GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

KDハポンにて

ギタリストタク君はまだまだおります。

お客さんがありまして「せっかくだから、ちょっと一曲演奏してあげて~。」のリクエストにもにっこり。
ギターはいいなあ。この音量でちょこちょこやれるからいいんだろうなあ。

管楽器で「ちょっと一曲」って言ってもあんまりお洒落じゃないもんなあ。
「さあ、(大きな音を)聞く覚悟はできてるかい?」ってなっちゃうもんなあ。

夜は鶴舞でライブ。
サックス奏者の泉さんとはお久しぶり。またCD出たの?すごいペースでCD出してるなあ。
マイブームが来るたびにいろいろな楽器をマスターしてしまうすごい人です。
明るいなあ。明るい人たちだけでバンド組んでるなあ。音楽も明るいなあ。
自分にはない明るさに、ちょっぴり嫉妬してしまったのでした。

帰宅後、呑みながらタク君とレコーディングについての相談。
実は、9月に2週間ほどテキサスへ行って、CD制作のレコーディングをしてくる予定でいます。
タク君を初め、同じ大学の卒業生なんかに演奏を頼んで。まだまだ日本での本格的な演奏活動は開始していないつもりでいます。CDを作ったら、いよいよ始めますヨ!

「明日は早いから、早く寝ようね。」と言ったところまでは覚えております。
  1. 2008/05/30(金) 22:53:01|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

タク君来るボーちゃん会う

20080530192437

アメリカでしょっちゅう一緒に遊んでましたギタリスト、タク君が来た。アメリカで自己グループで大活躍中。

今日は珍しく、クラシックのコンサートを見に行くのです。無料の。アメリカから来るシナジーブラスクインテットというやつ。で、タク君の分の予約とリハ見学なんかを兼ねて、コンサート会場の大学へ。

実は、シナジーブラスクインテットのトロンボーン奏者が、どうもぼくとタク君が通ってた大学の出身らしく。その人としゃべるのも目的。

まだレッスンやなんかをしていたので、暇そうにしてたホルン吹きさんや他の奏者と話したりして時間を潰し、トロンボーン奏者のボーちゃんと話す。

「ぼくは2000年から2004年まで行ってたんだけど。」

というと彼は
「ぼくは2002年から2005年だよ」と。

まるっきり被ってましたねえ。
彼は基本的にクラシックだから、授業なんかで合わなかったんだなあ。でも、マスタークラスなんかでは絶対一緒になってるはず。うーんうーん。覚えてない。

打ち上げにお招きいただきました。

コンサート前に家に帰って、楽譜をプリントアウト。すんごくフレンドリーな人達だったから。自分の楽譜あげよ。

コンサートは楽しみました。
「クラシックだって畏まって真面目に聞かなくても良いんだよ」っていうスタンスでよかったなあ。でも英語のアナウンスがどれだけ伝わってたかなあ。。。

20080530192440

本番後、打ち上げに参加。
「日本人はスタンディングオーベーション(立ち上がって拍手)しないからね。」とか教えてあげたり、共通の友人の話しをしたり、タク君がアメリカで教えてる高校がホルン奏者の出身校だったりで大盛り上がり。みんなほんとによく飲みました。
  1. 2008/05/29(木) 19:24:42|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ありがたいことに

ありがたいことに、地元の町には公共施設がたくさんありまして、リハーサルの場所には不自由しません。
今日使ったのは、災害時の避難施設。
屋根にはソーラーパネルが付いてたりして。食料庫なんかも付いてるようです。
boukomi_soto.gif
田んぼの真ん中にあって、音の心配する必要もないし。こりゃあええですわ。

ひょっとして、レコーディングなんかにも使えるかしら。と思ってたんだけど、田んぼの真ん中だけあって、カエルの大合唱が。。。
録音する全ての曲にカエルの声が入ってたら、ちょっと嫌だよねえ。
寒い季節なら使えるな。

今日使った部屋、災害時に雑魚寝ができるようにだと思うんだけど、絨毯が敷き詰めてあって、とにかくだだっ広いのです。
こういう場所にくるとはしゃぎたくなりますね。飛んだり跳ねたり転がったり。で、調子に乗りすぎて、腰が「グキッ」と。大事には至らなかったものの、危ないとこだった。

昔は、床運動が好きで、全盛期には側宙なんかもできたんだけど。アメリカに居るときに、酔っ払って公園でやって、見事に失敗して右手の手の骨がちょっと変形して以来、辞めてます。

本当は「椅子ごと後ろに転がり落ちる芸」も久しぶりにやりたかったんだけど、後頭部を強打するイメージが先行してできませんでした。うーん。大人になったなあ。
  1. 2008/05/28(水) 10:36:54|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小学生相手!

