FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

鬼頭ブラスレコーディングリハ一日目

寝たかどうかも良くわからないまま起きて(時間的には一時間ですか。)、出発。

入り時間の9時にきちっと間に合う。
会場は、青少年の為の研修施設で、体育館やキャンプ設備のほかに、「音楽室」があるのです。

でも、青少年の為の研修施設なので、職員さんによるオリエンテーションがあり。。。

「(ミニチュア布団を使っての)布団のたたみ方は、(嫌味たっぷりの口調の)掃除の仕方は。。。」などという青少年の為の注意事項を、大勢の壮年ミュージシャンが歯を食いしばって黙って聞くという異様な光景が。。。

「音楽やってたってそのくらいの常識はョー。」という紫色のオーラがバンド全体から出てました。

バンドとしてのワークショップなんかもありつつ(ぼくの周りにおりますひと!良かったね!教えてあげるね!)レコーディングも着実に進みつつ。

ちょっとした隙にクルマに寝袋を敷いて休憩したりして。

あっという間に時間が過ぎて、大部屋での宴会に。

「さすがに疲れてるからね。ハイペースで飛ばして早めに寝るぜぃ!」とハナッから濃い目の焼酎を煽るも、久々に集ったバンドメンバーとする話がイチイチ面白くて、楽しくて、結局夜更かし。

自分は、どちらかというと話しベタで「自分の話なんてしても面白くないだろうなあ。」なんて思ってるので、聞く側に居ます。
普通に宴会なんかいくと、「何をどう話したら楽しいかしら。この集団にどうやったら受け入れてもらえるかしら。みんなが話す機会が作れる話題にもっていけたら。。。」とか気にしてたりしてます。
20090210182510.jpg

でも、このバンドでは、まるでそんなことを考える必要も無く、喋れるし、人の話聞けるし。
自分の生き様であるミュージシャンとしての「素の自分」を知ってもらっている人に囲まれて、自由に振舞える幸せってないですね。
  1. 2009/02/07(土) 03:05:57|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4