GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

先日、テレビで特集があったので、ひょっとして「見た」という人も居るかもしれませんが、ウェディング紙芝居の
あっぱれ本舗

その役者さんが登場する時の音楽=出囃子(でばやし)の制作をずっと頼まれておりまして。
(シマッタ!もっと早く作っておけば、ぼくもテレビに映りこめたかも!)

一度は制作に取り掛かったものの、お祭り音楽や雅楽の奥深さを見てしまい、安易にコピーするのが嫌になって中断しておりました。

ノリなんかを分析しようと思っても、同じパターンが繰り返されることが無く、西洋楽譜システム人間から見たらホントに「これは、何やってるんだ??」とハテナばかり。

口で伝えられている音楽なんてそんなもんでしょうな。くっそー。



「そろそろ、どう?」という感じになってきたので、また重い腰を上げました。
幸運なことに、長唄の先生に「邦楽囃子体系」というシリーズもののCDを借していただきまして。

いろーんなタイプのリズムや和楽器での効果音がずらーっと入っています。
一枚のCDに50トラックとか!

ジャズ目線の海外の音楽評論家なんかに聞かせたら「日本にもジャズのルーツがあるじゃないか!」とぶったまげるだろうなあ。

とてもとても分析しやすいようにCDが作ってあって。

順番が逆なんだけれども、西洋音楽至上ガチガチ楽譜システムだった自分の体に、ちょこっとずつ日本の浸透してきているのが解って楽しい。うん、日本人の体はこの音楽に併せて体をゆすると美しいようにできてるな。あ、これも逆か。


同時進行で、来週、本番の曲の練習なんかもしてるんだけれども、こちらはワルツ!
これ、自分の体に入ってないんだよなあ。。。
うわっぺらでやるのが嫌なので、随分といろんなもの聞いてるんだけども、ちっとも入ってこな~い!
  1. 2009/12/13(日) 12:57:48|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2