GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

浜名湖二日目

20080901033208
昨日と売って変わって、晴天!朝早くから、水上バイクで遊んでる音が聞こえてきます。

お昼過ぎから、オープニングアクトとして1ステージ。あとは、またずーっといろんなミュージシャンの演奏を見たり、演奏に参加させてもらいましたー。

スチールパンの村冶進さんのグループに混ぜてもらったときは、湖畔のステージでベースパンというものを叩かせてもらったり。
ほんとにドラム缶。音は"D"と"A"の二種類しかでません。波打ち際でスチールパンのステージ参加なんて最高!
20080901114857.jpg

空いた時間に内職(楽譜の準備)しようと思って持ってきたノートパソコン、結局一度も触らず。
楽しすぎ!の二日間でした。
  1. 2008/08/31(日) 03:32:12|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

浜名湖一日目

20080901114101

あいにくの「大荒れ」お天気の中、浜名湖畔のライブハウスに到着。

二日間に渡って音楽フェスティバルが開催されます。
ボーカリスト、富安秀行さんが中心になって、富安さんののCDのレコーディングに参加したミュージシャンを初め、多数のミュージシャンが参加します。30組以上のステージがあります!すげーなー。

泊まりなので、お酒も呑みながら。
自分で演奏もしますが、他のバンドの演奏も堪能します。
大人しそうな人が、いきなり大胆でゴキゲンな演奏を始めたりして、つくづく見た目で判断しちゃいかんなあなんて思ったり。久々に「感動!がびーん!」というステージも見ました。

フェスティバルが続くなか、ちょっと抜け出して、豊橋の新しくできた商業施設で演奏。
演奏スペースには屋根があるものの、客席はちょこっと傘があるだけで、雨ざらし。ほとんどお客さんいませんでしたが、ラジオのイベントだったので、この辺の人には聴いてもらえたのだろうか。

また浜名湖に帰って、どんどんステージはヒートアップしていきまして、どんどんお酒も胃の中に入っていきまして、今日の打ち上げも盛大にありまして、気がついたら、先日収録されたテレビの放送時間が終わっておりまして、結局見れなかった。
  1. 2008/08/30(土) 11:41:04|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

だんだん

20080830034020
アメリカへ出発の日が近づいてきました。近づいてくるとともに、ピアノ&パソコンの周りのハンザツタワーが高くなってきました。

今朝、入国審査で「そのパスポート、期限切れてるよ。」と言われる夢で目が覚めました。

お世話してくれるのは、在学中、ずっと遊び仲間だったギタリストの斉藤タク君。去年、日本&韓国ツアーしてました。
在学中から自分のCDを作って、卒業して、すっかりアメリカの忙しいミュージシャンになってしまいました。スタジオやら、他のミュージシャンのブッキングなんかも全部やってくれました。
http://www.myspace.com/forjak ←タク君のグループの音源です。

着いたら、まずリハーサルをみっちりやって、スタジオ入ってレコーディング。
それから滞在期間の最後の方で、またスタジオでミックスダウンの作業をする予定です。
その合間に、友達やら、家族同然の付き合いをしていた人達と会う予定。

アメリカの運転免許を更新したり、マネーロンダリング用の銀行の口座の整理なんかもしてこようと思っとります。←うそ。

4年半いた場所に行くので、すぐ近所に行くようなつもりでーす。
身の回りのものの準備は、まるでしてませーん。紙袋でいいかな?くらいの気持ちでーす。

師匠のブライアン・ボーマンにはまだ何も言っておりません。
前回、来日の際、大阪にクリニックに来たときに、いきなり行って驚かしましたが、また驚かせることにします。オリジナルの楽譜やら、CD音源やら、手土産たくさん。

真面目な真面目なノーステキサス大学のユーフォの生徒さん達には、「あ!ヘンなヤツが来た!」と思われるでしょう。へへへ。

明日、明後日と自宅を離れるので、今日、いろいろやっておかなくちゃいけないことあったなあ。。。
しまったなあ。銀行とか。。。月曜日、バタバタするのが目に見えてるなあ。。。
  1. 2008/08/29(金) 03:40:23|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

結局

名古屋駅周辺の一番、被害の大きい地域にいたようです。3時半まで水が引くまで待って帰りました。駅周辺には乗り捨てられたクルマがそこら中に。。。冒険しなくて良かった~。無事帰宅しました。
  1. 2008/08/28(木) 04:06:31|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ライブ後の様子見

20080829011647
大須チェザリでのライブの後、名駅で飲み会をやっているワイフーを迎えに行く。土砂降りの雨の中、建物の前にクルマを止めて待ってたら、道が川のようになってしまったので、ワイフーを拾った後、ちょっと高い場所にある駐車場へ非難。様子を見ております。

図らずも、暇な時間ができてしまったので、バンドの宣伝をば。

鬼頭ブラスのメルマガからの転載でーす。

鬼頭ブラス、秋場所は名古屋公演と東京ツアーの二段組。
名古屋は、「和」の舞台「名古屋市北文化小劇場」でホールコンサート。
東京は、音楽とノンベエの町、江古田にてワンマンライヴです。

この2公演についての詳細は
http://www.kito-akira.com/brassband_schedule.html

◆◆◇◆◇◆◇◆◆
10月18日(土) 名古屋/名古屋市北文化小劇場 ホール
「風光楽談宵噺(ふうこうがくだんよいばなし)」

【日時】
2008年10月18日(土) 18:00 開演
(17:00 ロビー開場・当日券販売 / 17:30 ホール開場予定)
出演:鬼頭 哲 ブラスバンド
後援:愛知県吹奏楽連盟 愛知県教育委員会

【会場】
名古屋/黒川 名古屋市北文化小劇場 ホール
名古屋市北区志賀町4丁目60番地の31(東志賀公園西隣)
電話:052-910-3366
<アクセス>
・地下鉄名城線「黒川」駅4番出口より 徒歩12分
・市バス基幹栄1号系統、黒川11号系統、黒川12号系統
 「北図書館」停留所より 徒歩3分

