い物しました。まっちゃん。

あ、あと、なんか、サックスも変わってたかも。

  1. 2012/05/28(月) 00:40:02|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日曜に家に居た

今日は、一日家に居る日曜日です。

朝ごはん作ってね。

お仕事してね。
畑耕してね。

家庭菜園、2年ぶりに再会できました。
ほんの一畳ほどですが。

とりあえず、バジルとトマトとゴーヤです。
トマトの苗が、近所のカワイイ八百屋さんにて、市価の半額で売られてました。どこまでもカワイイ!

昼ごはん作ってね。
仕事してね。

買い物行ってね。
晩御飯作ってね。

らっきょ刻んでね。

あー、練習してないなあ。


一宮市萩原町で、ちんどんコンクールが行われていて、クラリネット奏者の瀬戸信行さんが来てるはずだから、見に行けたら良かったのだけど。

「瀬戸信行5連覇!」なんてニュースが舞い込んできたときには、「あー、やっぱり現地でお祝できたら良かったな。」なんて思ったのだけど。

我が家は我が家で、ゴーヤの芽が出てきたり、メダカが人影を怖れなくなったり、その他、今までできなかったことが、いろいろできるようになったり、毎時お祝いなのでした。
  1. 2012/05/28(月) 00:04:53|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

練習会も

月イチでやっている楽器練習会。

ビッグバンドの譜面を持って行って、1時から5時まで、みっちり練習するつもりでしたが。
いや、出かける前から解ってましたが、フヌケでした。

昨日の楽しい感じが抜けなくて。
ライブやる度にこれではいけないので、気分を転換する何かしらの儀式というのがこれから必要になってくるなあ。

ライブの翌日がバッチリまたライブというなら、すんなり気持ちも切り替わるけど。
4時間、会場にいて、楽器を出したのは最後の30分。

一生懸命練習している人にとっては、魂の抜けた男が横たわっているのを見るのは迷惑だったに違いない。反省。


来月のエビスライブ、ついにアレになりました!

6月22日(金)The World of Tambourine!

  1. 2012/05/27(日) 00:17:13|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

中山うり ホロホロ涙知らぬ鳥

絶対打ち上げ参加したいからね。クルマはパス。

楽器2本担いで電車移動して、お昼過ぎに会場の今池トクゾー入り。
中山うりさんご一行は、神戸でのツーデイズを終えて本日、名古屋へ移動してきました。

前回、ご一緒させていただいたときから、ずいぶんお久しぶりになはずなんだけど、なんだかそんな気もせず。

ちゃちゃっとリハーサルして、控え室で近況報告やお喋りなんかして。

ライブスタート。
ぼくは、4曲目から6曲の参加ということで。ステージ袖から演奏を楽しんでました。

実は、今回のライブに臨むにあたって、うりさんから「この曲はユーフォで」と指定が有って、メロディラインが書かれた楽譜が送られてきてたのです。他の曲も、だいたいパートが書かれていて、「トロンボーンでもユーフォでもどちらでも」とか「ここは適当に」とか、いろいろあったのですが。

この、ユーフォ指定というのが、なんだか、自分の存在意義なような気がしていて。
楽譜受け取った時からそれはもう感激していたのです。

誰かが(他の誰でもなく)自分の音を想定して楽譜を書いてくれるって、もうこの上ない喜びです。


さあ、どうだったろうか。
ステージ上では、お客さんが聞いている音は聞けないので、客席で聞きたかったなあ。

よくリハーサルなんかで、ギタリストさんが、ながーいシールド(楽器とアンプを繋いでるケーブルのことね)を引きずって、客席まで降りていって、ステージ全体の音の感じをチェックしたりしてるけど、あれ、羨ましい。

自分が客席に居るのに、出てる音はステージ上のアンプってどういう気分かなあ。

何にも繋がれてないから、どこにでも歩いて行けるのが管楽器の良いところだけれど、自分の音が自分にくっついて回ってるもんねえ。

ライブ後は楽しい打ち上げ。

終電で帰ろうかとも思っていたのだけれど、打ち上げが始まったのが23時くらいということで、これはもうスッパリ諦めて、打ち上げに専念したのです。しちゃったのです。
  1. 2012/05/25(金) 23:14:31|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

準備万端!

今日は、準備ウィーク最終日ということで、最終点検の日。

頭の中でグルグル音が回ってる状態から切り抜ける方法ってなんだろうと思ったんですが、コンビニに行ったら、耳障りな音に満ち溢れていて、それでグルグル状態から抜けたりしました。コンビニ素晴らしい!