今日は朝から学校公演。
音楽鑑賞会というのは、クラシックやってた学生の頃はよく金管五重奏なんかで行ってたけどね。
景気の後退と同じ感じで機会が減っていったように感じました。

で、ジャズなんかやってたら、余計にそういう場からは遠のくのではないかと思っていたんだけど。
最近はそんなでも無さそうですな。学校も「何か目新しいモノを!」って考えてるのかなあ。

岐阜のビッグバンドゴージャス☆モンキーズ での演奏。

朝10時頃には岐阜の会場に着いていたいから、朝9時頃に出ないといけないから。
えーと。ガスでご飯を炊くのに30分かかるから。朝8時前には起きて。
じゃあ、玄米は今晩から水に浸けておいて。と考えているのが午前2時だから。。。
そりゃまあ、朝が苦手です。

午前中にリハが終わって、本番まで時間が空いてしまったので、すかさず昼寝。
駐車場の炎天下のクルマの窓を開け放して、だんだん角度が変わってくる日差しから逃げつつ無理やり寝た。ら、汗びっしょりになって余計疲れてた。

本番。小学生の笑いのツボわからないなあ。

考えてみたら、座ってる小学生を相手に演奏する機会ってあんまり無かったかなあ。
どちらかというと、大人相手の演奏ばっかりか。

来月には、地元の小学校で自分で組むバンド演奏するので、今日の公演はとても参考になったのでした。
ちょっと選曲考えなきゃいかん。「A列車で行こう」とか「Sing Sing Sing」とか、そんなんはダメか。
考えてみれば当たり前だけど、クラシックとジャズの違いとか、そんなことは小学生にとってはどうでも良さそうだ。

どうやって喋ろうか。
親指を立てて「スウィンぐ~!」と言ってみたり、カウントを出すとき、3のところアホになったりすればウケるだろうか。ウソです。そこまで媚びるつもりは無いです。
  1. 2008/05/27(火) 00:31:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

明日にできない

20080527233252
今、複数のプロジェクトを平行してやってます。
どこでどうなっちゃったのか。気が付くと、ちょうど〆切が重なってるんですねえ。

ちょっと前、実家でご飯を食べながらテレビを見てたら、ある脳科学者が
「ちょっと空いた時間に、短時間で集中できるように訓練すると良い。」
というようなことを言ってたので、自分にもできるなあと思ってたんだけど。。。

テレビで見たことを真に受けてるのもナンですが。どうも、まだまだ自分にはそんな能力は備わらないようで。
複数のことを同時にやるのは難しいねえ。

頭の中で鳴っている音楽をピタッと止められないです。
20080527233254

とりあえず、缶チューハイでも飲みながら優先順位を付けようか。
  1. 2008/05/26(月) 23:32:56|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

がぼんがぼん

20080526194434

朝9時から、小牧市で用事。

朝9時ってことは、7時に起きなければいけない!
7時に起きなければいけないってことは、夜11時に寝なければいけない!
7時に起きなければいけないってことは、夜11時に寝なければいけないってことは、昨日の晩は3時に寝てちゃいけない!

眠い目をこすりながらお仕事。
お仕事が終わったら、こんどは一宮へ移動。

3時から、レストランで演奏ね。

誰もこんなこと知りたくもないだろうけど。
途中の電気店で、シェーバーの替え刃を購入。
なんだか最近、電池の持ちが悪くなってきたのです。
あんなモノが5千円!!本体の半分くらいの値段!!このやろー!!

でも、使用8年目にして初めて変えましたが、店員によると、「一年に一度は換えるもんですが。。。」だそうです。


今日は、なぜかクルマに楽器が5本も積んであったので(イチイチ楽器を載せたり降ろしたりするのが面倒なので、だんだん溜まって、月に一度はこんな状態になります。)このレストランでは初かな?フリューガーボーンを吹きました。

うん。トロンボーンよりも耳障りでなくて、こういう目の前に食事しているお客さんがいるような状況では良いかもなあ。もうちっと使ってあげよう。

仲良しのお客さんが来ました。休憩中は、お客さんのところへ行ってぺちゃくちゃ喋ります。
ほんとうは、お店的には、(どちらかというとお店のスタッフに近い位置である演奏者が)客席でワイワイやっているのは、よろしくないのかもしれないけど、そういうのも全部ひっくるめて目当てでやって来てくれるお客さんも居るって解ってくれているようです。

演奏終了が21時!さすがにエネルギー切れ。
  1. 2008/05/25(日) 19:44:36|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

神様のご加護で

poco.jpg

朝から岡崎でお仕事。

ちょいと急いでたので、高速でぴゅーっと行ってみたけど、下道で行くのと15分しか変わらなかったなあ。
お昼休みには、学校の先生に「御用達」のお店にランチに連れていってもらう。

これで4回目なんだけど、これでこの近辺の「先生御用達」のお店は全部制覇しました。うん。おもしろかったなあ。

午後4時に岡崎を出て、帰宅。

せずに、是非寄りたいところがありまして。

安城のカフェ。なんとチューバ奏者の女性が経営しております。
以前、人に紹介してもらって。今回二回目。ちょっと相談したいことがありましてね。へへへ。

昼間に電話を入れてみたら「用事で出ていて、夜は何時にオープンできるか。。。」という感じだったので、安城市内をウロウロ。

別に欲しいものも無いけど、電気屋やカー洋品店を流したり。
カフェの前を通って、「まだかなまだかな~」とチラチラ見たり。

そんなことを3時間やっていたら疲れてしまって。今日は諦めて帰ることにしました。

国道23号に乗って考え事をしながらしばらく走ったら。

なんだか様子がおかしい。山間の風景になってきました。

逆の方向に走ってたと気がついたときには、もう吉良町。。。
40分も気がつかずに。。。普段は、こういうことはまるで無いんだけど。。。

で、せっかくまた安城市を通過するので、またまたカフェに寄ってみたら、開いてました!


美味しいコーヒーをいただいて、お喋りして、目的だったことをモジモジと伝えて。。。


ばばーん!吹奏楽が大いに盛んな地域なので、これはちょっと楽しみです!

