GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

都会のど真ん中で



昨晩は「よし!やっと曲ができる!」との確信を持って散々作業した後。
「じゃあ、ちょっと今日は早めに寝て最近の寝不足の分取り戻そう。早めに寝るために早めに晩酌しよ。」と思ったら、見事にコタツで寝てしまった。しかも電源つけずに。朝起きて寒くて、寝不足も解消されていなくてボーゼン。

午前中は寝ぼけたまま、「チョコフォンデュの会」というのに参加して、糖分たっぷり摂って。
ようやく頭が動き出した頃に、フォンデュの会を離れて、名古屋市内へ。

都会のど真ん中にあるビルの中に作られた老人ホームでボーカリスト谷向柚美さんのトリオでの演奏。
小川軒での演奏を見てくださった方から、お仕事いただきました。ありがたいです。

むちゃくちゃ綺麗な施設で「何かの拍子に、壁でも汚してしまったら大変。」と演奏が始まるまでは落ち着きませんでしたが、本番はリラックス。
皆様、ものすごく集中して聞いてくれまして。あっという間の一時間。

実は、演奏始めるまでは「もうちょっと歌謡曲とか、そういう楽しいものの方が良いのではないか」とか不安に思ってたんですが。そんな心配すぐに吹っ飛びました。

これは後で思ったことなんだけど。
昔はジャズはマニアックなものではなく、歌謡曲とジャズの境目が無かったんだろうなあ。ということは、そういう年代の人達のほうがジャズという言葉に対しての受け入れ体制はあるんだろうなあ。今の人のほうが先入観を持って接しているというか。

こんなにも「ジャズ」が受け入れて貰えるシチュエーションって無いなあ。
うん、どうやらぼくらは歌謡曲の演奏をやってきましたよ。
  1. 2010/02/28(日) 12:15:13|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

堰切れる

お昼間にお仕事して、移動中の鉄馬の上。

ずっと悩んでいた来月の東京のコンサートの新曲のアイデアがババババッと出てきて。

そうかそうか。ここ数ヶ月は、個性的な皆さんを一つに纏めようとして、さらに自分の得意な分野の中に置こうとして集約ができずにあがいていたのですが。

「あれ?それやらなくても良いんだ。やらない方が良いんだ。」と気づいた瞬間に、堰が切れました。
個人の顔を思い浮かべるごとに新鮮なアイデアが出てきて。イケる感じになりました。

しかし、いつも曲作りの度の、悩んで悩んで苦しんで苦しんでという行程はやっぱり必要なんだなあ。
堰が切れてから気づくんだけど、自分の引き出しの数が増えているんだなあ。


チューバマンショーのライブをやらせてもらう、ナッツカフェに詳細の打ち合わせにいってきました。

マーガレットオヤブンの紹介で知ることになった古民家カフェ。
着いてみたらば、「今日はマーガレット一家のテレビ放送がある日だよ。」となっちゃん。

「あー、そうだねえ。もうあと一時間後だねえ。」とぼく。
家に帰ってから見るつもりでしたが、そこにたまたま立ち寄ったマーガレット絵描きさん。

「あらー」「あらー」「あらー」と3人。

その場で(携帯の)テレビ見て帰ることになりました。
収録現場がこのナッツカフェだったようで。不思議なひと時。

チューバマンショーの公演二日間「お座敷チューバショー」と名付け、詳細、以下のようになりました。
二つの現場、離れているけども、昭和区だ。。。まあ、まるっきり違うタイプのお客さんが来てくれそうだし。いいか。




チューバマンショーin愛知「お座敷チューバショー」


お座敷チューバショー一日目

日時:3月26日(金)19時半より
会場:「なんや」名古屋市昭和区塩付通1-47-4 052-762-9289 
   http://www.nanyagokiso.com/
料金:2,000円
出演:チューバマンショー


ものすごく入り辛い外観、でも入ってしまえばゆったりまったり、自分のうちみたい。
多国籍料理居酒屋「なんや」でのライブです。
nanya03.jpg

美味しい料理とお酒を楽しみながら、ショーをお楽しみください。

終演後、そのまま打ち上げに突入すると思います。
幻の「夜のチューバマンショー」見れるかも!


nanya01.jpg


nanya02.jpg


お座敷チューバショー二日目

3月27日(土)12時半受け付け開始13時スタート
会場:nuts cafeナッツカフェ 名古屋市昭和区神村町2-59 tel/fax 052-762-3075
http://plaza.rakuten.co.jp/coffeenuts/
料金:大人:2000円 中学生以下:1500円 いずれも1ドリンク付 未就学児無料
出演:チューバマンショー

