GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ユーフォチューバフェスティバルリハーサル



朝から宅急便がバンバン届きまして、プログラムとかなんやらかんやら。

ほんとうは、今日、クルマでいろいろと搬入して明日は電車で行き帰り、打ち上げも堪能しようかと思ったんだけど、荷物の多さにそれは断念。

ユーフォチューバ大合奏バックでチューバマンショーソロというのがあるんだけれど、大合奏の伴奏にボリュームを絞って貰って勢いがなくなるよりは、自分たちが電気の力を借りた方が良かろうということでアンプとマイクも持ち込むことに。あとは物販のグッズの数々。

会場に入って会場設営してる間に、ロビーのほうで物販テーブルや受付机なんかの設営をして、みんなでワイワイとティーシャツ並べたりステッカーを並べたり。だんだんテンション上がっていきます。

そして、大合奏のリハーサル。大合奏は4曲やるのですが、これが全て世界初演というのは、ちょっとすごいですねえ。そして、数の力というのは確実に有りますね。ものすごいことになってます。

帰宅して、さらにシャツにアイロンかけたり。久々に、テカテカのタキシードを出しました。何年ぶりに着るだろうか。豪華なステージの豪華なセッティングでしか着れないので。どこで登場するかはまだ秘密。




  1. 2011/09/30(金) 23:38:25|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

無駄にヤキモキ

朝から、事務作業をしながら宅急便を待っていました。

外でバタン!とクルマのドアの音がするたびに、ビクッと反応して外まで出ていって確認して。
それでも来ないの。宅急便。

日も暮れてきて、焦りもため息に変わってきた頃に気づいた、日付一日間違っていたこと。

ぼくの一日返せー!
  1. 2011/09/29(木) 15:31:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ユーフォチューバフェス準備始まる

朝、石川県を出て、働く男のニューエンジンで帰宅。

こないだの台風の前から雨戸締め切ってたでよー!
ドバーッと開けたったがや。

遠征やら合宿やらが続いていて、ちょっとした帰宅のタイミングが台風だったりして、洗濯もできなかったので、まとめてやったったりました。2ロード。大掃除もしなきゃいけないなあ。

お仕事した後、デザイナーさん事務所へ。
お願いしていたユーフォチューバフェスのグッズが届いたということで。

moblog_b1c95f4e.jpg

ステッカーとTシャツです。
これはカワイーでしょう!!

明日にはCDが手元に届いて、明後日にはプログラムが届いて。

宅急便屋さん、重いものばかりだけど、今回は不機嫌にならないでね。
  1. 2011/09/28(水) 21:03:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ニューライフハズカムドットコム擬似体験

ニューライフハズカムということは、どういう生活なのかということを擬似的に丸一日体験してきました。

おかーちゃんの方は、もうまるっきりどっぷり最前線ですが、ぼくはまだいいところをチロッと通り過ぎているだけなので。

眠たい人が近くにいると、眠気がうつりますね。
ということで、一日中うつらうつらしてました。

まあ、それでえーんでないの?と思ってます。
  1. 2011/09/27(火) 16:18:52|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

三度石川へ

午前中は、名古屋に新しくできたビッグバンド「セントラル・ジャズ・オーケストラ」のリハーサル。

午前中に大人数のビッグバンドのリハーサルなんてやると「さすがジャズ!」というわけではないだろうけど、遅れてくる人がたくさんいて愉快です。いつかは自分がやらかすかもしれないので、何も言えません。

デュークエリントンを中心に、じっくりとみっちりとリハーサル。大抵のものはやってきたと思ってたんだけど、まだまだ知らない楽譜たくさんあるなあ。むしろ偏ってたのかなあ。


午後イチで帰宅して、役場へ。
いろいろと手続きがありまして。

3人くらいでよってたかって対応してくれましたが、親切心からそうしてるわけではなく、何だかびくびくしていて、全部の事項を他の人に確認とりながらやっているようでした。普段、どんなわからんちんが窓口にやってくるのだろうか。。。

書類を受け取るのにずいぶんと時間がかかってしまって、家を出るのが夕方になってしまった。

またまたクルマで石川県小松市へ。

途中、睡魔に襲われて休憩所で長い時間寝てしまった。
  1. 2011/09/26(月) 13:19:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ユーフオキャンプ最終日


朝からアンサンブル。最終日は、有松のショッピングセンターでアンサンブルの発表して終わりです。

アンサンブルでは、ぼくも吹きます。始めは、「参加者のみなさんが主役なんだから、みなさんが作り上げたほうがよかろうもん。あくまでサポートサポート。自分は気配消してしまおう。」なんて思ってたのですが。

