GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

台所で

201108008.jpg

今日明日の2日間でずっとほったらかしになっていた、チューバマンショーのCDの編集作業するぜい!
ということで、離れにあった録音用パソコンを台所に持ってきました。

一度、ドアを出て、庭に出て、離れにいって、暗い中電気のボタンさがして。

ってやってるのが作業を遅らせていた原因に違いない!とおもいまして。

何も台所じゃなくても良いんだけど、他に場所が無くて。。。

同じような絵、ものすごーい過去の日記に写真載せてたことあったなあ。
  1. 2011/08/30(火) 15:05:45|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バキバキからモコモコ

朝5時、まだ日の出前に浜名湖畔を出てズバッと帰宅。

昼からのビッグバンドのリハーサルの準備と練習を朝っぱらから。
ちょこっと昼寝しようかとも思ったけど、なんだかテンション高く、そんなんでもなくなってしまった。

バストロンボーンをクルマに積み込んで出発。
クルマを練習場の近くに置いて、楽器を練習会場に置いて、うどん食べてリハに向かいます。
うどんが重要。

練習会場の近所のセルフうどん屋さん、店が変わってたなあ。
これはもう一回来ないとわからないなあ。本番の日にまた来ますか。

ビッグバンドの練習、内容としてはエリントンを中心とした楽曲の練習だったのだけれど、個人的には慣れないバストロンボーンのポジションの練習といった意味合いもありました。

いやー、慣れない楽器練習するのって楽しいなあ。

ビッグバンドの後はモコモコ会議。
いよいよ大詰めです。実際にプログラムのこととか、当日の動きのこととか、楽譜のこととかそういう踏み込んだ内容になってきました。

チラシを作ったときには予定が不確定だったので載っていないんだけれども、あの楽しかったチューバマンショーゲリラライブもまたできることになりまして。それどころか、大合奏でチューバマンソロが出てくることになりました。とサラリと書いておきましょう。

さて、この広報活動の一環として、9/9日に岡崎市でバリチューやります。

2011/09/09
【愛知県岡崎市】ワンコインコンサート 日本がんばれ! 東北負けるな!!

岡崎市羽根町字貴登野15番地 岡崎シビックセンター コロネット

【出演】名古屋ユーフォニアム・テューバアンサンブル
加藤 博司 水野 彰 照喜名俊典 櫻本明日実 仲田 歩
加藤 日名子 谷口 史洋 市川 紘 高橋 勇祐

【料金】500円

【会場】岡崎シビックセンター コロネット
岡崎市羽根町字貴登野15番地
TEL:0564-72-5111

【備考】
開場18:30開演19:00
他の団体さんも出演します。オープニングにファンファーレを演奏してから、他の団体さんの演奏があり、また一番最後に出番があります。

チケット手元にありますので、ぜひぼくから買ってくださいませ。
  1. 2011/08/29(月) 15:05:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

音もダチフェスティバル二日目



外で寝るにはまだ夏過ぎて、朝汗だくで目覚める。

シャワーを借りて行動開始。
セッションに参加したり、ライブ見たりまったりと湖畔のテーブルでご飯食べたりワイン呑んだり。
自分の出番が夜なので、時間はたっぷり。くたびれたら(懲りずに)クルマで昼寝してまた起きたら同じようなことをダラダラと。リラックスして過ごしました。
いやー、久しぶりにいいライブたくさん見て、クリエイティブな人達に囲まれて良い刺激になりましたわ。

てるてる家族のステージは4曲であっという間に終わってしまった。
こういう短いステージって、自分にしてはあまり経験が少ないほうなので、やり残し感がないよう、全力疾走しました。ひょっとして全力疾走感丸出しで邪魔臭かったろうか。。。

りぶさん、高田エージさんのフィナーレへと突入して、いつもの感動。
お客さんの半分が、楽しむ気マンマンのミュージシャンなので、盛り上がり方がすごいです。
手拍子が遅れたりしません。バチッとアガります。

打ち上げもしっかり参加して。これまた早目の撃沈。最近、早いなあ。
  1. 2011/08/28(日) 20:50:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

浜名湖畔にて






お昼過ぎに家をでる予定でいたのが、なんやかんややっていたら遅くなってしまい、夕方に出ました。
向かった先は浜名湖畔にあるライブハウス、ワッツで行われている音楽フェス「音もダチフェス」です。
3回目の出演になりました。いろーんなバンドの人と音もダチになることができまして、独りでピューッと行っても,
お客さんもミュージシャンも知り合いたくさんで、再会を喜びました。

今日の出番は無かったんだけれど、一番最後のセッションにスーザフォンで参加。
楽器の見た目にインパクトがあるって、いままであんまり経験したことなかったので、ちょっと得した気分です。
あっという間にセッション終わって、中打ち上げへ。

割と早目に撃沈して、キャンピングカー仕様のクルマで寝ました。
  1. 2011/08/27(土) 09:03:18|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

普通ご飯

ほんとうは、午前中にバリチューの本番があるはずだったのになくなっていたのを知ったのは昨日の夜で。

「明日の本番、何時に集合か知ってる?」「あ、それ無くなったョ。」

ということで、午前中はわりとゆっくりしてました。
ご飯炊いて、イカ焼いて、味噌汁作って。
この普通のご飯が久しぶり。いつから家でご飯食べれてないのか。

DSC_5529.jpg
DSC_5560.jpg
DSC_5595.jpg

先日ライブを行ったスタジオさんから写真いただきました!
これはだいぶカッコイイです。レポートも。
http://runshimo.blog.ocn.ne.jp/studioon/2011/08/post_488c.html
チューバ漫談だそうです。

二人の宝島アップしました。


そしてチューバマンショーのジャケット、あの!!キイロノハサミさんにお願いしました。
これはだいぶカワイイことになっちゃいます。

  1. 2011/08/26(金) 09:28:32|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大須チェザリ



嗚呼!名古屋の喫茶店!