リセットした方が、暗記早いからね。楽譜は大丈夫になってるので、あとは自分なりの表現を最大限ぶちこみましょう。

そんな作業を夜中までやってました。「ひょっとして、こっちの楽器の方がいいんじゃないか?」と持ち替えてみたり。

前日までバタついているあたり、スマートでないなあ。
  1. 2012/05/24(木) 22:59:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

唄が上手くなった

中山うりさんウィークということで、楽器の練習したいのですが、楽曲を頭に叩き込みたいのですが、パンデイロちゃん(久しぶりの表記!この辺りの設定が解らない方は、昨年9月からの日記を読み返してください。)を触ってないといけなくて。なかなか自分の楽器が触れません。

「会社勤め務めなので楽器を練習する場所と時間がないのだけれど」という人には、「楽器を触ってなくてもセンスは磨けますよー。」なんて話をエラソーにするのですが、それを実地でやらないといけない感じです。


歌詞覚えて、コーラスも歌えるようにして、リズムを体に染み込ませて。

あー、多分できるけどー。楽器で確認したいなあ。
  1. 2012/05/23(水) 01:26:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

セントラルジャズオーケストラリハーサルあとちょっと!

朝イチで、来月にライブを控えているビッグバンド「セントラルジャズオーケストラ」のリハーサルをホームにしている会場のジャズバーケニーズさんにて。ビッグバンドなんて、練習会場探すだけで大変ですからね。有難い限りです。

今回は、これでもか!というくらいパート練習を重ねて来たので、かなり余裕を持って細部までバランスがとれるようになってきました。そりゃそうだ。ほぼ毎週やってるからねえ。あー楽しいなあ。

最近、調整に出して良くなった楽器と今まで使ってたマウスピースの相性が変わったようで困っておりますが、今日、人が貸してくれたマウスピースがすごく良かった。ああ。やっぱりマウスピース買わないといけないのか。選ばないといけないのか。ペットもマウスピースも同じで、選ぶものではなく、出会うものだと思っているのだけれど。(わざと極端なこと言ってみてるだけですよ)

どうも、このリハーサルの後はいつもボーッとしてしまうようで、いつも思った時間の帰りの電車に乗れません。ホームにいるのに。
  1. 2012/05/22(火) 23:45:17|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中山うりさんウィーク

金曜日の中山うりさんのライブ@名古屋今池トクゾーの準備ウィークです。

音源聞きながら録音しながら暗譜していきます。自分なりに絡み方を組み立てたりするのですが、ふと気が付くと、歌詞を邪魔してたりして。
なかなか加減が上手くいきません。まあ、じっくりいきます。
というわけで、今週は基本的に家に居るのですが、宅急便屋さんが来て「あ、お休みのところすみません」なんて言っていくので「家に居るけど休んでません」と言いたいです。

さてさて、街の音楽屋さんになりたいと常々言ってます。つい先日、地元のワイン専門店でライブさせていただきまして、すぐ近所の方とかが見にきてくれたのですが、また今日、ふとしたことから、ぼくのやっているようなことを「面白い」と感じてくれるような方と出会いました。しかもご近所さん。ちょっとずつ、ちょっとずつ拡がっていくと良いなあ。
  1. 2012/05/21(月) 13:39:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽市ジャズ楽団スタート



岐阜市主催の市民ビッグバンド、楽市ジャズ楽団ですが、本年度も元気にやっていきます。
本年度のスタートは、まずは新メンバーのオーディションから。審査員?という立場で行ってきました。

朝9時半からということだったんですが、なんだか岐阜市内は、マラソンをする人達が車道を走る日のようでして。
規制だらけです。

あらかじめ情報を得ていたので、バイクで出かけましたが、それでも大変でした。
会場に入るまでに余計なな気を遣うのってヤですね。

オーディションは、いろーんな年齢層のいろーんな趣向の人が、いろーんなアプローチで臨んでいて楽しかったです。
結果お楽しみに!

レベルアップすることは間違い無さそうです。

ただしー。トロンボーンの席だけはまだ空きができてしまいました。
随時、オーディションの受付しておりますので、楽市ジャズ楽団へお問い合わせください。

http://gifu-civic.info/rakuichi/

オーディション後は、昨年度からの継続メンバーによる練習を指導してきました。

ジャズのイロハも知らないまま入ってきたティーンネージャーちゃんが、アドリブ吹けるようになりましたぜい!

