GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

年越しソバ成功!

実は、年越しライブの予定もあったんですが、パンデイロができて初めての年越しということで、今年は、家でゆっくりさせてもらうことにしました。

結果的には「ゆっくり」ということにはならなかったけども、ぜんぜんそういうことにはならなかったけども、まあ、家に居て良かったなあと思いました。

大掃除してたんですけどね。おんぶしながで、ぜんぜんはかどらなかったんですけどね。それでも台所の掃除なんとかできたもんなあ。これは、ぼくはおんぶしなきゃ、だめでしょう。ライブ出れない悔しさというものが無いわけではないので、その辺りは、音楽をガンガンかけまくって中和しました。

さてさて、大晦日ということは、年越しソバです。ただでさえソバが好きなので、この年越しソバというのは、ぼくにとっては大きなイベントなのです。

学生の頃は特に、大晦日の神社の警備のバイトを夜10時までやって、帰宅して、暖かいソバを食べるなんてことしてたからね。もう、一大事なのです。

失敗したら、そりゃもう悔しくて泣いてしまうほど年越しソバが重要なのです。

去年は、年越しソバのリハーサルもやったっけ。今年は、実家でのソバということがきまっておりました。

実は、一週間ほど前に実家に立ち寄った時に、台所の片隅に乾麺のソバが置いてあるのをチラッと見ていて。「あ、あのソバはきっと年越しソバ用にとってあるのだな。あれなら間違いないな。」と、チェックしてあったので、安心して年越しソバに臨めました。

うちの実家の出汁というのは、煮干しがメインで、若い頃は「なんだか、うどん屋さんの出汁とはちがうなあ。なんだか物足りないなあ。」なんて思ってたのですが、結局、ここに落ち着くのだなあ。

実家の出汁!というのも、新規のうどん屋さんを開拓するのとは絶対的安心要素なのでした。

果たして、美味しいお蕎麦食べて、まったりとしていたら、何時の間にか年がかわってました。ああ、こんな年越しも良いですなあ。
  1. 2011/12/31(土) 23:38:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

忘年会!

焼肉美光の忘年会。東京からギタリストタクくん、ピアニストともかさん、ボーカリストたかしくんもやってきまきた。

高速バス、2時間遅れだそうで!事故通行止めで、中央道を途中で降ろされたって。大変!余裕を持って動いてたので、入り時間には間に合いましたが、こういうの疲れますわなあ。

ちゃちゃっとリハーサルして、忘年会は始まり。今回は、チェロ独奏や、管楽アンサンブル、弦楽アンサンブルなど、いろんな出し物がありまして。これがみなさんグイングインにグルーヴしていて。こういう場で演奏を楽しめる人達、いいですねえ。

自分達の出番、タカシくんの曲を中心に楽しくやりました。今年、おめでたかった新婚カップルのために、鬼頭ブラスレパートリーも演奏したり。今日で三回目。何回でもいいの!

帰宅してからさらに打ち上げして。米焼酎っちゅうのをいただいたので、それを呑んでたんですが、米もうまいですねえ。今まではもっぱら芋だったんですが。しばらく米の研究もしてみようかなあ。

これで仕事納めー!!
  1. 2011/12/30(金) 23:58:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

焼肉屋BGM

昼間は、こどものチューバマンショーの楽譜を出版きてもらう書類なんかの作成やらなんやら。書類に不慣れ以前に、ワードに不慣れで、いちいち手順を調べながらやるので時間がかかってしょうがないです。こちら、楽譜は、CDの発売よりもずっと早くできそうです。一曲ずつ、もしくは、36曲セットでのダウンロード販売になります。


夜は、焼肉屋さんでの忘年会。と言っても飲み食いするわけでなく、BGM演奏での参加です。明日も同じ場所での演奏ですが、今日は、大人しいBGMを求められています。ピアニスト石原さんとの演奏。ずっとやっていたレストランでのBGM演奏がなくなってしまってから久しくなりますが、その時のレパートリーなんか、まだまだ覚えてるものですねえ。

お食事と会話の邪魔にならないように、でも、さりげなく聞いてもらえるような選曲を。今日のお客さんは、20代の男性が大半ということです。この年代の男子がどんな音楽聞いてるか、良く解りませんなあ。あーでもない、こーでもない、と、いろいろ試してみましたが、それなりに聞いてもらえましたが、一通り終了してから、「河島えいご」お願いします。」とリクエスト受けてずっこけました。もちろんやりましたけども。そうか。やるなあ。
  1. 2011/12/29(木) 10:52:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

新しいコスチューム




ついに納品がありました!

チューバマンショーのニューマスク。

ニューCDと楽譜の発売の他にもいろいろな転機が待っているチューバマンショーです。
ですが、CDの発売タイミングやニューマスクの発注やらなんやら。

すべて、別々に、気まぐれに動いていたつもりなのだけれど、みんなまとまって良い方向にピタッと向かっていたんだなあと思う。

ニューマスクは、デザインほぼ同じ(ちょっとアップグレードされている)ですが、生地がゴージャスになってます。
そして、立体裁断されていて、着け心地がものすごく良いのです。ほとんど素顔です。
今まで、半分冗談の半分本当で「マスクをとったら、演奏は3割上手になります」なんて言ってたけれども、このマスクは演奏に支障ありません。もう、すばらしいの一言です。

いろいろと謎のマスクマンの設定がナーナーになってたりしますが、嬉しいので許して!