雨の中、9時過ぎに宿泊場所を出て。
電車に乗る前に立ち食いソバ。これが結構夢だったんですねえ。うまいまずいでなく。駅前に必ず蕎麦屋があるって楽しいなあ。

10時半に新宿をバスで出る。
2500円で帰ってこれます。時間かかるけども。ほとんど寝てました。

17時に名古屋に着いて。ただいまーというわけにはいかず、向かった先は大須。
すっかり有名店になって、外まで大行列のナポリピザのお店チェザリへ。

われながら無茶だなあと思うのですが、そのまま名古屋でポロゴン楽団ライブです。
くたびれるかなあと思っていたけども、そんなことも無く。

問題は別のところから始まりました。

演奏しだしてすぐ、お腹が「ぎゅるぎゅるぎゅる」と痛み出して。。。
「ごめん、ちょっとトイレ。あとのテーマメロディ吹いて!」とサックスのせり君にお願いして。

何かにあたったのか、冷たいもの飲みすぎたのか。トイレから出られず。戻ったときには1ステージ目最後の曲。
こんなことは初めてですわ。普通は演奏始まったら、集中してるからお腹なんていたくならないもんなあ。。。
ジャズのステージじゃなかったらアウトですわ。迷惑かけました。

お陰さまでヤツレヤツレになったけども、あとは無事に終了。
久しぶりの帰宅。バタンキュー。
  1. 2011/08/25(木) 16:45:33|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー






大久保に新しくできたチューバ専門店Tuba88にお昼過ぎに到着。チューバマンと合流します。

チューバ専門店。チューバマンはあっという間にハイテンションになって、あっという間に試奏ルームに消えていきました。ぼくもまあ楽しいのだけれど、チューバ吹けないもんなあ。近所を散歩したり、店長さんとバイクの話したり。

ようやく出てきたチューバマンと、新企画、「突撃!あなたの街の楽器屋さん」という動画撮影に行きました。
チューバマン考案の新企画、楽器屋さんを襲撃して演奏して、驚いた人の顔を撮影するというのですが。
3軒回ったうちの1軒で追い返されました。

「まあ、普通そうだろう」と思うのだけれど、結構ヘコみますね。
他の2軒は暖かく受け入れてくれました。
DACさん、ザ中古楽器屋さんありがとうございました。
そのうち動画アップすると思います。

暑かったので汗だくになってTuba88へ帰ってきて。
ちょこっと休憩して「さあ、リハでも」と思っていたら、ここから続々とチューバ奏者の皆様の訪問がありまして、しかも、有名人ばっかり。
あまりのプレッシャーに逃げ出してお店の外におりました。

結局リハしたのは本番前30分の10分間。

あっという間に開場時間になり。

今回の開場はお店ではなく、徒歩30秒のところにあるスタジオ。

スタジオってどういうことかなあ?と思っていたのだけど、これがとてもとても広い良い場所でした。
機材が一切無くて、さらに、どいういうことかなあ?と思っていたら、写真スタジオだそうで。

でも、天井高くて、ユーフォチューバやるには最高ですね。

チューバ専門店オープン企画で、お店の近くということで、やっぱりお客さんはチューバ吹きさんがほとんどだったのだけれど、ライブ慣れしていない人達というのは、ちょっと「あ、笑っていいんだ!騒いでいいんだ!」と思ってくれるまで時間がかかりますね。こちらの腕次第ですが。
楽しくやりました。

勝手に作ったTuba88のテーマも晴れてご好評&ご公認いただけまして。
お店に楽譜置いてもらったり、きちんとレコーディングして、お店でかけてもらったり、いろんな使い方してもらおうと思います。
  1. 2011/08/24(水) 22:05:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

高山から東京

朝5時に小阪町の旅館を出て、名古屋市へ向かいました。

途中雨が強く降っている場所があったり、ラジオで「愛知県一宮市が冠水」とかいうニュースを聞きながら。
そしたら、次第に「岐阜県下呂市」とか「高山市」とか、さっきまで居たところが警報区域になって。

「あらー。大丈夫かしら。とりあえず、早く出てきてよかった。」なんてホッとしながら運転して。
ゆっくり運転しながら朝9時過ぎに名古屋市に着いてお仕事一つやって。

まだ下呂にいると思われる富安さんに電話を入れましたら「至るところが通行止めで足止め状態。下山不可。」だそうで。大変なことになってしまいました。


ぼくは、いったん自宅へ帰り荷造り。
楽器と楽譜とパソコン持って、バスで東京へ。
珍しく、17時半名古屋発、22時半新宿着というバスを選んでみました。
これなら、東京着いてからちょこっと遊べるかも。なんて思って。

