GetFunked! 闘うジャズユーフォニアム奏者 照喜名俊典

『照喜名俊典』の格闘日記!! HPはコチラ→http://tterukina.com/ 音源、スケジュールなど

ラッパさん

多治見市のパレットにてライブ。

ラッパ吹きの長瀬さんに誘ってもらいまして。

数少ない、しっかりとしたアドリブがとれるラッパ吹きです。なんで名古屋にはラッパ吹きが少ないんだろ?ぼくが知らないだけ?

同じ金管楽器同士でジャズコンボのライブをやることってほとんど無いので、なかなか新鮮だった。いつもサックスばかりだもんね。ハモり方とか、いつもより気を遣うね。

ライブの前から次回の予定合わせで盛り上がる。飲み会のね。演奏の予定は決めてないのに、飲み会の借り予定は3回入りやしたぜ。
  1. 2007/01/31(水) 00:12:28|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

防音工事完了

昨日、半分しかすすまなかった防音パネル工事。助っ人にキレの良い動きで定評のサックス奏者、松本卓也君を呼びまして。

あっという間に完成しました。
脱着式パネルを窓側にピッチリとはめ込むと、部屋の中は真っ暗。試しにCDを大音量でかけてみると、窓際に近寄ると低音はやっぱり響いてくるものの、少し離れたらまるで気にならない程度になってます。

さすがに楽器の音はこれよりも漏れるみたいだけど、それでも通常の練習は夜でもできそう。

大満足!夏はサウナにもなるね!
20070131110427.jpg
デシベルメーター。呼気中のアルコール濃度を測ります。
20070131010513.jpg
夜更けまで松本君とスーパーファミコン。
ストリートファイター、完全クリアー!
  1. 2007/01/30(火) 11:32:53|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

防音工事なさーる

隣の空き地に家が建ち、引越しもすんだようなので、さすがに昼間でもバカスカ楽器を吹いてよいという状態ではなくなりまして。。。

防音パネルを作ることにした。
ウチの場合は、多少の音漏は大丈夫なので、DIY程度の防音ができれば良いのです。

以前からホームセンターで腕組みをし「うーん。。。」と唸り続けて検討した結果、石膏ボードに発砲スチロールの板を貼り付けて、それをビッシリと窓側にはめ込むと。それがいちばん簡単で安そう。

石膏ボードとスチロール板各5枚、これを張り合わせるのは布テープ。
釘なんていらないし、加工もしやすいし。
合計で7千円ほどの超格安プラン。
20070131110353


しかし天気が良かったので、あれほど「うーん。。。」と唸り続けたホームセンターで「レジャー用品コーナー」にてバドミントンセットなんかも購入してしまい、近所の目を気にしつつ、「うふふ。そーれ。あはは。えいっ」などと笑いながら平日の昼間からバドミントンをし、工事の開始は夕方からになったのであります。
当然、思うように進まなかったのであります。
  1. 2007/01/29(月) 11:02:57|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

わからん!