そして、オーダージャケットも来ました。

これは、この夏、衣装デザイナーさんに「丸めてもシワにならないジャケットってできませんかねえ?」と相談したところから始まったのですが。

衣装がスーツだと、荷物が一つ増えるのです。

楽器背負って、コロコロキャリーを引いて、それにスーツ!これだともう、手が空いてません。

だから、今まで、スーツは楽器のベル中に丸めてねじ込んで、シワシワのまま本番やってたのです。

新しいスーツ、シワにならない生地でーす。裏地がメッシュになってたり、細身なのに楽器が構えやすくなってたり、胸ポケットがただの飾りだったり(ポケットの機能要らない)いろいろと細部までこだわりました。

ほんで、丸めてケースに入れれるのですが、デザイナーさんがスーツケースまで作ってくれまして。
そもそも丸めて持ち運んでもよいので、通常のスーツケースの半分です。そして、ソフトケースのフックに合わせて金具を取り付けてくれたので、このように、ソフトケースとドッキングできます。こんな小さいのに、楽譜が入ったり、クツが入ったり、さらに防水加工までされていて。もう、いたれりつくせりです。これは移動がかなり楽になります。いやー、マスクもスーツも早く着たいなあ!
  1. 2011/12/28(水) 14:10:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ピアノ教室お楽しみ会から年忘れベリーダンスナイト

朝から動き出して、昭和区の公共施設へ。
いつもお世話になっているピアニスト石原実恵さんのピアノ教室のお楽しみ会(と言う名のクリスマス会ね)へ。

午後に演奏させていただくんですが、午前中に、いまや有名人になってしまいました。紙芝居のたっちゃんのステージ?があるというので、お手伝いも兼ねて午前中から参加してきました。

たっちゃんは、先日、弟の結婚式で会ったけれども、以前のように頻繁に一緒にお仕事したり演劇やったりと、そういうことがなくなってきちゃいました。さみしー!!

思えば、たっちゃんと出合ったのは。

という話はいいや。


とにかく、ひっさしぶりにたっちゃんの紙芝居見ましたが、いろいろと進化していて、盗みどころ満載でした。

昼ごはんをみんなで食べて、自分達の演奏。
午前中にたっちゃんが子供をいじったりいじられたりしているのを見てるので、なんだか、自分にもそういうスキルが既に着いているような錯覚に陥って、いつものペースよりちょっとツッコミ気味に子供達に接してしまったんだなあ。まあ、そんなに簡単に行きませんわ。対子供!!無理しないこと!!

クリスマス会を後にして、向かったのは名古屋市千種区のカフェ、Cafe Dufi。

年忘れベリーダンスナイト。

ザッハトルテのアコーディオン奏者、都丸さんからお誘いいただきました。

他のバンドメンバーは、ファンファーレロマンギャルドでいつもお世話になってるダラブッカ奏者の永田充くんと、ホットハニーバニーストンパーズより、松石ゲルと、ぼく。

ここに、べりーダンサーさんMASAMIさんがダンスで入ります。


主に、関西方面でべりーダンスの伴奏と言うのはよくやらせてもらったんだけれど、これ、名古屋でもやれたら良いのになあなんて思ってたので、声をかけていただいたときは、とてもとても嬉しかったのでした。こういう機会がないと、自分だけの力でダンサーさんと知り合うなんてこと無いもんなあ。

初がお合わせでしたが、リハをやった時点でとても楽しくって、とても楽しいことになっちゃう実感がありました。

本番、たくさんのお客さんの前になってやはりガツンとテンションとアンテナの感度も上がって、それはそれは楽しいことになりました。

これはまたやりたいですなあ。

当日、生中継?ツールのユーストリームで放映がありました。こちらで録画が見れます。ぼく、ユーストリームデビューかも。

http://www.ustream.tv/recorded/19409056
  1. 2011/12/27(火) 13:25:12|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あとちよつとー!!!

ちーよーつーとー



写真は、わかり難いですが、吹奏楽のスコアです。
吹奏楽の楽譜作ってます。
  1. 2011/12/26(月) 02:14:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雪欲満足

またしても朝、布団から出られず。でも目は冴えてしまったので、エイっと飛びたして、お米研いで炊飯器にセットしてまた布団に戻りました。お米の炊き上がるまでの40分は布団の中で堂々とヌクヌクして良い作戦です。

で、布団の中で日記書いたりしてたら、炊き上がりのピー音が聴こえなくて、あっという間に出かけなきゃいけない時間になってました。急いで適当なおかずとみそ汁作って午前中に出発。岐阜の山あいの街でのお仕事です。高速乗ってすぐに雪がチラつき始めて、だんだん酷くなっていき、会場に着いた時は吹雪でした。やーよく昨日、タイヤ交換したなあ。天気予報なんて、まったく見てなかったけど、これは、ノーマルタイヤだったらちょっと危なかったなあ。

夕方にお仕事終えて。行きは、平地ルートから来たのですが、なんだかまた平地ルートで帰るのがつまらなくて、わざわざ雪の積もってる山ルートから帰ることに。なんとなく、山の方へ走っていったら、突然、知っている風景が出現。

この夏?だったかな?ライブをやらせてもらったカフェの前を偶然通りがかってしまったのです。その時は反対方向からだったから全然気づかなかったなあ。せっかくなので、マスターのお顔拝見して、コーシー飲んで。日が暮れては大変だったので、ホントにちょっとだけお話して出ました。その後、チェーン規制のかかっている高速にのり、路面真っ白の吹雪の中をノロノロと走って帰ってきました。高速降りるくらいからは雪、全然でしたが。まあ、ちょうど良い感じで雪道に対する覚悟を呼び起こせたというか、良い刺激にらなったというか。何というか、最近は山が足りてなかったんだなあ。
  1. 2011/12/25(日) 01:27:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

油圧ジャッキが偉い!



朝、寒くて布団から出られずスヌーズ5回。やっと起き出したら外のほうが暖かな良い天気。
ほんとうはてるてる家族で、何か入るかも!入らないかも!あ、やっぱり入らなかった!という今日。不意にゆっくりとした日ができました。

こんな日は、「お金がなければ何でもできる!」ということで、タイヤ交換することに。

アメリカにいた時はボロ車に乗ってたので、もっとディープなところの部品交換とからしてます。クルマいじりというものには疲れてます。

お金がなければなんでもできる(なんでも自分でやらないといけないということね。言わせないでよ。ミジメ!)のですが、今年のタイヤ交換は、二台。去年までは、ぼくの軽自動車はスタッドレスとかそういう問題でなく、雪にはどうしようもなく弱いクルマだったので、雪はアウトでした。今年からは、働く男のニューエンジンです。北海とから嫁いで来た四駆です。スタッドレスタイヤもセットで譲っていただいてました。

ほんで、このデカイクルマを、あのパンタグラフ型ジャッキ(パンタグラフの形のジャッキね。説明になってない。)でヒーコラ上げると思うと、それだけで腰が軋み出して、さらにその後もう一台!なんて考えると、既にぎっくり腰の自分が想像できたので、今年は、あの憧れのフロアジャッキ(フロアに置くジャッキね。説明する気ない。)を買ってしまいました。

最近はなんでもかんでも通販で買った方が安いのですが、さすがに、ゲンブツ2千円、送料2千円!(重い)なんて、言われると、その辺のホームセンターで買いますわなあ。

果たして、油圧ジャッキは偉かった。感動。F1のクルーまでとはいきませんが、2台のクルマのタイヤ交換を、夢の2時間で終えました!

