GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

CJOリハーサル

昨晩、寝付く直前に「あ!面白いこと思いついちゃった!」と、何かしらひらめきがありまして。「忘れないように!」と、明日の自分に向けて、メモを枕元の携帯から、自分のパソコンアドレスにメールを送ったわけです。いきなりですが。

今朝、パソコンを開いてみたら、昨晩の自分から
「シチューの社長」

とだけ記されたメールが届いていた。なんのこっちゃ。

午前中からセントラルジャズオーケストラのリハーサル。朝から鼓膜に刺激です。前回、満員御礼でした、このバンドのライブ、次回はエリントン作品が中心のライブになります。カワイくて、気取っててやっててとても勉強になりすわい。
  1. 2011/10/31(月) 23:42:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ポリゴン楽団

朝9:00から春日井市にてリハーサル。わらべうたや童謡が題材のジャスバンド、ポリゴン楽団です。毎回毎回、新アレンジが出てきてスゲーです。今回、リハ現場に到着しましたら、リーダー奥村さん、なにやらバタバタしておりまして。聞けば「いま、新しいアレンジのアイデアが出てきて譜面を作ってたんだけど、プリンターのインクがなくなって諦めたとこ」だそうで。きっとそういうもんですね。「いまからリハーサル!」というテンションはやっぱり通常のものとは違って。この状態だからこそ出てくるものってあると思う。まあ、残念なことに、普段は難なくやってのけているような事務作業ができなくなっちゃってるので、なかなか効率悪いんですが。あ、これはぼくの話です。それは次回のお楽しみということで。

それでも、新曲2曲のリハーサル含めてきっちりやりまして。そのまま、本番会場のカフェへ。ここでも簡単な打ち合わせ程度にリハをして、そのまま本番です。ちびっこのファンがたくさんいるので、お昼の公演なのです。

たくさんのお子ちゃまとお父さんお母さん含む、老若男女の皆さん来てくれましたねえ。今回は、特にお子ちゃま向けの選曲ではなかったですが、それでも食いついて来る子はいますねえ。

あっという間に2ステージ終わりました。奥村さん、もう来年の年間計画立ててました。うーん、これはぼくもやった方が良いのだろうなあ。あんまりにも場当たり的だもんなあ。とりあえず、来年の手帳買いましょうそうしましょう。
  1. 2011/10/30(日) 09:32:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンシヨー大阪公演

チューバマンショーライブ@大阪なんばの絵本カフェホロホロさん。もう、ホロホロさんでのライブは3回目になりますか。暖かい人、暖かいお店!もう、大好き!

今回のライブのスペシャルなことは。なんといっても、ニューアルバムにイラストを提供してくれました、切り絵作家さんの、キイロノハサミさんの原画展示と、作品販売でしたのです。もう、メロメロです。かわいー!この日の為に、チューバマンショーグッズも作ってきてくれました。

たまらーん!売れませんように!でも売れますように!と、複雑な思いです。

ライブでは、初めて、ニューアルバムの曲を全曲やりました。全部が全部、ライブ向けの曲ではないので、どういうことになるかは、蓋を開けて見ないと分からない感じでしたが。全曲やって1時間10分。喋りながらですが、なんとかいけました。これは!ホールでやってもよいなあ。

後半は、チューバマンショークラシックスとして、いつものライブの感じで。あたらしいネタも誕生しました!新しいことが産まれるのは、ライブから!気持ちいいです。ネタでも。

終演後、1時間ほどみなさんとおしゃべりして、ギリギリセーフで近鉄の終電に飛び乗る。9時半て!早過ぎる~!

次回、四月頃にまたやらせていただくことになりした。キイロさんが、個展を開くことになりまして、その期間内にということです。うわ~!うれしい~!個人的にキイロさんのファンなのです!こらたまりません!
  1. 2011/10/29(土) 23:02:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ニューライフツール

ニューライフツールハズカムドットコムです。
ニューライフは楽しく忙しくやっですが、ハッキリ言ってこんなタイミングで、ニューライフツールいじれません。あぁ、煩わしい。

夜はエビスカフェでライブ。東海道スモッグブラス初登場です。いままでいろんなバンドが登場しましたが、間違いなく、最大音量でしょう。エネルギーほとばしる系は、カフェではどうやりましょうか。特にドラムに工夫が必要だったんですが、スティックを竹ひごに持ち替えたり、シンバルにガムテープ貼ってミュートするなどして、勢いを損ねることなく、音量おとしました。モチロン、それにみあった叩き方できなきゃいけないんですが、そのあたりは、ナイス近藤くんでした。お客さんは、リピーターの方も多く、好い加減、耳が肥えていらっしゃると思います。そんな中、エネルギー迸る系は、どのように受け止められるは、ちょっぴり不安でもあったんですが。。。
始まって見たら、なんてことなかったですねー。何の色眼鏡も無く受け入れられました。よかったよかった。

今日は、お気に入りのジャージでステージでるつもりだったのだけど、ティーシャツ一枚ででてきてしまって。さむくてしようがなかったので、近所のユニクロで、羽織を買ったんですが、その後、
マウスピースを忘れている事に気づいて取りに帰った。また無駄に同じ様な上着がふえたなぁ。

iPhoneから送信
  1. 2011/10/28(金) 12:52:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

休暇最終日

今日の一句

子の背中
あやすフリして
パンデイロ
  1. 2011/10/26(水) 12:57:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

きたくーー!

お昼前に石川県小松市を出る。

なんだか駅前に、「世界最大のダンプカー」というのが展示されているんだけれど、結局見れずじまい。重機ラブなぼくとしては、後ろ髪引かれる思いですが、そんなもん、現状見てみればしゃあないですわ。

順調に高速を帰ってきまして、伊吹サービスエリア。いつだったか、(滋賀県の長浜なのに)お土産コーナーに(ばっちり九州の)「長浜ラーメン」が売っているのを見て、「これは!」と思ったことがあるのですが、久しぶりに立ち寄ったら、軽食コーナーのメニューに長浜ラーメン(九州の)がありましたね。もう、ここまで来ると、次の展開に期待できますね。(中華人民曲和国の)長浜ラーメンとか出てこないかな。中国にそういう土地があるかどうかは知らないけど。

無事に帰宅して、いろいろと買い物なんかして。


ところで!

