GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

中日

京都から我が家へ移動。

本当はライブの日でしたが、流れてしまいました。代わりの場所が見つけれなかったので、我が家でリハーサル&プロモーションビデオ撮影。話の流れで、「サスペンス仕立てにしよう」ということになり。みんなでアイデア出しながら、笑いながら真剣に演奏しながら夜までかけて撮影。

いいの撮れました。

http://www.youtube.com/watch?v=seE3GxFCCDo&sns=em
  1. 2011/03/31(木) 15:48:17|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

関西ツアー3/3

お昼前に大阪を出て、ちょこっと大阪散策といっても、趣向の似た我がグループは観光地なんて行きません。
楽しいのはやっぱり商店街でしょう。
瀬戸さんが「え!そんな路地に入っていくの?」というところにある食べ物屋さんとか案内してくれました。大阪の立ち呑みやで一杯という夢をぼくは持っていたわけですが、それはまだまだぼくには早かったようで、小さい店には溶け込めそうになく。。。

みんなでクルマで京都へ向かい、着いたお店はゴブリン。よくもまあ、こんな良いお店ばっかり知ってますね。お店の人がとても気持ち良いです。

リハーサルして、近所の銭湯でひとっぷろ。すっきりさっぱりライブに臨みました。

ロイヤルハンチングスに参加、そしてスパン子さんのステージに参加。一曲がもう壮大な物語になってます。ぼくも演出家の一人になっているかのような感じで雰囲気作りに参加。

終演後は瀬戸さんとここでお別れ。熊坂家とぼくは京都の友人宅にお世話になりました。明け方までしゃべったねえ。
  1. 2011/03/30(水) 15:44:51|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

関西ツアー2/3


ロイヤルハンチングス+スパン子。鶴橋のアジアン料理屋さん、チュミチュミにて。

お昼前に起き出して、お世話になってる瀬戸さん宅周辺の住宅街をゆっくりと散歩。人が住んでる家を見て楽しいというのは、かなり恵まれた趣味だと思います。通りを行き交う人々を見て楽しいという人間観察の時期もあったけれども。庭に植えてある植物から見てとれる人間模様なんて時期もあったけども。今は建築そのものおもしろいですね。この辺りの家は玄関の背が低くてごちゃっとしてて、それでもその奥に秘められたパワーを感じます。新しく建てられた住宅もこぢんまり濃厚にと主張が込められていて。

つづく
  1. 2011/03/29(火) 01:39:11|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

関西ツアー1/3


電気ジプシースペシャル

お昼に家を出て、電車でとろとろと大阪へ。音源聞きながら譜面見ながら。変拍子ばかりなので、大変。

難波から心斎橋へ、人の多さに圧倒されつつ会場へ向かう。今回ねお店は初めてなんだけど、会場近くなったら誰かしら、街の雰囲気から浮いてる人がいて、それがバンドメンバーで、それがもう会場近くという目印です。

大阪市中央区東心斎橋1-20-16 Bar MUSZE 雰囲気も大きさもとてもとても良いお店でした。

ハンド集合してリハーサルして。

瀬戸信行 クラリネット
イガキアキコ バイオリン
照喜名俊典 ユーフォニアム
田島隆 ギター
瀬戸一成 ベース
永田充 ダラブッカ
ワタンベ ドラム
MINORI ベリーダンス

もうこれだけでワクワク感出ますね。

今回の公演は、本当は違うハコで、フランス人バンドとの対決だったのですが、震災の影響でバンドが来れなくなって、瀬戸さんが急遽別の会場を抑えたという、力技的な公演でした。

それにも関わらずたくさんの人が来てくれて。

心配してた変拍子。ぼくは、ドラムのワタンベさんとチューバの高岡大祐さんのデュオの演奏を何回も見てて、この二人もとんでもない変拍子の曲をさらりと鋭く演奏するのだけれど。以前、「どうやって拍子とってるのですか?」と質問したことがあって。そしたらば「数えられないから感じる」というような答えが返ってきて。

今回、ワタンベさんのドラム始め、強烈なリズム陣をバックにしたら、その感覚解っちゃったなあ。うれしいなあ。
  1. 2011/03/28(月) 11:27:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブルーノート


岐阜を拠点に活動するビッグバンド、ゴージャス☆モンキーズにて名古屋ブルーノートで演奏。ブルーノートは個人的には、中山うりさんのバックバンドに引き続き2回目です。

といっても、今回は結婚披露宴での演奏。リードラッパの方がめでたくご結婚!ブルーノートで披露宴なのです。すごいなあすごいなあ。ブルーノート貸し切りって。しかもビッグバンドライブって。

いつも通りの爆音で演奏しました。はっはっは。目の前の人、うるさかったろう。はっはっは。

終宴後はさらにワインバーで打ち上げ。
スタートが早かったからね。(自分の)終了も早かった!
  1. 2011/03/27(日) 13:45:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

練習会から準備

午前中は月イチでやってます楽器練習会へ。いつもは談笑しながらワイワイやるのだけれど、今日はなんだか黙々とやってしまった。あー2年分集中した。

午後からは月曜日からの関西ツアーの準備。大阪、大阪、京都。どうやって行くのが良いか、時間をかけて調べて。米原駅近くまでクルマで行って、クルマを無料駐車場に放置して、電車で大阪イン。そうしたら、最終日は京都から米原までの終電は夜12時まであるから。パーペキ!