【チケット料金】(前売/当日とも)
10/18チケット申込は↓
http://www.kito-akira.com/brassband_ticket.html
◆一般 3,000円
◆高校生以下 1,500円 
・通常の椅子席のほか、フラットシートの桝席(定員12名×5ブース)もあります。
(※座席表上の数え方では6名×10ブースですが、実際の桝形式は12名で1桝です)
・桝席指定は「鬼頭 哲 ブラスバンド チケットセンター」限定発売。
・ホール開場時、あらかじめチケットに書かれている「整理番号」順に、
 ホール内へご案内します(当日受付で、別途入場整理券の配布はありません)。
 ※大人の膝上でお楽しみいただける未就学児童は無料です。ただし椅子席を
 ご利用の場合は、高校生以下のチケットをお買い求めください
 (桝席の未就学児童は無料)。

★☆こんなのもらっちゃっていいの?!★☆
☆★☆web販売限定 早得 プレゼント付☆★
webチケットセンターから購入お申し込みを済ませ、 9/30(火)までに
ご入金をお済ませの方には、特別限定音源(非売品/2008年2月・
ザムザ阿佐谷)をプレゼント!
この音源の内容などについては、鬼頭日記「うさぎのえさ」に告白が!
http://d.hatena.ne.jp/bousisensei/20080820

webのチケットセンター以外にも、以下の方法でお求めが可能です。
・鬼頭ブラスのメンバーから直接お買い求め
・名古屋市北文化小劇場 受付
・ナディアパーク7階プレイガイド
(名古屋市中区栄3丁目18-1 ナディアパーク7階 営業時間 11:00~19:00)

230席ほどある椅子席は自由席です。
チケットに書いてある整理番号順に、当日17:30からホール場内にご案内します。
早い時期のお申し込みはもちろんのこと、webから申し込んだほうが
整理番号はきっと若くなるはず、というのは道理ですね。
もちろん鬼頭ブラスのメンバーからの直接購入も○。
特典というには贅沢な音源が付き、当日も安心して開場を待てる、
早めのチケットご購入をおすすめします。
(チケットの発送は9月1日以降になります。ご了承ください)

出演メンバーはウェブにアップされています。
また、音楽以外のお楽しみもあるとかないとか…??
「桝席」ってなに? 「花道」って? などの疑問は
懇切丁寧おせっかいな鬼頭日記「うさぎのえさ」でズバッと解決!
http://d.hatena.ne.jp/bousisensei/20080821

◆◆◇◆◇◆◇◆◆
11月9日(日)  東京/江古田 LIVE HOUSE Buddy
鬼頭 哲 ブラスバンド ワンマンライヴ

新宿ピットイン、ザムザ阿佐谷につづき
待望の東京ライヴ第3弾は
音楽と酒呑みが行き交う天国、江古田にて
いつの間にか「音楽」の喜びを忘れてしまったひと 
そして今なお「音楽」を愛してやまない、すべてのひとたちへ!

【日時】
2008年11月9日(日)
※開演時間は追ってwebなどで発表

【会場】
東京/江古田/LIVE HOUSE BUDDY (ライヴハウス バディ)
東京都練馬区旭丘1-77-8 双葉会館 B2F
TEL & FAX: 03-3953-1152 (15:00~)
<アクセス>
(JR線、東京メトロなど「池袋」駅より、西武池袋線で3駅)
・西武池袋線「江古田」駅 南口 すぐ右手
・都営地下鉄大江戸線「新江古田」駅 A2出口より 徒歩7分

【チャージ】
◆前売】3,000円
◆当日】3,300円 (1ドリンク別)
前売予約はBuddyにて受付中 TEL:03-3953-1152(15:00~)

総勢約30名、ゲスト予定

2月以来のツアーです。東京のみなさん、お待たせしました。
前回「ザムザ阿佐谷」のライヴ音源を聴き直していたら
いまから11月の肌寒さが楽しみになってきました。
すこし先の予定ですが、手帳の「11月9日」にはいまから鬼印を!
  1. 2008/08/28(木) 01:16:51|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

テレビの収録

夜、名古屋市内のカフェにてテレビの収録。

なんというか、テレビに出てる人って隙が無いですねえ。
ちょこっとミスなんかしちゃっても、それがちゃんと絵になってたりするもんなあ。

詳細は、放送後ということで。この辺のローカル深夜番組なので、じわりじわりと波紋が広がるでしょう。
誰も録画してないといいなあ。
  1. 2008/08/27(水) 12:31:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昔の自分、ありがとう。

アメリカ行きの期日がどんどん迫ってきて、ようやく焦りだしてますが。
どうも思っていたよりも、ジャズジャズしいCDになってしまいそうで、ちょっと困っておりました。
もうちょっと、高校生が吹けるような感じの曲も入れたかったのに、そんな曲、自分のレパートリーにあんまりなく。。。

困って、(日本の)学生時代に友達同士で組んでいたバンドの音源を引っ張りだしてみたら、自分でも忘れていたけど、結構イケそうな曲があり。うん。自分の曲だし、まいっか。ということで、考えてた方向に持っていけそうです。過去の自分、今の自分に無いもの持ってるねえ。やるねえ。
どこでひねくれたんだか?アメリカか。そうかそうか。難しい曲を書くことを目指してたもんなあ。


昨日、急遽、深夜のテレビの話が来ました。明日、収録がありそれの準備もセコセコと。

お陰さまで、世の中では今、どんな音楽が流行っているか、じっくり分析しながら聞いてみる良い機会になりました。
ポ★ニ★ョ、サ★ザ★ン、G★r★e★e★e★e★n、ミ★ス★チ★ル、キ★マ★グ★レ★ン、鼠★先★輩かー。←トラックバック対策。

ポ★ニ★ョの、足っていいな「かけ」ちゃおの「かけ」の部分。
CとCbが一緒に鳴っていて、ジャズ的にはなんて表記すれば良いんだろう?出版譜はどうなってるんだろ?なんてことを考えてたら、深夜になってしまった。うーん。いらんことに時間を費やしてしまった感満点。
でも、さすがに鼠★先★輩は分析する気にはならなかったなあ。よかったよかった。
  1. 2008/08/26(火) 01:55:21|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

どっちゃらけパーティ二日目

昨日に引き続き、焼肉美光での演奏。

ぼくと、バイオリニストかなでさんは、「昨日に引き続き」ですが、ピアノ奏者が抜け、パーカッション奏者の田口美郷さんが入りました。←6月のファッションショーでご一緒させてもらいました。イチオシの人です!