昨日の夜、いろいろ教えてもらったことを確かめたくて、CDを買うことにした。

ある「特定の歌手」が歌った「特定の歌」が入ったCDを探してるんだけど。。。

なんだこれー!?日本語に訳すなー!!せめて原題を英語で書いてくれー!
アマゾンのバカー!!
wakaran.jpg

  1. 2007/01/28(日) 20:09:49|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

遊倶楽部

実家のある隣町、美和町のカフェ「遊倶楽部」にてお昼のサロンコンサート。

前半は「ジャズの歴史とスタイルの変遷」についての講義と実践を交えながら、後半はメンバーのオリジナル曲をやりました。

「即興で演奏するということはですね、作曲と演奏を同時にやるということですから、ジャズミュージシャンは作曲もできますよ。」

と言って、お客さんに音を(無作為に)3つピックアップしてもらって、15分の休憩の間に一曲作って、後半で披露するなんてコーナーもやりました。

そのピックアップしてもらった音がE,Eb,A。
これはですねえ。ハトの朝の鳴き声なのです。

なので、ハト氏作曲によるフレーズを使ってブルースを作りました。途中には、鳥繋がりということで、カッコーにも登場してもらいました。img033.jpg


あー。喋るのに疲れた。ぼくはドモリなので、うまく喋れんのです。声を張り上げるのも苦手なので、マイクを使わせてもらった。

コンサート後に
「あー。うまく喋れん。」
とぼやいておりましたら、お店の人に
「慣れていなくて一生懸命だったところが良かった。」
って言って帰ったお客さんがみえましたよ。
と言われる。うーん。。。


夜はベーシスト加藤さんにお誘い頂いてライブに参戦。
ライブ後、メンバーはお店でウダウダ。

ボーカリストのお弟子さんが来ていたみたいで、セッションが始まり。。。ぼくも参加して。ボーカリストの先生がお弟子さんに色々教えてます。音楽のことだけじゃなくて、マナーについてなんかも。ぼくもいろーんなことについて、アドバイスをもらったりして。

ああ。なんだか感動。
夢にまでみました「あるべき姿。。。」
授業でいろいろ習うよりも、がぜんやる気がでますな。
  1. 2007/01/27(土) 19:34:16|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

町内見聞録

map.jpg

いつもお世話になっている花屋さん「竹田生花店」に領収書を渡しにいく用事ができまして。

お昼。天気が良かったので、(ぼくの実家のある)隣町の美和町まで、3kmほどの道のりを歩いて行くことに。
天気が良くてジーパンを洗濯してしまったので、ちょっと早い半ズボン。

テクテク歩いてお店に着いたらば、店主の竹田さんに
「あれ?お昼ごはん食べてないでしょ?」
と、ズバリ当てれられる。
うん。この後、ラーメン屋まで歩こうと思ってたからね。でも、なんで判ったの?

「ちょうど良かった。蕎麦屋行こう!」
と、誘われて、蕎麦屋へ連れて行ってもらうことになりまして。竹田さんの車でね。

向かった蕎麦屋は、ウチの方面の蕎麦屋。
自分が散歩中である事を竹田さんに伝える。
「天気が良いので、蕎麦屋からは歩いて帰りますね。」

おいしい蕎麦をご馳走になりつつ、
「ウチに正体不明の生き物が住み着いていること。」
「確定申告、税金のこと。」
なんかを話している内に、ふと眼鏡の話題になりまして。

竹田さん、オサレなメガネをしているので、
「それどこで買ったんですか?自分の壊しちゃって。」
と、聞いたら、

「美和町の杉原さんとこだよ。今から連れていこうか?そこで降ろすよ。」
という話になりまして、成り行きで眼鏡を買いに行くことに。

成り行きで入った眼鏡屋さんは、古い商店街にある、昔ながらの小さい「時計&眼鏡」のお店。

竹田さんは、眼鏡屋さんに
「この人、ぼくの友達。よろしくね。」
とだけ告げて帰って行きました。


そこの店主と話を始めるやいなや、ヨボヨボのご老人が入ってきて
「ちょっと見てくれ」と言う。

ぼくは急ぎではなかったので、
「あ、待ちますよ。そちらお先にどうぞ。」
とゆずる。

で、ちんまりと窓際に腰掛けて、二人のやり取りをなんとなく見ていた。

(方言だったのを訳すと)
「新しい眼鏡、前のより良く見えるようになっていない気がするんだけど、もう一度見てもらえないかい?」

「そんなもんだよ。昔より歩けなくなってきてるでしょ?それと同じで、目も見えなくなっていくんだから。まだ良いほうだと思わなきゃ。。。」



竹田さんのお店よりも遠いところで降ろされてるところ、竹田さんの去り際の言葉。店内の二人のやり取り。
なんだか、歩いて花屋に出かけただけなのに、こんなことになっているシチュエーションが可笑しくて。