うーん。確かに楽だったけど、あんまり早くもないなあ。これだけの時間と労力、車屋さんは、いくらでタイヤ交換やってるのだろう。ナット緩めるのが大変。次回はインパクトレンチ(インパクトのあるレンチね。うそ。)買うか。

何はともあれ、無事にタイヤ交換済んで、いつでも雪どーぞ!

夕方からは、わざわざ混んでいるであろうショッピングモールへパンデイロ連れて家族でショッピング。混んでいることなんて解ってるけども、これがやってみたかったんだなあ。それなりに大変。でも楽しい。

お総菜屋で、タコのから揚げ買って帰りました。
「あ、この衣、ちょっとケンタッキーぽくね?」なんて、クリスマスっぽい発言しました。
  1. 2011/12/24(土) 21:31:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

練習会からてるてる家族

朝イチから、地元の公民館で楽器練習会。
一昨日もこんな話していたのだけれど、不自由なことを練習するのが楽しいですね。
ということで、スライドトロンボーンばかり練習しておりました。

そこで、練習会に参加されてた方のお子ちゃまから、お手紙いただきました。なんか、子どもの絵、サイコーなんですけど。せっかく、今度、子ども向けアルバム出すから、お絵描き大会でもやれないかな。。。
練習会を途中で抜けて、家に帰って、楽器と楽譜と衣装を準備して。
向かった先は、一宮市の施設。

てるてる家族でアルミ缶コンサートで演奏。入場料がアルミ缶です。主催は、鬼頭ブラスのトランペット奏者の伊達さんでして、この企画は、伊達さんが長年、大事に大事に育ててきたイベントなんです。ごく初期にチューバマンショーでお世話になったり、昨年もピアニストさんとのデュオでお世話になったりしています。

何時の間にか、ものすごく沢山の人に注目を浴びるイベントに成長してました。成長なんていうとおこがましいけれど、運営にあたっての苦労とか、そういうものいろいろあったと思うんです。それが、はじめの頃の暖かい雰囲気そのまま。よりたくさんの応援してくれる人達に囲まれて。たくさんの暖かいお客さんに囲まれて。これはすごいなあ。接する人がみんなありのままの笑顔で気持ちよくて。マニュアル対応の人なんていやしません。自然と奏者も顔がほころびますわな。
1時間ちょっとという短い本番でしたが、濃密にやりました。ケーブルテレビも来てまして、ライブの様子が、まんま放送されるそうです。


一宮市公演の後は、クルマ4台でダーっと移動して地元大治町のエビスカフェへ。お昼と夜の2公演で、今年のてるてる家族は〆です。

なるべく、地元の音楽ファンの人に来てもらいたいと思ってますが、今回は、ハーモニカをやっているという方がみえまして。てるてる家族は、ハーモニカ世界チャンピオンがいるものですから。どこかで情報を見かけて来てくれたと思うんですが。何でしょう。こう、間口が広いってステキだなあ。
例えば、40歳過ぎてから、チューバ始めました。なんて人はきっと、いないもんなあ。そういう意味では、もっと地元の中高生に来て欲しいんだけどなあ。いま一つアプローチがわからない。

ライブは、こちらでも楽しくアツくやりました。もう、楽譜も卒業していて、暗譜でアンサンブルしてますが、お互いがお互いの美味しいところが際立つように全身全霊で神経を研ぎ澄ましてる感じ。楽曲の一部でなく、全体のことを考えて抜き差ししてる感じ。とても気持ちイーのです。あー、ビデオ撮っておけばよかった。

演奏後、楽しく打ち上げして、別れを惜しんで今年はサヨナラ!また来年ねー!っちゅうか、来年早々、5日にライブありますがな。
  1. 2011/12/23(金) 08:57:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

湯あたり

温泉、そんなに入らないのでよく分からないんですが、湯当たりしてしまったような感覚。

昨日の演奏の影響?後悔?なんだか午前中はぐったりとしていてずっと寝てました。
午後からは、楽譜作業とチューバマンショーセカンドCD発売へ向けての雑務作業を。

CDを発売する(全国に流通するようにする)には、単に演奏して録音する意外にもいろいろとやらないといけないことがありまして。自分でCDを出すまでは、CDって勝手にできて、勝手に世の中に出回るもんだと思ってたんですけどね。そうなってる人もたくさんいますけどね。きっと。早くそうなりたいですけどね。まだまだです。

いろいろと昨日のライブのこととか、これからのこととか考えながら、それでも基本的に脳天気に唄いながら作業をしていたんだけれど、ふっと、なんの脈絡もなく発見しました。

あー。そうか。ぼく、スティービーワンダーの感じ真似してるんだなあ。と。

なんのこっちゃ解ってもらえなくても賛同もなにもしてもらわなくても良いのです。
そりゃあもういろんな方角の音楽から影響は受けてますが、その中の一つにあのおっちゃんがいるんだなあ。

誰にも解ってもらえないと思うのですが、これは嬉しい発見なのです。
これが発見できたら、さらにワクワクするような次の展開に行ける気がします。
  1. 2011/12/22(木) 00:51:36|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

田中邦和×高岡大輔×照喜名俊典セッション

サックス奏者の田中邦和さんと、チューバ奏者の高岡大祐さんとのセッション@御器所なんや

お昼間、電車でいろいろと移動していたので、珍しく電車で会場へ。
せっかくご飯のおいしい居酒屋さんなのに、いつも呑めなかったのでたまにはいーでしょう。

会場に独り早く到着したので、ゆっくりとアップ。
唇のアップというよりは、気持ちを高揚させるというか、落ち着けるというか。ぜんぜんベクトル違うけど。
今回のライブが特別なのは、ぼくが仕切らないといけないということで。

ただでさえ緊張する性質なのに、これが「さあ、そろそろやりましょう」とか、そんなこと言うのはかなり怖いです。

お2人が到着して、ささっと近所にご飯食べに行き。
本当は、会話に切り込んでいきたいのに入れなくて、もじもじしてるうちに話題がバンバン変わっていきます。そんなもんです。いつも。

演奏始まってからも、そんなことは感じました。
それどころか、特に田中邦和さんが、どんどんチャンスを与えてくれてるのに、それに応えるスピード感というか、思い切りが無かったり。チャンス潰した。。。性格だから、なんて言ってると、このまま終わってしまう。。。
緊張してたり、もじもじしてる場合でない。後からはいくらでもそう思えますが。

このお2人にお手合わせいただくの、2回目です。
前回は、なんとかついていけた!という感覚があったのだけれど、今回は、圧倒的に蚊帳の外に置かれたりして。

それでもフル回転していたら、なんだか一瞬、わけがわからないまま怖くなって辞めてしまった瞬間があったなあ。あれはなんだったのだろう。

ああ、なんだか空回りーーー!
  1. 2011/12/21(水) 00:33:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夢の!!