どうも、話を聞いていると、発表会というよりは、ストリートライブに近いシチュエーションと感じて「これはいろいろと、きちんと盛り上げないとマズイかも。。。ユーフオもチューバも知らない、興味ない不特定のお客さんに喜んでもらうには。。。」ということで。

演奏もMCも、お客さんの煽りもきっちりやらせていただきました。これまた少しでも参加者の皆様の参考になったらいいなあ。

無事に演奏終わって、お客さんにも喜んでもらえて。CDも買っていただきまして。皆様とお別れ。今度はまたどこでお会いできますかしら。

その後、すぐ近所で別のお仕事の打ち合わせ。12月に子供相手のコンサートをやります。会場が、さっきまでいた大府市のさっきまでいた小ホールということで、状況がバッチリ解っていて、話が早くて。こちらも全力投球しましょうね。
  1. 2011/09/25(日) 13:55:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

合宿二日目



合宿二日目。昨晩、宴会前に「これ、どうぞ。」と頂いたウコンドリンク。
先にのんじゃうと、効果が早く出すぎちゃって酔っ払わないので、「寝る直前にいただきます」ととっておいたら。そのまま撃沈しておりました。

午前中は、皆様の発表会と、講師の演奏。
まず、会場の雰囲気作りから。
固い顔をしている人の前で演奏するのが、苦手なのかなあ。自信ないなあ。おしゃべりしたり、体動かすところから入るのは、これはズルだろうか。

午後はまたレクチャーしたり(誰でもかれでもアドリブできるようになりました!!たのしいねえ。)、レッスンしたり、アンサンブルしたり。

これは、全国の会場で行われている恒例の楽器の集合写真だそうです。マウスピースの集合写真というのもありました。
最近、楽器磨いてるから、目立たなくなったなあ。

夜は明日、近所のショッピングモールで行われるアンサンブルの発表会のリハーサル。

そして、さらに交流会へと続きました。
  1. 2011/09/24(土) 16:55:42|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

愛知ユーフオキャンプ


合宿に講師として呼んでいただきました。
去年は、小牧市で。今年は大府市で。

日本各地、いろーんなところからユーフォニアムチューバ愛好家の皆様が集まってきてます。

ぼくは実は、昨日、朝4時くらいまでユーフォチューバフェスのプログラム作りをしていたので、あんまり寝てなかったのです。朝の集合時間には「うーん。寝不足かなあ。大丈夫かなあ。」なんて思っていたのですが、参加者の皆さん。

大阪からです。午前5時に着いてました。千葉からです。午前3時に出ました。山形からです。昨日の晩9時に出ました。
とか言っておりまして、「なんだ!ぼく、寝てるじゃないか!」とピシッと背筋が伸びたのであります。

午前中はレッスン。なるべく早く、自分だけで上達できるような方法を中心にやりました。
継続的なレッスンに行かなくても良くなりますよーに!

午後からは、大人数相手のレクチャーしたり、アンサンブルしたり。
音楽をお仕事にしているということと、アンサンブルの練習なんかで主導権を握るということは、違いますねー。
あまりグイグイできません。バンド指導なんかも向いてません。きっと。

夜は、座敷で交流会。ぼくはビールはお腹が膨れるのであんまり飲まないのです。
というわけで「湯飲みで日本酒」から入りました。
  1. 2011/09/23(金) 19:36:07|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石川日帰り

朝早く家を出て、電車で石川県小松市へ。

先日、小松へ行った際に、クルマ置いて、そのまま関東ツアーへ行っちゃったのでクルマの回収も。
もう台風は遠くへ行ってるはずなのに、北陸はまだ雨がひどく、特急しらさぎもノロノロ運転。

「金沢より先は運行取りやめです」なんてアナウンスもあり。

何故か、今日は朝早くから、ユーフォチューバフェスティバルのプログラムに関する連絡がひっきりなしに来て、そんな連絡を携帯でしていたら、あっという間に着いてしまった。そして充電もホボなくなってしまった。窓の外、ほとんど見てない!もったいない!

小松の駅には、ドデカイダンプの展示がしてあって(3階建てのビルくらいの大きさ)ほんとうは、じっくり見たいのだけれど、雨雨雨。

小松のおうちで夜までゆっくり。そりゃもうゆっくり。写真もたくさん撮りました。

そして、クルマで帰宅。深夜に走ると2000円チョイで帰って来れました。

で、帰ってから、プログラム作り。

ひと段落つけて寝たと思ったら「あれ!ここの字が間違っていた!あれ!紙がB5になってる!」という悪夢を見て飛び起きる。
  1. 2011/09/22(木) 13:09:02|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

