GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

年越せず

まだ京都におりまして、今日は忘年会デー!
いやー、毎年毎年忘年会で忙しかったけど、今年はありがたいことに忘年会一つしか入る余地無く。
その忘年会が今日!そしてご馳走に囲まれた京都!

みんなで買い物に出かけます。
「大晦日に錦に行ったと言ったら、これは結構なもんだよ。」という言葉の通り、思いっきり大混雑した商店街を、人ごみにほとんど流されるまま流されて、ようやくお豆腐をゲットして、潰れないように脇にしっかりと、抱えて。

夕方に宴会がスタートして、ご馳走をつつき。

実は、ぼくは「年越しソバ」というものに、とてつもない執着をもっておりまして、年越しソバが食べれないと悔しくて泣きます。とにかくものすごい執念を持って毎年年越しソバに臨んでます。

ところがところが、なんだか、この数日間の疲れが溜まっていたのか、出てくると知っている年越しそばを待たずに寝てしまいました。
こんなことは初めてかもしれない。。。

年開けてから、改めて年越しソバ食べよう。
  1. 2009/12/31(木) 22:23:25|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

街の唄京都

20091231014602
昨日行われたイベントが京都でも開催されるようになったのが街の唄京都だそうで、こちらも、もう何年も続いているそうです。

雨降りの中、歩いて会場入り。すでに会場にはたくさんの出演者。14団体のエントリーがあるようです。
ちゃちゃっとサウンドチェック、リハを済ませて、街中へ繰り出すも、雨に阻まれて遠くへは行けず。
また明日の楽しみにしておきましょう。

18時からイベントがスタートして、自分の出番が23時くらい。

ずーっと待っていてくれたお客さん、ありがとう。
ユーフォ吹かないですみません。。。

ここ数日のうちに、チューバがブワーンと鳴るようになりました。
静岡で見てきたウィーンフィルのヤイトラーさんの吹き方を真似してみてるんだけど。


あっという間に出番は終り、オオトリの中野督夫さんのステージが大盛り上がりで終了し。
ここから、ミュージシャンとお客さん入り乱れての大宴会に突入したのですが。
連日連夜の疲れからか、早めに撤収してしまいました。うーん!(演奏でなく)ここにピークを持ってこなきゃいけなかったなあ!
  1. 2009/12/30(水) 01:46:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

街の唄

朝起きて京都。ハーモニカのあらいなおこさんのところにお世話になっています。
京都市内のど真ん中。

兵庫県西宮で開催されます、街の唄というイベントに昨日と同じユニットでの参加です。

今日になるまでよく解らなかったんだけど、このイベント、阪神淡路大震災がきっかけで始まったイベントだそうで。
震災で沈んだ気持ちを、唄で盛り上げようと。

何組ものアーティストさんが代わる代わる登場しますが、中にはやっぱり追悼の色濃い演奏なんかもあったりして。

ずっと続いているだけでもすごいのに、どんどんと大きくなっていっているようです。
これは、新たな文化が育っているということで、そんなイベントに少しでも参加させてもらえるというのは、とても光栄なことです。

今回は、ボーカリスト富安さんのバックバンドとして、歌詞がある音楽の伴奏として参加しているんだけれど、歌詞が無い、自分の音楽もここで表現してみたいなあという気持ちになりました。
  1. 2009/12/29(火) 01:46:15|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヤナガワショック!

20091229143929

お昼までバタバタと準備して、関西へ。
今日から年始までずっと関西です。

ボーカリスト富安秀行さんとそのお友達ミュージシャンでライブ3連ちゃんの後、京都で忘年会&年越し。

ライブ初日の今日は、大阪のライブバー「ペーニャ」へ。

ギターボーカル 富安秀行
バイオリン 黒田かなで
クロマチックハーモニカ あらいなおこ
低音管楽器 照喜名俊典

の「てるてる家族」としてのチームにいろーんな方が出たり入ったり。
リハーサルなんかも、もう寸法確認もしません。慣れたもんです。

この他はモーガンズバー、たけQの二ユニットでした。

大盛り上がりでライブは終了した後、そのまま歓談タイムへ突入。
ここで、すこし話が戻ります。

22日の鬼頭ブラスのコンサートでは、前日、当日と、東京からの遠方組のミュージシャンが何人か泊まっていきました。
ゲストボーカルのタカシくんもその一人。

ぼくは、ウチに泊まっていったミュージシャンのチェキ写真を集めるのを趣味にしておりまして、綺麗にアルバムにしてあります。

タカシ君にもそのアルバムを見せて「こういうのやってるから、撮らせてね。」とお願いしたところ、「この人、井山さんですよねえ。」と一人のミュージシャンを指差し。

「えー、なんで知ってるの?」「ウチに来たことがあったり、お宅にお邪魔したことがあったり」と、まさかの共通の知り合いがいることが判明しました。


で、今日、そのピアニストの井山さんがライブで一緒だったから、ライブ終了後に話し掛けて。

「あのー、柳川タカシくん、知ってますよねえ。へへへ。」
「知ってるよ」
「実は、名古屋で一緒にライブやりましてね。へへへ。うちにも泊まっていったんですよ。へへへ。」

