GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

新しい遊び方

昨日から、ウチに来ている大阪の音大生さん二人とバンド仲間の高橋君と。
公共施設で録音。

ずっと暖めてきたプロジェクトの実行。
もともとは、どこかの団体に向けて曲を作った時に、どう説明しても、実演しても、自分が思っているのとは少し違った雰囲気になることがあり。

自分で多重録音してデモ音源作れば手っ取り早いのか。いや、そんなものは手っ取り早くないか。

とか、考えて。

で、最近、動画をYouTubeにアップするのに凝っているのもあって、ふと思いつき。

多重録音でなく、多重録画だったら面白いな!と。

「こんなのやりたいんだけどなあ。。。さすがに自分がチューバ吹くのには限界があるからなあ。」


と思っていたところに、タイミング良く大阪から来てくれたものだから。


はい!遊び方の説明。

まず、下の四つの動画のスタートボタンを押して、すぐにポーズをかけます。

すべての動画の読み込みが終わるまで待つ。

各プレーヤーの動きなんかを見て「ここだ!」と思うところで再生してみてください。

タイミングがバッチリ合えば、曲になりまーす!

わざと意地悪して、「せーの!」とか言ってません。









で、実は、これは一番やりたいことでなく。
ひひひ。本当にやりたかったことも、バッチリ録ってあります。
時間を見て、そちらも順次アップしていきたいとおもいます。

お楽しみに!いぇい!
  1. 2009/03/31(火) 01:39:01|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

曲デケタ!&大阪からのエネルギー

昨日は結局朝まで曲作りして、コタツで仮眠してガバッと起きてまた黙々とパソコンに向かい。

夜までかかってようやくできました。

ばばーん!発表!

関西フィルの金管セクションのコンサートにて初演されます。

Drivin' The White Caddy for 4Horns and solo Tuba

ソロチューバのバックが4本のホルン。。。ここでかなり苦労しました。
オーケストラのホルン奏者のこと、全然知らないもんなあ。
ブラスバンドの人とはまた違った仕事してるんだろうけど。

Caddyというのは、アメ車キャデラックのことです。


リハーサル音源を聞かせてもらったりして、まだちょっとずつ改良を加えていくことになると思いますが。とりあえず!できた!


が、夜の12時で、それから来客あり。
大阪から、学生さんが二人訪ねて来てくれたのです。何度か大阪での演奏を見に来てくれた音大生さん。
音大の枠にはまらず、いろんなことをやっているという。気持ちがよく解り、意気投合して。

「名古屋まで行っていいですか?」「もちろん!」との約束をしていたのです。

そんな人から、 自分に何かを求められるといのは、とても光栄で嬉しいことで。
観光なんかしませんわい。自分のやりたいことに明日、付き合ってもらうことにしました。
  1. 2009/03/30(月) 18:11:18|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゴージャス☆モンキーズライブin関市

昨晩は、結局、キーボードの調子がおかしく、作曲家先生はかどらず。
深夜までコチョコチョやっていただけでした。

半分、ふて寝して、朝8時にホテルで起きまして、すぐ近所の会場へと余裕の出発。
午前中はどうも調子が出ないですなあ。当たり前か。

それでも、順調にリハをやってお昼休憩。
その間に、地元の大正琴の団体さんがリハを始めました。

大正琴を近くで見るの初めてなんですが。。。
電源が付いてる。。。

思っていたよりも、かなり、いろんなことができるんだなあ。びっくり。
不思議な楽器です。

さてさて、そんなこんなで本番。

どこでも、いつもの通りの悪ふざけ!
バシッと決まる場面が存分にあるからそれができる隙間が生まれるわけですが。



アドリブの応酬場面がある動画をば。

夕方に終わって、ゆっくり帰宅。
まだまだ曲作らないと行けないんだけど。

一休みしようと思っても、まだ頭がライブの興奮状態にあって、なんだかソワソワして。
こんな時の気持ちの落ち着け方無いかしら。
  1. 2009/03/29(日) 05:08:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

動く作曲家先生、泊まる!

20090328232117


明日、岐阜県関市にて、所属するビッグバンド、ゴージャスモンキーズの公演があります。
関市にお呼ばれして、関市の、琴とか、大正琴などの音楽系文化団体の発表会に華を添えます。

華を添えるというのかなあ。ぶっこわすというのかなあ。ご高齢のお客さんに、爆音ライブはどうとられるだろうか。

いろんな場所にお呼ばれされるようになったなあ。岐阜県は広いから、もっと遠くにも行けるようになると良いなあ。

昼過ぎに名古屋を出て、高速を使って関市へ向かう。
下道で行くと、えらく遠いの知ってます。

途中、面パトカーを見つけて。
(アレ系の高級車がはしってると、反射的に警戒します。そもそも自分のクルマは捕まるほどスピード出ないですが。)

「お!覆面パトカー発見!わくわく!誰か捕まるかなあ!わくわく!」
と走っていたら、自分が乗り換えるべきインターを過ぎちゃってたりして。
ちゃんと余裕を持って移動してたので大丈夫。