今回のチューバマンショーは大久保に新しくできたチューバ専門店「Tuba88」さんのオープニング記念イベントでのライブです。

何かお祝いを。。。と思っていたんだけどもせっかくなので、勝手にチューバ88のテーマソングを作ってプレゼントすることにしたのです。で、この度の下呂への行き帰りのクルマの中で鼻歌を携帯に録音したものを、バスの中でパソコンに打ち込んで、アレンジして。

ヘッドフォンでやるわけですが、バスのノイズとチューバの音域がどうも同じらしく、聞こえにくくて、ピアノの音色にしてみたり、2オクターブあげてやってみたりと、ちょっと工夫が必要でした。

それでもなんとか東京に着くまでに完成!とてもカッコいい曲ができてしまいました。
サビの部分は、「チューバエイティエイト、チューバエイティエイト、チューバ、チューバ、チューバ買うならエイティエイト」という歌詞が着けられるようにしてあります。

気に入ってもらえるだろうか。使ってもらえたらいいなあ。なんせ勝手に作っただけだからなあ。

今回泊まる西荻窪には「中華21」というお店があるので、チューバ88がダメだったら、そっちに。。。
なんて思ったりして。


  1. 2011/08/23(火) 13:58:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

高山越えて


先日、高山行ってきたばかりですが、高山越えてさらに向こうへ。山をぐるっと回ってるので、ぼくのルートでは向こう側になっただけですが。久々にキビシい峠があるような場所を通りました。

途中、パーキングエリアに寄るも、土砂降りで降りられなかったりして。天気不安定。

15:00くらいに会場に到着。小坂町の大きなお寺で行われるチャリティライブで、地元の方々に混じって、てるてる家族で演奏します。お寺の一室でゆっくりしながら、基本的になにもかもゆっくり進んでいきます。時間的に遅れがちとかそういう意味でなく。誰も焦っていないというか。

本番までの時間、とてもリラックスして過ごしてました。天気は相変わらず不安定で夕立も。

コンサートには、どこから集まったのかというくらいたくさんのお客さんが。ありがたいですね。立見も出てました。楽しい曲としっとりと聞かせる曲の振れ幅がとてもとても大きかったですねー。

終演後は、町内の旅館へ。人生の経験値が上がりました。ファンキーな宿でした。
  1. 2011/08/22(月) 22:34:17|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

高山から帰り焼肉




朝早く起きて、お世話になった方にご挨拶したり。
昨日は時間が遅すぎて、暗くてよく解らなかったけど、古川町。こじんまりと、静かで良い街です。
ありきたりの観光地のように、媚を売っていないところがいいですね。
「これが自分たちの生活です。わかんなかったらいいです。」みたいな。


高山からいったん帰宅後、必要機材を積んで、名駅へ。焼肉美光8周年パーティでの演奏です。

昨日のてるてる家族で一緒だったバイオリニスト黒田かなでさんと、かなでさんが「合わせたかった~」というオススメのピアニストさんと、パーカッショニスト田口さんと。

初顔合わせの4人。リハーサル時間30分。
本番の演奏時間90分。

どう見てもリハ時間足りないですが、ほとんど、性格的なフィーリングの確認という感じでした。
「あ、こういうところは、目配せだけでおまかせしちゃって良いのですね!あら!そんなところまでフォローしてくれるのですね!あら!そんなに攻めるの!遅れをとっちゃった!」みたいな。
実際の会話以上のことしてました。


ただ、想定外のことは。
今回は、いろいろな都合で、クルマを名駅のコインパーキングに乗り捨ててそこから歩いて会場に入るため、楽器はバルブトロンボーンだけ持ち込んだのです。

「まあ、これでなんとかなるだろう」と。
そうしたら、みんな、ものすごく豊かな音色を出すのですね。
かなでさん生バイオリン(音響的な操作なし)。ピアニストさんも電子ピアノとキーボードアンプ。

自分の音のなんともペラペラのこと。
たまらず、クルマまでユーフォを取りに戻りました。

溶け合うために、より豊かな音がでる楽器を求めたというのは、ひょっとして初めてかもしれない。

いつもは、際立つための鋭い音色というのを探してたんだなあ。

本番、リハ時間が短かった副作用というのは確かにありまして、いろんなところで間違いが起こっていたのですが、その度に、二重三重の素早い分厚いフォローが来るのです。

そのほか「ここはフォローしないかんね。あと、どう展開するか見ておくから。うまくやったら適当に入るから。そこんとこよろしく。」みたいなメッセージも受けたなあ。全部、音で、気配でですけどね。

これが、結果的にうまく絡み合ってたんですなあ。
写真のとおりだなあ。
  1. 2011/08/21(日) 00:35:24|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

てるてる家族イン高山


お昼前に家を出まして、向かった先は岐阜県高山市。てるてる家族のライブです。

詳細は聴いていたのか忘れていたのか、どこでどんなライブをやるのかよく状況が解らないまま集合場所に行ってみましたらば。庭を囲むように母屋があって、はなれがあって、土蔵があって。その他、畑やらなんやらいろいろありますわ。