要予約40名様まで

moblog_fab0bc5d.jpg

  1. 2010/02/27(土) 16:56:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お腹が


今晩、お腹がユルいのは、おそらく昼間に鍋いっぱいの蕎麦湯を飲んでしまったからだなあ。

我が家の睡蓮鉢にお住まいの(投網でとっ捕まえてきた)「正しい日本の肉食魚」が活発になってきました~。そーかそーかお腹空いたか。蕎麦湯ならちょっと有るよ。



音楽絵本劇「生まれてこい太郎」「どんぐりざぶーん」などの共演を始め、深~くお付き合いがありますマーガレット一家からこんなお知らせが届きました。見てね。

1.明日2/27(土)、中京テレビ「幸せの黄色い仔犬」出演♪
夕方3:55~(※いつもと時間が違います!)の番組の「幸せの黄色い表彰状」というコーナーで、マーガレット一家が10分間ほど登場します。
見どころは、「珍獣ハンター・イモトアヤコちゃん」との紙芝居共演!
ぜひご覧下さい♪
↓詳しくはこちら
http://blog2.ehongeki.com/?day=20100119

2.来週3/4(木)、NHK総合「ほっとイブニング」出演♪
夕方6:10~の番組の「夢を紡ぐ」というコーナー(6:30すぎの予定)で、5分間ほど登場します。
僕がライフワークにしたいと願っている「小児科病棟での紙芝居」を中心に取り上げて下さいます。
こちらもぜひ見て下さい♪
  1. 2010/02/26(金) 02:12:18|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自分の中のおっさん

201002261154.jpg

ビッグバンドのサックスセクションが全員で動き回る「ソリ」の書き方。
和音押えっぱなしで電子ピアノのトランスポーズキーをいじると、指を動かさないで良い!
ビッグバンドアレンジやる人にしか解らないと思いますが。。。


明け方にビッグバンドアレンジ終了してプレイバックを聴いていて「あ、これタスン・トンケンだな。」と思う瞬間あり。

ケタン・スントン。

通っていたテキサスの大学に作品を寄付した作曲家&アレンジャーでありまして、沢山の楽曲やりました。
聞き込みました。実際に演奏するにあたっての苦労もたくさんしました。(いまだに緊張感蘇るなあ)

そのおっさんの楽曲=おっさんの人生そのものが、自分の体に刻み込まれていて、その影響が知らないうちに自分の作品に出ているという。他にもこういうおっさんは多数おります。増えています。

これにはもう、とてつもない感謝の念が沸きます。

ありがとうありがとう。自分も同じことしなきゃな。
  1. 2010/02/25(木) 00:53:22|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

とりあえず速報チューバマンショー

チューバマンショーの3月27日(土)の場所だけ決まりました。
なるべく早く詳細詰めますので!


チューバマンショーお久しぶりの名古屋公演vol.2

3月27日(土)

時間:未定(お昼間)
料金:未定(要予約限定40名様まで、大人、中学生以下料金設定します)
場所:nuts cafe (ナッツカフェ)
   名古屋市昭和区神村町2-59 TEL&FAX:052-762-3075
   

お昼間にマーガレット一家のオヤブンと会いまして、相談を持ちかけましたら、「ナッツカフェは?」と提案してくれました。
いろいろ場所探してたんですが、土曜日のお昼間ということで、飲食店はNG。
楽器屋さんなんかで、クリニック&ミニライブなんかも場所を抑えるのが遅くアウト。
じゃあ、最後の手段で地元の施設でおやつライブでも。
という線も、夜に地元のライブがあるのでアウト。

これほど困った状況自体お久しぶりで、なんともタイミングの良いマーガレットオヤブンに感謝感謝。

ナッツカフェは、ご飯(パンも含む意味での)はやっていないので、受け入れてくれましたー。
ナッツカフェといえば、紙芝居のたっちゃんと共演したのが2008年1月。

こんな動画が撮らたのがナッツカフェです。
ピアノの椅子に座るチューバマン。調子に乗ってクルクル回っていると、お客さんから「アブナイアブナイ!とれるとれる!」との声が。その声の意味をまず理解したユーフォマンの機転により、大事故が回避できたという。まあ、こんな状況にはならないとおもいますが。。。そもそも何故回りだしたんだろう?



マーガレットオヤブンの用事は、あっぱれ本舗の出囃子の手直しの件で「もうちょっと『ヨオ~』を入れてください」だという、なんだかまともな社会人の打ち合わせとは思えない内容で。

引き篭って曲作りしてるので、ちょうど良い気分転換!

nuts.jpg

ライブの詳細、もうちょいとお待ちください。ナッツカフェ地図。(光穂はうすの一部がナッツカフェです)