思わぬ時間


台風の影響まだ続きまして、いろんな予定がキャンセルになりまして、思いがけず、丸一日空きになりまして。

朝、買い物行って、ご飯食べて気合い入れて、夕方まで寝倒したー!いいでしょういいでしょうタマには。

その変わり、夜から始めた、ユーフオチューバフェスティバルのプログラムの原稿作りに思った以上に時間がかかり。。。収支の差し引きゼロですわ。

ニューアルバム、こどものチューバマンショーのジャケット初公開。中身はもっともっとかわいいことになってます。
  1. 2011/09/22(木) 11:06:54|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マスク打ち合わせからスモッグブラス



朝5時に名古屋駅にほっぽりだされて、6時の始発まで駅のベンチで寝て、10日ぶりにようやく帰宅。長かったなあ。

午前中はぐっすり寝てました。
お昼から、約束してあった某服飾デザイナーさんのアトリエへ。

ぐちゃっと丸めてもシワにならない素材で黒ジャケットを作ってもうらうことにしました。主にチューバマンショーで使うことになると思うのだけれど。

足が大きいので、黒クツを持ち運ぶのにも苦労するんだけど、スーツというのも、なかなかやっかいで。荷物削減のため、楽器ケースに突っ込んで持ち運ぶこともあったんだけど、それはそれは「あなた、ずいぶんとナチュラル志向なのね。」と言われても良いような、シワだらけのジャケットになってしまってたのです。

移動前提で。というのがなんだかおかしいですが、相談しましたらば、「できるよ」と二つ返事いただいたので、オーダーしてしまいました。
そして、ついでではないでですが、ここの服飾デザイナーさんには、マスクでもお世話になっておりまして。

もう使い込んで、ボロボロになってきたマスクの次のやつ!もお願いしました。

両方とも11月頃の完成かなあ。まー楽しみですわ。

アトリエ、庄内川のほとりにあって、打ち合わせ中に避難勧告でました。帰り道、堤防から見た景色に驚く。ゴルフ場とかなくなってました。


午後3時に自宅でピックアップしてもらって、四日市へ行って、東海道スモッグブラス。
のはずが、台風の影響でお友達のクルマ、大幅に動きが遅れて、結局5時過ぎに家をでる。四日市行くときは、現代の魔境、四日市商店街をくまなく歩いて、最後によく解らない中華料理屋で、よく解らないものを食べ、みたことない飲み物を飲むというのを楽しみにしていたんだけど、今回はおあずけ。

四日市ビージェーに到着して、対バンというか、わたくしたち前座演奏なんですけども、東京からのガトスミーティングの方々にご挨拶。サックスの林栄一さんは、ぼくが学生の頃に穴があくほど聞いていた「とある外人から貰った、正体が解らないMD(もう若い人にはMD伝わらないかも)」のバンドリーダーだったということが、前回対バンしたときに判明したという、憧れの方です。

全身を使って、目の前のパフォーマンスを吸収したい、覚えておきたいという衝動。


自分達の演奏もきっちりやりました。もう、すっかり楽譜見なくて良くなっていて、いろいろと良い事が起きてますな。


終演後、お店に残って楽しく打ち上げ。CDについての話ししたり、なんやかんや。先日、スモッグブラスが東京でワンマンライブやったときに、ライブハウス「なってるハウス」に自分のCD置かせて貰ったんだけども、「お店でCD聞いたよ。誰々(東京のミュージシャン)も聞いてるよ」なんてことを言われたり。感想はどうであれ、自分の片割れが頑張ってるの聞いて嬉しくなる。

店出たのが深夜12時半頃か。
  1. 2011/09/20(火) 04:28:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大福大録音




熊坂家にて朝早く、枕元に気配を感じて起きる。4歳の息子ちゃんが立っておりました。
昨日からぼくが来るのを楽しみにしてくれていたそうで。
熊坂さん、ライブの準備に走る中、眠い目をこすりながら朝から全力で遊ぶ。


お昼過ぎに会場へ入る。
小ホールに、続々とミュージシャンやスタッフさんが集まってきます。
初対面の人も多くて緊張するかと思ったけど、みんな、垣根のない人達ばかりで、なんだか不思議なくらいすぐに打ち解けて話せてしまった。熊坂マジックですね。

今回のライブは、初めての経験になる、ライブレコーディングです。
録音は、なんと、アナログレコードになって発売されます。

丁寧に、立ち位置やマイクのセッティングなんかを調整して。
ステージに、アコーディオン、アコーディオン、バンドネオン、バイオリン、ギター、ベース、ピアノ。

客席を挟んで後ろにサックス、サックス、クラリネット、ユーフォという「ここでしかありえない。」というセッティングになりました。お客さん、楽しいだろうなあ。

わいわい言いながらリハして、本番まで一時間。バナナ3本食べる。

ロビーには、もうお客さんもちらほら。4日間連続で聴きにきてくれてる方もいらっしゃいまして、バナナ差し上げました。


レコーディングするということは、(本来、すぐに消えてしまうはずの)音楽をなんらかの形で残す。ということは、ものすごい覚悟が必要なわけです。熊坂さんは「卒業」と表現していましたが。もう、命をかけてやらないといけないことだと思ってます。そんなプロジェクトに呼んでもらえて、大光栄!