と話したら井山さん

「この人、お父さんですがな」とすぐ後ろにいた男性を指差し。

その後は三人で指差しあいながら「えーっ!!」「えーっ!!」「えーっ!!」でした。

岡山から、ライブみにいらっしゃってたようです。偶然の出会いに乾杯!
  1. 2009/12/28(月) 14:39:32|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コンサートからライブ

20091228010912

朝早くに起きまして、準備開始。ずっと練習してきてもらった本番です。

国際高校定期コンサート

てっきり在学生のコンサートだと思ってたら、卒業生がじゃんじゃん集まってきて、きちっとスーツ着てステージにならんでます。ぼくが教えていた子も入っていて再会の感激もひとしお。

ぼくは一部の二曲目で、自分のオリジナル曲をブラスバンドバックで演奏します。

リハーサルは一発でオッケー。ごめんなさいね。ぼくがもっとボカーン!と吹くタイプだったらそんなに抑えなくても良いのに。

本番もバッチリでしたね。ありがとうございました。

ここの学校の普通と違うところは、吹奏楽コンクールに出ないんですねえ。
半年間同じ曲ばかりなんて学校もあるみたいですが。

その代わり、どんどん新しい曲をやる。
そういうことやっていると、楽譜を読むのも早くなるし、いろーんなスタイルを素早く吸収する土台ができているようで。
ぼくが「もうちょっとここがこうで」とか言うと、割とすんなりやっちゃうんですね。拍手!
学年で何人か、音楽関係の大学にも進んでいるようです。


ぼくは、ソロの一曲の予定だったんだけど、急遽、後半のステージも乗せてもらうことにしました。
これで帰ったら勿体無いと思って。
参加して良かった良かった。
先生、生徒の皆さん、関係者の皆様ありがとうございました。

で、今日はこれで終りでなく、熱田区へ移動して音楽教室「コジマヤ」の講師による歳忘れライブというのに出演。
これは、講師に前々からお題が出ていまして、「三種類の和音のみを使ってオリジナルを持ってくること」と。

「じゃあ、こんなスタイルでこんな曲だったら、人とカブらないだろう」と思っていたらば!
見事にカブりまくってました。そうか。素直にいった方が良かったかあ。
しかししかし、熱のこもったカルテットの演奏は全ての曲で。全ての曲でアツく盛り上がりまして、満員御礼のお客さんにも喜んでいただけました。
  1. 2009/12/27(日) 01:09:15|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

吹きすぎない!

20091227104151


午前中、ピアニスト石原みえさんのピアノ教室のクリスマス会にて演奏。
というと、ちょこっとだけのような聞こえ方するけども、総数23曲!
午前中にこれだけ吹いたのは久しぶりだなあ。
生ピアノとトロンボーンでマイク無しでやったんだけども、どうも、マイク有りの音量を求められているようで、ガンガン煽られ。
それを「その手には乗らないわョ。」とオカマ言葉でのらりくらりとかわしつつという感じでやりました。

夕方からは、大学の同級生の結婚披露パーティへ。
ほとんど裏方みたいなもんですが。
それでもお久しぶりの顔もたくさん。それなりに精一杯楽しみまして、二次会までガッツリと。
  1. 2009/12/26(土) 10:41:55|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

針仕事

朝から夕方までヤングチェンバーミュージックの針すなおというお仕事をしてきました。
はい、わざと解りにくく書いてます。
  1. 2009/12/25(金) 11:02:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

クリスマス!

20091226133028


実は一昨日の晩から体調下降気味で、風薬を飲んでいたんだけども、一向に良くならず。

それが今朝になって、昨日、一日三回、9錠飲んでいた錠剤がQPコーワゴールドであることに気づく。
(栄養ドリンク的なアレ)

まあ、大間違いでは無いにしても(容量的には大オーバー)諸症状の緩和にはなりませんわな。。。

27日にゲスト出演させてもらう高校でリハーサル。

よく纏めていただきました。
体調を整えてバッチリ本番に臨みますので!


冷蔵庫にて「タカシ」と名前の書いてある魚を見つけて吹き出す。
  1. 2009/12/24(木) 13:30:31|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

クリスマスディナー

三重県にある結婚式場にて、クリスマスディナーでの演奏。もうこれで何年目になるかなあ。毎年の恒例行事となってます。昨年までは、二つある会場にそれぞれ一つのバンドが入ってやっていたのですが、今年は経費節減の為だろうか、一つのバンドで二つの会場を掛け持ちすることになりました。今年は、ギタリストタク君と、ベーシストさんと3人です。会場へ入る前に近くのスーパーマーケットへご飯を買いに行って、異変に気づく。この辺り、スペイン語を話す南米の人達のコロニーになっていて、スーパーの中なんて、ほとんどそういう人ばかりだったのになあ。持ちこたえられなかったかあ。スーパーで二人とも焼きそばを買う。花嫁控え室で申し訳無さそうに食べる。

20分を4回。これ、数字だけ見てたらなーんてこと無いんだけど、結構キツかった~。
  1. 2009/12/23(水) 18:05:12|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鬼頭 哲 ブラスバンド コンサート

ねーーーーーー!!来て良かったでしょう!!