明らかに(流行りモノの)品揃えは悪そうなお店だったけど、
「このお店でいいや。」と思ったのです。

ぼくを25,26才だと思ってた店主(半ズボンだしね)、
「うーん。キミに合いそうなセルフレーム探しておこうか?ウチはあんまり置いてなくて。。。」
と。

「いや、もう32なんですよ。あんまり若すぎるデザインはちょっと。。。」と言うと

「じゃあ、コレは?その位の人に合うかと思って去年の暮れに仕入れたやつ。」と。

あまりにも、輝いた目で言うから
「うん。それでいいや。」
と思ったのです。

明日、眼鏡を受け取りにくることにして、眼鏡屋さんを後に。

帰り道にある実家に立ち寄って。
30分ほどコタツに入って、出てみると、外は暗い。小雨も。


お土産にオリーブオイルの小瓶を持たされて、またテクテク帰ったのであります。
懲りずに「ワークマン」へ立ち寄って5本指ソックスを買ったりして。

「あれ?こっちは婦人用ですけど?」

「あ、いいんです。」
などと言ったのです。
  1. 2007/01/26(金) 22:43:45|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

かみむら泰一さん二日目

20070126024512
名古屋市千種区の「KDハポン」にてかみむら泰一さんのツアー2日目のお供。

管楽器をやっていて(なんでも一緒かな)何が難しいって、ごく小さーい音量での表現。楽器が震え出すほんの一瞬。ちょっと真似してみたんだけど、敢なく玉砕。コレはよっぽど普段からキッチリと基礎練習していないと出来ないねえ。コレができてるから、デカい音も綺麗なんだなー。ちょっとムキになってしまった。

ああ、最前線でやっている人と共演させてもらうと、自分の課題が浮き彫りになるなあ。まだまだごまかしてた。うー。名残り惜しい。
  1. 2007/01/25(木) 02:42:59|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

かみむらさん1日目

藤ヶ丘にて、東京で活躍するサックス奏者かみむら泰一さん、NYで活躍中のドラム奏者鳥山タケさんを迎えてのライブ。

なんというか、えー。
やっぱりいろんなリスクを犯してでも、新しいものに挑戦しているっていう姿勢は見習わなきゃと思う。

「お客さんがお客さんが」って言ってちゃ、新しいものは生まれないもんねえ。

それを理解してくれないお店もたくさんあるけどね。

今日は、お客さんが少なかったんだけど、なんだか不思議な爽やかさが残ってるんだなあ。。。
  1. 2007/01/24(水) 20:12:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

パート練習

地元美和町にある、公共の施設にある「作曲・ミキシングルーム」

というのは、名ばかりのただの「カラオケルーム」
ある程度の防音がしてあって、しかも安く使えるので重宝しております。

ここで、2月に本番を控えたゴージャス☆モンキーズのトロンボーンセクションの練習をしてきた。

「カラオケルーム」だからね、通信カラオケがあるのです。
これで遊ぶと結構楽しい。

カラオケを「楽器で」演奏して、面白い曲はなんだろう。。。
ハイジの「ヨロレイヒ」を間違えずに吹けたら面白いかも。
と思ったけど、収録されてなかった。
あと、宇宙戦艦ヤマトの伴奏の部分をひたすら吹くとか。

コレ(←QuickTime)よりインパクトが強い曲ってあるかなあ。。。
  1. 2007/01/23(火) 00:03:37|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ジャムセッション

所属するビッグバンドのリーダー、野々田万照氏の主催するジャムセッションに参加してまいりました。岐阜にて。

参加メンバーが、大勢いて驚いた!
なんか、こんなに笑い声が溢れるハツラツとしたジャムセッションて初めてかも。

和気藹々と進むのは良かったんだけど「次はプロとして活動している」という紹介をされてちょっと残念な思いを。肩書きの紹介なんて無いほうが良いとおもう。「学生」と、紹介されていた人でも、すんばらしい演奏をしていた人もいたし。恥ずかしい。。。