で、たくさんある曲の勉強と練習をして。帰ってきたワイフーに自分のプランを得意げに話したら「車検でクルマ無いでしょ?」と。。。

気付くのが当日でなくて良かった。

更に深夜まで曲の準備。
  1. 2011/03/26(土) 13:27:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チラシの神様

昨日できなかったチラシ作りの後半。
自分でやらなきゃいけないから自分でやってるんですが、なんともまあ、お粗末!しょうがないんだけど、しょうがなくない。

ぼくがチラシ作りのお手本にしているのは、ずばり瀬戸信行さん。

解りやすくて楽しそうで。
瀬戸さんのホームページより堂々の無断転載。

110329_30.jpg
110401.jpg

真似てみるんだけどねー、何が足りないって、素材かなあ。この可愛いクラリネットのハンコ、瀬戸さんの手づくりです。真似できないや。
110319_28.jpg

こんな間にもバンバンライブ決まりました。

4月21日(木)名古屋チューバ吹き高岡大祐さんと
24日(日)昼吉祥寺メグ 夜下赤塚ブラックパール
30日(土)大治エビスカフェ タジラキルキ頭

5月3日(火)大阪 チューバマンショー
5日(木)香川 ユーフォチューバアンサンブル
7日(日)今池バレンタインドライブ CDレコーディングメンバーライブ

などなど
  1. 2011/03/25(金) 17:56:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モコモコ会議

やっぱり疲れ方がいつものライブとは少し違うようで、朝、なかなか起きられず。それでもなんとかぎりぎりに出掛けて。この秋、10月1日に開かれる名古屋ユーフォチューバフェスティバルの実行委員による会議、モコモコ会議に行ってきました。

東京からのゲストの演奏、地元音楽大学アンサンブル、大合奏の他に、今回は、ジュニアソリストによる演奏もあります。チューバマンショーもまたゲリラライブができるよう、日程を調整していますが、まだわかりません。このころにはニューアルバムも出来ているだろうしなあ。是非出たいなあ。

ライブの準備3つ(音源聞いて楽譜とにらめっこ、必要なら楽器出して練習)チラシ作り2つ、その他諸々のお仕事にとりかかる。

野菜野菜とうわごとを言いながらご飯食作って食べる。
  1. 2011/03/24(木) 17:46:52|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

帰りました



金沢で起きたらもう昼前!
急いで荷物をパッキングしまして、ハーモニカのあらいなおちゃんと金沢を後にしました。

あらいなおちゃんとゆっくりと話しながら米原まで。

実はぼくは、もう何度もご一緒させてもらってたり、それこそレコーディングのときなんて合宿状態だったから、ずいぶんと長いお付き合いなのですが、てるてる家族以外の活動を知らないんだなあ。

米原の車中でいろいろとじっくりお話できました。

米原からはゆっくり下道を走って、帰宅。
やっぱり圧倒的に野菜が足りなかったんだろうなあ。
ちょこっとかじったにんじんの旨かったこと。
いろいろとやらないといけないことはあったんだけど、倒れこむように寝てしまいました。
  1. 2011/03/23(水) 20:20:21|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

石川県ツアー4/4


午前中に七尾を出まして、海岸沿いを寄り道しながらゆっくりと金沢に向かう。小松でご一緒させていただきましたボーカリスト晴志さんと合流。

会場のジュラスガイは初めてですが、まー、ものすごく落ち着く雰囲気で。なんでしょう。初めて来た感じがしませんでした。こちらは、晴志さんとの絡み有り。濃厚な絡み有り。なんだか違う一面を引き出されたようで、恥ずかしいやら照れるやら。さらに、キャンドルアーティストさんの参加もあり、照明を消した特別なライブになりました。
  1. 2011/03/22(火) 00:05:13|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石川県ツアー3/4