  1. 2010/02/24(水) 15:10:53|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

山に呼ばれている

雪が無くなった山に大声で呼ばれておりますが。聞こえないフリして作曲編曲詰め込みウィーク真っ最中です。

ピアノに向かい、同じ曲を何回も何回も通して、ちょこっとずつ改良して。
生ピアノが来てからというもの、ちょこっとずつピアノの技術が上がりつつあります。

音大生の頃はピアノも頑張っておりましたので、千手観音のようにピアノ上手だったんですが(千手観音はピアノ弾きませんが)、ピアノの授業がなくなってからは衰える一方で。アメリカのジャズピアノの授業もそれはそれは簡単なパターンを覚えるだけで。

ピアノが上達しつつある状況が楽しくあります。じぶんがやりたいことだけね。弾けるようになればいいの。

いつものことながら、どよーんと「徹夜しなきゃいけないんだろうな」という雰囲気が漂っております。
暖かくなったから、それでも良いか。(電気ストーブ代高くつく)
  1. 2010/02/23(火) 00:52:36|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

寝てやったり!

201002231150.jpg


やることリストを書き出して。

遠くに見える山に呼ばれているのにもぐっと我慢でこらえて。

一日中寝てやりました。まさに寝てやったり!まいったかー!

ああ。。。まいったなあ。。。どこでどう取り返そうかしら。。。
  1. 2010/02/22(月) 23:20:55|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ドラマ見ない件

機能に引き続き、地元の施設で鬼頭ブラスのレコーディング。
大声で唄う唄う。これまた割と長い時間唄っていたんだけれども、メンバーの皆に疲れの色がちっとも見えなかったのは、「良いものができる!」という確信が見えていたからでしょう。楽しくやりました。

さて、ヒマな時間にまた「パンを食べない件」についていろいろといじめられたりしました。
今回は、同じく「パンをご飯とみなさない派」の人が居たので窮地に追い込まれて噛み付くようなことにはなりませんでしたが。

この6月に北海道で演奏する鬼頭ブラス。
「北の国からは見ておいた方が良い。うん。そうだそうだ。」
という意見が出ておりますが、わたくしドラマ見たことない。見ない。興味が無い。
なぜ見ないかというと、

・みんな問題をおこしたり喧嘩したりするので不愉快(みんな仲良くやりなさい)
・演技が見えた時点でアウト

ということで、テレビを見るのはもっぱらニュースかドキュメントです。
ディスカバリーチャンネルで北の国からやらないかしら。
  1. 2010/02/21(日) 11:12:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

鬼頭ブラスレコーディング

地元の施設で鬼頭ブラスのレコーディング。

地元の施設でレコーディングするといういことは、誰かがレコーディングの機材を持っていないといけないんですが。
201002201145.jpg


ばばーん!サックスのやっさんがこんなに機材を揃えてきました。
録音に関してはちょこっとだけ知識はありますが、さっぱり解らない機械がたくさん!

さて、今日、明日とで録音するのはパーカッションとベースラインと唄。
ほんちゃんの楽器のレコーディングはまた来月に控えております。

鬼頭ブラスにはもちろん唄でご飯たべてる人は居ないので「ほんとに唄の録音なんてできるかしら?」と思ってたんですが、練習の様子を見ていたら、どうも上手くいきそうで。

目の前にある楽譜をプレイバックするために、ボタンを押すように楽器を操作しているのではなく、自分の中にある唄を楽器を通して表現している人達の集まりなんだから、楽器を外せば、それなりの唄が出てくるという。そういうことなんだなあ。

お昼過ぎから晩までの録音。待ち時間にはバカ話。声枯れた~。
  1. 2010/02/20(土) 10:54:06|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

体が暖かい

昨日に引き続き、まさかのショーロ図書館へ行き。個人的に撮ったという貴重なライブのビデオたくさん見せていただく。

「あ~い~な~い~な~。ほら!い~な~。はれ!い~な~。」を連発して。

あんまり書きすぎると嘘臭くなるので辞めておきますが、もの凄い暖かい音楽を、もの凄い暖かい気持ちで見せて貰って。参考になりまくる資料も紹介して貰って。もの凄く暖かい気持ちで帰宅して。

寒い寒い縁側のピアノ部屋にストーブ入れて、夜中までピアノに向かう。

こんなに集中できたのは久しぶりだなあ。

綺麗な景色を見に行かなくても、危ない冒険しなくても、強烈なキャラクターに出会わなくても、暖かさで曲ができるんだなあ。

あまりにも頭が冴えて興奮して眠れず。
  1. 2010/02/19(金) 12:41:39|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まさかのショーロ秘宝館

201002181141.jpg

何年前のことだろう。
鬼頭ブラスのまっちゃんが当時住んでいた多国籍アパートに住んでいる謎のブラジル人からもらった謎のCD。
マジックで書き込んであるポルトガル語?が何も読めず。情報何も無し。