ホーン(金管楽器の総称です)と、バイオリンと、パーカッションという、ヘンテコな編成。
ホーンとバイオリンは、一般的には合わないそうですが。。。

ぼくも、かなでさんも、特殊な部類に入ると思うので。。。大丈夫なようです。

今日は、大入り、満員御礼ということで、二つの会場を行ったり来たりしての4ステージ。
昨日は、ピアノ奏者がいたので、割と適当に休んだりして楽してましたが、今晩は、ベース、合いの手、対旋律、おちゃらけその他、全部かなでさんと交代でやり、さすがに口がベロベロになりました。そんなこと言ってもわかんないか。うんていをやりすぎて手の豆が潰れる感じ。うーん。わかりにくいか。うーんうーん。

リハは軽~くにしておいて、ある程度、不安な要素を残して本番に臨んだのは、3人が3人とも、「何がどう転んでも、自由自在にフォローしま~す。」みたいな感じなので、そのフォローのやりとりを楽しむという意味もありました。単純な歌謡曲だって、バリバリのピキピキでやりますよー。うーん。わかりにくいか。

  1. 2008/08/25(月) 01:02:32|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

どっちゃらけパーティ一日目

ずっとずっとお世話になっている音楽焼肉屋、焼肉美光にて、開店5周年パーティの第一日目。

アメリカから帰ってきて、まだ仕事も何もないところから拾ってもらって、周一で、焼肉を食べに来ているお客さん相手に、ソロで演奏。
過酷でしたが、確実に、今の自分の演奏スタイルの血となり肉となっております。

国内外の大学で習ってきたことなんて、ほんの小手先のことです。
ここでどれだけ大切なことを学んだか。

(技術的にはすでに頭打ちですが)まだまだ伸びますよー。
その過程を披露する意味でも、こういった場所で定期的に演奏できるのが嬉しい。
  1. 2008/08/24(日) 01:05:43|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昼間のラーメン屋

まだまだパソコンと睨めっこで楽譜作り。
気がついたら、呼吸を止めていることがあったりして。
ストレスになっているんだろうなあ。

ちょっと気分転換にと、昼ごはんを外で食べることに。
大して身形も整えずに家を出て、ラーメン屋のカウンターに座ると、隣に、同じような身なりの若者が。

うーん。こいつは、きっとニートか引きこもりに違いない。
ぱっと見た目では、同類に見られるだろうなあ。ほんとは違うんだけどなあ。
でも、この人もひょっとして、家で何かクリエイティブな作業をしているのかもしれない。
ひょっとしてお金持ちなのかもしれない。
なんて勝手な想像をしつつ。

家に帰ってさらに作業。ちょっと自分が目指していたものとは、方向を変えざるをえなくなってきたなあ。
まあ、いいや。それは、次にしよ。
  1. 2008/08/23(土) 13:28:19|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

曲のタイトルが

20080824010708

黙々と楽譜の準備をしています。

自分で特に気に入っていて、絶対にCDに入れたいと思ってるオリジナル曲(自作の曲ね)に、「Usofinado」というのがありまして。

オリジナル曲といいましても、実は、曲の出だし二小節の9音だけ、ボサノバの名曲からとってます。
泣く子もだまるアントニオ・カルロス・ジョビンが作った曲「Desafinado」ですが。

これ、とっても良い曲なんですが、とにかく難しい!のです。
ギタリストにこんなことを言うと、「うん。その通りだ。」と言われると思うんだけど、ギターは転調が簡単。「ギタリストが作ったから」というように簡単には言いたくないんだけど、Desafinadoはコロコロ調性が変わるのです。

話は変わりまして。。。

ある時、謎のブラジル人からもらった謎のCDRをずっ~と聞いている期間がありました。
それについての情報は、ポルトガル語でちょこちょこっと盤面にメモしてある程度だったので、「何がバンド名だか、人の名前だか、ぜんぜんわかんない。」という状態で、何も解らないまま、お気に入りのCDになっておりました。

※ずーっと謎だったんですが、youtubeにポコポコと映像がヒットするようになりました。うれしいなあ。
Zé da Velha Silvério Pontes

で、このバンド?(まだどこまでが、バンド名で、どれが人の名前かはわからない。)を聞きまくっていた時に、ポコッとできた曲がUsofinado。

基本的に、ぼくは、曲を作る時は、少しのアイデアを元にそれをこねくりまわして、時間をかけて一曲にしていくのですが、このUsofinadoは、珍しく一気に書き上げました。
どこでどうなってDesafinadoの冒頭を使うことになったかは覚えてないですが、頭の中は、上の「謎CD」になっていたとこは確かでして。「ああ、簡単なコード進行の曲が良いなあ。」と思っていた時期だったのです。

で、その場のノリでUsofinadoってタイトルを付けちゃったんだけど。
これ、このままで公に出すの恥ずかしいなあ。
「チョ」の協会の人の目に止まって「これは喧嘩を売られてるのか!?」と思われたら嫌だなあ。
「Hontofinado」にしようかなあ。わけわからんなあ。

というか、個人のライブを初め、5トロンボーン、ゴージャス☆モンキーズなんかのライブでもやりまくってるし、出版されているチューバマンショーの楽譜の中にもこのまま収録されてるし、もうすっかり公にはなってるんだけど。もう遅いよなあ。。。

これからは、もうちっとタイトルについて考えようかな。
でも、他の曲も並べてみたら、他の曲のタイトルもふざけてるなあ。。。
  1. 2008/08/22(金) 01:07:11|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ソバージュの