チューバマンショーライブ@poco a poco
■6/20(Fri)
城市三河安城南町1-9-7 cafe & dining poco a poco
http://cafepoco.exblog.jp/

時間:20:00開演
料金:¥2,000(1drink付き)

席数に限りがありますのでご予約ください。
ご予約は(0566)73-5374(ポコアポコ)まで!

出演:TubamanShow

スペシャルゲスト:鬼頭 哲(b.sax 渋さ知らズ・東京中低域・Sax & brass magazine etc.)


さらに!この日は、このカフェが入っている建物にあるゲストルームに泊まっていくので、打ち上げを盛大にやりましょー!!
  1. 2008/05/24(土) 18:46:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ファッションショー

だんだん迫りつつある、TS5ファッションショーの音楽を作っております。

いろんな表情が出せるように、わりところころと曲調を変えて。
しかも、全体の流れの中での統一感が出るように。なかなか難しいです。。。
あー!一週間くらい山に篭りたい!

コンサートに装う ~音楽 フーガ ファッション~

■2008/6/14(土)

ts5.gif

昼の部15:00~ 夜の部18:30~
前売一般2000円 当日2500円 


名古屋市北文化小劇場


パートI 装いに遊ぶ”舞”
橡川 キョウ(舞踏) 土屋 康子(エレクトーン)

パートII TS5ファッションショー 2008秋冬コレクション
照喜名 俊典(トロンボーン) 黒田 かなで(バイオリン) 土屋 康子(エレクトーン)

パートIII クラシックへの誘い
川出 三和子(チェロ) 崎山 弥生(バイオリン) 宗川 理嘉(バイオリン) 小坂 ゆかり(ビオラ) 上田 花奈(フルート) 高橋 早紀子(ピアノ)

ぼくが音楽で関わるのは、パートI とパートII

現代舞踏家の橡川キョウさんは、過去に何度か共演させてもらいました。
あでやかな舞に惚れ惚れします。オフの橡川さんを見ると「あれ?こんなに小さい人だっけ?」という印象を受けました。ステージで「すーっ」と大きく見える人です。

ポピュラー系バイオリニストの黒田かなでちゃんは、いろーんなところで共演させてもらってます。
大人気アコースティックバンド「シノノメソラ」のリーダーでもあります。

土屋さんは、美貌のエレクトーン奏者です。かっちょいいです。
ぼくは、エレクトーンという楽器ができることの1/100しか知りませんでした。


後のクラシックの方たちも錚々たる顔ぶれだそうです。
名古屋のクラシックファンの人たちにとっては、宝石箱みたいなもののだそうで。

是非、お越しくださいませ。ご連絡いただけましたら、チケット取り置きしておきます。
  1. 2008/05/23(金) 17:42:31|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

責任発言

20080522225700
昼間、ファッションショーの打ち合わせ。
ホール公演の規模になると、ちゃーんと舞台監督さんに監修してもらわないと、すべてが上手く回りません。

人の動き、照明、音響。まだまだ他にもいろーんな要素があって、すべての歯車が絶妙に絡み合った上で、公演は成功するのですが。
ぼくは、ただ音楽を担当させてもらっているだけで、全体を見渡せる能力も経験もないんですねえ。
小さい会場で自分のグループで演奏するだけなら、全部自分で責任もってやりますけどね。

舞台監督っていうのは、自分がどう頑張ってもなれない職業、役職だなあ。

タイムテーブル、会場の見取り図、備品のリストなんかを見ながら「ここで、これだけの人を動かすには、これだけのスタッフが必要。。。この場面では、ここにもう一本マイクが必要。」とか、そんなことを読み出していくんですねえ。表や図から、本番の流れを頭の中でシュミレーションしてるんだね。
これだけのことができるようになるには、とてつもない量の本番経験と、電気音響等の専門知識と、人を動かす目ヂカラが必要なんです。

今回、初めて舞台監督さんと打ち合わせをさせてもらいましたが「この人の下で、歯車の一本になれるのは光栄だなあ。」と思っちゃったのです。


打ち合わせ後、家に帰るには時間が足りなかったので、夜のライブがある大須に早めに入って散策。
縄張りチェック。中古楽器売り場では、彼氏がベースを得意気に試奏し、後ろから彼女がその様子をつまらなそうに見ておりました。沖縄物産店では、照喜名製麺所(←遠い親戚ね)の麺はいつものように、「ご予約」のビニール袋に入れられて、実質売り切れ状態。刀削麺のパンクのおねーちゃんは、お客と夜行バスについて語っており、古着屋では、相変わらず欲しいTシャツが無いのでした。思い切って新しく入ってみた服屋では、店員がいちいち話しかけてくるので、縄張りには設定してあげないのでした。


蚊に刺されつつも、クルマの窓を開け放して横になった後、ライブスタート。

「昔、ユーフォ、トロンボーンをやっていて。。。」という方あり
「カエルのマウスピースケース。。。」という方あり
先日のライブの余韻を持ちつつ見に来てくれた方あり
「チューバマンショーを大阪で見て。」という方あり

実は、お客さんに対しては「怖い」という印象があったりします。
そりゃそうですね。いきなり自分を音だけで評価してもらおうとしているんだから。

そんな中、向こうから「わたし、こんな共通点があるんですよ。」と、壁をツンツンとつついてくれる行為のありがたみといったら。
  1. 2008/05/22(木) 22:57:03|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