日本語で言う「おしゃぶり」ですが、アレ、赤ちゃんに勧める?ときに「チュッチュ」とか言うと思うんですが、どうでしょう?

あれですねえ、英語では「pacifier」っちゅうんです。「パッシファイアー」とか、こんな発音。
これ、ぼくが見てきた限りでは、アメリカ人が赤ん坊に勧める?ときにも「pacifire」っちゅってたんですね。

ほんで、「日本人が「チュッチュ」で済ませてるものを、あの!省略するの大好きなアメリカ人が、何故、短いパージョンの単語を作っていないんだろう?使っていないんだろう?」「そもそもpacifireとは、何をするモノという意味なんだろう?」

というわけで、調べてみましたら「調停者」とか「なだめる人」ですって。

「pacify」がいらいらや怒りを鎮めるとか、(軍事を使って!)平和をもたらすという意味だそうで。
http://oxforddictionaries.com/definition/pacify
きっと「太平洋」の「pacific ocean」あたりも語源同じところでしょうね。

これは、圧倒的に「おしゃぶり」「チュッチュ」の分が悪いですね。負けた!



飽き足りずに、さらにこんな所もしらべてたら!
http://en.wikipedia.org/wiki/Pacifier
大人が使うと、いびきを軽減、または無くす効果があるみたいですよ。(の、すぐ上!)
いやー、ウィキペディアはいろんな癖を持った人の主張が入ってて楽しいですねえ。
  1. 2011/10/24(月) 22:06:15|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

楽譜と掃除と石川

数時間寝た後、楽譜の手直し作業をしてメールで送って。

ここから、結局後回しにしてしまった大掃除をババッと。
捨てて捨てて、「よくもまあ、こんな穴の開いた靴下をまだ履こうとしているなあ。」なんて靴下なんか(自分のね)捨てて捨てて。

なにかしらモノを動かす度に出てくるホコリに「ギャッ」と悲鳴を上げて。それでも全部掃除して。

大急ぎで身支度して、ご飯も食べずに大急ぎででかけて、高速道路に乗る前に「しゃーない!」と入った、いつもは入らないようなハンバーガー屋(そもそもハンバーガー滅多に食べない)で30分待たされて。

まあ、慣れないことするとそんなもんですわ。
ここでガツンと気持ちに余裕ができてあとはゆっくり向かいました。しかしなんともまあ、グニャグニャとしたハンバーガーだったなあ。

8月、9月、10月と、3ヶ月で7回通った石川県小松市ですが、これでシリーズ最後です。
つまり、そういうことです。
  1. 2011/10/23(日) 22:51:13|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Poo



朝起きたら、自分が着の身着のままで「ドラマに出てくる典型的な死体の格好」でうつぶせで寝ていて朝から可笑しかった。


午前中、月イチでやっております練習会に参加。バストロンボーンの最終チェック。
途中で練習会を抜けて、昼前に久々の天白区のライブハウス、サニーサイドへ。

トランペッター渡辺勉さん率いるビッグバンド「Poo」のライブがありまして、最近、ヒーコラとバストロンボーンを練習していたのは、このライブのためでした。トロンボーンセクションには、あの熱帯ジャズ楽団の中路さんも!

(楽譜はもうずいぶんと前から貰っていましたが)一日でリハーサルして本番ということで、昼12時頃からリハを初めて終わったの17時頃?ライブの中身自体が3時間あるので、これくらいになりますわねえ。

ここで、ゆっくりと晩御飯。となれば良かったのですが。。。


実は、このライブ、演奏のほかに、いろいろな出し物がありまして。
紙芝居、イリュージョン、コントなど。

今回、これの一つというわけでは無いと思うのですが、「ユーフォマンの登場企画」というのがありました。
リーダー発案でなく、何度かこのPooを取材している管楽器雑誌「ブラストライブ」の持込企画のようでした。

ブラストライブが出している楽譜に、吹奏楽編成でもビッグバンド編成でもイケる楽譜というのがあって、いろんなところで演奏されているようですが、「それでは、ユーフォの入ったビッグバンドではどのような音がするのか。やってみよー!」という企画だったようです。


このハナシをいただいた時には、「あ、楽しそうですねえ。是非やらせていただきます。」と軽い気持ちで応えていたのです。ニューマスク製作中のため、アトリエに預けてあるユーフォマンマスクのことなんて忘れていたのです。

それで、今朝、マスクが無いのに気づいたんだけれども「まあ、これでいっか。お客さん、ユーフォマンはおろか、ユーフォも知らない人が大半だろうから。」と、いつ使っていたのだか解らない、昔々の使い古しのマスクを見つけて持っていってたのです。(ダイソーのマスクを自分で加工したもの。ひょっとして一代目?)

それが、リハーサルをしていて大御所の皆さんがバキンバキンに演奏していたり、東京からわざわざ編集長さんがボーカリストさんやカメラマンさん連れて来るというハナシを聞くにつけ、「これは、中途半端はマズイ」ということになりまして。(演奏はもちろん全力でやりますが、それ以外のところ!)

本番までの間に、急遽服飾デザイナーさんのアトリエまでマスクを取りに行くことにしました。


これがねえ、以前は、片道1時間かかっていたような道程が、名二環(名古屋をぐるっと囲んで走る、今まで普通だった部分が最近繋がった高速道路)、万々歳ですね。

大々的に宣伝しておきましょう。

サニーサイドはクルマでの便がとても良いライブハウスでーす!
最寄の出口「植田」から5分でーす!

もう一度、言っておきましょう。

ぼくは、サニーサイドにはクルマで気軽に行けまーす!
ぼくの場合、最寄の出口は「植田」でーす!