午前中に門前を出まして、クルマでビューンと七尾市へ。

美容院でお昼間のライブです。

ぼく、床屋も行かずに自分でせっせこバリカンで頭を刈っているくらいなので、美容院って一度も行ったこと無いし、これからも行くことはまず無いと思うのです。

今回、美容院でライブと聞いて「え!美容院?美容院て?」と戸惑いました。というのも、ぼくの美容院のイメージって「パーマ屋」と呼ばれるような昔めいたもので。パーマ屋もよくわからないけど。2つの椅子と、頭にかぶせるドライヤー(?)「そんなところでどうやってライブするのかしら?ワクワク。」と思っておりましたら、着いてみたらば、綺麗な綺麗な美容院でした。こういうのをイマドキは美容院っていうのだね。

http://www.rhc-you.com/


会場に着いてみましたらば、金管楽器を吹いている人たち、ギターを弾いている人たちがおりました。
ステージの合間に、てるてる家族メンバーが、地元の音楽やってる人たちと一緒に演奏するコーナーがあるということで、その人たちでした。

ぼくは金管アンサンブル担当ということで、楽しくリハーサルして。

今日のテーマはフォーク喫茶。
お菓子を食べながら、コーヒー飲みながら楽しく音楽を聴いていただきました。

ステージの合間のコーナー。
若者二人の弾き語りデュオ、金管楽器アンサンブル(with照喜名)、弾き語りデュオ(富安さん)、チェロとハーモニカデュオ(あらいなおちゃん)。

と楽しく進み、後半のステージへ。

最後の最後には、全員で唄うということをしました。

一番印象に残っているのが、門前から来てくれていた昨日の主催者さんの涙。
昨日は、自分の仕切りのイベント。心配や雑務で、音楽を楽しむ余裕なんて無かったと思うんです。

きっと、門前で自分が仕掛けて、やり遂げたイベントの意味を感じていたんだと思う。
演奏している側は、さらに意義を感じてますよ。

2日間で3公演とうギュッと詰まったスケジュールの疲れを取るために、能登島の温泉へ行って。
今日の主催者さん宅へお世話になりました。

家の中にはかわいいワンちゃんがいて、初めの挨拶の後は、遠くの部屋に隔離されていたのですが、なんと、皆が寝静まった夜中の3時過ぎに、数々のバリケードを乗り越えて部屋に遊びにやってきました。

隣に寝ていた富安さんが、何か、とんでもない大きな声で寝言を言い出したと思ったら、頭をワンちゃんに舐められまくってたという。
  1. 2011/03/21(月) 11:19:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

石川県ツアー2/4



朝7時に小松市を出てお昼前に門前へ。

昼間に、自治体主催のお祭りの一環として、古いお蔵でのコンサート。そして夜はスナック!でのライブのダブルヘッダーです。

現地にて、ブッキングからいろいろとお世話してくれている方にいろいろと話を聞いてましたらば。

ここは5年前の能登地震の震源地なんだそうです。街は壊滅して「この町並みは全壊から復興したものです」と聞かされ。「あそこは当時の崖崩れのまま。」と指される先の景色。まだ街中の集積場に瓦礫の山があったり、おそらく空き家になっていると思われる民家の屋根が崩れ落ちていたり。


お祭りの開催、コンサートの開催もやはり迷っていたそうです。それでも「我々が元気な姿を見せないと。模範にならないとどうしようもない。」ということでした。
こんな街こそ今、本当にメディアに取り上げられるべきでしょう。

お蔵でのコンサートにはちびっこからお年寄りまで、たくさんの人が来てくれて。

夜はスナックでの演奏!スナックというと、たかだか10席くらいの小さなお店かと思ったらば!ダンスホール併設の巨大な会場!ここにもたくさんの「音楽好きの方、特にそういうわけでもない)地元の方々」が来て下さいまして。

そんな人達の表情見てたら。。。
  1. 2011/03/20(日) 19:00:28|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

てるてる家族石川県ツアー1/4



小松公演
昼前に家を出てゆっくりと石川県は小松市へ向かう。北陸道はいつになく交通量多く、緊急支援物資運搬のトラックもたくさん見かけました。

以前、チューバマンショーでお世話になったお店、もぐらのマスターが新しく始めたお店、モンテゴにて。石川県小松市ということで、ワイフーの出身地です。
お店に着いて、富安さん、あらいなおちゃん、ゲストボーカリストさん晴志さんと合流して「じゃあちょっとご飯でも」と行った最寄のご飯屋さんが、よく行く回転寿司屋さんでした。石川県ツアー!カキーン!(よくわからないけど、このような効果音が鳴った)ということで遠くに行く為の気合いを入れていたのに、よく行くお店でのスタートと相成りました。まあ、お魚は期待を裏切らず旨かったわけですが。


みんなで打ち合わせしつつ、やはり「この状況でライブをやることの意味」というようなことにも話が進む。ミュージシャン皆さん感じてること。「お客さんのテンションの上がり方が違う」と。お客さんにも「ライブなんか来てよかったのだろうか。楽しんで良いのだろうか。」という戸惑いがあるようです。