あんなコンサート、二度と無いですよ。

一番前に出て行ってブリブリとメロディーを吹いている最中に、突然音が出なくなりました。

はじめ、何が起こっているか解らず。
(この楽器では構造的にありえないんだけど)バルブがひっくり返ってしまったのかと思って、イジるも当然動かず。

そして、自分の足元に転がっている二番管を発見。

選択肢は

1.メロディー吹くのを休んで拾う
2.歌う
3.変え指を使いまくる

で、3番を選択したんですが、二番管無いと、まるっきり成立しないですね。

で、結局、曲の残りをハーフバルブ(バルブを半分閉じた状態)で吹くという手段を選びました。
前代未聞の事故でしたが、原因は単純、グリスを塗っていなかったから。

ダメですねー。手入れきちんとやりましょう。

アンケートに、たくさんの嬉しいコメントいただきました。
さらに躍進していきますので、お見守りくださいませ。
  1. 2009/12/22(火) 22:53:37|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

切り替え

20091222073624

朝起きて、まだ気分はウィーン。脳みそはまだポルカです。

脳みそポルカ。ポルカみそ。

そんなボケボケの頭で朝からリハーサル。ピアノ教室主催のクリスマス会の余興に呼んでもらいまして、ちょいちょいっと演奏します。ちょいちょいじゃないか。全部で20曲あったもんなあ。

こちら、おやつ代500円だけでどなたでも参加していただけますので。よろしければ。

12月26日(土)
10時スタート、12時過ぎまで
昭和生涯学習センター
照喜名俊典 ピアノ石原実恵


明日、鬼頭ブラスのコンサートなんですが、それを前にリーダー鬼頭さんとゲストボーカルのタカシくんと、そしてテキサスの大学で一緒に勉強しておりましたギタリスト斉藤タク君と合流。

夜に、街中へ出て、珍しくストリートライブなんかやりました。
斉藤タク君の交通費の足しにでもと思ったんだけど、これが良い気分転換になりました。

ポルカみそはとりあえず横へ置いておいて、ファンクみそに入れ替え!
寒空の下、足を止めて聞き入ってくれました皆様、ありがとうございました。
  1. 2009/12/21(月) 07:36:28|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

最終日

20091221090149
昨日は、文化交流事業のコンサートでしたが、今日は麓に降りてきての自主コンサートで、泣いても笑ってもこの数日間一緒に過ごしてきたメンバーでの最後のイベントです。
麓と言っても県営森林公園の中の会場で、ちょっと歩いたらこんな釣り橋があったりして、まるでぼくを喜ばせようとしているかのような。。。
お昼過ぎに会場に入り、皆さんがウォームアップしている間に、しっかり散策。自分はあんまりウォームアップの必要が無いです。いきなり「ハイ!どーぞ!」と言われることが多いので、そういう設定にしてます。
また強い風にびゅーびゅー煽られて、もう、山の充電フルチャージ完了!しばらくはもつでしょう。
コンサートは、昨晩も間近で見たヤイトラーさんの吹き方のイメージを再現すると上手く行ったこと多数。すごいなあすごいなあ。

アンコールのラデツキーマーチが終わった瞬間の達成感のすぐ後ろにある寂寥感といったら。みんな、次会う日までぼくのこと忘れないで~!
  1. 2009/12/20(日) 09:01:51|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

コンサート!

20091220004007

佐久間で過ごした数日間の集大成の日です。

宿泊施設で朝食いただきまして、カピカピに凍った橋にさしかかる度、自分のクルマのABS性能を試しながら会場へ向かい。朝からリハーサルをして。

本当は、リハ後、本番までの昼休み時間に、またおソバを食べに行こうと思ってたんですが。
駐車場の奥の奥にクルマをとめてしまったうえ、雪がドバーンと降ってきまして。。。

「とりあえず、ソバは無理として、下山できるだろうか。。。」との不安が。

本番が始まってしまえばね、そういうのは忘れて、如何に迷惑をかけずに自分の主張をするかに徹底して。

結局ね。

曲が。アレンジが。指揮者が。テンポ設定が。メンバーが。会場が。

全てうまくいくようになってたのです。
恐れ多くも「音楽に祝福されるということは、こういうことなのかな」なんて思いながら吹いてました。

コンサートの後、レセプションがありまして。
いろいろ教えてくれた地元の人とお別れして。

すっかり雪も止んでいた山道をトロトロと下りて、浜松市内にて宿泊。
  1. 2009/12/19(土) 00:40:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

男子的にくる

20091220004307
20091220004305

朝起きて、一面真っ白!雪ではなく霜。
今日も15時までオフになったので、また蕎麦屋さん行って、今度は佐久間ダム観光に行ってきました。
こんな乱暴に掘ってあるトンネル初めてで、横穴なんかもズドーンと空いてて男子的に興奮材料満点です。

ダムに着いて、ありえない鉄柵の手すり(普通はコンクリート)から吹き上げる突風にピューピュー吹き飛ばされて、お尻から脳髄まで神経が繋がっていることを確認。うん、今のぼくには十分"山"が足りているなあ。

お昼過ぎから、明日のコンサートのリハーサル。
これまたみっちりと21時半まで。

ウィーンフィルのトロンボーン奏者がウィーンフィルのレパートリーをウィーンフィルのテンポで進めていくという。
この贅沢さったら。
自分がノレるようになってくるにつけ、「こんな贅沢な過程は、誰か他の若者が体験した方が、社会的に有意義なんじゃないか」と葛藤するようになる。
  1. 2009/12/18(金) 00:43:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なかび

