GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

パン食べない件

201001311120.jpg

昨日は例外的にパン食たけども、普段、まったくパン食べません。
好きとか嫌いとかでなく興味が無くて。


「ごはんよ~」と呼ばれてパンだと「これはごはんではない。パンである。つまりおやつの仲間である。」
「パンが無いならうどんを食べればいいじゃない。」
「リッツ食べればいいじゃない。」

というようなパンの悪口を言っていたら、あっという間にタカ派全粒粉会に囲まれて「パンしか無い国に連れていってやる」などといじめられました。(←外国に連れていってくれるのは、ほとんど好意ですが)

くやしかったので「パン粉にしてカツにして食べればいいじゃない。」と虚勢を張ってみたものの、いかんせん加勢してくれる人おらず。


アメリカ時代を思い出してみると、寮に入って学食のビュッフェしか選択肢がなかった頃は、何食べてたかなあ?

ミートソーススパゲティは8割が肉だ。(麺1:ソース1)
生のマッシュルームがおいしい。
ワッフルは自分で焼く。
ベーグルという食べ物初めて見る。

というのにショックを受けたのは覚えてるなあ。

隣の部屋に住んでいた韓国人が「軍隊式の食べ方だ」と言って袋インスタントラーメンの口をやぶって、粉末スープをその袋に開けて、洗面所の蛇口から(ヌルい)お湯を入れて、一緒にブヨブヨのラーメンを食べたのは愉快だったなあ。

寮を出て自炊するようになってからは、米と麺がメインで。
食べるための魚を釣りに川に行きだして。ナマズ、ブラックバス。たくさん食べましたねー。そのうち投網も覚えて。
ナマズのバーベキューなんて言ったら「ギョエッ」と言われるだろうか。ウロコが無いからね。楽なのです。

ハンガリーに10日間行ったときは、宿泊していた寮でサンドイッチ作って、わけのわからない味のマヨネーズ塗ってよくわからないハム挟んで。
洗わずにむしゃむしゃ食べていたレタスが、実はアブラムシギッシリなのを発見してヘコんだり。
「もうパンじゃ無理!」と現地の中華料理屋に駆け込んで、それはそれでゲンナリしたり。


なんて、珍しく食べ物にまつわるエトセトラを思い出して。

本当にパンしか無い国へ行ったらどうしよう。
小学生の頃にやってたように、ちびっちゃくちぎって丸めて「コメ!」って言おうか。
  1. 2010/01/31(日) 01:11:23|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

アートのもり


鬼頭ブラスにて、アートの森というイベントで演奏。演奏会場は屋外!神社の境内です。

鬼頭ブラスメンバー数人で動いていて、名古屋市内で演奏前の昼ごはん。中華料理屋へ行くというグループがあるものの、ぼくはちょっと野菜が食べたかったので、サブウェイへ。お腹膨らませて大満足。

で、会場の神社へ入って打ち合わせしてみんなでお参りして。(この辺の様子も含め、ずっと撮影されてましたが、記録用かな)

今回の衣装は屋外にもかかわらず「演奏始めたらどうせ暑くなるから」と、半袖。
暑くなったけど、ちと寒かったね。その辺をやせ我慢しながら。

アツいアツい演奏を、手を伸ばせば届く距離の至近距離で、笑顔のお客さんに囲まれてやって。(ここまで近かったことは無いですねー。よく逃げなかったねー!うれしー!拍手!)

40分の演奏はあっという間に終わり。自分が予想以上に消耗していることに気づき。
「やせ我慢のせい?」と思ったけど、ただ単にお腹が空いているだけでした。

サンドイッチじゃパワー出ないか~!

その後、近所のサイゼリヤでドワーっと打ち上げ。土曜日にみんなで集まることなかったから、久しぶりに話し込めたメンバーもいて楽しかったなあ。(ぼくはぜんぜん呑んでないですけどね)

そして、夜帰宅して、ウチに泊まっていくメンバーと中華料理屋へ行ってさらに打ち上げ。(ぼくはぜんぜん呑んでないですけどね)

その後、まさかのラーメン屋はしご!(ぼくは表でまってましたけどね)

そして帰宅後、さらに宴会。(ぼくは呑んでないですけどね)

「お茶」と書くのに飽きて嘘をついてみました。ラーメン食べてないのはほんと。
  1. 2010/01/30(土) 11:31:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

上々颱風みる

鈴鹿にやってきた上々颱風を見に行き。

やっぱり感激。
ボーカルの女性が声を張り上げた瞬間に、やはり人生と説得力を感じてしまい寒気と涙と。

皆が知ってる曲をやって喜んでもらうんじゃなく、自分の曲がそうならなきゃいけないんだなあ。

単語に書いてしまえば、こんなに単純なことはないんだけど。
それができるまでに何年かかるんだろ。どういう道を通れば良いんだろう。

ぼくにできるか?一歩踏み出してるつもりではいるけど。もっと大きい一歩でいこう!
  1. 2010/01/29(金) 23:13:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Space Baa

東京からやってきたスーパートランペッター辰巳光英さんのSpace Baaと対バン。

むちゃくちゃかっちょいい人です。音も人間もかっちょいい憧れの人です。
ウチの納戸から出てきて皆をびびらせていた(本物の)砲弾も「ああ、これは大丈夫なやつ。キュルキュルキュル、パカッ。ね。」と。ダメか。伝わらないか。ともかく影響受けまくってます。

今まで、もっと大きいバンドでご一緒させていただいたことはあったのだけれど、こんなにバッチリ音を聞かれる状況というのは今まで無く、笑顔の裏に緊張を隠しつつ、逆にバッチリ音を聞けるのが楽しみで。

いやー、ものすごいものを見てしまった。かっちょいい。かっちょいいしか言ってないな。
すげーなー。あんなドラムとベースマンと一緒にできたらどんな気分なんだろう。。。
と思っていたら、最後に呼び込んでくれて一緒に演奏することに!カンゲキ!
  1. 2010/01/28(木) 11:23:13|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モコモコ倶楽部




このエリアで活動する若手(若手でいいのかなあ?)ユーフォチューバ奏者のユルい集まり、モコモコ倶楽部を10時~15時まで。正々堂々とお昼の時間を挟んでいるのがポイントです。

みんな部屋に入って、ゆっくり楽器出して、雑談始めて
「じゃあ、そろそろやりますか。」と言い出したのが11時。

「じゃあ、そろそろ昼ごはんいきますか」と言い出したのが12時。

ゆーっくりと雑談しながらお昼ご飯食べて帰ってきたのが13時半。

「じゃあ、そろそろやらないと。」と言い出したのが14時過ぎ

15時に楽器を片付け始めて、駐車場でさらに立ち話して、「じゃあそういうことで」と解散したのが15時40分。

これがサイコーのモコモコ時間なのです。これがあるからモコモコできるとも言えるねー。
  1. 2010/01/27(水) 00:51:34|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ポリゴン楽団レコーディング

20100126181501
20100126181457


この日のためにリハーサルと、レコーディング手順を模したライブを繰り返してきました。

スタジオで用意された時間はセッティング時間、かたづけも含めて12時~21時の9時間!
レコーディングする予定の曲数は7曲!