ミュージシャン側は、それぞれの立場で明確な意志を持ってメッセージを伝えていきます。

ノートに書き留めると、単純な単語の羅列なんだけれども、その言葉がメロディに乗るだけで、聞き手には受け入れ易くなったり、百万通りの意味が派生するということはあるようです。これが音楽の力なのかなとも思ったり。

ライブ終了後は明け方までお客さんも交えて語り明かす。誰が正解なんてわからない。
  1. 2011/03/19(土) 18:57:18|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ポリゴン楽団




エビスカフェpresentsミュージックライブ、今回のバンドは、ジャズピアニスト奥村俊彦さん率いる、童謡、民謡を題材にしたジャズバンドポリゴン楽団。

サックス、トロンボーン、ピアノ、ベース、ドラム。

普通のジャズバンドですが、エビスカフェではかなり編成が大きいほうでした。
今回も、オープニングアクトを勤めてくれました、低音楽器界のアイドルユニットさん。
毎回違うネタが増えていております。
毎回、違うミュージシャンが見ることとなるわけですが、みんな「お、いいね。」と口を揃えて言うので、なんだか自分がなんかやってるような気になってしまいました。


リハ後、しばらく「うーん。。。」と曲順を悩む奥村さん。
メンバーとしては、早く譜面台に楽譜を並べて安心したいのですが、オヤブンは「どんなお客さんが来るか見てから。。。」と言っておりました。

もうちょっと若かった頃は、焼肉屋さんで普通のお客さん相手にソロ演奏をしていた身としては、ものすごくその気持ち解るのです。一旦決めておいた曲順を、ステージ中にコロコロ変えることもよくあります。そういうことをしない人もおります。

題材は童謡、民謡だけれども、中身はまるっきりのジャズバンド。
自分がリーダーというわけでもなく、ライブのリズム雰囲気を壊していけないと思い、なるべく喋らないようにしておりましたら、何回もエビスライブに来てくださっているお客さんから「今日はクールな感じで雰囲気が良かった」というような内容(多少、良い方に誇張して言っております)のことを言われました。ジャズだけやっていた頃はまるっきり喋らなかったので。えらい変わりようです。今後の方針にどう参考にすれば良いのやら。


ちびっ子からお年寄りまで、幅広い年齢の方に聞いていただけました。
ちびっこは、童謡なんかの知っているメロディのところだけ反応したり、優雅に唄ったりして楽しそうにしているのかなあ、と思ったら、激しいアドリブの応酬のようなところでも踊りだしたりして。
「煙を燻らせてたまに『イェーイ』と言うジャズおじさんのための音楽だったらもったいない」というのは、これはもう強烈に実感したのであります。


ライブ終了後、楽団員(ポリゴン楽団だからね)で、ご飯に行って、ゆっくり話しました。
音楽家にできること。ライブを自粛することが良しとされる風潮。などなどについて。
音楽の分野に限らず、判断基準はきっとなんでも一緒。
  1. 2011/03/18(金) 01:31:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

練習

各地でどんどんライブが中止になっている中、自分の関係のあるものにも影響が及んできました。

28日に行われる大阪で行われる予定だったライブは、フランスからのメインのバンドが来れなくなった為中止。
日本組リーダーの瀬戸信行さんが急遽、他のイベントを組みました。

28日@東心斎橋BAR muzse
5時入り7時半オープン8時半スタート
投げ銭(+ドリンクチケット1000円)です。


また31日に予定していたスパン子さん、熊坂義人さんとの岐阜県のお稲荷さんでの投げ銭ライブも中止。

やらなければいけないのだけれど、頭が動かず手が動かず、事務作業ができないでおりました。
韓国や台湾、アメリカの留学時代の友人が、しばらくぶりにぼくの連絡先を探し出してメールをくれたということもあり。

夕方からはアンサンブルの練習。
久しぶりに会う人も。顔見て話ができるというのはいいですね。
  1. 2011/03/17(木) 01:59:13|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

弱音吐き収め

4日間、人前に立って演奏してきました。

ありがとう
リラックスしました
またがんばろうとおもいます
明るい気持ちになりました
今日からまたがんばります

いろいろな嬉しいメッセージをいただきましたが、これは、全部、強がってステージで演奏していた自分へ向けられたメッセージであります。

「プライドを持って自分の仕事に臨む」と意気込んで出かけていきましたが、漠然とした不安があったり、泣きたいような気持ちがあっても、ステージではそんなそぶりは見せてはダメ。当たり前。さらに、それに打ち勝って実際に人を元気にするような演奏をするというのは、ものすごく消耗することでした。プラスマイナスゼロでは意味がなく、プラスを残すようなことをしなければ。