パーフェクトおやつ

20080521232737
来月、14日に本番が迫るファッションショーの打ち合わせへ。

音楽を監修しています。
これ、ただのファッションショーではありません。
モデルとして、音楽家がたくさん登場します。そして、実際に演奏もします。
管楽器奏者、弦楽器奏者、ピアニスト。いろーんな姿勢、スタイルで演奏する奏者が「演奏している時に一番美しく映えるように」ということが考えられて作ってあります。

トロンボーン奏者場合、「右手が自由に動くように、ずりあげられても良いよう、袖を少し長めに。」とか、ピアニストの場合「座ったときの姿勢で一番美しく見えるように。」とか、楽器によって、いろいろな要望があるようです。

どんな楽器の奏者がどんな衣装で登場するかは、演奏家としてもとても楽しみであります。
まだまだチケットありますので、興味あります方はご連絡を。


打ち合わせの内容は、分単位、秒単位で動くステージを細かく監修するもので、とてもとても集中した内容です。打ち合わせ後は、頭からモクモクと煙が出てる感じ。

帰り道に「ちょっとなんかワクワクするような食べ物を買って帰ろう。」なんて思ってスーパーに寄るも、何にも惹かれず。
「本当はこういう時は、糖分がよいんだろうけどなあ。」なんて思っても、やっぱり甘いものにはまるで興味なし。

で、乾物の前に来たときに思いも寄らないものにグッと食欲を感じてしまったんですねえ。

にぼし。

基本的に、「食べたいと思うもの」が「体が欲しているもの」だと思うので、買ってしまいました。
しかも、駐車場まで待てずに、歩きながらむしゃむしゃと。

うん。頭が疲れたら、に・ぼ・し!
  1. 2008/05/21(水) 23:27:39|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

流れがキテます!

20080521232702

朝起きて、「うん!今日はいきなりスパゲティーだ!」と思って、買い物へ。
いつも行く大型チェーン店のスーパーへ行くのが面倒で、近所の昔ながらのスーパーへ。

まだ開店のすぐ後で、おばちゃんがお店の準備してます。
ぼくに気がつくと「何か探しとるの?」と。

「うん。トマトとベーコン。スパゲティにしようと思って。」とぼく。

「あら。自分でルー作るの?じゃあ、こっちの赤いヤツがいいよ。オマケしとくから。」
と、熟れたトマトを8個で200円でくれました。こんなことは昔は当たり前だったんだろうけど。
大型スーパーじゃありえないね。うれしいなあ。スパゲティのソースを「ルー」と呼ぶかどうかは謎だけど。

夜、ゴージャス☆モンキーズのリハーサル。ライブのリハじゃなくて、小学校での演奏だそうです。
どうも、身の回りの動きを見ていると、学校の音楽鑑賞会でちょくちょくジャズバンドが呼ばれるようになっているようです。ぼくもお話をもらっておりますが。

今までは「音楽鑑賞会=体操座りで大人しくクラシックを聴く会」だったと思うんだけど、ちょっとずつ変わってきているのかな。選曲などで、へりくだろうという考えはまるで無いですが「自分もあんな演奏がしたい!」と思わせるようなステージをしたいなあ。大人しく聞いてもらいたくないなあ。
  1. 2008/05/20(火) 23:27:05|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

パーティー演奏

大須のイタリアンレストランで演奏。
今日は、ライブではなくて、プライベートパーティー。

早めに着いて、セッティングして、で、控え室が調理場の真横!

これ、良くないですねえ。
調理方法等、すごく興味があるので厨房をずっと眺めてたら、お腹がどんどん減る。

たまらず、店の外に出ました。無理無理。

演奏開始。BGMなので、あくまでおしとやかに。
と思ったら、一般の方というのは、思いもよらないリクエストをくれますなあ。

メリーさんの羊かあ。
  1. 2008/05/19(月) 14:19:46|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大きな管楽器

20080519091827
春日井のカフェコモドにて、ボーカリスト富安秀行さんのレコ発ライブのお供。

チラシには、照喜名俊典(大きな管楽器)と書かれてあります。
まあ、一般的には、チューバだのボーンだのユーフォだの書かれてもわからんか。

甲子園で出てくる白くてでっいの、谷啓の伸びるやつ(古いか)、前出の白くてでっかいののちっさいの(わけわかりませんね)ってとこかな。

夕方から西日が射すカフェで始まったライブ。どことなく懐かしい雰囲気がありました。
飛び入り演奏あり、ぼくのソロコーナーあり、楽しくライブは進みましたが。。。

突然の「じゃあコーラスやって。」の声に、しどろもどろ。

そういえば、前回のライブも前々回のライブも、コーラスしましたが、他にバイオリニストの黒田かなでちゃん(歌上手いのです。歌でもCDに収録されてます)が必ず入っていたので、「間違えてもバレないか。」という感じで歌ってたので。油断してました。

昔は、一生懸命、長渕剛の真似したり、大学でも声楽の授業とってたりするので、歌えないことは無いんですがねえ。歳をとるにつれて、歌わなくなりましたねえ。結局、少し歌っただけで、随分と消耗してしまいました。喉も痛いねえ。。。

でも!実は、これから、ちょっとずつ歌を歌えるようにしていけたら良いなあなんて思ってるのです。
これは、黒田かなでちゃんと話していたんだけど、「器楽曲のみのライブで、一曲だけでも歌詞のある曲が入ると、全然違うよねえ。」と。ごもっとも。まあ、ぼくに向いているかどうかは別として、試してみる価値は十分にあります。ということで。。。

ライブ終了後、10時頃から地元のファミレスで、バンドのアレンジについての相談を受ける。
普段、ファミレスは行かないんですが、この時間帯のファミレスの喫煙席はオワッテますなあ。
似たような服装の似たような頭の似たような座り方のにーちゃんねーちゃんで満員!
あっちじゃなくて良かった。。。

店を出た時(24時頃)には、喫煙席はすっからかんだったんだけど、皆どこへ行ったんだ?
  1. 2008/05/18(日) 09:18:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

かっこ悪い日

天気が良かったので原付でユーフォを背負って春日井市の音楽教室まで行きました。片道一時間。
堤防道路をびゅーん!と。気持ち良い!