ビーンブーツ!

ぼく、実はこの冬を越せる靴が無くて困ってたのです。極端に幅広甲高なので、靴を選ぶのはものすごく苦労します。それでも最近は、幅広ばっかり作るメリルというメーカー見つけてお気に入りにしてました。

去年の冬はねー。ちょっと気張り過ぎてワークマンのワークブーツを買ったのですが、これ、まあ機能的なんですが、飽きるんだなあ。あと、履いていける場を選ばないといけない。

去年は、バイク重視で買っちゃったものですから。とはいえ、今年の冬もバイクは乗るので、バイクに乗れるブーツというのをずっと探してて。

ビーンブーツっちゅうのは、一番初めに見たのは大学生の頃。チューバの宮田先輩が履いていて、その当時は「なんだかミョーチクリンなクツだなあ。」なんて思ってたのですが。

もう、ほんとここ最近の事です。ビーンブーツにゾッコンになってたのは。
憧れだったけど、高いので、ヤフオクなんか見てはため息ついてたのです。

もう、ルックスが可愛くてしょうがないし、これ、バイクも大丈夫だしね。(シフトチェンジを左足の甲でやるので、そこが丈夫でないといけない。)

その憧れのビーンブーツを近所の古着屋さんで見つけちゃったのです。まさかね。本物がこんなとこにあるなんて。(ニセモノはたまに見る)

初めはねー。

「どうぜ、ニセモノなんだろうなー。」
と思って手にとってみたら、本物でないですか。

「どうせ、サイズ合わないんだろうなあ。」

と思って履いてみたら合うでないですか。

「どうせ、中古でも高いんだろうなあ。」

と、思って値札見たら、やっぱり高かったけど、買えない値段じゃなかったので買っちゃいました。

あー。この冬はニヤニヤして過ごすなあ。。。
  1. 2011/12/20(火) 01:31:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

下見に



先日、今池のバー、バレンタインドライブの2周年記念ライブというのをやりましたが、そのときにあるお客さんから声をかけていただきました。

「友人のカフェがオープンしたので、お祝いに生演奏をプレゼントしたい。」だそうで。それで、わたくしご指名していただいたのです。なんたる光栄!こういうの、ほんとに嬉しいですね。

それで、話を聞いてみたら、そのカフェというのは、一緒にライブをやっていた、サックス奏者松本卓也が以前住んでいた建物の一階であると。

その建物は、ぼくはとてもお世話になりました。鬼頭哲ブラスバンドで遠征するときの拠点になったりして、何度も泊まらせてもらったのです。ごく初期のチューバマンショーで大騒ぎしてる写真とかあるなあ。

さらに、そこには、国際色豊かな住人が住んでいて、その中の一人の謎のブラジル人に、謎のCDを貰って、そのCDがぼくの人生を変えてしまうくらい好きになったり。また、屋上でバーベキューパーティがあったとき、ぼくも参加したんですが、合気道をやるという日本語が達者な大柄のアメリカ人に酔っ払って挑んでいって投げ飛ばされたり。

とにかく、思い入れがたくさんある場所なんです。

で、当時、アメリカに住んでいて、一時帰国中だったマスターとも何度か会ってるなあ。

そのオープニング記念演奏の下見と打ち合わせに行ってきました。

見慣れた建物の一階にかわいらしいカフェができていました。

Smiley Spoon (スマイリースプーン)
愛知県春日井市若草通3-53 ℡:0568-82-0704 Time:10:00~20:00

あ、検索するとSMIEY SPOONで出てくるなあ。誰か間違えたな。

これが、サイドイッチのテーマがアメリカ南部で。
バーベキュー味や、ケイジャンチキンとか。ケイジャンは、ニューオーリンズのほうの食べ物ですが。
懐かしい味でした。たまらん。

コーシーもおいしくて、さらに上に住んでるアメリカ人さんと話が盛り上がったりして、思いのほか長居してしまったのでした。打ち合わせもちゃんとしましたよ。


1月28日(土)の15時から、二時間程度演奏させていただきます。
飲食代だけで見ていただけますので、こぞってお越しください!
  1. 2011/12/19(月) 01:25:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽市ジャズ楽団パート練習

昼間、鬼頭ブラスのサックス奏者であり、マイコン部長のやっさん宅にお邪魔して、録音物やらなんやらの相談にのってもらう。以前、秋葉原でマイクのケーブルを探している時に、ちょっと意見を聞こうと思って電話したら、やっさんも秋葉原にいた。という伝説の人です。さらに、ぼくが居る場所を伝えるのに(ぼくは、秋葉原は不案内)

やっさん「そこから見える景色を教えてくれ」
照「えーっと、どこどこの看板と、こういうお店と、こういうお店が見えます。」

と言ったら、5分で来てくれたという伝説の人です。

自分が聞きたいことに全部答えが帰ってくるって楽しいなあ。しばらくため混んでいた疑問やらなんやら晴れました。




夜は、岐阜市主催の市民ビッグバンド、楽市ジャズ楽団の上級者チームのパート練習に行ってきました。自主的なパート練習です。パチパチ!