以前は、高速使っても、上社か焼山?だっけ?からものすごーく混んでたもんなあ。(名二環の工事のせいで)

悠々とご飯も食べることができ、バチンと気合入れて本番に臨みました。

満員のお客さんにどう映ったのか解りませんが、ユーフォマンもきっちり出演しました。
これがどういう記事になるのか、楽しみです。

長丁場だったはずだけれども、長く感じず。あっという間に3時間のステージ終わってしまった。

帰宅してから、明け方まで楽譜作り。でけました。
  1. 2011/10/22(土) 04:33:23|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

作曲お仕事から卒業式

11月に大阪であるコンサートで演奏される、チューバ4重奏の楽譜作りを朝から。

ずっと前から構想は練っていて、頭の中に形としてあったものを、コンピュータに打ち込んでいく作業です。
実際に楽譜にすると、多少のズレが出てくるので、その辺りの修正もしながら。

なんだか、久しぶりにものすごく「クリエイティブ脳」をフル回転で使ったみたいで、これまた久しぶりに脳ミソが痛くなりました。レコーディングなんかの時は、そうならないように、チョコを食べ続けるんですが、今は自宅にいて、別に、チョコの常備も無く、チョコよりは断然良さそうな、黒砂糖のカタマリをちょびっとずつ紅茶やお湯に溶かして飲み続けてみました。チョコより良さそうでした。

朝から夕方まで、一気に作業しまして、夕方から出かけました。

卒業式。と勝手に位置づけましたが、まあ、ニューライフハズカムがやってきたら(あまり私生活丸出しに出さないように書いてます)あまり無茶なことしなくなるだろうから。

最後の無茶~!

ということで、船乗りさんに遊んでもらいました。
口と胃と肝臓を使う遊びです。


終電でヨロヨロと帰宅してバタンキューだったようです。
いやー、実に最後の悪あがきっぽくて良いですね。
  1. 2011/10/21(金) 22:57:34|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

岐阜県高校公演

朝早く家を出て向かった先は、岐阜県岐阜城北高校。

なんだか「岐阜県城北高校」だとナビにひっかからなくて、おっかしいなあと思ってたら、岐阜城北高校なんですね。岐阜県にある、どこぞの城の北側ということではなく、岐阜城の北ということを主張しているのですね。
行ってみたら、なるほどそのままのロケーションでした。

今回の公演は、ジャズバンドで音楽鑑賞会への出演。

サックス、ユーフォ(トロンボーン)、ピアノ、ベース、ドラム。
の他に、ボーカリストさんとやなな。

やななというのは、岐阜市のやながせ商店街のマスコットで、全国的に人気のあるゆるきゃらさんであります。
今回、ご一緒させてもらっている、サックスの小島くんという人が、このやななのテーマソングを書いてたりするんです。で、小島くんが作ったという、他の岐阜県ご当地ソングなんかも演奏しました。

ぼくは、愛知にいますが、この岐阜県ご当地ソングなんかは耳に入ってくる機会もあったりして知ってました。
で、今日のボーカリストさんというのが、そのレコーディングアーティストさんということで。

リハーサルしてみて「あ、本物だ!」と、こうなったのです。子供の頃、アニメの声優さんがテレビに出てくるの見てぶったまげてましたが、あれと同じような感覚ですね。

そんなこんなで、ジャズと言っても、かなりごちゃ混ぜにいろんなものが入っていて、大盛り上がりで終わりました。しっかし暑かったですねえ。

終演後、ボーカリストさん含め、メンバーで楽屋で雑談してたのですが、このボーカリストさんというのは、よくトクゾーで名前をみかけるバンド「ぶどう÷グレープ」さんのボーカリストさんなのでした。

自分で自分の強みに気づいていて、それを前面に押し出して活動してる人ってステキだなあ。
初めてモノポリーズというバンドを見たときにもこう思ったなあ。

自分で「こうありたい!」と思ってる姿と、他人が見て「もっとこっちの路線に進めばいいのに」っていう姿がズレてる人もいると思うのです。まあ、ぼくが人を見る目なんて、所詮、自分だけの価値観に過ぎませんが。とても良い刺激を受けました。
  1. 2011/10/20(木) 22:28:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大好きなモノを見る人




先日、くにたち市でやりましたライブレコーディング「大福大録音」。
(CDでなく)アナログレコードをつくるためのライブをやりました。

そのプロジェクトリーダーのベーシスト熊坂義人さんから昨日、メールが有り。

・(先日レコーディングをした)ある曲に、お寺の鐘の音を重ねて入れたいので了承して欲しい。
・名古屋市内の、とあるお寺にある「歓喜」という鐘である。
・その作者はアノ芸術家である。
・現在は除夜の鐘でしか突いていないが、アポとったら、特別に録音と音源の使用の許可が出たので明日く予定だ。

という内容でした。

それで、その鐘についていろいろ調べているうちにハタと合点がいきました。

曲中に「歓喜の鐘が鳴る」という歌詞が何回も繰り返されていたのです。
レコーディング中は、ぼくはてっきり西洋風の「ガランガラン」という教会の鐘のことだと思っていたのだけど、これのことだったのかー!!

そんなね。誰かが命をかけて曲を作る題材になったようなものが見れるなんて。自分もそのレコーディングに参加してて、その命を張ったプロジェクトリーダーが、その現物を見に来るなんて。その現物が鳴るなんて!録音物の中で鳴るなんて!

これ、もし自分のプロジェクトだったら嬉しくて失神してますよ。
お寺側も、なんとまあ!心の拡いこと!(お寺の迷惑になると思うので、その辺りはご配慮お願いします。命がけが通じたんだと思います。)

そういえば、これの製作段階のミニチュアというのは、東京の記念館のテレビで何回も見たことあるなあ。まさか、こんなところに実物があるなんてねえ。

こんなに感動することはないですよ。命がけのゴイーンです。






ぼくは参加できませんでしたが、更なるテイクがあります。

その後は高いところに登って遊んだりして。
moblog_39e461e5.jpg
  1. 2011/10/19(水) 20:02:23|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

でたらめな人




バストロ強化日二日目。今日でなんとかしなきゃいけないのだけれど。

普段、みっちり練習っていうことをあまりやっていないので、まあ集中力の無いこと!
ちょこっと練習して、他のものに手を出して、お茶飲んで。
またちょこっと練習して、お茶飲んで、他のことして。

自分で呆れるくらい集中して練習してません。

6時間練習しました!偉いだろ!でも、内容的には30分です!みたいな感じだろうか。

いや、反復練習と言うのは、なるべく「一度忘れる」という行程を挟んだ方が効率が良いのです。
という言い訳をしておきましょう。楽器は少し鳴るようになってきましたが、もう一日必要だなあ。