20091218143003
15時までオフということで、昨日、情報いただきましたお蕎麦屋さんに片道30分歩いて行ってきまして。
なんか顎が痛いなあ。何か堅いものでも食べたっけ?
と思ったら、どうやら吹きすぎなだけです。こんなことになったのは初めてかもしれない。
明日も来ましょう。

まだまだディープ佐久間の探索は続きます。

15時にホールに集合してマイクロバスでバンドごと移動。川沿いをじゃんじゃん上流へ上っていく。
途中から寝てしまい、気づいたら別の集落に到着してました。

村のホールといった佇まいの会場で、リハやってコンサート。
かなりいろんなことが聞こえるようになってきました。

休憩中にヤイトラー氏のソロ演奏があり、分析モードで凝視。なにか自分の吹き方とは決定的に違うことろがありますね。

後半もバシッとやりまして、宿に着いたら夜の10時過ぎ。
ちょこっとくたびれてますが、宴会に参加。

バンドのトロンボーン奏者と、さっき見た奏法なんかについて質問してみたら、なるほど。そういうことでしたか。という点多数。良い物見ました。これは自分にとってものすごいプラスになるなあ。
  1. 2009/12/17(木) 14:30:06|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ピークです

20091216222035


9:00~11:30 ホールにてコンサートのリハーサル
13:30~14:30 移動後、学校公演本番(写真の学校です。山が後ろに迫ってます)
15:00~16:00 週末に共演する生徒さんとパート別リハーサル
16:00~18:00 高校で全体リハーサル 
19:00~21:30 コンサートのリハーサル

ということで、一日9時間吹いてました。アゴが外れそうです。

でも!抜かりなく情報収集しましたら、なんとここがおソバの産地であることを発見。
そして、地元の方にお蕎麦屋さん情報もらいました。リハーサル会場のすぐ近く!

明日は、中休みということで、15時までオフ!

11時の開店時間に、ドアの隙間に肩ををネジ込んで入店して、その後辺りを散策してお腹空かして、14時半くらいにもう一度滑り込もうかと思ってます。

本日、リハーサルにて。
楽しみにしていた、ヤイトラー氏が鼻歌交じりに説明する「ウィーンの訛り」に触れることができました。
そうすると、物まね芸人的にデフォルメして大げさにやりたくなってしまうんですが。それはそれでダメだろうなあ。本当はもっともっと崩して装飾音符とか付けまくって自由にやってみたい。

リハーサル時に、ヤイトラー氏が真後ろで演奏するタイミングがありました。
ぷーっと低音セクションでハモる箇所がきて。
ぜんぜん吹きこんでいないのに!倍音が!
ヤイトラー氏が実際に吹いている音の芯を、耳で捕らえるのが大変なくらいの倍音が。
キツネにつままれているような感覚でした。
地元のバンドとの交流イベントということで、内容は歌謡曲(ミュージック8)だったんだけれども。
ぼくなんかにはその程度で丁度良いですわ。
  1. 2009/12/16(水) 22:20:38|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

ウィーンの

朝5時に起きて、浜松市目指して出発。ウィーンフィルのバストロンボーン奏者、カールヤイトラー氏をリーダーとする「ウィーンの片田舎にあるようなブラスバンドで学校巡り&コンサート述べ6日間プロジェクト」に呼んでもらいました。15人のメンバーのうち、ヤイトラー氏意外は静岡や東京で活動する日本人です。

演奏する曲目は、ワルツ、ポルカ、マーチ。可愛らしい曲ばかりです。

当日合わせ、午前中に小学校で演奏、午後にもう一つ小学校、夜は、山奥の佐久間に移動して、最終日のコンサートに向けてのリハーサルというハードスケジュールです。

ヤイトラーさんのワルツのノリ方とかねー、楽しみにしてたんだけど、15人が横一列に並ぶスタイルで良く聞こえない!もうちょっと耳が慣れたら聞こえてくるでしょう。

午後の公演も楽しく終えて、佐久間へ。何も無い山奥とは聞いてたけど、ちょっとナメてました。崖っぷちにへばりついているような集落を通り抜けてすごい場所に来てしまいました。
  1. 2009/12/15(火) 09:03:39|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リハからカルチャークラブ

20091214215640
昼間は、明日からの静岡6日間の準備して。夕方から、名古屋市内の中高一貫校へ。月末にあるコンサートの練習です。吹奏楽部のコンサートにゲストとして呼んでもらいました。オリジナル曲を吹奏楽バックで一曲やります。

生徒さんに興味津々の眼差しで迎えられて、一挙一動見られてます。よーく練習してありまして、ポイントを伝えたらかなり良くなりました。あとは楽しくやりましょうね~。そして、移動して熱田で紙芝居のおっちゃんのたっちゃんと合流。熱田文化センターで月イチ開催されております、名フィルの先生による、音楽講座に二人で参加。いーのかしら。前半は先生によるきちんとした講座がありまして、年配の方が、真剣に聞き入っている様子を扉の外から二人で覗き込みながら、「なんか違わない?なんか違わない?」とドキドキ。

