GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

丁寧な仕事!

あまり詳しいことは言えないのですが、とある学校の校歌の吹奏楽アレンジのお仕事を今月やっております。

ピアノ譜とオケの譜面と、参考音源というのをいただいてまして。

「物凄く古くてよく解らない」という参考音源、聞いてみた所、一緒に預かったオケのスコアの通りの録音でした。

ものすごーく古い音源で、CDRでいただいたのに、まず、レコードの「ブチッ」という音が入っていて、音質もそれなりに古く。レコード音源を何かに録音したものを、さらにパソコンに取り込んでデータにしたものでしょうか。初めは「そんな古いもの、なんぼのもんじゃいな」と思って聞き始めたのだけれど、すぐにアレンジと演奏のクオリティの高さに唖然として。

「この楽器ならこういう使い方が効果的」というようなことを、ものすごーく高いレベルでやっていて、あんまりにも素晴らしいから、なんだか自分でもそんな使い方ができるような気になってしまうくらい。

「こんなアレンジするのは、誰なのだ?」と思ってスコアを見渡すのですが、ただひとつ「早稲田アバコ3pm」なんて殴り書きがされてあって。

「アバコかー。アチャコとかビチュコみたいだなあ。へんなペンネーム使う人もいたんだなあ。なんで本名出さないんだろ。」なんて思ったのですが、ふと「早稲田アバコって誰じゃらほい」と、調べてみたら。

人の名前でなく、老舗録音スタジオの名前でした。国内最大級のレコーディングルームがあって大編成オーケストラの録音も可能だという。

いつ、誰がどういう経緯でアレンジして誰が録音に携わったのか、まるで不明ですが「これはいま、ものすごいものを手にしているんだあ」という実感が。

うーん、聞いただけでアレンジスキルがステップアップできるって凄いなあ。オーケストラなんかのオリジナルものだとまた話が違うのです。

しっかし、物凄いプレッシャー。でも戦うのが楽しいですわ。こりゃ。
  1. 2012/04/29(日) 01:26:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ポリゴン楽団から楽市ジャズ楽団


朝イチで電車に乗りまして、向かったのは名古屋市桜山。いつだったかなあ。前回にライブで出させて貰ったのは。

Two Some という素敵なコーヒー屋さんで、ボーカリスト伊藤朝香さんの、絵本読み聞かせユニット、Ever Afterさんと、ポリゴン楽団で合同ライブをしました。

朝10時からのリハーサルということで、8時半頃の電車に乗って。これ、おそらく普通の人には普通ですが、ぼくにはこれだけで大ダメージです。

「もうダメ~!朝日も浴びてるしー!」と弱音を吐きながら会場に着いたんですが、みんな普通に元気で「あっそ。じゃあ、ぼくも元気にしよう」と思って元気にしてました。

リハーサル、滞りなく終わって、かるーくご飯食べて。お昼の13:00から本番スタート。演ってる間は元気なんだけどねー。1時間弱の演奏時間ですか?あっという間に楽しく終わりました。Ever Afterさんとの共演もあり。自分達のとりあえずのデバイスが終わったら、眠気に襲われて(ちょうど子供の昼寝の時間くらいでしょうか)座り込んじゃいたかったんだけど、Ever After さんのパフォーマンスが始まったら、そんなのも吹き飛んで、グイグイ引き込まれました。うーん、いいお話だったなあ。いい音楽だったなあ。

昼間からワインやビール呑みながら見てたお客さんいましたね。いけませんね。昼間からお酒と音楽なんて、代わってあげたい。3時過ぎに無事にライブ終わりまして、駅まで歩いて、今度は岐阜まで電車移動。

今日、電車にしたのは、都心で駐車場が少ないというのもあったんですが、一番の理由は「移動の時間に昼寝してやろう」というものでした。朝早いので、まあ、昼寝くらいいいだろう。と。そういうことだったんですが。

普段混まないような路線と時間帯なのにぃ!満員!サッカーのユニフォーム来た人だらけー!!!座れず!

名古屋から岐阜も人だらけー!途中まで座れず。やっとこさ15分ほどねました。それでスッキリ!

夕方から楽市ジャズ楽団の初練習に参加しました。第一回目ということで、まだ楽譜も配られておらず、何をするのかと思っていたら、野々田万照先生による、ジャズ理論講座でした。

人にジャズ理論教える時に「うーん!伝わらない!」という所、たくさん有るので、人がどうやって教えてるか興味津々で見てました。(ちゃんと補佐のなんかもして)

「なるほどー!」と参考になること沢山有り、自分で勉強になっちゃったのでした。

さて、今期の楽市ジャズ楽団、まだメンバーの募集があります。サックス、トランペット、トロンボーンも!

オーディションが5月20日(日)にあり、ぼくも審査に参加します。千人を超えるお客さんの前で演奏するの、気持ちイイですよー。来春までにそのレベルになるまでのお手伝いをしますので、じゃんじゃん応募してください。県外の人も沢山います。
  1. 2012/04/28(土) 22:58:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

エビスライブ



朝イチで決まりました。チューバマンショーの岐阜県各務原公演。

5月9日(水)20時より
【料金】2500円(1ドリンク付)
【会場】各務原市ブレス
各務原市那加不動丘2-32-1
ベルテ不動丘1F
http://s.ameblo.jp/bar-breath/


午後からライブの準備したりなんやかんやしていたのだけれど、なんだか、何を食べてもすぐにお腹が空いてしまって。よくわからないけど、燃費が悪いっていけませんね。

ライブの直前に隣のスーパーで買ったサンドイッチも食べたのだけれど、サンドイッチも直ぐにどこかにいきましたね。いけませんね。

かるーく打ち合わせ程度のリハーサルして、まだ決めていなかった次回ライブの話をお店の方として。

来月のエビスライブは、ライブでなく、わたくし独りによる公開レッスンになりました。地元の中高生になんとか目を向けてもらおうという企画です。

【日時】5月29日(土)17:30~20:00

【講師】
照喜名俊典(ユーフォニアム、チューバ、トロンボーン)

【料金】
受講生1,000円
聴講料500円(1ソフトドリンク付)

【会場】YEBISU CAFE 大治町三本木金久35 Tel.052-618-7150
http://www.yebisucafe.com/
大駐車場完備、名鉄バス「大治役場前」より徒歩10分