リハもきっちり終えました。
20090329001042.jpg


今回の関市の会場、ウチから通える距離なんですが。。。

明日の会場入り時間、朝9時半!ってことは、8時に家を出て、ってことは。。。

朝、起きる自信が無いのと、集中してパソコンで(〆切間近の)楽譜をつくらないといけないので、今晩は、関市のホテルで引き篭もり宿泊です。

動く作曲家先生システム、連れてきました。
動く作曲家先生システム(のキーボード)、まさかの不調!!!!!!!!!!!!
  1. 2009/03/28(土) 23:21:21|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

明るい人達

こんど、共演させてもらう、トランペッターの長瀬良司さんのライブ現場にお邪魔。

大曽根にある、初めて行くお店。ジャズバー。
まだまだ知らないお店なんて、たくさんあるんだなあ。

店内には、旅に関係する本が多く並べられていて、「あ、これはバッチリ好みのお店だ。」なんて思う。

ライブの打合せやらなんやら、と思っていたのに、なんだか終演後の店内が大盛り上がりで。
「あ、この人がマスターで、この人がミュージシャンで、この人がお客さんで、うーん、この人は。。。」っと把握するのに、しばらく時間がかかるくらい。

いーですねーいーですねー。

しばらくそんな観察を楽しんでいたら、皆の興味が、新参者の僕に。

「こんな楽器でこんな演奏をする人です」と、一通り紹介してもらったら「じゃあ、音が聴きたい!」ってなり。
純粋な子供のような興味がビーッと向けられるのは、気持ち良いです。
ぼくも、あーだこーだ説明するよりも、実際に演奏した方が手っ取り早いので。

「えー。じゃあ、こんなんもありますよ。」とクルマに行ったり来たりして、三種類の楽器を披露して。
楽器に関する豆知識なんかも披露しちゃったりして。あんまり喜んでくれるものだから、つい、嬉しくなっちゃって。

良い場所だなあ。

でもね、楽器への興味なんてね。ほんの一瞬だけの興味です。
一度「この楽器が何であるか」を聞いたら、そんなものは、明日にはすっかり忘れていて、普段の生活にはまるで影響のない、どーでも良いことで。

一生懸命話している自分を見てもらっているだけです。

あり?なんでこんなこと書いてるんだろ?
「楽器が好きな人」ではないということを主張したいのかな。
ま、そんなことは伝わってるか。

その後、共演予定のピアニスト杉丸君をピックアップして(この時点で午前2時ですが。。。)、長瀬さんと、3人で我が家でワイワイ。

んー。これは、良いライブになりますねー。
  1. 2009/03/27(金) 10:32:18|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

はい!来ました!

いろんなことを、後伸ばしにしていたツケが、来ましたねー。
二重、三重の波になってきてま~す。

お尻に火がつかないと動かないというのは、これはもう、こういう人間の種類だからと思って諦めてますが。いつまでこういうスタンスで持つものか。。。

悩める作曲家モードに突入しました。
  1. 2009/03/25(水) 10:26:13|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

わかるかなあ

20090325043017


トランペッター石渡岬ちゃんのリーダーバンド、飛ぶ鳥を落とす勢いの「東海道スモッグブラス」を四日市市のVeeJayにて。

17時の集合ということで、チューバの高橋君とキッチリ時間前に到着。
音大生は真面目だなあ。

スーパーで買い食いして、お店の前でおにぎりをかじる。

が、待てど暮らせど誰も来ないので、「まあ、こんなもんでしょう」と、その辺をぶらつく。

ちょくちょく来ることはあるものの、あんまり知らなかったけど、四日市にはすごく複雑に入り組んだ商店街があるのですね。

結局、リハは無さそうなので、この商店街をゆっくり散策。

いい感じの中華料理屋を見つけて「うん。次はここに来よう。」なんて言ったり。
写真みたいな、「古いビルの屋上に、勝手に作ってある小屋」を鑑賞したり。

「また、あっちの店に戻ってみよう。」と目指すも、どこにあったかわからず、結局12000歩も歩いてくたびれる。
(最近、歩数計持ち歩いてます。5k歩いたなあ。)


ライブ始まったら、そんな疲れは出ません。いつもどおり、ゴキゲンな曲をゴキゲンなメンバーと、全力で演奏。酸素が薄くなった店内で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
  1. 2009/03/24(火) 04:30:21|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

全部教える

一緒にバンドをやっているお友達が、四月から晴れて学校の先生になるということで。
学校には、金管バンドがあって、そこの指導をすることになるということで。

ハナムケとして、僭越ながら、ぼくが今まで楽器の指導者として培ってきたものを全部伝える。
どばーっと三時間。ちゃんと録音してもらって。
楽器を吹くことより、ちゃんと論理的に筋道を立てて喋ることのほうが、よっぽど神経を使いますなあ。
すっかりと抜け殻になってしまいました。

願わくば、遠く離れた土地で、ぽこっと良いバンドが誕生しますように。
  1. 2009/03/23(月) 12:22:36|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

盛りだくさん。。。

朝6時、帰宅、9時起き、瀬戸市にてチューバマンショー。

瀬戸市企画の映画「ブタがいた教室」上映会の賑やかしコンサートです。
上映会前と、上映会二本やった後の2回公演です。

一回目、無事に終了。
楽器体験コーナーなんかも交えて、楽しくね。


空き時間がたっぷりあるので、外へ食事を取りにでる。
瀬戸市が初めてというチューバマンを名物のヤキソバ屋へ。
大盛りを食べておりましたが、まだちょっと食べたり無いようで、もう一件ということに。
別のお店で、さらにヤキソバを食べるチューバマン。

二回目、とぼけた登場の後、目の前に、一緒にビッグバンドに所属しているトランペッターさんがご家族で来ているのを発見して赤面。

さらに、ステージ半ばで、後ろの方に、過去に共演経験があるトランペッターさんを発見!

