GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

全て自分のためにある

ようなイベントにて演奏。


共同で田んぼを管理して、合鴨農法でお米を育てて。
育ったお米を酒蔵に収めてお酒にして。
新酒ができたので、神主さんがやってきて祝詞をあげて。

その新酒の会に、てるてる家族で賑やかしのお祝い演奏してきました。


演奏始まる前から、ご馳走いただきまして、じゃんじゃん出てくる日本酒をじゃんじゃんいただきまして。普段日本酒をじゃんじゃん飲むという機会はあまりないのですが。まあ、楽しく美味しくいただきました。



酒蔵見学。甕に落ちたらさぞかし楽しかろうと思ったんだけど、中は炭酸ガスが充満していて、オダブツだそうです。残念!

それでも、演奏する時にはシャキッとするもので。演奏はきっちり楽しくやりました。新聞の取材が来てたなあ。どこにどういうタイミングで載るのだろう。

そして、二次会に待ってたのは、いちばん先に登場した合鴨ちゃん。田んぼの害虫を一生懸命やっつけてくれた鴨ちゃんですが。

スライスされて、鍋になって出てきました。なんちゅーか、そうやって回ってますね。楽しいですねえ。

もう、楽しすぎて最後の方、ズバッと記憶がありません。
  1. 2012/02/29(水) 02:04:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スピーカー見に行く

以前、ライブにお越しいただきましたお客さんに、スピーカーの話を聞きまして。所謂オーディオ系の話なんですが、名古屋市に、スピーカーを手作りしている、その筋では有名な方がいらっしゃるということを聞きまして。

ぼくは、ハイエンドオーディオとかは、それ程興味無いのですが(ベンツに乗せてもらうのと同じで、良いのは解るんだけど、自分のものにすることは不可能なので、どうしようもない)「自分のかけたいCDを持参すると良い」という文句に誘われて行ってきました。

自分のCDは、果たしてどういう風に聞こえるのかと。

信じられないような場所に、工場がありまして、可愛いおじいさんが出てきて。暗い二階へ通されて、まるで映画のようなシチュエーションでスピーカーを目にしました。何型とか、そういうのわからないんだけど、とにかくデカイです。

それで、いろんな音源聞かせて貰って。自分のCDもかけさせて貰って。これは予想できていたことなんだけど、録音や、ミキシングのエンジニアさんが何をやりたかったかというのが、細かく解るんですね。この楽器をこっちに配置して、こうこうこういうエフェクトをかけてという。良すぎるオーディオで、いろいろいじくってあるものを聞くのはなんだか、あまりよろしく無いなあ。当たり前だけど、ホールなんかの一発録音モノなんかは、それはそれは楽しめました。

そして、蓄音機なんかも実演して見せてくれて。理屈では分かっていたけど、電気を使わずに、ものすごい音量が出るのです。初めて見た。驚いた。

今回、オーディオを見せて貰ったもう一つの理由というのがありまして。昨年末に東京でレコーディングしてきました、ベーシスト熊坂義人さんのプロジェクト「大福大録音」ですが、これ、出来上がりが、レコードなのです。自分ちでは聞けないのです。三月末には、レコードが手元に来るはずなのだけれど、それも、ここに来て、改めて聞かせて貰おうと、そういう約束もしてきました。レコード!そして、このシチュエーションは楽しみ!
  1. 2012/02/28(火) 18:49:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

パンパカパン!

本日付けで、ニューアルバム「こどものチューバマンショー」の収録曲36曲の楽譜、全曲がめでたく配信開始となりました。

いやー、CDが発売されるのと同じくらい感慨深いです。さらに、この楽譜データ配信というのは、初めてのことなので。嬉しいです。ちょっと邪魔臭いですが、一応リンクを。

01)お父さんとショーイツ
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00002
02)うがい
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00003
03)じっちゃばっちゃ
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00004
04)アヒルスイスイ
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00005
05)するからしるぺ
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00006
06)あまだれ
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00007
07)くまらんらんらん
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00008
08)スキップ
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00009
09)屋根裏の地球儀
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00010
10)○△□
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00011
11)ポンコツ自転車
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00012
12)ベルからでたまこと
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00013
13)マーチ
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00014
14)はらぺこぐーぐー
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00015
15)おしーれ大冒険
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00016
16)カワイゲ
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00017
17)へるぶるぱならす
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00018
18)ツメツメアシある
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00019
19)くちびる
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00020
20)かーしーて
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00021
21)不思議の国へようこそ  http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00022
22)ちくわめがね
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00023
23)ちゅんちゅんチューバ
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00024
24)雨がやんだら
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00025
25)うんぽこりんクライシス
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00026
26)夕暮れ
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00027
27)お風呂
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00028
28)たそがれの嗚呼!ブクタッタ
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00029
29)はい、もちもちバイバイ
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00030
30)明日のおちゃうけ
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00031
31)寝れ!
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00032
32)おれのゆたんぽぽ
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00033
33)寝るの ヤ
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00034
34)宇宙にチュー
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00035
35)Little Scheherazade dance(ちいさな外国の踊り)
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00036
36)おやすみころりん
http://www.at-elise.com/elise/JPDPHM00037


特集ページはコチラ!
http://tubamanshow.com/kodomocd.html



さて、午前中から来月17日(土)18日(日)にライブが控えているビッグバンド「セントラルジャズオーケストラ」のリハーサルへ。行ってみたらば、トランペットセクションに驚きの新人さんが入っておりました。
ジャズバンドやってるのは知ってたけど、まさかビッグバンドもやるなんて!

ブラスアンサンブル・ロゼより、近藤万里子さん。

やりますなあ。さあ!近藤さんのファンの皆様!ぼくからチケット買ってください。
  1. 2012/02/27(月) 01:28:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

春に向けて

昨日は、結局寝たの4:00なので、昼まで寝てました。と、正統性を唱えるつもりで書いたけど、12:00まで寝てちゃあ寝過ぎか。

久しぶりにゆっくりコンディションを整える練習なんかしました。誰かに解って貰える話ではないのだけれど、ここのところ、高い音を出す時にちょこっと違和感というか、力みがあって。
時間をかけて取り除きました。あー、とれて良かった。ジャズの本番2日終えて、課題がいろいろと見えてまして、これからしばらく、いろいろなことを見直すことにします。理論書読み直したり、好きな音源聞き直したり。
あんまりおおっぴらに言ってはいけないのだけど、アメリカの大学の図書館のジャズのCDをできるだけコピーして持って帰ってきてるのですね。本当はダメ!でも、貧乏学生はそんなことやっちゃってたのです。もう10年も前の話になってしまった。