最近、いろーんな管楽器音楽を聞いてますが。

ずっと避けて通って来ましたが、おそらく世界で一番売れているサックス奏者にK.G.という人がいます。

この人、特にジャズやってる人には「ヌルい」とか「気持ち悪い」とか嫌われてます。でも、確実にその何倍もの人に好かれてるわけで。「特に好きというわけでは無いけれど、なんでみんなそんなに彼のことが?いったい曲の構成とかどうやってるんだ?」と分析してみたのです。
まさかなあ、K.G.のことを聞き込む日が来るとは思わなかったなあ。

でも、聞き込んでみると、なんか、ビブラートとの感じとか似てるかもなあ。
曲の構成については、はい。わかりました。ひとっつも複雑なことはしてないですね。それで良いのか。。。
アレンジャーが、「はい。これやっといたから。お願いね。」って感じかなあ。。。

うーむ。結局、参考になったようなならなかったような。
和製K.G.も聴いてみようかな。

  1. 2008/08/21(木) 16:48:28|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

超レアカードゲットだぜ!

20080821135830

昨日は、ちょいと飲みすぎまして、朝起きたら、体がだるい。

こんなときは、辛いものでも食べて、体にカツを入れるのだ!と思い立って、近所のラーメン屋に辛いラーメンを食べに行く。

最近は、あんまり仕事を入れないようにして、来月、アメリカへ行く準備をコツコツとしております。
どの曲を、どういう風にアレンジしてやろうか。というとこから、実際の楽譜の準備まで。
先日のチューバマンショーのレコーディングが大いに参考になっております。
とにかく、全部、準備万端にしていかないと、時間がもったいない!

で、そんなことをガシガシやっておりましたら、あっという間に時間が過ぎていて。
「あ!しまった!」

東京から、渋さ知らズのサックス奏者、立花秀輝さんが、自己バンド「AAS」を率いて、鶴舞でCD発売ツアーのライブをしているのです。もう、4年前、アメリカから帰ってきてばかりの頃にやった「東京殴り込みツアー」を敢行したときには、自分の企画のライブに快く出演させてもらったりして。いろいろお世話になりました。その後、何度かご一緒させてもらってます。

ちょっと前に連絡があり、ウチに泊まってもらうことになっているのですが、せっかくなので、ライブも見せてもらおうと思っておりました。

が、あまりにも集中して、自分の作業をしていたので、慌てて家を飛び出るも、お店に到着したら、ちょうどライブが終わっていた頃でした。。。残念!



ご一行様を我が家にご案内する途中に、スーパーに立ち寄る。
ツアー最終日だった皆様は打ちあがる気マンマン。

メンバー4人が4人とも、自分のカゴを持って、店内に散らばっていったのは面白かったなあ。
こんなバンドもあるんだなあ。

夜遅くまで、いろーんな話を聞けたし、自分の話も聞いてもらえたし。写真もコレクションに加わったし、大満足!
  1. 2008/08/20(水) 13:58:31|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

福井から帰る

20080820131319

朝、合宿にしては、遅い設定の起床時間に起きまして。

練習、レッスンがあった後、みんなで発表会。
ちらりと光る才能を、身を乗り出すように見てました。

その後、自分も大学の先生とのデュエットを披露。
こちらも、本来は、ちょっと変わった衣装を着ての演奏するんだけど、ヤングの引率という立場があり、衣装なしでの演奏となりました。

指示されなくても、テキパキと後片付けをする学生さんの動きに見とれ、集合写真を撮って、合宿終了。
別れを惜しんだ後、またクルマで帰宅。やっぱり夕方の割引を使って。
琵琶湖の裏っかわ(あくまでも、愛知から見た言い方ですが。)綺麗だったなあ。こんど、原付でゆっくり回ってみようかなあ。


お客さんが来ている我が家に帰宅。トロンボーン4重奏をやっておりました。
楽しそうだなあ。ぼくも、もうちょっとクラシックに興味があったら、混ぜてもらえるのになあ。

初めてのお客さんということで、鉄板焼きでおもてなし。
買出しに行って、下ごしらえして、楽しく会食。

チューバ吹きさんも来て、トロンボーン×4、チューバ×2、ユーフォ吹き×1ということになりました。
他からみたら「マニアックな会やってるね~。嫌だね~。」って思われるだろうな。へっへっへ。
  1. 2008/08/19(火) 13:13:22|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

福井県にいます

20080818220956

朝早く起きて、パソコンに向かって、行き先を確認する。

福井県小浜市の近くね。石川に行く時に、小浜市って書いた出口あるからね。そっちの方だよね。

と、思ってたら、全然違った。そうか。そこで降りて、ずーっとあっちに行けば小浜市ってことだったのか。高速の表示、わからんなあ。。。

能登半島の方だと思ってたら、琵琶湖の裏っかわでした。初めて行きます。

ETCの通勤割引使って、滋賀県の木の本インターまで700円!安!名古屋高速一回乗るより(750円)安いじゃないか。

世の中には、まだまだ知らない田舎というのはあるもので。
最寄の高速の出口から100km下道で向かいます。

「どこかで適当に朝ごはんでも食べよう。」と思ってたら、コンビニ以外何もない!
釣具店がちらっとあるだけで、店なんてなーんにも!
すごーく寂しい感じの峠がいくつもいくつも!