【備考】
17:30~20:00まで、30分ずつ5名様の受講生を募集します。受講対象は、金管楽器全般。

17:30~18:30の2枠は、地元の中高生さんを優先させていただきます。その他の枠は、基本的に先着順とさせていただきます。

受講のお問い合わせ&ご予約:tterukina@hotmail.com (テルキナ)


たくさんのお客さんに来ていただけまして、本番スタート。華やかに賑やかに!というのが基本的に有るのですが、3人ともクラシックのバックグラウンドがありまして、そんなところもチラリと見えるような、室内楽アンサンブルをしているような息の合わせ方もしてましたねー。

モリモリ盛り上げるところは盛り上げていったのですが、和歌ちゃんが、たまにグルーブとは関係のないような盛り上がりかたをしていて。あとで「あれ、なにやってたの?」と聞いたら「蚊が!蚊が寄って来てた!」だそうです。
また、休憩中に、興味を持ったお客さんが、楽譜を見にきたのですが、(前の2人は楽譜見てませんが)ほとんど楽譜というよりは、メモ書きのようなものですからね。ポイントのコードと、寸法だけね。驚いておられました。

楽しいねえ。このグループはまた他の場所でもできると良いなあ。
  1. 2012/04/27(金) 09:21:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

今さらミシン。

5月5日(土)の「春の大阪チューバ祭り」で、これを登場させようと思っています。
ジャーン!スーザちゃん!

どこでどう登場しようかは、当日まで秘密にしようかと思うのですが。

ただ、この「砂漠の傭兵」みたいな雰囲気を改善しようかと思っておりまして。
自分で布を買って来ました。

と、言っても、今までの人生の中で、布をどうこうして何か作ったのって、小学生の時の雑巾と、中学校の時の家庭科のエプロンくらいしかないですからねえ。

家事全般やるようにしてますが、服関係は未だに苦手。Tシャツとか綺麗に畳めるようになったのは「裏ワザ」なるものを知った最近のことでして。一人暮らしの留学中なんかは、全部、吊るしたままサイクルさせてましたねえ。

ということで、とにかく布を扱うのが苦手、知識なんかまるで無く、困っていたら、布の専門家さんが助け舟を出してくれて、買い物に付き合ってくれふことになりました。

巨大な布の専門店で「何階のどこに、こういう生地がある」というのを教えてくれたり、生地の特製とか、レジへの進み方とか、裁断の指示とか。おそらく、独りで来てたらあっという間にのぼせて(店員にナメラレ易い)、悪い結果になってたと思うのですが、考え得る最良の買い物ができました。値段と価値と、あと、スピーディさね。←コレ大事!

専門家の意見!万歳!
例えば、ぼくが人の楽器を選んだりとかしてたら、同じだけのことできるかな。できるか。そらできなきゃイカンわな。
とにかく、専門家の意見素晴らしかったのでした!

でまあ、あとは自分独りで。。。


できるわけも無いので、これまた別の専門家に指導を仰ぎました。ミシンの糸の掛け方から習ってるよー。さあ、できるようになるかしら!
  1. 2012/04/26(木) 02:23:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ここ数日で

昼間、町内を歩いておりましたら、同じ町内のワイン屋のご主人に呼び止められて「今度のライブの情報ちょーだい!」と言われました。

おー!なんだかこの感じ!

町を歩いていて、みんなに音楽屋さんと認識されていて、声をかけられるって。

憧れの、町の音楽屋さんの姿にホンの一歩近づけたー!嬉しいなあ。
エライ顔をする音楽家とかではなくてね。

さて、ここ数日でバタバタと決まっております、チューバマンショーの四国ツアー。と言っても二箇所ですが。

チューバマンショー四国2デイズ
高松公演
2012年5月2日 19時開場&開演
【料金】中高生1000円一般大学生2500円 ともにワンドリンクつき
【会場】
黒船屋 高松市北浜町3-2 北浜Ally-C
TEL(087)826-3636
JR高松駅徒歩15分
港沿いにまっすぐ東600m、宇高国道フェリーの東150m)

高知公演
2012年5月3日(木)13時開場13:30開演
【料金】前売り当日共に 一般2,000円 高校生以下1,000円
【会場】高知県高知市秦南町1-4-8 イオンモール高知3F 楽器堂ライラホール
http://www.gakkido.jp/opusclub/lyrahall/index.html


そういえば、去年のゴールデンウイークも香川県におりましたね。女木島というところ。

大学の関係の人や、お友達に久しぶりに連絡をとってみたり。そしたらば、まだ公演決まったばかりなのに、「知ってますがな」という声があったり、「ワシ、スタッフですがな」という声があったり。こちら、チューバマン主導で進められてるんですが、まあ、共通の知り合いが多いというか。とてもありがたい話なんですが、世界の狭さったら!

んー、胸が高鳴りますね。

でも、渋滞30キロとかもあったな。。。
  1. 2012/04/25(水) 01:49:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

リハーサルからライブで透明人間



午前中に、明後日エビスライブのリハーサル。
バイオリン黒田かなでさんと、クラリネット岡林和歌さんとの変則トリオです。
同じ時期に同じ大学で、同じようなことを学んで、今、3人で楽しく演奏できるのは幸せ!

ってか、和歌ちゃんは道踏み外さず、バリバリにオーケストラの仕事とかもしてますが。
ノリはこちら側(どちら側?)ですね。

順調にリハしてたら、かなでちゃんが「今晩、(鬼頭ブラスのパーカッションの)中西さんと、ぷよさん(居酒屋「なんや」店主)となんや、でソロライブするんだけど。バイオリンソロとかしたことないんだけど。」と言ってまして。

見に行くことにしちゃいました。


昼間の間に用事を片付けて。



なんやの周りは桜が満開。種類が違うのかな。



ぷよさんの演奏には時間間に合わず。到着したら、中西さんのソロ演目の途中でした。

カホンの上にパソコン置いて、スライドショーしてました。歴史のハナシ。パーカッション一つも叩かず。
自分の好きなことを懇々と語って、それをお客さんが「へー」と納得して聞いている図式というのは、これはアリですねえ。いや、実際楽しかった。