たまたまお子さんと映画を見に来ていたそうで。
ぼくだと知らずに見ていてくれたそうで。
「チラッと見て帰るつもりだったんだけど、楽しくて最後まで見てしまった。」とのコメントまでいただきました。うれしーなー。

さらに、終演後!大学の後輩で、今はキッチリとクラシックのお仕事をしている女性が話しかけて来てくれて。近所に住んでいるそうで「市の広報で見た」って。

この、「終演後」というのがありがたいなあ。
始まる前にその存在を知ったら、やっぱり「クラシックの音楽家が聞いている」と意識した演奏になってしまうもんなあ。演奏家の優しい気遣いですな。

その後、一宮市のレストランにて21時まで演奏。

4月に、石川県金沢市で演奏する機会ができました。
いつも、ご一緒させてもらっているピアニストの石原実恵さんと。
そしてそして、念願の石川公演を実現に向けて動かしてくれた、金沢市出身のトランペット池下知子さんと3人で。

今回のレストラン演奏では、それに向けて、「どんな感じになるかな?」と探る意味も含めて、三人でやりました。

うん。えー感じではないですか。満足!

日時:4月30日(木)
時間:19時start 18時半open 
チケット:2000円(1ドリンク付)
場所:マクリハニッシュ 金沢市木倉町2-4 西野ビル2F

席数にかなり限りがあるので、予約制で~す。


怒涛の日程でしたが、案外、なんともないもんです。
あ、夜にコーヒー飲んだからか。。。

ツケがどんどん次の日に送られていきます。
  1. 2009/03/22(日) 01:07:45|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鬼頭哲ブラスバンド東京公演

20090322104335

アメ車でどどーんと東京へ。
アメリカで「いくらアメリカでも、これは無いなあ。でかすぎる。」と思ってたクルマを持ってるバンドメンバーがおりますのです。

まさに、どどーん!という感じです。
テンション上がりました。

お昼前に出発して、4時に会場入り。
「まるで興味の無い場所」の横綱「六本木ヒルズ」のふもとです。

リハやらなんやらをやって、開演まであと30分!
きちんとしたものを食べておかないと体力的にキツそうだったので、今回、ゲストとして参加していた、東京在住のスーパートランペッター辰巳さんにくっついて、近所のラーメン屋へ早足で。

休憩中に、それでもやっぱり「くたびれたなあ」という感じになりそうだったので、コンビニへドリンク剤を買いに走る。

走る走る。走った方向にコンビニ無く。
諦めて引き返して、後半に滑り込みセーフという。。。

ただ疲れるために走ったようなもんですわ。

演奏が始まったら体力的にどうこうとか、そういうことは感じないもので。

終了後、そのまま名古屋帰り。
朝到着。数時間後に起きることになっているので、コタツで就寝。
  1. 2009/03/21(土) 10:43:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鬼頭哲ブラスバンド名古屋公演

満員御礼!

もう、すぐ目の前に、目をキラキラ輝かせながらかぶりつくように見入るお客さんたちがいるもんだから。
「良かったねえ。今日、聞けて良かったねえ。」とヘンテコな考えを巡らせながらの演奏。
やっぱりコンサートより、お客さんとの距離が近いライブの方が好きだなあ。

終了後は、明日の東京への移動に備えて、早めに寝るように務める。
でも、ワクワクしていて寝れないんだな。これが。。。
  1. 2009/03/20(金) 10:40:11|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

失意の日

20090320000932


東京では、チューバマンショーの楽曲が使われた映画の制作発表会&試写会が行われておりまして。招待してもらってたのですが。。。

パーティで着る服が無い。わからない。
おそらく、パーティ用の会話が出来ない、わからない。
明後日、東京へ行く。

ということで、今回は諦めました。
まだまだ分不相応ってやつですな。


ところで!!

あまり知られておりませんが、わたくし、英語できます。
聞けます話せます。
映画みたいに、早口でまくしたてられても聞き取れます。
アメリカのレンタカー会社のサービスセンターと電話口でバトルしたくらい喋れます。

「ロボットウォーズ」という、人間くらいのサイズのロボをガツンガツン戦わせるという、イギリスの制作会社が作った番組が好きで、かぶりつきでずっと見てたので、イギリス英語でもバッチリ聞き取れます。これは話せませんが。
アメリカ人がアメリカの大学院進学に必要なGREという試験も合格してます。


と、はい。。。ここまでが、自分が持ってる自分自身の英語力のイメージ。

先日、名古屋ウィンドシンフォニーにて敢行された、八木澤作品集のレコーディング。
海外での展開も考えられているようで、ライナーノーツ(曲目解説)の英訳を引き受けることになりました。
「そんなもん、朝飯前ですわ。」と引き受けたものの。
全盛期の英語脳はいずこへ。