録音!と言われると、だいたい、ちょこっと緊張していつもと違うことになってしまうことが多いんだけど(自分はね)、ステージ上でいつものように。いつも以上に躍動するミュージシャンを見て、ヒートアップしました。感情入りました。ま、やることといえば、自分の役割を丁寧にこなすことなんですが。

ぶりぶり吹く人は他にいるので、目立たないけど、音域の隙間を埋める作業というか。
必要以上に細かく言うと、ヘ音記号の5線の真ん中らへんに細心の注意を払うというか。
そんなものに専念しました。いるのかどうかわからない。でも、いないとわかる。みたいな感じがいいですね。

ライブは、収録予定の2曲(1曲15分弱?)を、前半、後半に1回ずつやり、その他の曲はオフレコ扱いとして織り交ぜて。

いやー。泣いた。よかった。レコード楽しみ!

本番終わって楽しい打ち上げはあっという間に過ぎて。

ちょっと珍しい帰り方、雨の中、八王子発の深夜バスに乗り、名古屋へ帰る。
  1. 2011/09/19(月) 00:04:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ファンファーレロマンギャルド三日目



お店の隣の公園のはじっこで、煙の臭いと中国語で目を覚ましたら、集合時間の10分前。
ぼくが休んでるすぐ隣で、数人の地元の人?が腰掛けてタバコ吸いながら雑談しておりました。

アジア雑貨屋さんの地下一階に、ちょっとしたオープンスペースがあって、そこでワークショップとライブをします。


今日の公演は、お昼過ぎからまずワークショップ。
生演奏で踊ってみよう。という企画。

「バンドメンバーを一人ピックアップして、一対一で音楽に合わせて体を動かしてみて。」なんてコーナーもあったのですが、これがまた、バンドメンバーの方が踊りながら演奏しちゃったりして。

集まってきたダンサーさん、初めは恥ずかしそうにしておりましたが、徐々にテンション上がっていって、最後はドワーッとみんなで踊っておりました。

休憩時間には、中華街散策。「観光客相手の食べ物なんか食べるものか」と頑張っておりましたが、町全体が観光地ですな。150円~200円くらいずつ高いよねえ。

夜のライブは、大阪に帰るメンバーがいるということで、早めのスタートに設定されておりました。

こらまた、前の二日間と内容ががらっと変わって、お客さんにまで緊張感を求めるような演奏シーンも。
三日間あって、三日とも違うってなかなかすごいことですよ。
演奏内容自体も良かったと思います。

中華街で楽しく打ち上げして、埼玉県へ。ベーシスト熊坂さん宅にお世話になりました。
東京ってば、いつでも人身事故でダイア乱れてて驚く。
電車遅れて、寝たの2時。長い一日でした。
  1. 2011/09/18(日) 00:05:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ファンファーレロマンギャルド二日目

ファンファーレロマンギャルドの関東公演、二日目の今日は、中目黒のレストラン。

中目黒ということは、目黒の近く、ということは、目黒寄生虫館の近く?
なんどか行こうとしてことごとく機会を逃している、寄生虫館にやっと行ける!

ということで、入り時間を3時間早く見越した昼イチでお店に入って、楽器と荷物を置いて、電車かバスでテクテク移動して、寄生虫館見に行くのだ!

ところが、レストランだから昼間も開いているだろう。と勝手に思い込んでいたら、お昼は営業していないみたいで、お店について、開いていない、人もいないのに愕然として。。。

しょうがないから、ごく狭い範囲のその辺りの商店街を無理やりぶらつきました。炎天下の下。
こういうときに、喫茶店でちんまりと休憩していたらいいのだろうけど。ま、性格ですわな。

3時にお店に帰って、またメンバー集まってきて。

なんだか、まったりモードでみんなで雑談。もう打ち上げみたいな雰囲気に。

今日は、昨日に引き続きのダンサーさん二人のほかに、前衛舞踏(という表現で良いのかなあ?)ダンサーさんも加わりました。機能とはまるっきり違う雰囲気。昨日に引き続き、来てくれているお客さんもいるということで、この辺りのこと、とても大事ですね。

