GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

基本的に焦ってます

昨晩、思うように楽譜の準備がはかどらず。。。

「まあ、今日ゆっくりやるか」と思っていたら。

今日はびっしりでした。
朝から練習会に参加して、優雅にフルーツチョコレートフォンデュなんか頂いて、その時には、まだ「まー、後で。」なんて思ってたら。

移動して、レッスンして移動して、終わったら「あれ?高速で移動しなきゃ。」という時間。

なんだかお久しぶりの5トロンボーンセッションです。
「あけまして」って言ってる人がいるので、去年末ぶりということでしょうか。

ブリブリと吹きまして、ライブ中に思い出した。

「最近、持つようにしている歩数形。今日はずっとクルマ移動だったから、ぜんぜん歩いてないなあ。」と。

「いままでの短い経験からだと、1000歩いってないでしょう。」
と思ってたら、3倍くらいいってました。

なぜかというと、ずっと歩数系が入っているポケットの足を、タップ(拍子をとるためにトントンと)してたからなんですねー。ライブ中に2000回くらいタップしてたんですねー。

かといって、歩いた時のような効果が出るかといえば、ぜんぜんそうではなく。

「お姉さんか、妹さん、トロンボーンやってませんか?」と話しかけてくれたお客さんあり。
話を聞くと、ブラスアンサンブルロゼのコンサートを見に行ってくれていたと。

まー。うれしいですねえ。
  1. 2009/02/28(土) 02:08:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

楽譜ナイト

よくまだ詳細が解っていないので、スケジュールには載せてないですが、日曜日に、手品師さんのバックバンドをするのです。

それの楽譜をちまちまと夜なべで作っております。

で、また気付いて手遅れの、プリント用紙買ってない、インク切れてた状態!
  1. 2009/02/27(金) 02:05:52|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

レコーディング終了!

まだまだ名古屋ウィンドシンフォニーの録音。

かなり体力的にキツイので、しっかり朝ごはんを食べて。
また9時半からスタート!

順調に進んで、12時前、すごーくお腹が空いてきて。
それは、バンドのみんな同じようで、そこら中からお腹が鳴る音が聞こえてきて。

ぼくもぐーぐー鳴るようになってきて、他の人のは、タイミングだったり、音量だったりして、レコーディングに影響は無かったのだけれど、まさに、曲が始まろうと、指揮者が棒を振り上げた時に、ぼくのお腹がすごーく長く鳴って、赤っ恥のレコーディングストップ!

いやー、どうしようも無いんだけど、恥ずかしかったなあ。「くいしんぼキャラ」みないなのは、他に居るだろうに!

お昼ごはん食べて、またレコーディング再開して、夕方にまたお腹が空いてきて、再びお腹を鳴らすわけにはいかないので、かがんだりつねったりしてましたが、どうにも我慢できずに、ポケットに入っていた飴玉を取り出し。
「お腹に何か入っていれば鳴き止むだろうと。」

他のパートが集中的にやっている時に、ささっとクチに放り込んで。
飴食べながら楽器吹くと、砂糖でべとべとになるから、さすがに無理。
レコーディングは進行しているので、噛むわけにもいかず。
ごくっと飲み込んで、当然のごとくつっかえて、お茶でも流し込めなくて、独り静かに悶絶して。

レコーディングは、また21時前までかかって、無事に終了しましたー!
さーて、ポワッと吹いたか、バキッと吹いたか。

応えは、「両方使い分け」
当然といえば当然の結果になりました。
  1. 2009/02/26(木) 00:05:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

レコーディング

20090225234104


途中、休憩は入りますが。。。9時半から21時まで。。。
撃沈!
  1. 2009/02/25(水) 23:41:07|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

名古屋ウィンドシンフォニーレコーディング

朝起きて、まだお酒残ってるあたり、昨晩の盛り上がり具合が伺えます。。。
コンビニで、胃腸薬とウコンとブレスケアとコーヒー買って、熱田文化小劇場へ。(運転してないョ)

名古屋ウィンドシンフォニーのレコーディングセッションが今日から三日間に渡って行われます。

作曲家、八木澤教司さんの作品集のCDプロジェクトです。
今日は、収録予定曲のリハーサル。明日明後日と二日間に分けて全ての曲を録音します。

正直「クラシックのレコーディングかー。。。うーん。プレッシャーに耐えられるかなあ。。。」と不安に思ってましたが。

とりあえずリハーサルでは、グイグイいけました。
指揮棒が降りた瞬間からちょっと遅れて「ぶわーん」と音が出始めるようなところは、かなり苦労してますが、なんとか調整できてます。

でも、一つ、迷っている点が。。。

低音を吹くときに、一般的なユーフォ奏者的に「良し」とされる太く広く「ボー」と吹くの、とても嫌い。。。

「芯だけですみませんが!いち早くお届けいたします!」みたいな感じで「グー」って吹くのが好き。。。

喜ばれないだろうなあ。。。こっちも気持ちの整理しておこう。。。


一昨日のビッグバンド、昨日のパーティと、かなり長い時間、楽器を吹いていたので、調子は絶好調!羽根のように軽ーく「ボカーン」と鳴ってます。

明日から、録音の本番、このまま攻めの姿勢でいきましょう。
  1. 2009/02/24(火) 00:06:43|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プレゼント!