夜は、名古屋の昔の商店街に新しくできた、お友達のお友達がやっているという沖縄居酒屋で、会議。
沖縄居酒屋では、他の人よりも、多少は威張って良いような気になるのだけれど、それ、まるっきり間違いですね。何か聞かれたら、沖縄のことほとんど知りませーん!
「ほんとはヤギ食べた方が良いですよ。」とか極端なことしか言えません。

スケジュール管理、ライブ告知に関してのシステムについて、新たなプロジェクトが発足しそうな感じです。
楽しみですねえ。

さて、沖縄居酒屋で会議ということは、会議始まる前からオリオンから始まりまして、そのままバブル盛へと入るのが礼儀なのです。会議しながら、バブル盛、じゃんじゃんいきました。

会議解散しまして。

ぼくには残された時間が少ないのです。

というわけで、もう一軒行きました。一軒ちゅうかなんちゅうか。解る人にしか解らない、ディープエキニシです。

とても日本とは思えないような、軒先の小さなテーブル。
デタラメな食べ物、デタラメな店員、デタラメな飲み物。
これは一体全体、どうやったらこういう造りの建物を作るんだ。
という、建物の建て方までデタラメです。
(写真で見る、テレビの裏側の上側にハシゴで昇っていくとトイレがあります。わかんないでしょ?)

ああ、ぼくはもうすぐこういうことを卒業するのだなあ。
  1. 2011/10/18(火) 21:02:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

バストロ強化練習


今週末のPOOというビッグバンドのライブ、バストロンボーンで出場します。熱帯ジャズ楽団の中路とかと同じセクションで、楽しみです。

この春から正式にバストロンボーン始めたんですが(いつの間にかバストロやることになってた)、やっぱりトロンボーンとはまるで別の楽器なので、苦労してます。

かろうじて、口は「ユーフォの下のほうの口」でイケてるので、なんとかなりそうですが、まだ楽器が鳴ってくれないんだなあ。。。原因はだいたい解っているのだけれど、すぐになんとかなるものでもなく。ああ、音楽のことでなく、楽器自体のことをこんなに練習しなきゃいけないのって、久しぶりでなんだか嬉しいなあ。

練習してたら、雑誌「ブラストライブ」の編集長さんから電話があり。
なんでも、このPOOのライブに企画で一枚かんでるらしいのです。
「ちょうど、それの練習してたところですー」なんて話してたら、「ユーフォを持ってきて欲しい。ユーフォマンも連れてきて欲しい。」ということになって。

なんだかちょっとヘンなことになってきましたが、それはそれで楽しみです。
やー、バンドの前でユーフォマンやるのやだなー。
ほとんどの人がユーフォマンのこと知らないのに。

「なんだお前は!?」で終わりそうだなー。
  1. 2011/10/17(月) 19:50:46|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

チクワ日和

本当は、某所にて、チクワの格好してトロンボーン吹いてる予定だったんですが、無くなってしまいました。

その某所で、ちんどんのお仕事をしていた、大阪のクラリネット吹きの瀬戸さんから「今日はチクワですか?」とメールがきて「いいえ、チクワ無くなりました。」「会えるかと思ったんですが。」「いえ、せっかくのチクワ日和なのに。残念。」と、朝からチクワチクワ言いました。

雨上がりの名古屋はまだちょっと路面が濡れていて、これがもう少し早くから晴れて路面が乾いてたら、危なかったなあ。ツーリングに出かけてたなあ。ナイス路面!

午後はずっと大掃除。

居間、台所、クローゼット、仕事部屋、全部綺麗にしないといけないのに。
なんとか居間と台所だけやっつけました。

これから、大丈夫かなあ?我が家のお掃除事情。
  1. 2011/10/16(日) 15:18:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

楽市ジャズ楽団

岐阜県主催の市民ビッグバンド、楽市ジャズ楽団の練習の指導に。
クルマ変わってから、駐車場の警備のおじさんの接し方が変わったような。。。ま、いいか。

なかなか練習の日程合わず、久しぶりになってしまいました。
11月はなんと、学校公演が2つ決まっていて、ずいぶんと売れっ子ですねえ。

学校の校歌をアレンジして演奏します。
その練習なんかもやっていたんだけど、まだ、楽器の基礎的なお話を一度もしたことが無かったメンバーさんがいるのを発見。基本的に金管セクションばかり見ていて、曲のことばっかりやっているので、そういうことも起こり得るんだけど。やっぱり基礎的なことは必要ですわなあ。個人練習するにしても、効率がまったく変わってくると思う。。。周りを見渡すと、そういう方、ちらほらおりまして。またその辺りのこと、丁寧にやります。

帰り道には、ここ最近気に入っているラーメン屋に立ち寄り。
おばちゃんが「雨の中ありがとう。」って。
こういうのがあると、ますますチェーン店とか入らないですね。
そのままの大きさの声で、店員を叱り付けてたりして。そういうところには入らない。

帰宅後、大阪のビデオ見たり、CD聴いたり、おいしいものつまんだりして、ちょっとだけゆっくり。
ちょっとだけアクセル緩める感じ。ちょっとだけね。
  1. 2011/10/15(土) 21:07:34|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

MINAMI WHEEL




鬼頭ブラスで大阪の音楽フェスに出場のため、11時に我が家に集合、出発。
あいにくの雨ですが、雨でも楽しいので、普通に楽しく出かけました。

今回の移動は、クルマ4台。ぼくの働く男のニューエンジンに乗ったのは、女性メンバー3人。運転ぼく。

女性3人!

高速に乗ってすぐに「渋滞情報」の電工掲示があったので、ラジオつけたのですが、これがまったく聴こえんのです。おそるべし女性のおしゃべり。
さらに、ナビの音声案内も聴こえず。おそるべし、女性のおしゃべり。

それでも無事に会場へ入りましてサウンドチェックやらなんやら。

空き時間には、松本卓也と雨の中、20分かけて美味しいうどん屋へ。
行きのクルマの中で、好きな食べ物、嫌いな食べ物の話になって、ぼくは好きな食べ物「出汁」と答えていたのだけれど、まっちゃんもそうなのでした。ダシミュージシャン万歳。

うどんを食べて、楽屋に帰り。「女子メンバーなんかは、どこぞでパフェでも食べていたのだろうか。」と思ったら、商店街で(お求め易い価格の)衣装なんかを買っていたようでした。さすが女子!