楽譜から離れて、楽器でおしゃべりするようになりました。自分のフレーズ吹くようになりました。サイコーです。
  1. 2012/05/20(日) 22:30:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワイン専門店ライブ



チョー地元!自宅から歩いて5分のワイン専門店の橘屋さんにてライブをさせていただきました。

ボーカリスト朝香さんと、ジャズビブラフォン奏者の山下真理さんとの変則トリオ。

自宅から近くで、しかもワイン専門店ということで、歩いて会場入りしました。飲みたいからね。
といっても、使う楽器がユーフォとトロンボーンとスーザホンの3つを担いで。

特にスーザはケースも無いもんだから、往来でバッチリ目立ちました。
付いてきてくれればいいのにな。

会場が近所だと、かなり油断しているようです。
まず、譜面台とトロンボーンスタンド忘れていて、取りに戻りました。

そして、リハ始める段階で、楽譜忘れてるのに気づいて、取りに戻りました。

そして、リハーサルして、今日使うはずのカズーを忘れていて。

元々、着替えに帰るつもりだったので、そのついでに取ってきました。

いけませんね。よく、楽器屋さんでライブやるときは「バルブオイルとか忘れてても平気だぜー」なんて思うのですが、ここまでなんでもかんでも忘れることはまずないですね。

たくさんのお客さまに予約をいただいておりまして満員。飛び込みのお客さんもいらっしゃいましたが、お断りしなければならず。。。残念無念。

お酒を飲みながら楽しんでもらうライブということで、ドンチャン騒ぎになるのかと思ってましたが、すごーく雰囲気を大事に聴いてくださいました。朝香さんの声の成せる業かなあ。

ステージの合間にチーズとワインと干しぶどうをちょびっと頂きました。(結局1杯しか飲んでない)

休憩の合間にはスーザホンを初めて見るお客さんに触ってもらったり、担いでもらったり。
さすがに落っことしたりしたらダメですが、ヘンなところを触って楽器が壊れるということはないですからね。

つくづくこういう楽器やってて良かったと思います。

「お店の存在はしっていたけど、なかなか入れなかった。すぐ近所です。」なんていう方もいらっしゃいまして、こういう機会が、どんどん拡がっていくといいなあ。

なんて思ってたら、お隣の清須市の方に「竹ぼらを作っているのですが!」と!

竹ぼら!吹きたい!

あ、帰りは2往復しました。
  1. 2012/05/19(土) 22:29:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

マネできた。


からり芋

出先で、お仕事の合間にまとまった時間ができたので、みっちり練習しました。

まだ、先日のセルジオ・カロリーノの演奏の印象が頭に残っているので、いろいろと真似してみた。
そしたらば、見ていたときは「あんれまー、あんなこと、普通できっこないよなあ。」なんて思ってたこともできました。なんちゅうかこう、勝手に上手になりました。

CD聴いたり、YouTube見てたりしたらできなかったろうなあ。
実際、どれだけ筋肉がリラックスして演奏しているかとか、見てみないとわからないもんなあ。大阪行って良かった。

夜、ちょいと入った居酒屋さんで、目の前で、板前さんがネギのみじん切りをしていた。

なんだか、みとれてしまって。

さっき(チューバ的に)出来なかったことができるようになってしまったばかりなので、「これも真似すればできるようになるんじゃないか」と、一瞬思ったのだけれど、これは、真似したら指がちょん切れるのだろうなあ。
  1. 2012/05/17(木) 16:06:48|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

セントラルジャズオーケストラパート練習



6月にライブを控えているセントラルジャズオーケストラのトロンボーンのパート練習。
つい先日もやりましたが、いーのです。楽しいのです。

今日居たのは7人。曲によって入れ替わり立ち替わりのメンバーもいるので、こんなことになってます。(ぼくは2ndに固定されたようです。バストロ、吹く機会が無くなってしまった!)

じっくり3時間!

なんでパート練習がこんなに楽しいのか考えたのだけれど、それは単に、他でやってないからだということが解りました。
もちろん、他の楽器とのアンサンブルとかはしますが、同じ楽器セクションで一つになって、というのがビッグバンドだけなのかな。いまの活動範囲では。


丸っきり個人的な楽器トークですが、5年ぶりくらいに「マウスピースを変えなきゃいけないなあ」なんて思ってます。
楽器を調整に出して、スッキリ良い状態になって戻ってきたら、今のマウスピースが合わなくなってしまった。

あんまり、マウスピース選びをしたことが無いので「あー、面倒くさいなあ。。。お金かかるなあ。。。」なんてゲンナリしていたのだけれど、きっと家に転がっているバックの6 1/2とかで十分なような気もしている。
世の中には、楽器の数よりマウスピースの数のほうが多いわけで。
一般のご家庭にもゴロゴロと転がっているようなものだから、あんまり購入する気にならないんだなあ。。。
  1. 2012/05/16(水) 14:12:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カロリーノ

大阪までチューバ奏者のセルジオ•カロリーノ氏のワークショップとミニコンサートを見に行く事に。

いろーんな人から噂を聞いていて、ぜひ見てみたいと思ってました。

プチビンボー日帰り旅行を決め込もうということで(プチは旅行にかかってます)、安く大阪まで往復する方法をまたいろいろと調べましたが、バスはタイミング合わず断念。クルマで米原か彦根まで行って後は鈍行電車かとも思いましたが、「雨の中、米原まで運転するのもなあ。」なんて思って。