20090224093936


人生の再出発をする人のためのパーティ。
みんなが自分の中にある「Gifted」の伝え合い。

楽器できる人はして、できない人は歌って、手品できる人は披露して、絵が書ける人は描いて、喋れる人は喋って(←これが大事!「良いものは良い、楽しいことは楽しい」ってスラッと伝えられること!)人を笑わせられる人は笑わせて。

いやー。盛りだくさんでシアワセ!!

とても感動的なパーティになりましたが。。。
ステージをコントロールする為にずっと動き回ってたので、ほとんど何も食べず。
「まだ間に合う?」といった問い合わせが10件くらいあったの気付かず。
いきなりタクシーで乗りつけた見上げた人もおりました。すんません。

当然のように時間を忘れて楽しんでしまったので、明日が不安。
  1. 2009/02/23(月) 09:39:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

第一回岐阜ジャズフェスティバル

朝9時半に会場入り。

ゴージャスモンキーズからサウンドチェック&リハーサル。
はい。あんまり吹かないようにね。

そして、市民バンド2つ、合唱団とのリハーサルをちゃちゃっと。
開場時間になると、少ない当日券を求めての列。
ロビーの階段に腰掛けて、缶コーヒー飲みながら見てましたが、あっという間に売り切れておりました。

空き時間に楽しい楽しい商店街散策。
古い建物が複雑に入り組んで、クルマなんかは絶対に入り込めない場所とかね。
シャッター街を、往年の風景を思い浮かべて歩く。


本番。順調に市民バンド、合唱団、市民バンドと進みまして。
本番が一番良かった!というやつですね。なんでしょ?これが実現できる要素は。


市民バンドにエキストラとして入ったポジションは、リーダーのパートでは無いので、あくまでリーダーの人を立てるように神経を集中させて演奏。リハーサルほとんどしていないので、発音のクセとかね、その場で対応させていくのは、すごーく消耗します。

そして、ゴージャスモンキーズになりましたら、ぼくがトロンボーンセクションのトップパートを担当。
ここで、ギアチェンジ。

役目は、いろいろあります。

サックスセクション、トランペットセクションと同じテンションで吹いてサポートすること。
聞こえないところで、隠れて曲に表情をつけること。
他の奏者が思いきりよく吹けるように、気を遣うこと。
おちゃらけること。
等など。

音響技師さんに「悪いなあ。」と心の中で謝りつつ、いきなり音量の上限をガバッとと引き上げて。

無事に終了。

本番終了後のレセプションでリーダー野々田万照さんがおっしゃってましたが。
有名ミュージシャンを呼びまくるジャズフェスティバルは全国にありますが、今日のイベントは全て「地元産のみ」。

これで千人級のイベントが完成してしまうって凄いことですね。

本日のイベントの様子、編集の後、岐阜のケーブルテレビでしばらく流れるそうです。
いーなー。見たいなあ。
  1. 2009/02/22(日) 23:39:24|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

第一回岐阜ジャズフェスティバルリハーサル

20090222014523

第一回岐阜ジャズフェスティバルリハーサル
会場に入ってびっくり!こんなに「本気」のイベントだったのね。
ライブハウス規模の会場で、200人くらいのお客さんで。とか勝手に思ってたら。。。
テレビカメラ撮影ブースまであるじゃないですか。

野々田万照さんのバンド一つと、岐阜市が公募のメンバー作ったビッグバンド2つと、児童合唱団と、ゲストで、ゴージャスモンキーズの演奏という豪華なイベント。それなりに長丁場。

ちょうど、市民バンドと合唱団とのリハーサルをやっていて、「はっはー。こりゃここまで持ってくるの大変だったろうな。はっはっは。」と傍観者を決め込んでおりましたら、リハーサルが終わってから「市民バンドのトロンボーンに病欠が出たので、明日はやってください。」と。

2つのバンドと、合唱団との合奏、ゴージャスモンキーズの4つのイベント掛け持ちか。。。

自分のリハーサルが始まるまでに、まだ時間がありそうな雰囲気だったので、ちょっとその辺を散策。以前、上々台風の西村さんとライブをやらせてもらった、お店「満まる」のすぐ近くだということがわかり、ちょっと挨拶に行く。

「近くに来たので寄りました、マスターいらっしゃいますか?」と聞くと、

「ちょっと出ていて、いつ帰るかわからない」というので、

「じゃあ、こうこうこういうものが顔を見せに来たとだけお伝えください。」と言い、お店を後に。


また、いそいそと会場に戻り、じゃ、そろそろ。と思っていたら、そのマスターが居てずっこけ。
パーカッショニストのマスター、参加してるそうで。思わぬ共演うれしー!

リハーサルをね。市民バンドの方々が見ておるのですよ。
力抜けません。。。フルテンションでやってしまいました。

こりゃあ、明日も朝早くからの長丁場なのに。。。同じ状況になるんだろうなあ。
うー。リハは力抜くぞ!