でも招き入れられまして、皆さん感嘆の声を上げてニッコリ。紙芝居自転車の力でしすな。

場が和んだところで、音楽付き紙芝居を披露しました。とてもとても喜んでいただけまして、嬉しい限り。すごいなあ紙芝居のチカラ。なんと、次回は、この枠を、ぼく単品でやることになりました。普段、クラシックを真剣に聞くことを楽しみにしている人達に何しよう。。。
  1. 2009/12/14(月) 21:56:43|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

先日、テレビで特集があったので、ひょっとして「見た」という人も居るかもしれませんが、ウェディング紙芝居の
あっぱれ本舗

その役者さんが登場する時の音楽=出囃子(でばやし)の制作をずっと頼まれておりまして。
(シマッタ!もっと早く作っておけば、ぼくもテレビに映りこめたかも!)

一度は制作に取り掛かったものの、お祭り音楽や雅楽の奥深さを見てしまい、安易にコピーするのが嫌になって中断しておりました。

ノリなんかを分析しようと思っても、同じパターンが繰り返されることが無く、西洋楽譜システム人間から見たらホントに「これは、何やってるんだ??」とハテナばかり。

口で伝えられている音楽なんてそんなもんでしょうな。くっそー。



「そろそろ、どう?」という感じになってきたので、また重い腰を上げました。
幸運なことに、長唄の先生に「邦楽囃子体系」というシリーズもののCDを借していただきまして。

いろーんなタイプのリズムや和楽器での効果音がずらーっと入っています。
一枚のCDに50トラックとか!

ジャズ目線の海外の音楽評論家なんかに聞かせたら「日本にもジャズのルーツがあるじゃないか!」とぶったまげるだろうなあ。

とてもとても分析しやすいようにCDが作ってあって。

順番が逆なんだけれども、西洋音楽至上ガチガチ楽譜システムだった自分の体に、ちょこっとずつ日本の浸透してきているのが解って楽しい。うん、日本人の体はこの音楽に併せて体をゆすると美しいようにできてるな。あ、これも逆か。


同時進行で、来週、本番の曲の練習なんかもしてるんだけれども、こちらはワルツ!
これ、自分の体に入ってないんだよなあ。。。
うわっぺらでやるのが嫌なので、随分といろんなもの聞いてるんだけども、ちっとも入ってこな~い!
  1. 2009/12/13(日) 12:57:48|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

準備!

午前中、お仕事して午後からは割とゆっくりという予定。

お仕事後、アウトドアが大好きな音楽カフェのオーナーと山について喋る。

靴や、ウェアや、実際に登った山の話など。
ぼくは(お金がかかるので)あまり山登りはやってきていないので、自分なりにしてきた冒険話にて応戦。

しかししかし、だんだんと、ムラムラと冒険心が沸き立ってきてしまい。

「うん!今のぼくには山が足りない!絶対に足りない!」とカフェから、バビューンと山に向かいそうになったけど、かろうじて思いとどまり。

「今のぼくには、山が足りなくても、来週のぼくには山が待っているのだ。」

そうなのです。来週は火曜日から土曜日まで静岡の山中にて、小編成のブラスバンドにて学校回り公演とコンサートがあるのです。

今日の午後はそれの準備の為に空けてあったのです。突発的な山登りしている場合ではないのです。

「寒いよー。」と聞いているので、新たにコートとフリースのパーカーを購入。

おそらく大した娯楽もないので、現地で楽譜仕事ができるように、案件とデータの整理。
楽譜仕事に飽きたら、里山歩きをメイン娯楽にしようと思ってるので、電池切れになっていた万歩計の電池も交換して。歩き回るぞー。あわよくば、現地の人と仲良くなるぞー!

洗濯と、苦手なワイシャツのアイロンがけ。何度やってもドレスシャツのシワ伸びん!
これはいつまで経っても上達する兆し無いなあ。。。
  1. 2009/12/12(土) 00:20:43|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

スイング聞く

出かける直前になって「チケット持った?」「持ってないよ。持ってない?」「持ってないよ。」というのを繰り返してパニックになりながら出かけて、なんとか入れてもらうことができました。

グレンミラー楽団、四日市公演!

これ、どんなに楽しみにしてたことか。
ビッグバンドをきちんと勉強してきた身としては、一度は見ておきたいと思ってました。

リーダーのグレンミラーはとっくに亡くなってるけども(映画にもなってる有名な話です)、彼のレパートリーは残っていてそのスタイルが代々と受け継がれているバンドということです。

もしくは、グレンミラーのスタイルでアレンジできるアレンジャーがいて、山ほどいるはず。今日のクリスマス特集なんかは、そんなもんでしょう。

これ、本来、今時の解釈ですべきではないんです。
「スタイルの違い、ぜんぜん聞き込んでないじゃないか~!」というバンドたくさん見てきました。

人気がない、昔の味の料理屋をやっているようなものですが、「歴史を保存する」ということろに意味があるのです。それの本家本元!