昼間は立派にお勤めの皆様ですが、かなり演奏ウマくて、立場ナシです。もう、ホントに細かいことしか言うことナス!なんか、指導する立場って何が嫌かって、どうやっても先生と生徒みたいになっちゃうんだなあ。当たり前だけど。音楽のことに関しては、ぼくの知ってることは全部さらけ出すんだけど、この時間が終わっても先生になってるのは嫌で。むしろ、ぼくの知らないことをたくさん教えて欲しい。

なんとかならんだろか。すりガラス越しにボイスチェンジャー使って指導しよか。パペット使って、ぼくは机の下に隠れてやろうか。
  1. 2011/12/18(日) 21:06:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

セントラルジャズオーケストラ

名古屋に新しく設立されたビッグバンド、セントラルジャズオーケストラのライブでした。バストロで参加。人数の多いバンドっちゅうのは、リハーサルの日程合わせがすでに大変です。何回かリハーサルを重ねてきましたが、まだ全員揃ったことがないので、当日にもみっちりとリハーサルを、します。13:00入りで、17:00過ぎまでやってたかなあ。ものすごーく細かい所までニュアンスやらイントネーションやら合わせて。それだけで神経だいぶすり減りますね。開場時間から、開演時間ギリギリまで、一人で街をぶらついておりました。誰かと話してたりすると、脳味噌がリフレッシュできなくて。

前回の旗揚げ公演に引き続き、満員御礼のお客様。ありがたいデスねえ。本番始まりまして、異変に気付く。暗くて譜面が見えない。リハーサルの時は、客席の電気もついてたのね。どんどん夜目が効かなくなってきてますねえ。あぁ。こればかりは筋トレしてもしょうがないもんなあ。

他のメンバーの皆様は、暗闇でも譜面見えてるようです。暗くなるのも予想できていたかのような振る舞い。ジャズ~!ジャズですね~!ぼく、あんまり暗闇に慣れてないなあ。これはイカン。

今回のライブのテーマはエリントンでした。みんな可愛いよね。楽曲が。現在にまで受け継がれている表現。この音楽が流行っていた当時の演奏スタイルを再現するというのは、ものすごく楽しいものですよ。
エリントンの他に、クリスマスソングなどもやりまして、曲数多い割には、バラエティに富んでいたのであっという間に終わりましたねえ。

終演後もお客さんやメンバーとゆっくりと話して。またつぎ、違うステップに行けますよーに!
  1. 2011/12/17(土) 23:19:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

男のパンデイロ時代

ぼくは、割と静かな田舎町に住んでおります。

今日は、パンデイロの日でした。
ワイフーは、クラシックのトロンボーン吹きでして、パンデイロシフトというのをばっちり組んでやっております。

買い物や、ATMに行く用事があり、パンデイロに(おされなシティ派)ストラップをつけて出歩いたのですが、このシティ派ストラップというのが、まあ自分でもこのあたりでは見たことないなあ。しかも、男がパンデイロストラップをつけて叩きながら歩くという光景は、この町では珍しいらしく、いろんな人に声をかけられます。
ぼくもぼくで、この季節、外を出歩く姿はほとんどアウトドア系のものなので、そりゃ奇異でしょうなあ。

「あれまー!最近は男の人もパンデイロ叩くのかね!ちっちゃいの?」とか聞かれたり。
「いや、そこそこ大きいですよ。3ヶ月くらい叩いてます。」と答えたり。

しっかし、平日の真昼間とかだかんね。そのうち名物になってるかもなあ。
  1. 2011/12/15(木) 00:20:49|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東京断念も夢いっぱい

ちょっと風邪気味になってから、咳止めのクスリ飲んでます。

いつもなんですが、咳が長引いて、クスリを飲まないとずっと喘息みたいになっちゃうんです。
当然、演奏にも支障があるので、なるべく早くやっつけちゃうようにしてます。

で、今回も一番初めに貰ったクスリでは、全て症状治まらず、咳だけ残ったので、また医者へ行って咳のクスリ出してもらいました。

大人が咳止めシロップ飲むっちゅうのは、なんだか、うれしはずかしみたいな感じがあるんだけれども、今回出してもらったのはマズかったなあ。「ちょっと強いのにしておきます」と言われたんだけど、甘くてしょっぱい!結構しょっぱい!これは子供飲まないでしょう。

ほんで、そのクスリが結構強いらしく、夕飯の後なんかにクスリを飲むとモーレツに眠くなるのです。

あんまり頭が使い物にならないもんだから、いっそのこと寝てしまえ!と横になると、咳が出て目が覚めると。

こういうことを繰り返しているんですが、そうすると、夢をたくさん見るんですねえ。
これが、割と楽しくて、わざわざ夢の導入部分を見て、無理やり起きる。なんてことをしてました。

本当は、どんな夢を見たか、キーワードだけ書き留めてからまた寝たら、どんなに楽しいかと思ったんですが、そんな脳ミソも残ってませんでして。立て続けに10本も20本も映画を見たようで。ちょっとアブナイね。ぼく。

本当は、今晩、夜行バスで東京へ行って、明日一日、動き回って事務手続きやらなんやらして、また夜行バスで帰ってくるつもりだったけど、体調を重視して断念!


あ!良いニュースは、年末の恒例焼肉屋さんのパーティに、東京から斉藤拓人、木村トモカ、柳川タカシの3人がやってきてくれます。ということは、去年のアレがまたできるわけです!




12月30日は、焼肉美光で忘年会ですよー。
参加できそな方はご連絡くださいませ。

6千円(焼肉コース料理、飲み放題ナシ)
7千円(焼肉コース料理、飲み放題あり)
  1. 2011/12/14(水) 23:21:14|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

愛のある楽譜

ちょいと、とある学校へでかけまして。
ヤングのアンサンブルなんか見させてもらう機会がありました。

「なにやる?スコアある?」なんて話しましたら、「これです。」と、金管アンサンブルのスコアが出てきました。

パッとみて、「あ!これは丁寧な楽譜だなあ。愛があるなあ。」なんて感心しちゃったのです。

楽譜に愛があるかどうかは、すぐわかります。丁寧にレイアウトされていて、めくりのタイミングなんかまできちんと配慮されていて。

ほんで、そう思っちゃった後に気づいた、その楽譜、自分で作ったやつでした。

そもそも、この学校のためにアレンジして、アレンジした結果のアンサンブルを見て欲しいという用件だったのに、ついつい頭空っぽのまま、スコアを手にとってしまったのです。まー恥ずかしい。気が抜けてますね。

でも、自分で作った楽譜も半紙なんかに印刷されてホッチキスなんかで閉じられていると、わかんないもんですねー。

しっかしまあ、自分で見て「あ、いい楽譜!」って思ったのは、自分の好みの感じにしているから当たり前ではあるんですが。人が見ても「いい楽譜って思ってくれますよーに!」