見知らぬ人同士がバンドの中で睨み合って演奏して、お互いの演奏を認め合えば、演奏後に初めて口を聞くみたいな。
そんなんがいいなあ。
  1. 2007/01/22(月) 23:51:24|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

姿勢

20070122014339
おとといに続いて、レストランにて演奏。
この店では毎週末、生演奏が入っているので、当然、登録しているミュージシャンは大勢おります。
スケジュールを見てみると、いろーんな楽器のいろーんな年代の、いろーんな畑のミュージシャンがいるようです。

ちょっと、或る「特定の楽器」の奏者を探しておりました。演奏のお仕事を紹介できそうだったので。(一緒に演奏では無い)

で、お店の人に「あの人の連絡先教えて下さい。お仕事を紹介できそうなんです。」と尋ねた。
直接面識は無くても、せっかく同じ店で演っているご縁だと思ってね。

そしたら、
「じゃあ、まず先方さんに事情を説明して、了解を得てから教えますネ。」
と、当然の展開になった後。。。

「でも。。。あの人は止めた方が良いですよ。」
と、予想外の言葉。

理由を聞いたらなんと、
「あの人は『この店はこんな程度の演奏でいっかぁ』という様な演奏をするんです。それが演奏に現れてるんです。厨房の皆もそう言ってるんですよ。」
なんてことを言うのです。

フロアーのスタッフや、コックさんも同じ見解って!

「へーっ!みんな耳が肥えてるのかなー!?仕事しながら聞こえてくる演奏でそんな事が解るんだなー!」
と、驚くやら関心するやら。

というか、スタッフさんは演奏に興味なんて無いかと思ってた!

おとといは「手を抜く」なんて事を書いたけど、それはあくまでテクニカルな面での話でね。演奏に対する姿勢とはまた別の話。

演奏が「良いか悪いか」を判断する(される)上で、「音楽の知識」なんてホントにどうでも良いことなんだなあ。

あ、写真はお昼ご飯
「安うどん屋へ行く途中、最大の難所。フロッガー状態。」
  1. 2007/01/21(日) 01:42:39|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

6月9,10日はTbの日

200701202018112
20070120201811
トロンボーン奏者の「ドンちゃん」こと、ドナルドギブソンが、6月に豊明市でトロンボーン祭を企画しております。ぼくも演奏、アレンジなんかでお手伝いすることになっていて、打ち合わせに行ってまいりました。

内容はまだ相談している段階だけど、6月9日、10日の二日間に渡って、クリニックやコンサートはもちろん、大編成アンサンブルや、大物ゲストの登場、さらに学生さんのオーディションなんかもあるかも(?)

ドンちゃんのウェブサイトも始まったようです。
http://dongibsonjazz.com/
  1. 2007/01/20(土) 20:17:33|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コーシー演奏

おひっさしぶりのコーシー屋での演奏です。
何度も演り慣れているはずの曲も、記憶通りにやってばかりいたら、間違えたりして。
ちょっとのブランクなのにね。。。全然覚えとらんわい。

えー。この店ではBGM演奏をしております。
ここでの演奏を始めたのは2004年の冬だったかな?