どでかい日本家屋にて行われたプライベートパーチーでした。
日本家屋ソムリエとしては、湾曲した巨大な梁とか、床板とか、そんなものを見るだけで興奮するのに、ちょっとした明り取り窓にステンドグラスがはまってたり、漆喰の壁がつややかだったり。もうほんとは開けちゃいけない扉まで開けて首を突っ込んで見たい衝動を抑えるのに必死でした。(開けてませんよ)

本当は、庭の一角。土蔵の軒の下で屋外演奏するはずだったのですが、あいにくの雨ということで、母屋の中でのライブになりました。ええ、そうです。家の中でライブができちゃうのです。

パーチーには、酒屋さんや、料理研究家さんやらがそりゃもう自慢の品々を持ち寄っておりまして。
バンドもご相伴に預かったわけですが、もうブレーキかけるのに必死でした。

ライブは、畳の間にて。至近距離。やっぱりこういうのが好きですね。
なるべく早く自分を解って欲しいということなのかなあ。

その後もたんまりとご馳走をいただきまして。

こういうの自分ちでもやりたいなあ。

まだまだ大盛り上がりのパーチー会場を後にして、隣町の宿泊でお世話になるライブハウスへ移動する途中。
花火大会に遭遇。なんだか迷い込んでしまったような田んぼのあぜ道で、もんのすごい至近距離で花火大会を目撃しました。

ライブの後にこういうのが入るっていいなあ。じぶんは演奏して、ある程度の興奮状態にあるわけですが、布団に入るまでに、さらなる興奮状態になることなんて普通ありませんわ。

これで、今日は終了~!大興奮の一日でした!

と、なるかと思いきや、お世話になるライブハウスというのが、ものすごく雰囲気が良くて。
人がものすごく気分が良くて。

思いのほか、楽器やらなんやらに興味を持っていただけまして楽器を引っ張り出してきて吹いたりして。

さらに、お蕎麦屋さんも経営しているということで。蕎麦談義に華が咲きまくったりして。

さらにさらに、近所に焼き鳥屋さんがやってる高山ラーメンのお店があるということで。

興奮しっぱなしのまま、寝床にいく途中に、ガマガエルがドデーンといたりして。
もうすっかり半袖半ズボンでは寒かったりして。

寝られるかー!!と、コーフンしながらパタンと寝ました。
  1. 2011/08/20(土) 17:12:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

エビスカフェライブ


月例エビスカフェライブ、今月はポリゴン楽団のジャズピアニスト奥村俊彦さんと。

奥村さんとはバンドではたくさんライブを重ねてますが、デュオでとなると、何年ぶりだろうか。
リハーサルするまでは、多少不安もありましたが、ちょこっと音を出してみたらスッキリ。じぇんじぇん大丈夫です。
バンドの形態に関わらず、積み重ねられるものはあるようです。


今日のライブの仕切りはぼくでありまして。
だいたい、ライブを仕切っている人が曲順を決めるというのが、当然の役割分担になっているようですが、本日に限っては奥村さんと二人であーでもないこーでもないとダラダラと決めました。こんなことができるのも、なんだか他にないなあ。

実際にライブが始まったら、お客さんの様子をみながら、オリジナルやったり、ジャズスタンダードやったり、アドリブ講座入れ込んだり、あらかじめ決めてあったことと逸脱したりして。
自由度が高かったのも年月がなせることなのかなあ。お互い「これは得意、これは苦手」というのが解ってたりしております。

いろんな曲やりましたが、基本的にほんわかしておりました。
「なんだか笑ってるかんじ」っていうのが共通しているのかなあ。

お客さんに「俊俊s」ですね。と命名いただきました。
これはまたやりましょうやりましょう。
  1. 2011/08/19(金) 00:55:18|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大革命!

Image1031.jpg

というわけで、10日からほとんど家を空けていたので、家事やらなんやらが溜まっておりまして。

とくに洗濯物が危機的に溜まったりしておりまして。

何度も言ってる気がしますが、テキサスでの独り暮らし長かったので、一応料理始め、家事全般自分でするようになってます。
東京で独り暮らしするのと、異文化の地で独り暮らしするのは、随分と違うと思っております。
魚を釣ってきてさばいて自分で料理して、馬に乗ってショットガンぶっぱなして牛をやっつけるというのが、つまりその、異文化の地での独り暮らしなんですが。

まあ、前置きはこのくらいにしておいて。
その一通りできるようになっているつもりの家事の中で、昔からできなかったことが一つ!