これは、実はかなりキツい数字で。
ぼくがアメリカでやってレコーディングしてきたときも、こんなに曲数録れなかったもんなあ。

レコーディング経験豊富なサックスの瀬利くんと「かなり厳しいよねえ」と言ってました。


今朝、一通り準備して、さあ、出発!ということろまで来て、バルブオイル(ピストンのところに挿す潤滑油)が無いのに気づく。普段、要らないときには、その辺にボコボコ転がってるのにね。あわてて探しても出てこず。

さっさと諦めて、高速ででかけて、スタジオ近くの楽器店で購入して、スタジオに入る。セーフ!

前もって入っていたピアノの調律師さんと入れ替わりで楽器の搬入とセッティングをして、音響技師さんにマイクのセッティングをしてもらって、「さあ、いきましょうか」という時点で一時間半がかかってます。

で、どんどん演奏初めて。どんどん録音して。

これがねー、あっけないほど、どんどん進むのです。
レコーディングを想定したリハーサルを重ねたのがバッチリ効を奏してます。

今までやってきた、レコーディングは、演奏して、録音したものをミキシングルームで聞いて「うーん。今のはダメだった、いや良かった。」などと腕組みしつつ(他の人が)タバコふかしつつ議論して「じゃあ、もう一回いきますか。」ということをあやるんだけど。今回はみーんなが、自分のやったことと全体のバランスを冷静にリアルタイムで聞いていて「うん、いまのは大丈夫、いまのはカタいからダメ。」なんてことができまして。レビューする手間が必要なかったんだな。

結果、拍子抜けするほど早く収録予定曲の録音を終了して、2曲余分に録音して19時に録音終了しました。

長時間のレコーディングでは、体力よりも集中力が切れるのが怖く、集中力が切れてからの体力の消耗はとてつもないもので。今回は、お友達バイオリニスト、シノノメソラの黒田かなでちゃんがレコーディングしている時に、チョコレートを、もうずっと!食べ続けていたのを真似してみました。そしたらば、効果バッチリ実感できました。よかよか。
  1. 2010/01/26(火) 18:15:03|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

豪華になった!

東京で三月にユーフォ奏者4人でやるコンサートですが。

4人のユーフォ奏者が、それぞれソロをします。
他の3人は、クラシックの達人で、ピアノ伴奏でコンチェルトやります。

ぼくは、ギタリスト斉藤タクくんに伴奏してもらいます。
ほんとうは、ベースもドラムも入れて完全なジャズバンドでやったら良いんですけどね。
ぼくが本当にやりたいことやるなら、他の奏者はオーケストラを持ってきちゃうという。


話は飛びまして、今月末に、上々颱風が三重県に来ます。見に行きます。
上々颱風というのは、一般的に広くしられているところでいうと、平成たぬき合戦ぽんぽこの音楽とか、当時黒字の航空会社のキャンペーンソングとか、そういうのなんですが。

そのベーシスト、西村直樹さんとは、アメリカから帰ってきてからすぐ、「東京殴り込みツアー」と自分で銘打って勇み出かけた時のセッションで運命的に出会って、その後、愛知の豆大福のご縁で再会して(詳細は過去の日記のどこか)、それから仲良くしてもらっていて、去年も東京でのライブを組んでもらったりして、もうすっかり心のより所になっております。

その西村さんに教えてもらって、初めて見た上々颱風のライブが2005年名古屋。
それまで「自分は喋るのが苦手だから。なるべくライブではクールにいこう。コ難しいことやろう。」と考えていたのが、クルッと方針転換して「自分も声をださなきゃ。積極的に自分の"素"を知ってもらわなきゃ。自分の"素"はコ難しくない!」と思っちゃったのですねえ。


話は元にもどって、3月のコンサートについて「ほんとうは他のクラシック奏者に気兼ねせず、もっと分厚いサウンドが欲しい。斉藤タク君に(ベース音を弾く必要なく)自由にやってもらいたい。」という気持ちと、西村さんが三重県にやってくるというタイミングが合って、気持ちがどんどん昂ぶって。
目上のミュージシャンに共演を申し込むのって、のもすごく勇気がいるんですが。
西村さんに3月のコンサートの出演をお願いしてみたらば。ご快諾いただきました!
ほんとに良かった。グィングィンのグルーヴが産まれることが保障されました。

というわけで、エキスポニアム、よろしくお願いします。
  1. 2010/01/25(月) 23:23:34|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽市Jazz楽団本番

20100125215251


朝早く起きて電車乗って岐阜へ向かう。
なんか、朝早くに電車乗るのって照れくさいですね。
ぼくみたいなのが朝早く電車に乗ってすみません。

岐阜市民会館に着きまして、リハーサル滞りなくやり本番。
ぼくはステージ脇で、ステージが問題なく進むよう見てるだけでしたが。
みなさん本番の顔つき良かった~。いぇい!
文句なしに今までで一番の演奏でした。

終了後、楽しい打ち上げに参加して。(今まで、ことごとく飲み会外してしまっていたので気合入ってます)
よくわからない時間までもりあがって。

これでひとまず今期終了って!あれ?あ!そうか。さみしー!
  1. 2010/01/24(日) 21:52:54|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ポリゴン楽団から楽市ジャズ楽団

午前中に、レコーディングを控えている、ピアニスト奥村俊彦さん率いるジャズバンド、ポリゴン楽団のリハーサル。レコーディング前の最終リハーサルということで、ほとんど通して「うん、大丈夫なんじゃない?」なんて言うだけですが。これが大変な意味を持っております。

時間貸しのレコーディングスタジオ、レコーディングエンジニアさんも時間割りできっちりとしたお仕事を頼むので、スタジオで「あれ?ここはこうしようよ。」なんてことはできないのです。

たまーにテレビなんかで見る、メジャーアーティストがやるような、造りこみながらのレコーディングというのは、ほんの一部の人ができる夢のまた夢の世界なのです。

大丈夫じゃない?いぇーい!