その当時は、まだ「冬ソナ」が流行っておりまして。アメリカから帰ってきたばかりの僕にはその「純愛万歳!」な様子がとてもとても、とても滑稽に見えました。

でもまあ、自分も演っていたのです。冬ソナのテーマ曲を。受けがいいからね。

ところが、ピアニスト石原さんが用意してくれた楽譜がえらい音域的にキツくて。

当時は
「イチかバチか」みたいな感じで吹いておったのですが。

最近、冬ソナが再放送されているとかで、
「久しぶりに演ってみよう!」
ということになりました。同じ楽譜でね。

あ、「演って」は「やって」と読むことにしてあるのでよろしく。

ほんだらば、全然キツくないのです。

「うーん。この2年の間に、自分はなんて成長したのだろう。」
と、本来ならば思いたいところ。

でも自分に嘘はつけません。

「うーん。この2年の間に随分とズルの手法を覚えたなあ。」
というのが本音。

手を抜くポイントを把握してしまってるんだなー。
  1. 2007/01/19(金) 02:08:22|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あれでもないこれでもない

200701190046292
20070119004629
お仕事に向かう前に、携帯のプランを変更&もろもろをしにショップへ行く。

いろいろと確認したいことがあったので、いろいろ質問してたんだけど、返答が型にハマったマニュアル返答。

困ったことに、あなたたちの「マニュアル言葉」は決して「解りやすい言葉」ではないのですよ。

よく解らないところをしつこく聞いていたら、店員に「ムッ」とされてしまった。

「契約者さまとはあなたの事です!」
って。
「じゃあ、こっちの副回線の人は契約者って呼ばないのですか?」



「駄目だこりゃ。家で自分で確認しよー。」と思って、「資料を下さい。」と言ったら、「ボーダフォンのプランの資料はもうありません。」と言われて。
次に取れば良い行動がわからずに、肩を落としてお店をでてきてしまった。

お仕事後、ホームセンターにて「秘密DIY計画」の資材のお勉強。うーん。迷うなあ。気分転換。
  1. 2007/01/18(木) 00:46:23|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

また来るヨ

20070118021611
親友であるユーフォマンに頼まれて、TubamanShowバッヂを追加注文しました。
今回はなんと一回り大きくなりました。

「バッヂなぞ作らずにCDを作れ!」
という声も聞こえてきそうですが。

3月に愛知県一宮市、岡崎市での本番が決まりそうです。
ユーフォマンの話によると、岡崎での公演ではTubamanShowの二人の他に、Pussycatsという女性の二人組が駆けつけてくれるようです。ナニモノなんでしょう?
  1. 2007/01/17(水) 02:16:22|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

岡崎サテンドール

岡崎サテンドールにて行われた山下真理さんのカルテット
市野元彦(G)、吉岡直樹(B)、橋本学(D)、山下真理(Vib)
にお邪魔してまいりました。

飛び入り程度で入れてもらえるのかと思ったら、リハからみっちり入りましての全曲参加。
ギタリスト、ドラマーは東京からお迎えしてます。
バークリー繋がりとかあるんだねえ。。。
UNT繋がりは今のところないなあ。。。残念。。。これからに期待だね。

明日はこのメンバーでラブリーで演奏するそうで。
そちらもお誘いを受けてたんですが、残念ながら他の予定が入っていて。。。ラブリーデビュー逃した!
岡崎サテンドールの壁に名前書いてきましたー。
  1. 2007/01/16(火) 01:44:33|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

楽譜公開ツール

楽譜制作ソフトでね、楽譜を作って。

それを公開する場合、いろんな手段があるのですが。

最大手(?)のフィナーレなんかの場合、ショーケースといってユーザーが「オリジナルの」楽譜をインターネット上にアップして、それを誰もがダウンロードできるというシステムがあったりします。

昔、バリチューの楽譜をアップしたら、オランダの軍楽隊のユーフォ奏者の目に止まって「コンサートで使いたい」なんてメッセージが来たこともあります。

でも、もっと簡単に楽譜ファイルを公開したいんだよねー。

オリジナルの楽譜をアップして、
「これをどんな風に演奏しているんだろう?」
という興味を少しでも持ってくれたら。

また、気に入ってくれたら、どんどん他の場所で演奏して欲しいという期待もあります。

上の「フィナーレショーケース」で公開された楽譜データを見るにも(製品版でなくても可)楽譜ソフトを持っていないといけない。

でも、そんなソフトを持っている人なんて少数派だと思うから、画像データとして処理してから公開するのがいいと思うんだけど。


ここからは、よくわからないんだけど、画像データをやり取りする標準ソフトはAdobe のAcrobat PDFなのかなあ。いろんな状況をみてると。

ならば、楽譜の画像データもPDFでやりとりしたい!