この「なんや」ですが、お客さんとしてよりも、パフォーマーとして来ることの方が圧倒的に多い、ヒジョーにお世話になっているお店です。居酒屋さんなので、食べ物やら飲み物注文したんですが、お店の人が、ぼくの目の前を通って「あれ?テルキナさんが居ない。」とウロウロしてるんですね。

どうも、そういうことが起こるのです。楽器持っていないと、姿が見えないみたいです。

中西さんの出番が終わりまして、休憩している中西さんに話しかけたら「あれ?いた?」と。

同じバンドメンバーでもある中西さんにも見えてなかったみたいです。


そして、かなでちゃんのソロはとてもとても良かったのです。
普段、自分でソロ演奏するときなんかは、「ちょっとコード感出したほうが良いんだろうなあ。」なんて考えて、なるべくアルペジオ組み込んだり、お決まりの「万国共通コード感フレーズ」みたいなものを織り込んだりしてるんだけど、そんなのいらないですね。単音でも。

そもそも「コード感」なんてもの自体、なんなのだ!自分のやりたいことを何の説明も沿えずにお客さんの前で堂々とやるという。言葉にしたら簡単で当たり前ですけどね。うん。もうちょっとこういう風でいいかも。ぼく。
  1. 2012/04/24(火) 16:07:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

セントラルジャズオーケストラリハーサル



午前中に6月にライブを控えているセントラルジャズオーケストラのリハーサル。
毎回、ライブのテーマが変わりまして、やる曲もほとんど全部変わるので、準備がなかなか大変なのですが、なんとか間に合わせてます。この、一生懸命練習して、リハに臨んで、それを繰り返して。っていうの、もう一段階早くしないとダメなんだよねー。ほんとうは、音源なんかを十分に聴き込んで楽譜と向き合って、余裕で練習してリハで作り込む。覚える。なんてことにならないと。反省。これから巻き返しましょう。
家を出るときに、とっさに手にしたフォルダーが「たまひよ」でした。これもいけませんねー。グッとチカラが入らなくなりますねー。

帰宅して、ゆっくりと家事なんかして。

夕方あたりから、鬼頭ブラス2デイズのビデオなんか見始めたりして。
ビデオなんか見ると良く解るのだけれど、息の出方と、体の動き方なんてやっぱり一緒ですね。
ダンス音楽なんて、やっぱりそのダンスが踊れるのと踊れないのとでは、全然息の使い方、躍動感なんかが違ってくるねえ。この辺りのことはパスしちゃイカン!

グレン・ミラーとかベイシーバンドとか見に行って、曲のニュアンスなんかはもちろん、フリ付けなんかもずっと世代を超えて昔から継承されてるの見て「すごいなあ。」なんて思ったのですが、なんだか、KABB!のメンバーの演奏中の体の動きなんか見てると、それと同じようなこと感じますね。

指揮者である、リーダーの体の動きを知らないウチに真似してるんだと思いますが。それが演奏のスピード感につながってるというか。これは、昨日の今日でできることじゃないもんなあ。

なんてことをしてたら、床で寝てました!風邪ぶりかえしてなくてヨカッタ!
  1. 2012/04/23(月) 15:08:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一日中寝る

昨日は、寝たのが朝。
それから起きて、ちょこっと水分摂ってまた寝てを繰り返して、そんなことをしながら夕方まで。

それからも、なんとなくボーっとして。
体に疲れが溜まっているというよりは、二日間の楽しいライブの余韻がまだ続いているという感じで、他のことが何も手に付かず。

いやー、休みにしておいてヨカッタ!
  1. 2012/04/22(日) 14:58:41|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鬼頭 哲 ブラスバンド@栄ゲイリーズ


電車で名古屋市の栄まででまして。
ゲイリーズさんは、三年前?に別フロアで演奏しましたね。
その時は、チューバの西本くんは、男をあげる為の富士山登山旅行(カブで)の帰り道に寄って見て行ったのです。
その時には、お師匠の吉野さんが出ていたのです。見事に世代チェンジしました。

リハーサルは確認程度にサッサとやりまして、外へご飯を食べにでましたら、鬼頭ブラス北海道公演の首謀者さんが歩いてやってきました。

昨日に引き続き、公演を見に来てくれたのです。
ぼくは、肌着着て、Yシャツ着て、ジャケット着て歩いてたのですが、その北海道の方、シャツ一枚で汗だくで!

「暑い暑い」だそうです。確かに、ちょっとムシムシしてたけども。

人間って面白いですね。環境が違うってすごいですね。

栄のちょい呑みの聖地でお腹を満たしまして、会場へ戻って。
控え室が会場の端っこで、目隠しも何もないので、バンドがいかに控え室で緊張感無く遊んでるかが丸見えでしたね。昨日の会場(コンサートホール)とのギャップもありますね。

なんだか楽しいまま、ライブが始まって、楽しいままモリモリに演奏しました。

リーダーが「次はこの曲です」なんて言うだけで、「あっ!」と嬉しい顔をするお客さんや、曲が始まったら、メロディを一緒に口ずさんでいるお客さんも居て。

誰かに覚えてもらって、それが伝えられるようになって。自分達の音楽が誰かの頭の中に焼きついていってるんだなあ。ということを実感。こんなに嬉しいことはないですよ。

毎回やる定番の曲もありますが、初めてやる曲も、もうやらなくなっている曲もあります。
これ、一度、古い曲からぜーんぶやるライブってやってみたいなあ。
最近は、やらないけども、誰かの頭の中でリピートされている曲とかあるだろうなあ。

昨日とは違って、立って踊りながらの演奏。
やー、楽しかったなあ。

終演後は、お店の人に惜しまれつつお店を後にして、お店の外でお客さんと写真撮ったりなんかして。

打ち上げに行くメンバーとお別れして、ぼくは帰宅。
といっても、今から始まる打ち上げ第2弾の準備とか、片付けとか。

そしてそして、この打ち上げは朝まで続いたのであります。
ArBnASdCEAAZC58.jpg帽子兄弟。

ぼく寝たの6時。
  1. 2012/04/21(土) 14:48:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