そしてそして、本番までの間に、ぼくにはやることが。
それは、チューバの西本君の散髪。
moblog_e8822d68.jpg

ざんぎり頭というか、サモハンというかなんというか。もっさいのです。
自宅からバリカンを持ってきて、かっこいい散髪してあげようということに勝手にしていたのです。

(昔の)部活の先輩みたいですね。

有無を言わせずに、散髪始め「バリカンで頭刈ってると、3年に一度くらいは事故が起こるんだよねー。ははは。」なんて脅かしながら進めていたら、バリカン落っことして歯の部分が木っ端微塵に砕けて壊れました。

幸い、9割方終わっていたので、急遽、コンビニでカミソリ買ってきて体裁を整えました。

ニューヘアースタイル、ニューニシモト発進!

30分の演奏はあっという間に終わり。一番手ということでしたがモリモリに盛り上がってました。この後に続くミュージシャン楽だったろうなー。

たこ焼き居酒屋というので、打ち上げして、運転してもらって帰宅!バタンキューだったようです。

ニシモトくんのブログに「使用前、使用後」が載っていました。
http://nishimoto7hukuzin.blogspot.com/2011/10/kabb.html
  1. 2011/10/14(金) 12:47:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

モデル仕事




音楽の専門学校生さんの前で、楽器を吹くという、珍しいお仕事にいってきました。

「この楽器の特性はこういう風で、こんな音が出て、こんな演奏ができます。」というのを実際に生楽器を見ることが少ない学生さんに見せるというデモンストレーションのお仕事です。

自分のデモンストレーションが「この楽器はこう」という学生さんのスタンダードになってしまうわけですね。

吹奏楽の曲なんか吹いていると「あ、この作曲家は、実際にプレイヤーが楽器吹いてるところみたこと無いな。」ということが感じられることがあります。

ユーフォニアム=機動性が良い

というカタログの言葉だけ信じてるような書き方されてるようなこと、よくありますね。
実際に、吹かせてみたら、いろいろわかるのにねえ。ということです。


お話をいただいたときに「トロンボーンとチューバを吹いてください。スライドは大丈夫ですか?吹けますか?」という風に聞かれまして。

「はい、スライドでもお仕事してます。」と(多少カチンときながら)引き受けたわけですが、その時の感情を若干引きずっていたので(小さい男ですね)、スライドトロンボーンで速いパッセージを吹き倒してやろうかと思ってたのですが、学生さんの将来に関わるので辞めておきました。

それでも「あのー、もうちょっとだらしなく音と音の間にグリッサンドが入る感じで吹いてください。」とリクエストがきたりして。スライドちゃんと動かしてたら、普通に音は切れますけどー!と思いながらもダラダラと吹いてみました。あー、愉快。あとは、チューバも吹いたり。

楽器に対するマイクの選び方、当て方なんていうレクチャーもやっていて、こちらも勉強になってしまった。

授業終了後、学校を後にして、ケータイ屋へ行きまして、ニューライフスタイルの予約してきました。
はっはっは。話をややこしくしてしまおう。


帰宅後、明日の大阪公演の準備とか、クルマの準備とか。
午前中に我が家をクルマで出発するので、鬼頭ブラスリーダーと松本くんががやってきました。

近所の中華料理屋はあまり言葉が通じないのですが、「こうこうこういう食べ物が欲しい」となんとか伝えて、その結果「ベストおつまみ大賞」が出てきました。これからは「あの時のアレください。」で出てくるかしら。
無理だろうなあ。
  1. 2011/10/13(木) 16:54:06|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鬼頭ブラス学校公演




鬼頭 哲 ブラスバンドの小学校公演を、多治見の文化会館の大ホールにて。いつだかの夏祭りの屋外公演を聞いていた父兄の方が「子供の音楽会にはコレが良いのでは。」と、推薦してくれたという、涙が出るようなうれしいお話です。しばらくは屋外公演しかやっていなかったんですが、リハーサルで音を出して、「あ!なんだ!このホームに帰ってきた感は!」と思ってしまったのです。お祭りで、リズムにノッて吹きまくって、お客さん楽しませるのも良いですが、楽曲を聞かせるというのがやっぱり好きだなあ。帰ってきた「目立たない職人」です。

本番始まり客席見ると大ホールがほぼちびっこで埋まってる。ちょっと異様な風景です。

前の方から低学年にした先生方!
素晴らしい判断ですねー。がんがんにノッてもらいました。ノセるだけじゃなくて、ボリューム落とした聞かせどころなんかもギュッと集中して聞いてくれたんだけど、これが後ろの席だったら難しかったんでないかな?

一時間のステージ楽しくやりましたー。これはまたホールでやりたいなあ。

名古屋駅のホームのお店に変化がありますね。よくやったスギヤマ!
  1. 2011/10/12(水) 21:33:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リハーサルから衣装打ち合わせ

朝、石川県を出まして、一瞬自宅にタッチダウンしまして、リハーサルへ。(ほんとうは、直接行く予定だったのだけれど、昨日はリハーサルの楽譜も楽器もすっかり忘れて出かけてしまったのです)

焦って移動するとくたびれますね。
東山のスタジオにて、岐阜であるお仕事のリハーサル。最初はゆっくりまったりと。だんだん終盤に向かうにつれて、時間が無くなってきて、これまた慌てた感じでパパーッとやりました。それでもイー感じに仕上がりまして。(多少の不確定要素残りましたが、本番の楽しみにできる程度で。)

次の予定があったので、また慌ててリハーサル会場を後にして、お仕事した後、また慌てて移動せねばならず。朝から慌てっぱなしです。

最後の予定に滑り込みセーフ。楽器のベルに突っ込んでも、シワにならない素材のスーツを作ってもらってます。これが出来上がったら、移動がかなり楽になります。

仮縫いされたスーツの寸法確認と、方針の再確認をして。と言いましても、もう初めから、ほとんど言いたいこともやりたいことも解って貰っているようなものなので、「あれ?いいんじゃないですか?」「あれ?いいねえ。」「あれ?バッチリじゃないですか?」「あれ?バッチリですねえ。」みたいな会話をして終わりでした。

夜9時にようやく帰宅して、大阪ユーフォチューバフェスティバルのレポートを書きまして。

明日の鬼頭ブラス、岐阜公演に参加するために、ヤングチューバの西本が大阪からやってきました。近所の中華でご飯食べて、眠くなって撃沈!