そのCDにとんでもない衝撃を受けて、穴が開くほど聞きこんで。
自分の曲のスタイルもどんどんそっちのエッセンスが入ってきて。

その音楽がショーロというジャンルのものだということは最近知りました。

とにかく、演奏者や曲名などの文字情報に興味が無く、同じCDを1年も聞き込んでしまうので、偶然、何かのきっかけで知るということが起こります。

名前なんてなんだっていいんです。
毎回毎回「よっ!この曲!まってました!いぇーい!あっ次の曲!これも待ってました!」とテンション上がって幸せな気分で聞いてます。ハナモゲラで唄えます。

そんな、大好きな音楽ですが。

今日、岐阜のお仕事現場のすぐ近くのこーんなに楽しい場所(写真参照)に行きました。

先日の岐阜県笠松でのにしやんとのライブを見に来ていただいていた、パーカッション製作者さんの制作工房なのですが、この製作者さんが、ここいらの音楽のこと何でも知ってるという。

「これ、いーよー。」と言って出されるもの全てに「ひぇー!あらー!いーですねー。」と奇声を上げて。

有り金全部はたいてそこら中にある商品を「あら~、こんなもの宝物にしたい!欲しいです~!」と言うのを大人の雰囲気で制止され。危うく破産するところでした。

今まで、なにがなんだか解らずに好きだった音楽、それはそれで宝探しみたいで良かったんですけどね。
このタイミングで耳以外から、いろんな情報が入ってくる場所に出会えたのは、運命的なものを感じております。

とりあえず、明日もいろいろ見せてもらいに、聞かせてもらいに行きます。
  1. 2010/02/18(木) 20:11:20|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

一つずつ一つずつ

今日も事務仕事してますが。

近所のチェーン店のスーパー。
なんで、ぼくの好きな納豆がいつも無いのかなあ?
強制的に違う種類の納豆を味見させているのだろうか。

ぼくの好きな特定の納豆が置いてある確立は7回に1回です。(無論テキトーですが)

どういう仕組みで仕入れているのだろうか。。。

憧れて憧れて購入した圧力鍋、数回使用しましたが、今のところあんまり楽しくないなあ。
蓋が閉まっている間に、圧力が何をしているのかがわからないなあ。
理論的にはわかってるんだけど。確固たる経験と自信を必要とする調理器具ですね。

チョットだけ覗いてみる楽しみが無いというか。

普通に鍋をやっているとき、ぐつぐついってる土鍋の蓋を開けた瞬間に見えるあの膨れ上がったアゲ!
「あれー!見られたー!」とプシューっと縮んでいくあれ、蛭(ヒル、田んぼにいるやつ)の動きに似ていて、とんでもなく嬉しいんですけど。あ、なんかオカシイな。ぼく。

圧力が実際に食べ物に悪さしてる現場が見られないのはつまらないなあ。
耐圧覗き窓というのが欲しいなあ。

201002171140.jpg

でも、覗いている間に「パーン!」とレンズが破裂したりして。煮汁が出てきたりして。

あー、思考が破綻しているのは、ぼくに山が足りないからです。


それはそうと。3月のコンサートの事務作業の山場を越えた今。

・今週末鬼頭ブラス仮レコーディング、レコーディング現場にコタツと晩酌セット持ち込めたら楽しいなあ。
・来週金曜日に組んだ写真撮影、思い描いている断崖絶壁シチュエーション、どこにあるだろうか。屋外トランポリンでも楽しいな。そもそもそんなものあるのかなあ?
・3月12日の曲作らなきゃいけないな。インスピレーションは必要以上に溜まり溜まってるけど。(その辺はさすがのメンバー)むしろ集約するのが大変だな。
・コンサート後3月13日の移動手段どうしようかな。電車移動できるパッキングできるだろうか。
・雑誌の記事、オリジナリティを出すためには。あれとこれと、それも。
・3月14日の三重県熊野への移動、バイクでできたら楽しいな。晴れだといいな。誰かに楽器預けるかな。
・3月22日に焼肉屋で「でっち会」できないか。周囲の音楽人のステージ作れないか。
・3月27日に考えているチューバマンショーのお昼公演、どこでやろうか。プラスαを何にしたら喜んでもらえるだろうか。作曲講座しようか?
・その夜のてるてる家族公演の詳細を詰めなきゃ。
・5月のチューバマンショー対バン企画の日程、場所、の調整どうしようか。
・5月末、アメリカ行くかなあ。それならもうパスポート作りなおさなきゃ。アメリカの出版社へアピールする楽譜と音源整理しなきゃ。
・6月頭、石川県金沢の老舗ジャズバーへの出演の打診しなきゃなあ。
・6月石川公演の為のブラスバンド楽譜作るんだなあ。
・6月鬼頭ブラス北海道、ベストの演奏するために楽器どうするかなあ。ひょっとして居残りできるかなあ。
・10月「えー!そんな豪華メンバーで長野行けるの~!企画」の日程確認とらなきゃ。

散歩している間に、この辺のことを一つずつ整理しております。
  1. 2010/02/17(水) 00:50:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