明日は、ステージ上から「お客さんのサル踊り」撮るぞー!
  1. 2009/02/21(土) 01:45:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

安元先生退官記念コンサート

20090221150344

恩師の退官記念コンサートで熱田文化小劇場へ。
学生さんたちが長い間準備して、たくさんの卒業生が集まって実現しました。
満員御礼でしたね。よかったよかった。

ぼくは最後のOBOGステージだけでしたが、参加できてよかった。
出演者の顔が良い。お客さんもそういうところには絶対に届いているはずで、お客さんの顔も良い。
ホール全体の雰囲気が暖かくなってましたね。
  1. 2009/02/20(金) 15:03:48|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ライブから宴会

昭和区の居酒屋「なんや」にて東京からみえました多田葉子さんとのライブ。楽器やるのに体格関係ないですね~。小柄な方なんですが、横で吹いてて、「えー!」って思うほど息が長く。それに伴ってフレーズも長く。これはちょっと驚いたなあ。

とても楽しいライブを終えて、いそいそと帰宅。せっかくの機会なので、おしゃべりはなるべくそれまでにたくさんしておきました。

我が家には、明日のコンサートに出演する、大学の後輩と先輩が来ておりまして。東京から。
鍋をつつきながら昔の話を夜遅くまで。
いやー、いろいろやりました。今の学生さんが聞いたら驚くような話がたくさんあるだろうなあ。
  1. 2009/02/19(木) 14:12:06|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

結局、そういうことです

お仕事の後、夜に焼肉屋さんへ寄りまして。
肉職人さんと、ビール職人さんがおりまして、そこでいろいろと話し込む。

昔から、パチーンとどこかに弾け飛んで、綺麗な景色をみたり、冒険したりしていろんなインスピレーションを得るのが好きでしたが、良い意味で生活が落ち着いてからは、なかなかそういうことをするわけにもいかなくなりました。

その代りに好きになったのが、人の話を聴くこと。

とくに、職人さんの話っていうのは、知らない世界を冒険している気分にさせてくれるんですな。
未知の世界の、手触りまで伝わってくるような話というのは、本当に面白いです。

今日、話の中でふと出てきたフレーズ。
「結局、だれかの為に何かをやっている時が一番楽しい。誰かに迷惑をかけるのが嫌だ。」
言葉で書くと、別になんのことは無い当たり前のことなんですが。
「そうそう。それだよなー。」と思うのです。

近々、大学の恩師の退官記念コンサートというのがあり、その先生をとりまく人達が集まってのコンサートがあります。
きちんとクラシックで活動している人が、「お世話になった先生の為に」と集まってくるわけで。学生さんが「先生の為に」と動いているわけで。これが良いコンサートにならないはずがない。

(あ、ぼくは、ちゃんとしたコンサートの中身の召集からはプリッと漏れちゃったので(当たり前)、OBOGステージに参加しま~す。)

きちんと気持ちが入っているコンサートと、お仕事で演奏しているコンサート、パッと見て違いわかります。職業演奏家が、常に本気で演奏しているかというと、残念ながらそうではない時が多々あり。自分がそうならないように。ということなんですが。。。世にも希な良いコンサートですよー!


また別に、近々、ある人物の人生の再出発のパーティにて演奏する機会があります。

誰からか(上手かろうとマズかろうと)一生懸命描いた絵を、プレゼントされたら嬉しい。
どれだけの時間をかけてくれたのか、どれだけの気持ちが込められているか。

吹奏楽コンクールなんかで良い賞を取ることに夢中になってたりすると、こんな簡単なことにも気付けないんですが、音楽でも、パッと一曲演奏することが、立派にそのくらいのプレゼントになり得ると思ってます。

英語で、優れた能力を持っている人のことを"gifted person"なんて言う。
"gift=贈り物" "gifted=能力を授かっている"
という、とてもありがたい言葉。

「ただ楽器から音が出せる」だけでなく、「贈り物になり得る」、「自分に、人を喜ばせられる特殊な能力が備わっている」ということを実感できる機会が立て続けにあります。これはひじょーに人間として幸せなことです。ほら、あなた、あなたも"gifted"なんですよ。そちらのあなたも。

たまーに、顔の見えない人から「なるべくお金かけたくないんだけど、あなた、どう?」と聞かれるようなこともあり。そうすると、今まで、この音が出せるようになってきたこの人生そのものを否定されているようで、とても悲しくなりします。絵とは違って音は瞬間で消えるものだから、まあ、解らなくて当然なんだけど。

でも、そこに至る時間と道のりを見抜いてくれる人もちゃんと居るのも事実。
そんな人の為に、気持ちの入った演奏で応えていきたいなあ。
  1. 2009/02/18(水) 11:54:37|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