求められているものが何かというのを確認してきたような4日間でした。
  1. 2011/03/16(水) 01:46:15|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー3/3




お昼前に神戸に移動して、会場の旧グッゲンハイム邸に荷物を置いてから、身軽になって海辺に行ったり山に登ったりしてゆっくりして過ごしました。
海岸ではおじさんがスケッチなんかしてたり、山のてっぺんにはハイキングに来ている人がいたりと、かつての震災の地はまるで何事も無いかのように静かで。テレビが無いところでは。

市場では、揚がったばかりの「こうなご」がスコップですくわれて計り売りされていて。
道の先を歩くおばさんの下げる袋の中から、また山に向かう途中の家からも同じ匂いがしてきました。

夕方まで十分ゆっくりして、会場入り。
リハーサルもみっちりと。新曲の小品集も大分慣れてきました。

本番には遠方より高校生グループが来てくれたり。
チューバマンがあろうことか、チューバマンマスクを忘れてきて、人前に素顔では出られないチューバマンショーは急遽出演延期、マネージャーの2人がファーストステージを演奏、マスクを発見したチューバマンはセカンドステージから演奏、という前代未聞の珍事が起こりましたがなんとか無事終了。

ライブ後は挨拶もそこそこに、大阪駅へ移動。
24時に大阪を出て、朝5時半に名古屋に到着という高速バスに初めて乗ってみました。

普段3時間もあれば移動できてしまう距離をどうやって6時間近くかけて移動するのだろうと思っていたら、途中30分、30分、1時間の休憩を入れて、結局それでも朝5時に到着しました。結局あまり寝られず。家に帰って倒れこむ。
  1. 2011/03/15(火) 01:30:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

チューバマンショー2/3

朝早く京都を出て大阪へ。(今回は電車移動してます)

ご飯食べて昼寝して銭湯入って昼寝して。そんなことしてるうちに携帯の充電切れ。お店な場所わからなくなり、オタロード案内所というところで道を尋ねる。ここは電気街でいわゆる秋葉原みたいな場所らしいです。今日のお店、絵本カフェholo holoさんはこれまた瀬戸信行さんとすぐ近くのお店でライブしてたときにお客さんとして来てくれていて仲良しになりまして。「大阪でライブしたいなあ」とぼっそりつぶやいたら、「うちで。」と申し出ていただきまして、これまたもうありがたい限りです。

無事にお店に着いて、先に着いてたチューバマンとゆっくりリハーサル。のはずが。お店の方とお手伝いに来てた方と、さらに地域のフリーペーパーの取材に来てた方とおしゃべりが盛り上がり過ぎて、結局、2時間くらいしゃべってたのではなかろうか。

満員のお客さん。何故か、ほんとうに何故か解らないけども、ライブ始まる前からかなりあったまっていて。ライブ始まったらさらにあったまっていって。窓ガラス曇るほど盛り上がりました。

また終演後もずっとお客さんとおしゃべりしたりして。「地震後、初めて笑いました」なんて言ってくれる方もいて。昨晩、安否が解らなかったアメリカで一緒に住んでた元ルームメートから無事を知らせる連絡があったり。ぼくもやっぱり決して安定してる訳ではないので、そんな言葉が嬉しくて。人のために演奏してるのか、自分のために演奏してるのか。きっと両方なんだろうけど。演奏できてよかったなあ。
  1. 2011/03/14(月) 10:51:07|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

チューバマンショー関西1/3

お昼前に家を出て、ズバンと京都へ。西院にあるカフェ、でこ姉妹舍さんにてライブです。このお店はちょっと前にクラリネット奏者、瀬戸信行さんリーダーバンド、ファンファーレロマンギャルドにて京都でライブをした時に、マスターが見に来てくれていて。ちょうどその頃、京都でライブができるお店を探してたので、ライブ後に紹介してもらって、あれよあれよという間にライブ開催させてもらえることになりました。

時代を間違えてしまうような静かなイー感じの商店街の中のイーお店でした。

そしてたくさんのお客さん。もうホントにありがたいです。午後3時からのゆったりしたライブ。終演後もお客さんとしゃべりっぱなし。さらにお店からおいしいおいしいご飯もご馳走になって、さらにおしゃべり。お店を出てからさらにこれからの展望についての作戦会議などして。この時点でもう電車無く、京都駅までとぼとぼと歩いては休んで歩いては休んで(スーツケースと楽器あるからね)過酷な感じで夜を明かしたのでした。まあ無計画だとそんなもんです。
  1. 2011/03/13(日) 10:23:38|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