そしてそして午後からは、明日に本番を迎える、楽市JAZZ楽団の最終リハーサル。
一日に二回、最終があると、頭がかなり混乱します。なかなか切り替えがつかない岐阜市への道のりの長かったこと。

サウンドチェックをして(見て)、リハーサルに立ち会って。ステージに立ってようやく、ギアが一段階切り替わった感じします。明日には千人のお客さんの前です。入門コース、学生バンド、実践コース、ゲスト演奏、合同バンド、全ての出し物を順番にリハーサルということで、終了は夜の9時。

今日は朝から肉まん、マックが作ったテキサスの食べ物と、カップスープと、これ以上ないでしょうというテキトーなもので済ませてしまい、これでは明日の本番やっていける自信がなく、帰宅後にほうれん草のオヒタシで充電完了!
  1. 2010/01/23(土) 22:56:39|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ディナーショー

今年発のチューバマンショーは、ホテルでのディナーショー。

某市の某市長を囲むパーティだそうです。

名古屋ウィンドシンフォニーの団長さんから話をいただきました。
そもそもこのお仕事の話が来た時に「むむむ。場違いでないの?」と思ったんだけども、「大丈夫大丈夫」とのことで。

ちょっと前にパーティの進行表やら、企画書が送られてきたので確認したら、ぼくらの前に、もう一つバンド入るじゃないですか。

よーく見たら、ウィンドシンフォニー団長さん率いるカルテットじゃないですか。

クラリネット(男性)
バスクラリネット(女性)
ピアノ(女性)
ベース(男性)

という豪華な編成。

「順番、逆でしょー!」と思ったんだけど、ぼくには何の権限なく。


今日、会場のホテルに入って、カルテットさんのリハーサル見物したりして。
その後、メンバーさんと話してたら、女性奏者の衣装はドレスって!

ますます順番逆でしょー!
中年男性相手にドレスの女性と覆面のオッサンですよ。

まあ、そんなことはお構いなしに会は進み。
キチッと演奏してきました。それなりに喜んでもらえたとは思いますが、(見ることができなかった)カルテットの反応はどうだったんだろう。

待ち時間が結構長かったのですが、年の初めということで、控え室になっていたカラオケルームで、チューバマンと今後の展開について大いにお互いの野望を語りました。

今まで行ったことない地域に行きますよ~!今までとはちょっと違ったアプローチ見せますよー!
  1. 2010/01/22(金) 01:32:29|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゴージャス☆モンキーズ学校公演

20100121234724

岐阜県美濃市の高校の芸術鑑賞会にビッグバンドで演奏です。良い時代になりましたね。

ぼくが高校生のころは、御園座に歌舞伎を見に行ったのと(人が豆粒大で印象ナシ)、学校に落語の師匠が来たのと。。。あと一つは覚えていないなあ。。。

朝7時に家を出て、9時半に会場入り。遠くはないんだろうけど、渋滞しますねー。

結局、調子イマイチの楽器を持ってきましたが、リハで吹いてみると、一昨日の不調は無く。
何が変わったろう。。。まあ、いーや。全開でいきます。

サウンドチェックをサラリと終えて、昼ご飯の時間。
ひとり抜け駆けして、近所の昔の街並みの景観保存地区を散策。
いーねー。うだつの街並みって、全国のいろんな場所にあるんですね。

「あるかなー、あるでしょー。」と思ってたらやっぱりあった蕎麦屋に入り。


本番、ノリノリのブリブリの演奏(このバンドは、マジメ~な暗~い曲はやりません)あり、校歌のジャズアレンジあり、ブラスバンドとの共演ありで高校生もどんどんと温まってきて、楽しい芸術鑑賞会となりました。これは記憶に残るでしょう!

ゴージャス☆モンキーズは4月のライブを企画しているようです。
それまでに、学校公演二つ入ってます。良い時代になりましたね。
  1. 2010/01/21(木) 23:47:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あんなに不便だったのに

携帯が壊れて、以前使っていた携帯を無理やり使ってました。

かかってくる電話の音声が聞けず、こちらからかけ直すというお金のかかることをやってましたが、それもままらなくなってきて、電話がかかってきたら、まず、(電話にでず)電源落として再起動して、かけ直すと、ようやく会話ができると。。。

今日は、久々に思いっきり時間が空いたので、やっと携帯を修理へ出しにいく。

(あまりにわからんちんばかりなので)ソフトバンク直営店以外へは、もう行かなくなってしまいました。

で、お店のにいちゃんがチェックしだすと、ちゃんと起動した携帯。まあ、故障なんてそんなもんですわ。

「どうやら、本体でなく、充電器の故障らしい」というので、「じゃあ、またしばらく様子を見ます」とソフトバンクを後にして。

「充電器くらい、その辺で買ってしまおう」と思って、近所の電気街へでかけたのだけれども、ノキアの充電器探すのは大変で。パソコンショップの店員なんかに相談したら、ものすごく上から目線で「そんなのソフトバンクショップに行かないとないですよ」なんて言われたりして「ああ、こういう場所はこういうことになるんだった」と落ち込んだり。

「あー、そういえば明日の本番で使うトロンボーンどうするか考えなきゃいけなかった」なんて思いだして。。。この時点ですでに手遅れ。

丁寧に鍋を作って、チビチビやりだして、なかったことにしてしまいました。
  1. 2010/01/20(水) 00:04:14|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

久しぶりゴージャスモンキーズ

木曜日に学校公演を控えた岐阜拠点のビッグバンド、ゴージャス☆モンキーズのリハーサル。

ややこしいですが、岐阜市文化センター主催のビッグバンドは楽市ジャズ楽団で、そこのメイン指導に入っているのが、ゴージャス☆モンキーズのリーダー、野々田万照氏と、リードアルトの粥川なつ紀さんです。