チューバマンショー歴史

お仕事で提出するための「チューバマンショー」の資料を整理しております。
tu.jpg

まー、いろんなことがありましたなあ。
細かいライブをカウントせずに、ずらっと書き連ねますと、こんな感じ。
このほかにも、いろんなところでライブをやっております。

2005/10/20 デビューライブ@愛知県名古屋市中区大須 Cesari
2006/02/17 公開レッスン&コンサート@愛知県名古屋市熱田区ヨモギヤ楽器
2006/02/28 親子音楽会@愛知県立一宮養護学校
2006/05/28 音楽ショー「チューバマンショーVSバリトンサックスマン」@愛知県名古屋市金山古沢公園
2007/03/20 公開レッスン・基礎奏法講座・ミニコンサート@愛知県名古屋市今池植村楽器
2007/03/21 ライブwithプッシーキャッツ@愛知県岡崎市サテンドール
2007/06/23 大阪公演@大阪市梅田ドルチェ楽器
2007/07/07 NHK関西ネットワーク「ぐるっと関西プラス」出演
2008/06/20 安城公演@poco a poco
2008/08/01 NHKラジオ第一放送「関西ラジオワイド」出演
2008/10/09 雑誌「ブラストライブ」に特集記事掲載
2008/12/28 映画イベント「サウンドオンフィルム」出演@大阪市北区中崎 PLANET+1
2008/01/07 紙芝居たっちゃんの音楽付き紙芝居@名古屋市昭和区 Nuts Cafe
2008/08/08 神戸公演@NHK神戸放送局 トアステーション
2008/10/26 第5回ユーフォニアム&テューバフェスティバルinNagoyaにゲスト出演&CD発売開始
2008/12/05 広島公演@広島県呉市昭和町 在日米陸軍秋月弾薬廠
2009/01/31 京都公演@京都十字屋三条本店
2009/02/06 東京公演」@東京都新大久保 管楽器専門店ダク スペースDo
2009/02/06 映画「悪夢のエレベーター」にチューバマンショーの楽曲が採用
2009/03/10 雑誌「バンドジャーナル」に特集記事掲載予定


こうやって歴史を並べてみると「お~!これは面白かったなあ。」と思えるのは、ただ演奏しただけではなく、場所だったり企画だったりに、ちょこっと付加価値があったということがわかります。

逆に言うと、そういったものを企画していかないといけないということで。
普通にライブをするにしても、ライブにタイトルが付くようなことをしていかないとダメですな。
「CD発売記念」シリーズは、ここでひと段落させるとして、これからさらに発展させていくようなことをしようではありませんか。
  1. 2009/02/17(火) 14:21:57|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

清水の舞台から

お仕事を終えて、練習会を開いているバリチューアンサンブルの元へ。

練習時間、ギリギリアウトだったので、ぼくは楽器吹くことができず。
しかし、お久しぶりの人もおりまして、なんだか嬉しく、テンション高めでわーわー騒ぐ。

デスクトップパソコンを持ち込んでいる人がおりまして、理由を聞いたら、パソコンに明るいメンバーに部品を交換してもらったとのことで。

それをコロコロキャリアに積んで、よいしょよいしょとクルマまで運んでいる様子がおかしくて。
わーわー騒いでいる勢いで

「ちょっと、ノートパソコン買おうよ。今から買いに行こうよ。」

「ぼくなんて、ほら、ここにパソコン持ち歩いてるよ。」

と、ポーチからパソコン出そうとしたら持っていなかった。

持っていなかったものの、それで勢いづいてしまい、本当に買いに行くことに。
みんなで、わっしょいわっしょい言いながら、あれよあれよという間にノートパソコンご購入おめでとう。
ほとんど「竜巻に巻き込まれて、通り過ぎたら手元にノートパソコンがあった」みたいな、夢の中の出来事のような感じで高い買い物させてしまった。

「これで、部屋で楽譜が作れる!」と喜んでおりましたが、家族がテレビ見てる居間でやっておったんですか。。。

「動く作曲家先生システム※1.」のお友達が増えました。
カフェで作曲オフ会とかやろーぜー!

※1.ノートパソコンに楽譜作成ソフトが入っているだけです。
  1. 2009/02/16(月) 15:55:04|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ガソリンスタンドの夢

家の外に「仕事場が欲しい!レッスン室、リハーサル室が欲しい!できたら、レコーディングや、ちょっとしたライブも!」という夢を持つようになってからしばらくになりますが。。。

ずっと「どこかのお蔵なんかを勝手に使って良いようにならないかなあ。」なんてため息をついておりましたが。

最近、それについての新たな妄想を膨らませるようになりました。
それは、「ガソリンスタンド改造計画!」

街中にも、わりと空いたガソリンスタンドが目立つようになってきました。
地下鉄の駅から近いようなところにも。

で、思いついたんですが、あのガソリンスタンドの事務所の大きさって、ちょうど良いじゃないですか!

パソコンと、キーボードと、モニターなんか置いてパーソナルスタジオにして。
空いたスペースでレッスンして。
駐車スペースたくさんあるし。
あんまり、民家の真横ってことは無いし。
あの小さな建物をブロックで囲んでしまえば、防音も簡単にできるし!

ほら!ちょうどいい!

ふと、こんなことを人に話したら、「地下には、貯蔵タンクがあるから、それを取り除くだけで一千万はかかるらしい。だから、ガソリンスタンド以外の需要は無いみたいだよ。」と。

ほら!タダ同然で借りれるかもョ!


ここからは、飛躍しすぎ。

じゃあさ、その地下のガソリンタンクにジュースとかお酒入れておいたらさ!
「とりあえず、ビール!満タンで!」とか言って、給油ノズルからビール注げるんだよ!