で、片っ端からコピーしたんだけど、盤面には自分で整理番号だけ振っておいて文字情報なんかは、データベースとしてパソコンに保存しておいたのです。

CD-Rの盤面にはC-1とか記号が書いてあるだけ。

で、そんなデータベースなんか、とっくの昔にどこかに消え去ってしまっていて、手元には中身が何か解らないCD-Rがたくさんあるのです。

それを、片っ端から聞いてみたりしてますが、CDの寿命っちゅうのはあるのです。中の板が酸化してサビが浮いてるCDが何枚か出てきました。聞けない。


ああ、もったいない!でも、もともとコピーだから。。。そういうもんです。

その後、春に向けて、いろいろと家をいじくろうと思って、ホームセンターに行きました。
土間に電源コンセプト一つくっつけて。暖かくなったら、睡蓮鉢に魚入れるのだ!やっぱり肉食川魚が楽しいかな。また暖かくなったら投網持って川に行くか!
  1. 2012/02/26(日) 02:03:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

浜松白井宏司カルテット



浜松のトロンボーン奏者の白井宏司さんと、初めにコンタクトをとったのは、ぼくが留学から帰国して、とある雑誌にインタビュー記事が載った後。メールをいただきまして、同じトロンボーン&ユーフォ奏者としてホームページの相互リンクをということでした。

去年、ノーステキサス大学の後輩にあたるユーフォ奏者の小久保まいさんが、浜松でリサイタルをやりまして、ぼくは昼間に友人の結婚式に参加した後に浜松にリサイタル聞きに行きました。赤ら顔で。

そのリサイタル会場で、白井さんがぼくを見つけてくださって意気投合して「一緒にやりましょう!そうしましょう!」ということになったのです。それから、ずいぶんと長い時間をかけて準備してくださいました。

その入魂のライブが浜松でありました。

お昼食べて、割とゆっくり目に家を出て。
浜松の会場には4時半頃入りました。

この浜松というのは、ぼくは何度か来てるんだけど、よく考えたら中心街で何かをしたということは無いのです。

こんなところに綺麗なジャズバーがあったなんて。

初顔合わせのメンバーのみなさんとご挨拶しまして、一通りリハーサル。
演奏スタイルはもちろん、性格も好みも解らないので、「何か、怒られやしないだろうか」と緊張します。

リハーサルの後、ちょっと周辺をぶらつくために外に出ましたら。

昼間、浜松中心街を通っても、割と閑散としたイメージがあったんですが。
駐車場なんかもガラガラで、余裕で止めれたんですが。

日が暮れてみたらば、なんともまあ、自分がいた場所が歓楽街の中心になっておりました。
こんなに昼と夜と違うんだねー。びっくり。

お店に帰って、お客さんとおしゃべりしながらゆっくりと過ごして迎えた本番。

一曲目は、白井さんカルテットの演奏だったので、ぼくは、店の入り口のほうで楽器も持たずにひっそりと演奏を眺めておりました。そしたらば、お店の常連さんと思われるマダムが「あら、あなたマネージャーさん?よかったわね。お客さんたくさん入って。」と話しかけてきて。

一瞬「マネージャー?ひょっとして、チューバマンショーの設定のこと知っている方なんだろうか?」と思ったのだけれど、そうではなく、ほんとうにスタッフだと思ってたみたいです。うん、そういうことはよくあります。オーラがないみたいです。

まあ、そんなことは気にも留めずに演奏に入りました。
白井さんがもうすでに一曲目で良い雰囲気を作ってくださっていたので、楽でした。

世にも珍しい、2本のユーフォのジャズバンド。
どう聞こえてたろう?録画してたのであとでチェックして見ましょう。でも、楽しかったなあ。

お客さんは、知らない楽器が出てきて目をぱちくりさせてたので、積極的に喋りました。
ジャズバー的には、雰囲気くずしてしまったかもしれないけど。いいの。

演奏は、大いに盛り上がって客席も盛り上がってくれたのだけど、お一人ものすごく掛け声を飛ばしてくれる方がおりまして。さっきのマダムなんですが。「いぇーい!」とか「かっこいい!」とか、その辺はいいんですが、たまに「ナイスマスク!」って掛け声を飛ばすんですね。

ナイスマスクって。たぶん、表情が良いとか、顔が良いとか、そういうことだと思うんですが。。。

表情もライブ音楽の大事な一つだとは思いますが。ナイスマスクか。
チューバマンショーを観て同じこと言ってもらいたいな。

白井さんと、ユーフォだけでなく、お互いにトロンボーンに持ち替えたりして。
それはそれは楽しかったなあ。

顔見知りの浜松のミュージシャンさんなんかも見に来てくださいました。

終演後も、ワイワイとおしゃべりして、どうも、これはお酒を飲みながら大盛り上がりしそう。という雰囲気があったのですが、残念ながらクルマだったので。
この続きはまた今度!ということになりました。

ウィーンフィル、カール・ヤイトラー氏のポルカバンドや、ボーカリスト富安秀行さんのバックバンドや、てるてる家族、その他、スチールパンの村治進さんと浜松では演奏してきましたが、なんとジャズバンドでは初なんですねえ。大きな一歩になりました。

白井さん、浜松の皆様、ありがとうございました!

帰宅は午前2時。帰ったってすぐに寝れませんわ。
  1. 2012/02/25(土) 02:09:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トロンボーン&トランペット


朝からご飯も食べずにバタバタしていて、気がついたら3時。もう夕方からのライブの準備の時間だけど、お腹空いたので、ソバをババっと茹でて食べると、腹八分目。

「あと、もうちょっと!」と、2度目に焦りながら、付け足しで茹でるソバのいつもダメダメなこと。


バタバタとライブの準備して出かけて、会場のエビスカフェに入る。今回は、トランペット長瀬良司、ベースに木全希巨人、ドラム小川和也とぼくのカルテットです。
コード楽器が無く自由度が高いので、自分のオリジナルだけリハーサルしてあとはぶっつけ本番ということで。

オープニングアクトは、あの伝説のユニット、「153」のマネージャーさんが新しく始めたバンド「アンスリウム」さんが務めてくれました。
長瀬さんも真顔で「ああいうのいいよね」と言ってました。いうなれば、縮んだバネです。その後の爆発力というのを目撃できるかもしれない。

その後の自分たちの演奏。助け合ったり、探り合ったり。おとしめるということは無かったですね。
複数のお客様に「バンド名はついてないの?」と聞かれました。


今回が初めての企画なのですが。バンドにしましょう!