何となく本棚を見てたら、全部読み尽くしたと思っていた、椎名誠の本で、まだ読んでないものを発見。
これで、行きも帰りも鈍行電車に決めました。

片道3時間くらいね。ワークショップが始まるのが18:30だから、21:00の終電には間に合うだろうと。

大阪着いて、ワークショップ見て。いろいろと大いに参考になりました。なんだか押しに押していたようで、コンサート始まったのが20:30で。

「あ、マズイ。」と思ったのですが、途中で帰るわけにもいかず。「新幹線か、夜行バスか。」と落ち着かないでいたら、お客さんの中に、名古屋のチューバ奏者の「た☆にー」(こんなニックネームも芸名もついてません。遊んでみただけ。)こと「たにー」がおりまして。大学の同級生。

クルマで来てるとのことで、乗せて帰ってくれることになりました。彼もビンボー旅行を決め込くだクチで、往路は下道で来たそうな。

帰り道、下調べなんてしてないものだから、名神高速道路が大変なことになっているのを知らずに。それなりに大変な思いをして帰ったのであります。

深夜2:00の帰宅。

た☆にーありがとう!


ずっと、「カロリーノという語感が何かに似ている」と思って、落ち着かないのですが、なんでしょう?
  1. 2012/05/15(火) 15:27:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

メダカ始めました



空になっていた睡蓮鉢に、メダカ入れました。前の家の近くのメダカスポットまで行って撮ってきました。平日の昼間っから。

水に浮かべるホテイアオイも、どこかで採ってきたかったのだけど、最近は見なくなりましたねえ。仕方がないので、ホームセンターで百円で一株購入。バカバカしい。

ふと思い出したんだけど、ニューオーリンズの湿地帯ツアーの観光ボートで、ガイドさんが、ホテイアオイを指差して「これは中国人か日本人が持ち込んだものだ」と言ってて、船内で他の客に睨まれたことがあったなあ。

軒先から見える所に睡蓮鉢置きました。涼し気でサイコーです。

夜は、自宅にて週末のライブのリハーサル。ウチから徒歩ですぐのワイン専門店の橘屋さんでのライブです。今まではボサノバセッションとかで遊びに行ってましたが、いよいよライブで登場させていただくことになりました。

店の前にはライブの張り紙がしてあります。

ボーカリストの朝香さんと、ジャズビブラフォン奏者の山下真理さんと3人です。


チューバを人に貸したままだったのを忘れていて。。。リハーサルでスーザホンを使いましたが「本番もそれでイイんでない?」ということになりまして。

さて、チョー地元!でのライブ。地元の人、たくさん来てくれますように!(地元の人はココ見てないと思うけど。はて。どうしたものか。)


【日時】5月19日(土)19:30開演
【出演】朝香-tomoka-(vo)
http://ameblo.jp/tomoka-ito/
山下真理(vib)
http://www.mariyamashita.com/framepage1.html
照喜名俊典(tb)
http://tterukina.com/
【料金】2,500円(グラスワイン、チーズプラトー、バケット代含む)
【会場】
橘屋
愛知県あま市美和町木田八反田17-3
電話 052-444-1102
http://www.tachibanaya-jp.com/
  1. 2012/05/14(月) 12:00:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

机と庭



自宅でアレンジ仕事しながら、休憩中に家の片づけ。

家の裏にちょっとした庭があるのですが、それが人が入るのを拒み出しているのです。なんて書くと大げさですが、要は、植木の枝が延びて草が生えてきて蜘蛛の巣があちこちに。と、こんな感じです。

それを、全部やっつけたりました。

庭で遊べるようにするのだ!悪い虫が湧かないようにするのだ!しちゃうのだ!

家庭菜園も小規模にスタート。まずはハーブ類からやりましょう。
ああ!肉体労働して頭もスッキリ!
  1. 2012/05/13(日) 10:41:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゴマランブラスお手伝い

岡崎市のホールにて、イタリアから来た金管五重奏グループのゴマランブラスの公開レッスンの通訳のお仕事。英語ですが。

一年に一回は、こういうお仕事いただきます。通訳は、ものすごーく自分の為になるというか。相手の言っていることを百パーセント理解できる立場で、これを言語を変えて(変えなくても、人を挟むとこういうことになりますが)相手に伝えると、何かしら減ってしまうんです。そこを何とかそのまま、しかも解り易くとは思うのだけれど。

楽しみにしてましたが、ちょっと前にニュースが入ってきまして。メンバーが3人、国の事情で来れなくなってしまったと。それで、代役を立てたのだと。そして、そのチューバ奏者が。藤田くん。シンガポールのオケで吹いてます。実は、古い友達で、ハンガリーのコンクールでは同じ宿舎(学生寮)に泊まってワイワイやりました。