どこかに無いですか?良い条件で貸してくれるところ。
  1. 2009/02/15(日) 00:34:36|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いろいろありすぎて。。。

20090215210647


お昼に、名古屋へ「ブラスアンサンブルロゼ」のコンサートを見に行く。
お昼の1時間のコンサート。昼のコンサートだから来れたって人、たくさんいるんだろうな。

いーねーいーねー。
ロゼ、良かったです。音楽がしなやかでした。
2年前に自分がアレンジした曲なんかも、もうすっかりと一人歩きしていて。
自分が予想している以上の「間」がたくさんあり、ゾクッとしたなあ。

先日の、石渡岬×スモッグブラスのときに、「今日は(ビジュアルが他の人とかぶらないように)フリューガボーン持っていこー。」と思ったんだけど、見つからず。

「あれ?どこかやっちゃったかなあ。。。ま、いいや。」とトロンボーン持って行ったんですが。

ロゼのコンサートに出てきてずっこけ。ああ、こんなところにありましたか。

その後、おなじくコンサートを見に来ていたお友達トランペット奏者の池下知子さんと昼食。
ちょっとね。タクラミがあるのです。

そして、一宮市のレストランでピアニスト石原さんと演奏。

遠方よりわざわざ見に来てくれた方あり。中学生さん。
CDでなく、テレビでなく、生で演奏を聴く喜びを肌で感じてほしく。
こんなに至近距離で生演奏聴く機会って他にないよなあ。
「ザラッ」とした音色がそのまま伝わるように、ベルをまっすぐに顔に向けて。
楽器を通して泣いたり笑ったり。伝わったら良いなあ。。。

演奏終了後、ピアニスト石原さんと、同じく演奏を見に来てくれていたバンド仲間のサックス奏者ちゃんを連れて、焼肉店へ。ここにいた池下さんとまた会議。

石原さんと、池下さんと3人で、石川県で演奏することになりました!
詳細はまだだけど、おそらく4月後半になるはず!
ずっと石川県での演奏の機会を探っていたので、これは嬉しいなあ!

さらにイラストレーター夫妻を連れて帰って、サックス奏者ちゃんと楽しくお話!
文房具談義とかね。自分には無縁な話だけど「職人の道具の話」ってのは、それが、そのまま自分の人生の糧になるんじゃないかってくらい面白いのです。それをうまく全部引き出すのがインタビュアーの役目!(←自分のことね)
  1. 2009/02/14(土) 21:06:54|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

超プレッシャーレコーディング

20090213215739


実家でプリントアウトした楽譜を持って、一路スタジオへ。
名古屋市を縦断する高速道路のお陰で30分もしないうちに、名古屋市の反対側へ。
(構造上、飛ばせないクルマなので、あくまで安全運転ですけど。)

今日はバンドの楽曲に合わせて、ぼくがアレンジした弦楽カルテットの音源を録るのですが。
楽譜だけ録音現場に提出して、「ハイ、それでは頑張ってください。ごきげんよう。グッドラック!」と帰るつもりだったんです。

でも、ちょっと考えたらわかることですが、アレンジの中身を知っている人しか効率的にレコーディングを進められないんですな。

「え!そうだっけ!そっか!そっか。。。そうか。。。」と、レコーディングセッションを牽引していく係りになり。

一番に会場に入っていたので、楽譜の整理をしたりして、演奏者を待っておりました。

弦楽カルテットのメンバーの一人は、現役の学生さんだと聞いていたので、他も学生さんが来るような心づもりでおりましたら、まず入ってきたのは、大学の同級生のバイオリニスト。

彼は、在学中からビジュアル系バンドをやっていたりしていて、お互いに浮いた存在同士、まあ、仲良くしてました。卒業以来の再会を喜び。

次は!ガーン!大恩人バイオリニストさんが入ってきました。
これまた学生の頃、大須オペラ等等でお世話になったお方です。
そして、さらに大恩人チェリストさんが入ってきて!

それまでのねむーい空気が一気に吹っ飛んで「下っ端脂汗モード」に。

「ああ!しまった!楽譜、テープではっつけて無い!失礼に当たってしまうのでは!オロオロ。」と、もうほとんど思考停止状態です。

「この音合ってるの?」とこ聞かれても、ほとんど脳みそ回らず。
一応、自宅では確認したんですけどね。もうドレミでも読めてません。


「ここは、こういう手順でいきましょう。」とのアドバイスも頂きつつ。
本来は、相手が誰であろうと、全力の精一杯の頭の回転数で臨むべきケースなんですが。。。

結果的に、お力添えもありまして、自分が予想していたのよりも、ずいぶんと早く済みました。

休憩時間にいただくはずのおコロッケ弁当も、喉を通らず、お持ち帰りさせていただき、つぎのお仕事の前に食べようと思ったら、お箸をもらうの忘れてしまったていたらくで一句。

おしぼりで 拭う油は どれも冷え
  1. 2009/02/13(金) 21:57:44|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

想定内の徹夜、想定外のアクシデント

20090212232329


全国のクラブシーンを中心に活躍する(←こういうの、言ってみたかった。クラブシーンてどこー?)ジャズバンドNativeの曲を弦楽アレンジでお手伝いすることになってまして、今晩が〆切。
明日がレコーディングの本番。

まあ、ずっと曲を聴きこんで、アイデアを書き留めて、ちょっとずつアレンジを進めたりしてましたが、今晩は、最終チェックの徹夜の日ということに決めていました。ズバズバッと作業を進めるのって、やっぱり〆切直前のお尻に火が着いた状態のほうがはかどります。

まず、台所からコーヒーメーカーを作業部屋に移動して。
一応、加湿器にもなるかなと思い。。。
だーっと後ろを振り向いてコーヒーがあるのは、「徹夜感」満載ですね。

順調に楽譜を書いていき、レイアウトして、プリントして、まあ、朝の6時には一旦寝れるかなと思ってたんですが。

なんだか、パソコンの調子が悪いんだなあ。

すぐにソフトがフリーズして強制終了してしまう。
少し進んでは頻繁にセーブしてるから、データが消えるということは無いんだけど。学生の頃に、マックパフォーマを使っていた頃を思い出すなあ。

いや、原因はわかってるんですよ。2年前に今のパソコン買ってから、一回も何のメンテナンスしてないのです。そりゃあ、機嫌も損ねますわな。

それが、こんな大事な夜にツケが回ってきたと。予定狂いまくり。
楽譜は、とりあえず全部作って「よし!プリント!」と思ったら、紙、切れてるし!
(普段は、A4のコピー用紙なんて箱買いしとりますよ。)

「じゃあ、この間、チューバマンショーの販売楽譜用に買った上質紙を使っちゃうもんね!」
と、プリントし始めたら、今度はインク切れ!