普段のエビスカフェライブは、リハーサルやった後に、ちょこっとなにか食べるのだけれど、今回は食べれず。こういう時に、「昼ごはん、何時に何を食べたか」というのは大きな問題にらなってくるのですね。

久しぶりにカロリーマイナス収支というのを味わいました。
  1. 2012/02/24(金) 00:49:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽譜配信されます!

出版社の@エリーゼさんから、待ちに待った連絡が来ました。

「こどものチューバマンショー」の楽譜の配信の準備ができました。と。
こんどの月曜日から配信が開始されるそうです。

また、近いうちに特集ページも組んでくれるそうで。
やー、CDと楽譜がセットで販売できるって夢のようなことが実現されることになりました。

「こどものチューバマンショー」には、いろいろなスタイルの曲が36曲入っていますが、それぞれ、1ページのものは1曲200円、2ページ以上のものは1曲300円という価格で、個別にダウンロード販売されます。

本でなく、オンデマンド出版でもなく、ダウンロード配信というのがちょっと新しいことやってるようで、こそばゆいです。

全国で演奏されますように!

(でも、楽譜買っただけでは、かっこよく演奏できないかもしれないョ。そしたらCD聴いてみてね。手クセとか、ビブラートとか、楽譜にかけないことバンバン入ってあます。実際にどうやってそういうクセを入れているのか知りたかったらライブ来てネ!でも、思いっきり、自分の解釈でぶっ飛んだ演奏されるのも好きです!)

  1. 2012/02/23(木) 01:28:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

片付けと買い物

不意にオフの日になりまして買い物なんぞにでも出かけようかということになりました。

少しばかり雑務を片付けて「さあ!出発!」となったところで気づいた、クルマの状態。関西ツアーから帰って、片付ける間も無く東京行ってしまったので、「生活してた」状態でした。ゴミ捨てて、荷物降ろして、楽器降ろして、掃除して。なんてことをやっていたら、あっという間に1時間が過ぎ。。。やー、しょうがないけどなあ。これは、大変だなあ。

買い物は、生活雑貨と家電をちろっと。
最近は大きな買い物はもっぱらインターネットでするんだけれども。家電なんて、電気屋でイイもの見つけて、そこで携帯で価格比較サイトなんか見て、ネットで注文したりしちゃうのだけど。
たまには(特にずっと家を開けた後だし)買い物して買ったものを家に持ち帰るのもイベント的に楽しかろう。ということで、携帯電話自粛して、店頭であーだこーだ言いながら迷ってみした。

世間的には、家電に詳しい人が偉いようですが、パソコンが最たる例なんだけど、自分が機械に求めている最小限のことが、とっくの昔に機械のスペックに追い越されてしまっているので、細かい数字とか、新しい用語とか、全然興味が持てなくなっていて。
もう、ちんぷんかんぷんですわ。

今回、18年の役目を終えて、3合炊きの炊飯器が買い換えられることになりまして、よくわからないまま、マイコン(マイコンなんて書いてあったっけか?響きが古い気がするなあ)IHジャーを買ったのですが、マンナンモードなんてものがあって。コンニャクの偽コメを白米と混ぜて炊くモードだって!そんな機能、誰が何年使うのだろうか。

ぼくは時間があれば、コメは鍋で炊くのだけれど、時間が無く、コンロにつきっきりでいられない時の炊飯器の「早炊きモード」というのは、有れば便利だろうなあとは思っていたので。(この辺りの話で、何年遅れてるんだという話ですが)
その他、玄米モードなんてのも有りますね。いつもの圧力鍋と勝負させましょうね。

何かこう、新しい電気製品買う時は、斜めから目線で、対決姿勢。

我が家の冷蔵庫も、洗濯機も、3合炊き炊飯器と同じような年齢なのだなあ。

さあ、この辺りいつまでもつだろうか。

後日記:2合の玄米炊くのに2時間かかったよ!圧力鍋の勝ち!
と、そういう姿勢はイカンのだろうか。
  1. 2012/02/22(水) 02:10:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ライブリハーサル

今週末のエビスカフェは、ジャズトランペッターの長瀬良司さんと、ぼくがトロンボーンの2本のフロントで、伴奏はピアノやギター無しで、ベースとドラムという、変則カルテットです。

コード楽器が居ない分、アドリブでコード感を出したりわざとはぐらかしたり、相手が吹いてる時に、後ろで伴奏のオブリガード吹いたり、リズム出したりと、いろんなことやります。

難易度が高いとか低いでは無いですが、より気は遣いますねえ。でもその分、エキサイティングで、楽しみにしてます。

そのリハーサルを夜中にスタジオでやりました。それも、長瀬さんと2人っきりで。いろんな曲を試してみましたが、結果、「これは、2人だけでも割とイケるんでないか?」と。

もちろん、よりシビアになっていきますが、回数を重ねることができたら、そういうこともアリかなあ。

と、いろいろ楽しみなんですが、2人の間には、実は大きな秘密がありまして。それは、当日明らかにしようと思います。

そして更に!19:00からのオープニングアクト枠には、新しいユーフォチューバユニットさん(女子)が登場するので、そちらも個人的に楽しみです。

という訳で、詳細です。よろしくお願いします!

【愛知県海部郡大治町】YEBISU presents Music Live vol.24 Trumpet&Trombone Session

【出演】長瀬良司(トランペット)照喜名俊典(トロンボーン)木全希巨人(ベース)小川和也(ドラム)
【日時】2月24日(金)開場19:00 開演19:30 ※19時より有志バンドによるオープニングアクトがあります
【会場】YEBISU CAFE 大治町三本木金久35 Tel.052-618-7150
http://www.yebisucafe.com/
大駐車場完備、名鉄バス「大治役場前」より徒歩10分

【料金】一般2,000円
高校生以下1,000円(1ソフトドリンク付) 未就学児無料

【備考】 名古屋のジャズシーンをリードする
トランペッター長瀬 良司氏を迎えて。
ピアノやギターなどの和音楽器の入らない
スリリングなジャズカルテットをお楽しみください。

お問い合わせ&ご予約:052-618-7150(YEBISU CAFE)tterukina@hotmail.com (テルキナ)
  1. 2012/02/21(火) 00:35:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

都内にてナイショの行動

都内某所にて、チューバマンショーにて秘密活動。こんなに笑ったの久しぶり!