これ、夜通ったら寂しいなあ。。。なんて思いつつ。

予定時間に到着。

昨日から行われている、とある関西の大学のユーフォチューバ合宿にお邪魔。
実は、自分の周りの、勉強熱心なヤングユーフォ吹きを送り込んで、面倒を見てもらっていたのです。

楽しく練習したり、レッスンがあったりした後、バーベキュー、花火大会。
花火大会では、久々にはしゃいだりして。本当は、もっともっとおバカをやって学生さんと遊びたかったんだけど、引率という立場があり。。。大学の先生も同じような感じでした。

さらに、懇親会なんかもありまして。

関西の学生さんの芸達者なこと!感動!
自分には、こんな爆発力ないなあ。。。ずっと思ってるんだけど、こういうところでの潔さって、そのまま音楽に現れる気がするのです。ちょっぴり羨ましい。
  1. 2008/08/18(月) 22:09:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

岡崎亜chala

20080818231608

にて、昨日に引き続き、ボーカリスト富安さんと、バイオリニストかなでちゃんとライブ。

偶然ではなく、富安さんが「せっかく三人揃うのだから」と、ライブを組んでくれたのでした。

岡崎までは、普段なら車で一時間。でも、今日はお盆の連休の最終日ということで、ずいぶんと早めの三時間前に出ました。渋滞しているかもしれない高速も使わないつもりで。

せっかくゆっくり出たので、道中にある、気になるお店なんかは、いちいちチェック。
ほとんど、リサイクルショップです。で、うだうだしながらも、会場入り時間の一時間前に無事に到着。

その辺で、ご飯でも食べようかとおもったら、今日の会場、亜細亜料理屋さんで、ぼくの大好物のライスヌードルがあるじゃないですか。「これは、絶対食べよう!」と思ってご飯我慢することにして、周辺を散策。城下町らしく、古い建物がいっぱい並んでいておもろいです。

で、入り時間に会場に戻って、セッティングを済まして、「さあ!ヌードルー!」と思ったら、「ライブ日専用メニュー、ご飯はカレーとから揚げと、その他」というような張り紙があり。ライスヌードルには結局ありつけず。。。

それでも、「なんとしてでも麺!」というテンションだったので、近所にあった沖縄居酒屋へ。
そこで、一口食べて「う。もういいや。」というような、とてもとても残念な沖縄そばが出てきて(箸で食べれないほどブチブチなのでした。。。)、しょんぼりとお店を出る。

気を取り直しての本番は、 オープニング演奏としてハロゲンヒートブラザーズさんにお客さんを暖めてもらった後、抜かりなしの大盛り上がり!楽器のことなんかほとんど知らない、「歌を聴きに来ている」「ショーを楽しみに来ている」といった一般のお客さんを相手に演奏するのはまた違った楽しみがあるなあ。

本番終了後、打ち上げまでお世話していただきまして(飲めませんが)、大満足で帰宅。

こんどは、ライスヌードル食べにくるぞ!
  1. 2008/08/17(日) 23:16:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サマーコンサート

20080816183825

衆議院議員さん主催のサマーコンサートにて演奏。
ボーカリスト富安秀行さん、バイオリニスト、黒田かなでさんと3人です。

いろんな人を招いて毎年行うという、このコンサート、去年までは普通に一回の公演だったのが、会場にお客さんが入りきらなくなってきたとのことで、今年から、午前の部、午後の部と、2回公演になったそうです。

ということで、朝一番に会場入り。
リハもそこそこに、すぐ本番。

お客さん8割くらいの入りでしょうか。午後の部はもっと増えるということで。。。
すごいなあ。たった一人の個人がこれだけの人を集めちゃうんだから。

演奏の内容は、昭和歌謡、唱歌など。
年配のお客さんがたくさんいらしたので、選曲はバッチリで、楽しんでいただけたようです。

少しでも楽しんでもらおうと思って、いろーんな楽器を吹きました。
電光石火の「楽器持ち替え芸」は、たとえ失敗してもオイシイのです。

終演後、たくさんの年配の方に「また聴きに行きたいんだけど、スケジュールは?」と聞かれ。
「ホームページがありますので、そちらで。」と応えるも、「あー、ダメだそりゃ。」というような顔をされてしまった。そうかそうか。そうだよなあ。紙に、ある程度の情報を載せて、プログラムに挟み込まなきゃダメだったなあ。。。反省。

午前の部と、午後の部、計4ステージの演奏を一気にやって終演!心地よい疲労感!
  1. 2008/08/16(土) 18:38:28|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リハーサルから台湾料理

20080816221733

お昼から、ボーカリスト富安秀行さんと、バイオリニスト黒田かなでちゃんと、明日のコンサートのリハーサル。
お二人さんは、場数を踏んでいるのでちゃちゃっとポイントだけ話し合って、ホイサッサと次に行こうとするのですが、ぼくは、やったこともない曲だったりするので「ちょっと待って~!それ、コード進行は?」を連発。今回は、ベースラインを吹く機会が多いので、いつもみたいに、適当に、バックを聴きながらというわけにはいかず。

かなでちゃん、注意点をぜーんぶメモとっていきます。ぼくは、なんとなく話を聞いているだけで、解った気になっていて、数秒後には忘れているという。自分の長所、短所をキッチリ理解しているんだなあ。これは見習わなきゃな。

アメリカの大学にいる時に先生に言われたんですが。
「自分が、与えられた仕事をできるかどうか、タイミングを見誤るな。」と。
こんなん、学校で教わることじゃないんだよねー。

二人だけだったらサラリと終わるんだろうなーというリハを、みっちりと夕方までやった後、名古屋市内の中華料理屋へ。マーガレット一家のオヤブンと、その周りの人たちと密会(普通に飲み会)。

中華料理屋で、○○一家の人と会談というのが、映画みたいで良いのです。

行く途中に、名古屋名物の味噌カツ屋に、長蛇の列ができているのを見て呆れる。

中華料理屋にて、「こんなんでよくやっていけるなー」というほど店員と言葉が通じなくて、多少困惑するも、楽しく会食。すごい臭いになってしまいました。明日、大丈夫かしら。
  1. 2008/08/15(金) 22:17:35|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

色眼鏡

20080814212701

豊川市の温泉施設で演奏。

ロビーの一角で2ステージ。最後は屋外で1ステージ。

お客さんは、お風呂上りで、牛乳飲んでたりします。
お客さんの様子を見ながら、歌謡曲、演歌、アニメソングなんかをジャズバンドで演奏。

思いつきで「いい湯だな」を演奏したり。

だんご屋さんの親父さんに気に入ってもらって、だんご食べ放題。
レストランでの食事も付いてる上に、さらに「よかったらお風呂もどうぞ」と、とてもとても優遇してもらって。ありがたやありがたや。