演奏あります

世の中がいち早く、またうまく回るようになる為の自分の仕事が演奏することだと思います。
幸い演奏はできる環境にあります。

もし中止になるときには、またこちらでいち早く報告いたします。

*********************
谷向柚美グループにて演奏。会場の藤ヶ丘ウエストダーツクラブはお久しぶり。学生の頃からお世話になってます。クラシックやってて、ちょっとずつ脇道に逸れだしたころの逃げ場とでもいいましょうか。同じくバイオリンではみ出していた先輩に連れられて練習やらなんやらに来たもんです。打ちっぱなしのコンクリートの臭いが懐かしく感じられます。


こんな日なので、キャンセルの方もいらっしゃいましたが、それでもたくさんのお客さんがみえて。実は、朝に柚美さんから「ライブをキャンセルすべきか意見を聞かせてほしい」とのメールがあり。

ぼくも悩んでました。
音楽家には何ができるのか。
何かすべきなのかすべきでないのか。
あまりにも無力で悶々としてましたが、結果的に自分ができる仕事をきちんとやるしかない、ということになりました。救助活動する人、情報を処理する人、電車を動かす人。その他たくさんのお仕事をしている人と同じく、例えば、ほんの一瞬だけでも世間のことを忘れて落ち着いてもらうとか、笑ってもらうとか泣いてもらうとか、直接感情に語りかけるようなことをするのも立派なお仕事だと。それができることにプライドを持って臨まなければいけない。そして何よりも自分がきちんとお仕事をして元気でないといけない。

それは演奏を聴きにきてくれた方々の表情からも確信になりました。

いつもの通り、演奏します。
  1. 2011/03/12(土) 14:04:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

被害ナシ

被害ありません
  1. 2011/03/11(金) 02:04:13|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モーレツ曲作りさらに続く


だんだん、写真に写せる範囲が狭くなってきました。

机の上が荒れだしました。机上の乱れは心の乱れということで。
相変わらず、根をつめて曲作りしてますが、相変わらず、アイデアはスラスラと出てきておりますが、それでも立てこもってやっておりますと疲れます。(前向きに意固地に引きこもってるので、立てこもってと言いたい)

ああ、スーパーがもうちょっと遠ければ立派な散歩になるのに。
ああ、早く灯油がなくなれば買出しにいけるのに。
ああ、もうちょっと肩が凝れば休憩できるのに。

全てカイチョーゼッコーチョーというのも休めなくて大変です。
きっと脳ミソは無理してると思う。。。
  1. 2011/03/10(木) 01:21:13|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

モーレツ曲作り続く

moblog_583c5e3b01.jpg


なんだか、今回に限っては、産みの苦しみというのがありません。
一通り煮詰まることはあるのだけれど、そんな時は、散歩にでかけたりシャワーしたりして気分転換して。そんな中に鼻歌から出て来たモチーフ(メロディの断片)を書き留めて。もしくは、もう電子ピアノの録音モードにバンバン録音して。

それを元にパソコンに向かってサラサラと形にしていくと。そんな作業をしております。

いつも、ムギューッと重圧に押しつぶされそうになって、それでも踏ん張って、結局、寝不足で後ろにドデーンとひっくり返ってそれでもアイデアが浮かばなくて、幻聴が聴こえてきたらシメタもの!それを元に曲を作っていくなんて不健康な作業をしているのだけれど。

今回のこれはなんだろう。

子供向けの聴きやすい小品集を作るということで、今までこの世に存在していなかったような目新しいものを作ろうとしていない。というところが大きいのだろうか。

作っている曲自体は「どこかで聴いたことのある雰囲気」だったり、実際にモチーフの借用なんてこともしてるけども、結果的に新しい物になる自覚はあるしなあ。

今回のこのアルバム「子供のチューバマンショー」ですが、楽譜の出版もする前提で作っております。
ものすごく簡単です。楽譜ヅラは。

でも「簡単なはずなんだけど、どうやっても味が出ない。真似できない。おかしいなあ?」というような録音をするつもりでもおりまして。
(答えは楽譜を捨ててミミコピするところにあったりするのですね。エへへ。)

曲作りがシンプルにジャンジャン進んでいるというのは、ひょっとして、録音段階でそのツケが回ってくるのではないか?と不安も抱いております。
  1. 2011/03/09(水) 01:06:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モーレツ曲作り


ヒソヒソと制作を進めております、チューバマンショーの2枚目アルバム「子供のチューバマンショー」

本当は、今日、明日でレコーディングしてしまうはずだったんですが、小品集ということでまあ40曲くらいは収録してしまおうと思っていたのだけれど、曲作り間に合わず、10曲も足りず。