朝から晩まで、いろいろな専門職の方々と一緒に行動していたのだけれど、それがまあ楽しいこと。専門家が自分の持てる知識と経験をフルに出し合って一つのものを作り上げていくという。

夜、19:00前に秘密の活動舞台は解散。すぐには帰らず、昨日一緒だったユーフォ奏者の小久保まいさんと、鬼頭ブラスリーダーと合流。鬼頭さんエスコートにて、新橋のサラリーマンが集まるお店のハシゴという、楽しい楽しいイベントにて東京滞在は締めくくられました。

いろいろとジラしてますが、チューバマンショーで楽しいことしました。桜の咲く頃には、わかるかも!
  1. 2012/02/20(月) 03:46:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

江古田バリチュー祭

ずいぶん前に、Facebookでこのイベントを見つけて。要するにユーフォとかチューバのイベントなんですが、会場がホールとか楽器屋さんではなく、ライブハウスという。個人的には、鬼頭ブラスで何度か出演してます。江古田バディ。

「あら。そんな楽しそなイベントあるんだ。行きたいなー。でも行けないなー。あれ!?用事ができた!ほいだらいけるかも!行こう!(お客さんとして)あら!出演させてもらえるの!?」と、トントン拍子に話が進みました。

出演団体に、ポップスのユーフォ3重奏プラスリズムセクションというチームがあったのですが、そこに飛び入りさせていただきました。
今回は自分の楽器持たずに上京したので、急遽、借りた楽器(小久保さんのウィルソン)で、チキンと、もう一曲、知らない曲を打ち合わせも無しでやりました。頭と耳、フル回転でなんとか着いていけました。

イベントは、いろんなアンサンブルが出演したり、HIDEっちさんによる、楽器の講座があったり。夜、21:00から全体演奏があって、写真撮ったりなんやかんやして、会場を出たのは、22:00も回ってからでした。

イベント無事に終わり、打ち上げへ。
先ほどご一緒させていただきました、メンバーの皆様にご挨拶!と思ったら何だか様子が違いまして。主催者さんとそのごく周辺の方々の打ち上げでした。他の出演者さんは、これまた別の会場で打ち上げやっているようでして。何のお礼も言えず、残念!
  1. 2012/02/19(日) 06:45:26|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー神戸フルーツカフェSaita!Saita!


今度は、朝早く起きました。それで、つい先日通ったのと同じルートで、神戸駅の方にトロトロと向かって。お昼も過ぎた頃に、中間点くらいにあるスーパー銭湯に到着。昼御飯食べないといけないのだけれど、ちょうど良さそうなお店が周りに無く。甚だ不本意ながら、銭湯の中の食堂で昼御飯食べることに。

海沿いの気持ちの良い駐車場に、海の方に向かってクルマを停めて。気持ち良いので、優雅にちょっと昼寝としけこみました。

そして目が覚めたら薄暗い夕方5時!!
「こりゃいかん!」と駐車場出ようとしたら「料金2800円」銭湯で無料認証してもらわないといけないみたいで、引き返して、入浴料800円払って、認証だけしてもらって、駐車場無料で出る。果たしてこれがベストの方法だったかは解らないのだけれど、気が動転していたのでどうしようもないですわ。

で、お店に着いて6時。朝から何も食べていないので、これまた急いで近所でラーメン食べて。

急いで帰って搬入やらなんやら。

フルーツカフェSaita!Saita!さん。
今回のCDの切り絵作家さんと初めに出会った場所です。3年前だっけ?キイロノハサミさんが、このカフェで個展をしていたのです。で、ライブ切り絵というのをやってくれたりして。

今回も、キイロノハサミさん、個展中で、しかも最終日をライブで飾ります。CDの原画?切り絵も展示されています。

お客さんは、満員御礼でした。
いつものようにゆるゆると演奏初めて。ちょっと固い雰囲気がありましたねー。なんとかほぐれましたが。お客さんの中には、はるばる三重県から!はるばる石川県から!お越しくださいました方もいらっしゃいました。
なんともまあ、ありがたい話です。

終演後も楽しくお話したりして、のんびりしてたのですが、「名神は雪」との情報をメールでもらいまして。23:00過ぎに慌てて神戸を出発しました。

深夜2時に帰宅して。明日は朝早いのに、東京行く準備しなきゃならないのに、いろいろと楽しくて嬉しくて、まだなんだか興奮していて、何も手につかず。最低限の準備だけして寝ました。

サンキュー関西!
  1. 2012/02/18(土) 02:26:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショーなんばホロホロ



昨晩は、皆に「クルマで寝るなんて大丈夫か?寒波来てるのに大丈夫か?」なんて心配されつつクルマキャンプしましたが、目が覚めて光線の具合にちょっと「あれ?まさか?そんなはずは!」と思ったのだけれど、起きたの午後1時でした。どんだけクルマで快適に寝てるんだか。

はっはー!マイッタか!
マイッタ!寝すぎた!

その後、クルマで下道で難波に行きましたら、これが結構時間がかかりまして、入り時間の17:00少し手前でした。なんちゅうか。近いはずなんだけどね。今日、何もしてませんわ。

ホロホロさん、いきなりたこ焼きで歓迎してくれました。美味い暖かいぬくもり。

チューバマンもやってきて、雑談を。リハーサルやらずに雑談を。それで良いのです、ツアー4日目。体は温まっていて、どんな変化にも対応できる状態。

満員のお客さんでした。チューバマンショー、実は、ホロホロさんで、こどものチューバマンショー企画やるのは三回目で。

レコーディング直後、完成記念、そして今回の発売記念。お客さんのなかには、何度も聞いてる人も居たと思うんだけど、ちょこっとずつ、内容がアップグレードされてます。必ずしも、音の事ではなく、体の使い方だったり、間の取り方だったり、話し方のネタ振りだったり。ああ、ライブを重ねるって、積み重なるものがあるって楽しいなあ。

終演後、お店でヤングを交えて打ち上げ。これも大切な時間です。そろそろ皆さん終電となって。

先日「終電の皆を見送る優越感」なんて書いたけど、なんだか今日は、一人置いていかれるようで寂しくて、終電の皆を改札口まで見送りに行きました。

ほんだらば、ベースキャンプまでの帰り道に迷いまくりまして。なんば駅の周辺、っちゅうか、なんば駅自体が湾曲していて、方向感覚無くなる!