このバンド、ライブはいつも一日2回公演の満員御礼というのをやってきましたが、しばらく予定やら場所やらの都合がつかず、ライブやってませんでした。年越しライブがありましたが、ぼくは京都にいたので参加できず。。。

ものすごく久しぶりのブリブリビッグバンドで、久しぶりの人もたくさん居るので、テンション上げて臨んで。

楽器を出して、ブリブリ吹き出してから、そいういえば、スライド調整が必要だったのを思い出して。

ブリブリ吹けない状態なのです。。。

アメリカでものすごく安く譲ってもらった、ものすごく良い楽器なんですが、買ってから一度も調整出してないもんなあ。そろそろなんとかしなければ。

ものすごーくへコんで帰宅。
あー、新しい楽器必要かー。東京とか広島とかまで調整持って行くかー。
  1. 2010/01/19(火) 23:51:53|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

打ち合わせから講義

お昼に、2月に、大阪からクラリネット奏者の瀬戸信行さんのユニット「ロイヤルハンチングス」を迎えて地元で行うライブの打ち合わせを。

こうなってます。料金に注目!

お店としても初めての試みなので「何か足りないことはないだろうか?」「ここは大丈夫だろうか。」ということを話していたのですが、次第に「あれ!こんなこともできる。」「こんなことがやりたい。」と次々とアイデアが沸いてくる状況になりまして、オーナーさんと盛り上がりました。

詳細こんなです。


【日時】
2月12日(金)開場19:00 開演19:30

【会場】
YEBISU CAFE
愛知県海部郡大治町三本木金久35
http://www.yebisucafe.com/
大駐車場完備、名鉄バス「大治役場前」より徒歩10分

【出演】
・ほのぼの研究会
照喜名俊典(eu,tb)
石原実恵(p)
木全希巨人(b)

・ロイヤルハンチングス
瀬戸信行(cl)
熊坂義人(b)


【料金】1500円(1ソフトドリンク付き)中学生以下無料(保護者同伴お願いします)




そしてそして、帰宅して夜の準備。
名フィルの先生がカルチャーセンターで毎月おこなっている「オーケストラの魅力」という講座の後半に呼んでもらいまして「作曲、アドリブ講座」というのをやります。先月は、紙芝居のたっちゃんとやり、ぼくはBGM、効果音係だったのですが、今回、メインに昇格です。

ラテンパーカッショニストさんが一緒にやってくれることになりまして、急いでネタを作り直し。

(準備していた)スィングのネタよりも、そりゃあ、ラテンのリズムのもののほうが良いでしょう!


・作曲講座で、聴講生のからランダムに選んでもらった3つの音から、一曲を作る方法を見せる

ところから始まり、

・パーカッションの話、
・作った曲をテーマにパソコン音源の伴奏付きで二人でセッション

というプログラムを組みました。


早めに会場近くに入って、パーカッショニストさんと打ち合わせ。
今回初めてお会いした方(日本人)は、なななんと、ペレス・プラード楽団のパーカッショニストさん!

ペレス・プラードっちゅうたら、日本でいうところのアレですがな。アレ?なんでしょう?例えがみつからないなあ。
解りやすくいうとマンボNo.5の人です。光栄!


前半のクラシックの講義が終わり、ちゃちゃっとセッティングして、実践。

音楽の知識が無い人にも解るように、人がランダムに選んだ音3つから1曲を作る過程(脳ミソフル回転オーバーヒート寸前)を見てもらい、パーカッションのデモンストレーションに入りましたが。
感動。「ポン!」という音一つにこれだけの人生と説得力があるものかと。

セッションもしっかりアイコンタクトが成立して。ああ。パソコン伴奏でなかったなら、もっといろいろ吸収できたろうなあ。

講師として行ったつもりが、すっかりミュージシャンとして楽しんでしまいました。
こういうの、シアワセだなあ。
  1. 2010/01/18(月) 00:44:20|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

練習会からビッグバンド

朝から地元で楽器練習会。

朝9時半ってねー。夜型のぼくにとってはすごく朝早いんだけれど、最近は朝早くてもダメージ受けなくなってきました。
そんなに一生懸命寝なくても良いんじゃないかと思ってます。さあ、おじいちゃん化進みました!

丁寧にブーブーやって、コンディション整えることに専念して。

午後からは、岐阜に移動して岐阜市文化センター主催のビッグバンド、楽市jazz楽団の指導に。

実践コースと入門コースと二つのバンドがあり、実践コースは、熱帯ジャズ楽団のサックス奏者で、ゴージャズモンキーズのリーダーでもある野々田万照氏が指導し金管楽器セクションには、これまたゴージャスモンキーズのリードトランペット氏が入っております。

入門コースの総合指導は粥川なつ紀さん。金管セクションをぼくがみてます。

本番を24日に控えているので、主に初めから最後まで通すのが練習の内容。
ぼくは、金管楽器セクションを横から見ていて、気づいたことがあれば、アドバイスをするという。

あんまり近くに突っ立っていたら、プレッシャーを与えてしまうのと、セクションとしての音やバランスが聞けないので、ある程度の距離を置いて見て、ここぞというときにダッシュで駆け寄るということを数回やって。

気がついたら、遠くで聞いているときも、爪先立ちでした。ドキドキしてたんだろうなあ。

ラストスパート頑張りましょう。そしてパフォーマンスしましょー!!

ぼくも、チラッと。2曲ほど出ることになりました!
  1. 2010/01/17(日) 00:28:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ポリゴン楽団レコーディングリハ

朝起きたらコタツ。なんだか昨日は早々に寝てしまったようで。

朝9時半から17時まで、ピアニスト奥村俊彦さん率いるジャズバンド、ポリゴン楽団のリハーサル。
レコーディングが近づいてまいりました!

奥村俊彦(pf)http://eglair.hp.infoseek.co.jp/
瀬利優彰(ts,ss)http://m-seri.blogspot.com/
木全希巨人(b)http://music.geocities.jp/kimachan222/
神谷雄一郎(d)http://jazzlogblog.seesaa.net/

という実戦経験豊富なメンバーがその場その場で的確な提案をして、どんどんとCD収録用のサイズ、アレンジになっていきます。

このバンドでCDに収録する予定の曲目がね。ババーン!