鬼頭ブラスワンコインコンサート岡崎

お昼過ぎに家を出まして、クルマでワイワイと岡崎へ。

チューバの西本翔一くんは、昨晩、電車にスーツケースを忘れて、今朝、どこぞの駅まで引き取りに行って帰ってきていたようです。

会場に入って、ドタバタと搬入したり、セッティングしたり。リハーサルが始まって「やっぱり音楽ホールはいいなあ!」というのと、立ち上がって演奏したくなるのをこらえるのと半々。ステージが低くて、上から見下ろさないのがまたイイですね。
種明かしをしてしまうと、前半は、割りと曲を聞かせるような構成で、後半はグイグイとノセていこう。という趣旨のプログラムの組み方でした。

スケジュールが割りとタイトで、リハーサルをやってから、ちょっとコンビニまで出かけて、何か食べるものを買おうと思っていたのだけど、いつも通り食べたい物が無くて、まごまごしていたら、ご飯を食べるタイミングを逃してしまった!チューバの日名子さんは、いつもケースに乾燥フルーツを入れてるそうで。なるほどー。それ、真似したいけどなあ。ドライフルーツって高級品なんだよなあ。。。

あっという間に本番になりまして、満席のお客様。前のほうには、ライブ慣れしているような人達、後ろの方に中高生が固まってましたが、中高生に声を大にして(も通らないけど)「前の方が楽しいからおいでー!!」と言いたい。

前のほうの席には、鬼頭ブラスの北海道の遠軽町公演の首謀者さんもいらっしゃいました。今日明日の公演の為に北海道から飛んできました。

本番では、北海道公演の為に作られた曲なんかもやりまして。なんだか、遠軽町の風景や、風や空気の感じがまざまざと思い出されて。

音楽を聞いていて、いろんな記憶や感覚を呼び起こすというのは、良く聞くハナシですが、それを演奏しながらというのは、なかなか不思議なものです。

1時間半の演奏、あっという間に終わってしまったけど、お客さんの顔見てたら「あ、いいコンサートやったんだな」なんて感じられて。

コンサート主催、お手伝い、お客様、その他皆々様、ありがとうございました!

さて!明日は、踊りながら吹きますゼ!
  1. 2012/04/20(金) 00:54:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

遊んでいるように見えて



名古屋滞在組の鬼頭ブラスメンバーと、昼ごはん食べに行ったり、温泉に行ったりホッケ食べたり。

平日の昼間から何してるんだ!と遊んでいるように見えますが、考えている事は全て明日からのライブのこと。それが解るから、遊んでいるというよりは、音を出すタイミングを合わせているような。そんな気分です。
(あ、でも打ち上げのことまで考えてるかも!)
  1. 2012/04/19(木) 23:23:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鬼頭ブラスリハーサル

風邪ひいて寝込んだ後の長丁場でしたが、なんとか乗り切りました。リハーサル的にはバッチリ!なんだか今更ですが、(楽器的には)ものすごーく調子良いです。

夜、自宅でバンドメンバー会議をしていたらドアを叩く音があり。

戸を開けてみると、カニとホッケがいました。オホーツクから遊びに来てくれたそうです。本当はライブを見に来てくれたようですが、とって食べました。

何のことか解らないと思いますが、しばらく、美味しいものを頂いたという表現を、こういう言い方をしてみようと思います。
  1. 2012/04/18(水) 10:11:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

チューバマンショーコンチェルト





朝起きて、いそいそと準備してご飯食べて。午前中に電車で出ました。

チューバマンショーは11時からリハーサルですが、団員さんはなんと7時半からホールに入ってるとのこと。
そんなに早く開けてもらえるもんなんですね。ホール。

タイミングよく、名古屋駅でチューバマンが同じ電車に乗り込んできました。
知多の方へ行くのは初めてだそうです。

今回、チューバマンショーのCDを出してくれているレーベルさんが、プロモーションビデオを作ってくれることになりました。「もっと世間に知らしめられるべきだ。」ということで。ありがたいですね。そして、吹奏楽団さんをバックに演奏できることなんて滅多にないですからねえ。そして、世界初演ですからねえ。

駅から降りて、会場に歩いて入るところから、カメラ回ってました。

「こっちのほうが、楽団員さんもテンション上がって良いだろう。」ということで、リハのときからユーフォマン、チューバマンで臨みました。立ち位置とベルの向きのチェックをして。ユーフォやチューバのような楽器が、大人数バンドをバックにして際立たないといけないってなかなか難しいですね。できるだけバンドのボリュームも勢いも落としたくなかったのですが、そうも言ってられませんでしたね。

リハーサル終了して、ビデオ用のインタビュー受けたりして。
急いでお弁当頂いて、物販コーナー作ってと休まる間もなく本番の時間になりました。

うん、良い演奏だったのではないでしょうか。
聴こえているよりは、簡単に書いたつもりですが、決して易しくもない曲だと思うのですが、よくぞここまで!という感じでした。皆様、どれだけの時間をこの楽曲のために費やしてくれたかというのが解るので、もう涙でてきそうでした。

無事に自分達の楽曲を終えまして、異例のプログラム中のアンコールというのをやらせていただきまして。
チューバマンショーだけで一曲やりました。これはもう客席まで降りていってお客さんの近くでやるような、いつものスタイルで。

コンサートは大盛況のうちに終わりました。ウインドアンサンブル東海の皆様、お越しくださいましたお客さま、ありがとうございました。


と、これで終わりではなく、同じ施設内にある和室での打ち上げと言うのが待っておりまして。

和室!打ち上げ!