洗濯物をたたむ。

もう、どうしても綺麗にたためなくて、まるっきり独り暮らしの頃は、ハンガーで物干し台からそのままクローゼットに吊るしてました。

今は、Tシャツなんかは4つ折にしてましたが、ぼくがやると綺麗にできないため、「乾いた洗濯物は触らない」ようにしてました。


この度、そうは言ってられなくなってきたので、ずっと半信半疑でバカにして見ていなかった「洗濯物のたたみ方裏技」という動画を見てみました。まあその結果が写真です。10分かかってないもんなあ。

「洗濯物が綺麗にたためるようになって嬉しい」というのがニュースになるのは随分と情けないというのは解っておりますが、これはぼくの中では一大事なのであります。こんなこと、まだまだ日常の中にたくさんあるんだろうなあ。

洗面所のボールやシンクに水垢が着かない裏技とかないですか?
  1. 2011/08/17(水) 22:18:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

夏休み最後


ジンベイザメイン、アザラシ、イルカ、ペンギン経由の刺身、焼き魚定食アウト。帰りの高速バスは渋滞していませんように。

の数時間後のバス移動。休憩所で運転手さんと立ち話。

運転手さんの予想&ぼくの予想は「まあ、一宮手前で10キロ渋滞してるけど、今、収束に向かってる最中だからこのバスが一宮あたりに着く頃には渋滞はもっと短くなっていて最終的に30分遅れで23時には名駅に着くでしょう」と一致。

ところが一宮インター手前の渋滞は短くなっているものの、ピタッと止まってしまいました。
隣の路側帯を救急車や消防車が駆け抜けて行き。。。

どうやら、事故が起こっているようで。この時点で22時半。

ぼくの名古屋発の終電が24時。

もう、ほとんど諦めて、タクシーで帰るか漫画喫茶にでも泊まるか。
一応、3時間歩いて帰るというシミュレーションも頭の中でしてみたけども、これは体力的にナシになりました。

ようやく車列が動き出したのが23時。

もう諦めていたので「時計なんて見るもんか。ぷんぷん。」とスネていたのですが。

高速一宮インターを降りたのが23時半。しっかり時計と睨めっこしてますね。

降りてからは奇跡的な信号のひっかからなさで、名駅バスターミナルに着いたのが23時50分。

名鉄名古屋駅まで猛ダッシュして、駅のコンビニ立ち寄ってトイレまで行って、終電に乗ったのでありました。
  1. 2011/08/16(火) 21:25:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

夏休み


一揆蕎麦(イッキソバ)インの、渓谷&滝挟みーのBBQアウト。
  1. 2011/08/15(月) 23:11:12|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小松

朝7:30の高速バスで石川県へ。
楽器持ってませーん。

名鉄バスの高速バスは初めて。一宮から名神乗った途端、渋滞してたけど、コテンと寝てしまい、起きたらもう福井。

高速バスの降り場が「インター」ってどういうことだろう?と思ってたら、ちゃんと料金所の手前にバスレーンとバス停があるんですね。新規参入のバス会社しか使ったことないからかなあ。新しい社会勉強となりました。

ソーメン食べたり、虫探ししたり、正しい日本の夏休みです。
  1. 2011/08/14(日) 12:46:52|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブルーマッカレルGO!GO!

ブルースバンド、横江鯖吉ブルーマッカレルGO!GO!のライブを今池トクゾーにて。

ブルーマッカレルというのは、鯖のことらしいですが、そもそもなぜ横江さんが鯖吉を名乗ってるかはよく解りません。

ギターボーカル
ギター
キーボード
ベース
ドラム
パーカッション

というすでに豪華な編成に
トランペット
アルトサックス
トロンボーン

が入ります。アレンジもやってます。
今回の曲数は19曲!参考音源を貰って「キーはこれに変えて」だけで楽譜を作ってます。残念ながら、ぼくはあまりブルースとか聞いてこなかったので、このジャンルにおいてどんな位置にあたる人の曲をやっているのかよく解らないんだけど、「最近CMで流れてる流行りの音楽スタイルは、コイツの真似だったか。」という発見はたくさんあってとんでもなく楽しいです。


リハでは全部の曲を通して、ヘロヘロになって。さあ、本番までの間に晩御飯!と思ってたら、コンビニへ行くメンバー多数。コンビニご飯嫌いなので、普通にお店に入って注文してから本番までの時間が30分しかないことに気付いて慌てて食べて。

本番はまあ、いろんなことがバッチリいきました。偶然なのか、これも経験なのか。
ギターソロを自由に弾いている人のバックで、どんなタイミングでホーンセクションが伴奏フレーズを吹き始めるかなんて、ほとんど運任せで、だいたい短すぎるか長すぎて意味が無くなっちゃうんですが。よかったよかった。人のほうが上手くできるかもしれないことだけど。何となくステップアップ。よかったよかった。
  1. 2011/08/13(土) 00:42:06|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

帰る


昼過ぎに起きて、ラーメンを食べに。こういうののリーダーはチューバ高橋くんです。

「絶対にこってりが食べたい」という顔で「あっさりとこってり、どっちが良いですか?」と聞いてくるので、「顔に書いてあるほうで」と。

ラーメン食べて、一瞬東名に乗るも、渋滞していて中央道へ迂回。これが正解でした。なぜか上りはずっと混んでいたようだけれど。

またワイワイ騒ぎながら。

音楽は、みんなのうたから、招待のよく解らない北欧の音楽まで。途中、アイフォンでゲームをし出したのだけれど、ぼくはそういうのは興味持てないんだなあ。

若者の運転はやはり若く非難を受け、渋い人の運転はやはり渋くてさすがなのでした。「速い」より「安心できて疲れない」ほうにしましょうね。

夜、21:00過ぎに無事に帰宅!