論文などの公文書書くときは、わざわざ難しい単語使わなきゃいけないのです。
生活では使わないような難しい表現、単語、かなり忘れてるなあ。。。

必死で本読んで、論文書いてた頃を思い出して懐かしいやら、冷や汗滲ませるやら。
辞書はお友達!
  1. 2009/03/19(木) 00:09:36|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クラシックでもね

クラシック音楽の中にも、そりゃもう多様に民族音楽の要素が入ってます。

本来、楽器を演奏する再に必要なことは、「耳から取り入れた情報をコピーする」というのが自然な姿であって、楽譜なんて二の次で良いと思ってます。

以前、吹奏楽部のヤングがEarth Wind and Fireの「September」をやっていて、「ここの吹き方がわからないんですけど」との質問を受けて。

「これのオリジナル音源聞いたことある?」と聞いたら「はい。どこかの吹奏楽団のものを聞きました。」との答えでずっこけて。

その場で、携帯でYouTubeの動画見せたらば、まず、衣装に大受け。
まあ、気持ちは解らないでもないけど。アフリカがどうこうと説明する気はなく。



先の吹き方については、これ聞いたら一発で解決しましたがな。


クラシックを演奏する際にも必要だと思われる要素が入っている、民族音楽のCDを最近、探し回っておりまして、中古レコード屋に入り浸ってます。今日は、バッチリの一枚見つけました。
「はい。これ、耳コピしておいてね。」とか言うつもりです。
  1. 2009/03/18(水) 21:56:42|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

朝から晩まで

朝からちょこまかと動き回った後に、夜の20時から、岐阜のビッグバンド、ゴージャス☆モンキーズのリハーサル。

こんな動画ありました。去年のクリスマス前のライブの様子ですね。





普段から、マウスピース(楽器の歌口の道具、口を当てるパーツで、大きさや、深さなんかに、ものすごいバリエーション有り、こだわる人はこだわります)、ほとんど見た目で選んでいて、あんまり気にしてないつもりだったんですが。。。

バッチリ見た目がカッコイイ、マウスピースを細いのと太いの二本、ケースに入れて持ち歩いてます。
楽器のケースに入れておくと、楽器を持ち替えた時に、パッとケースを開けて「あ、しまった!あっちの楽器のケースの中だった!」ということになるので。

ということで、普段は絶対にやらないはずの「マウスピース忘れ」やってしまいました。
マウスピースケースが、今日は持ってきていない、楽器のケースの中に入ってるんだなあ。

多少、狼狽しましたが、幸い、クルマの中に、一本普段全く使わないものが入っていたので、それで代用しました。

うん。まあ、吹ける吹ける。

と、いう感じで3時間以上吹いていたら、いきなりバテが来て。
こんなに吹けなくて惨めな思いしたの、何年ぶりか。

自分のマウスピースって大事ですね。。。
  1. 2009/03/17(火) 21:27:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ソバつきライブ決定!

大須にある、沖縄カフェ。
たまに、三線のライブとかやってます。
ご飯、美味しいです。

ここで、ずっと
「ライブやらせて~!ネ~ネ~。生まれは愛知だけど、やってる音楽、沖縄音楽じゃないけど、いいでしょ~。」といい続けてきたのです。

ところが、うまーいこと(?)タイミングが合わなかったりして、実現できなかったんです。

それにもめげず、しぶとく「ちょっとちょっと~。ライブやらせてよ~。」と言い続けてきたら、ついにきました。

まだ、だいぶん先ですが。へっへ~。うれしいなあ。
豪華な顔ぶれです。

つっこみポイントありますのでよろしくお願いします。

6月13日(土)
富安秀行ライブ@大須Okinawa Cafe
名古屋市中区大須3-30-40 万松寺ビル1F

出演
富安秀行(ギター、ボーカル)
あらいなおこ(クロマチックハーモニカ)
黒田かなで(バイオリン)
照喜名俊典(いろいろ)

時間:16:00スタート
料金:2,000円(1ドリンク又は1ミニ沖縄ソバ) 通常の飲食もできます。
  1. 2009/03/16(月) 20:54:49|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

いきまっせ

愛知県春日井市の音楽教室、k-onnの発表会にて演奏。

講師の皆さんと演奏してきました。
真面目にクラシックを習っている人が大多数だと思われる中。
パフォーマンス織り交ぜたはっちゃけた演奏を。
大丈夫かな。

打ち上げで、近所の鉄板焼屋に行き。
テレビで見たことあるし、浅草で食べた経験もある「も☆ん☆じゃ☆焼き」。
(一応ね、マニアのターゲットにならないように検索対策。)

やはり使い勝手の良い大きいヘラや、箸で食べようとしたら、店の人に注意勧告を受け。。。
これは、いかがなものかと。。。


今日の演奏でご一緒させていただきました、ジャズトランペッターの長瀬良司さんとのライブの予定、決まりました。これは、結構、話題性のある編成の誕生だと思うんですが。
  1. 2009/03/15(日) 21:42:55|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ひぐらし合奏団からトロンボーンライブ

20090315012911


普段、(住宅問題などで)楽器を吹く場所が無い人が、心置きなくぷーぷかやる会「ひぐらし合奏団」。

今日は、ギガプリン会も並行で開催されました。
もう、なにがなんだかわかりませんが、合奏団が一人歩きしだした証です。
お互いに心配りをしながら、自分のやりたいことをばっちりやるというのは、実はあまり見ることのできない光景です。優しい人達が集まってます。