藤田くんと感動の再会でした。8年ぶり?海外の最前線でやってるというのは、やっぱりすごいことで。しかも日本国内の情報もきちんと把握してたり。世界中の最先端の情報を教えてもらいました。チューバマンショーも、ちょっと海外に出て行きたいなあなんて思ってるので。。。

通訳のお仕事は、きっちりやりました。メンバーの音も間近で聞くことができて、しっかり自分でも勉強してきました。

ゴマランブラス、公開レッスンの後、リハーサルまで公開しちゃうという太っ腹ぶり。

この先の日本ツアー、うまく行きますようにー!
  1. 2012/05/12(土) 14:41:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

チューバマンショー&佐藤鈴木田中

夏の北海道のような爽快な天気でしたね。昼間、久しぶりに大須散策して、中古楽器屋さんで、必要無いけど安かったからトロンボーンスタンドなんか買っちゃってご機嫌でした。

会場に入って、簡単に聞こえ方のチェックだけして。空色曲玉。木造の背の高い蔵を改装してあるカフェで、こんなところで音が悪いはずないですね。

佐藤鈴木田中さんとご挨拶。今回は、チューバマンショーのステージやって佐藤鈴木田中のステージやって、アンコールで合同という企画です。その合同の2曲のリハーサルも軽く通す程度にやりまして。

本番時間、予約でいっぱいのお客さん。半分(かそれ以上)の方はチューバなんて初めて聞くという人だと思います。また、個人的に大尊敬するミュージシャンの前での演奏ということで、なんだかカッコつけたくなっちゃいますが、なるべくいつも通りを心がけて。だらだらと喋りながらやりました。ニューアルバム「こどものチューバマンショー」の楽曲もじゃんじゃんやりまして。子供さんゼロでしたが、こどものチューバマンショーは、大人向けでもあるのです。いいのです。

自分たちの出番が終わって佐藤鈴木田中さんの演奏見てました。カッチリと作り込んであるものだと思ったら、なんともまあ、ニコニコと遊んでるような雰囲気で。実際にメンバー同志で不確定要素を引き出すように遊んでましたね。楽譜にしたらものすごく難しいものだと思うんですが。いやー、こんな近くで見れてシアワセです。

そして共演の2曲!気持ち良かった楽しかった。これまた、自分の知らない自分を引き出された感じがして。感激!

またこんなチャンスあったらがっちり掴みましょうそうしましょう。
  1. 2012/05/11(金) 11:14:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

遊んでいる



本当は、昨日今日、明日と東海地区で3公演組むつもりだったのだけれど、上手く行かずに、一日空いてしまいました。

それならそれで、レコーディングとか、PV撮影とか、そんなことをして遊んでいれば良かったのだけど、なんだか、そんなことにもならず(明日のライブへ向けての緊張感があるのかな。)チューバマンとゆっくり過ごしました。

晩御飯はちょっと遠出して、1時間もかけて岐阜県のお好み焼き屋さんへ。
デズニーランドのような楽しいお好み焼き屋さんがあるのです。

ネットで検索してみたら、情報が出てきちゃうのですが、こういうお店をブログなんかでレポートしたらつまらんですね。

いやー、楽しかった美味しかった。

帰宅してからは、人形の写真撮ったり、YouTubeで「blasmusik」検索祭りしたり。


1年半前くらいかなあ。ハマっていたの。格段に新しい動画が増えててステキ!

独特な指揮が大爆笑のこの人の新しい動画もありました。
  1. 2012/05/10(木) 10:42:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

チューバマンショー各務原市公演

夕方に岐阜駅でチューバマンをピックアップ。

この岐阜駅で誰かを乗せるというのは初めてのことで、それだけでなんだか楽しいですね。
勝手知ったる駅でないので、待ち合わせの場所とか様子とかワクワクします。

岐阜駅行ったことない人には「なんのこっちゃ」だと思うのですが「黄金の信長像の前で」待ち合わせました。

(余談ですが、最近の名古屋駅の待ち合わせ場所の定番は、ナナちゃん人形ではなく、JR高島屋の時計の回りなのですが、あれのこと「キンドケー」って言うみたいですよ。なんちゅうか、どこもかしこも品が無くてイイですね。)

会場入り時間まで時間があったので、ひやしたぬきを食べに行きました。
自分の好きなお店をネットで公開したりするのは好きでないので(というか、自分の好きなお店を隠しておくのが好きなのかな?ひょっとして。)詳細は言いませんが、今日もひやしたぬきは、良いおやつでした。

そしてお店に入って、サウンドチェックもリハーサルもせずに、なんとなく作戦だけ考えながら過ごして。

それでも時間が余ってしまったので、近所のリサイクル屋を巡って遊びました。


本番始まってみましたら、なんでしょう。今までに無い雰囲気。
お客さんの大半がおじさま!見渡す限りのおじさま!(誇張してます。)