例えば会社員なら

コンサートの準備してるんですが。

人を集めて、施設を予約して、チラシ作ってといろいろの雑務がある中で、今日は学校関係への案内状の送付というのをやってます。

文面やら、案内状を出すタイミングなんかは、その手の熟練の人から手ほどきを受けてます。
チューバマンショー東京公演のときの資料もあるので、作業内容自体はたいしたものではないんですが。

今まで、ぼくは宛名ソフトというものを使ったことがなく、名詞ソフトや、宛名シールなんかに付属している簡単な無料ソフトを使っていたのですが、イマイチ、仕上がりが美しくなかったり、融通が利かなかったりして何かと不便だったのです。

イラストソフトも楽譜ソフトも手探りで始めて、ある程度使えるようになったというのに(楽譜のほうはちゃんと仕事で使ってますが)、なんでもかんでも便利機能付き有料宛名ソフトを使う気にならなく、今まで敬遠してきたエクセルを使うことにしました。

あーあー。ついにエクセルかー。さっぱりさっぱりわからんなあ。
一から勉強するのはこれまた楽しいですが。ファイルとか言わずにブックとか言うのか。
関数とか、そういうのは拒否感さえ出ます。

頭がいっぱいのまま作業を進めるとミスがたくさん起こります。

屋根より高いこの書き損じハガキの山!山!山!

201002161139.jpg

だれかー、エクセル教えてー。フィナーレ教えるからー。

こうやって、悶々と事務作業なんかしていると「自分は、普通の会社に入って事務作業をすると、どのくらいのヤツになるんだろう。」と無駄な考えを巡らします。

身の回りには、宛名シールやら一通りの封筒やら便箋やら、なんでも揃っていて、一通りのことが出来る事務所になっているつもりなんだけど。ちゃんとお勤めしている人から見たら、こんなものはオママゴトに見えるだろうか。

コンサート関係で使った経費のレシート類、全部、ノートに貼ってメモなんか書いて整理してあるんだけど、こういうのも、目の覚めるような効率の良い方法があったりするんだろうか。

誰か、ぼくの一日体験上司になってダメだししてみてくれないかなあ。
  1. 2010/02/16(火) 21:13:47|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モコモコ倶楽部

1266245068d4.jpg

第何回目になったんだろう。若手フリーランスユーフォチューバ奏者の会「モコモコ倶楽部」を地元美和町にて。
相変わらず、ゆるく、お喋りしながらやってますが。だんだん物足りなくなってきて、欲が出てきました。へっへっへ。

このユルユルの練習会を一般公開したらどうかな?参加してもらったりして。
「おやつコンサート」とかどう?

とか、自然にアイデアが出てくるようになりました。基本的にユル路線なのが良いですね。
  1. 2010/02/15(月) 01:11:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

ポリゴン楽団ライブ

201002141131.jpg

CD制作のために準備を重ねて、レコーディングして。
そして今日は苦労と努力のリラックスしてのライブ。これが良いライブにならないわけなく。
ものすごーく良いライブになりました。よかったよかった。どんどん次、いきましょうね。

ライブ後は、ベーシスト木全くんちでレコーディングの打ち上げ。
なんだかみんなお疲れで寝る寝る。

一生懸命起こそうとする木全君。寝るメンバー。たのしかったなあ。
ぼくも朝早かったので一度撃沈してしまいした。その後、復活してしまいましたが。


今日、ドタバタといろいろ決まりました。

久々のチューバマンショーin愛知。
3月26日(金)19時半より 昭和区なんやにて。2,000円
居酒屋でのライブということで、夜のチューバマンショー出るか!?

3月27日(土)夜 富安秀行&てるてる家族 海部郡大治町YEBISU Cafe 詳細もうちょっとお待ちください。
これですよー。コレ!

  1. 2010/02/14(日) 00:25:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

なぜおちゃらけるのか

親戚が集まる機会がありまして。

どうもみんなの会話聞いてると、みんながトボケてたり、オチャラケてたりするんです。

ぼくは基本的にいつもオチャラケてますが、「自分の本質は真面目でフツーもフツーだ。」なんて思ってるのですが。

どうも親戚みんながこうも明るくオチャラケていると、自分の本質はオチャラケなのではないかと思えてきました。
これは圧倒的に良いことなのですが。

先日、寒さでエンジンがかからなくなって、そのままバッテリーまであがってしまったバイクを近所(といっても普通に歩いても15分)のところにある橋まで引いていき。

押しててっぺんまで登って走って下って、押しがけする。ダメでもくじけずやる。ということをやりました。
一番近所の坂(しかも橋)まで15分というのは、平地に住んだことが無い人にとっては信じられないことだろうなあ。