とくればこれはもう演奏するしかないでしょう。
しかも、楽団員さん相手に。

ステージではまだカタいことをしていたと思うんですが、思いっきりやりました。

いやー、楽しかったなあ。楽しかったなあ。。。。いや、楽しかったなあ。

そして、さらに2次会3次会へと突入していくのでありました。
  1. 2012/04/15(日) 18:57:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

全敗

リハーサルの為に知多市勤労文化会館へ行こうとしたのです。

明日は、なるべく荷物少なく電車で行こうとしていて。
今日、なるべくたくさんの荷物をクルマで運ぶつもりで。

なんだかね、名古屋周辺の高速道路事情が、最近どんどん変わっているので、ナビなんかには最良のコースがでてこないのです。それで、ものすごーく時間に余裕を持ってでて、新しいルート探索しながら、現地近くで軽くご飯でも食べてリハに参加するつもりが。。。

運転しながら、大好きな音楽を流していて。
それにものすごーく集中してしまっていて。

千音寺→名古屋高速環状線→大高のつもりが、分岐で乗り換え損ねて

千音寺→高針(名古屋高速)
高針→名古屋南インター(名二環)

にプラン変更。

ここまでで「あ、初めから名二環にすれば良かったのだな」と。

それから、正解は伊勢湾岸道に乗るのだけれど、これも失敗して名古屋高速に乗ってしまい、環状線を一回りして大高で降りて。結局ギリギリセーフでハラペコのまま到着。

なんだか手が震えるほどハラペコで。(11時にブランチ食べて以来、何も食べていない午後7時)
これじゃイカンと、慌てて自販機で砂糖の入ったジュース飲んでみました。

muda.jpg


今日の移動はダメダメでしたが、楽団の演奏はまるで問題なく、明日が楽しみです。
ちなみに明日の移動は電車ですのでダイジョブです!
  1. 2012/04/14(土) 01:40:52|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

用心して

朝起きたら、昨日の悪寒が喉の腫れに変わっておりまして、風邪けってー!
ということで、一日中大人しく寝てました。

楽器吹くとどんどん悪化するものですが、吹かないわけにもいかず。。。
明日のリハーサル、本番とどんどん悪くなる前にできるだけ直しておきましょう。
  1. 2012/04/13(金) 23:12:02|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

帰る

朝起きてまだ大阪。クルマキャンプでした。今回、クルマできたのは、帰り道に岐阜県でお仕事があるからなんですが、渋滞を避けるつもりでちょっと早く大阪を出過ぎて、途中のサービスエリアでずーっと寝てました。これなら一旦家に帰った方が良かったかなあ。



昼間、暖かかったので、Tシャツ一枚でウロウロしていたら、夜にいやーな悪寒がしてきました。いけませんね。油断して。

昨日入手した、5月のイベントのチラシ。大阪チューバマンショー祭りです。チューバマンショーで出まーす!

帰宅しましたら、出版社さんから連絡がありまして、「こどものチューバマンショー」の特集ページができました。とのことです。こちら、ぜひ見てくださーい!


http://www.at-elise.com/Music/tubaman-show.html
  1. 2012/04/12(木) 20:29:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キイロノハサミさん個展







もうすっかり大阪でのホーム感があります、大阪難波の絵本カフェホロホロさん。

チューバマンショーのニューアルバムに切り絵を提供してくれました、切り絵作家のキイロノハサミさんの個展が開かれることになりました。
前回のチューバマンショーのCD発売ライブの時に決まったお話です。嬉しいですね。

今回は、キイロさんの個展の開催記念のお祝いとして、チューバマンショーでちょこっとライブをしてきました。

雨の中、クルマで大阪へ。早めに到着して難波でぶらぶらして遊ぶつもりが、余りにも雨が激しくてクルマから降りられず、結局、2時間くらい昼寝してました。まあ、これはこれで有意義な時間かと。

そして、雨が小雨になった夕方にお店入り。店内、キイロさんの展示でキャワイイことになってて悶絶です。今から個展開催ということでね。作品の購入とかできなかったのが、ぼくの財布的には良かった。

キイロさんから、またチューバマンショーグッズの納品いただきました。これは、ライブ開場での限定販売にしようと思います。

パーティが始まりまして、たくさんの人。明らかにクリエーターさんみたいな人達が集まってて、楽しくおしゃべりしながらご飯頂いたりして。キッシュという食べ物、うまいですね。

演奏は10分ほど。お客さんには、先日の富山ちんどんコンクールで、見事日本一になりました、我らがクラリネット奏者の瀬戸信行さん一家も。あっという間でしたが、楽しく演奏しました。

パーティ、無事に終了しまして「さて、次、行きますか」となったところで、ホロホロさんから、情報。

何度も共演や、対バンさせていただいておりますクラリネット、バリトンサックス奏者の浦朋恵さんが、近所でお店を始めたということで。

出会った頃はクラリネット奏者で、何時の間にかバリトンサックス奏者になってて、先日は、フランスで演奏してたはずで。びっくりしましたが、遊びに行くことに。

レコードや雑貨を扱いながら、カウンターバーみたいなこともやってるそうです。ただいま、絶賛ビンボー改装中!楽しいね。また遊びに行きましょう。

http://uratomoe.exblog.jp/
  1. 2012/04/11(水) 22:50:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

春の宴 ベリーダンスナイト

昨年末に「年忘れベリーダンスナイト」というライブがありました。

今をときめくザッハトルテのアコーディオン奏者の都丸さん(おかあさんといっしょの「ドコノコキノコ」とか「アヒルのワルツ」とか)、ファンファーレロマンギャルドでも東北ツアーに一緒に行きました、アラビックパーカッションの永田さん(和太鼓チームもやっていて、明後日はベトナムだそうで。羨ましい。)、ザ・シロップ、ホットハニーバニーストンパーズなどを率いる奇才!松石ゲルさん。(数年前に映画のサントラの録音仕事でお世話になりましたなあ。最近はNHKにも登場してますね。)そして、ベリーダンサーのまさみさん。

なんだかみんなものすごーく勢いがあって、勢いの足し算をしてるつもりが、かけ算になってる感じです。

その第二回のライブが名古屋市千種区でありました。

お昼間に、現場近くのカラオケ屋さんでリハーサル。カラオケ屋さんでソロ人間が何かをしなきゃいけないというのは、何か違和感を感じますが、都心にある、かつ音の出せるレンタルルームとしてはパーペキなのであります。ドリンクバーもついてくるのであります。イマドキ。


リハーサルやってみて。

やってるのは、楽曲&ステージを全体で見たリハーサル。ステージを全体で見てバランスを考えてるから、ここの楽曲のこの部分のコード進行はこうしましょう。みたいな。

リハーサル終わって移動したらあっという間に本番時間。

たくさんのお客さんに来ていただけまして。ダンサーさん綺麗だし、バンドの皆の出してる音かっこいいし。1ミリも遅れを取らないように、なんとかついていきました。うん、なんだか初めてトルコの9拍子に乗れた感覚があったなあ。それまで長かったなあ。