  1. 2011/12/13(火) 22:15:35|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トロンボーンパート練習

17日(土)に本番を控えました、名古屋に新しくできたビッグバンド「セントラルジャズオーケストラ」のトロンボーンセクションのパート練習を豊明市にて。このパート練習っちゅうのが、全体練習よりも好きだなあ。

今回は、本番とは全然関係のない、クラシックのトロンボーンカルテットの楽譜を、やったりして。基本的なアンサンブル能力を高める訓練です。これ、なかなか一人じゃできないし、ビッグバンドの大人数になると、セクションごとのバランスになってくるので、セクションが揃っているのは、前提なのですね。

というわけで、クラシックのカルテットの楽譜、持ってきたのだけど、一つ問題がありました。音域が高すぎることと、ジャズ吹きのインC読みの人は高音域を表記するテナー記号に慣れていないっちゅうことですね。

基本的な、コラールみたいなトロンボーンカルテットの、ジャズバージョンってないのかしら?あ、作れば良いのか。ジャズスタンダードのコード進行だけ借りてきて、それに即した感じで、曲としても成り立つようなものを作れば、これは、広く音楽を志す青少年のための練習用の教材として使ってもらえるかもなあ$$。これは、手間もじぇんじぇんかからないし、是非やってみよう。社会のために。$$。出版してみよう。未来のために。$$。
  1. 2011/12/12(月) 11:56:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クローバリズムフェス

クローバリズムフェス当日。

"クローバリズム(クローバー+リズムの造語)とは、発達、知的などのしょうがいのある子供が、親子で楽しめる音楽会を企画、運営していく組織。幸運をもたらすリズムをみんなで鳴らして、自由に音楽を楽しみましょう!"
(運営の方の文章を引用)

昨日は、遅くに終わったライブの後の打ち上げもほとんど出ずに、早く寝ました。

朝イチで「モフー!」と鼻息一閃、元気一番で起床。

大府市の会場へは9時入りということですが、それまでに、機材の積み込み(昨日やっておけ)衣装選び(ほぼ昨日のまま)、パンデイロを預ってもらう準備(これだけはなんとも)をやらなければいけないということで、朝7時に起きて。

途中でピアニスト石原みえさんピックアップして。(なんともまあ、パンデイロの上手で助かりました)

演奏会場近くの主催者さんの関係の御宅にパンデイロ預け。(←わけのわからない方、すみません。そろそろ飽きてます。)

ババッとセッティングして、簡単なリハーサルして、簡単な打ち合わせして。

会場はあっという間に70名のお客さんで埋まりました。

ステージのすぐ前方はゴザ。そしてその後ろに客席というセッティングでした。
ゴザの席は、もう手を伸ばせば届くカブリツキの距離です。こういうのイイですね。
自分なら、ぜったいここに座る。

1時間弱のプログラムは、3部構成。

前半は、こどもだからと言って手を抜かないぞ!という、多少(?)緊張感を持った選曲。
中間部は、楽器の簡単な説明と音の出るしくみや、振動を体で体験するコーナー。そして、簡単な楽器作り。
後半は、やっぱりみんな好きな曲で歌っちゃおう!楽器もやっちゃおう!

という感じにしました。

cloverithmfes_20111212231130.jpg

一部、まずは軽めに一曲吹いて、様子を見て。いきなりドン!とボリューム大きいのは、至近距離ではやめておいたほうがよいのかな。まずは慣れてもらうところから。その後、だんだん食いついてきてくれまして、手拍子ももらって。音には非常に敏感な子が多いという事でしたが、手拍子のテンポかわブレず。これはちょっと驚きましたねー。

2部では、楽器のごく簡単な説明と、音を体で体感して貰うコーナー。なんて事は無い、ベルを子供のお腹やお尻にくっつけて「ブーッ」とやるだけです。腸の働きも活発になって翌朝のお通じ快適なこと間違いなしです。写真は、取り囲まれるの図。そして、簡単なカズー作り。これは、ボーカリスト富安さんから教わったもので、市販のカズーより良いものが簡単にできます。ちょっとした道具が扱えるってテンション上がりますねー。

3部は、クリスマスソングや子供向けの唄をズラズラーっと。カズーや手拍子で自由に参加してもらって、演奏者のすぐ、横にまできてもらって。

歌詞のある曲は、ピアニスト石原さんがガンガン唄ってたんですが、そうすると、子供の興味が、楽器を吹いている人よりも唄ってる人の方に向くみたいで、子供は、石原さんの方に集まっちゃいました。まあ、楽器は旋律吹くだけだからなあ。悔しいところですわなあ。これをどうにかずっと惹きつけておけるような方法があるだろか。。。

ごくごく個人的な歌詞に対する羨望はありましたが、楽しく終わりました。終わってから、参加していた方から、また別のお話が、いただけそうです。

ベルをくっつけてブッーとやっていたのが良かったようですが。子供がわーっとじゃれても大丈夫な楽器って考えて見たら少ないかも。コントラバスの人が、子供に楽器の筐体に耳をくっつけさせて。というのは聞いたことあるなあ。これも面白そうだなあ。ラッパの類の場合、ベルの大きさやら、形やらでユーフォというのは子供と遊ぶのに一番良い気がするなあ。そういう楽器で良かった良かった。

お昼過ぎには、本番を終えまして、主催の方々とご飯食べて、パンデイロをピックアップして帰宅しましたー。
  1. 2011/12/11(日) 23:12:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バレンタインドライブ二周年記念ライブ

朝方、ものすごい悪寒がして起きて。体温計ったら、8度2分。掛かりつけの医者が土曜日は午前中だけ診療しているのを思い出して、トボトボ歩いて行き、また熱を計り治したら、8度5分。もう、半分とろーんとしてました。待合室にいたら、「こちらでお待ち下さい」と隔離された部屋に通されベッドに寝かされ。こんなの、まるっきりインフルエンザの初期症状ですわなあ。横になりながら、今晩のライブのこと、明日の演奏のこと考えて。演奏は振り替えがきかない。かといってインフルエンザ状態で行くなんてもってのほか。どうしよう。。。打開策を一生懸命考えてました。

検査の結果、インフルエンザではないと。取り敢えず、解熱やらなんやらの薬を出して貰って様子を見るということになり。結果を聴くまで、生きた心地がしませんでした。改めて体調管理の責任の重さを感じたのです。