地盤が低いから水面が高い堤防が高い。
川を超えるのには、(大げさにいうと)太鼓橋のような橋を渡らないといけない。

川を越えるのに上り下りしない光景というのに、ぼくは違和感感じるんだなあ。
あと、田んぼが低くないとか。


えーと。。。楽譜、できました。よかった。。。
あといくつ作るんだっけ?
  1. 2010/02/13(土) 23:15:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヱビス

去年のいつだったかな?地元の珈琲屋さんで、ボーカリスト富安さんのライブをやって、見に来てくれた方の中に、カフェのオーナーさんがおりまして、「うちでもやりませんか?」と声をかけて下さって。それから、いろーんなタイミングが重なって、大阪からクラリネット吹きの瀬戸さんがやってくることになって。ずっと準備をして向かえた今日。

特別なで迎えました。お店の方々もだったと思います。

ヱビスミュージックライブ、大盛況のうちに終わりました。
100212_2150~0001

大盛況も大盛況で。窮屈な思いをさせてしまいまして申し訳ございませんでした。
100212_2148~0001

100212_2039~0001


2010021221520001.jpg

どんどん入ってくるお客さんを整理するのに気持ちが一杯になってしまい、頭の中真っ白。
周りの人達に助けてもらいました。
受付を手伝ってもらって。
ピアニスト石原さんに「すみません、曲順お願いします」と頼ったり。

結局頭の中真っ白のまま自分の演奏始めて。ちょっとずつ冷静になっていって。なんとかステージを終えて。

一旦外に出て、瀬戸さんのロイヤルハンチングスが始まり、お店に入るタイミング失い。
しばらく外から覗き込んで。
瀬戸さんの演奏を見るお客さんの顔が満面の笑みだったところで、ようやく落ち着きました。

ほれみたことかー!すごいだろー!どんなもんだー!場をコントロールする力、引き込む力。大きい声、小さい声。表情。もちろん演奏も。
これがプロフェッショナルじゃい!どうだー!と、自分に投げかける。


終演後、お店の方と「よかったよかった。」を連発して。
楽しく打ち上げして。
真剣に音楽について語りあかして。

これは、絶対にまた来てもらわないと。

さらに、地元シリーズ頑張ります。
  1. 2010/02/12(金) 09:49:19|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

ヤングの演奏を

吹奏楽ヤングの演奏を聴きに行ってきました。

お客さんの反応見てると「うーん。なんか違うところに関心してるなー。」なんて思う。
のど自慢大会みたいに、審査員の演奏もあったら良いのに!
  1. 2010/02/11(木) 11:21:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ちょこっと東京

神楽坂の雑誌社にて打ち合わせ。

坂だらけの起伏いっぱいの地区です。
濃尾平野の真ん中に育ったぼくとしては、こういう場所に来るだけでテンション上がります。

平地だったからチャリンコなんか乗ったら、いつまでもどこまででも行けたんだけど、こういうところの子供も、どこまでも坂を越えて行っちゃうのだろうか。


そんなことを考えていたら、なんだか楽しくなってしまって、帰り道は新宿まで坂を越えてどんどん歩いて帰る。
ビルを目印にして歩いてもすぐ見えなくなっちゃうからダメだねえ。歩き方まで平地だなあ。

さてさて、来年度一年間に渡って月刊誌の記事を書かせていただくことになりました。
月刊蕎麦お楽しみに。
  1. 2010/02/10(水) 11:07:31|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東京へ

明日、東京へ行く準備をして。

夜行バスに乗る前に、名駅の音楽焼肉屋さんで食事。
世間話をしたり、これからの企み計画を話したりして。

「圧力鍋を買ったので、スジ肉を流してください。ひひひ。」なんて言ったら、肉マスターに「スジ肉は、一番人気で、出したらすぐ売れちゃうよ。それにスジ肉は圧力鍋じゃないほうが良いよ。30分煮て、30分味付けして。」

ということを言われ。圧力鍋買った動機が年末に京都で出してもらった圧力鍋で作った牛スジ煮込みカレーだったんですけど!これはかなり実現難しいか。

楽しくバスの出発時間までお話させてもらって、東京へ出発!
  1. 2010/02/09(火) 10:58:17|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

学校公演




つい先日、にしやんと演奏させてもらったカフェのすぐ近く!ということで、会場入り前にコーヒー飲みに行ってマスターとゆっくり話しして。なんとも面白いことを企んでいる人だということがわかりまして、これから笠松には頻繁に顔を出すことになりそうです。
  1. 2010/02/08(月) 19:49:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

神戸


高校の同級生の弟さんの結婚披露宴に演奏要員で呼んでもらいましたー。
この同級生というのが面白い人で。
当時、授業中に先生に「これ、隣のクラスにもって行って」と言いつけられても、うじうじなよなよして、なかなか入れないぼくを見かねて「貸して」と言ってボカーンとドアを開けて用事を済ませたりする人で。「ああ、男はこうでなくちゃいけないな」というのを見せてくれました。
休み時間に音楽室で一緒に長渕剛の弾き語りをやっていたのも楽しい思い出で。