すっかり冷えた身体で床につきました。
  1. 2012/02/17(金) 00:51:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー神戸グッゲンハイム邸

これまた、夕方までに神戸に行けば良いので、無理矢理観光しながら向かいました。

灘の酒蔵3件。試飲できないのに、酒蔵回るもんじゃないですね。こういう時間の使い方をもっと上手く利用できるようになるのが今後の課題です。

海沿いの銭湯に入りまして、いつもはのぼせるのであっという間に出ちゃうんだけど、こちらも無理矢理ゆっくり入って、夕方に、ライブ会場の旧グッゲンハイム邸に入る。いわゆる異人館で、取り壊されて宅地になってしまうところを、地元の有志が買い取ってイベントスペースとして運営してます。最近は、大物アーティストや、グラビア撮影にも使われてるようです。チューバマンショーのライブは、もう何回目だろう。数々の技(ネタ)が産まれた場所です。

会場入って、物販コーナーのセッティングして。電気系の機材使わないし、二人だし、もうツアーも三日目だし、リハーサルなんて必要無く。
お客さんの様子見ながらその場でじゃんじゃん変えていくので、プログラムの打ち合わせも無く。

「じゃあ、ちょっとその辺にご飯でも食べに行きましょうか」となるのです。途中、ライブ会場に来てくれるお客さんとすれ違ったりして。

この、ライブ前のちょっとした時間というのが楽しくて。お互い、どんなことを考えてるか、どこに行きたいかというのを確認したり。「おぬしもなかなかさくしよのう」と、わざと平仮名で書きたくなるような内容の会議になるのです。

そんな、楽しい秘密の時間を終えて、ライブ会場へ。濃密にやりました。テンション上がって踊り出すお子ちゃまを、会場全体が応援する雰囲気。ありがたいですねー。

このライブツアーでも、また新たな収穫があります。曲の演出方法というかなんというか。ライブの回数重ねるって、こういうことなんですねえ。

終演後、塩屋名物、味も量も音楽も絶妙なカレー屋さんにて打ち上げ。
寒波が来てる中、皆に心配されながら、クルマキャンプしたのです。
  1. 2012/02/16(木) 17:27:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

チューバマンショー大阪ドルチェ楽器

朝、駐車場で目覚めて。うーん、全然疲れがちくせきされておりません。ものすごくぐっすり熟睡できたようです。イイぞ!働く男のニューエンジン!クルマキャンプ、好調な滑り出しです。

その後、一号線で大阪を目指し。夕方までに着けば良いので、ゆっくり観光でもしながら。くちゃくちゃなんか、食べながら。と、思ったんだけど、なんもないっすね。一号線。結局、昼過ぎに梅田に到着しました。楽器と荷物だけ置かせて貰って、オススメのコインパーキングの場所聞いて。行ってみたらば、ぼくが「ホーム」と呼んでいる駐車場でした。なんだ、やっぱりここに来るんだなあ。

近所の愛おしい商店街をぶらぶらと。ほとんど、人間見てるのですが、楽しいなあ。いろんな人がおりますね。天神橋商店街。ご飯食べて、銭湯入って、ドルチェ楽器に入りました。
軽くリハーサルして、チューバマンと、今度は梅田の商店街をぶらぶらと。さっきの商店街にいた人ような人が、大阪の人の全てみたいに思ってたんだけど、梅田には、また違った人がおりますなあ。

会場に戻って、また昨日とは違った感じのお客さん。じっくり聴きにきているような、どうしたらいいのか解らないような。あえて、そんな空気を楽しんで見るようなこともしましたが、基本的にマイペース。

こちらも楽しくやりました。楽譜セット、2つも売れた!すごいなあ。楽譜の威力。嬉しいなあ。「自分は、フルート奏者で部活の指導をしているのだけれど、ユーフォとか、チューバは、ほんとはどんな事ができるのか見にきた」という先生なんかもいらっしゃいました。これも、とても嬉しいです。

終演後、またまた楽しく打ち上げ。写真は、ドルチェ楽器の元祖山中さんと、新規入社の山中さん。せっかく同じ名前なので、メガネとか、ネクタイとか、同じになったら良いのに!楽しいのに!と、提案してきました。名物になりますように。

就寝はホーム(と呼んでいる駐車場)にて。
  1. 2012/02/15(水) 17:23:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

チューバマンショー京都JEUGIYA



昨日やらなかった準備をバタバタとして。楽譜、衣装、楽器、クルマの片付け、寝具の準備!今回の関西5デイズは、久々のクルマキャンプです。はっはっは。楽しいなあ。

予定より一時間遅れの11:30に家を出ました。渋滞があったらアウトだったのだけれど、幸い、スムーズに走って、時間通りに京都の楽器屋さん、JEUGIYAさんに到着。ゲストの大阪市音の田端直美さんhttp://naomisax.exblog.jp/とご挨拶。チューバマンもやってきて、リハーサル開始。共演曲は、甘くみていて、その凝った和音構成に必死こいてアレンジしたニューシネマパラダイスと、チャルダッシュ、チューバマンショーのアンコール曲のウイグルウワグルの3曲。
いろいろと、試行錯誤しながら、作り込みました。

休憩する間も無く、楽器屋さんということで、楽器選定のお仕事をやらせて頂きました。普段、楽器に無頓着っぽいですが、それは、あるものを最大限に有効に使うということで、楽器が何台か並んでいたら、その性格の違いというのは割りとはっきり解ります。一つは、もう行き先の決まった楽器でしたが、もう一つは、鑑定書がついて店頭におかれてますので、見に行ってやって下さい。ヤマハの642です。最近、ようやく型番覚えました。

開場、30分前には、店頭でゲリラ的にライブ。管楽器を見にきたのではないお客さんや、ただCDを見にきただけのお客さん相手のアピールタイムです。この辺で積み重ねてきたことの真価が問われますね。柔軟に変化つけながらやりました。

さてさて、ライブまであと少しというところで、控室でゆっくりまったりしていたのですが、なにやらスタッフさんが慌ただしく動き回っていらっしゃって。「椅子が足りない!」という嬉しい悲鳴。

「じゃあ、これ使って下さい。」と、自分たちの椅子を差し出し。満員御礼でした。

ライブは、お客さんの様子を見ながら、曲順変えたり飛ばしたり。まず、客席が暗くてコンサートみたいだったので、真っ先に明るくしてもらいました。このへんのこともね。客席も自分もほぐすテクニックとして蓄積されてます。

田端さんとのトリオもバッチリきまりまして、無事に公演終わりました。

その後は、打ち上げ。二次会まで!へっへっへ。終電の人を見送るってなんだか優越感だぜぃ。クルマ生活。
  1. 2012/02/14(火) 11:36:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ツアー準備