「十分、ストックあるもんね。セットで二箱買ったもんね。」と思ったら、黒インクだけ無く。

そんなもんですわ。
朝っぱらから楽譜データを画像データにして、実家に滑り込んでプリントアウト。

クリップメモリをプスッとさして、プリントしようとするも、目の前のインクジェットプリンタがなかなか反応しなくて、「あーもう!ここでもか!」と気を揉んでいたら、背後のコピー機(?)がウィーンと起動。ぺぺぺっとプリント終了。

うーん。この家はいったいどうなっているのだ。

まあ、なんとか間に合いましたとさ。

写真は、楽譜作業に入る前にふらついていた入り組んだ路地裏の市場で、一軒だけ空いていた肉屋。何故か惹きつけられました。
  1. 2009/02/12(木) 23:23:33|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

テスト



どうかなあ。見易いかなあ?

いやね、ずっと自分のホームページのスケジュール欄には不満があって。
それは、何故かよく解っていないのだけども、検索キーワードに引っかからない。
だいぶ勉強して、サイトマップというものを作ればサイトの奥の奥まで検索されるらしいということも解って、随分と前に作ったのだけど、どうも、そんな簡単にはいかないらしい。

他にもスケジュール管理サイトがあるのは知っているけど、過去のデータが2ヶ月しか保存されないとか、わざわざそこのサイトに飛ばないといけないとか、いろいろありまして。

これなら、ホームページのパーツとして最適かなあ。
そして、無く子も黙るグーグルだから、どんどん柔軟にいろんな機能が追加されていくかなあ。と思いまして。

終了時間省けるようになったらいいなあ。ライブが何時に終了なんて解らないもんなあ。
お客さんにしたら、その点って気になるだろうか。
  1. 2009/02/11(水) 16:19:35|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ヘンな人おめでとう

周りのヘンな人たちを一同に集めて、楽しくお話する会。
そして困ったときは助け合う会。

動き出しました。
とりあえず、いつやるか、どうやるかの首脳ヘンな人会議ですね。

みんないっぺんに集めてしまうと、弾の無駄撃ちになりかねませんから。

「ほれ。まだこんな人もいるんだぞ~。」「そうきたか!切り札だ!えい!」と、様子を見ながら小出しにしていこうと思います。

ぼくの周りのヘンである自覚がある人は、「いつ召集令状が来るかしら。他にはどんなヘンな人が来るのかしら。」と、ドキドキしながら待っていてください。自覚が無い人も、召集令状が来た時点で「あ!そっち側だったんだ!」と開き直ってください。すぐに召集が掛からなくても「温存されてるんだ。」と思ってください。

さて、これが一人歩きするまで気長にやりましょう。
  1. 2009/02/10(火) 23:08:32|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一休み。。。ならず!

先週末からの東京ライブ、レコーディング合宿が無事に終了して、今日からしばらくは落ち着いた日を送りましょう。

初めて行く土地にお仕事に出かけて、すごーく早めに着いてしまったのでしばらく辺りを散策。
建物の様子とか、風景とかから、歴史を妄想するのが好きで。

畑の様子とかね。雑木林の感じとかね。
潰れたスナックがたくさんある集合住宅は、かつての繁栄時代には、こんな感じだったんだろうなー。とか。

見たことのないようなお墓群があり、不思議に思っていたら、後でかつての土葬のお墓であることを教えてもらい、びっくり。知らない地区には、知らないものがたくさんありますなー。

お仕事を終えて帰宅して、さあ、今晩はゆっくりしようと思ったのもつかの間、思い出した楽譜の締め切り一件。
  1. 2009/02/09(月) 18:44:46|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鬼頭ブラスレコーディングリハ二日目

朝9時に起きて、朝食。
昨晩の宴会でペース配分を間違えたので、ほとんどまだ酔っ払いの状態ですわ。

午前中はまだフラフラしておりましたが、お昼ご飯前に自分の録音の出番が。
さすがにね、気持ちをパシッと切り替えて臨めました。
ライブと同じテンションでブリブリ吹いて。

空き時間には、これまた仲間と楽しく遊んだりして。



いやー、楽しい楽しい。
まるで南の島で少年に戻って素っ裸で遊んでいるような雰囲気で。
こんな音楽生活ばかりで暮らしていけたら良いのになあ。


午後には、バンドメンバー全員での歌の録音もあり。
楽器だけで無くね、全員で集まって声を張り上げるのってすごく楽しい。
こりゃあ良いものが出来るだろうなあ。


一日目に参加するも、仕事で帰宅した後に、残念ながら体調を崩して自宅待機になってしまったメンバー(男)がおりまして。
置きっ放しになっているその人の楽器をみんなで後片付けしていたら。。。