ふと思い立って、楽器の中身を洗浄。
いまメインで使っているヤマハの楽器を購入してからは初ではないかと。。。
おもいっきり吹き心地変わりましたが、2時間吹けば元通り従属するでしょう。

一休みした後、三重県四日市市へ。

ずっと愛知でやってきた5トロンボーンセッションが、初めて三重県上陸。四日市市でのライブ。
というか、僕自身、初めてのお店です。

サラーム

細部にまで「音」にこだわって造ってありますね!
これは自然と気合が入ります。
半分のサイズで良いから、こんな建物が自分のものだったらなあ。。。

何故か、名古屋のライブでは、滅多にないんだけど。四日市でよく出会います。
野次を飛ばすお客さん!
嬉しいことが起きたら、その場で声に出してしまう自然な姿。うれしいなあ。
お陰さまでとても盛り上がりました。

「ここでやるライブは、満足すること間違いないから毎回行っちゃう。」と、ライブを楽しみにしているお客さんがお店についているんですねー。よかよか。

終演後、なんと、牡蠣のたくさん入った鍋が出てきました。こんなにおもてなしされて良いのだろうか。
通常、ライブ後は、一通りのほとぼりが冷めたら早く家に帰って休みたかったりするんだけど。
実際に今日も、連日の疲れが残ってたりしたんだけど。

マスターが子供のような顔で笑って、話かけてきてくれるので、とても居心地が良く。
「あー。もっと居たいなあ。」なんて思える場所でした。
  1. 2009/03/14(土) 03:08:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

JWECCオープニングガラコンサート

午後イチで会場に入りまして、みっちりのリハーサル。
内容盛りだくさんのコンサートで、リハから少しも気が抜けず。

長時間のリハを終えた時点でヘトヘト。。。

練習前に食べたブランチは、高速のサービスエリアでかじったフォカッチャ一つだけだったので、カロリー収支がガクンとマイナスです。。。

こういう時に、コンビニ弁当とか食べると、心が荒むので、少しの空いた時間でも、ちゃんと人が手をかけて作ったものを食べに出る。雨の中、ふもとの小さいタコスのお店に入りました。

本番は、予想通りの熱の入ったものに。
ソリストの皆さん、リハーサルでも十分聞きほれてたんだけど、それでもクルージングモードだったんだなあ。本番は、全然気迫が違いました。いやー、良い空気に触れました。

大成功のコンサート終了後は、会場周辺大渋滞。
それが解消されるのを待って、パパッと安ホテルへ移動。
チェックイン済ませて、打ち上げ会場へ。

これまた大混雑、バイトの店員さん大混乱の盛り上がりよう。
オーダーしていないものがテーブルに来る。
オーダーしたものが来ないは当たり前。

とりあえず、目の前にあるものを手当たり次第飲み込んで。

結局、祝宴は午前3時過ぎまで続き。。。
  1. 2009/03/13(金) 01:00:41|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

名古屋ウィンドシンフォニーリハーサル

吹奏楽の中でのユーフォの位置って、隠れたところで雰囲気をつけるとか、だいたいそういうのなんですが。。。古いレパートリーは。。。

ちゃんと存在を認知された上で書かれた新作は全然違いますな。

新しくできた楽器なので、音域が広かったり、運動性が良かったりします。。。
一般的にこういう触れ込みがあるので、現代の作曲家は、この辺の機能をフルに使いたいようです。
(同じく新しい時代に作られた楽器「サックス」は、「この指使いが難しいから、あたらしくキーを付けちゃったョ。」とか、そういうのあるみたいです。)

昔のレパートリーを演奏するのとは全然違った役割があって、ハードルがグンと上がってます。。。くたびれた。。。

空いた時間に街をズバッと散策。急ぎ足で。

岡崎の城下町ですね。古い町は良いなあ。
10日の日記に書き忘れてしまったけど、酒の席での盛り上がった話のトピックの一つに「町屋が良い!」というのがあるんです。

もう、大好き!
正面からのパッと見た感じ、普通の家なのに、あの奥行き。構成の複雑さ。
ニューオーリンズなんかでよく見て感動した、中庭がある風景。
(ちょっとした噴水とかあるのです)

効率が悪いようで、もっとも効率が良いという事実。

「隣に町屋が建ってたんだな。」という影が、コンクリートのビルの壁面に残ってたり。

ホールの近所にあった豆腐屋さんで、豆腐ドーナツなるものを買って。うん。やさしいおいしい。
ビバ!古い町!