一瞬、緊張しましたが、チューバマンがグイグイ引き込んでくれました。
うーん、世代感ってスバラシイ。

あとは、いつもの通りのチューバマンショー。
客席からガンガン野次が飛んできて心地よかったですねー。

「アンコールやらずに写真のコーナーやりまーす!」って言ってるのに、熱烈なアンコールいただきました。

いいお店!マスターの人柄?独りで初めて来ても楽しいだろうなあ。こんなお店。
次回はなんとしてでも電車で!と思うのだけれど、それも難しいだろうなあ。

終演後もなかなか帰らないお客さんとゆっくりお喋りして。
帰宅したのは1時半でした。
  1. 2012/05/09(水) 00:38:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トロンボーンリハーサル

お昼間に6月に公演を控えているビッグバンド「セントラルジャズオーケストラ」のトロンボーンセクションのリハーサルを、豊明市にて。

豊明市なんて言ったら、ウチからは1時間半コースだったのに、最近は高速道路が伸びたお陰で半分の時間で行けるようになりました。高速降りてからの1号線のダメっぷりには涙がでますが。

なんというかその、1号線の品格とかプライドとかそういうもの無いんだろうか。

toyoake.jpg

さて、パート練習はやはり楽しく。
同じ部屋に一緒に居て、同じことを吹いていると、それだけで吹き方とか音質とかって似てきますね。
意識的にそうするところもあれば、無意識でやっていることろもあり。
他のプレーヤーの良いところが、自分にどんどん吸収されていくようで。
独りでどれだけ上手くなってもダメですね。

まあ、こうやってパートの雰囲気が作られていくと思うのですが、トロンボーンパート、かなり丸いです。


帰宅して、ちょこっとお庭の手入れなど。

働く男のエンジン草刈機で芝生をガンガン刈っていたら、隣のおばあちゃんに「ウチのもやっったってちょ」と言われ。

「えー、ぼく、素人ですけど。綺麗にできませんけど。」なんて言って、逃れようとしてたら「あんたの頭みたいに綺麗に刈ったってちょ。」と言われ、そのキュートさにノックダウンされました。

隣の芝も刈りまして、なんとなく土いじり欲が出てきて。
引っ越す以前はよくやっていたのですが、2年ぶりの家庭菜園始めるかー!
  1. 2012/05/08(火) 09:58:13|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

まだソワソワ

スーザちゃんの衣装?なんかバラシながらまだまだ片付けです。

大阪でのフェスがあんまり楽しかったもんだから、こういうのを地元でできたらいいなあ、なんて思うのだけれど。
さらに、そのままの内容プラスにして、東京なんかでもできたらいいなあ、なんて思うのだけれど。

少なくとも、東京では先日、ライブハウスでどクラシックでないユーフォチューバのイベントというのがありましたが、名古屋じゃできないなあ。。。できるような土壌を作って行きたいなあ。

先週の水曜日から日曜日まで5日間(最後は帰宅だけでしたが)、チューバマンショーをやってきまして、なんだか一息つきたいところなんですが、またすぐに公演が控えているという。
ペース的には、あんまり忙しすぎるのもなんですね。なんというか、反省点を煮詰める期間が欲しいというか。
  1. 2012/05/07(月) 09:45:43|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ツアーから帰る

朝9時に大阪を出て、クルマでえっちらおっちら帰りました。今回は行きも帰りも雨でしたねー。
心配していた渋滞もなんとか避けることができて。

新名神方面が混んでいたので、名神で帰りました。
ということで、お昼過ぎには帰宅して。

眠いのだけれど、メールが溜まっていたり、クルマの片付けしなきゃいけなかったりで、バタバタと過ごしました。
家で食べるご飯がやっぱりいーねー。
  1. 2012/05/06(日) 01:09:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

春の大阪チューバ祭り




大阪梅田の開場へは15時の入り。
開場で販売する「ビール的飲料」をスーパーで購入してタダの氷も入れて冷やしながら運ぶ。
この「ビール的」という呼び名が会場でうすーく流行って、あちこちで「ビール的な」という声が聞こえて楽しかった。

大阪ドルチェ楽器さんでは、チューバフェアが開催されておりまして、向いにあるカフェでの今回の「春の大阪チューバ祭り」が開催されております。つまりチューバフェアの併設イベントのような感じになっているのですね。めでたく去年に続いて2回目!