その後、バラバラになってしまったけども、今も気にかけてくれていて、連絡もしないのにふらっとライブを見に来てくれる、ありがたい友人です。

新郎の兄の友人で演奏者という微妙な立場だったんですが、結婚式にも参列させてもらって。
結婚式はえーですねー。泣きそうになりました。

今回、伴奏としてご同行願った石原実恵さんは、もう、この手の演奏の職人さんでして。
見事に状況に合わせて音楽を入れていきます。そりゃあもう、見事な光景でした。

ぼくは、披露宴での演奏から。心を込めて演奏しまして。

演奏終えて、せっかく神戸まで来て、気がついたら、いつも演奏させてもらっているフルーツカフェの近くということが解り、「スムージー飲んで帰るぜー」と思ったら定休日でした。
  1. 2010/02/07(日) 14:11:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やりますやります。

朝から、楽器練習会。
もういい加減、朝っぱらから楽器吹くのにも慣れてきました。
この練習会で、ちょっと試したいことが出てきたので試しにやってみようかな。自分が普段なかなかやらない、調整に左右されなくなるための指と頭の練習。これはほとんど筋トレみたいなものなので、自分に甘いぼくはなかなかやらず。大勢でやったら楽しくできると思うんだけど。

夜は、いりなかの小川軒にてライブ。久々の水野啓トリオです。お久しぶりということで、ステージ前にはいつもとは違う緊張感がありましたが(自分だけね)、始まってしまえば、すぐに元通りほぐれて溶け合い。

そしてライブ後は、さらにビッグバンドの譜面に関する打ち合わせをしに刈谷市へ。ビッグバンドの楽譜、いろいろと依頼をいただきまして。こっちもぐーんと伸ばしていきましょうそうしましょう。
  1. 2010/02/06(土) 19:36:18|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ぐるぐるトリオ

201002051125.jpg
岐阜県の笠松!東京からベーシストのにしやんと、パーカッションのクラッシー、そして、ご存知!お友達トランペッターの石渡岬ちゃんの3人からなる「ぐるぐるトリオ」に混ぜてもらいました。

この笠松、毎週一回は通ってます。街の端っこをちょいとかすめているだけですが、気になっているうどん屋が二件もあり、そのうちの一軒はお気に入りになっていて。

今日の会場のアオイ喫茶、気になっていたもう一軒のうどん屋の近くで。しっかりチェックしてきました。

アオイ喫茶に近づくと、街の様子が随分と魅力的なのに気づき。
古い街だなー。なんとか街道なのかなー。とは思ったんですが。何か、色合いが違う。
油絵のような雰囲気で。なんだろうなんだろう。独特な雰囲気。

電気屋さんも、クスリ屋さんも、自転車屋さんも、商店も元気!床屋さんにもお客さんが居る!
コンビニが無い!チェーン店が無い!イーところ!コンビニの明かりがないだけで、なんて色とりどりなんでしょう。

と、興奮しながら町を回っていたら会場入り時間過ぎてました。すみません。

ここからは、予想外の連続。
会場の雰囲気「えー、こんなところにこんな場所が!」から始まり。
音楽やってるお客さんたくさん!
その中に、パーカッション制作を手がけている人が二人もいたりして。

今回は、そんな人達とのセッションも組まれておりまして、そういったことも含めて、プログラム組んであったんですが。
ファーストステージ終って、休憩をして、ステージに戻ってみると、ステージがもう乗っ取られておりまして、ずどどどとセッションになだれ込んだのです。
「うー!早く参加したくてしょうがない!」と思われたのは、光栄です。
ステージに飛び出てきちゃう雰囲気が出来てるっていうのは、これは、ぼくには出来ないことで。

にしやん、すごいなあ。

終演後、パーカッション製作者の方とお話しておりまして「足踏みべダルの着いたカホンなんてあったらいいなあって思ってるんです」なんてお話したら、もう、作っていると。手元にあると。貸してくれると。

もう、久しぶりにバンザイしました。


終演後「おれたちは遊園地なんだ」と言ってたけど、ほんとうにその通り。

  1. 2010/02/05(金) 02:56:20|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ベーシー先輩に合う

楽しみにしていたカウント・ベーシー楽団のコンサートを聞きに四日市市へ。
この間、グレン・ミラー見に行ったばかりですが。いーの!人生のプラスになるからね。

リズムセクションが静かに始まったと思ったら、いきなり全セクションどーん!爽快!

