FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

北海道八日目:釧路観光と釧路ライブ




昨日は、牧場でのバーベキューライブの後、野生動物を避けながら釧路市内の拠点に戻りバタンキューでした。

午前中は釧路湿原観光。
釧路湿原ってそういえば名前は聞いたことあったけど。
ツルが飛来してくるそうです。で、連れていってもらった先は。。。

どばーん!

DSC02068_R.jpg

がぼーん!

DSC02073_R.jpg
ぼちょーん!

DSC02072_R.jpg

もう、周りでチイチイと可愛い鳥が鳴いているのを聞かなければ、アフリカですわ。
これが、冬になったら真っ白になるのね。全て包み隠されるのね。ツルが飛来してほじくるのね。となんとなく火曜サスペンス口調になります。


DSC02077_R.jpg


そしてそして、釧路港近くのお蕎麦屋さんへ。
こんかい、この北海道でツアーをするにあたって、ぼくがどれだけ蕎麦に重点を置いていたか。
もしも、お蕎麦屋さんの前で道路工事をしていたら、もしも、お蕎麦屋さんの中に観光バスツアー客がいたら。ぼくは道端でしゃがみこんでベソをかいていたでしょう。

が!そーかい!!つーかい!!ものすごく美味しいお蕎麦いただきました。
しかも、釧路にしかない文化だそうで。

カシワヌキ。詳しくは書きませんが。なにもつけない蕎麦と、暖かいだし汁が好きな、ぼくのためにあるような食べ物でした。
というか、こういう食べ物、自分で作ってみたことあるなあ。
ここの店主さんが、お店を継ぐために楽器を辞めたという方で。
「今晩のライブ、楽しみにしてます」と言ってくれました。
ぼく、このお店に絶対帰ってきます。

その後、会場のセッティングして、サウンドチェックして。貸していただいた楽器と機材もたくさんありましたが、ワイワイ言いながら、あっという間にベストのステージセッティングができあがりました。

今回のステージ構成は、札幌、釧路、遠軽、全部2ステージ構成で、その各ステージの冒頭で1,2曲、自分のオリジナル曲をやってあとは、タカシ君のリードでボーカルの曲をやるということにしていましたが、このリハーサル中のふとしたタイミングに、タカシ君がぼくのオリジナルインスト曲をスキャットで唄い始めました。いつの間にか曲が頭の中に入っていて頭の中で唄っているうちに、もしくはステージ袖で出番を待ちながら聞いているうちに、「自分ならこう参加する」というのが勝手に口をついて出てきた状況だと思うんですが。こういうの、何者にも代え難い宝物です。これは是非、このままレコーディングプロジェクトに持って行きましょう。こういうものが、悪い結果になるはずが無い!

本番。
今は、営業されていないデパートの一階での演奏です。自然にリバーブがかかって。

DSC02078_R.jpg


DSC02079_R.jpg


いい雰囲気でノリノリで終ることができました。地元のバンド「道東管隊」の団長さんとのセッションもバッチリ決まり。
終演後もお客さんとずっとおしゃべりしたり連絡先交換したり。また来るからね~!

そして、またまたこれで終わりでなく、まだまだこれで終わりなんかではなく。
カニづくしのあと、今回のライブを主催してくれました方のバーへ行き。

タニ汁というラー油の香りのするカクテルを飲むところから始まり。
ボーカリストが本気でカラオケで遊ぶと、感動と笑いの嵐になるということがわかりました。
オリジナルの歌手のクセをデフォルメして、曲の寸法を計算して、自分のモノとしてその場で放出するというのは、これは、もうものすごい芸当ですよ。いろいろ吸収すること有り。
  1. 2010/06/17(木) 19:06:21|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4