あ、「昨日のエコバージョンのスモッグブラスだったら、地元のエビスカフェでもライブできるなあ」と思い、予定合わせしながら帰ってきました。10月に地元でやる予定です。
  1. 2011/08/12(金) 14:42:13|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東海道スモッグブラス居残り




昼過ぎまでゆっくり寝かせてもらって、むくっと起き出して、今晩の会場へ荷物と楽器を運び込んで。
そりゃまだ夜までは時間があるので、お友達がやっているイタリアンレストランで、日本一おいしいミートソーススパゲティ食べる。トスカーナ吉祥寺店。

その後、吉祥寺駅周辺をチューバ高橋君と散策。吉祥寺初めてだという高橋君を好意のつもりで、いろいろと連れまわしたんだけど、息が上がってる高橋君みて申し訳なく思う。


今晩のライブは、昨日のライブ一本だけだと東京にくるのが勿体ないと、東京のギタリストたく君に急遽組んでもらったものでした。で、「スモッグブラスから残れる人は参加ご自由に。」ということにしておりましたが、蓋を開けてみたら、スモッグブラスからは、ギターとドラム以外のホーン隊全員参加できるということになってまして。

「それじゃ、スモッグブラスやろか。スモッグブラスのステージの後にセッションにしよか」ということになりました。


ドラムが居ないスモッグブラスもそれなりによかったですよ。松本卓也くんのデスメタル声もなんだかよかったですよ。室内楽アンサンブルみたいでした。とまでは言いませんが管楽器だけというのもアリだなあアリだなあ。


そしてセッションになだれ込み。大いに盛り上がっちゃったのです。盛り上がっちゃったらしいのです。
  1. 2011/08/11(木) 18:17:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東海道スモッグブラス東京

朝10時に名古屋駅に集合。待望のニューエンジンでのハイブリッドニューツアーです。よくわからんけど、それだけ嬉しいのです。
行きは、トランペット、トロンボーン、サックス、チューバ、ドラムの5人。

もうちょっとね、人も荷物も載せたかったんだけど、先に東京に行ってる人と、後からくる人がいるので。
スペース余裕でした。走りも余裕でした。




石渡岬ちゃんリーダーの東海道スモッグブラスの東京初公演です。

「仕事の後、寝ずに来た」というドラム近藤君がよく喋るので、一番後ろの席で寝かせました。
あっという間にチャージ完了したようで、すぐに喋りだしました。

運転交代しながら、それぞれが持ってきたCDかけたりしながら、ワイワイと。
一番若い人に運転を交代したら、運転が若いので体も頭も休まりません。実際に急ブレーキ踏む場面なんかもあったりして。荒い運転は嫌い。

東京インターくぐったのが16時で渋滞に巻き込まれて会場に着いたのが予定より1時間遅い17時。
natteru.jpg

着きましたー。

慣れない場所でのサウンドチェックに割と時間がかかったけど、「本番大きく吹こう」ということにして、外へご飯食べに。
ご飯食べながらも「東京の初めてのワンマンライブ、だいじょうぶだろかー」と心配していたんだけども、バンド暦が長いメンバーのバンド友達という人達がたくさん来てくれまして、なんと満員になってました。

昔、東京にいた頃の先輩とか、名古屋で一緒にバンドやってた人とか。
最前列にいて、目を閉じて音を浴びているかのような状態で聴いていたおじさんがいたり、エフエムラジオのライターさん?が聴きにきていたりと、なんだか「どこで聞きつけて、どういうつもりで(失礼)聴きにきてくれたんだろう?」というような人も。うれしいですね。

ノリノリからしっとりまで、いろいろなナンバーやりまして、22時半には無事終了!

ここから、バンドメンバーがそれぞれの友達のところ、その数、6箇所!へ散らばっていったのでした。
面白いですねえ。

ぼくはギタリストタク君のところへお世話になり。
ご飯食べにいって、割と早く寝ました。朝4時。
  1. 2011/08/10(水) 18:02:49|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フランスから女流ユーフォニアム奏者



フランスからユーフォニアム奏者の山田伊津美さんがやってきました。明後日、名古屋市の宗次ホールのランチタイムコンサートに出演しますそうで。皆さん行ってあげてください。今期のバンドジャーナルのワンポイントレッスンのコーナー担当もしてます。

山田さんとは、東京で、留学経験のある二刀流ユーフォニアム奏者4人によるエキスポニアム4というコンサートやって以来ですね。大学の4つ下の後輩にあたり、そらもういろんな意味で可愛がりました。

後輩にあたる大学の現役の学生さんなんかも交えて飲み会したんですが、山田さん、フランスから楽譜のお土産買ってきたりしてました。すごいねえ。ぼくもこういうことしなきゃいけないなあ。悪さ教えるだけでなく。

音楽の話、楽器の話、いろいろしましたが、やっぱり学生時代の昔話なんか楽しいですねー。お酒の失敗の話とか。ぼく、山田さんはじめ、今は偉くなった人の学生時代の酷い写真、たくさん持ってます。へっへっへ。
  1. 2011/08/09(火) 23:44:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スモッグブラスリハーサル