「ガソリンの残量が少ないので、どこかで入れようか。」と考えつつも走っていると、思いのほか道が空いていたのでさっさと教室の近所まで来てしまった。早めに着いて、昼ご飯を食べるつもりだったので良いんだけど。
コンビニで買い物しようとして、財布を持っていないのに気付く。
忘れてきた。

仕方ないので教室へ。

できれば、BMWかなんかのオープンカーで颯爽と登場できたら良いんだけどなあ。
原付でボコボコと登場。

できれば、お洒落なワッフルの話なんかできたら良いんだけどなあ。
昼ごはん食べ損ねたので、始終お腹がグーグー。

帰り道、原付を走らせながら
「あ!まだ給油してなかった!あ!財布持ってないんだった!」
ということに気付く。あっという間にガス欠。

しばらく考えた後、緊急用ガソリンタンクの燃料を使ってかろうじて教室へ戻る。

「ちょっと忘れ物しちゃってね。」なんて言えたら良かったんだけどなあ。
「すんません!財布忘れて、んでもってガス欠で!1000円貸してください!」

で、さらに、店長に「何かあるといけないから。」と5000円差し出されたあたり、実にかっこ悪かったです。
  1. 2008/05/17(土) 01:42:41|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

現実逃避失敗!

苦手な事務仕事が溜まってきて、頭がパンクしそうになってきたので、無理やり息抜きに出かけました。
自分で自分の首を絞めることになるのは、解ってるんですが。

「こういう時はやっぱり、海を見に行こう!」と原付でびゅーん!と走ってたら警☆察に止められた。

これでまるっきりワクワク感がなくなって、空腹になっているのに気がついて。
「じゃあ、ラーメン食べよう!」と、今度は名古屋市内へ向けて走っていって、一度行ってみたかったラーメン屋の前に着いたらシャッターがガラガラガラっと閉まっている最中で。

「じゃあ、ラーメン博物館で新しいラーメンでも。」
と思ったら、とっくに倒産していて。

「じゃあ、Tシャツでも買おう!」と思って数点購入。
「会員カード作りませんか?入会金は無料です。割引がどうのこうの、ポイントがどうのこうの。」
と言われて「はい。じゃあ。入ります。」と言ったら

「では、年会費が。」

と、まるで息抜きにならなかったので、帰ってやけ酒飲んで寝ました。
  1. 2008/05/16(金) 13:48:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

YJKシステム初稼動

20080516130446
指導に行っているビッグバンドに、自分が出した音の波形がすぐに見れるシステムを入れてあるノートパソコンを初めて持っていきました。

「そこはまだポワンと吹いているから、もっとバシッと!」と言って実際に吹いて見せても、よく解ってもらえなかったり、解ってるつもりでも出来ていなかったりということがよくあったんですが。

これだと、見た目ですぐに判ります。自分の演奏も波形を見てみると、やっているつもりでも。。。という箇所があったりします。聞き分けられる耳があれば問題ないんですけどね。

とても興味を持ってくれて、しばらくみんなでわいわい遊びました。
「ほら、ここを解説しましょう。ここでいっぺん引いてるでしょ?これがポワンの部分ね。」
なんて言いながら。

これは、すごーく良い方法だと思います。キャッチーだし。
なにより、(自分が)メカを操っている感がイイ!

というわけで、YJK(やってる自分がカッコイイ)システムと名づけました。
  1. 2008/05/15(木) 13:04:50|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

中山うりさん

のバックバンドをアポロシアターにて。
眠い目をこすって、楽器を三本積み込んで、ライブ会場へ。

会場へ着いたら、ちょうど、ホーンセクションのリーダー兼アレンジャーの織田くんが到着したところで、久々の再開となりました。楽器三本抱えてるからね。握手とかできなかったけど。
20080515180110.jpg

20080515180112.jpg
今回のホーンセクション
東京より織田祐亮(tpo)、藤田淳之介(sax) 名古屋よりテルキナ(eu.tb.tu)、粥川なつ紀(sax)

ぼくは、人の才能に嫉妬するということは滅多に無いんですが。自分は自分で今、できることを精一杯やっているつもりなので。
でも、織田君のホーンセクションのアレンジは、自分にはないエッセンスだらけで、「うーむ。いつの間に。。。これがセンスというものか。」なんて唸ってしまったのでした。とにかく良かったなあ。

中山うりさんのステージは、20曲近い曲数(17曲?18曲?)を休憩も挟まずに一気にやるという、集中したもの。MCも短くて。こりゃあすごいことですよ。こんなに長い間、音楽だけでお客さんを引き込めるなんて。歌詞のある音楽と、楽器だけの音楽という違いはもちろんあるけれど、自分のステージに、大いに活かせることをたくさんもらいました。
  1. 2008/05/14(水) 00:01:03|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アンプ!