のはずが、打ち合わせで飲んでしまったコーヒーの影響で。多分。寝られず。明日のテンションに繋げようと、鬼頭ブラスの北海道公演の写真やら、日記なんか見ていて、すっかり夜更かししてしまったのでした。
  1. 2011/10/11(火) 19:46:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

最後の

昨日は寝たのがなんだかんだ言いまして3時くらいになってしまったんですが、今日も早起きして、いざ石川県へクルマ移動。

お昼過ぎに到着してゆっくりと過ごしました。さあ、これで最後。いよいよ、月末からニューライフのスタートです。
  1. 2011/10/10(月) 19:29:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

大阪ユーフォチューバフェスティバル



朝7時に名古屋駅に6人で集合して、楽器と人満載で出発。途中でもう一台と合流して、ユーフォ5人、チューバ3人の8人で大阪に向かいます。

先日のユーフォチューバフェス名古屋に、大阪からアンサンブルが来てくれて華を添えていただきましたが、こんどは自分達が応援にいきます。

順調にクルマ走らせて、10:30に大阪南港の相愛大学に到着。

控室に入る前に、皆で連れだって近所のスーパー内にある南港チューバ吹きの聖地「とんかつ道場」へ。浮足立った顔つきの一団の注文に興味をもったのか「今日は何かあるんですか?」とお店のおばちゃんに聞かれ。

「ええ、そこで、ちょっと。チューバの。」というと

「まあ!チューバの!チューバの皆さんにはお世話になってるんです。」と。
「今の(注文の量)で足りるかしら?」と、心配までいただきました。


お弁当を大学で食べて、リハーサルして休憩して、展示ブースで遊んで、なんてやってたらあっという間に出演時間になり。

お客さんに名古屋土産プレゼントしてから演奏。大合奏にも参加。

そして17:00に全ての演目が終わって(二日続きのフェス二日目だからね、早く終わってます)から、ロビーでチューバマンショーの演奏をしてお客さんと遊んだり。無事にフェスティバル終了しました。

さらに打ち上げに参加して、たくさんの人としゃべって。チューバマンショーの長年の夢の一つが実現するかも!まだないしょ。いいタイミングでCDもニューマスクも作ってるなあ。
  1. 2011/10/09(日) 14:54:11|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

お仕事演奏

午前中、某公設吹奏楽団にて愛知県某市にて開催された、某イベントにて屋外でファミリー向けのコンサート。

この場で、このバンドで、このコンサートというのは、何年も前にやらせて貰ったような。今回は着ぐるみちゃんなんかも登場しました。

30分の屋外コンサート、気持ちよく晴れましたね。マーチやらドラマのテーマソングやら、ポップスやらまるまるもりもりやら(←好き)。

楽しくやりましたが、必要以上にお客さんに何かアピールしそうになって危なかった。そういうのは、指揮者の先生に任せて、楽団全体でやるべきで、個人としては、ちんまりしてなきゃいけないのです。多分。

まあ、全体としては楽しくやりましたが、衣装として支給された真っ赤なジャケットが、顔の濃さとケンカしてたのだけが心残りです。


帰宅して明日の荷造り。衣装とか物販とか。スーツケース二つになりました。
  1. 2011/10/08(土) 09:38:12|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カラオケ屋でオケ



午前中は、吹奏楽団のエキストラのお仕事のリハーサル。ブラスアンサンブル・ロゼの近藤真理子さんと久々に再会しました。お母さんになって顔つき変わってましたねえ。ロゼは、11月からオリジナルメンバーで復活だそうで。楽しみですねえ。

明日の本番では、○ポップメドレーとかやるんだけれども、まるっきり知っている曲が一つも無いのはまだおいといて(ほんとはリサーチしておかなきゃダメですが)、演奏しながら、だれがメロディー吹いてるのか、コード進行がどうなっているのか、なんだかさっぱり分析できず、さっぱり構造が解らないのでした。もはやメロディーとかコード感に頼るところはないのかなあ。流行音楽というのは。


リハ後、ぼくには「こっちの方面に行くならこのラーメン屋」というお店がありまして、そこに行こうとしていたのですが、見慣れない街の風景を楽しんでフラフラと運転しているうちに、他のお店を見つけてしまって。
「あ!これ!絶対当たり!」というお店で、大当たりのラーメンを食べてしまったのです。へっへっへ。こういうのは秘密にしておくのが楽しいね。


夜は、ユーフォチューバアンサンブルのリハーサル。名古屋のど真ん中、栄のカラオケ屋にて。

先日のユーフォチューバフェスティバル名古屋には、大阪からアンサンブルが一つ駆けつけてくれて、お祝いの演奏を披露してくれました。

そして、今週末、大阪でユーフォチューバフェスティバルがあるのです。
会場は、大阪の相愛大学。関西フィルのチューバ奏者の吉野竜城氏が教鞭をとる大学であります。

お返しというわけでもないですが、その大阪フェスに華を添えるべく、名古屋アンサンブルで乗り込むのです。
学生さん4人を含めた8人編成のユーフォチューバアンサンブルです。
ぼくたち!わたしたち!今!ヒジョーに盛り上がってるのです!