東京ワンマンに向けて。

ほんとうはもう一度リハーサがあったはずなんだけど、先日の台風の日の夜で、流れてしまったのです。

リーダー石渡岬ちゃん作曲による東海道スモッグブラスのレパートリー、数えてみたら20曲にもなっていました。ワンマンでも余裕の曲数ですね。しばらくライブしてなかったのど、メンバーが少し入れ代わったので、その辺りの確認を中心に。
  1. 2011/08/08(月) 00:20:23|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

てるてる家族イン関市




昼前に家を出て向かった先は岐阜県関市。お昼間にデイケア施設の夏祭りで、てるてる家族にて訪問演奏です。デイケアといっても対象は子供達です。子供達、立ち上がってワイワイやってくれましたよー。

演奏後、ヤキソバをいただいたりこれまたワイワイやりました。珍しくトルティーヤさんなんかも出てきて。ぼくはトルティーヤさんはテキサスでお世話になってるので、ちょっとすきなのです。


夏祭りをひとしきり楽しんだ後、夜のライブ会場「ロックンロールカフェ」へ。学校の校長先生が退職してから建てたというハコで。はっきり言ってナメてました。ほんの小さな家の一室で、何の音響機材も無いところで、しんみりとやるのかと思ってたら。

壁にはビッシリとビンテージギターがずらり!ステージから照明から綺麗な素敵な建物でした。大物アーティストさんもたくさん来てるようでした。
サウンドチェックしたら、BBQ呼ばれたりして。
ライブはアツく楽しく。

お客さんに、去年のNHKの終戦記念スペシャルの軍楽隊役で一緒に出演したトランペット吹きさんが来てくれたりして。お客さんも交えて大笑いしながらライブしました。

ライブ後もしばらくお店に残って、マスターとおしゃべり。ものすごく懐の深さを感じました。
  1. 2011/08/07(日) 22:49:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

てるてる家族イン豊橋


豊橋ハウスオブクレージーにてライブ。

会場入りする前に、手前の豊川市に寄り道。前回、豊橋ハウスオブクレージーでライブしたときに共演させていただきました、地元のバイオリニストさんが指揮を降る、豊川の吹奏楽団さんに遊びに行きました。一般バンドなんですが、中学校で練習していて、一般の人と中学生がごちゃまぜになって団が形勢されているという。

これはちょっといいですねえ。おそらく昔から楽器やってる一般の方々が中学生に教えたりしてます。いまどき、こういうことはどんどん難しくなってきているんではなかろうか。

バイオリニストさんが指導する内容も体育会系ブラスバンドではなく、ものすごく音楽的なことばかりで。中学生、これが普通だと思ってるんだろうなあ。恵まれてるなあ。

そして、会場入りしてサウンドチェックして。音作りもちゃっちゃかちゃっちゃか早く進んで気持ちよいです。

リハをして本番までの間、飲食する組みがいたんだけれども、ぼくは「ちょっとすみません」と別行動。この豊橋の商店街というのが、まだイマイチわからないのです。商店街ソムリエとしては、ちょっと分析しておきたいのです。
盛り上がってきてるのか寂れてきてるのか。
この豊橋駅前は、なんだか、ヒジョーに判断しづらいのです。
歩き回った結果、どうもビミョーな空気を感じることしかできませんでした。

ライブは、(前回の京都拾得ライブからの)ブランクを感じさせないもので、今までやってきたことを確認しつつ、新しいチャレンジを積極的に絡めるような内容になりました。みんなすごいよなあ。このメンバーでやると、自分の本番の集中力の無さを痛感します。

ライブ終わって、クルマに荷物を積み込んでいるときに、執拗な客引きに遭う。
なんだかオカシな雰囲気はこの辺のことにも関係してるよなあ。

  1. 2011/08/06(土) 20:09:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

石川から岐阜

朝、自宅を出て石川県小松市へ。

9月から始まるニューライフの準備です。
畑に行って野菜採ったりしてゆっくりして。15時には小松市を出て今度は岐阜で降りて。

今年度も指導に入ります、岐阜市主催の市民ビッグバンドプロジェクト「楽市ジャズ楽団」の初めての指導に行ってきました。今までは、割と曲を仕上げることばかりやってたんですが、今年度は、各個人がアドリブソロを吹けるようになってもらえるような事をしていきたいと思います。

毎年のことですが、トロンボーン、まだ席に空きがありますので、ご興味ありますかたはご連絡くださいませー。
  1. 2011/08/05(金) 20:44:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ものすごいモコモコ

いよいよ当日になりました。

最大10人のモコモコアンサンブル。
ロビーにて、たくさんのお客さん相手に。でも、ステージは無く、お客さんも近くて。

なんだか、冒頭の挨拶から「モコモコで暑苦しいですけど」とか、演奏者のほうからくだけた感じでアプローチしてました。

演奏曲目は

ペリのファンファーレ
ファンタジア
アイネ・クライネ・ナハトムジーク
ポルカ「狩り」
イージーウィナーズ
アメリカンパトロール
メリー・ウィドゥセレクション
リズマッチョ

アンコール
木陰の散歩道
明日があるさ

という、いかにも!ロビーコンサート!といった内容で、仮名でプログラムに書いてあるのもマル!