最終ステージは、日が沈んでから屋外で。

楽器をステージ上にセッティングして、客席で、ボーっとステージ上での準備の様子を見ていたら、おばさんが二人やってきて「何やるのかな?何時からかなあ?」なんて話していたので「ジャズバンドです。まだちょっとかかりますよ。あと15分くらいです。」と言ったら「誰か有名な人がくるの?」と聞かれ。
薄ら笑いを浮かべながら「名古屋で活動してるバンドです。えへ。」なんて応えましたが。。。

実は、数日前の名古屋市内のお祭りの演奏現場でも同じことがありまして。

「プロ?どの人がプロ?有名?」とか聞いてくる人がいるのです。
気持ちは十分わかりますが。

笑顔で対応してますが、内心「かちーん!」ときてます。
本当は「そんなものでくくらずに、とりあえず演奏を聴いてみて、最後まで見る価値があるかどうか、自分で判断してください。」と言いたい。
むしろ、いじわるに「あなたの知ってるジャズで有名な人って例えば誰ですか?」と聞き返したい。

まあ、ひがみ半分ですが、これからも、こういう事はたくさんあるだろうなあ。

「ハイ!ぼくたち、有名です!」って言っちゃおうかなあ。くだらないなあ。
百点満点の対応の仕方ってどんなんだろう。


気持ちを切り替えてバシッと演奏。
「涼しくなったなぁ」なんて思ってたけど、いざ演奏を始めると気付く、湿度の高さ。
どんどん体力を消耗して、演奏終了後にはぐったりぐっしょり。
  1. 2008/08/14(木) 21:27:04|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

突発的に合宿

20080814010925

まだ石川県小松市。

ワイフーの恩師が教える学校の吹奏楽部の合宿に行く。
「石川に来てるなら。」ということで、声を掛けてもらいました。
実は、こちらでも「真面目な方の」仕事をしたいと思っているので、これは大変ありがたいことでありますです。「どちらかというと真面目でない。真面目には見えない。」方の仕事ばかり増えてもアレですので。

山の中の、研修施設で朝から夕方まで。短時間で「全部!」伝える。

練習日程終了後のバーベキューを楽しんだ後、独りクルマで愛知へ帰宅。
明日、仕事だからね。どこでどんな渋滞があるか解らないからね。

日付が変わった頃に到着。
  1. 2008/08/13(水) 01:09:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石川で独り

20080814010856

石川へ帰省。が、今回は、ちょっと変わった感じに。

ワイフーが福井県でオケの本番があるので、福井まではクルマで一緒に行くことに。
そこで分かれて、ぼくは電車で一人、先に石川へ行って遊んでる。という。
夜は食事会の予定が入っているので、自由時間4時間くらいという、なんとも中途半端な感じ。

「何をしようか?誰に遊んでもらおうか?」と、いろいろ考えていたんですが、先日、神戸に行った時に、チューバマンのワイフーから、「金沢に面白い楽器屋があって、一度行くと良い。」という旨を聞いていたので、行ってみることに。調べてみたら、近所には気になっていた「忍者寺」なるものもあるではないですか。丁度良いなあ。

福井から、西金沢までJRで出て、そこから、システムの全然解らないヘンテコなローカル電車に乗って、野町というところまで。地元の人が大いに利用しているローカル電車の乗り方が解らないって、なんだかアホになったみたいで恥ずかしいなあ。。。

駅からすぐのところに目指す楽器屋発見。

ん?これは、昔の建物ですねえ。。。町屋というんでしょうか。。。
いきなりびっくり。入りにくい。

で、おそるおそる入ったら。お店の中にカウンターが。レジカウンターでなく、バーカウンターが。
「お母さん」と呼ばれている店主の女性に丁寧に挨拶して、素直に「面白いから行けと言われました。」と来店理由も言って。

コーヒーが出てきて、いろんなハナシを聞かせてもらいました。
石川県在住、石川県出身の楽器やってる人の事情を全部知っているようで。
知ってる人の名前がバンバン出てきました。

どうやら、学校の先生やら、プレイヤーらが気軽に立ち寄って、お茶飲みながら情報交換する場所のようです。こんな場所、ウチの近所には無いよなあ。。。あまり、そういうコミュニティには入らないようにもしてますが。「あいつは、何やってるかわからない。」と言われてたほうが面白い。

予想以上に面白く、ついつい長居してしまって、すぐ近所の忍者寺の拝観時間が終わってしまった。

本拠地から遠く離れた場所で、その土地の情報基地にチラリと顔を出したというのは、これから面白いことになるかもしれない。ヘンな噂がたったりして。
  1. 2008/08/12(火) 01:08:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

岐阜県の

20080811003439
ジャズバー「サバサバ」にて演奏。

ピアニスト、ベーシスト、ドラマーの三人は、みんな、ぼくよりも背が高いのに、体重が50kg前後です。
0.2tズってバンド名はどうでしょう。4人合わせて200kgいかない。。。というバンド名達成のためには、ぼくが10kg痩せないといけないんだなあ。。。どうなってるんだみんな。

ベーシスト、ピアニストは外車に乗っていて、顔を合わせる度に「今度はあそこが壊れていくらかかる。」という話を嬉しそうにしておりますです。ぼくは、アメリカで、良く壊れるボルボとシボレーに乗っていたので、ちょこっと気持ち解ります。
  1. 2008/08/10(日) 00:34:42|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

5 trombone session

20080811011646

昼前に起きて「あ!しまった!5トロンボーンの日だった!」と。
別に、遅刻でもなんでもないです。

新曲をアレンジして持っていく日だったのを忘れてたのです。

このバンドのほかのトロンボーン奏者4人は、皆、名古屋の人気プロフェッショナルビッグバンド「CGUジャズオーケストラ」というのに入っております。

ぼくがその4人のトロンボーンセクションのライブに入れてもらうようになったキッカケは、よく覚えていないですが、そういうわけで、演奏的には、自分はいなくても成立するのです。
(そういえば、初めの頃は5人いるのに、ライブのタイトルはずっと4トロンボーンセッションだったなあ。。。)