ものすごい分析モードで行ってきました。

ほとんどアコースティックで聞ける距離の席を取ってもらっておりまして。(ありがとうございました)

楽団もそういう距離にいる人しか想定していないような吹き方だったねえ。本来、そんなもんだもんねえ。

自分がデフォルメしてしまっていた部分も見つけられたし、まだまだやり足らなかった部分も発見できました。
「おー!!その長さ以下の音はビブラートは無しだったか~!!おー!!その部分はそんなに極端にやってるのかー!!」みたいな。

番外編としては「おー!!そんなフリが着いていたから、あんな音になっていたのか~!」とか。
こういうの、楽譜見ただけではわからないからね。感動。

チラリと見えたドラマーの楽譜に擦り切れた穴が空いておりました。
ページをめくるときに指が当たる部分だと思われます。

つまり、そういうことなんです。

客層は日本でブームになった頃の当時からのファンだと思われる、シルバー世代のお客さんがほとんどでした。
休憩中のトイレの列の長いこと!!しかも回転の早いこと!!
  1. 2009/12/11(金) 23:54:32|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ポリゴン楽団

20091211121454

朝起きてまだキャンプ心斎橋。
朝というか、まだ日も昇ってないけど。

ぎゅーんと帰って午前中に岐阜県でお仕事して帰宅。
帰り道に寄るのを楽しみにしていた定食屋はまだ開店しておらず断念の残念。

夜は大須チェザリにてピアニスト奥村俊彦さん率いるポリゴン楽団のライブです。
実は、来年のCD化に向けてのレコーディングリハという位置づけのライブで、基本的にレコーディング内容に沿ったものにしてあります。ソロの長さとか順番とか、曲の長さとか。

まあ、ライブなので柔軟に変えるところは変えてやりました。
先日の今池トクゾーでのライブを見て聞きにきてくれた方あり。
こういうの、嬉しいですねえ。きちんと感想も言ってくれて。

演奏後は、各自思ったことを言って、修正ポイントの協議。
うん、こういうのは、レコーディング中にやってると収拾つかなくなるから。
大抵、全工程を取り纏めるリーダーなんて、冷静に全体を見渡すことなんてできなくなっているものです。(ぼくだけかも?)

来年の録音、楽しみですねー。音源の見直ししまくりまーす!
  1. 2009/12/10(木) 12:14:57|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショー

20091210002520


朝起きてまだ大阪。学生さんのお宅にお世話になりました。
どうやって寝るに至ったのか覚えてないなあ。
「ただ楽しかった」という印象だけが残ってるんですが。。。何か迷惑かけていないだろうか。。。

学生さんのお宅を出て、ニュートラムという乗り物でクルマが置いてある場所まで向かう。
ホームにてよそ見していたら、いつの間にかニュートラムがやってきていて、トビラを開けて待っているので急いで乗る。

というわけでぼくは、このニュートラムの外観を知らない。外観がわからない乗り物って信用ならないなあ。
ぼくは今、どういう乗り物に乗っているのだ!とりあえず、レールは無いようだけれども、大丈夫か!
昨晩、思いがけずいただいた「美味しいお蕎麦情報」のことを考えつつ。信用ならない乗り物はぼくを運びます。


今晩は心斎橋の天ぷら屋、若松にてチューバマンショーです。
本当は別のカフェにて予定を組んであったんだけれども、急遽、お店が閉店されることになって。。。寂しい話ですが。いろいろと動いてくださった方々に感謝です。

夜まで暇だったので、心斎橋で買い物しました。クルマは、打ち切り千円の駐車場に入れて。
ここが今日の拠点になります。

前夜、チューバマンに「軍用品払い下げショップ無いですか?」と聞いたところ、ちょうどこの辺りのお店を教えてくれて。そういう情報をすっと教えてくれるあたり、さすがです。名古屋のこういうお店、軒並み不景気の波にやられちゃってます。

バイクのサドルバッグに流用できそうな軍用カバンと、胸キュン軍用ミトンをゲットしました。


その後も商店街をぶらぶらして(ぼくのぶらぶらは、相当なぶらぶらですよ)キャンプ(駐車場)に戻りしっかり昼寝。

そして会場へ。古い和の建物で、まず通された控えの部屋の感じがとてもまったりとしていて。

普段、こんなことにはならないんだけれども、演奏開始時間になっても、気持ちにスイッチが入らない。
「え~。もうちょっとこのままここで喋ってましょ~よ~。」みたいな。

あまりにもぼくがフヌケていたので、普段はぼくがやる「前説」をチューバマンがやってくれました。

結果的にこれが良く、前説の「では、どーぞー!」で、ぼくのソロから入ることになり。
さすがに独りでほっぽりだされたら、一気にスイッチ入りました。

それでも、最短のお客さんとの距離1メートル未満、飛び込みのお客さんも入ってくるという状況で、和やかに進み。

ライブは一般のお客さんにも喜んでもらえて、大成功!