カラオケ屋で楽器練習という話はよく聞いていたのだけれど、ぼく自身、やってみるのは初めてでした。
夜遅かったからね。公共施設なんかはボツ。

パーティールームというのを借りて。
他の部屋での馬鹿騒ぎなんか聞こえてきたりして。
トイレに行くとスーツ姿の酔っ払いなんかがいて。

「こっちは、真剣にリハーサルしてんのに、カラオケなんかしちゃって!うるさいなあ。」と一瞬思ったのだけれど、「スーツを着たお仕事帰りのカラオケの人に、フリーのオケの人が何かしらの所感を述べる。」というのは、とてもとても複雑で難しいことなのです。
  1. 2011/10/07(金) 00:10:11|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

風になれない

朝早くから岐阜でお仕事がありまして。そして、午後、まるっまる空いているということで。
近頃のぼくの生活には山が足りない。圧倒的に山が足りない。

ちょうどバイクででかけておりまして、ちょうど抜けるような晴天で、ちょうど「いろんなこと後回しでいいや」という気分で。

「山か!山だな今日は!風に、風になるのだ!」と決めたタイミングで身内からメールがあり、「ホームセンターでベニア板買いたいから、トラック運転して。」と。

断る理由が「今日は山が。。。」では言い訳にならないので、「へい。運転します。」と返事して。

結局トラックを運転することは無かったのだけれど、ホームセンターで、ずいぶんとのんびりと平和な日を過ごしてしまいました。

山が足りていないのはまだ変わらずなのだけれど。

11月末に、もう何度も使ってもらっております。ウィーンフィルのトロンボーン奏者のカールヤイトラー氏の率いるバンドの静岡佐久間公演というのがあるのだけれど、今回も一週間ほどの日程が組まれております。

そのバンドに、ユーフォ奏者の小久保まいさんが参加することになったとの連絡が本人からありました。
ノーステキサス大学の後輩にあたっちゃう人で、兄弟弟子になっちゃう人です。かわいそうに。望んだわけじゃなかろーに。

去年、留学先から帰国しました。彼女は浜松(佐久間も浜松市です)出身なので、地元に根ざした活動ということになりますねー。よかよか。

でも、佐久間のことはぼくのほうが良~く知ってるので(隙あらば一人で探検に出かけてるからね)、迷惑にならない程度に案内してあげましょう。

という感じで山に思いを馳せることで、なんだか「山欲」は中和されちゃったのでした。
  1. 2011/10/06(木) 23:33:42|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シアワセリハーサル

10月20日(水)に岐阜市内のとある高校でジャズバンドで演奏します。

そのリハーサル。今回、ピアニストさんに「ユーフォで」とご指名いただきました。
ジャズバンドに勝手にユーフォを持っていくことは有りますが、ご指名いただくことって無いんですねー。

とてもとても嬉しかったのです。

ジャズにまつわるハナシや楽器のハナシも織り交ぜながら楽しくやる予定ですが、岐阜が誇るゆるキャラ「やなな」の登場や、ご当地ソング「柳ヶ瀬ブルース」「サルボボサンバ」「キムチの気持ち」なんかも演奏します。

初めて会う方とのリハーサルはやっぱり緊張するのですが、実際の曲の確認のほかに「どこまではっちゃけて良いか。ひょっとして怒られやしないだろか。」の確認でもあります。


怒られなさそうです!

「ここはユーフォで歌い上げてください」なんていう指示をいただいたりしちゃったりして。
遠慮なくぶりぶり歌い上げます!
  1. 2011/10/05(水) 18:28:21|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

心のクミン


ゴージャス☆モンキーズの親分の誕生パーティが岐阜市でありまして。

ぼくは岐阜市の飲食店街というのは、名鉄とJRに囲まれた、所謂、柳ヶ瀬という地区しか知らなかったのだけれど、今日行った、名鉄のあっち側にもちょいちょい、小さな良さそうなお店あるのですね。なんだか楽しいなあ。あんまりモダンな立ち飲み屋みたいなところは行かないと思いますが。なるべくお洒落じゃないところがいいですね。

ほいで、今日のお店は「エル・パソ」という名前のメキシカン料理屋さん。

「エルパソ」っちゅうたらあれです。

ぼくが、クルマでメキシコへ行こうとして、まずはエルパソを目指して砂漠を走って、その途中でクルマが壊れて1週間カウボーイの世話になったという有名なハナシ(?)の舞台となったところです。
厳密に言うと、エルパソに行ってるのはクルマだけですが。(エルパソまで運ばれて結局直らなかった)
エルパソのすぐ下がメキシコ国境。

denton elpaso

Aが大学のあるデントン、Cがエルパソ。Bがクルマが壊れたバンホーン。いいところまで行ったのにね。こうやって見るとアメリカちっちゃいね。テキサスがデカすぎるのか。
denton elpaso2

Bのバンホーンでカウボーイ仕事しましたのです。



テキサス丸出しの店内の雰囲気に一人盛り上がり。人に言っても伝わらないからね。一人で。

で、出てくる料理が在学中、よく食べてたメキシコ料理の数々。
これまた細かく言うと、テキサス風にアレンジされたテックスメックスというジャンルのもので。

コース料理だったので、いちいちメニューとか無かったんだけど、

トルティーヤ
サルサソース
タコス

から

ガカモーリ
ファヒータ

から

ケサディヤス

まで出てきちゃって大興奮。(カタカナ表記は適当です)

この辺りの名前が、全部解るので、いちいち言いふらしたかったのだけれど、きっと鬱陶しいだけなので辞めました。
かろうじて「あ、これはクミンですねえ。」とだけ知ったかぶりしました。

ファヒータなんて、初めの頃は発音解らずに「ファジタください」と言って恥かきましたなあ。
貧乏で野菜が足りなかったときなんて、よく(つめ放題の)タマネギとサルサソースで野菜を補っていた(気になっていた)もんです。

トルティーヤと切り刻み野菜が机に並んでいて「いまからファヒータが出てくるのに、タコスをこさえるのはまだ早いのに~。」くらい言えば良かったか。

これで、体の芯まで冷えるマルガリータがあればパーペキでしたね。
なんのことやら解らなくてすみません。

あー、誰か、さんざんうんちく聞きながら食べるメキシカン料理行きませんか?
  1. 2011/10/04(火) 22:05:45|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

こうやって同じような服が

昨日、一日、ほんとうに丸一日寝てまして。こんなに寝れるもんだなあと。

朝起きたら寒かったですね。今日。

天気が良かったので、夕方からのお仕事にバイクででかけて。片道一時間。
帰りの時間はもうすっかり冷え込んでいて。

芯まで体が冷えてしまったので、途中でラーメン屋に立ち寄り。
昔からあるであろう古いただずまいに、赤提灯のラーメン屋。

ずっと「ここはイイに違いない!」と狙っていたのだけれど、いつも、中途半端な時間にしか前を通ることができず。
昼の3時頃とかね。


今日は、バッチリのタイミングで入ることができましたー!でも、ほんとうは、中華ソバがぜったいに美味しいはずなのに、無理にでも体を温めなくてはならず。ピリ辛中華味噌ベースを頼んでしまいました。

これはこれで美味しかったですが。また来なきゃ。

それでさらにバイクを走らせて、さっきのラーメンの暖かさもすっかりと吹っ飛んで。
古着屋さんへ立ち寄る。

バイクで寒くて買った服が、こうやって溜まっていくのだなあ。
同じような値段の同じような素材の同じような形の同じような色の。
  1. 2011/10/03(月) 21:10:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ユーフォチューバフェスティバル

終わりました!