その後、また歩いて家に帰る頃には、何だか
スッキリしていて。クスリ飲む前に熱も下がっていたようですが。大事をとってクスリ飲んで夕方まで寝てました。ほしたらば、すっかり良くなっていて。
「あの熱は一体なんだったのだ!」ということに。

過去に、とあるラーメン屋で、薬草が何種類も浸かった香味油というのを、面白がって若気の至りで、一瓶入れたことがあって、その晩、信じられないような高熱が出たことあるけれど。

まあ、やれやれ一安心ということで、ライブ会場へ。

これまでにもライブやらせてもらったことのあるバー、バレンタインドライブへ。

メンバーは、ほぼ、昨日のメンバーですが、一番の違いは、今晩の仕切りが、お店のマスターの同級生だというサックス松本卓也であるということで。まあ、仕切る人が違えばライブ内容が変わってくるという面白い2日間ですね。ステージも無く、お客さんとの距離も近く、よりアットホームな雰囲気でお客さんと喋りながら、冗談飛ばしたりしながら。完全に、ショーを見せるというスタンスの昨日とは対照的で。セッション的な要素がグッと高くなって、さらにお店のお祝いムードというのも相待って。

ほぼ終電で帰りましたー。
  1. 2011/12/10(土) 00:21:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Alley 遊ぶミュージシャン



夏に名古屋と東京であったイベント、Alley(パーカッションのほりさきまるちゃん主導)と遊ぶミュージシャン(ギター斉藤タクくん主導)の二つが合体して名古屋で開催されました。

ボーカリストに柳川タカシ、平井あみを迎えて、ホーンセクションとリズムセクションで盛り上げます。曲は、東京公演でやっあものなので、いくらか余裕ありました。(ホーンセクションの楽譜作るの、ニュアンス揃えるの、大変な作業なのです。)

サウンドチェックもリハーサルもさっさと終了して、本番までの間、なんだかみんな、思い思いに遊んでました。ぼくは、近所を散策。新栄っちゅうのは、普段用事ないですね。
本番会場の一番近くの「これはダメだろう!」というラーメン屋に入ったら、ほんとにダメでした。他の店の愚痴を言う店主から、マイナスのエネルギーを貰って楽屋に帰ってきたら、皆さん楽しそうにしてて。(写真参照)あっという間に相殺されましたねー。楽しい。

本番は、しっとりとじっくりと。するどく。たくさんの方に来ていただけました。
メインのボーカリストさんは、2人なのですが、他の皆も、唄ってました。8時スタートの、3ステージ。合間には、不透明人間というユニットさんのパフォーマンスもあり。(この人たちが、実に人間臭い良い人達で。まいっちゃったなあ。)盛りだくさんのライブでした。
  1. 2011/12/09(金) 09:59:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いろいろ決まる

今をときめく、ザッハトルテのアコーディオン弾き、都丸さんから先月末に連絡を頂きまして、今月末に急遽、共演させていただくことになりました。名古屋市内のカフェでベリーダンスのイベントです。それのレパートリーについてのやり取りして。まだまだ知らない曲ばかりだなあ。27日はカフェデュフィーですよー。

2月半ばのチューバマンショー、レコ発ライブ関西ツアーもほぼ決まりました。
2月チューバマンショー関西ツアー
14日京都
15日大阪なんばドルチェ
16日神戸市塩屋グッゲンハイム邸
17日大阪難波ホロホロ
18日西元町サイタサイタ

こんなに移動距離が少ないのも珍しいですね。

それから3月末に、関東でのお誘いも。世にも珍しいユーフォバンドさんに呼んでいただきました。

いろいろと本日、立て続けに決まったけど、久しぶりにやっちゃってるなあ。あれ。忙しいくて、次の月の予定かすっからかん状態。大丈夫か!1月!
  1. 2011/12/08(木) 01:45:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽市ジャズ楽団

なんだか、レッスン部屋がものすごく乾燥していて、動く度に服がバチバチいうので、一枚脱いでいたら、なんだか鼻の奥が腫れてしまった。このまま風邪ということになると、家で隔離されかねないので、今、風邪は非常にマズイのです。こういう時、ぜったいに楽器はダメです。

積極的に乾燥した空気を幹部に当てることになるので、絶対に悪化するのです。が、そんなことをいってられる筈もなく。

夜は楽市ジャズ楽団の練習。本番が近づいてきました。皆さん、ずいぶんとスタイルが板についてきましたね。その状態だったら、ミスしてもミスに聞こえないんだなあ。あと少し、頑張りましょー!ということで、バッチリ症状悪化させて帰りました。
  1. 2011/12/06(火) 18:47:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

休めない

一週間に及ぶ遠征を終えて、今日はお休み。なーんにも無いので、昼過ぎまで寝てやるぞー!と気合いをいれてたのですが、まあ、一週間も早起きの生活してたから、朝早く起きちゃうんですね。そうなってますね体って。

昨日までの洗濯物とか、クルマの中の掃除とかはまだやる元気がなく、ほったらかしに。久々のパンデイロ練習は、一週間たったら、音色が変わってちょっとチューニングが低くなってました。

夜は楽譜仕事。あっという間に日常がはじまりましたが、テレビなんか見ず。見る気にならず。ああ、まだ佐久間の楽しい感じ引きずってるなあ。
  1. 2011/12/05(月) 18:38:52|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バリチューで浜松最終日

昨日まで一緒だった、浜松出身のユーフォ奏者の小久保まいさんが、「せっかく浜松にいるんだから」と演奏の機会をくれました。中学校で行われる、アンサンブルクリニックの最後にあるミニコンサートで、バリチューの演奏です。クラリネット四重奏、ユーフォチューバ四重奏、金管五重奏の3団体の出演です。

午前中にリハーサル。まだ昨日のテンションを引きずっているので、なんだか笑いのテンションが可笑しい気もします。

チューバの二人のうちの一人は、昨年、佐久間に一緒に行った方でした。

その、どうも変なテンションでリハーサルしていて気づいたのですが、小久保さん以外は、顔が濃い!自分も、まあ濃い方だとは思っていたんだけど、比べ物にならないくらい濃い!のです。

「これは、是非写真を撮りましょう」ということになったのだけど、今やってしまうと、笑って笑って演奏が成立しなくなるかと思って、とりあえず、演奏後に撮ることにしました。

クリスマスソング(と冬にちなんだ曲)三曲を演奏します。

曲目解説のMC(おしゃべり)の「受験シーズンになりました。それではお聞き下さい。(アンダーソンの)『そり滑りです!』」という案は即、却下されました。

お昼になって、他のメンバーの皆さんは、講習会場へ講師として散って行きましたが、演奏要因のぼくは、近所のスーパー銭湯で一息。普段は、のぼせるのでこういうところは、入ってもすぐに出てしまうんですが、寝ながら入れるお風呂があって、2時間くらいゆっくりしてました。

で、ふにゃふにゃになって、会場に戻り。

出番はあっという間でしたが、演者と聴きての距離が近い、ライブのようなステージになりましたねー。小久保さんの出したかった雰囲気というのが、よくわかりました。

本番後、写真撮影。

その、成果はコレ。




これはイイでしょー!