アメリカの大学では、この辺の曲のコピーはみっちりやるので、ほんとに勉強になりますわ。
前へ後ろへうねる吹き方も「ちょっと!ぼくも入れてみて!できるから!」と手を挙げて飛び出したい気分。

ほとんど生音で楽しめる距離で、瞬きもせずに最初から最後まで。
良かった良かった。

バンドメンバーに、アメリカの大学の先輩に当たっちゃう人(リードトランペット)を発見。
そういえば、在学中にそんな話聞いたことあったな。

終演後、もじもじしていたら、「こっちこっち!早く早く!」と声を掛けていただきまして、会いに行くことができました。

自己紹介して「大学でどうのこうの」と言ったら「うそ!」「ほんと!!」「いつ?」「この頃!(もちろんカブってはいない)」「この先生はいた?」「いた!」「この先生は?」「その人は知らない!」「この教材は使った?」「使った!」なんて話ができて。

「こういう日本人、ちょいちょい増えていってますので!」と言ったら喜んでました。

いやー、ものすごいエネルギーを貰いました!
  1. 2010/02/04(木) 00:04:03|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

出囃子書く

新聞やらテレビやらに取り上げられて、人気急上昇中のあっぱれ本舗。
http://apparehonpo.com/

オリジナルの紙芝居を作って、結婚式や、その他いろーんなお祝い事の席でプロの紙芝居屋さんがご披露。
そのまま紙芝居はプレゼント。というなんとも粋な活動をしてます。

そのあっぱれ本舗の出囃子を作ってます。

去年、ずっと前から依頼があったんですが、雅楽の要素を取り入れようと思ってちょこっと勉強したものの、その奥深さに尻込みしてしまって。それから、運命的に雅楽のサンプル音源集CDというのを貸してくれた方がおりまして、また再開して。

ようやく出来上がりました。
本物のお祭り囃子の上に、パソコン音源を重ねて作ってあるので、ものすごく勢いのある、めでたい感じになりましたよー。
しかししかし、雅楽のパターンの奥深いことったら。
無理やり西洋音楽の枠に当てはめられるようになるまで、かなりの苦労がありました。

もうちょっと早くやってれば、ぼくもあっぱれ本舗スタッフとしてテレビにちらっと出てたかなー。失敗!
  1. 2010/02/03(水) 13:55:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽譜できない

お仕事で名古屋市に出たついでに、若者デパートへ。
無論、若者デパートに用事は無く、若者デパートの中のCD屋へチラシを置きにいくのが本命。

今日は、ほとんど山登りのような格好をしていたので、そりゃまあ、浮いてしまうこと!
ビルの中からどんどん出てくる人達がモデルさんのような格好ばかりなので、一瞬ひるんでしまった。

いつの間に、日本から日本男児が消えてしまったんだろう。

お洒落フロアーを背中を丸めて通り抜けて、CD売り場へ。

新品CD売り場に来るのも久しぶりだなあ。もっぱら中古レコード屋だもんなあ。
「これを機に市場調査を」なんて思ったけど、CD屋の構造がわかんないや。

ささっと用事を済ませて帰宅。

曲作りの続き!どんどん書き進むも、どんどん徹夜作業しなきゃいけなくなる感じで。
どよーん!さむいよーさむいよー。
  1. 2010/02/02(火) 23:19:55|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鍋買いました

201002041123.jpg
お仕事帰りに、デパート寄って、商品券で買ってきました。
T-falが流行ってて良いのは解るんですけどね。まだまだ買えません。

さー、何から圧力かけようか!

とりあえず、スジ肉を流してくれる人がいるのは大変なシアワセになるでしょう!
ついでに、取っ手が焦げてなくなっていたため、取っ手を無くしたT-fal状態になっていた雪平鍋も新調しました。

あと、バキバキに割れてしまっていたスライサーも。

台所用品を平日の昼間から吟味するのは、ちょいと照れますが!
  1. 2010/02/02(火) 02:07:50|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ひきこもり

一日中、部屋にこもって曲作り。
あっという間に時間が過ぎますね。

もうしばらく、ずっと詰めに詰めて作っいた曲の最後のシメの一フレーズが「まねきねこダック」に似ていることに気づいて戦意消失。
自分で作った曲が人の曲に似てることなんてたくさんあります。そんなもんです。それで良いと思ってます。
しかし、人が気づく前に自分で気づいて良かった。

ふと、ホームページのデザインの変更なんか始めてしまって、途中で辞められなくなって、必要の無い夜更かし。
これをきっかけに、中途半端なものを充実させていくことにしました。
写真とかね、音源とかね、やりかけのmyspaceとかね。

そしてそして、CDを二枚作る計画を始動させました。CD作らなきゃいけないタイミングに来たようです。
アメリカで録音してきたものでなく、それを基に自分に嘘がなく、曲数も多くなるように。
今、自分がやりたいことをやるのに、アメリカに行かなくても良くなってるなあ。
シアワセ!
  1. 2010/02/01(月) 22:55:52|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0