会場入りしましたら、カフェのマスターが、ものすごーく歓迎してくれて。去年のことを覚えてくれていたようです。やる前から感激。

カフェの机やら椅子やら動かして、会場作りをお手伝いなんかしつつ、自分の演奏の準備も。

チューバマンショーの他に、スーザちゃんもありまして、そちらの衣装?合わせも。
スモッグ着せて、目玉くっつけて、両腕くっつけて。これが、まあ面倒臭かったのですが、やりながらゲラゲラ笑いました。

今回のスーザちゃんズは、低音系女子アンスリウムさんのステージに乗っかる感じでちょろっとだけの出演。まだそんなもんです。アンスさんありがとう。それのリハーサルなんかもして。決め事は、最小限に済ませてあとは成り行きで。

今回のチューバ祭りの出演は、

•正統派!綺麗なジャズアレンジのバリチュー「アンモナイト」
•名古屋から大抜擢!洋楽を中心に演奏するユーフォとチューバデュオ「低音系女子アンスリウム」
•チューバマンショー
•チューバ7人とドラムによる、超!勢い系ドスコイチューバアンサンブル(うーん、説明難しいなあ)「Mighty tones of joy」

の4団体です。メンバー被ってる人いますが。

アンスリウムさん、初アウェーのステージで大健闘の大ウケでした。
うん、新しい。例えば、チューバマンショーの二人が「ユーフォとチューバのデュオでこんなこともできますけどー!」ってやるよりも、普通の女の子が立派にパフォーマンス性に溢れたステージを繰り広げたほうが、世の人には、なんというか、影響力が大きいような。。。
ちなみに、ぼくは楽譜とか、演奏とか、ステージングに関しては何も口出ししておりません。自分達で考えてやっております。


それと対照的なのが増殖したスーザちゃん、こんなことになりました。
ネタなんて全くないので、他人のバンドのアンコールの一番オイシイところに乗っけてもらうという。
アンコールは30分のアンスリウムさんのステージの一番最後だったのですが(当たり前)、それまでは、じっとステージの端で動かずに人形と化してました。これが結構大変だったのですが。。。




一応、「都会に迷い込んだ森の妖精」という設定にしようと思ってますが、お客さまが公開しているYouTubeの説明にいきなり「オバケ」と書かれてますね。まあ、妖精もオバケみたいなもんでしょう。

チューバマンショーのステージも無事に終えて、最後の出番のマイティトーンズさんのステージを、ビール的な飲み物を飲みながら見てたのですが、トイレから出てきたお客さんが「ボヤが!ボヤが起こってる!」と僕に言ってきたのです。で、連れられてトイレに行ってみると、トイレの窓からビルの隙間の階下を覗くと、ああ!!なんてこと!!

それはもう大変なことになっていたのですが、今更騒ぎ立てて、誰かに迷惑かけるといけないので、細かいことは言わないでおきます。

一旦演奏を止めて、ビルの外に様子を見に出て。
そらもう、勇敢な人とか、機転の効く人とか、いろいろありまして、火は鎮火に向かっていったのでありますが、消防とか警察とかいろいろ咲き乱れていたのですが、これまた詳細言いません。「フィクションです」とすら言っておきます。

ぼくと同じく、外にいた他の出演者さんと、3階のガラス越しの会場を見上げて「あれ?また吹いてる?」「あれ?吹いてるね。」という会話をしてたのですが、その会話を聞いていた野次馬が「まだ(ビルのどこからか)火が噴いてるらしい」という風に解釈して、それがどんどん拡まっていってしまいました。恐るべし、伝言ゲーム。

その後、さらにすったもんだあったのですが、それも言いませんが、無事に全員参加のアンコールまでやって、チューバ祭りは終了したのであります。

終演後、打ち上げに張り切って参加したものの、皆さん、普通に終電で帰って行きました。当たり前ですが。大阪泊まりで、気合が空回りしたぼくは、独り、大阪の街でラーメンをすするのでした。

完結!
  1. 2012/05/05(土) 18:40:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

移動日



本日は高知から関西への移動日。
朝、高知城なんて見学してみたのだけれど。普段から「商店街を行き交う人を見てるだけで楽しい」というようなところがあるので「観光地に集まる人々」を見て終わってしまった感あり。

また人が居ないようなときにゆっくり来て看板とか読みましょう。

半分、大冒険のようなきままな下道移動をしてゆっくり帰りました。(大冒険の半分ということは中だろうか。)

室戸岬でパチリ。
muroto.jpeg

そして、徳島ラーメン経由の渋滞20キロ。
  1. 2012/05/04(金) 18:39:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

高知公演



朝起きたら、まだジトジトと曇ってましたが、高知へ向かう高速のトンネルを抜けたところで強烈に晴れて、それはそれは「おう、覚悟はできてんだろうな。」と言われているようで爽快でした。