今日一日寝てます。

皆様、ありがとうございました~。
  1. 2011/10/02(日) 15:33:12|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ユーフォチューバフェスティバル当日!

朝9時の入りということで、8時くらいには家を出て。
クルマです。栄は打ち切りの駐車場が少ないので、ちょっと早めに出て、駐車場探しから始め。

会場から15分も歩くところにクルマを止めて会場入り。
もうスタッフの皆さんも揃っていて臨戦態勢です。

どんどん会場を仕込んでいきます。ぼくは、受付周り、物販テーブルを作ったり。

演奏会やったことある人なら解るかと思うんですが、当日って、通常の精神状態じゃないので、いろいろとミスするんですね。まず、携帯忘れた。こんな大事な日に。あと、取り置き分チケット忘れたり。一度、ぽんとどこかにモノを置いてしまうと、それを探し出すのにものすごい時間がかかったりして。なんど、楽器を探しに走ったことか。

こういうの、早くなんとかならないかなあ。性格なんだろうなあ。ならないだろうなあ。

12時前に大阪から、ユーフォチューバアンサンブルさんが到着しました。

来週は、なんとチューバマンの主催で、大阪でユーフォチューバフェスがあるのですが、そちらのフェスティバルから、アンサンブルが応援に駆けつけてくれたのです。嬉しいですねえ。

オープニングと同時にロビーで演奏してくれました。
これがですねえ。ものすごく良い演奏でした。

実は、あらかじめ「こうこうこういう雰囲気の演奏が多いので、こうこうこういう雰囲気の曲が良いと思います。」とリクエストはしておいたのだけれど。会場の雰囲気ともバッチリマッチして。

展示ブースがオープンしてから大急ぎで大合奏のリハーサル。チューバマンショーは、ファンクの名曲「チキン」でソロを吹きます。その辺りのマイクや機材の調整は、大学の先輩で、現在は録音技師をしている方がやってくれました。心強かった!

リハーサル終了してから、コンサート第一部が終わるまでの間に、チューバマンショーゲリラライブ。
人ごみの中を演奏しながら通り抜けて、ロビーで演奏。いやー、気持ちよかったですねえ。

コンサート第一部は、ぼくは外でスタッフやりながらスピーカーから流れてくる音を聴いてましたが、「え!いい演奏!え!?みんなこんなに高い音でるの?」と驚くことたくさん。できればホールで、演奏者さんの顔見ながら聴きたかったなあ。そして、「チョットチョット。あなた、バンドやりませんか?」なんて声かけたかったなあ。

その後は、大学の先生の「マウスピースと楽器の相性を探る」という講義がありまして。
これも、スピーカーからの音のみ聞きながら働いておったんですが。誰かビデオ撮っていないかしら。。。

講義の後に、もう一度、ゲリラライブ。
チューバマンショーは、二人ともヤマハユーザーなのですが、ライブの場所に陣取った後ろがたまたまヤマハのブースで。っていうのは嘘ですが。ヤマハさんから新製品を借りて演奏したりしました。

さらに外の夜景がすばらしく「かに本家」のネオンサインがギランギランと。
こらまた気持ちよく演奏できました。

コンサート第二部、ゲストのお二人の演奏。
こらまた、ぼくは控え室のスピーカーからの音しか聴けなかったんだけど。
その音だけでもインスピレーションが沸いてくるような感じでした。
ヤングのみなさまは、こういう音を目指してね。トロンボーンとか違うからね。

そして大合奏。
酒井格さんの新作、ものすごく良くて。じぇんじぇんモコモコしてなかったなあ。すごいなあ。
50人くらいいたのかな?出演者の右半分が、ミュートを装着するようになっていたのですが、そのミュートをつける部分になったら、客席からドヨメキが起きました。そんなにすごい画になったかな。おもろいねえ。

そして、ガーシュウィンポートレート。これは、音域高めの長目の大作でした。この人数でやると痛快ですな!
しっかし、みなさん、高い音でますなあ。ぼくが学生の頃なんて。。。今でもズルして出してるもんなあ。まあいいか。

そして、チキンでは、チューバマンショーの登場。伴奏に大人しく吹いてもらいたくなかったので、マイクとアンプを使いました。いー感じに雰囲気変えられたのではないでしょうか。

そしてそして楽しくマーチしまして。すぐ横が大学の恩師で、ガチガチになりましたが。

無事に全ての予定を終えて、荷物もエイヤッとクルマに積み込んで打ち上げへ。
楽しい打ち上げですが、まだまだ事務仕事が待ってる感があったので、そして、大荷物を積んだクルマもあって、お酒は飲めず。。。

来週、大阪へ行く段取りとか組んでいたんですが、大学の恩師が横に来てお話を。
ぼくはずっと大学や先生には迷惑をかけてしまったので、こういうところで活動するのをずっと申し訳なく思っていたのです。留学先から帰国してからは、ほんとうは、こういうところからは離れて、独りでなんとかやっていくつもりでした。でも、いろいろと周りのお力を借りることになり。一度きちんと先生の元を訪ねて「在学中はご迷惑おかけしました。」とお詫びに行くつもりで、なかなかいけなくて。
今回、先生の方から声をかけていただきまして「もっと自信を持ってやりなさい」と。泣きました。

結局、部屋の隅で、大阪へ行く段取りやリハーサルの日程なんかを決めていたら時間切れ。
ゲストの方やその他、まだ喋ったことない学生さんなんかもたくさん居たのに。残念。

チューバマンや遠方組みの人達を連れて帰宅。ようやく乾杯できました!

フェスの写真が無いのは、携帯忘れたせい。
  1. 2011/10/01(土) 20:07:46|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0