午後から、三重県津市の三重大学へ。吹奏楽部のユーフォとトロンボーンパートの方々といろいろと。なんか、学生時代を思い出すなあ。部活、いいなあ。一生懸命やってますねえ。
帰り道は、名阪高速道路が渋滞。みんな、雪の名神高速を避けてるのね。。。一時間、余計に時間かかってしまった。

帰り道に、文房具屋に寄って、楽譜を印刷する紙を買い込む。もうすでに、チューバマンショーニューアルバムの楽譜をライブ会場で購入したいという声がありまして。なんせ曲数が多いので、15セット作るのに、紙が千枚必要で。まー大変でした。

オンライン販売では、バラ売りしかしていません。一曲、200円(一番ページのもの)か300円(2ページ以上のもの)という値段で。これ、セットにしてみたら、合計8千8百円だった。えらいこっちゃ。バラ買いできるってすごいことですね。

その他の準備もいろいろとやって、明日にできることは後回しにして。それでも深夜1時に無理矢理寝ました。
  1. 2012/02/13(月) 16:41:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブラスアンサンブル・ロゼお手伝い


愛知県幸田町にて。

朝早く家を出て会場入り。ブラスアンサンブル・ロゼのオリジナルメンバーでのコンサートは久しぶりに見ますねえ。幸田町の3年に渡るアウトリーチ事業の集大成としてのコンサート。ロゼと、トロンボーン奏者の加藤直明さんhttp://www.buzzfive.com/biography/biography-kato.htmlアイリスクラリネットカルテットの3団体の出演です。

パンデイロ叩きながらいろいろとお手伝い。基本的に楽屋に居て、わいわいやってました。トロンボーン奏者の加藤さんのリハーサル聞きながら、「あれ?この人となんか趣向があいそうだなあ。お友達になりたいなあ」なんて思いながら聞いてました。

本番は、会館の方が、親子席を開けてくださるということで、初の親子席体験。

これがですねえ。パンデイロちゃんが大きな音で鳴り出してしまいまして。初めての親子席で、「いくらなんでも、この音は客席数に聞こえてしまうんではなかろうか」と怖気付いて、ロビーに出てしまったんです。

そしたら、今度は、ロビーに音が響き渡って。「これは、やっぱり客席に聞こえてしまう!」と思って、ホールの入り口から外に出て、そしたら、そこは複合施設で、いろんな施設に響き渡って、もう、どうしようもなく居場所がなくなってしまって。
この焦りが、鳴り止まない原因だと思うんだけど、どうしようもないですわなあ。

結局、施設を出て、ぐるっと外側を回って楽屋に逃げ込みました。
ということを、チューバの加藤さんに話すと、「それは、親子席が一番大丈夫だった」とのこと。ほんとっすか。しくじりました。

本番後、打ち上げにも参加。
なんと、トロンボーン奏者の加藤さんが、ぼくが、学生時代に作っていたバンドの音源を聴いたことがあるって。しかも、かなりヘビーに聞いてくださっていて、自分ではもうスッカリ忘れていた、曲のタイトルとか、バンバン言ってくるので、嬉しいやら恥ずかしいやら。一気にお友達になれました。

帰宅後、まだまだ終わらないアレンジ仕事を朝まで。
  1. 2012/02/12(日) 01:20:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

録音から胸いっぱい

午後イチで、月一でやっている楽器練習会に参加。でも今日は、練習でなく、四人集まっての録音会になりました。14:00~17:00まで。よく吹いたなあ。

帰宅後、ささっと移動して、ぼくが大好きな中華料理店で宴会。大好きな店なのに、店主が突発的に旅に出るので、いきなり長期休業が入ったりするのです。今回は、その長期休業明けということで。相変わらず、心まで満たされるお店です。また休業にならないうちになるべくたくさん行っておきましょうね。
  1. 2012/02/11(土) 13:52:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

すごい人に会った

午後からとある高校の金管アンサンブルのコンクールの為の練習会というのに参加。
高校生メンバーと同じ人数のプロフェッショナルメンバーが集められて、隣で吹いたり、吹き比べたり、贅沢な練習会でした。そこにとあるオーケストラのとある木管楽器奏者さんという方が、指揮に来て。

はじめは、金管アンサンブルの指導になんで木管楽器奏者さんが来るのかなあ?とか疑問に思ってたんですが。これが指揮が始まったら。

ビシビシと緊張感のある音楽が伝わってきて、もうなんだかわけの分からないまま、あっという間に演奏が良くなってしまった。感激。ぼくは、普段、割りと自分の自己主張を音楽でやることを主な演奏活動にしていて、オーケストラとかやったこと無いのだけれど、一流の指揮者と対峙するってこういう感覚なのかな。人の音楽が入ってくるって面白いなあ。と思ったのでした。

という話とは関係無いけど、行く先々で何故かクリームパンをもらう日で、ちょうどご飯食べる時間も無かったので有難かったのだけれど、一日でクリームパン5個も食べました。これは、普段のパンペースでいくと、3年分のクリームパンを一日で食べた計算になります。
  1. 2012/02/11(土) 10:53:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

専門学校本番!

午前中は、あるピアニストさん宅へ。今朝出来上がった楽譜と音源を持って。頭がいっぱいいっぱいで、忘れ物無いか、確認してもしても不安。コンビニの店員さんの対応にイライラしたり、ピアニストさん宅の近くに駐車場が見つからず、焦って走り回ったり。なんだか、いろんなことがうまく回らない気がして、録音がうまくいくかどうか、機材や楽譜に不備が無いか心配で。うーん、ぼくにもこんな日が有るんだなあ。

ところが!ピアニストさん宅に着いて、「録音よろしくお願いします。」なんて話してたら、ピアニストさんがずいぶんと余裕で、「15分あれば大丈夫かな。」とか言ってたりして。それでずいぶん楽になりました。

結局、楽譜も機材も何の問題も無く、ピアニストさんも言葉の通り、一発オッケーで。終わってみれば、まるでトラブル無しですんなりと終わりました。

一旦家に帰って、電車で名古屋市内へ。
電車のアナウンスで「本日社内試験の為、◯◯駅にも停車します。」と。

普段停まらない駅に止まったり、頻繁に信号で停止したり。「なんだそれ。こんなんで定刻通り到着するのかなあ。」なんて思ってたら、しっかり時間遅れて到着。そんなことあるんだねえ。

専門学校に楽器二本置いてきたので、移動は楽チン。ホールへ移動してリハーサルして本番。生徒さんが運営から、音響から照明までやっていて、全体的に和気あいあいと進みました。