泣く泣く録音の予定を延期して、この二日間はガッと曲作りをすることに。

詰めて詰めて曲作りして、ちょこっと休んで。を繰り返しております。

そんな中、スケジュールに関する一報が。


名古屋港に浮かぶガーデン施設、ブルーボネットでの演奏が決まりました。

CDひっさげて、ドラムとパーカッションを除いたレコーディングメンバー(つまり、ユーフォ、ボーカル、ギター、ピアノ、ベース)で演奏します。

5月8日(日)13時と15時の2回、各40分ほどのステージです。
ゴールデンウィークの真っ只中で、一日に2千人ほどのお客さんが来るそうです。

自分はどうも楽器をやっている人からでしか、自分のやっている音楽を聞いてもらう手段を持っていないので、こういう機会はものすごくありがたいです。

また、このブルーボネットというのは、ちょっと思いいれがありまして。
ブルーボネット。テキサスの州の花なんですねえ。

一つ一つは可愛らしい小さな花なんですが、これが、季節によっては紫の(ほんとうに紫かなあ。色弱なので自信ナシ。)絨毯を作るんですねえ。

ぼくと、同じくテキサスで勉強してきたギターのタク君、ピアノのトモカさん、ちょっぴりテンション上がると思います。開花の季節もバッチリ!

自分が好きな場所に咲いていた花に囲まれて。ちょっぴり感傷にも浸ってしまうと思うけども。
ああ!ついでにファイアーアント(アメリカ南部にいる蟻。火蟻。毒。ヤラれて三途の川見ました。)は居ませんように!
  1. 2011/03/08(火) 00:39:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オンセントリオ


東京から来ましたバンド、Oncenth Trio(オンセントリオ)さんと東海道スモッグブラスで対バン。

まず会場に入ったら先に来てオンセントリオのリハを見ていたメンバーが「ものすごくカッコ良かったよ。東京って感じ!」とワクワクしておりました。「東京って感じ」というのが良く解らないのだけれど「あら、そうなの。」くらいに流しておいて。

自分達のリハをやって、ちょいと隣の居酒屋へ。オンセントリオさんも一緒に楽しくおしゃべり。
鶴舞KDハポンでの演奏は、絶対に隣の台湾ラーメンで〆ると決めているので、ここではかるーくつまんだだけ。


自分達の演奏して。今回は、東海道スモッグブラスリーダー石渡岬女史から「スライドトロンボーンで。ブリブリ吹いてもらうわョ。」と言われてたので、なるべくブリブリ吹きました。

ほんで、出番終ってオンセンさんのステージを見ていたら。
ものすごーく綺麗でワクワクする音楽で、もうマイってしまった。
ライブ見ていて涙が出てきたのっていつぶりだろうか。

それも、他人の音を聴いて、音からその人の人生が伝わってきてジーンと泣いてしまうということは、何度かあったんだけど。これほどにハッピーな気持ちになって泣いてしまうなんて。初めてではなかろうか。
これ、3人でやってるんだもんなあ。ピアノトリオって良いよなあ~!!

オンセントリオmyspace
  1. 2011/03/07(月) 21:40:12|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いざ!屋根裏へ!

屋根裏への階段作りまして、いざ屋根裏へ上がりました。
今までもハシゴで上がってたので、状況は解っておりますが、改めて見て「うーむ、これは手ごわいな」という感じ。

もともと藁が敷いてあったということで、なんともまあ、ほっこりまるけ!

とりあえず、電気ドラムと投光器と掃除機を持って上がってプランを練って。

天井裏ドタバタ歩き回っても良いように、ヘタなところ踏んで抜けないようにベニア板持って上がって。
あー、これだけでもう腕パンパンなのだけれど、そもそもこんなこともハシゴじゃできなかったからね。大進歩です。


去年、演奏でお邪魔した、千葉の山奥の偶人作家の齋藤博さんのアトリエ、日本家屋の天井がぶち抜いてあって。
そもそも、断熱層であるものを抜いてあるので、それはそれは冬は寒いそうだけれど「この開放感を一度味わうとやめられない」「天井があると窮屈でしょうがない」というようなことをおっしゃってました。

じつは、これ、チューバマンの住んでいるチューバ基地も同じようなことになっていて。ちょっと真似してみたいなあと思っていたのだけれど。簡単に復旧できて、生活にも支障の無い土間の部分だけちょっと真似してみることにしました。土間ということは、床の部分も無いからねー、立派なホールですよ。これは。本当はここにブランコ設置して、椅子を設置して土間ブランコカフェにしたいのだけれど。

コーシーすすりながら、その上をブランコがビューン!と行き来したら楽しいのかなと思うのだけれど。
これはまあ贅沢過ぎかな。
  1. 2011/03/06(日) 00:43:42|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

バリチューから小川軒

お昼からでかけて、名古屋駅前に新しくできたホールへ。
ユーフォニアム奏者の加藤さんのお弟子さんグループのユーフォチューバアンサンブルのコンサートがありまして、僭越ながらそこに数曲楽曲を提供させていただきました。