20080515184831.jpg

アンプ!暗譜!暗い楽譜!

明日、売り出し中(大売れ中?)メジャー歌手の中山うりさんのバックバンドをやります。
五曲ほど参加するんですが、これが全部、暗譜なんですねえ。

譜面みちゃだめ。見栄え、ノリが全然違うからね。それだけでなく「楽譜を見なくても良いくらい、しっかり準備して来てね。」という意味もあると思いますが。

もう、一週間も前に、楽譜も参考音源ももらってましたが、なんせ頭の中がチューバマンショーの新曲のことでいっぱいだったので、他のことをやっている余裕がなかったのです。。。

で、今日は一日空けてあったので、とにかく楽譜と音源に向かう日にすることに。

暗譜は割と得意だと思ってたんだけど、それはもう随分と前のことだったようです。
思えば、「楽譜を覚えなきゃいけない。」なんて本番はやってないなあ。

もちろん、ジャズの現場では「もう覚えてしまっているから、バックを聞けばだいたい着いて行けるから」という理由で譜面を持たずに行くことはしょっちゅうですが。。。

いやいやいや。思ったより時間がかかってしまって、夜が明けるまでやってた。とほほ。
どうしても覚えられない箇所は、カンペで補うことに。一夜漬けなんて、どうせアテにならないからね。
楽器のベルに、縮小してプリントした楽譜の一部をペタペタ。ああ、不甲斐ない。
  1. 2008/05/13(火) 18:29:47|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スーパーハシゴ

20080515180023.jpg
午前中、午後と、仕事(真面目な音楽の仕事もやっておりますが、大して面白くないので、公表しないのです。ひひひ。)を済ませた後、まだ用事で名古屋に残っている鬼頭ブラスのリーダーを名古屋市内でピックアップ。
スーパーへゴー!ご馳走を作ってもらうのです。
地元のスーパーを三軒回る。安売りスーパー、業務用スーパー、大型チェーン店。
買出しは楽しいです。はい。

というわけで、ご馳走を食べながら、ワインをガブガブ呑みながら、音楽の話をしたり、音楽じゃない話をしたり、スペクトラム(昔の管楽器バンド)の動画を見たり、芸人の動画を見たりして、いつ寝たか覚えておりません。

大きい本番の後のこういう時間は必要だなあ。
  1. 2008/05/12(月) 18:29:07|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

鬼頭ブラス@一宮杜の宮祭り 

鬼頭ブラス、一宮での屋外公演。
去年は、大雨のため、中止になってしまったんですねえ。
今年も危ういかと思ったんだけど、さすがに早起きはできず、昼前に起きてみたら思いがけない晴天!
明け方は、まだ降っていたようだけどね。よかったよかった。

雨上がりのヒジョーにすがすがしい天気の中、一宮入り。
演奏もパキッとすがすがしく!
練り歩きのブラスバンドの後を踊りながら着いてくるお子ちゃま達には、マラカスを渡して演奏に参加してもらったり。地元のケーブルテレビかな?テレビカメラが、そんなノリノリのちびっ子を映してましたねえ。

約1時間半?ぶっ通しで演奏していたにも関わらず、時間かあっという間に過ぎてしまって、もうちょっと吹きたかったなあ。という感じ。
20080515175848
いつもお祭り会場にいる、主催者さんのワンちゃん。好みのタイプです。

演奏終了後、一宮の町をぶらつく。
薄手の衣装のままだったから寒かったー!
空がなんだか秋の空みたいだったねえ。
  1. 2008/05/11(日) 21:20:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クリニック→ライブ→移動

大阪市内の大学で、一般の大学生さんを相手のコンサートとクリニック。たまたま関西にいたからね。
よかったよかった。
しかし、一般の大学生を相手にレッスンってなかなかないけど、かなり楽しかったなあ。さすがにみんな大人だなあ。そして、皆様、賢いんだと思うけど、物分りが早い!ぼくにも、こんな頭脳明晰な時代があったなあ。。。たぶん。今は、右脳しか使ってないです。うそ。ほんと。
ぐんぐん改善されて行く様子を見ると「やってよかったー!」ということになります。

夕方に講習会を終了した後、しとしとと雨の降る中、大阪市弁天町の波止場に建つ、それはそれは寂れた建物「加藤汽船ビル」にあるライブバーへ。

鬼頭ブラスのTb、三原くんのリーダーバンド「グリーンパレード」を見に行く。鬼頭さんがバリトン吹いてます。
この、加藤汽船ビル、昔は、ここからフェリーがどんどん出ていて、たくさんの旅客で賑わっていたんだろうけど。。。今は、食堂街も全て閉まっていて、ほとんど廃墟の様相ですが、そこに、若者が新たに店を出店しているようです。

トロンボーン三原君の目に、闘志の火を初めて見ました。
リーダーバンドというのは、つまりそういうことなんだね。
自分のやりたいことを、人を使って実践すると。さらに、人に見せると。
そりゃ、こういう目になりますわな。

ぼくは、ゲストとして参加もさせてもらいました。

ライブ終了後、三原くん、鬼頭さん、鬼頭ブラス総務の浅利さんを乗っけて名古屋へ帰る。
このために、今回はクルマで移動していたのです。

ラーメン食べて、大阪出たの1時。自宅に着いたの4時。みんなでワイワイ。
BGMは何故か「さだまさしベスト」
  1. 2008/05/10(土) 20:50:07|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チューバマンショーライブ@Saita!Saita

20080510122903
神戸のフルーツカフェSaita!Saita!でチューバマンショー。CD制作に向けて、新曲をたくさん用意していたので、アップアップだったところがありました。あれもこれもやりたい!どうしよう?と思っていたら、一番、ウケが良い曲をプログラムに入れるのを忘れてました。でも、これは良いことですね。うん。レパートリーが増えるってイイ!