終演後は、また講師の一部で打ち上げ。昨日からバタバタと動き回ってたのでここでホッと一息。帰宅して、ようやくゆっくり寝ました。
  1. 2012/02/09(木) 10:38:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

専門学校リハーサル

午前中に名古屋市内でお仕事があって、その後は、午後4時から市内の別の場所というスケジュール。早めに動いて、内職ができるように、動く作曲家先生システム(要は楽譜ソフトの入ったノートパソコン)を持ってでました。

お昼ご飯食べて、夕方からの現場の音楽系専門学校へ。明日、この学校の卒業制作発表会があり、そこで、ビッグバンド公演のエキストラとして呼んでもらいました。

今日は、そのリハーサルがあるのです。早めに事務所に入れてもらって、セコセコと楽譜を作っていたら、知り合いの奏者さんが続々とやってきて、次々に世間話していくので、楽譜はささっと諦めました。皆さん入り時間早いのね。。。

結局、入り時間の一時間くらい前から練習会場でアップしたり、楽譜の確認なんかしたりして。
珍しく、「ユーフォとトロンボーン二本で」というリクエストだったので、何事かと思ったのですが、ここで吹いてる生徒さんが持ち替え奏者でした。まあ、珍しい。

楽しく、きっちりとリハーサルして。その後は講師のご飯会。
しくじりました。ほとんど打ち上げのようなノリの食事会だったのに、ぼくは楽譜仕事を残してしまって、呑めず。まんじりとしつつも、楽しくお茶二杯を三時間かけて飲みました。

家に帰って12時過ぎからアレンジ再スタート。

これがね、弦楽アレンジ、音源制作、楽譜プリント、レコーディング準備と、明日の朝までにやらないといけないことがたくさん有り過ぎて、結局寝れなかったのです。

夕方に飲んだレッドブル、よく効いたなあ。
  1. 2012/02/08(水) 18:01:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

パソコン作業

一日中、パソコンに向かって作業。

チューバ88のテーマのマスタリングやって(なんだか再確認した、改善点見つけちゃった!どの時点で区切りをつけるかって、難しい)


そして、アレンジ仕事も。
チューバマンショーの京都公演では、スペシャルゲストさんがはいるのですが、その楽譜を制作。ニューシネマパラダイスのテーマを3人でやります。

なんだか、流行りの唄とかジャズとかでなく、じっくりと作曲者によって練り上げられた曲をアレンジするのって久しぶり。

当たり前なんだけど、自分の引き出しにないことを分析していかないといけないのですが、これがもう楽しくて。久しぶりに勉強した気分。

そんなこんなで、家に閉じ籠っていたのですが、ニュース!
鬼頭ブラスの4月のライブの詳細来ました!コチラ!


=====
【KITO,Akira Brass Band! LIVE】
KITO,Akira Brass Band!(鬼頭 哲 ブラスバンド/KABB!) とは、
「渋さ知らズオーケストラ」や「東京中低域」などを中心に、

国内外でバリトンサックス奏者として活躍する鬼頭哲をリーダーに、
2001年に管打楽器だけで構成された吹奏楽バンド。

このバンドの為に作られた鬼頭によるオリジナル楽曲を、30名近い個性的なミュージシャンたちが、歌うように吹き、踊るように叩く!
世界中を見渡してもここでしか聴けない唯一無二のブラスポップミュージックを、生で聴いて、感じて、歌って踊ろう!

<日時>2012年4月21日(土) 17:30open/18:30start 
<会場>名古屋市 栄 「GARY'S」 http://www.garys.jp/index.html
     (地下鉄栄12番出口から東へ徒歩3分)
     名古屋市中区栄4−2−10 小浅ビルB2F
Tel 052-263-4710 /Fax 052-263-4810
<料金>予約 \2,500+TC \500 (+1drink order)
  当日 \3,000+TC \500 (+1drink order)
*4/20(金)岡崎コロネットでの公演チケットの半券持参の方は、予約料金でご入場いただけます。
<予約方法>
  【GARY'S】TEL 052-252-0127/FAX 052-264-0360
    「お名前」・「ご予約人数」・「ご連絡先」をお伝え下さい。
    GARY'S
HP(http://www.garys.jp/)内「イベントスケジュール」からもご予約頂けます。 
  【KABB!チケットセンター】 kabb_ticket@kito-akira.com
  件名に「4/21 名古屋 チケット予約」と明記し、
    「お名前」・「ご予約人数」・「ご連絡先」をメールにてお知らせ下さい。
<お問い合わせ>
 鬼頭 哲 ブラスバンド www.kito-akira.com/brassband
          E-mail:kabb_mail@kito-akira.com
 GARY'S http://www.garys.jp/ Tel 052-263-4710
  1. 2012/02/07(火) 13:23:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マル秘プロジェクト進行中


まだまだナイショのプロジェクトの打ち合わせを名古屋駅で。

県外から来た方なので、観光の意味も含めて「コメダでいかがでしょう?」と提案しましたが、本当に観光地化されてしまったようで、大賑わいで話ができそうになく、近所のヘンリーマンシーニ流れる喫茶店にしました。

いよいよ、ずっと夢だったことが本当になるんだなあ。言えないけど。
手ぶらで東京行くんだなあ。言えないけど。
楽しみだなあ。言えないけど。

夜は、名駅の焼肉屋さんにて会合。
自分にしかできないことをフルパワーでやるという機会がやってきました。
鼻息ムンムンです。
  1. 2012/02/06(月) 21:37:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

ホーダヂショーロ



情報は貰っていたのだけれどタイミングがビミョーで「行けるかな?行けるといいな。あ!行けるかも!行っちゃえー!」ということで行ってきました。

名古屋市内にある、ブラジル音楽のお店、サンバタウンで定期的に行われているホーダヂショーロ。

ぼく、半分スペイン語圏のテキサスに住んでたんですが、かなり長い間、コロンビア人と住んでたんですが、そちらの言葉は、基本的な電話応対と「ビールが旨い」「もう、バカ!」くらいしか知らなくて。「ホーダ」という言葉がどんな綴りで何を示すのか知らないのですが、実際のところは「卓を囲んで、ショーロの練習?セッション?をする」というところまでは解りました。

「ショーロとわたしにまつわるエトセトラ」というのを説明すると、ものすごーく長いのですが、無理やり短くすると。

友達が住んでいたアパートにいた謎のブラジル人ミュージシャンがくれた謎のCD-Rに入っていた音楽が大好きになってしまって、情報が無いまま何年も聞き込んでいたらある日「それはショーロという音楽だよ」と教えてくれたパーッカッション製作者のおじさんがいて、中古レコード屋でボサノバ以外の(さらにジャケットにおじいちゃんが映っている)ブラジル音楽のCDを買いあさって聞き込むようになってたある日、お祭りでそういう音楽をやってる人達を見つけて鼻血出しながら話しかけて、名古屋エリアのそういうことをしてる人達と接触するようになって、なかなかホーダにいけずじまいだったのが、一度、豊橋でタイミングが合って、参加して、その後、やはりタイミング会わず。

という感じだったのです。


いやー、やっぱりね。自分が憧れていたサウンドの中に居るって、それだけで演奏しながら泣きそうになります。
相変わらず、コード進行も譜面の進行も飛び飛びで難しいですが、今回は、楽譜の進行とテンポ感を追うことができたな!初めの一歩のまだ手前ですが。まだ、皆さんの体のフリとか見る余裕は有りません。。。よーし!また参加するぞー!!!