ひらいたひらいた
かえるのうた
りんご追分
月の砂漠
竹田の子守唄
かごめかごめ
あめふり
(順不同)

なんですねー。ジャズアレンジされていますが、ありがちな、ジャズミュージシャンが喜ぶ(しか喜ばない)、理論的にとても難解なマニアックなもの。ではないんですねー。

ターゲットがマニアでなく、楽しい楽しい。美しい美しい。
これから、グッと集中して月末のレコーディングに向かいます!


今朝、電話が充電されている状態でウンともスンとも言わなくなって真っ暗になっているのを発見。
壊れた!!!!!

しかたなく前の携帯を持ち出すも、コレ、壊れて相手の声が聞こえなくなったから新しいの購入したんだった!

電話かけないでくださーい。

「相手が何か話しているのだろう」と想像しつつも(相手のリズムはお構いなしで)

「スミマセン!携帯が壊れておりまして、声が聞こえない状態となっております。よろしければご用件はメールでお願いします。」というのがミジメでございます。
  1. 2010/01/16(土) 00:53:32|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

OVD

ものすごい悪夢をみてうなされて、朝起きてまだフラフラして「おー、やっぱりお医者のクスリは良くきくなー」と思って、朝の咳止めシロップを飲もうとして気づいた目盛りの読み間違い。

昨日飲んだ2回分は2日分でした。そりゃあ悪夢も見ますわ。

アメリカの映画なんかで「OD!」と叫んで救急車が呼ばれたりするのは「Overdose=摂取しすぎ」だったりするんですが、この歳でシロップ飲み過ぎたかぁ。

家の大掃除をようやくやりまして、夜は我が家でちんまり新年会。
鬼頭ブラスの松本くんと、マルちゃんと、弟と。

メインが湯豆腐!シブい!
  1. 2010/01/15(金) 00:40:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雪、ないじゃないか!

朝9:30に岐阜へ行かなければいけない。

昨晩あんまりテレビが「大雪大雪」っていうもんだから、普段1時間かかるところを3時間くらいみておいて。
朝5時に起きたらば、全然雪ないではないか。

それでも、岐阜の方は大雪に違いないのだ。と恐る恐る家を出たら、結局、雪積もってなく。

現場に2時間ちょっと早く着いてしまったので、クルマで一寝入り。
ガバッと起きて寝ぼけ頭で現場入りしましたら、「1時間早いよ」と言われ。うーん。時間もったいないなあ。

お仕事しまして、帰りにお気に入りのカレーうどん食べて、帰宅&昼寝。

夕方に起きて、ちょいとお医者へ。
いつも寒くなると出てくる咳。これ、管楽器奏者としてはものすごく不都合なことなので、いつも注意してるんだけど。
風邪をひいてしまうと、他の症状が収まっても、咳だけずーっと残ってしまうのです。結局ね、薬局でチビチビと薬買うよりも安く上がるし、やっぱり的確だし。

最近は、貼るタイプの咳止めなんてものがあってビックリ。まあ、仕組みは解りますけど。

昔ながらの咳止めシロップなんてのも処方してもらって。
グビッとやって暖かくして「お~、さすがにお医者さんの薬は利くなあ」なんてフラフラしながら、携帯(ノキアの所謂スマートフォンと呼ばれるもので、iPhoneなんかと同じくくりのものです。NokiaはiPhoneに追い出されて未来がありませんが。)からグーグルのスケジュールを更新できるように、せかせかといろいろインストールして。フラフラしながら寝ました。
  1. 2010/01/14(木) 00:29:11|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

これはイーでしょー!

3月のコンサートのチラシの打ち合わせに行って来ました。

「ぼくの好きなアメコミやら映画の感じがこうで、こういうコンセプトがあって、こういうイメージで。」というのを伝えておいたんですが、ババーン!これはイイ!
Exponium4_A4 (2)

イイでしょー!コンサートの中身自体もこんなんになりまーす!
これを元に、さらにいろんなもの作りま~す!
  1. 2010/01/13(水) 21:24:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

勉強中

いつだったか、何のきっかけだったか忘れてしまったけど、無水調理器、保温調理器なるものに憧れてしまって、ずいぶんと長い間勉強して、財布とも相談した結果、結局土鍋に落ち着いたということがありましたが。

ただ今、圧力鍋にゾッコンでございます。

価格帯から機能からレシピから「本当にぼくに必要なのか?」という大前提までキビシく判断をしているところであります。

レシピに「加圧」とか「パスカル」とかいう用語が出てくるのはよろしくないですね。


夜、某プロジェクトのリハーサルがありまして、そこで「晴れ男、雨男、晴れ女、雨女」の話になり、「きみはどっち?」と聞かれたところで、

「ぼくは晴れ男ですよ。というか雨でも気にしないです。」と言ったら

「それは晴れ男では無い!」と気持ちの良い総ツッコミを受けました。

「あ、でも、ウチにレッスンに来る人も『ウチに来る時は絶対晴れる』って言ってましたよ。」と言ったら

「それも晴れ男とは言わない!」と突っ込まれました。

天候は何でも楽しいです。

内容が~、とりとめないのは~、曲の〆切が~、どんどん近づいているから~。
  1. 2010/01/12(火) 00:24:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

楽市ジャズ楽団練習

20100111222028

今月24日に本番を控えた、岐阜市文化センター主催のビッグバンド「楽市ジャズ楽団」の練習。
ようやくエンジンがかかったようで、バンド全体の目が変わってきましたね~。

ラストスパート行きますよ~。ライブで実際にやってること全部出しますので。全部。
  1. 2010/01/11(月) 22:20:31|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

帰宅

朝起きて、まだ石川県。
帰宅の前に、金沢観光。

以前、独りで抜け駆けして行ってきた忍者寺(と呼ばれているお寺)に家族で観光。

簡単に言うと、いろーんな仕掛けが施してある古~いお寺なんですが。
二回目でも楽しかったな~。二回目は、自分の居る位置を立体的に把握することが出来ていて(前回は自分が何階のどの位置の部屋にいるのかも解らなかった)、余裕を持っていろんな細かい箇所を舐め回すことができました。

ガイドさんが着いて、一時間弱、複雑なお寺の中を案内してくれるツアー。
「日本語解りません」と申告していなかった韓国人カップル可哀想だったなあ。
チンプンカンプンだったろうなあ。申告したくない気持ちわかるからねえ。