昨日、昼ごはんを食べようと思って、近所を散策していたら、

女性の店
女性センター
ラーメン
ヤキソバ
あんみつ
7歳以上

という看板の店を見つけて、入ろうとしたら、中にいたおばあちゃんにグッと睨まれて「女性だけです」と断られたあたり、ミステリアスな魅力を感じます。

今日は、リハーサル後に、以前ライブでお世話になったアジアン居酒屋「亜チャラ」に行ったゼい!
美味しいベトナムヌードル食べたゼい!フルチャージ!
  1. 2009/03/12(木) 23:51:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

違うブラスバンド

週末に本番があります、昼前に名古屋ウィンドシンフォニーのリハーサルをしに岡崎へ。

日本管楽合奏指揮者会議
http://www.jwecc.net/
というのをやります。吹奏楽界のスーパースターとの共演です。いやー、準備大変。

夕方までやりまして、一路、鶴舞KDハポンへ。
東海道スモッグブラスのライブです。

ノリノリで楽しくやりましたー!また動画アップする予定なのでお楽しみに!
  1. 2009/03/11(水) 01:07:36|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

打ち合わせ(してない)

先日も行ったばかりだけど、焼肉美光で打ち合わせ。
のはずが。。。

嫌いな虫の話で盛り上がり。

大抵の虫は大丈夫だけど、群れるやつがダメですね。
ぼくが一番ダメなのは、フナムシです。トラウマがあります。
ぼくを泣かせようと思ったら、フナムシの写真持ってきてください。

アメリカで出合った一番嫌な群れる虫群れる群れる(虫嫌いな方はご遠慮ください)
これがねえ、こんな規模じゃなく、天井一面にという場面に出くわしたのです。

人の気配を察知すると、ワッセワッセと一箇所に集まりだして、ワッセワッセと揺れる黒い塊になり。
塊の重さに耐え切れずに、地面にボチョンと落ちて。
そこからワラワラワラ~!と散らばる。という、もうほんとに悪夢のような襲撃を受けました。

それから、クルマの話で盛り上がり。

スバルレオーネ→スバルレガシィワゴン→(アメリカで)ボルボ240→シボレールミナバン→スズキGS250→帰国してスバルサンバー

と乗ってきました。

実は、大学一年の時に、スバルが発行する月刊誌に写真と記事を投稿して載ったことあります。

「ぼくのレガシィワゴンは、金管五重奏の仲間と楽器を全部積んで、何処へでも連れて行ってくれます」みたいな。掲載されるために、あざとく擬人表現なんか使ってみたりして。

今の車の「ちょこまか感」にぞっこんですが、いろんな人の話聞いて、大排気量のクルマも試しに乗ってみたいなあ。と思ったのでした。

打ち合わせ何もせず!また打ち合わせに行こう。。。
  1. 2009/03/10(火) 00:46:39|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

谷向柚美グループ@piacere

20090310020651


名東区に昨年末に新しくできたライブハウス、piacereに行ってまいりました。
ボーカリスト、谷向柚美さんのカルテットです。

まあ、新しいだけあって、綺麗なスペースですねえ。
ちょうど良い大きさです。

普段は、だいたい完全アコースティックでやるんですが、マイク付けてもらいました。



また、へんなことに懲りだしてしまいました。
先日は、リハ中に録画がしたくて。

円陣を組んでいるみんなの顔が映るようにと、携帯の充電器を天井から吊るして、携帯をくっつけて、回して。
それが曲の感じとぴったりとマッチして。

音楽だけを聞いてもらうのって、すごい集中力を要求することなので、なかなか難しい。
ちょっとした動画が着いているだけで、全然違ってくると思う。
誰にでも簡単に、曲一曲、まるまる聞いてもらえる。

最近は、そんな風に思っているので、動画を撮ることが楽しい。

ビデオカメラ欲しいな~って思って、電気屋とか行ってみるんだけど、まず、家のテレビがハイビジョンじゃないしなー。ハイビジョン対応カメラとか言われても、全て出遅れてますわ。

もうちょっと様子をみようか。というわけで、今回はデジカメで撮ってみた。

ライブの休憩中に、「またこの間と同じ感じやってみよう」思い立って、糸を探す。
そんな簡単に見つからず、困っていたら、水野啓くんがギターアンプに吸音目的でかけているタオルから、糸をピューッと抜いてくれました。

お店からセロハンテープを借りて、カメラにペタッとくっつけて、譜面台にぶら下げて、てきとーによじって。
ラストの曲が始まったらスタート!

アングルとか、糸のよじり方とか、てきとーだったんだけど、全てがドラマチックにハマって。
アドリブのコーラスが終わって歌が始まる時に谷向さんにバッチリカメラが向いたり、曲の終わりが、ぼくの方に向いて、光を浴びながら楽器を降ろすところとか、これ、意図的に操作しているわけではないのです。いやー、いいねえいいねえ。

また、ちょっとバンド側の種明かしをしてしまいます。
動画の最後にちょこっと楽譜が映ってますが、全員、コードネーム(和音構成)と、メロディの書かれたボーカル譜を見て、アドリブで伴奏をしています。

毎回、まるで違った演奏になります。

ベースがなかなか入ってこず、入ってきても、最低限の音から初めて。盛り上がるところでは、バチンバチンいうくらい弾いて。
ギターが隙間を埋めて、テンポを取り易いように刻んでたり。
トロンボーンは、ボーカルのテンションに寄り添って、ハモッたり、この音域のが足りないかなと思ったらその音域に行ったり。
お互いのやっていることを真似たり、相反することをやってみたり。
全部、その場の個人のさじ加減です。

こうやって、全体を造っております。
  1. 2009/03/09(月) 02:06:55|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

家事手伝いから打ち上げ

地元のホールで実家の家事手伝い。
実家の家事にオーケストラのホール公演というのがあるというのは、かなり特殊ですが。
今までは、実家の用事よりも自分のライブを優先してきちゃったので、ちょっと見直しね。