ケースの中から出てきた雑誌「プレイボーイ」
かっこわりー!!
  1. 2009/02/08(日) 18:24:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

鬼頭ブラスレコーディングリハ一日目

寝たかどうかも良くわからないまま起きて(時間的には一時間ですか。)、出発。

入り時間の9時にきちっと間に合う。
会場は、青少年の為の研修施設で、体育館やキャンプ設備のほかに、「音楽室」があるのです。

でも、青少年の為の研修施設なので、職員さんによるオリエンテーションがあり。。。

「(ミニチュア布団を使っての)布団のたたみ方は、(嫌味たっぷりの口調の)掃除の仕方は。。。」などという青少年の為の注意事項を、大勢の壮年ミュージシャンが歯を食いしばって黙って聞くという異様な光景が。。。

「音楽やってたってそのくらいの常識はョー。」という紫色のオーラがバンド全体から出てました。

バンドとしてのワークショップなんかもありつつ(ぼくの周りにおりますひと!良かったね!教えてあげるね!)レコーディングも着実に進みつつ。

ちょっとした隙にクルマに寝袋を敷いて休憩したりして。

あっという間に時間が過ぎて、大部屋での宴会に。

「さすがに疲れてるからね。ハイペースで飛ばして早めに寝るぜぃ!」とハナッから濃い目の焼酎を煽るも、久々に集ったバンドメンバーとする話がイチイチ面白くて、楽しくて、結局夜更かし。

自分は、どちらかというと話しベタで「自分の話なんてしても面白くないだろうなあ。」なんて思ってるので、聞く側に居ます。
普通に宴会なんかいくと、「何をどう話したら楽しいかしら。この集団にどうやったら受け入れてもらえるかしら。みんなが話す機会が作れる話題にもっていけたら。。。」とか気にしてたりしてます。
20090210182510.jpg

でも、このバンドでは、まるでそんなことを考える必要も無く、喋れるし、人の話聞けるし。
自分の生き様であるミュージシャンとしての「素の自分」を知ってもらっている人に囲まれて、自由に振舞える幸せってないですね。
  1. 2009/02/07(土) 03:05:57|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

チューバマンショー東京公演

あんまり熟睡できず!もっと呑んでおけばよかった!まあ、なんとも気の小さいこと。

そういえば、先日の京都公演の時は名刺を切らせていて不自由したんだった。
と、朝からあわてて名刺作り。

そのままの慌てた雰囲気でね、忘れ物ないかと不安に思いつつ出かけて。
今回は荷物が多いのでクルマでーす。

昼過ぎに管楽器ダクに入りまして、会場設営、前座バンドのリハをお久しぶりにご対面のジャズビブラフォン奏者の山下真理さんと!

「え?こんなに?」と驚いてしまうほどたくさんのお客さんのご来場!ありがとうございました。

本番、ちょっと堅くなってしまった。なんか、照明を落としてお客さんの顔が良く見えないっていう状況が久しぶりだなあ。良く考えたら、ステージ上で演奏するのも久しぶりかー。次回、こういう状況があったら、お客さんと同じ目線でセッティングしよう!

チューバマンショーの演奏は、とても楽しく。チューバマンが、いつも以上にいろいろと仕掛け仕掛けられ。演奏のやり取りを楽しんで。いやー。これが「バンド!」って感じ!

楽器をやっている人に向けてオリジナル楽譜の販売してますが、実際に演奏してみると、しっくり来ないところ、たくさんあるはず。「おっかしいなあ。楽譜通りなんだけどなあ。」
そういう点を、ライブに確認しに来てくれたら嬉しいなあ。

実は、道中、一通のメールがありまして、チューバマンショーの楽曲の一つが、映画に使われることになりました。

配給:日活
監督:堀部圭亮
主演:内野聖陽
タイトル:悪夢のエレベーター

タイトルが「っぽい」ですが、ホラー映画ではありません。エレベーターの中に閉じ込められた男女4人の物語(?)です。どういう風に使われるのかなあ。。。楽しみだなあ。


さてさて、ライブを無事に終えて、取材なんか受けて、軽~く打ち上げした後(呑んでないよ~)、鬼頭ブラスのリーダー鬼頭さんと制作の浅利さんを乗せて一路名古屋へ。

到着したの朝6時!さすがにちょっと無理しすぎたかなあ。。。明日、8時に家でなきゃ。。。
  1. 2009/02/06(金) 10:49:50|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

東京公演準備!

もう、朝からてんてこ舞いです。
準備することがたくさん。

解ってはいたものの、自主公演っちゅうのは大変!
チケットや予約状況の管理、受付セットの準備、CDやらグッズ販売の準備。

それらの作業に必要なものを計画的に集めておいて、今日、丸一日かけて自宅で準備するはずだったんだけどねえ。

実際に作業をやりだすと、足らないものがたくさんありますわ。

文具屋行ったり、ホームセンター行ったり。

そんな中、CDの販売を担当する売り子キューピーちゃんがグレードアップしました。
可愛さアップとともに、怪しさもアップ。

画像は、東京デビューの後!お楽しみに!

あー。もう全部準備できてるはずなんだけどなあ。落ち着かないなあ。
  1. 2009/02/05(木) 18:45:24|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石渡岬×東海道スモッグブラス

のライブを今池トクゾーにて。

やっぱり曲がイイよー!好きだなあ。
渡された楽譜にも「愛」があるのです。ぼくも「楽譜だけは」丁寧に書くから解るのです。

たくさん動画撮ってもらったけど、アップに時間がかかるので、とりあえず自分のソロの一部。
こんなに反ってるのか!