リハを終えて休憩。お店でごはん。
ものすごーく、ミュージシャンを大事にしてくれていて、感激。

本番、今日は、楽曲を聞かせる場面も多々ありまして、そういった面では、昨日よりも神経を研ぎ澄まして全力で音楽したのであります。

こらまた大盛り上がりした後、吉祥寺へ移動。
なんども演奏でお世話になっているバーで斎藤タク君と合流。
ちょこっと演奏なんかして、ちょこっとひっかけたりして、すぐに帰るつもりが。

お客さんに、ピアニストさんがいたり、ギタリストさんがいたり、テキサス時代の友人がいたりして、モリモリに盛り上がってしまい、朝4時過ぎに。

明日は、横浜に10時集合ということで。。。

シャワーだけ借りて、始発で横浜まで行って、お店の傍らの公園のすみっこで一休み。
  1. 2011/09/17(土) 16:29:25|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ファンファーレロマンギャルド一日目




朝9時の特急に乗って石川県小松市を出て、米原で新幹線ひかり号に乗り換えて。
なんとも贅沢な移動ですが、2時過ぎに渋谷に到着。

渋谷!若者の街!人の海!まっすぐ歩けるかしら。。。なんて思ってたら、案の定、ぜんぜんダメでした。
会場のライブハウスまでの間の10分間でずいぶんと消耗してしまった。
街の様子も、地面の起伏の様子とか、地形そのものしか面白くない感じが。。。

まあ、いいや。会場のライブハウスに到着して、集まってくる濃い面々と再会を喜んで。
ファンファーレロマンギャルド、関東発上陸です。

クラリネット、サックス、バイオリン、アコーディオン、トロンボーン、ユーフォ、ベース、パーカッション、パーカッションという編成。

アコースティックなサウンドが好まれるバンド編成ですが、普段、ロックをやっているであろうハコで、サウンドチェックに少々時間がかかりました。
「ズーン!」と低音がお尻に響いてきます。

今日の公演は、13人のベリーダンサーさんとの共演です。
曲の長さの打ち合わせなんかもやりながら、きっちりとリハを進めていきます。(リーダー瀬戸さんが)

ダンサーさんってすごいねえ。楽曲が複雑な変拍子だったりしちゃって、演奏してるほうも(ぼくだけかも)ちょっと手こずったりするんだけど、そんなの関係なく、きっちりリズムに乗ってくるんだもんなあ。音楽的知識とかそういうものではないだろう、というのは解っているんだけど、実際、リズム感、どうやって捉えているんだろうか。

リハの後、ちょこっとおソバ食べに出たりして、あっという間に本番時間。

ライブハウスには、長蛇の列。ぎゅうぎゅうの満員御礼でした。

「ありがとー!いぇーい!」という感じでステージに出て行ったんだけど、演奏初めてすぐに気づいたこと。
当たり前なんだけれども、主役がダンサーさんなんだなあ。

いくらバキンバキンに演奏しても、皆の注目の的はダンサーさん。
やっぱり、ステージに立つからには目立ちたい性なのでいらない嫉妬をしてしまった。。。

が、しかし、バンド内でダンサーさんを思い通りに操る人もいるんだなあ。
アラビックパーカッショニストの永田充さん。

ダンサーさんがリズムに身を委ねているなら、当然と言えば当然なんだけど、こらマイッタ。

それでも、楽しく演奏して終了。記念撮影のコーナーに人だかり。でも、皆が撮っているのはあくまでもダンサーさん。そらそうだよなあ。。。

こちら、ツイッターで見つけた写真です。


  1. 2011/09/16(金) 02:15:52|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

緊急ヘアカット

ニューライフハズカムドットコムということで、今日愛知に帰る予定を取りやめて、明日、石川から直接東京へ向かうことにしました。わざと解りにくく書いてます。


楽器と楽譜は持ってきてあって、最後の最後の手段は、石川から東京までクルマで行って本番4連発。ということも考えたんだけど。

クルマを石川に置いて、夢の特急電車乗り継ぎで行って、帰ってくる(ただしその間に一度帰宅、三重でライブ)というよくわからない段取りを組みました。

「楽器と楽譜があるから、わりと柔軟に動けるゼ」と思ってたら、バンドの親分からメールがあって、「割とカッチリした衣装でお願いします」と。黒クツとパンツまでは持ってたんだけどねー。

という訳で、産院の近くの大型スーパーでワイシャツとスカーフを購入して、ついでに千円カットなるものもしちゃいました。大学生みたいな眉毛になりました。

今晩はゆっくり休んでまた明日からガシガシ動きます。

渋谷、中目黒、横浜中華街の3箇所で、ファンファーレロマンギャルドのライブやり、その後、国立市で大福大録音なるライブレコーディングして、帰ってきて三重で東海道スモッグブラスやり、次の日また石川です。あってますか?ぐちゃぐちゃだ。
  1. 2011/09/15(木) 22:38:15|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ニューライフ