無事に昼間の公演を終えた後、名駅へ。散々歩き回ったのでさすがにちょっとくたびれていて、一休み。

気を取り直して、いつもの焼肉美光へ。

通常は日曜休みですが、特別に開けてもらいました。
先日名古屋ウィンドシンフォニーにより行われた、八木澤作品集レコーディングの打ち上げです。
八木澤さんも東京からいらっしゃって。
miko.jpg

何故、わざわざ休みの店を開けてもらったかというと、レコーディングした「仮音源」を大音量で流すためでーす。

集まったのは、10数名ほどですが。

初めてこのお店に来て、初めて美味しい焼肉を食べた人もたくさんおりましたが。
音楽をやってる人には、素直に感情を表現できる人が多いのかな。
「うめー!!」と絶叫する女性。。。
そんな様子を見て、お肉を用意した社長さんも大喜び。

なんだか、みんなでぐちゃぐちゃになってしまいました。
いやー、皆に満足してもらえる飲み会ができて良かった良かった。
  1. 2009/03/08(日) 11:37:03|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

谷向柚美グループリハから水野啓トリオ

ボーカリスト谷向柚美さんのカルテットのリハをして。また新曲がたくさん。すっかり多作家になりましたな。ぼくは最近、曲作ってないなあ。作りたいなあ。




リハ後、FAXが壊れたので、中古のものを探してリサイクルショップを回る。夜のライブには、このままギタリスト水野啓くんと谷向柚美さんと出演なので、3人で。

なかなか中古のファックスって無いもんです。電話も無いもんねえ。そういうもんかなあ。

リサイクルショップが初めてだという啓くんが大声ではしゃいでいて面白かった。
ギターはたくさん出回ってるからね。そりゃあ楽しいだろうね。

夜は洋食屋「小川軒」でのライブ。
こちらも楽しく演奏して。いろいろと楽しいことが起きて、演奏中に「あはは」と声を出して笑うシーンも。別にお客さんがそんなところを見ていても良いでしょう。

終演後、昼間の雰囲気をまだ引きずっていて、3人で深夜まで営業している大型量販店へ。
今度は、加湿器を買いに。小川軒で一台稼動していて、突然欲しくなってしまって。

ぼくは、こういうところ嫌いなんです。とてもネガティブなエネルギーが渦巻いている気がして。
だから2人を巻き込んで。

新しく買った「スチーム式加湿器」というやつを枕元に置いて寝ようと思ったら。。。
ぐつぐつぐつぐつ。うるさいではないですか。。。
  1. 2009/03/07(土) 11:09:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コレクション発掘!

20090306231101


むかしむかし、あるところに、お金が無い学生がおりました。
学生は、自身が通う大学の図書館に、たくさんのCDがあることを知ってました。

学生さんは、来る日も来る日もCDをたくさん借りて、家に持ち帰りました。

電気店には、たくさんのCD-Rが安売りされてました。
家には、コンパックの安いパソコンがありました。

「ちょ」の権利のことは知ってました。
CD-Rの金属板の酸化によるデータ消滅の可能性については、その後何年かして知りました。

それなりのショックを受けました。めでたしめでたし。



お友達に、オススメのサックスのCDを貸して欲しいと言われて、いろいろと探す。
そうだねー。あんまり無いねー。アートペッパーが好きだけどねー。
昔のビッグバンドは好きだから、いろいろあるよ。サックスも入ってるから、よしとしよう。

しっかし、古いCD-Rって醜いなあ。あれもこれもしっかり酸化しとるじゃないか。。。
一応再生されますな。。。あと何年もつことやら。。。
再生できなくなったらショックだけど、しっかりと自分の血肉になってるからね。それはそれで、よしとしましょう。
また聞きたくなったら、「こんなに大きくなりました」って胸を張ってCD買いに行きます。


ちょっと用事があって実家に寄ったら、玄関にボテーンと置いてあった、クルマの道具箱。
ちょっと!これ!ぼくのMDコレクションじゃないですか!どこから出てきたの!?


(さらに)むかしむかし、あるところに、クラシックの音楽学部に通いつつも、ジャズに興味を持ってしまった学生がおりました。
学生は、自身が通う大学の図書館に、ほんの一握りのジャズのレコードがあることを知りました。
(アバンギャルドなものに偏ってました。:後日談)

学生は、来る日も来る日もMDプレイヤーを図書館に持ち込んで入り浸りました。

学生は、「MD、10枚セットで買ってたっけなー。幾らくらいしたっけかなー。」と、記憶が危うい感じです。
「低音質長時間録音機能なんて無かったからねー。アナログ接続で録音するの苦労したねー。」
「もうすっかり溝が減ってしまって、ロクに再生されなかったようなレコードもあったねー。」
とか言ってます。

三人称の設定があやふやになってきましたところで。

ちょっと!ぼくのMDのコレクション、かなり面白いんだけど!
  1. 2009/03/06(金) 23:11:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

基本的に

わたくし、脳天気。
独りで空き地に放っておかれてもウキウキしていて、なんだか楽しいです。
落ち込んでることってほとんどありません。

得な性格だなーって思いますが。。。

この数日、ここのところ無いくらい落ち込んでます。
寂しさに打ちひしがれて肩を落として下を向いてため息をついてトボトボと歩いています。
橋の下でやけ酒呑んでぐでんぐでんになりたい。