今回の高知公演の会場は、なんと高知市の郊外のイオンモールの中!
イオンの中に、楽器店のレッスン教室と小ホールがあるのです。こういうのは初めてですなあ。

例によってリハもサウンドチェックもせずに、のんびりしていたのですが、なんだか外が騒がしく。

外の吹き抜けでライダーショーやってました。騒がしいというよりは、絶叫の嵐。
テレビの中のヒーローが実際に目の前に来てるんだもんなあ。

「へっ。どっちが強いか勝負してやろうか。」なんて斜に構えてたのですが、まあ、戦ったらあっちの方が強いだろうなあ。

でもぼく、浪人生の頃、ライダーショーの戦闘員のバイトしてたことあるので、中身の人の弱点は知ってるよ。はっはっは。

さて、暴力に頼らないヒーロー、チューバマンショーの本番ですが、昨日と同じく、自己紹介的なことも含めてたっぷりとやりました。ライダーショーに行きたかったであろう、ちびっこも居たのですが、最後まで楽しんでくれました。終演後も、地元の中高生と楽しく喋ったり写真撮ったりして。

いろんなところで写真撮られてて「アップしてください」って言ってるのに、自分で撮った画像をアップしすぎてて検索しても自分で撮った写真しか出てこないよー。

夕方にはフリーになったので、高知の夜を堪能しました。
これまた、地元の方と一献交えまして、憧れだった「けんぱい」という文化の一端を知ることができました。
(知らない人は、知らないでいいと思います)

ぼくが「あのー、けんぱいやってみたいんです」と言いましたらば、「うん、無理しないで。雰囲気だけね。」ということをバッチリお国言葉でおっしゃって。

しかも「オマエ、これがどういう意味か解ってんだろーナ!」という感じでバキンバキンに睨まれてお酒を注がれて。

早々に記憶がありません。
しっかし、濃密に爽やかな夜でした。

お世話になりました楽器堂さんありがとうございました。
http://www.gakkido.jp/
  1. 2012/05/03(木) 18:39:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー高松公演



しとしと雨の中、朝8時半に家を出ました。今回は、働く男のニューエンジンで四国、大阪と回ります。
GWの真っ只中?なのかな?よくわからないや。平日ということで、特に渋滞もなく12時に神戸でチューバマンをピックアップ。

明石海峡大橋渡るのは3回目。いつ通ってもテンション上がります。
なんでしょ?海峡を渡るというのはただ事じゃないですね。

橋ができる以前はフェリーで行き来していて、そりゃあGWなんて大変だったということをチューバマンからききました。うん、でも、時間があるときはフェリーで渡ってみるのも良いかも。

四国に渡ってからもスイスイと進みまして、ちょっと時間ができたので、うどんを。そりゃあ食べるでしょう。うどん。滞在中、3件行きました。こういうのやっちゃうとね。どこにでも進出してきている讃岐うどんのお店に入るというのは、なんだかバカバカしくなるのでした。

会場は港沿いのお洒落な一角。昔の倉庫を改装したのかな?雑貨屋さんやレストランが固まって建っていてカップルだらけでした。こんかいの会場の黒船屋さんも、1階が美容院で、吹き抜けの2階がロフト式にバーになっているという、カッチョイイお店でした。

今回、なんでこんな見事なロケーションで演奏ができたかというと、地元の奏者さん(学生の頃に、一緒に遊んでました)がセッティングしてくれたのです。もう、何から何まで。感謝感激です。

なんとなくセッティングだけして、二人でぶらりと雨の中を散歩。
むかーしからあるような屋台に入って、腹ごしらえ。壁には日本地図がかっていて、フェリーの航路なんかも書き込んであります。「あらー、四国の端っこってほとんど九州ですねー。」なんてまだ見ない土地に思いを馳せたりしてゆっくりしてました。

開演時間直前に会場に戻ってみると、出口まで溢れる人人人!超満員で、開演前に会場の整理をしないといけないほど。「椅子を前に詰めてください。」「ここの椅子空いてまーす!前へどうぞ。」とか。こうやってライブ直前に声を出してお客さんとコミュニケーションとれたのは、結果的にとても良かったのではないかと思う。

最近のライブでは、主に2枚目CDの曲を中心にやっていたのだけれど、初めての土地ということで、チューバマンショークラシックスもたくさんやりました。(マスクの設定の話も最初から。。。)

終演後は、地元の皆様と打ち上げ!ここで更にいろいろな話ができまして、まだ詳しくは言えないのですが、また香川に来れそうな感じになりそうです。いえーい!

しとしと雨が降るなか、クルマキャンプ一日目。なんだか、カラカサオバケみたいなボロボロのビニール傘を持ってきてしまったので、ズブヌレ。着替え、予定より一日分早く消費。
  1. 2012/05/02(水) 12:19:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

準備

明日からの四国&大阪遠征に向けた準備。

楽器、楽譜の他にもいろいろと。

「縫い物まだなんでしょ?先に済ませたら?」と、家の者に言われてカタカタとミシンで衣装縫ったり。

百均行ったりホームセンター行ったりしてスーザちゃんの腕の部分の改良したり。
「ほんっとにそういう事好きねえ。」と言われたり。

はい!好きです!
  1. 2012/05/01(火) 08:45:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0