お馴染みのお客さん、初めてのお客さん、皆さんに楽しんでもらえたかなあ。
トークの方は、これからなんとかしていきます。。。なるべくダラダラとしないように。。。
t.jpg


さてさて、たまたま、このカフェでは個展が開かれておりまして、お店の壁面には、可愛い切り絵がいっぱい!そしてそして、その切り絵作家さんが、ライブに来てくれていました。

さらにさらに、ライブ中にチューバマンショーをモデルに作品を作って下さいました!
これがすごくカッコイイカワイイ!

ババーン!名古屋では、まだ僕だけしか知らないだろう!(んなことないか)
キイロノハサミさんです!

これから、あっという間に有名になって、いろーんな所で作品を見かけるようになるような気がしますが、その時は
「あ、テルキナが一番に見つけた人だ!」と思ってください。
うそです。すみません。

でも、ツボど真ん中ストライクだったので、ライブ後、作品を沢山購入してしまいました。
名古屋にもそのうち呼びたいなあ。
  1. 2008/05/09(金) 12:29:12|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

神戸入り

20080509145100
神戸へ移動。だらだらと準備していたら、昼過ぎになってしまったので、高速道路でぴゅーっと。第二名神を初めて使いました。
山間の里を抜けていく、とても気持ちのよい道ですね。親戚が京都の宇治にいるので、昔はよく土山町とか信楽町とか通りましたよ。それを眼下に見下ろしての通行。ちょっと寂しい感じも。なんか、インターチェンジが少なくないですか?地元の人にはそんなに喜ばれていないのかも。

海の見える丘にあるチューバ基地に着いたら、さっそくリハーサル。一つ大事な楽譜を忘れてきてしまった。
でも、E-mailでデータを送ってもらってセーフ。ひと昔だったらアウトでした。
  1. 2008/05/08(木) 09:00:00|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

打ち合わせ→音源修正

とあるプロジェクトの打ち合わせで、とあるジャズ喫茶へ。
とあるピアニストさんがとあるDJさんと、とある楽曲のレコーディングについて話している現場におじゃまして。
とある燃料をケチって、とある会社の原付で。
うーん。もうなんでも隠すか。。。

帰宅後はとある吹奏楽団の。。。名古屋ウィンドシンフォニーの音源の編集。

早急に音源を音源配信会社に提出しないといけないそうで。
録音はぼくがやってたから。

編集といっても、切り貼りとかそういうのではなくて、ただずーっと録りっぱなしだった音源を切ってトラックを分けるだけ。簡単簡単。ちょちょいのちょい。「今日中にやりますよー」なんて安請け合いもしたし。たぶん、一時間もあれば。

と思って、実際に録音をパソコンに取り込んで波形を見てみたら。

ちょいちょい録音レベルが振り切れてる!(録音した音がでかすぎる)
ああ、そうか。普通、本番はリハの時より張り切るもんなあ。
リハでしっかり録音レベル合わせてもいかんなあ。。。反省。

というわけで、急遽、補正が必要になりました。
ギリギリ(よっぽど大音量で、アラを探すように聞かなければ)オーケーだと思うんだけど、ひょっとしてスピーカーによっては、プチっていう音がしてしまうかも。

そのプチっとなりそうな箇所を丁寧にプチっとならないようにしていく作業。
5時間もかかってしまった!くっそー!

波形を見ながら「なんでこの箇所はこんなに『プチっといいそう感』が強いんだ!しょうがないなあ。。。」と思って20分ほど作業して、補正後に聞いてみたらただ単にそこは演奏後の拍手の箇所だったり。そんな箇所は使わんじゃないか。

しかし、危ないところだったなあ。あと少し録音レベルを高く設定していたら。。。おーこわ。
  1. 2008/05/07(水) 03:55:40|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

うーん。言えないなあ。

名古屋市内某所で開かれたパーティにて演奏。以上!詳細が書けない。。。

けど、遠 山の金さんがいた。
  1. 2008/05/06(火) 01:19:42|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小さくガッツポーズ

euph.jpg
名古屋ウィンドシンフォニーの定期コンサートを芸術文化劇場にて。
ついに、こんなに大きい会場でコンサートができるようになりました。感慨深いものがあります。
多少、集客の不安があったんですが、蓋を開けてみたら予想以上の大入りで。

受付で混乱があったようで、待たせてしまったお客様には申し訳ないことをしました。
団として、まだまだ経験不足のところがあります。


ぼくとしては、年に数回のクラシックの本番なので、恥ずかしながら「絶対に本番はド緊張してしまうだろうなあ。」と思ってたんですが、いざ本番を迎えると、「誇り」の感情が強く沸いてきて、丁度良い緊張感で臨むことができました。パーカッション以外は。あれはやっぱり緊張しますわ。まあ、上手くいってよかったよかった!