何があったかというと。。。まあ。。。その。。。はぁ~。。。

単に卒業式なんですが。。。
  1. 2009/03/04(水) 22:27:35|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もったいないので

作編曲のレッスンなんかもやってます。
ある生徒さんの作品がかなり貯まりまして。

これが、ぼくが監修しただけあって、かなり良いクオリティなんですわ。(なんつって。でも本当。)

そこで、それをキチッと(エレクトーン奏者である)ご本人さんが演奏して録音したものを、ケーブルテレビ会社に持ち込み。

以前、お仕事として音源制作を依頼されて、作ったことがあります。
著作権料のかからないオリジナル音源にはいつも飢えているはずで。

使ってもらえると良いなあ。
うち、ケーブルテレビ入ってないけど。
  1. 2009/03/03(火) 14:23:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

東海道スモッグブラスリハーサル

を東山のスタジオにて。

実際に音を出しながら、「あーでもない、こーでもない」とやりながら、寸法やら和音やらを決めて。
もともとね、楽譜やコードネームなんて利便性のために誰かが後から作ったものだから。
こっちが本当の音楽の姿。たのしいね。

スモッグブラスのリーダーの男前トランペッター、石渡岬ちゃん。
一緒に藤井郷子オーケストラ名古屋バージョンにも参加しております。

このバンドで初東京遠征した時、岬ちゃんがバンド車の中で「ツアーってもっとクルマの中でセッションしたりしながらワイワイ行くものと思ってた。」というようなことをポツリと言ったの覚えてます。

テレビやアメリカ映画で見る、ピッピーのバンドツアーのイメージかなあ。いや、実際に日本でもそんなことやってるバンドってあると思うけど。

移動中のプロのミュージシャンってなんだか疲れてるイメージしかないですなあ。
でもね、このバンドなら夢のワイワイセッションしながらツアーもできると思う。



(よくもまあ、こんだけ集めたなあと思うほど)超個性的なメンバーがポツリと漏らすコメントがいちいち面白く。シアワセな気分になるのでした。この、ポツリ、録画して編集してDVDにしたらおもろいのに。

マイスペース始めたようです。ゴキゲンなライブ音源聞けます。
http://www.myspace.com/tokaismogbrass


東海道スモッグブラス
3/11(水)
名古屋 鶴舞 K・D ハポン

●東海道スモッグブラス
●Swingin' Little Crocodiles
●ハムスターズ
開場19:00 開演19:30
予約¥1,800 当日¥2,000 ともに+1drオーダー
http://www2.odn.ne.jp/kdjapon/
  1. 2009/03/02(月) 13:04:54|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

何故リーダーは

20090303004650



何故、バンドの頭をやると、いっぱいいっぱいになるのでしょう。
人のリーダーバンドの時は、「あは、大変そうだな。」とか思って見てるのに。
メンバーからは「あは、大変そうだな。」って見られていただろうな。

瀬戸にて7人のバンドで演奏です。

朝、必要以上に早く起きて、楽譜を実家でプリントアウト。
早く、紙とインク買いに行かねば。。。

高速でばびゅーんと瀬戸市まで。
待ち合わせ場所に少し早めに着いて、車内で楽譜をフォルダーに入れ。
これも、なんだか焦っているので、もう効率悪い悪い。
頭がオーバーヒートしている状態です。

メンバー全員、定刻に集合。よかったよかった。珍しいこともある。。。いや、素晴らしい!

「会場、絶対解らないから。」ということで、案内してもらう。

なるほど、「まさかこんなところに演奏会場が。」というくらいの田んぼのど真ん中。
空が抜けてますねー。
普段は、お米を置いておく倉庫。お米を移動して、音響機器をセットして、ステージまで組んであります。

冷静を装ってリハーサルして。
本番前の空き時間に、ベーシストさんが、独りで倉庫の裏手でウクレレ弾いて歌ってました。
「あ、こういう人のこと「音楽が好き」っていうんだろうな。こういう人とバンドやりたいな。」
と思う。

テンション上げて、無事に本番終了。おそらく、ジャズバンドを見るのも聞くのも初めてのお客さんばかりだと思われたので、楽しく音楽や楽器の解説なども織り交ぜながら。これ、学校公演できますな。

本番後、お客さんとおしゃべりなんか楽しんだりしつつ。

夕方に会場を後にして、次の場所へ。

岐阜県土岐市のバーにてピアニスト瀧川さんとのデュオのライブです。

ずっと(今日の昼の本番の)楽譜作ってたし、昼の公演は気が抜けなかったし、で、疲れておりましたので、こちらも早めに会場に着いて、クルマで昼寝。

すっきりと目が覚めて本番。

こちらは、たら~っと気軽に流すつもりだったのに、ベーシストであるお店のマスターが入ることに。
おそらく、大御所と呼ばれるような人でしょう。そして、コワモテ。

カチコチに緊張してしまいました。でも、マスター、綺麗な音だったなあ。そして、ダイナミックスレンジ(音量の幅)の広さ!いつもの自分を出せなかったけど、いいものを頂いてしまった。

2時間かけてトロトロと帰宅!
  1. 2009/03/01(日) 00:46:57|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0