でも、なんとかこのバンドに入っていたいぼくは、自分の存在価値を「新しいネタ=アレンジを持ってきてくれる人」と設定したのです。
こういう同属楽器アンサンブルって、新しいことをどんどんやらないと意味がないとも思っています。

で、長い間、精力的に、毎回毎回新しいアレンジやオリジナル曲を持って行ってました。
が、あるとき、気がついたら「やり過ぎ」のところまで来てしまった感があったので、ここしばらくは、ちょこっとお休みしていたんです。

で、しばらく休んだ後の今回を「アレンジ活動再開の日」と決めていたのです。
でも、当日になるまですっかりそんなこと忘れていて。

お昼ごはん食べてから、眉間にシワを寄せてパソコンに向かって一気に書きました。
「下道でいくなら、今!出なきゃいけない!」というリミットを10分ほど過ぎて、プリントアウト完成。
高速使って会場入り。

新曲のリハ、順調に終え、若い人がたくさん来てくれた本番も、順調に終わりまして。
自分のオリジナル曲や、オリジナルアレンジ曲、たくさんやってもらいました。

実は、いつも期待してるんだけど、ライブが終わった後に、「あの曲のアレンジが良かったです!」とか「どうやってアレンジしてるんですか?」とか「スコア見せてください。」とか言って貰うこと。。。

そんなこと言われたら、楽譜なんてどんどん配っちゃうのに。

でも、現実はそんなことはひとっつも無く。何故だろう。何故だろう。
演奏のことしか興味無いのかな。。。すごーく難しそうに聞こえるのかな。。。
奏者からは、概ね好評のコメントを貰うんだけど。

ほとんどイジケと、ヒガミの塊みたいになってしまって帰宅。

楽譜のデータがたくさん入ったパソコンを窓の外に放り投げようとした瞬間に、お客さんから一通のメールが。
「アレンジ楽しかったです。新曲も良かったです。」

このメールを見て、全てが報われました。
次回は10/10!また新しいネタ持って行くぞ!おー!

※「パソコンを放り投げようとした。。。」は作り話です。メールがあったのは本当です。
  1. 2008/08/09(土) 01:16:48|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショーin神戸

20080809135624

予定通りの早朝に家を出る。

今回は、ずっと下道で行くつもり。別に高速使っても良いんだけど。

実は、今まで何回も神戸にはクルマで行ってるんだけど、迷ったり、時間が足りなくなったりして、絶対に一回は高速道路を利用してしまっていたのでした。

もう単なる意地です。なにがなんでも一度は高速乗らずに行ってみよう!

奈良の辺りで、初めて通るはずの道になんとなく見覚えがあり。
「あ、そうか、この辺高校生の時にチャリンコで来てるな。」なんて思いだしたり。

大阪市内で通勤時間の渋滞にハマっても焦らない焦らない。その為に朝早く出てきたのです。

十分早く、NHK神戸に着いて、打ち切り1400円の駐車場にクルマ入れて、朝ごはんゆっくり食べて、クルマで一時間ほど仮眠。汗だく。こんな暑い中で寝られたら立派なもんだ。

本番は2時から。

1週間前くらいにいきなり決まった本番なので、集客が心配だったんだけど、さすがにテレビの力はすごいですねえ。何回もニュースで告知してくれたらしく、たくさんのお客様が。

平日の昼間とあって、年配の方のお客さんがたくさん。
これは、普段のライブではあまり無いことですな。
その中に、尊敬するミュージシャンさんの姿を発見!うれしいなあ。

1時間ほどのミニライブはあっという間に終了。
楽器のことなんか、何も興味がないような年配の方たちにも喜んでいただけたようで、これはバントとして自信になりました。

近所の定食屋でご飯を食べたあと、すぐに出発。
これまた意地で下道で。こんどは特に道も調べず。だいたいの方角だけで帰る。
  1. 2008/08/08(金) 13:56:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

レアカードゲット逃す!

20080809130842

実は、今日は初めてのお客さんがくることになっていたので、しばらく前から、掃除したり心の準備をしたりしていたのです。所謂ジューチン!と呼ばれる人です。

じつは、ぼくは家に泊まってもらったミュージシャンのポラロイド写真を集めてファイルするのを趣味にしておりまして。
「泣く子もだまるレアアイテムゲットだぜ!」とか思ってたんですが。
少し前に、先方さんのお仕事の都合でキャンセルになってしまいました。残念!

というわけで、割とゆったりとした日を過ごしていたのですが、昼過ぎに電話が鳴る。

CDのレコーディングに参加させてもらったボーカリスト富安秀行さんから。
「今、近所のジャズ喫茶に来てるんだけど。」と。

なんでも、偶然、近所を通りかかって「ん?何か臭う。」と、そのジャズ喫茶に立ち寄って、「何か臭う。」と壁の落書きを見回したところ、僕の名前を見つけたらしい。

すぐに駆けつけて、楽しくお話。今月は、何回かお仕事を一緒にさせてもらうのです。そして、秋には近所の高校で音楽鑑賞会をやったりするのです。これがまた豪華な顔ぶれで、県外からのメンバーも多数。
「どこからそんな予算が。。。」って感じなのですが、ひょっとして、ぼくのコレクションに、すごい人が加わることになるかも知れない。と密かに思っているのであります。


その後、明日のチューバマンショーin神戸の準備をしていると、夜9時頃に電話が鳴り。
某クラシックバンドの人から。

某「あのー。今晩何してるんですか?」
照「やることはあるんですけど、出かけて、人に会うというような用事はないです。(牽制気味)」
某「じゃあ、お願いしたいことがあるんですが。」

ハナシを聞いてみると、明日のコンサートで必要なパート譜が一つ無いようで、スコアをファックスするから、至急、パソコンでパート譜を作って欲しいと。

「今晩は何もない。」と言ってしまったし、「パート譜1つなら1時間もあればできるだろう。」ということで引き受けたら、これが、スキャンやらパソコンの関係やら、いろいろ手間取っていたらしく、楽譜が手元に揃ったのが1時前。その間、動けず。楽譜が完成して送ったの3時。