この後が長く、おいし~い料理とお酒茶をたんまり頂きまして、タダモノではないと睨んでいたお客様が、実はツボど真ん中ストライクのご職業であることが判明し、どかーんと盛り上がり、本日、できたばかりのチューバマンショーTシャツもバカスカ売れ、酔っ払いも登場し、メディア関係の人も登場し、なにもかもが素晴らしく通り過ぎまして、幸せのままキャンプにて、床に就いたのであります。
  1. 2009/12/09(水) 00:25:23|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コンサート

20091209121306


大阪にある音大、相愛大学のユーフォチューバの四年生三人に「四年間の大学生活の集大成になるような曲を」との依頼をもらって曲を作りました。

その本番が今日。大阪まで見に行きます。明日はそのまま大阪でチューバマンショー。

天気も良く、楽器かついでバイクで行くぜー!
と準備して出発するも、昨日の呑み疲れから、20分くらい走ったところで「うーん。やっぱりキツいかも。」と引き返し、家に着いたところで「いや、やっぱりバイクで行ったほうが新鮮で楽しいのだ!」ということを三回繰り返して、時間がなくなったので、大人しくクルマで行きました。

この一ヶ月で何回来ただろう?大阪市内もだいぶ地図を見ずに適当に走れるようになってきました。
立ち寄ったコンビニでおばちゃんが携帯に向かって大声で指輪とお金の話をしてます。うーん、大阪!

大学に着いて、立派な講堂にびっくり。

「関係者席」というのに案内されて冷や汗をかく。ホールの端っこで携帯でムービー撮ってやろうかしらなんて考えてたので。
定期演奏会ということで、学校が主催しているのかと思ったら、どうやら学生さんが全部企画から運営してるみたいですね。その中で曲の依頼があって演奏されるということは、ものすんごーい準備期間が長いということで。ものすんごーく大変だったろうなあ。そんな機会に使ってくれて呼んでもらって光栄の至りですわ。

趣向を凝らしたコンサート、いいですねー。
ユーフォチューバのコンサートで「暗くない」というのは珍しいですねー。はっはー。

すっかり一人歩きしだしている(それだけ時間をかけて自分の体に取り込んでくれたということ)自分の曲も一観客として楽しんで。

そのまま打ち上げへ!あーげーもーのー!
  1. 2009/12/08(火) 12:13:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

朝早くから夜遅く

楽市ジャズ楽団が岐阜の山の方で学校公演。本当は先月の予定だったんですが、インフルエンザのため、流れてしまったのです。そして仕切り直しということですが、お勤めの方は当然、そんなに柔軟に休みが取れるということもなく。トロンボーンの欠員パートを補うという形で参加してきました。

朝8時集合ということで、朝5時に起きて。。。

手袋は結局今までのを使って。小型の使い捨てカイロ握り締めて。
「ちょっと指が冷えたから、カイロを握ろう」と、指の部分をひっぱったら、なんと、ビリッと破れてしまった。
ざんねーん!

それでも定刻より早く学校に到着。

慣れない早起きでフラフラで、「こりゃダメかも」
と思ったんですが、リハ終えて子供達の前に立ったらきちんとスイッチ入ってました。低学年と高学年と二回に分けての公演。ビッグバンドジャズの解説を交えながら和気あいあいと進み。無事終了。「テレビきてるなー」と思ったらNHKのニュースで流れたようで、「見たよ」メール数件。楽器紹介のネタなんかを見られたなら恥ずかしいなあ。
20091208092833.jpg

夜は、毎日コンクールで優勝した稲垣さんの祝勝会で盛り上がり。稲垣さん演奏したし、ロゼの近藤さんと涙のデュエットしたし、僕も演奏したし、オーケストラのチェロ奏者と「デュエットしなさい」と無茶ぶりされたし、ハリネズミケーキ出てきたし、それはそれは大盛り上がりの贅沢な時間でした。
  1. 2009/12/07(月) 09:10:15|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ミトンが欲しい

明後日は、朝早くに岐阜の山奥に行かないといけなくて、平日だからひょっとして通勤ラッシュとかあるかも!本番遅れちゃうかも!と危惧してバイクで行くことに決めました。

朝早くだから厳寒の中乗るわけで。いろいろな防寒対策グッズを見る。
充電式グローブというのがあるんですね。これ、良いかも!と思ったら、電池ボックスとケーブルが体中を這うという。。。だれがそんなもの買いますか。グローブだけで充電&発熱できるようになるまで待ちましょう。

それでもって、さらに調べてたらミトンタイプの手袋にキュンときてしまって、買いにでかけるも、どこにも売っておらず夜になって時間切れ。

これは明日、大変なことになるかも知れないと思いつつかろうじて、ワークマンでブーツ買いました。
これはテンション上がりますねえ。やりますねえ。ワークマン。
  1. 2009/12/06(日) 09:53:42|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

史上最大のレッスン

岐阜市文化センター主催の楽市ジャズ楽団の指導に行ってきました。

文化センターの主催ということで、そりゃもう、大小さまざまなスタジオやら練習室やらホールがある文化センターのいろんな場所が使えるのですが、今日は前半、1500人も入るようなだだっ広いイベントホールのど真ん中で個人レッスンでした。

ハッハッハ!!爽快!!


後半は来年にあるジャズフェスティバルの練習を全員にて。
まだトロンボーンに欠員があるから、ぼくも出演することになりそうです。


第266回市民の劇場 楽市JAZZ楽団 3rd ライブ
第2回 ぎふジャズフェスティバル

岐阜市民会館 大ホール
22年1月24日(日)
開場 13:30~  開演 14:00~
スケジュール
第1部14:00~ 楽市JAZZ楽団 ジャズ入門コース
第2部15:00~ カルロス菅野 熱帯Tropijam
第3部16:00~ 楽市JAZZ楽団 ジャズ実践コース
※1部・2部と2部・3部の間に休憩あり

全自由席   一般 2,000円(当日 2,500円)
         学生 1,000円(当日 1,500円)
*チケット完売の場合は当日券は発行いたしません。


岐阜(もしくは近隣)のトロンボーン吹きの皆様!
一緒にやりませんかー!?ってもう時間ないかー!?


