FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ファッションショー本番!

ついにやってきました。半年前に、飲み会の席で決まったこのハナシ。

最終のリハーサル。やっぱり第一部の舞踏家さんは手加減無し。
身を削って表現しようとしている姿に感動を覚えます。
この方とは、数年前に、演劇関係の本番でご一緒させてもらって。
その強烈な印象を他の人にも知らしめたいという思いで、今回、声を掛けさせていただきました。
自分の音楽で踊ってもらえるなんて、光栄の至りです。ショッキングな本番になると思う。

二部のリハーサルは、サウンドチェック程度にしようかと思っていたら、客席に、第三部の出演者の皆様や、会場のお手伝いで来てくれた学校の後輩の皆様の姿が。見栄っ張りなので、おもいっきりカッコつけて演奏。お陰で、一回目の本番を終えたような快感の代償にそれなりの疲労が。。。

三部のクラシックステージでは、華麗な表舞台からヒュッとひっこんで、裏方のお手伝い。
どこでどう椅子を出して、譜面台を引っ込めてとか。頭の中は、まだステージ上の興奮状態だから、ほとんど頭に入ってきませんわ。ほとんど、いきあたりばったり。すんません。。。

さて、昼公演と夜公演の2回本番

命をかけた100パーセントの渾身のパフォーマンスをする舞踏家さんに続いての、自分の演奏。
実は、多少の嘘と誇張が入っています。「こんなことをすれば良く見られる」っていうのを知っているから。「計算しつつ盛り上げていく。」そんな次元で演奏している自分に多少の引け目あり。

トータルで見て、良いショーだったな。という自覚あり。(←これ、なかなか難しいことなのです。)

「アイツがまた何かヘンなことをやってるから見に行こう」と、楽しみに来てくれた人がいたのも、ほんとにありがたいとこで。次はもっと面白いこと(ヘンなこと?)やらなきゃ!

本番終了後、ロビーに出て、いろーんな人とハナシをしたかったのだけど、なんせ、メイクはしてあるものの、心の拠り所(チョビヒゲ)がなかったので、やっぱり照れますわ。

楽しく打ち上げに出席して、帰宅後、心地よいバタンキュー。
スポンサーサイト



  1. 2008/06/14(土) 23:26:51|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2