「あのー。確かに今晩は何もないんですが、明日の朝、4時に家を出る予定なんですが。。。」
と、珍しく愚痴もポロリ。
  1. 2008/08/07(木) 13:08:45|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

市場調査

20080807205304

チューバマンショーのCDの原盤を作ってもらう作業は着々と進んでおります。
世の中に出ているCDは、どんなプロモーションを経て、売り場に並んでいるか?ということに興味が沸きまして。

いままで、自分がCDを買う場合、前もってその「奏者や音楽のことを知っている」というのが絶対的な前条件で(時には、ジャケット買いするなんてこともありましたが)、売り場をなんとなくウロウロしていて、チラシが目に止まって購入なんてことは一度もなく。

じゃあ、今まで気にも留めなかったけど、いったいぜんたい、その辺のところはどうなってるんだろう?
ということで、今までとまるで違った目線でCDショップに行って、チラシやらフリーペーパーを集めてくる。

まあ、いろいろ集めたけど、自分が興味ないアイドルグループの記事なんか見ても、まるで参考になりませんわ。
「こんなもの」とタカをくくっているのもあるのですが。イカンイカン。そういった人にCDを手にとってもらう為の記事なんだろうから。。。

考えれば考えるほど、「うーん。こりゃあ、やっぱりこの道のプロのお仕事だなあ。」なんて思ってしまいますが、やっぱり自分でビジョンは持っておかないと。。。とりあえず、周りにCDを出しているような諸先輩方はたくさんいるんだから、ハナシは聞きまくらなきゃダメだなぁ。
  1. 2008/08/06(水) 20:53:06|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

商店街の一角で

最高気温38度!の昼間は、部屋でジーッと鳴りを潜め。

日が傾いてきた頃に出勤。気がついたら、風が出てて大分涼しいね。
上空には真っ黒の雲がドロドロと。

「駐車場が無いので、原付できてね。」命令が出ていたので、「とにかく降り出す前に!」と急いで現地入り。
20080805069.jpg

名古屋城のすぐ横の昔からの商店街のお祭りでの演奏。
そうかね。こんなところで、こんな平日にお祭りやってるのかね。
まあ、週末はどこもかしこも大きなお祭りやってるから、その方が賢いのかもね。

7時から10時まで、歩行者天国になりました。
本当は、路上でジャズバンドでの演奏をする予定だったんだけど、雲行きが怪しいので、アーケードのある歩道にちょこんとお店を出すような感じでバンドをセッティング。
30/40というジャズバーの前です。
マスターが、自分のお店、営業中にもかかわらず、椅子を出してくれたりして協力してくれました。

20080805071.jpg

うん。こんなシチュエーションで演奏するの好きだなあ。
今晩は、ピアニスト奥村さんのバンドということで、奥村さんのオリジナル曲を中心に。
ビシッと大人のジャズという感じの雰囲気でしたが、子供も大人も皆さんしっかり聞いていってくれました。

アニメソングとかやらなくても、ちゃんと聞いてくれますね。みなさん。。。

心配していた天気も、蓋を開けてみれば、涼しい風がずっと吹いているだけで。
歩行者天国解除の10時まで、たくさんのお客さんを前に、あっという間に時間が過ぎました。
  1. 2008/08/05(火) 00:05:22|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

モコモコ会議

20080807164055

朝から、10月に行われる「ユーフォニアムテューバフェスティバルin Nagoya」の会議、通称モコモコ会議。

この辺りで活動しているユーフォ、チューバ奏者や大学が中心になって進めています。
手作りのイベントということで、なんでも自分たちでやるようにしてるんですが、気がついたら、チラシ作って、プログラム作って、チケット作って、ホームページ作って、曲作って、さらに当日演奏もするという、かなりハードな役回りになってました。あ、あと打ち上げ係りも。これは弱ったなあ。当日、呑めないじゃないか。なんとしてでも呑むけど。計算間違えてもいいから打ちあがるぞー!

さて、最近、パソコンと波形編集ソフトを使った「YJKシステム(やってる自分がカッコイイ)」の使い道が増えてきました。
以前は、タイミングやボリュームを目で確認して、それを耳で違いを聞き分けるキッカケくらいにしか使ってなかったんですが。
もっといろんな使い道ができることが解ってきまして。

今日は、良い波形のサンプルが録れたので、それを肴に一杯やっております。
  1. 2008/08/04(月) 16:41:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大須さすらいジャズ楽団

20080803204920

腰がじんじんと痛いのは、炎天下のもと、とても重い器材を搬出入したから。
ではなく、昼間のリハの後に、ウルトラマンのポーズで原付に乗ったからであります。。。
  1. 2008/08/03(日) 20:49:23|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ゴージャスモンキーズ

20080802212455
ライブを岐阜県北方町の生涯学習センターきらりにて。

廃線になって枕木が積み上げられている線路と、ロープで閉鎖された古い共栄住宅の脇で、建設中の近代的な高層マンションとホールが「デーン!」と建っています。
なんだか外国に来たような錯覚に陥りました。といってもテキサス以外のことは良く知りませんが。
「背伸びしても寂しい!」な感じが、ハンガリーを思い出させたなあ。

「花火大会で混むから」ということで、かなり早めに出ましたが、まあ、昼間の入りだから、全然大丈夫でしたね。
リハをみっちりした後、すぐに本番。
ホールでもライブハウスでもお構いなしの悪ノリ大騒ぎで終了~。

何よりの収穫は、ゲスト奏者、熱帯ジャズ楽団団長のカルロス菅野さんの演奏を真横で見れたこと!
なんだか言葉では言い表せませんが「ああ、あんまり分析しなくて良いんだなあ。ああ、そうか。太鼓を叩きながら歌が歌えるってすごく意味のあることだな。」なんて思いました。このへんは、徐々に真似していこうと思ってます。

他人の演奏を見ただけで、自分がステップアップできた気持ちになったというのは、久々の感覚であります。
  1. 2008/08/02(土) 21:24:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