ハズカムということで、ご挨拶はまた明日。
  1. 2011/09/15(木) 01:53:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

さらに





絶賛散歩中~!
  1. 2011/09/14(水) 15:03:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小松市にて


絶賛散歩中!
  1. 2011/09/13(火) 15:38:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小松市にて


鋭意散歩中!
  1. 2011/09/12(月) 18:07:32|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石川に


夜のうちに浜松から石川県小松市へ。
ちょっと移動の仕方が上手でないです。
今朝方、小久保さんから連絡がありました。昨日の公演の様子が静岡新聞に載ったそうです。

こちらでCDのジャケット作ったり、バリチューフェスティバルのプログラム作ったりしてます。印刷屋さんですねー。
  1. 2011/09/11(日) 14:11:12|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

岐阜から浜松




午前中は岐阜市で楽市ジャズ楽団の練習。応用が効くようになってきました。あとは勝手に研究して勝手に上手くなりますねー。

午後はそのまま浜松へ。万葉コンサートというのに、浜松出身のユーフォ奏者の小久保まいさんにデュオでお誘いいただきました。デュオをするにあたって、「ユーフォのデュエットの楽譜はこんなのとこんなのとこんなのしか無いんですけど」みたいな連絡を貰いましたが、「メロディとコードが書いてあれば、メロディ吹いてもらえればなんでもやります」という旨の返信をして。

濃密なデュエットしました。衣装とシチュエーションがプライスレスです。
  1. 2011/09/11(日) 00:25:21|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

岡崎ワンコインコンサート


昼過ぎに家を出て。

働く男のニューエンジンはチューバ2本とユーフォ3本とその奏者を乗せて岡崎へ。

ワンコインコンサート、自分達以外にも出演団体があって。てっきり若手が手軽な演奏を楽しくという内容だと思ってたら!最前線でやってる人がバキバキの本気モードでやっていてびっくり。客席で聞いていたかった。これは良い企画ですねえ。

最大編成のバリチューはトリでした。1番くだけた演奏ではなかったかと。もちろん本気バキバキですけどね。

終演後、ご飯を食べてゆっくり帰宅。明日からの準備でおおあらわ。同時にチューバマンショー二枚目のデータのやり取りも。ようやく自分の手を離れました。いってらっしゃい!

明日午前中岐阜、午後から浜松で夜コンサート、その後、深夜走って石川へ。その後、状況によっては東京、横浜、さいたまへ行けるように。という準備。まー大変。
  1. 2011/09/10(土) 04:02:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モコモコリハーサル


大合奏!
  1. 2011/09/09(金) 03:17:11|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ミックス中



ミックス中ミックス中。台所でミックス中。

「こどものチューバマンショー音源」実は。。。

原因不明のノイズが乗っている箇所が何箇所かあって。。。
(なつかしの「センパイ」とかそういうホラー系でなく、「シャー!」という白いノイズ系)

いかにもノイズが乗りそうな系統でなく、「そこはそのまんまなんだから、ノイズ入らないでしょう!」というようなところに入ってるのですねえ。誰にもわかってもらえないと思いますが。

要するに、ミキサーやら電源供給やらの必要のない一番シンプルに録音されているはずの系統の音源にノイズが入っているのです。わかってもらえなくて良いですが。

「これは。。。苦し紛れのヒスリダクションかけて悪夢のようなリバーブかけてごまかすか。。。それでもダメなら録りなおしか!!それは現実的でないので、収録から外してしまうか。。。」というとんでもない選択を迫られていたのです。。。わかってもらえなくて良いですが。

わかってもらえないなりに、悩みに悩んでいたので、作業が進まなかったのです。

ところが、台所にシステムを移したのが良かったのか、そんなことなんの因果関係もないですが、今日作業をしてみたら、原因不明のノイズ、原因不明のまま無くなっていました。。。


夜、実家に立ち寄ったら、父が「夏の終わりの恐怖映像特集!ザッツ子供だまし!(怖がりの大人含む)」のようなテレビ番組を見ていて。

ぼくは普段、そういうものは確固たる勇気と決心を持って見ないようにしているのだけれど。

「こんばんわ」とか「ちょっと帰ってきたけど」とか、何も言わずに、無言でテレビの部屋に入っていったぼくに「ビクッ」として「おばけかと思った!」と驚いてしまった父の体裁を取り持つために、少しの間、見てしまったのです。

見なきゃよかった。

なぜ怖いテレビ見ないかというと、怖い夢を見る確立100パーセントだからなわけですが。


怖い夢見たくないなら寝なきゃいいので、頑張って編集作業してます。

原因不明でなくなってしまったノイズがまた、原因不明のまま帰ってこないことを願います。
  1. 2011/09/06(火) 01:27:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ロイヤルハンチングス