本日踊ってくれましたダンサーさんとは、7月にまたご一緒させていただくことになりました。

大阪より、クラリネット奏者の瀬戸信行さん率いる電気ジプシーがやってきます。それに、名古屋組として2人で参加します。7月29日(日)今池バレンタインドライブ!
  1. 2012/04/10(火) 05:33:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

沖縄行きたい


ようやく暖かくなりましたね。
カーテントに風を入れました。

昨日、受け取ったRyutyのCD。沖縄からはるばるやってきました。琉球テイストのポップスユニットです。

ボーカルと三線 照喜名竹美
ギター 比嘉諭史

この竹美さんとの出会いがなんとも不思議で。出会ったのは、アメリカ留学中のダラスフォートワース空港。
ぼくは、帰国するお友達を見送りに空港に行ってたのですが、空港のアナウンスで「テルキナ」っていうのが聞こえて、「え!こんなところでこんな名前聞くなんて!」と、驚いて空港の人に訪ねて勝手に呼び出してもらったのです。
まだテロ前だったからね。搭乗口まで入っていけたもんなあ。

で、向こうはまったくわけ解らないまま呼び出されて、ぼくが一方的に説明して、挨拶して、お互いに音楽やってるってことが判明して。「またいずれどこかで」みたいに別れて。

その後、そんなこともすっかり忘れていたある日、掲示板にこんな書き込みがあったのですねー。

はじめまして 投稿者:竹
投稿日:2009年 1月 6日(火)20時41分40秒 返信・引用
どうも、質問ですが、いきなりですみません!!
もしかしてですが、間違っていたらすみません。
照喜名という名前を聞いて、アメリカの空港でお会いしたことはないでしょうか?
私の名前は照喜名竹美です。
7~8年前に私はフロリダ州に行ったのですが、その時に急に空港で呼び出しされて...
確か、ジャズをされていた方だったと思うのですが...。
私は連絡先をなくしてしまい.....
私も今、三線をしています。前はドラムでしたが....。
もし、正解なら、連絡くださいね~。人違いなら、このBBSから消してくれて大丈夫です。
http://blog.goo.ne.jp/ryuty-heptagon


それから、ちょいちょい気にしてたのですが、ご活躍の様子。

先日、愛知のお友達が沖縄に行くというので「こんな人いますけど」と紹介したらば「見に行きます」というので、自分のCDを竹美さんに渡してもらうべくたくしたのです。それはそれは、楽しいことになったようです。

その様子は、竹美さんのブログで。
http://ryuty-style.blogspot.jp/2012/03/201239.html?m=1

そのお返しというわけでもないと思いますが、竹美さんのCDがやってきたのです。そのCDがむちゃくちゃ良くて。聞き出すと止まらないなあ。「自分の音は、ここにこう入るかな。」なんて考えてたら沖縄行きたくなってしまった。
うーむ、これはなんとしても実物見に行かなきゃなあ。こっちにも来てもらうか。対バンか。共演もしたいなあ。

http://www.youtube.com/watch?v=CPHiPCQQLzc&feature=youtube_gdata_player
  1. 2012/04/09(月) 02:28:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ウインドアンサンブル東海リハーサル

暖かい天気の中、電車で知多市へ。
14日(日)本番が控えております、ウインドアンサンブル東海さんの定期演奏会のリハーサルへ。

記念すべき、チューバマンショーコンチェルトの世界初演です。吹奏楽団に伴奏してもらって、チューバマンショーが前で自作のコンチェルトを吹くという。ずっとやりたかったことがついに実現する運びとなりました。

電車を降りて、トコトコ30分ほど歩いて練習会場へ。(散歩熱再燃してます)もう先に練習始まってます。楽団の方々に紹介していただきまして、さらりとリハーサル。

今日はチューバマンショーではなく、ぼくが独りで二人分のパート吹きます。というか、吹奏楽編成に膨らます前の原曲はチューバ一本だから。
ちょこっとだけニュアンスの修正もありましたが、ほとんど言うことナシ!

もう既に良い演奏になることが目に見えてます。コンサート詳細はコチラ。

CDやグッズの販売もあります。

4月15日(日)13:00開場 13:30開演
【出演】ウィンドアンサンブル東海
指揮:久野一典,瀧塚二郎
チューバマンショー
【料金】無料
【会場】
知多市勤労文化会館 つつじホール
※ (電車の場合)名鉄常滑線 朝倉駅下車 北へ徒歩約5分
 (名古屋方面から車の場合)西知多産業道路 寺本出口を出て次の信号を右折,約500m先の右側

【備考】吹奏楽バックのチューバマンショーコンチェルト初演!


自分の出番の分のリハーサル終えて、辺りを散策してました。楽団の練習終えるのを待って、楽団の方と激しく飲み会。本番後の打ち上げも激しくいきましょう。次の日休みとってあるし!
  1. 2012/04/08(日) 01:41:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

裏ボサナイト

午前中は、エビスカフェで打ち合わせ。来週のチューバマンショーのウインドアンサンブル東海さんとの本番、記録カメラが入ることになりました。どういう形で公開になるかまだわかりませんが。

お昼は、練習会。昨日、蓋を開けたショーロの曲をやってましたが、これ楽しいしエチュード的でもあるし、いいなあ。みんなこれやればいいのに。ピアノで触ったのとはやっぱりぜんぜん違いますね。転調の感じとか、しっかりと先が読めてないと音にならないというか。何のこっちゃわからないと思いますが。

夕方から町内の寄り合いへ出席。順番か回ってきて地元の字の組長になってしまいましたのです。パンデイロちゃん連れて行って「すみません。夫婦共働きでやってるものですから。」と言ったら「あんれまー!(いまどき!?)」みたいに驚かれました。まあ、ハズレではないですが。楽しくやってますよ。

夜は、近所のワイン専門店でボサノバ愛好家が集まるイベント「裏ボサナイト」に。ワイン呑みながらチーズかじりながら、ボサノバセッションというなんとも贅沢なイベントでして。遠くは大阪からの参加者もあり。