そして、日が傾く前の帰宅を目指して石川県を出発。
高速道路上では雪や凍結の心配なく、無事に帰宅。

さーて、大掃除するかあ!
  1. 2010/01/10(日) 22:15:39|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ごちそう

20100110200543
石川県にて。
もうこれ以上食べられませ~ん!というくらいの魚介類を食べました。その量、一年分。今年はもう食べられないかもしれません。

チューバマンショーで6月に石川県であるイベントに呼んでもらえることになりましたよー!!
  1. 2010/01/09(土) 20:05:46|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石川へ

20100109132346
お昼前に家を出て、石川へ。
今回はETC100キロ割引の降りるポイントで蕎麦屋をリサーチしてみました。どうせ降りるならねえ。
雪が積もった北陸道を走って無事に蕎麦屋に到着。

1時間近くゆっくりして外に出たら吹雪でした。

でも良い楽しみが出来ましたわ。いままでは永平寺まで1時間かけて行ってたので。

石川に着いてゆっくりしてから夜は、小松市でチューバマンショーのライブでお世話になったバー「もぐら」へ。

ちょこっと移転してました。濃い~マスターと石川県の音楽シーンについていろいろとお話して。
ライブハウスやらスタジオやらいろんな有効情報仕入れて、さらにこちらでも活動しますぜぃ。
  1. 2010/01/08(金) 13:23:49|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

かもしれないけど

午前中、岐阜県でお仕事をして、帰路途中のうどん屋に寄って。。。


去年末、たまたまマーガレット一家の皆さんと行ったマーガレット親分行きつけのトンカツ屋さんに行きました。
有名店らしく、店の前に行列が出来ており。

「あらー。待ってるね。」なんて言って、お店の前で寒々と待っていたら、お店から若いカップルが出てきて、お店の前でモジモジしていて。

どうやら、(待っている人間の映っていない)店の写真を撮りたかったようで。
「あのー、すみません、写真撮りたいのでちょっとヨケていただけますか」と。

「あー、そうですか。はいはい。」と、ヨケましたが。なんともバカバカしい。

今日、うどん屋に寄る途中のバイクの背中で、雨上がりの養老山脈がキレイに見えたんだなあ。。。
またまた「あーっ!今のぼくには山が足りない!」と思っちゃったんだけれども「今の山」にはもれなく「雪」がセットで。

「今のぼくには山が足りないけれども、ぼくのバイク装備では冬山に勝てない。」と濡れネコ状態で大人しく帰る。

先日さんざんお世話になった静岡の山奥、佐久間の新ソバ祭りの日も、ビッグバンドの本番が入っていて、予定をどうこねくりまわしてもダメそうだし。。。


結局、平野にて、悶々と事務仕事をこなしました。
これは、結果的には良いはずだけどね。



明日からワイフーの実家の石川県です。
ETC100km割引の中継点にてソバを食べるという野望が生まれました。

まだ見ぬ蕎麦よ。旨くあれ。(←バガボンド風)


Exponium 4

エキスポニアム・フォー 逆輸入ユーフォニアム奏者博覧会

アメリカ、フランス、ドイツ、ハンガリー。海外留学経験のある個性派若手ユーフォニアム奏者4人が一堂に会してオリジナリティ溢れるレパートリーを大披露!
この4人でしかなし得ないマル秘サプライズ企画も。キーワードは二刀流!
留学トークを交えたユニークなプログラムをお楽しみください。


Exponium 4

エキスポニアム・フォー 逆輸入ユーフォニアム奏者博覧会

【日時】3月12日(金)19:00開演 (18:30開場)

【出演】
阿部竜之介×齋藤充×照喜名俊典×山田伊津美

【会場】
株式会社ダクスペースDo 東京都新宿区百人町2-8-9

【入場料】
前売一般3,000円/学生2,000円  当日一般3,500円/学生2,500円

演奏予定曲目
Pearls II:Roland Szentpali
Faustbuch:Elizabeth Raum
In a Memory of R:Toshinori Terukina
Concerto pour euphonium:Alexandre Kosmicki


終演後に別料金にてレセプションがありますので是非ご参加ください。

チケットのご予約&お問い合わせ 
090-9936-1406 exponium4@gmail.com 実行委員会 松木卓也
03-3361-2211 株式会社ダク

e-mailにてご予約いただきました方にはステッカープレゼントの特典がございますので是非ご利用ください。
お名前、お電話番号、チケット種別と枚数をご記入の上exponium4@gmail.comまでお申し込みください。
※メールでのご予約は、公演前々日の03月10日18時メール到着分までとさせていただきます。



阿部 竜之介 (あべ りゅうのすけ)
1977年愛媛県松山市生まれ。
1995年にアメリカで開催されたITECの中でのコンクールのヤングアーティスト部門で第2位。
1998 年渡仏。フランス国立ペルピニャン音楽院へ入学。Mel Culbertson氏に師事する。
1999年、フランス国立ペルピニャン音楽院より金メダルをトロンボーン、ユーフォニアム、室内楽それぞれで受ける。のちに同音楽院のテュー バ/ユーフォニアム科の助教授となり、師であるMel Culbertson氏のアシスタントとして後進の指導にあたる。
2003年、ドイツ、ライプツィヒへ移りライプツィヒ放送吹奏楽団のメンバーとして活動、2004年にはハンガリーへ移りサボ
ルチ交響楽団の首席トロンボーン奏者として活動する。2004年にハンガリー、ブダペストで開催されたITECにゲストとして参加、ソロリサイタルを行う。
2005年、活動拠点を日本に移し、積極的にソロ活動などの演奏活動の他、後進の指導にも熱心に取り組む。数々のマスタークラス
や国際コンクールに参加し入賞、自らも日本やヨーロッパ各地でマスタークラスやリサイタルなどを行う。