午前中からお仕事してお昼に帰宅。
クルマからしばらく降りれないほど雨が激しく。
今日の共演のロイヤルハンチングさんが無事に名古屋にたどり着けるのか不安なままちょこっと昼寝。
と思ったら起きれなくなってしまって、気が付いたら15時過ぎ。あわててライブの準備を始め。

16時過ぎに名古屋駅でロイヤルハンチングスのお二人をピックアップ。
ツアー先の金沢からやってきました。

移動大変だったでしょ。と聞くと、北陸の電車は特急に乗らないと乗り継ぎの待ち時間がものすごく長いから、その時間が縮まっただけで、なんとか見込み通りに来れたそうで。納得。でも時間通りに動けないって疲れただろうなあ。

朝からパンをかじってやきそば食べただけというお二人と軽く食事して、エビスカフェへ。
記念すべき20回目になりました。ロイヤルハンチングスさんは、なんと1回目の出演者であります。

新しいCD持参です!

ライブが始まり、最初のステージは、ロイヤルハンチングスのステージ。
ぼくは、お客さんを後ろから見ていたのですが、うら若い女性二人のお客さんが、瀬戸さんのMCをキャッキャ言いながらウケていたのがとても良かったなあ。


後半は、ぼくも混ぜてもらって3人で。
楽譜からどんどんと離れていって、駆け引きを通り越した無茶ぶりとかあったり。
これまた良いライブでした。また来てください。

近所の中華料理屋に移動して、打ち上げ。
ハードデイズ終了しました。
  1. 2011/09/04(日) 00:48:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東京から帰って3公演








目を覚ましたのは、中央道の高速の上を走行中。
朝7時頃に、お疲れのまっちゃんと運転を交代。

本当は、一度家に帰って、シャワーでも浴びて出かけるはずだったのだけれど、高速通行止めでゆっくりと下道を走った時間の影響もあってか、そんなことは言ってられなくなってしまい。

「こんなこともあろうか」と、ポリゴン楽団セットも持ってきていて、本当に良かった。

朝9時に春日井にあるピアニスト奥村さんと自宅にてリハーサルの予定だったんだけれど、ちょっと早めの8時半に入らせてもらいました。

ぼくのクルマと、他のメンバーはそのまま帰っていき、ここでさようなら。


奥村さん宅でシャワーを借りて、リハーサル。横浜からのゲストボーカリストの木村真紀さんも見えていて一年ちょっとぶり?の再会をよろこび。

オフィシャルサイトhttp://www.kimuramaki.com/

木村真紀さんは、おかあさんと一緒のぱわわぷ体操で歌っている方で、おこちゃま相手の手遊び歌なんかのレパートリーもあって、これがまー楽しいのです。午前中にみっちりとリハーサルをやってライブ会場の春日井k-onnへ移動。

おしゃれなカフェがすごいことになってました。子連れのお母さんに聞いてもらえるようにとの配慮で椅子やテーブルが撤去されていて、敷物が敷き詰められていて、さらに今回のテーマは、海賊船の上!

ワカメに見立てられた布がかけられていたり、そこら中に魚やヒトデなんかの海のぬいぐるみが散りばめられていて。ビールケースも良い感じでテンションマックスになったところに、衣装の配給。

海賊だそうです。ぼくはなんと、肩のオウムまで支給されちゃったのです。

13時からと16時から、それぞれ1時間ずつの公演。
たくさんのおこちゃまとお父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃんに来ていただけました。
海をテーマにした楽曲の選択や、木村さんの手遊び唄コーナーなんてあって、もう1時間なんてあっという間ですよ。楽しかったー。


お昼公演終わったあとも、特に休憩時間なく、夜公演のリハーサルへ。
店内の様子も、いつものおしゃれカフェに戻されました。

夜の公演は木村さんのとポリゴン楽団のレパートリーで大人向けのライブです。
手遊び唄も大人向けでもやれば良かったなあなんて、後で思いましたが。

衣装、みんなシックなスーツ姿になりましたが、ぼくは昼間のオウムが気に入ってしまって、スーツの肩に付けて出ましたわい。

きっちりと2ステージやって木村さんと別れを惜しんで。また来年再会できたら良いなあ。
ドラマー神谷さんに家まで送ってもらって、長い一日は終了!