尾高マーチ




岬ちゃんのひとなつっこい性格もあって、いろ~んなところからお声をかけてもらってます。
やらせてください。って言うんじゃなくて、やってくれませんか?と声が掛かるのって、実はすごいことなの、知ってます。これからの躍進、目に見えてますね。
  1. 2009/02/04(水) 00:57:33|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東海道スモッグブラスリハーサル

のつもりで現場近くまで来てたんだけど、勘違いでリハじゃないことになってました。

なんとなくテンション高いまんまだったので、チューバの高橋君を連れて家へ帰る。

そこで、なんとなく始めた「自分のオススメ音楽動画見せ合いっこ」
これが楽しくて楽しくて。
20090204502.jpg

途中、危うく怖い系動画を見せられそうになったけど、さらっと回避。
確実に影響されて悪夢見るのです。

これはもっと規模を大きくしてやりたいなあ。
どこかお店借りて、パソコンとプロジェクター用意して、見せ合いっこ大会。
うん!言葉にすると益々やりたくなってきた!

絶対楽しいよねー!みんなで投票して、「本日のベスト動画」選んだりして!

やるぞー!皆さんは、とっておきの音楽動画を用意しておいてください。
  1. 2009/02/03(火) 00:49:51|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

滑り込みセーフ3回目

lumina.jpg

今の車には、ガソリンの警告灯が無いんですが。

なるべく燃費を稼ぐために、いつも20リットルだけ入れてそれで最低300kmは走るようにしてるのです。
それ以下だったら、「あー。踏んでしまったなあ。」と後悔すると。

まあ、そんなことをやってたら、今日、お仕事先へ向かう途中にやってしまいました。
ガス欠。

でも、ぶすぶす言いながらなんとかガソリンスタンドへ滑り込んで、その瞬間にストップ。

実は、こうやってスタンドに滑り込んだのは3回目なんだなあ。
まだ路上でやっていないのは奇跡的です。

まあ、こんな軽自動車、止まったって独りで押せそうだけど。
アメリカでしばらく乗っていた「新幹線みたいなクルマ」ことシボレールミナは、ガソリンのメーターが壊れていて、いきなりガス欠になることがあって。。。

これがまたドデカイ、ザッツアメ車みたいなクルマだったから、平坦な交差点で止まっても独りじゃピクリとも動かせなく、そりゃあもう惨めな思いをしましたが。


沖縄の島にお墓参りに行った時、民宿で借りた車がいきなり動かなくなって。
なんとか向きを変えたあとは、片足をクルマの外に出して、けーんけーんしながら帰りました。

なんの脈絡もないまま終わります。アディオス!
  1. 2009/02/02(月) 00:48:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

京都、奈良、岡崎

20090202204536.jpg


朝7時頃に目覚めてまだ京都。

急いで出る準備をして、出発!奈良へ行くのだ!
でも、「奈良へ行くのだ!」と地図を見てあっという間に気付いた、中間地点の宇治にある親戚の家。

「そうか、すぐ近く通るなら。」と寄っていくことに。

昨日のライブの終演後に、ちょっとした事件がありました。
ぼくがクルマを移動しに出かけている間に、誰かがぼくを「照喜名さん居ますか?」と訪ねて来たと。

名乗らなかったので解らないが、明らかに同じ「系」の顔立ちをしていたので、親戚ではないかと。

謎が解けました。従兄弟でした。仕事が終わって駆けつけてくれたとのこと。
朝ごはん呼ばれて、ずっと行けずにいたお墓参りも済ませて。

じゃ、昼ごはんもとなってきたところで、出る。奈良へ行かねばならんのだ!
「休みだし付いてく。」という従兄弟に、そのまま名古屋へ帰ることを告げてさようなら。
「これじゃお酒呑みたくなるかな。でも旅のおつまみに。」と、食べ物ももらって。
ありがとう。またゆっくり寄らせてもらいます。

ばびゅーんと一路奈良へ。

目的地は芸事の神様、伎芸天の奉ってある秋篠寺。
お守りを購入。自分のじゃないけどね。自分はもう大丈夫なのです。

静かな境内で大してゆっくりもできず、ずばっと駐車場を出る。

家をかすめて、楽器と楽譜をピックアップして、今度は岡崎へ。

ボーカリスト富安さんのライブでーす。
このお店、アジア料理がメインのお店で、ベトナムライスヌードル「フォー」を食べれるのです。
アメリカに居た時には、もうほとんど味覚と心の拠り所にもなってました。

前回来た時には、会場入りの時に、フォーの看板をみて歓喜し、リハ終了後に「ライブ時はカレーのみ」との張り紙を見て落胆し、行き場の無い汁欲を満たすべく近所の沖縄居酒屋に入って、沖縄ソバを注文したら、さんざんなモノが出てきたという。。。

それはそれはお腹一杯のライブを演奏しながらも堪能した後、打ち上げで出てきました~!
フォー!良いと思ったものは良いと伝える!嬉しかったことは嬉しいと伝える!大事なことだと思います。

この辺は、実はちょくちょく来てるので、食べに来よう!
  1. 2009/02/01(日) 20:40:51|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0