今回、店主さんが「こういうの見たことある?」と、トロンボーン奏者の映ってるドキュメンタリー映像を見せてくれました。もう、見るまでもなく、耳にこべり付いている「アノ謎のCDのおじさん」の音!そして動いております。映像なので。

今までね、頭の中での偶像だったのが、楽器吹いてる様子が見れたのです。
もう!感激!ちびりました。

映像見ると、今まで謎に思ってたことが一気に解決して。
ちくしょー。太い楽器使ってると思ったら、細い楽器で太い音出してたか!!
そういう背格好で、そういう構え方してたか!!

残念ながら、楽器とかマウスピースの知識はまるで無いので、その辺は真似できませんが。

あとはもう、全部吸収したるぜい。
  1. 2012/02/05(日) 23:28:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ポリゴン楽団



普段から、時間にゆとりを持って行動するということができなくて。

「まだ、いいや。」

「そろそろ準備。あれ?アレがない!!どこだ!マズイ!電車が!あー!」

というようなことを、いつまでも繰り返してしまってます。その結果、忘れ物をするのです。
それが、決定的なダメージにはならないけど、有った方が良かったという程度の。


今日は、お昼間にヤングスチューデント達が、「独りでも勝手に楽器が上手くなるような軌道に乗せる」というお仕事がありまして、それは、学校で使っている楽器に一番近い、所謂クラシック用のトロンボーンを使っていて。

その後、そのまま多治見でポリゴン楽団のライブだったので、トロンボーンはクルマに2本載ってないといけなかったのです。

で、いつもの通りに、慌てて出てきちゃったもんだから、バルブトロンボーンを忘れてきてしまって。
ポリゴン楽団は、いつもはこんなところで使わないトロンボーンで吹きました。

まあ、ぜんぜん致命傷とかそういうものではなく、むしろ、「あれ?この楽器こんなに軽く吹けたっけ?」と、新鮮に楽しく吹いたのだけれど。お客さんにもいつもの通り喜んでいただけましたが。


ライブ、無事に終了してクルマを開けて発見した、いつも使ってるトロンボーン。
そうか、載せっぱなしだったか。こっち使えば良かったな。

と、2重でボケていたのでした。
  1. 2012/02/04(土) 00:44:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

非社会鍋

久しぶりにちょっと時間に余裕ができたので、お友達を家に呼んで鍋なんて珍しいことしました。

近所のスーパーと八百屋がさんが最高で、地元でとれた魚や野菜をものすごーく安く売ってるのです。
あんまりチェーン店のスーパーで、生のアナゴとかシャコとか、鮫の皮のにこごりとか、見ませんわなあ。

八百屋さんも、最近、近所の農家さんと契約したようで、朝、八百屋さんが自分で野菜を収穫してきて、普通に流通してきたものより安く売ってます。サイコー!!

ぼくも含め、呼んできたお友達と言うのが、みんなまっとうに勤めていない社会人で。あれ?なんか言い方違うかなあ。そんな人達が、どうやって暮らしていったら良いのか。というヒントになるような動画を最近入手したので、それを見ながら雑談しながら。結局、どんどんわき道に逸れていって、あまりビデオ見てなかったりして。

そういうことができないということがつまり、私達がこういう職業をしていて、こうやって集まっている理由なんだなあ、と思う。
  1. 2012/02/03(金) 01:19:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

情報解禁

2月の頭に情報解禁にしようね。ということだったのですが、こんなライブが決まってます。
【出演】
・チューバマンショー
ユーフォマン(euph)
チューバマン(tuba)
http://tubamanshow.com/

・佐藤鈴木田中
佐藤芳明(acc)
鈴木広志(sax)
田中庸介(gt)

【料金】
3000円+1オーダー
【会場】
オーガニックカフェ・ギャラリー
空色曲玉 そらいろまがたま
名古屋市中区新栄3-16-21 TEL052-251-6949
http://www.soratama.com/

【備考】
開場18:30、スタート19:30

お問い合わせ&ご予約
TEL052-251-6949
(空色曲玉)
tterukina@hotmail.com(テルキナ)

ご予約の際は「お名前」「人数」「ご連絡先」をお伝え下さい。席数に限りがございますので、お早めのご予約をオススメいたします。当日のお客様は、立ち見になる可能性が有ります。

空色曲玉
地下鉄・JR「千種」駅5番出口から
南へ徒歩7分
付近の有料駐車場または公共交通機関をご利用下さい。



アコーディオン奏者の佐藤芳明さんのユニット、「佐藤鈴木田中」のCD発売記念ライブの対バンにチューバマンショーです。光栄なことに、佐藤さんから、直々にチューバマンショーにご指名頂きました。

何度かご一緒させて頂いてるのですが、ぼく、今までは憧れの人の前でカチコチになってしまってたんですが、今回は大丈夫だとおもいます。マスク被ってるし。ということではなく、何となく自信がついてきました。佐藤さんバンドとチューバマンショーの競演もやりましょうということになってます。
これは、早く予約しないと知らないよ。見逃しちゃうよ。
  1. 2012/02/02(木) 12:46:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

セルフレコーディング



いつまでやってるんだー!というのは、自分への戒めでもありますが、一つ、楽譜の〆切をらやっつけて、晴れ晴れとした気分で臨みました、「チューバ88のテーマ」のセルフレコーディング。

寒いスタジオで、6、7テイク録りましたが、前半のものは、楽器が冷えててダメです。金属ってねー。ちょっと雑巾取りに行って帰ってくるだけで、カキンカキンに冷えますね。

それでも、なんとか録ったりました。
さー!あとはミックスして!

その後どうしよう!
  1. 2012/02/01(水) 02:47:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0