齋藤 充(さいとう みつる)
1977年福島県生まれ。
国立音楽大学卒業、卒業時に矢田部賞を受賞。その後渡米し、ミシガン大学大学院修士課程修了、ノーステキサス大学大学院博士課程修了。ユーフォニアムで日本人初となる音楽芸術博士号を取得。ユーフォニアムで日本管打楽器コンクール、フィリップ・ジョーンズ国際コンクール、レオナルド・ファルコーニ国際コンクールのすべてにおいて第1位受賞、トロンボーンでニューヨークブラスカンファレンス金管五重奏コンクール第1位、国際トロンボーンフェスティバル四重奏コンクールファイナリスト等、多数の入賞歴を持つ。読売新人演奏会、NHK-FMリサイタル、東京オペラシティ主催のリサイタルシリーズBaC、国際テューバ・ユーフォニアムカンファレンスに出演する等、国内外で多くのソロ活動をする他、録音活動、オーケストラや吹奏楽のエキストラ、室内楽、ならびに指導者として活躍している。これまでに東京交響楽団、ミシガン大学フィルハーモニーオーケストラ、ミュールーズ交響楽団、ノーステキサス大学金管バンド、国立音楽大学シンフォニックウィンド、尚美ウィンドオーケストラ、各アマチュア団体等とコンチェルトを共演している。2008年度のバンドジャーナル誌のワンポイントレッスンを担当。済州島国際コンクールに審査員として招聘される。ユーフォニアムを三浦徹、渡部謙一、ブライアン・ボーマン博士、フリッツ・ケィンズィック他の各氏に師事。現在、侍Brass、ズーラシアンブラスメンバー、国立音楽大学、同附属高等学校、東京ミュージック&メディアアーツ尚美非常勤講師。

照喜名 俊典 (てるきな としのり)
1974年愛知県生まれ。
愛知県立芸術大学卒業後、ノーステキサス大学院にて、ジャズを専攻する。
2002年 にアメリカノースキャロライナにて開催されたITECリッチマテソンジャズコンクールにてセミファイナリスト。
2003年にアメリカフォートワースにて開催されたITEAジャズコンクールにて優勝。
2004年にハンガリーブダペストにて開催されたITECリッチマテソンジャズコンクールにて優勝。日本での音楽活動を開始する。
現在、日本では数少ない本格派ジャズユーフォニアム奏者として演奏やレコーディング、作編曲活動を行い、いたずら心あふれたプレイを信条としている。
ユーフォニアムを鈴木田貞人、安元弘行、露木薫、ブライアン・ボーマン各氏に師事。
ジャズ奏法を山岡潤、マーク・ディックマン、マイク・スタイネル、フレッド・ハミルトン、リン・シートン、ステファン・カー
ルソン各氏に、また、ジャズ作編曲をパリス・ラザーフォード氏に師事。


山田 伊津美 (やまだ いづみ)
山口県出身。
2001年愛知県立芸術大学卒業。卒業時に中村桃子賞、桑原賞受賞。同年、フランス国立パリ国立高等音楽院(CNSM)に入学。
2004年同音楽院の室内楽科(サクソルンバス、ユーフォニアム四重奏)を最優秀で卒業。
同年パリ近郊で開催されたUFAM国際コンクールユーフォニアム部門にて審査員全員一致の1等賞受賞。
2005年同音楽院サクソルンバス、ユーフォニアム科を満場一致の最優秀にて卒業。
バリチューバ四重奏団“IMPETUO”のメンバーとしてヨーロッパ各地で活動し、2006年、2007年の夏にはフランスで開催されるユーフォニアム・チューバのアカデミー”TUBALAND“に講師として参加。また2007年、2009年には東京にてリサイタルを行い好評を博す。2009年より拠点をフランスに移し、演奏や指導など幅広く活動中。
これまで、ユーフォニアム、サクソルンバスを庄田純一、露木薫、安元弘行、フィリップ・フリッチュ, エルヴェ・ブリス, ジョンリュック・プティプレの各氏に, 室内楽を安元弘行、中川良平、ジェンツ・マクマナマ, セルパンをミシェル・ゴダールの各氏に師事。


  1. 2010/01/07(木) 01:09:06|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

仕事初め

あり?1月の予定スカスカだな~!

http://tterukina.com/schedulegoogle.html

年末忙しくて先の予定組んでないってやつですねー。いかんねえ。
まあ、年始はゆっくりゆっくり行きましょう。

今年一発目の演奏は東海道スモッグブラス@Tokuzo。年始のお年玉イベントということで、三バンドの出演でした。

憧れのEtt、今年はなんとか使ってもらえるようにコソコソ動こう!
次のフリーダムというロックバンドさん、サイケデリックな歌詞にメロディーだったんですが。
「ひょっとして、自分も言葉のある音楽をやっていたら、実はこれだけ狂気なのかもしれない」なんて思ったり。

東海道スモッグブラスの演奏は、バシッと正月気分を切り替えて臨み。
良いスタートを切れたんではないでしょうか。

演奏後、出演者の皆さんと話していたら、フリーダムのドラマーさんが、地元の近所ということが解り仰天!
「テルキナ&音楽」というキーワードでピンときてくれたようです。

通っていた小学校も中学校も同じ。「ということは、わたくしの父親が作った校歌歌ってたということですね。」なんて話もしたりして。
そうですかそうですか。長いこと音楽やってるとそういうこともあるのですか。おもしろいなあ。
  1. 2010/01/06(水) 17:21:18|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

さーて

どわっと事務作業を始めました。いま、整理しないといけないライブ情報が二件!

カフェのオーナーと楽しく詳細を詰めていくことができました。

どうだー!地元でやりますよー!
大阪からすごい人が来ちゃいます。
バカバーン!瀬戸信行!
リーダーバンド「ロイヤルハンチングス」を「ほのぼの研究会」で向かえます。




【日時】
2月12日(金)開場19:00 開演19:30

【会場】
YEBISU CAFE
愛知県海部郡大治町三本木金久35
http://www.yebisucafe.com/
大駐車場完備、名鉄バス「大治役場前」より徒歩10分

【出演】
・ほのぼの研究会
照喜名俊典(eu,tb)
石原実恵(p)
木全希巨人(b)

・ロイヤルハンチングス
瀬戸信行(cl)
熊坂義人(b)


【料金】
料金だけ、もうちょっと詰めてます。
地元の人、ちびっ子に来てもらいやすいようにしますので。


そしてそして、もう一件!
こちらはユーフォニアム的には大ニュースなはずの豪華企画。
タイトルが決まり、一気に動き出します。
とりあえず、チラシの制作依頼に行ってきました。
これも、普通のチラシじゃないからねー。待ってろよー!