また、何かやりましょう。具体的に動きましょう。取り敢えず、日程の連絡します。と、約束して、浜松をあとにしました。

途中、眠くて休憩したりしながら、一週間ぶりに我が家へ帰宅しました。まー、家のご飯の美味しいことー!
  1. 2011/12/04(日) 15:13:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

JKウインズ最終日

宿舎で朝ごはんを食べて、チェックアウト済ませて外に出て見たら、昨晩は荒れていたのか、クルマがもみじまるけでした。会場へ向かう山道も葉っぱまるけです。

朝から、本番通りのリハーサル。曲も全て通しました。町の演奏家の皆さんもしっかりワルツやらポルカのリズム感が体に染み込んでいるようで、ヤイトラーさんが20年以上の時間を費やしてきた、長い時間の重みを感じます。リハーサルの進め方や、雰囲気の作り方なんかも、もう感動してしまうほど、暖かいんです。そりゃあ、良い演奏になりますよ。
これが、さらに高校生や、小中学生に受け継がれていきますように。
リハーサル終えた時点でかなり疲れておりましたが、休憩時間、休まず。ちっとも休まず。抜けがけしてお蕎麦食べに行って、帰ってきてからもなんだかテンション高く、ずっと喋りっぱなしの笑いっぱなし。チューバ谷口とユーフォ小久保さんの3人で、恐らく他の人が「なんだあいつらは」と呆れるくらい笑ってました。あのテンションはなんだったのかなあ。。。

本番、一部はポップスなどの日本の歌の演奏。二部は、ワルツ、ポルカ、マーチなどの演奏。全部で何曲あったのかなあ?というくらい曲数多かったのですが、あっという間に終わった気分です。
終演後、ステージ脇で笑顔でヤイトラーさんが、出演者一人一人を労ってました。

本番終演後は、そのまま懇親会へ。これがまた、いろいろな出し物があって、毎回楽しみなのです。自分達も演奏して。ほんとは、もっとおしゃべりしていたかったのだけれど、こちらもあっという間に時間が過ぎでしまうんだなあ。

これ、今回は、夜19:00に解散なんですが、その予定を聞いたときには?「え?もう一泊して呑んで遊んでいけということか?やったー!」と思ったんですが、なかなかそういう訳にもいかず。メンバーと楽器を満載して浜松市内まで帰りました。帰りの車内も笑いっぱなしで、最後の最後まで、ほんとに笑いが絶えず。

夜は、友達のカフェにてお世話になりました。

今回も楽しかったなあ。ありがとうございました。
  1. 2011/12/03(土) 15:22:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

KJウインズ5日目

これまでのリハの進み具合いや、まあいろいろな兼ね合いがありまして、午前中と、午後一の練習が無くなりました!4時まで自由行動です。が、一応バンドで動いているので、団体行動してるフリひて、ぬらりくらりと好きなことしてました。温泉に入る時間は、近所(と言っても8キロ離れてたけど)の蕎麦やを攻めたり。

街に帰ってきてからは、独りで散策。面白いと思うことの判断基準がズレてる自覚はあるので。なんてこと無い坂のなんてこと無いお地蔵さんの横の見晴らしの良い場所にずっとおりました。久しぶりにゆっくりしたな。

リフレッシュして拠点に帰って、またメンバーさん達と遊んで遊んで。
夕方からは、きっちりとリハーサル。明日のコンサートは、地元の吹奏楽倶楽部さんや、高校生も混じっての本番です。散歩してるのを、地元の方に見つかって、「どこにいってたの?」と聞かれ、「どこどこのなんでもない高台のベンチがあるところ」と応えたら、「あ、そこはわたしもゆっくりしにいきます。」なんて言ってました。なんだかこういうの、嬉しいですねー。リハーサル、精神的な余裕を持って終了することができました。明日で終わるのがやはりさみしいなあ。
  1. 2011/12/02(金) 23:58:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

KJウインズ4日目


午前中は、介護施設にて訪問演奏。
演奏しだすと、パーッと顔が明るくなる人がたくさん居て。なんだか、今更なんだけど、人に喜ばれることをできるって幸せだなと思う。

その後は、夕方まで空き時間だったので、ユーフォ奏者の小久保まいさんのプロモーション動画撮ったして遊んで、さらに、お楽しみの佐久間ダム観光や、前回、ひとりで探検して見つけたスポットなんかに遊びに行ったりしました。

http://www.youtube.com/watch?v=vQhhBVEnJHQ&feature=youtube_gdata_player

ほかにも遊んで撮った動画出てくるので見てやってください。

夕方からは、夜のコンサート第一弾の練習を本番会場の、隣町の公民館で。これが、楽譜を練習会場に忘れてきて、役場の方に持ってきてもらうという失態をやらかしましたが。何かしらやらかします。たるんでますなあ。

今までの、学校訪問演奏では、カールヤイトラーさんも演奏していたため、割りとあっさりとした内容だったのが、コンサートでは、ヤイトラーさんが指揮をするため、音楽的な内容が、グッと濃くなりました。テンポとか、強弱なんかはもちろん、リズムの訛り方なんかも腕の動きに出ていて。勘でやっていたところも、随分と狙えるようになりました。まあ、やっぱりそうしたら、楽曲の愛らしさもグッと増すわけで。

本番は、半ば楽曲に感動しながらあっという間に終わりました。


時間が空くとね。ここぞとばかりに、休まないで遊んでしまうからね。体力的にはヘロヘロですが、実に充実してます。
  1. 2011/12/01(木) 22:51:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0