FC2ブログ

GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エレク豚トロン盆

20070319002909
アレンジを教えている人で、エレクトーンの先生という人がいます。もう、十分にアレンジなんかできちゃったりするんだけど、すべて、会社のマニュアルみたいなのがあって、その音楽教室のイロみたいなものから抜け出せないそうで、それが嫌でぼくのところに来てます。

その先生の関係のエレクトーンの発表会をみに行ってきた。話しを聞いていると、エレクトーンとはなんとも不思議な楽器みたいじゃないですか。打ち込みができたり、リズムが付いたり。興味津々で見に行ってきた。

アレンジの課題があって、それを生徒さんが好きなようにアレンジすると。予選があったみたいで、ソレを勝ち抜いてきた人達らしい。

うーん。やっぱり不思議だ。何もボタンを触ってないのに、どんどん音色が変わったり、リズムが変化したり。ビブラートがかかったり、ディストーションがかかったり。。。

エレクトーンの先生に言わせると、「生楽器のことは何も知らなくて、例えばパンフルートの音色はそういうボタンがあるから知っているけど、実物の外見が所謂、横笛ではないとは知らなかった。どんな形の楽器かを実際に知って、あんなにアタックが強い訳がわかった。」と。

まあ、そうだよねー。

うん!もっと知りたい。エレクトーンのしくみ。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/18(日) 00:29:09|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。