やっぱりセッションとか参加するといいことがありますねー。ボサノバなんかのギタリストさんの弾き方、聴いてるだけだと、どんなタイミングで親指を使ってるか見失ったりして、リズムがわかんなくなっちゃうことがあるんですが、ギタリストさんの気持ちというか、手クセというか、そんなものがなんとなーく解ってきます。(自分で弾ければなんてことないのだろうけど。。。)
そしてそして、近所の「可愛くて仕方ない八百屋さん」の関係者さんがおりました。店内のディスプレイとか手書きのコピーとか、流れてる音楽とかサイコーでずっと「ああ!絶対気が合うのに!仲良くなりたい!」と思っていて。

買い物に行く度に、挨拶してみたり、無理に雑談に持ち込んで顔を覚えてもらう努力をしてたんですが、ぐっと近くなりました。やった!
  1. 2012/04/07(土) 13:19:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヒャッホーと小躍り

ずいぶん前に注文して、ずいぶん前に届いていたショーロのセッション用の教材の小包をようやく開ける。

開けたかったんだけど、それをするとしばらく他のものをほっぽって熱中してしまうことが目に見えてたので、タイミングを見計らってたのですが、ついに開けちゃいました。

楽譜と参考音源のセット。

午後から篭りっきりでピアノ弾いてました。これらは、こればっかりやりましょう。

あまりの嬉しさなのか、夢の中にパンデイロの達人(現地人風老人)というのが出てきて「パンデイロは、体を左右にツイストさせながらやると良い。」と教えられて、その場で出来るようになっちゃったんだけど、やっぱりこれは間違っているのだろうなあ。
  1. 2012/04/06(金) 10:52:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夜の紙芝居


数日前に、知り合いのコントラバス奏者さんから電話いただきまして
「紙芝居の音楽できる?」と。
「できると思いますよ。」と。

「外で演奏は一人だけどできる?」と。
「この間、こんなんやりましたけど。」と。

「じゃあ。」

ということで、急遽きまりました、紙芝居の音楽をしてきました。

アトリエ童心庵「夜の紙芝居」のじきじゅさん。http://aox.jp/jikiju/dc/
恵那のお寺のお坊さんだそうです。

前情報がほとんどなく、一応、Webサイトで予習していきましたが、それでもいろーんなことが謎のままで、それなりに緊張していきました。

会場に入って、物腰の穏やかなじきじゅさんとお会いして。

とある会合の後の出し物として呼んで頂きました。本来は、屋外でというお話でしたが、生憎の雨で、屋内に会場変更。

かるーく、紙芝居についての打ち合わせしましたが、演目はお客さんの様子を見て変えるということです。音楽のライブに似てますねえ。でも、曲順は決めるか。さらに、話の内容が解らないまま、音楽をつけるというのは初めて。
一応、コード進行だけでも参照しながらやろうかと思って、ソングブックのようなものを持参したのですが「それでは展開に間に合わない。」と思って、頭真っ白から出てくるもので対応することにしました。

公演が始まるまで、じきじゅさんとお話したり、お弁当頂いたりしていたのですが、どうも直前になっても、じきじゅさんがアクセルを踏み出す感じがないので、戸惑いました。

周りのミュージシャンなんか見てると、本番直前までボケーッとしてても「はい!いきますよ!」と声がかかったら、解り易くテンション上がって、そういう目つきになるのだけれど。「あれ?あれ?いつ?」という間に始まってしまいました。

人前で話をするお坊さんの日常なのか、じきじゅさんのお人柄なのか。静かに燃えてるのか、やはり穏やかなままなのか。あっという間に会場の雰囲気をコントロールしてました。こういう方は初めて見たなあ。すごいなあ。

紙芝居は、15分~20分のものを休憩を挟みながら3本。初めて聞く話に初めて音楽をつけるというのは、ものすごーく神経がすり減りましたが、同時にお話の内容に感動したりして。

じきじゅさん、気仙沼のお寺でプロジェクトを組んでいらっしゃったり、夜の紙芝居の本が出てたり、普段の紙芝居活動がテレビで放映されることになってたりとか、どんどんお話が出てきて計り知れません。

そもそもお話頂いたコントラバス奏者さんとも名古屋市内の居酒屋?で公園があるそうなので、タイミング合ったら見に行こう。
  1. 2012/04/05(木) 01:23:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いまさら女性モノのクツ!

何度も書いてますが、ぼくはものすごーく靴に気を遣ってます。というか、形が合わなくて、履ける靴が少ないというか。

先日、東京へ行った際も、黒クツで6時間歩いてしまいましたが、平気だったのは、ちゃんと歩くことを考えてあるクツだからだったんです。普段のクツも、歩いても歩いても大丈夫なものを選んでます。数は持ってません。

本日、女性モノのクツを、見て回るということをしたんですが(つまり家族でショッピングに行っただけなんですが)改めて、女性モノのクツのその辺りのこと観察してみたら。あれ、どこまで考えてあるんでしょね?足、どうにかならないのかなあ?

残念ながら、試しに履いてみるとか、ぜんぜんできませんが、あのクツで酔っ払って家まで6時間歩いて帰るとかできないよねえ?(←こういうの、冗談ですよ!新学期だから言っておかなくちゃ!)
  1. 2012/04/04(水) 01:17:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東海道スモッグブラス×オンセントリオ

朝からもんの凄い雨と風で、「え?こんな中、ライブできるの?」という悪天候。

チューバの高橋くんのクルマに乗せて行ってもらいましたが、一時、前も見えないような大雨で大変でした。

さて、四日市VeeJayでのライブですが、開演8時、入り時間7時ということで、いつもライブのまえに楽しみにしてることがあります。それは、四日市の商店街散策。四日市の商店街って、ただの一本筋とかでなく、複雑に入り組んでてヘンテコなお店がたくさんあって、ものすごーく楽しいのです。

今回も高橋くんと早目に四日市に着いて散歩を楽しむつもりで。

ぼくは傘指すのが嫌なので、ある程度の雨は大丈夫なノースフェイスの羽織(中古)と、ビニールのエドウィンのジーパン(中古)と、ついでに完全防水のLLビーンのビーンブーツ(中古)という格好で望みました。

高橋くんはというと、短パンにサンダル!

「おお!そっちの濡れても良い方向で来たか!」と驚いたら、別にそんなことは考えていませんでしたわ。

前回来たのはいつ以来かな?いろいろとお店が入れ替わってて楽しかったなあ。いいお店も見つけてしまった。

一番の楽しみにしてた、羊の串を百円で出すお店に行って見たらば、なんと店の名前と看板が変わってるじゃないですか!