ということで、いろいろ調べたら。
http://www.pdfonline.com/
ここで「メールを介して」PDFファイル作れるね。
直接誰かにメールの添付ファイルとして楽譜データを送るときは便利そう。

でも1ページずつしかできないから、それを結合するソフトを探していたら。もっと簡単そうなの見っけ。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se276471.html

で、こんな感じになりました。
Good Bye Porky
  1. 2007/01/15(月) 22:52:14|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ワークショップ

春日井のGSPスタジオにてライブ&ワークショップ。
告知不足で、参加者が少なかったのが残念!

それでも、楽しくやりました。
クラシック、吹奏楽しかやってこなかった人の「違いがわかる耳」が少しでも育てば良いなあと思う。


前回、夜のライブに来てくれたお客さんで、ぼくのオリジナル曲が頭から離れなくて、また聞きに来てくれた人がおりました。

うっれしー!!
ちょっとずつね。そういう人が増えていったらいいなあ。

オーナーからの提案がありまして、もう一回同じようなワークショップを来月にまたやることになりました。
2/25日!!これは参加しなきゃ損するよー!!
  1. 2007/01/14(日) 01:49:46|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

満員御礼

「なんや」にての水野啓トリオのライブ、ありがたいことに、初の満員御礼となりました。

決して取っ付きやすいとは言えない、どちらかというと、「どっしりと腰を据えて聞いてもらわなければいけない」ような内容ですが、お客さんの中に「ど真ん中ストライク」という人もいて。。。

この一言を聞いて、このバンドが次のステップに踏み出す時期に来たんだなあ。と。感慨深く思ったのであります。敬礼。20070113235739.jpg


あと、この会場は、
「リハ後、本番前にちょこっと何か食べに出る」
のに都合の良い場所(お店)がなかったのですが、本日、閉店間際の「昔からありそうなスーパー」にて「お惣菜3点ジャスト100円」なるものを見つけまして。
こちらも非常に有難くいただいたのであります。敬礼。
  1. 2007/01/13(土) 23:50:12|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大御所ナイト

okojo.jpg


昨夜、ベテランベーシストさんから、「明日のライブに遊びに来ませんか?」と、お誘いがありまして。うれしー!!

でも緊張。そりゃあね。「大御所」と呼ばれている人ですから。
「ブラスアンサンブル・ロゼ」のコンサート会場でチケットの「モギリセッション」は一緒にやらせてもらったんですが。演奏は初めて。

加藤さん以外のバンドの人達もそれなりの人達ということで。やはり緊張。

しかし、みなさん「目が。。。」とか「腰が。。。」とか「薬が。。。」とか話してて可笑しかったなあ。
あと「ヤマちゃんが~」「キンちゃんが~」とか。誰のことを言ってるんだろう。


ぼくは、普通、ジャズミュージシャンが経験するはずの大事な「たたき上げられる」というステップを、大学で「擬似的に短期間で」やってしまっているので、どうも失敗が怖いのです。

アメリカみたいに学校で簡単にジャズ科が勉強できると、どんどん「若い天才プレーヤー」みたいなのが出てくると思うんだけど、そういう人達は精神的な面でどこかで折れてしまうんじゃないかと思う。

「目が。。。」とか「腰が。。。」とか言いつつも音楽ができるってすんばらしいことじゃないですか。

どんどん叩いてくり~。
  1. 2007/01/12(金) 23:03:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