続々と学校公演も決まっております。
そりゃあそうだよねー。市がビッグバンド持ってたらいろんなところで使うよねえ。
こんな例、他に聞いたことないので、これはますます加速していくでしょう!
  1. 2009/12/05(土) 21:04:29|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

地元でライブ

20091205112742

本来、今日は名古屋市内でお仕事演奏していたはずなんですが、諸事情で流れてしまったので、急遽(ほんとに急遽)地元のカフェにお願いしてライブを組ませてもらいました。

music salon halo

今住んでいる津島市の隣町。生まれ育った美和町の。なんと実家のすぐ近くです。
まだ新しくできたお店で、若いオーナーさんがやっています。

今住んでいる家と、ライブ会場の間に実家があるというのは、とても安心感がありますねえ。

実際「あ!鈴!鈴ない?」と電話したら「あるよ」だって。助かりました。

店内は壁が真っ黒で照明も暗くしてあるので、バンドメンバーは明るい服装で行きました。

お店はライブ初めて。ぼくもこのお店でのライブ初めて。お客さんも、地元の方が多く、ライブ初めてという方多数と思われ。

序盤、(自分も含めて)みーんなちょこっとずつ堅かったですが、それも進行と共に和んでいって。
結果、大盛況の大成功に終りました。
演奏や喋っている間に思わず声が出てしまうというのは、こちらとしては嬉しいんですよ。

終演後もたくさんの人と喋って。それでもまだ話せなかった人も居たりして。
ほんとうに沢山の方に来ていただけました。ありがとうございました。

また次の機会やらせてもらえると思いますので、再登場ご期待ください。
  1. 2009/12/04(金) 11:27:46|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ポリゴン楽団レコーディングリハ

20091203164233

ピアニスト奥村俊彦さんhttp://eglair.hp.infoseek.co.jp率いるポリゴン楽団は、来年1月にCD化に向けてのレコーディングを計画しています。

それのリハーサル(ドラム抜き)を我が家にて。ごちゃっとしてますねー。
ごちゃっとしてるけれども、自分ちでリハができるんだから楽です。今度はこのごちゃっとしたものをスタジオで広げると。。。

一応、メンバーはみんなジャズ奏者で、もちろんアドリブソロなんかも曲の構成の主要部分を占めますが、曲がわらべ歌や民謡です。

ライブでのお客さんの反応なんかを見ていて思うんだけど、CD出来上がったら、是非ジャズコーナーに置かれないと良いなあ。きっとテレビとかコマーシャルとかバッチリだと思うんだけどなあ。

タイトルはいろいろ候補上がってますが、以外にも普通なタイトルが上がった時には「そんなの奥村さんっぽくない!」と総スカンを喰らっておりましたので、おそらく普通でないタイトルになるでしょう。ぼくがいちばん「っぽい」と思ったのは「ワジャラベズ」でした。この辺も楽しみ。

タイトルといえば、来年三月に予定している

3月12日(金)
阿部竜之介×齋藤充×照喜名俊典×山田伊津美 コンサート

会場:株式会社ダクスペースDo 東京都新宿区百人町2-8-9

入場料:前売一般3,000円/学生2,000円  当日一般3,500円/学生2,500円
19:00開演 (18:30開場)

の正式コンサート名を考えておりますが、なかなか難しくて。

「留学経験のある個性的なユーフォ奏者4人が国際色豊かなレパートリーを演奏します。」

というのをなんとか一言で言えないものだろうか。。。
  1. 2009/12/03(木) 16:42:36|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

家事手伝い

家事手伝いがコンサートホールであるというのは、なかなか特殊ですが。

コンサートの裏方というか、使いっ走りを買ってでて。
こいういうことやってきてると自分で何か企画するときに、何がいつ必要なのか、誰がどう動いているかわかるから。
半分勉強みたいなもの。

ピアノを移動したりとか、椅子を運んだりとか、そういうことは慣れてるから良いんですけどね。

表で待っている人の整理!
こういうの、大の苦手。

まず、声が通らない、どもる、上から目線に弱い、テンパってベストの判断ができない。ぜんぜんできない。さっぱりできない。

冷や汗かきながらやりました。しょーもー!!

お花を届けてくれたお花屋さんが、むかーし、伏見のシガーバーでライブやっていた時に、よく見に来てくれていた人でした!相変わらずキマッてますねー。

こちらのお手伝い終わった後、金山駅の楽器店へ。
ここに来る時はいつも、隣の中古レコード屋でブラジルものを「ジャケ買い」します。
今までハズレ(好みでない)だったのは一枚だけかな。
今日買った一枚は、ズバリ大当たり(好み)でした。

今までは、ジャケットに映っている楽器の種類で選んでたりしてたんだけども、どうも統計からすると、楽器でなく「おじいちゃん」が映っているものを選ぶと、好みの確立が高いことが解ってきました。
  1. 2009/12/02(水) 17:12:11|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