ガッカリ!

開店準備をしていた店の兄ちゃん(あちらの人)に「お店変わったんですね。」と聞くと、「中身変わってませーん。」と。
「串、ありますか?」と聞くと、「あります。」と。
「じゃあ入りましょう」とそうなったんですが、やっぱりお店の人は入れ替わってるなあ。食べ物は同じ味で美味しかったですが。

この、中華料理店の不思議なシステム、地元の店でもやってるんだけど、なんだろう?店名と看板もお店の人も変わってて、メニュー同じ。

故郷の知り合い同士で回してるのかなあ?

何はともあれ、変わった美味しいものが食べられて満足。

そして、ライブ会場へ戻ってプチリハーサル。そして、すぐにライブ開始。やり慣れた曲も、ちょこっとずつ改変が加えられてますが、なんというか、必然があって変わっているので、特に覚えなくても、身を任せていれば良いというか。まあ楽しかったです。

今回のライブは、東京から、オンセントリオさんとの対バンでした。オンセンさんの前回にも増してゴキゲンな演奏、楽しんでおりましたが、ぼくは時間切れ。帰りは電車なのです。終電が10時半過ぎ。慌てて店を出まして、近鉄、JR、名鉄を乗り継いで帰りますが、暴風雨の影響でダイヤ乱れてて乗り継ぎ失敗!そこまで考えてなかったなあ。

帰れなーい!と、思ったらもう一つ別のルートがあってギリギリセーフでした。冷や汗。、
  1. 2012/04/03(火) 12:41:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

タイヤ替え

午後からイー天気の中、タイヤをスタッドレスからノーマルタイヤに交換しました。

冬に買った油圧ジャッキを引っ張り出して。油圧ジャッキはやっぱりエラかった。一時間で2台のクルマのタイヤ交換できましたね。F1のクルー並みですね。嘘です。タイヤ交換しながら、「F1のタイヤ交換してる人は、どういう人なんだろう?あれはあれで、全てああいう職業なのだろうか?他に志してるところあるのだろうか?」なんてことを考えてました。確かめようがないなあ。

この冬はスタッドレスで良かった!という場面はこの冬は4、5回あったけど、それは同時にスタッドレスじゃなかったらアウトだった。ということでもありまして。来年もタイヤ交換頑張りましょう。

地元の町が、照明をLEDに交換するのに助成金を出してるというので、尻尾を降って買いに行きました。どうも、高いですね。じっくり考えるまでもなく、高級照明器具には、不必要な機能がたくさん着いてますね。色なんて変えないわい。

部屋、すごーく明るくなりました。眩しいくらい。。。こんなに明るくなくて。。。いいか。。。
  1. 2012/04/02(月) 01:19:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今池フレーバー



特に疲れてるとか無いですが、足に猛烈な筋肉痛が!東京での6時間歩きがたたってますね。はっはっは。

今日の演奏は、初の試み。
ずっと前に「今池のお祭りで、投げ銭で何かやりませんか?」と、お声をかけて頂いておりまして「やります!」と返答したものの「なにしよう?」とずっと考えていたのですが。

何となく「スーザホンって、こういう使い方したら面白いんでないだろうか」と考えていたことをやってみることにしました。

スーザちゃん。

鬼頭ブラスでお世話になっている、衣装関係の方に「こんなんやりたいんですけど」と相談したのが昨日。無理言ってすみません。


朝から、目玉素材を買いに東急ハンズへ。発砲スチロールの半球を手に「これって、油性マジックで何か書いたら溶けますか?」というぼくの問いに「溶けませんが、ノリが悪いと思います。まず、中性洗剤で表面を洗ってどーのどーの。」と答えてくれた店員さん、なんてステキなんでしょ!
ぼくが今からバカバカしいことやるのを知ってて応援してくれてるような。そんなことは、全くないと思うのだけれど。

無事に素材をゲットして、会場の今池公園へ。

で、公園のすみっちょで衣装?合わせなんかをしていて。実際にお祭り会場に来て見るまで、状況や雰囲気が解らなかったのだけれど、想定していたよりもずっとしっかりとしておりまして。
公園の片隅で、子ども相手にやる感じだと勝手に思い込んでたのですが。しっかりと大音量PAも組んであって、お客さんは、なんだか民族衣装率が高い大人ばかりで。

慌てて、演奏内容なんかを再構成してみたのだけれど、どう、シミュレーションしてみても、ぼくだけでは5分しかもたなそうで。

あとの方に出演だった、アコーディオン弾き語りスパン子さん、ベース熊坂さん、サックスのバッキーさんに急遽、ヘルプを求めたのです。そしたら

「嫌だよ!これとどう絡めば良いんだよ!」
なんて言われたりしたのですが、結局助けてくれることに。

一曲は、ソロでやって、あとは、セッション的に助けてもらう段取りになりました。

で、(布被ってるから)周りが見えない中でいろいろぶつかりながらステージ出てって、一曲演奏して、お客さんの反応も解らず、そろそろ助け舟が始まりそうな気配がした頃に「スーザちゃんは、お金を食べます!お金をクチの中に入れてあげてください」という、アナウンスが。

もう一曲やった後にお願いしていたのですが、結果的にナイスタイミングでした。

ぼくは周りにお客さんが居るかどうかも解らなかったのだけど、いきなり「スーザちゃん、座ってー!」との声が聞こえて来て、しゃがんだら、ベルの中にガンガン投げ銭が入ってきました。あっ、結構な数のお客さん居たのね。

後で聞いた話だけれども、ぼくがステージに出て行ったら、結構な雨が降ってきて、お客さん「ひゃーっ」って散っていたそうだ。投げ銭の時には止んでいたのだろうか。

その後、スパン子さんのユニットにも普通にユーフォで参加しました。突風吹き荒れる中、日が西に傾く中、寒かったですが、アツくやりました。それまで、タンバリンやフルートや好き勝手な楽器で勝手にステージに乱入していた、ちょっと困ったおじさんが居たのですが、スパン子さんのステージでは最後まで手を出せなかったようだ。

東京へ帰っていく人達を見送って帰宅。
新たな展開になるかどうか。とりあえず、もっと可愛くしたいな。
  1. 2012/04/01(日) 20:57:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2