リハーサル

20070112100857
午前中、レッスンをして庭にネギを植えて。

昨日、伏見のシガーバーに忘れて帰ってしまったL.L.BEANのポーチ(10年使ってるね。)を引き取りに行って。

ギタリスト水野啓宅にリハに行き。。。
閑静な住宅街にある水野宅。
この住宅街は「外側に向かう」一方通行道路二回囲まれていて、車ではなかなか「正攻法」では入れないのです。

トヨタ関係のお偉方の住宅があり、住宅街自体にヨソモノが入ってこれない造りになっているそうで。。。なんじゃそりゃって感じですが。

なんとか正攻法で入ろうと「内向き」の一方通行道路をさがしてウロウロしていたら、同じパトカーと二回すれ違い。。。

仕方なく一方通行の道路をバックで侵入しました。

こんな無茶な造りの街もあるんだねー。
このやろー。
  1. 2007/01/11(木) 10:06:37|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シガーバー

こまめに財布の中のお金を銀行に入れるようにしております。そうしないとライブで貰うお金なんてすぐに使って無くなっちゃうからねえ。

昨日の夜、
「明日はライブがあるから大丈夫。」
と財布の中をほぼ空にしまして。

220円だけ持ってライブに向かって。
ライブ直前に楽譜をコピーするのに100円使って。。。
「お!まだ缶コーヒー買えるがや」
と、強気でおりましたが。

ライブの時間になってもお客さんいない!

いつもは第一金曜日にやっているこのシガーバーでのライブ、今回は年始なので、たまたま平日の今日になりました。

「しまった!平日のオフィス街の夜には人がいないのか!」

と、ショックを受けつつ演奏開始。
(いつもより少ないけど)通り掛かりの人が入ってくれるようにね。

すると、30分ほどしてお客さんが1人。それから、ちらほらと増えていき、結局はいつも通りの「満員御礼」となりました。

オフィス街にあるバーの「平日の夜」は「金曜の夜」より「スタートが1時間遅いんだ」という事を学習いたしました。
  1. 2007/01/10(水) 01:17:01|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

グズグズ

ホテルで巨大企業のパーティーでの演奏。
600人!これがライブのお客さんだったらなあ。。。
驚きの朝7:30入り!当初の話だと10:30入りだったはずなんだけど。一度契約を交わした後にどんどん条件が変わるなんて、普通に会社勤めをしていても起こりうる事なんだろうか。。。朝日さん、ご無沙汰してました。

「どうせ待たされるんだろーなー」
と思ったらやっぱり。。。9時入りでよかったじゃないか。

とにかく担当の女の人がグズグズです。
首にアザを付けて登場しました。

「表彰式があって、表彰される人が28人いるので、ファンファーレを28回吹いて下さい。」って。

すぐ目の前にいる「弦楽四重奏」が奏でている
「パッヘルベルのカノン」を聞きながら、そのすぐ後ろで
「パッストリアスのチキン」を演奏させられるという。。。

こんなに心が痛む仕事は初めて。。。

その弦楽四重奏を率いるバイオリニストは、7年ぶりに再会した大学の先輩。僕を「オレ音楽」に導いてくれた大学の先輩なのです。

高橋誠!いまだに憧れであります。

「別にジャズが好きという訳じゃないんだけどさ、自分の音楽を表現するのにはジャズ理論が一番向いてるかなと、思ってね。」

という言葉をまだ覚えております。
  1. 2007/01/09(火) 23:05:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

運動できるねえ。

お友達がWiiを持って遊びにきた。
すげーなー。

http://funkeuph.web.fc2.com/video045.3gp
  1. 2007/01/08(月) 16:19:39|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まりんばまりさん

愛知県の向こーうの方の吉良町インテルサットにてライブ。
忠臣蔵の吉良の殿様のアレですね。

天気が大荒れだったので、かなり早目に出たら、かなり早目に到着してしまった。お腹が空いたものの、近所にはマックしかない。

ピタマックに少し興味があったので食べてみた。ハンガリーで食べたアレと同じ味だったらいーなーと期待して。ポテトなんかいらないので、30円上乗せして(ムカ!)、サラダのセットにしてもらう。