リハーサルは何回も重ねてきましたが、このロビーで演奏するのは、本番が初めて。
どんな響きがするんだろう。と、怖くもあり、期待もしてたんですが。

自分が吹かない曲のときに、ロビーの後ろの方に行って、聴いてみたらば。

思ってた以上にモコモコしてました。
でも、思ってた以上に聴きやすく、綺麗でもありました。

思ってた以上のモコモコ感というのは、これは会場の乱反射のせいですね。
当然、音楽を演奏するために設計はされていないはずで。

でも、聴きやすかったのは、皆さんさすがというかなんというか。まあ、当然なのかもしれないけど。何かしらの調整してたんだろうなあ。



今日やったのは、ぼくの普段の活動からすれば、「オカタイ」側の現場だったんですが、リラックスしてできました。やっぱりこういうお客さんが近いセッティングがいいなあ。喋っちゃうくらいが丁度いいなあ。
これ、例えばビールケースくらいの高さのステージとか組んであったら、途端に感じ変わっちゃうだろうなあ。

うん、このロビーコンサートはまた出演したいなあ。

お越しくださいました皆様ありがとうございました。

秋のユーフォチューバフェスティバルに向けて、このような演奏の場を他にも設けていく予定です。
ぼくが参加しないような本番もあるのですが、

ユーフォチューバフェスティバルin名古屋ブログ

にスケジュールを載せていきますので、またモコモコしたくなったら、チェックしてみてください。

  1. 2011/08/04(木) 00:59:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モコモコからバキバキ

夕方から、いよいよ明日行われる、名フィルサロンコンサートのリハーサル。

名古屋フィルハーモニィオーケストラの奏者2名を含む最大10人のユーフォチューバアンサンブルで、名古屋市金山の市民音楽プラザロビーにて、無料で聞いていただけます、コンサートを行います。

そのリハーサル。一瞬、調子に乗って、バキッと吹いてしまったりして「イカンイカン」とゆったりまったり吹くように再確認したりして。ほんわかモコモコしてます。

聴きやすい曲ばかり揃ってます。楽器詳解やらなんやらもあって楽しい会になりますので、是非お越しください。

18:30~一時間ほどです。


その後は深夜まで、ブルースバンドのホーンセクションのリハーサル。こちらは、バキバキに吹かないといけないです。どちらかというと、モコモコに入るときにスイッチを切り替える自覚はありますが、戻る時には何もスイッチ要りません。体揺らしながら、踊りながら楽しくリハーサル。
  1. 2011/08/03(水) 13:05:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

不整脈

クルマ関係の手続きで、役場→警察→運輸局→軽自動車検査協会といろいろなお役所を回る必要があったのですが。

どうも、職員室の延長な気がしているのか何なのか、このお役所というのがめっぽう苦手で。

嫌な汗をかきかき、小さい声で何か訪ねられて、書類や印鑑をカバンから探し出したり、間違って記入した箇所を訂正したり、ハンコを押し忘れていた箇所に押しなおしたりするのだけれど、もう基本的に雰囲気にやられてイッパイイッパイなので、何かアクション起こすごとにモノを落っことしたり、注意書き読んでるつもりでも何も頭に入っていなかったり。

運よく?運輸局にひとり、眠そうなオニイチャンがいて、その人が眠くて辛そうで、こちらが提出したはずの書類を見落としたりして「スミマセンスミマセン」と謝っていたので、それでようやく「あ、この人達も人間なんだな」と、心の隅で余裕を取り戻せたのです。

それでも、次に行ったお役所では、
「え~と、ナントカカントカナントカカントカ申請書と、ナントカカントカナントカカントカ申告書をください」
と言うと

小さい声で「名義変更セットですか?」と切り捨てられ、この2枚の書類のことを名義変更セットというのかどうか知らないけど、「ハ、ハイ、それです。」とチャリンと代金を30円支払うのです。

一日が終わる頃には、不整脈がでました。

ぼくは、ずっと役所にいると倒れるかもしれない。
  1. 2011/08/02(火) 13:23:55|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

というわけで


働く男のニューエンジンでいろいろと動き回ることとなりました。

今までは軽のワンボックスを使ってたのです。ちょこまか動き回れて、荷物も乗ってかわいかったのですが。

ずっと高速道路を80キロでとろとろ走っててゆったり気持ちよかったのですが、最近は益々いろんな所へ行くにつれ、「もうちょっと余裕あったらなあ。坂道アクセルベタ踏みだもんなあ。」なんて思ってたのです。

また、バンドで移動するのも、機材はたくさん積めるものの、肝心の人が4人しか乗らず、そのため、自分のバンドも、誰かメンバーをマイナスした編成でしか動けなくて。

これからは、太鼓が入った編成で動けますな。


このニューエンジン、実は初めてでなく、去年の北海道ツアーの大移動と、今年の北海道ツアーの後のフリーお遊びタイムに乗せて貰ってたクルマなのです。あー。思い出が詰まってるなあ。

ビバ!ニューライフ、ニューエンジン!
上になんか着いてるよ!
  1. 2011/08/01(月) 01:29:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0