FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

リサイタル本番

午後イチで会場入り。しらかわホール。

2005年の暮れにサックス奏者の須川展也さんとアコーディオン奏者の佐藤芳明さんと3人でチャリティーコンサートをやらせてもらった時には「こんなにデカイホールでこんな人たちとできるのだ!」というなんともすがすがしい気持ちでいっぱいだったけど、人の伴奏で来て見たら「あれ?こんな小さかったっけ?」という感じ。それでも立派なホールには変わりないですが。気持ちの持ちようで随分と印象が違って見えるんだなあ。今日のソリスト、堀江君にはこのホールが巨大なホールに見えてるんだろうなあ。

内容、とても良かったと思います。
堀江君の丁寧で真面目な性格。バンドの皆が「このコンサートを成功させてあげたい!」という気持ちになっていたのではないかと思う。コンチェルトを演奏するのに費やさなければならない時間と労力も皆わかってるだろうしね。演奏中、メンバーの集中力が尋常でなかったのをバンド内にいて感じました。

例えば、世界的に有名な外人のソロ奏者がポコッと来たってこんな気持ちにはなれないからねえ。

いやー。良かった良かった。
堀江君がプログラム終了後の挨拶を早めに切り上げたのは、泣いちゃうからだろう。へへへ。
スポンサーサイト



  1. 2008/06/05(木) 11:27:47|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0