Exponium 4

エキスポニアム・フォー 逆輸入ユーフォニアム奏者博覧会

アメリカ、フランス、ドイツ、ハンガリー。海外留学経験のある個性派若手ユーフォニアム奏者4人が一堂に会してオリジナリティ溢れるレパートリーを大披露!
この4人でしかなし得ないマル秘サプライズ企画も。キーワードは二刀流!
留学トークを交えたユニークなプログラムをお楽しみください。


エキスポニアム・フォー

【日時】3月12日(金)19:00開演 (18:30開場)

【出演】
阿部竜之介×齋藤充×照喜名俊典×山田伊津美

【会場】
株式会社ダクスペースDo 東京都新宿区百人町2-8-9

【入場料】
前売一般3,000円/学生2,000円  当日一般3,500円/学生2,500円

演奏予定曲目
Pearls II:Roland Szentpali
Faustbuch:Elizabeth Raum
In a Memory of R:Toshinori Terukina
Concerto pour euphonium:Alexandre Kosmicki


終演後にレセプションがありますので是非ご参加ください。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

出演者プロフィール

阿部竜之介
1977年、愛媛県松山市生まれ。
1995年にアメリカで開催されたITECの中でのコンクールのヤングアーティスト部門で第2位。
1998 年渡仏。フランス国立ペルピニャン音楽院へ入学。Mel Culbertson氏に師事する。
1999年、フランス国立ペルピニャン音楽院より金メダルをトロンボーン、ユーフォニアム、室内楽それぞれで受ける。のちに同音楽院 のテュー バ/ユーフォニアム科の助教授となり、師であるMel Culbertson氏のアシスタントとして後進の指導にあたる。
2003年、ドイツ、ライプツィヒへ移りライプツィヒ放送吹奏楽団のメンバーとして活動、2004年にはハンガリーへ移りサボルチ交響楽団の首席トロンボーン奏者として活動する。
2004年にハンガリー、ブダペストで開催されたITECにゲストとして参加、ソロリサイタルを行う。
2005年、活動拠点を日本に移し、積極的にソロ活動などの演奏活動の他、後進の指導にも熱心に取り組む。数々のマスタークラスや国際コンクールに参加し入賞、自らも日本やヨーロッパ各地でマスタークラスやリサイタルなどを行う。


齋藤充
1977年福島県生まれ。
1999年国立音楽大学卒業。卒業時に矢田部賞を受賞。
1999年よりアメリカに留学、2001年ミシガン大学大学院修士課程修了。
2008年ノーステキサス大学大学院博士課程修了。ユーフォニアムで音楽芸術博士号を取得。
ユーフォニアムで1998年日本管打楽器コンクール、2003年フィリップ・ジョーンズ国際コンクール(フランス)、2004年レオナルド・ファルコーニ国際コンクール(アメリカ)のすべてにおいて第1位受賞、トロンボーンでは2002年ニューヨークブラスカンファレンス金管五重奏コンクール第1位、2003年国際トロンボーンフェスティバル四重奏コンクール(フィンランド)ファイナリスト等の受賞歴を持つ。
国内外で多くのソロリサイタルを開催する他、読売新人演奏会、ヤマハ金管新人演奏会、NHK-FMリサイタル、東京オペラシティ主催のリサイタルシリーズB→C等、多くの演奏会に出演。また東京交響楽団、ミシガン大学フィルハーモニーオーケ2トラ、ミュールーズ交響楽団、ノーステキサス大学金管バンド、各地のアマチュアやスクールバンド等とコンチェルトを共演している。
2006年、2008年にはアメリカで行われたテューバ・ユーフォニアムカンファレンスにゲストとして招待される。これまでにユーフォニアムを三浦徹、渡部謙一、ブライアン・ボーマン博士、フリッツ・ケィンズィックの各氏に、トロンボーンをヴァーン・カーガライス、トニー・ベイカー、デヴィッド・ジャクソンの各氏に師事。
2006年10月より日本に帰国してソロ活動の他、侍Brassのメンバーとして、吹奏楽やオーケストラのエキストラ、室内楽演奏、管楽器と合奏の指導等で活動している。現在、東京ミュージック&メディアアーツ尚美、国立音楽大学、同附属高等学校各非常勤講師。

照喜名俊典
1974年愛知県生まれ。
愛知県立芸術大学卒業後、ノーステキサス大学院にて、ジャズを専攻する。
2002年 にアメリカノースキャロライナにて開催されたITECリッチマテソンジャズコンクールにてセミファイナリスト。
2003年にアメリカフォートワースにて開催されたITEA ジャズコンクールにて優勝。
2004年にハンガリーブダペストにて開催されたITECリッチマテソンジャズコンクールにて優勝。日本での音楽活動を開始する。
現在、日本では数少ない本格派ジャズユーフォニアム奏者として多数の団体に所属。レコーディングや作曲活動もこなしいたずら心あふれた演奏を信条としている。
ユーフォニアムを鈴木田貞人、安元弘行、露木薫、ブライアン・ボーマン各氏に師事。
ジャズ奏法を山岡潤、マーク・ディックマン、マイク・スタイネル、フレッド・ハミルトン、リン・シートン、ステファン・カールソン各氏に、また、ジャズ作編曲をパリス・ラザーフォード氏に師事。


山田伊津美
愛知県立芸術大学を首席で卒業後、渡仏。2005年パリ国立高等音楽院サクソルンバス、ユーフォニアム科を審査員全員一致の最優秀で卒業。在仏中、バリチューバ四重奏団“IMPETUO”のメンバーとして、フランス国内外でコンサートを行う。また、2005年にはUFAM国際コンクールユーフォニアム部門にて、審査員全員一致の1等賞受賞。
  1. 2010/01/05(火) 21:11:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

順番が

バタバタと元日から過ごして、今日の後片付けまであっという間。
考えてみれば、今まで誰かを送り出す儀式というのに何度か出てきたけれども、みんな順番を守っていなかった人なんだなあ。こんなに穏やかで幸せなのは初めてでした。

事務処理を親戚で集まってやるというので、ノートパソコン持って行ったら、ぼくの動く作曲家先生システムパソコンには、事務作業ソフト入っておらず、呆然とする。ダメかあ。

明日から通常の生活に戻ります。
  1. 2010/01/04(月) 20:00:28|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自粛中

祖父急逝のため更新自粛中です
  1. 2010/01/03(日) 19:52:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自粛中

祖父急逝のため更新自粛中です
  1. 2010/01/02(土) 19:50:32|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
次のページ