ピタマック。
「これってこれで合ってるのですか?」
と店員さんに聞いてしまおうかと思ったわい。
マックのバーカバーカ。

さてさて、このトロンボーン、バイブ、ベースの3人でやるのは今回で3回目。

大分、慣れてきました。

ビブラフォンてちょっとユーフォと似てるところがあるかなあ。

ぼくが好きなユーフォの得意技の一つに、
「影に隠れてバンド全体のサウンドに響きだけを付ける。」
というのがあるんだけど、そんなことも軽くやってのけるのねえ、バイブは。

まりさんの曲をたっぷりやりまして、自分の曲もちょろっとやらせてもらいました。人が自分の曲を料理してくれるというのは、とても嬉しいことですな。
  1. 2007/01/07(日) 03:00:30|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

Nabe Identified

年末にデパートで見かけてね。

それからずっとトキメイておったのです。
ソワソワと落ち着かなかったのです。

値段だけパッと見て、
「すぐに必要なものじゃないから。。。」
と諦めていたんだけど、今日カレーを作っていて、買う決心をしましたよ。

ネットショップで買おうと思ってたんだけど、正式名称がわからん。。。

いろーんなキーワード検索をしていって、やっと見つけました。



どーれーにーしーよー??
  1. 2007/01/06(土) 00:36:31|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

晴天ナリ!

北陸で「晴天ナリ!」という天気は珍しいことなんだって。

すっかり「長野の山」だと思っていた白山がハッキリ見える。
半分は石川県というのは意外や意外。

ウチの実家のある愛知県海部郡から見える養老山脈とはスケールが違うねー!


「自動車の運転操作に所謂『県民性』が現れる」ということがしばし議論されたりするけども、「県民性」というのは確実に有るねえ。いろんなことにおいて。主に天候によるものなのかなあ。

「例えば…」という話をしようとしたけれど、愛知に帰ってきて疲れましたのでさっさと寝ます。
  1. 2007/01/05(金) 00:31:27|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

名古屋でできた石川の友人と会う

なんとか石川で演奏活動ができないかと考えております。

というわけで、小規模のホールを探したり、ライブハウスを探したり。
小松市に新しくできたキャパが90人という小ホールなんか良さそう。
「市営ガード下ライブハウス」なんてヒップなハコもあるそうだゾ!
やるねえ!小松市!


さてさて、去年の夏に名古屋であった中路英明さんのライブ。
ワタクシは飛び入り(演奏)を敢行したんですが、そのときのお客さんに石川の人が二人おりまして。二人ともトロンボーンプレイヤー。

話を聞くと、中路さんの所属する「熱帯ジャズ楽団」ファンでわざわざ石川から出てきたんだって。車で。
で、ライブが終わったら石川へ直帰。。。んな無茶な。。。

その後インターネット上での交友を経て、今日、久しぶりに再会。トランペット奏者のお友達も連れてきてくれました。

吹奏楽事情、バンド事情、ハコ事情。
いろーんな情報を交換したりして。楽しいひと時を過ごしましたのです。

6月には名古屋市近郊の豊明市でトロンボーン祭りがあるからね!待ってます!
  1. 2007/01/04(木) 00:14:01|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まだまだ石川にいます

20070103212919
初詣でに行ったら、ファンキーな看板がありました。神社なのに。

しろやま姫神社という女の神様を祀る神社らしいですが。。。

たこ焼きを買う行列に並んでおりましたら、見たことのある人に声を掛けられて。なんと「鬼頭 哲 ブランバンド」でラッパを吹いている池下智子さんでした。なんたる偶然!
  1. 2007/01/03(水) 21:28:10|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石川にいます

20070103140745

いくらなんでもそりゃないでしょ。
  1. 2007/01/02(火) 14:06:43|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