演奏しながら、状況を分析してたんですが「これは、とても良いコンサートだなあ。」って思ってました。
多くのお客さんに喜んでもらえたようで、とてもとても光栄です。

ただ、「次回は、これ以上のことをやらなければ、期待を裏切ることになるんだなあ。」なんてプレッシャーも正直、感じてますが。まあ、やらねばならんことは、絶対にやらねばならんので。


以下、非常に個人的な話ですが。。。
曲を終えて、立って客席に向くとき、このようなこだわりがあるので実践してみました。
将来、中高生が真似してくれないかなー。
  1. 2008/05/05(月) 23:28:28|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

明日はライバルなんだけど。。。

夜、名古屋へ出まして。

明日、稲沢で本番がある「ブラスヘキサゴン」の皆様と主催者様の飲み会にお邪魔しますのです。
残念ながら、明日は自分の本番があるので、残念ながらコンサートを見ることはできず。

2001年、アメリカで初めてお会いしたユーフォの外囿さんには、その後、機会があるたびに、自分の活動の報告をしていて、名古屋へいらっしゃる度に、自分の楽譜を見てもらったり、音源を聞いてもらったりしてます。
トロンボーンの箱山さんには、ワイフーがお世話になっておりまして。
チューバの池田さんは、まだ一度もお会いしたことがないですが、池田さんの入っているジャパンテューバソロイスツには、アドリブソロ譜を提供したことがあり、これを機に顔を覚えてもらおう!なんて思ってました。

日本を代表する顔ぶれを前に、さすがに初めは緊張しましたが、すごい勢いで宴会が盛り上がっていくので、それに乗り遅れないようにしてたら、リラックスできました。外囿さんに、ちゃんと近況報告をして。目下の目標を伝えて。「ヘキサゴンの曲を書いてみる?」なんて言ってくれたり。池田さんにも自己紹介したら「あ!」って驚いてくれて。

さらに、明日は自分の本番があるからコンサートは見れない。で、「宴会だけ」というのは、甚だ失礼だというのに主催側の方たちにもすごく良くしてもらえて。

まー嬉しくて、良く呑みました。
  1. 2008/05/04(日) 23:07:18|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

DSC01137.jpg
歌謡曲をデキシーランドジャズ風にアレンジして、演奏するバンドを持ってます。最近、あんまりやってませんでしたが。「ミソガンボ」といいます。ニューオーリンズの名物料理の名前がガンボです。あとは説明いいや。

そのバンドで豊橋のお祭りで演奏して来ました。

当初の予定では、クルマ一台で乗りあって行こうと思っていたんだけど、前もって主催者から連絡があって
「高速道路は絶対使わないほうが良いです。経験上。」だそうで。

10時入り。クルマで下道で豊橋まで行くとなると、朝6時くらいに家を出なきゃ行けないので、みんなで電車で行くことにしました。

朝8時に家を出る頃に、交通情報を聞いてみたら、高速道路は、豊橋までの中間地点ですでに24kmの渋滞だそうで。。。よかったよかった。

時間の心配をしだして、一旦、気持ちが浮ついてしまうと、それをなかなか収めることができずに演奏にまで影響がでてしまうのです。

余裕を持って会場に到着。暑い!シャツ一枚脱いで本番に臨むも汗だらだら。
後で知ったんだけど気温28℃もあった。

きっちり楽しく演奏。

このバンドでは、ぼくとドラマー氏以外は、基本的にクラシックの奏者で、基本的に楽譜に書いてあることを吹いてもらってます。当然、本番ではいろんなミスが起こるわけで。

普通、「楽譜命」の人は、想定外の事故が起こると、動揺してしまってそれがお客さんに伝わっちゃったりするんですが。。。みんな「バンド」を経験している人たちで、一味も二味も違います。たくましい!

戦時中、ラッパを吹いていたというご老人。たまたま通りかかったブラスバンド部の女子高生。演奏しながら追い掛け回したちびっこ。喜んでもらえたようです。
演奏終了後、わざとらしい写真を撮り、名古屋へ帰る。強い日差しに晒されて、くたびれましたわい。

夜は、小川軒で水野啓トリオのライブ。の事はまた明日に追加しましょう。
  1. 2008/05/03(土) 00:08:49|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

名古屋ウィンドシンフォニーリハーサル no.3

20080502224021
リハーサル最終日。
もういっこパーカッションが増えた!
  1. 2008/05/02(金) 22:40:22|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

名古屋ウィンドシンフォニーリハーサル no.2

Image864.jpg

今日もまたまた名古屋ウィンドシンフォニーのリハーサル。
昨日よりは少し余裕が持てて、周りがだいぶ聞けるようになってきました。
そしてやっぱり、パキッと前向きに演奏する相方さんのお陰で、全くぽわんと吹かなくても良さそうです。

さて、ここで事件!

このコンサートのために自作したポップガン(空気鉄砲)。
つい2,3日前に「担当する奏者が作ったほうが良いに決まってるのに」なんてボヤきましたが。。。

リハーサル中に、担当の打楽器奏者があまり上手く音を鳴らせなかったので、手本を見せたところ、成り行きで、ぼくが本番も担当することになってしまった!
そりゃあそうだろうなあ。人が作った道具を渡されても困るわなあ。。。
ぼくは、制作の際に、何十回も試し打ちしてるもんなあ。

こんなに思いきりの悪い性格なのに、絶対的な思いきりを要求されるパーカッション!無理!

ああああ。胃痛が。。。見る人(メンバーも含め)は楽しいだろうなあ。
  1. 2008/05/01(木) 01:08:17|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2