これがまた風と雨の音がうるさくてぐっすりと眠れなかったんだなあ。。。
  1. 2011/09/03(土) 00:25:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マンダラツー「あそぶミュージシャン」




昨日のリハで「あー、この雰囲気ならスライドトロンボーンだったなあ」とか「この曲はフリューゲルホルン欲しいなあ」とか、「マウスピース別のが良かったなあ」とか、自分の持ってきたものに対する予測はずれの念を見せていたホーンセクション三人組み。

よし!明日は新大久保に行って、楽器店巡りするのだ!と意気込んでいたのですが。

昼前に起きた時点でもうすでに勢い半減、さらに大雨で家を出られず断念。
「じゃあ、ライブハウス近所で遅めの昼ご飯でも。。。」という普通の結末になりました。

4時に会場のマンダラツーに入ってサウンドチェックからリハーサル。
前半分の曲目を丁寧にリハーサルしていたら、あっという間に「リハ時間あと10分でーす!」とお店からコールが。

あわてて後半の曲をチェックだけしました。この辺の時間配分難しいねえ。演奏してるとなんだか楽しくなったりしちゃうもんなあ。

本番は、多少の緊張があったものの、皆さんものすごい集中力でものすごい良いショーになったと思います。
ライブが終わってからもずっとお店に残って帰らないお客さんと片付けしないミュージシャン。
「これは、ここだけで終わらせちゃもったいない。」と各自手帳を持ってきてパパッと予定合わせをしまして。
次回、なんとかできそうな感じになっちゃいました。

ようやっと片付けして、次のお店で打ち上げ。ぼくはここでしこたま呑ませてもらいまして。

宿に移動して宿泊!ではなく、そのままクルマで名古屋へ。
運転は松っちゃん。明日の朝からリハがあるぼくは後部座席でグースカ寝かせてもらいました。

はたらく男のニューエンジンの後部座席のまあ寝やすいこと!これは移動が楽になったなあ。

というのは、後部座席の感想で。運転席では大変なことになってました。
東名は相変わらず台風の影響の高波で通行止め。

八王子からの中央道経由での名古屋帰りとなったのですが、こちらも雨の影響で通行止め区間があったようで。
大型トレーラーの後ろについて、トロトロと山道を走ってたそうです。サンキューまっちゃん!
  1. 2011/09/02(金) 12:48:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東京へ&リハ

昼の12時に名古屋駅に集合してクルマで東京へ向かいます。

「あそぶミュージシャン」というライブ企画。

ボーカリスト、平井あみさん、柳川タカシさんフィーチャーのイベントに

石渡岬
照喜名俊典
松本卓也

というホーンセクションに

ほりさきまるちゃん

というパーカッショニストさんの4人で乗り込みます。

今日は、リハをするための前ノリします。

台風の影響で、東名高速の下り、つまり海側の道は高波のためすでに通行止めになっているようで、それを回避するためにも中央道で東京を目指しました。

まー、東名に比べて通り慣れていないということもあって、楽しいですね。
いまどき珍しくなってしまった、寂れた感じのパーキングエリアで、いまどき珍しくなってしまった、(食堂での)パートのおばさん同士の口喧嘩を見たり、いまどき珍しくなってしまった、売店の強引な引き止めを受けたり。

「人間味」という面では、中央道はサイコーです。

12時半に名古屋を出て順調に車を走らせて、東京は高円寺のリハーサル現場に着いたのが、18時。

リハーサルを開始したのが19時。

ここから、ものすごく濃密なリハしました。

ホーンセクションというのは、面倒くさいけれども、
「どのタイミングで入って」「どういうタイミングでクレッシェンドして」「どいういうビブラートかけて」「どのタイミングで音を切るか」というのを全部統一しないといけないんです。

ギターの人が、一人で和音を「ビヨーンと出して、バキュンと止める」というようなことを性格も好みもまるで違う個人同士でやるには、細かい確認作業が必要なのです。それでいて、さらに主役のボーカリストさんを引き立てないといけないという。

このあたりのことって、ホーンセクションだけで勝手にやっておけば良いことのように思われがちなんだけれども、ボーカリストさんや、他の楽器のバンドメンバーによって左右されることなので、なかなかそういうわけにもいかないのです。理解されないことでもあります。

でも!今回のライブでは、この辺りしっかりやらせてもらえました。

別に、頼んだわけでもないのだけれど、ギター、ベース、キーボードなどのエレキ楽器プレーヤーさんは、音量を絞りに絞って、ほぼアコースティック状態。

「ペチッペチッ」というアタック音しか聞こえません。

ドラマーさんも「ニュアンスや寸法を確認するだけでいいから」と。膝をペチペチ叩くだけ。
ものすごく細かいところまで行き届きました。

リハ終了は24時。充実したリハができて嬉しかったなあ。

そこから、宿泊場所へ移動して。

「時間ももったいないので、すぐにおやすみ」となるはずもなく明るくなるまでジブリ映画の鑑賞会になってしまったのであります。
  1. 2011/09/01(木) 02:34:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0