ぼくは、自分のライブがあるので、残念ながらコンサートを見せてもらうことはできなかったのだけれど「いろいろ販売していいよ」ということだったので、自分のお土産コーナーを設営させていただきました。

会場は小ホール?多目的スペースだったのだけれども、正方形の面白い会場で、これはこれはなかなか使い勝手良さそう。


コンサート会場を後にして、ライブ会場の洋食屋さん小川軒へ。


柚美さんが持ってきたカメラで撮影してしました。
あまり何事にも動じることのないギタリスト啓くんが「もー!!カメラ意識して!!安全運転なんだから!!」と怒った演奏をご覧下さい。

今回、電車だったのだけれど、極めてローカル色満載で大好きだったトランパスカード(名鉄のプリペイドカード)が切れて、購入しようとしたら、もうマナカしか売ってませんと言われショック。しかたなくマナカ購入。

スイカだのトイカだの、こんなの、どうせすぐに統一されると思うんだけどなあ。。。
  1. 2011/03/05(土) 22:09:31|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

進みました

チューバマンショーのレコーディング準備の日。

準備といっても、相変わらず曲作りするだけだけど。
また何曲かサクサクできました。

いま、作ろうかどうか迷っているのが、おばけの歌。

子供はなんでお化けが好きなんだろう。
嫌いだけど、好きなのはなんでだろう。

ぼくは小さい頃は、水木しげるの妖怪図鑑をどこへ行くにも持ち歩いていて、よく研究していたものだけど、これはやっぱり好きだったんだろうなあ。怖いけど好きだったんだろうなあ。

ちょっとおどろおどろしい曲作っちゃおうかどうか、とても迷っております。
特に歌詞があるわけではないから、タイトルにモロにお化けと入れなければ大丈夫なのだろうか。

この曲がかかるのが嫌だから、スキップされるなんてことは嫌だもんなあ。

例えば、

雰囲気は怖いけど、タイトルが明るい。
雰囲気は明るいけど、タイトルがお化け

これ、どうなんでしょう?世のお母さま方、是非教えてください。

個人的には、それを説明する大人の雰囲気、説明の仕方によって全て変わってくるんだろうなあとは思っておりますが。


さてさて、以前からちょこっと話はあったんですが、本決まりになりました。


名古屋伏見のヤマハにてインストアライブを行います。

4月2日(土)13時と15時の2回。各30分ずつ。無料で見ていただけます。

サポートギタリストさんと2人でCDの曲やります。

楽譜売り場の端っこの、階段降りてきたところの電子ピアノが置いてある、ちょっとしたスペースです。

デュオなので、CDよりは、だいぶ大人し目の演奏になるかと思いますが、その分、聞かせる系の曲をたくさんやりたいと思います。

是非、楽譜選びながら、CD物色しながら、耳だけ傾けに来てください。

ヤマハミュージック東海
愛知県名古屋市中区錦1-18-28

また、ステージの合間は暇にしておりますので、なんやかんやして遊びましょう。
  1. 2011/03/04(金) 02:36:24|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

旧街道みちけた

ライブを控えております、谷向柚美グループのリハーサルを名古屋市内にて。

いつも通ってる道に飽きたので、カーナビに最短距離を調べさせて、なんだかぐにゃぐにゃした道を初めて通りましたらば。

あらまあ、これ何かしらの旧街道なんですねえ。もー、よさそうなお店いっぱい。
もー、始終きょろきょろしながら運転しました。(一車線のトロトロ運転だからね。いーの。)

しかし、カーナビが旧街道を最短距離として選ぶとは。やるなあ。
これからは、大きな幹線道路やめてここを通りましょう。そうしましょう。


谷向柚美さんは、まあ、いろんなところでチョイチョイ合ってますので、お久しぶりでもなんでも無いんだけど、彼女がリーダーのグループとしてのライブは2年ぶりだそうで。

あれ?ということは、このクルクル動画以来かな?


これは、デジカメに紐を着けて、適当にネジって撮影したら、いろんなタイミングが奇跡的に合ってしまったというものです。

リハとしては、これまたお久しぶりの感じも無く、またこの気持ちいいサウンドが再現されました。
柚美さんもそらもう、パワーアップして余裕が感じられました。
独特の世界観持ってます。

3月12日、藤ヶ丘ウエストダーツクラブです!


リハ後は、懲りずに辛いラーメン食べました。
  1. 2011/03/03(木) 00:25:47|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー3/3



神戸公演。かつての震災の地は驚くほど穏やかで。

人を元気にするには、人一倍のパワーが要ります。
音楽に安らぎを求めて来る人たちに与えられるものがあるように。あるように、あるように。
  1. 2011/03/01(火) 18:28:50|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